1:2013/04/01(月) 21:39:03.22 ID:V5u8EsAe0

コジロウ「ついにこの時が来たな!」 

ニャース「何回も何回も邪魔されたがついに!あのピカチュウをサカキ様に献上することが出来たのニャ!」 

ムサシ「あたしはロケット団ジョウト支部の支部長に!」 

コジロウ「俺はロケット団特務工作部幹部に!」 

ニャース「ニャーは常務執行役員に昇進なのニャ!」 

「何だかとってもいい感じー!」 

ニャース「でも……」 

コジロウ「どうしたニャース?」 

ニャース「これで3人は解散だニャ……」 

コジロウ「それは……」 

ムサシ「昇進決まったってのに何ジメジメしてんのよ! 
何も死んだわけじゃあるまいし、また会えるわ!」 

ニャース「そうだといいけどニャ……」 
10:2013/04/01(月) 21:43:18.61 ID:V5u8EsAe0

ロケット団特務工作部 

コジロウ「よし、シラヌイ博士は開発を、バショウとブソンは現場へ行ってくれ」 

「「「はい!」」」 

コジロウ「(収入はどーんとはね上がるし、ムサシに命令されるどころか、逆に命令する立場になるなんて感激だぜ!)」 



12:2013/04/01(月) 21:45:37.94 ID:V5u8EsAe0

ロケット団ジョウト支部 

ムサシ「何言ってんのよ!ここは一斉に行くに決まってんでしょ!」 

団員「は、はい!」 

団員「(鬼だ……)」 

ムサシ「全く、本当あんた達使えないわね!」 



13:2013/04/01(月) 21:47:29.63 ID:V5u8EsAe0

ニャース「サカキ様、お茶が入りましたニャ」 

サカキ「うむ、ご苦労」 

ニャース「(ついにあのペルシアンの立場を奪ってニャーがサカキ様のお側に! 
何年も夢見たことがついに叶ったのニャ!)」 



15:2013/04/01(月) 21:50:17.87 ID:V5u8EsAe0

数週間後 

ロケット団特務工作部 

コジロウ「ちょ、ちょっとそれはやりすぎなんじゃ……」 

シラヌイ「やりすぎ?相変わらず甘いですな」 

バショウ「ったく、何で甘甘な奴が幹部に……」ボソッ 

ブソン「しかもいきなり現れたんだぜ?俺の出世はどうなるんだよ」ボソッ 

コジロウ「……」 



17:2013/04/01(月) 21:52:29.16 ID:V5u8EsAe0

ロケット団ジョウト支部 

ムサシ「あんたバカァ!?あんたが死んでも代わりがいるでしょ!」 

団員A「し、しかし……我々の命も……」 

団員B「ちきしょう!やってられっか!」 

団員C「こんな奴が上司ならストライキしてやる!」 

団員D「そうだそうだ!帰ろうぜ!」 

ムサシ「何よ!もういいわ!勝手に帰りなさいよ!」 

団員D「お言葉に甘えて」 

ムサシ「……」 



19:2013/04/01(月) 21:55:22.86 ID:V5u8EsAe0

サカキ「違う!私はモカチーノとカフェ・マキアートを2対1の割合で入れるのが好みだと言っただろ!」 

ニャース「し、しかし……」 

サカキ「口答えはいい 
入れ直せ」 

ニャース「は、はいなのニャ(役員も大変なのニャ…… 
それに比べてあの頃は……)」 



21:2013/04/01(月) 21:57:57.68 ID:V5u8EsAe0

アイリス「ねえサトシ……いい加減立て直したら?」 

デント「そうだよ、今からでも取り返しに行くことは出来るんだからねぇ」 

アイリス「私はカントーまで着いていってあげるわ」 

デント「僕もピカチュウを守れなかった責任があるからね」 

サトシ「そうか……そうだよな…… 
今もきっとピカチュウが助けを待ってるんだ 
俺がいつまでもうじうじしてられないよな……!」 

アイリス「サトシ……!」 

デント「決心がついたようだねぇ」 



22:2013/04/01(月) 22:00:18.67 ID:V5u8EsAe0

ポケモンセンター 

オーキド「そうか、ピカチュウが……」 

サトシ「はい、でも俺、助けに行きます!」 

オーキド「分かった、迎えを出そう」 

サトシ「お願いします!」 

ブツッ 

サトシ「待ってろよピカチュウ……必ず取り返してやるからな……!」 



23:2013/04/01(月) 22:02:34.08 ID:V5u8EsAe0

カントー地方 

アイリス「ここがカントー……」 

デント「いい地方だねぇ」 

オーキド「サトシ、待たせたな」 

サトシ「オーキド博士!」 

オーキド「これがモンスターボールじゃ」 

サトシ「ありがとうございます! 
やっぱりピカチュウを取り返すには、イッシュのポケモンだけには頼ってられない 
ロケット団の基地に行こう!」 

アイリス「うん!」 



26:2013/04/01(月) 22:04:11.23 ID:V5u8EsAe0

ロケット団基地 

団員「襲撃者だ!」 

サトシ「リザードンは火炎放射!ゴウカザルはマッハパンチ!」 

リザードン「グオッ!」 

ゴウカザル「ゴウ!」 

団員「うわあああ!」 

サトシ「オーキド博士の情報だと、サカキの部屋にピカチュウが…… 
待ってろよピカチュウ!」 



32:2013/04/01(月) 22:09:35.84 ID:V5u8EsAe0

バン! 

