11: 2012/08/05(日) 23:28:11.86 ID:GIsCgmnO0
やよい「夏祭り…ですか?」

P「ああ、この近くでやってるみたいだ。今日の仕事も終わりだし
  このあと暇ならこれから行ってみないか?」

やよい「本当ですか!? うっうーー! 行ってみたいですぅ!!」

P「よし、じゃあちょっと行ってみようか」

こんな感じでオナシャス

12: 2012/08/05(日) 23:28:39.29 ID:rg1+PVKP0
やよい「うっうー!お祭りですー!プロデューサー!」

P「はは…」

P「(これでリフレッシュしてくれたら、大丈夫かな)」

やよい「かき氷食べましょうよー」

P「わかったわかった」

P「(そう…あれは一昨日のこと…)」

チョワワワーン

やよい「っうー…」

P「……!」

P「(最後の「う」しか言えてない…!?)」

21: 2012/08/05(日) 23:54:00.22 ID:uMRAsCA+0
千早「いらっしゃい、いらっしゃい!!お客さん寄ってか…って高槻さん!?」

P「俺もいるぞ!」

やよい「あ、千早さんこんばんは!お店出してるんですかー?」

千早「ええ、ちょっとある人に頼まれて」

P「射的か…どうだやよい、長介君達のおみやげにいっちょやってみるか?」

やよい「それじゃあやってみます!えーっと1回200円ですか…」

千早「…!!高槻さんは丁度100人目のお客さんって事で特別にタダよ」

P「ラッキーだったな、やよい(棒)」

25: 2012/08/05(日) 23:57:09.63 ID:uMRAsCA+0
やよい「それじゃあ、あの大きなぬいぐるみを狙って……」

ピューン スカッ

やよい「あぅ、外しちゃいました…」

千早「!!」ペシッ ポテッ

P「倒れたぞー!やよいはすごいなぁ」

やよい「え…でも今のって千早さんが手で押しt」

千早「おめでとう高槻さん。あと他にこれとこれとこれとおまけにこれもどうぞ」

P「おおー、サービス良いな」

やよい「千早さん、ありがとうございます!」ガルーン

千早「また来てね」エイギョウスマイル

27: 2012/08/05(日) 23:59:15.51 ID:+B7ykDKG0
やよいはすごいなぁ
射的まで天才なのか

31: 2012/08/06(月) 00:06:53.53 ID:S6MvUe3F0
P「やよい、リンゴ飴を買ってやろう」

やよい「本当ですかぁ!?いつも妹や弟達に買ってあげてるんですけど、私は食べたことがなくって」

P「そうか、やよいはお姉さんだもんな」

やよい「はい!でも今日はプロデューサーさんと二人きりですから!リンゴ飴食べます!」

P「ああ、ほら買っておいで」



やよい「あのー!すみませーん!1ついいですかぁ?」

おっさん「はいよ、ん?なんだ、高槻さんとこのやよいちゃんじゃねぇか!」

やよい「あ!お肉屋さんの!!」

おっさん「おーおー、覚えててくれたのかい。今日はお肉じゃなくて可愛らしいリンゴ飴を売ってるんだけどよ」

やよい「はい!だから、一本欲しいなーって!」

おっさん「なーに、やよいちゃんはいつも偉いからな、ほれ1本やる」

やよい「わー!ありがとうございまーす!」

おっさん「いいってことよ、またうちの肉屋、頼むぜ!」

やよい「はい!また行きまーす!」

33: 2012/08/06(月) 00:08:40.79 ID:UNhFu1JP0
この展開だと出店が全てやよいに制覇されてしまう

34: 2012/08/06(月) 00:10:48.55 ID:MGP0fnjJ0
やよい「プロデューサーさん!リンゴ飴屋さんお肉屋さんでした!」

P「な、なんだ?どういう意味だ、やよい」

やよい「あの、えっと!だから、リンゴ飴屋さんが……あれ?お肉屋さんで……でも!売ってるのはリンゴ飴なんです!」

P「そうか、不思議だな」

やよい「えーっと……不思議?なんでしょうか?」

P「まぁいいさ、それでリンゴ飴は買えたのか?」

やよい「はい!買ったんじゃなくて貰ったんですけど」

P「何……一体どういう手を使って……」

やよい「手ですか?手は使ってません!」

P「ゆ、誘惑か!!」

やよい「そんなことしません!」

P「そうだよなぁ、やよいで誘惑は無い気もするし」

やよい「むむ……それは失礼ですよ!プロデューサー!」

P「ごめんごめん、ほらリンゴ飴早く食べてみろ」

やよい「はい!いただきまーす!」

38: 2012/08/06(月) 00:21:27.53 ID:MGP0fnjJ0
P「じゃあ次はどこへ行くか」

やよい「あ、それじゃあ次はあれやってみたいです!」

P「あー、型抜きか。懐かしいな……」

やよい「型抜きってなんですかぁ?」

P「爪楊枝使ってな、少しずつ型にそって掘っていって……最終的に型の通りに抜き出すと、なんとお金が貰えるんだ」

やよい「えええ!?お金ですかぁ!?」

P「そうだ。型によって金額が違ったりする」

やよい「わ、私やってみます!今月ピンチだったので!これって違法じゃないんですかぁ?」

P「流石に違法行為を堂々とお祭りでやらないさ」

やよい「分かりました!!さっきプロデューサーから貰ったお金でやってみますね!」


おっさん「一回300円ね」

やよい「おじさん!1回やります!」

おっさん「はいよ、可愛いお嬢ちゃん頑張ってね」

やよい「……はい!」

P「どれどれ……おお、どうやら成功したら5000円らしいぞ」

39: 2012/08/06(月) 00:22:55.01 ID:2RsFoz7d0
最近型抜きってないよね

40: 2012/08/06(月) 00:23:50.87 ID:MGP0fnjJ0
やよい「ごごご、ご、5000円ですかぁああ!?!?」

P「ああ、その分難しくなってるぞ、頑張れ、やよい」

やよい「は、はい……が、がん……頑張ります」

P(オーディションの前以上に緊張してないか……)

