1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:00:08.19 ID:Et2vOJbo0
俺「二人組、か」

教師「なんだ?お前もはやく誰かと」

俺「先生」

俺「甘いぜ」

教師「何!?」

俺「俺には組んでくれる人間がいない・・・!」

教師「なん・・・だと・・・?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:01:04.81 ID:Et2vOJbo0
教師「こんなに人数がいて一人も・・・だと・・・?」

俺「どうだ?驚いたろ?」

教師「ククク、残念だが今日は欠席している生徒が一人いる」

俺「・・・!?」

教師「普段は偶数のクラスだが・・・」

教師「今日は奇数だ・・・!」

俺「なん・・・だと・・・!?」

教師「三人組のうち一人を君と組ませる事ができるのだよ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:01:47.65 ID:Et2vOJbo0
教師「さぁ、こちらへ」

生徒A「・・・」

教師「君はこいつと組むんだ」

俺「・・・」

教師「いいね?」

生徒A「・・・私は・・・拒絶する!」

教師「何!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:03:54.13 ID:Et2vOJbo0
教師「どういうことだ!?」

生徒A「こういうことよ」

教師「これは・・・!」

教師「立っている場所がこいつから1m以上も離れている・・・」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:05:30.90 ID:Et2vOJbo0
俺「ククッ」

教師「何がおかしい!」

俺「だから甘いって言っただろ?」

俺「俺はこのクラスで孤立した存在」

俺「“Una persona di fuori”・・・すなわち“外の者”だ」

教師「こいつ・・・『中二病』を発症している・・・ッ!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:06:58.49 ID:SCuNl1OcO
なんだこれwww

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:07:16.73 ID:Et2vOJbo0
教師「まぁいい、俺はどうにかしてでもお前をクラスの奴と組ませてやる」

俺「あんたにできるかな?」

教師「私も随分安く見られたものだ」

教師「君のような生徒を何人相手したと思っている?」

俺「まさか・・・VIPPERを!?」

俺「いや、違う。あの人達はまず外に出ない・・・」

俺「となると・・・」

俺「いや、今はそんなことどうでもいい」

教師「何をぶつくさと」

教師「だからお前は一人なんだよ!」

俺「・・・ッ!!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:07:37.92 ID:xMN5gF9R0
ほんとなんだこれwww

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:12:33.57 ID:Et2vOJbo0
教師「君はまだ気づいていないようだね」

俺「なんだ?」

教師「最終的に行きつくところだよ」

俺「どうせいじめとかそんなんだろ?」

教師「ふっ、いじめなんて野蛮な真似私が許さんよ」

俺「ほう」

教師「気付かないかい?」

俺「ハッ!もったいぶってないで早く言えよ」

教師「君は最終的にこの私と組ませることもできるのだよ」

俺「・・・断る!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:17:39.16 ID:Et2vOJbo0
教師「君に拒否権はない」

俺「お前なんかと組んだら俺が可哀想な奴になっちまうだろ?」

俺「なんとしてでも阻止する・・・!」

教師「クッ、もうすでにその立ち位置にいるではないか」

俺「・・・!!」

教師「どうだい?」

俺「違う!」

俺「俺は一人が好きなだけだ!なぜ群れを成して生活しなければならない!!」

教師「私が相手をしてきた生徒たちも皆そう言っていた」

教師「が、結局はクラスメイトの前に立たされ私と作業をしていったのだ」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:24:00.43 ID:Et2vOJbo0
俺「やめろ・・・」

教師「生徒達はつまらなそうな、そして悲しそうな顔をして」

俺「やめろ・・・!」

教師「クラスメイトの手本となるべく」

俺「やめろぉおおおおおおおおおおお!!!!!!」

教師「ククク、さっきまでの威勢はどうした?」

俺「うるせぇ!テメェの善い人そうな顔や生徒から慕われている所」

俺「全部カンに障るんだよぉおおおおおおあああああああああ!!!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:28:22.16 ID:Et2vOJbo0
教師「この力は・・・!」

俺「うおぉおおおおおおおおおおおおおおおおお」

プススプスブリュ

俺「引かせろ!白眼冷龍!!」

俺「 卍 解 」

教師「こ、これは・・・」

俺「うおおおおおおお常人との差を思い知れぇえええええええええええええ」

プスブリュリュリュリュリュリュリュププウプップススー

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:29:49.85 ID:Et2vOJbo0
―後に彼は不登校となった・・・―


おわり

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:30:02.84 ID:8F4rVTuIO
霊圧が漏れとるな

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:31:54.11 ID:QfdmPRll0
乙!つまんなかった!

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:31:54.42 ID:i5E2fXSo0
終わりかよwwwwwww

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:31:54.44 ID:Et2vOJbo0
【白眼冷龍】
読み方:ホワイトアイズサメテルドラゴン
効 果:周囲から白い目、冷めた目で見させることにより一線を引ける。自分は死ぬ。

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:32:28.83 ID:E+HR1PdnO
これは確かに糞スレである

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:35:35.96 ID:wI+2Rjy4O
よい糞スレでした

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:42:39.09 ID:NylJ5wbGO

引用元: 教師「はい、二人組作ってー」 俺「ふっ・・・」