ニャース「ニャニャ!ジャリボーイ!」 

サトシ「サカキ!ピカチュウを返せ!」 

サカキ「あのピカチュウは特別なピカチュウ、返すわけにはいかない! 

ゴローニャ!」 

ゴローニャ「ゴロ!」 

サトシ「ゴローニャか…… 
それなら俺はキングラー!きみにきめた!」 

キングラー「グラー!」 

団員「みんな見つけたぞ!侵入者はサカキ様の部屋にいる! 
行け!ベトベトン!」 

アイリス「ここは私達が食い止める!」 

デント「その間にサトシはピカチュウを取り返してくれ!」 

サトシ「分かった!」 

アイリス「カイリュー!出番よ!」 

デント「マイビンテージ、ヤナップ!」 



37:2013/04/01(月) 22:11:23.08 ID:V5u8EsAe0

サカキ「ゴローニャ、いわなだれだ!」 

サトシ「かわせ!」 

アイリス「カイリュー!かえんほうしゃ!」 

デント「ヤナップ!タネマシンガン!」 

団員「ベトベトン!ヘドロばくだん!」 

ニャース「ニャニャ……ニャんだか大変なことになってるのニャ……」 



40:2013/04/01(月) 22:14:28.71 ID:V5u8EsAe0

アイリス「止めのかみなりパンチ!」 

カイリュー「リュー!」 

ベトベトン「ベトベトン……」 

団員「くっ、戻れ! 
こいつらガキのくせに強い……!」 

アイリス「サトシ、そっちはどう!?」 

サカキ「止めだ!アームハンマー!」 

キングラー「グラ!?……」 

サトシ「キングラー!?大丈夫か!」 

キングラー「……」 

サトシ「キングラー! 
お願いだ!立ってくれ!立て!立つんだ! 
キングラアアアアアアア!」 



41:2013/04/01(月) 22:16:55.85 ID:V5u8EsAe0

キングラー「グラ……」 

サトシ「キングラー!」 

サカキ「まだ立てるのか……!?」 

サトシ「キングラー!お前の力を振り絞るんだ! 
クラブハンマー!」 

キングラー「グラ!!!」 

ゴローニャ「ゴロ!?」 

ドーン 

アイリス「ふっ飛んで壁に激突した……」 

ゴローニャ「ゴロ……」 

サカキ「ゴローニャが負けるとは……」 



47:2013/04/01(月) 22:20:02.16 ID:V5u8EsAe0

サカキ「ピカチュウは返そう」 

ニャース「そ、そんなサカキ様!」 

サカキ「正々堂々の勝負に私は負けた 
それだけだ」 

サトシ「サカキ……」 

ガサゴソ 

サカキ「ピカチュウだ」 

ピカチュウ「ピカピ!」 

サトシ「ピカチュウ!やっと会えたぜ!」 

サカキ「ただし、その特別なピカチュウは必ずまたいつか奪う」 

サトシ「受けて立ってやるぜ!」 



49:2013/04/01(月) 22:22:26.06 ID:V5u8EsAe0

数日後 

ムサシ「あれ、コジロウ?」 

コジロウ「ニャース!」 

ニャース「ムサシじゃニャいか 
何でこの部屋にいるのニャ?」 

ムサシ「私は大事な任務があるからって……」 

コジロウ「俺もだ」 

ニャース「ニャーもだニャ」 

サカキ「聞こえるか」 

コジロウ「この声はサカキ様!」 

サカキ「お前達に任務を言い渡す 
サトシという少年からピカチュウを奪う任務だ」 



52:2013/04/01(月) 22:26:23.77 ID:V5u8EsAe0

サカキ「以上」 

ムサシ「つまり私達……」 

コジロウ「降格したってことか?」 

ニャース「そういうことになるのニャ……」 

「「「……」」」 

ムサシ「また3人でいられるのね!」 

コジロウ「正直幹部は大変で、またこの3人でやれたらいいなって思ってたんだ!」 

ニャース「ニャーもニャ!」 

ムサシ「それじゃあ早速、ピカチュウを捕まえに行くわよ!」 

コジロウ「おう!」 

ニャース「ピカチュウ! 
我らロケット団の力で必ず捕まえてやるのニャ!」 

ムサシ「何だかとっても、」 

「「「いい感じー!」」」 

終わり 



58:2013/04/01(月) 22:29:33.41 ID:9GEYFJf40

実際ありそうなエピソードで良かった