やよい(5000円……5000円……5000円……5000円……5000円……)

パキッ

やよい「あっ!」

P「あ」

やよい「お、折れちゃいました……」

P「緊張しすぎて、力入っちゃったんだな。少しずつトントントンってやるのがコツなんだけど」

やよい「もう!プロデューサー!!なんで教えてくれないんですかぁ!」

P「え、だ、だってなぁ?」

やよい「5000円……」

P「まぁまぁ、ほらもう一回やろう?な?」

やよい「は、はい……」

41: 2012/08/06(月) 00:24:38.97 ID:qkoqNuu40
型抜き300円て高すぎだろwww

42: 2012/08/06(月) 00:26:02.78 ID:MGP0fnjJ0
おっさん「お嬢ちゃんあんまりにも早く折れちゃったみたいだから、ほらよサービスだ100円でいいよ」

やよい「わーい!おじさん!ありがとうございまーす!」

おっさん「何良いってことよ、頑張りな」

P「今度は1500円のみたいだな」

やよい「あ……下がっちゃいました」

P「だけどな、やよい。1500円くらいのが当たりなんだよ」

やよい「え、そうなんですかぁ!?」

P「正直言って、玄人レベルにならないと5000円なんてものは出来ない……素人には1500円くらいのがコスパ良いんだ」

やよい「コスパってなんですかぁ?」

P「コストパーフォーマンスのことだ」

やよい「こすとぱふぉーまんす!なんだか凄そうです!」

P「ああ、頑張れよ!やよい!!」

やよい「はい!!!」

46: 2012/08/06(月) 00:29:28.81 ID:MGP0fnjJ0
やよい(……集中しないと。1500円……って、ことはもやし換算すると……うわわ、数え切れない……これが出来たらもやし祭りがいつでもできちゃうかもしれない……)

やよい(プロデューサーはなんて言ってたっけ、確か……少しずつトントントンって……)

やよい(あ、そうかぁ。ここと、ここが……こうだから……わかったかもー!)

P(お、コツを掴んだのか……流石やよいだな)

やよい「……あとちょっとです」

P(やよいの真剣な表情は心が安らぐな……)

やよい「1500円……」

P「頑張れ、やよい……」

やよい「あと……2センチです……」



??「や→よいっち→!何してんの→!?」

やよい「わ!?」

パキッ

やよい「あああああああ!!!」

P「あああああああ!!!」

48: 2012/08/06(月) 00:30:11.99 ID:MGP0fnjJ0
俺「ああああああああああ!!!!」

49: 2012/08/06(月) 00:33:06.36 ID:fXT70+iX0
はよ

50: 2012/08/06(月) 00:34:06.24 ID:MGP0fnjJ0
やよい「真美!?」

真美「そうだよ→真美だよ→」

やよい「もう!!真美!!ちょっとここに座りなさい!」

真美「ほへ?」

やよい「もう!もう!!」

真美「やよいっち→?」

やよい「あと2センチでもやし祭りだったんだから!!」

真美「ご、ごめんって→やよいっちが居たから、ついつい。テヘペロ!」

P「まったく……」

やよい「しょうがないです……諦めます、またコツコツ貯めて!頑張ってもやし祭り開きます!」

P「そうだな」

真美「しょうがいないな→じゃあ私がやよいっちにたこ焼き奢ってあげよ→!」

やよい「え!本当!?」

真美「マジマジ→☆」

やよい「たこ焼き……食べるの凄い久しぶりですー!!」

51: 2012/08/06(月) 00:36:11.21 ID:qCcOVxPK0
なんだ真美も天使か

53: 2012/08/06(月) 00:38:05.95 ID:MGP0fnjJ0
P「そうなのか」

やよい「はい!!前にお友達の家でたこ焼きパーティやって以来ですー!」

P「やよいの家ではやらないのか?」

やよい「私の家でやると取り合いになるからなかなか出来ないんですー……」

P「あー、そうか。お姉さんは大変だな」

やよい「はい!でもみんなもやしで喜んでくれるので、大丈夫!!」

P「もやし美味しいもんな」

やよい「はい!」

真美「ほら→!やよいっち→!置いていくよ→!」

やよい「あ!真美待ってー!!」

P「あ、やよい急に走ったら!!」

やよい「あっ!!」

P「あぶ……」

パサッ

??「やよい、危ないですよ」

55: 2012/08/06(月) 00:43:24.90 ID:MGP0fnjJ0
やよい「あ、あれ……私……」

??「おてんばなのは良いこと、しかしものには限度というものがあります」

やよい「た、貴音さん!?」

貴音「無事でよかった」

P「貴音、来てたのか」

貴音「はい……人が集まっていたので」

P「そうか……で、なんだその足元にあるのは」

貴音「こちらは、先ほど大食い選手権にて手に入れたものです」

P「なんで大食い選手権の景品がまた食べ物なんだよ!」

やよい「わー、凄いです……こんな量食べたら……あ、あれ、想像が出来ないですー!」

P「やよい……」

真美「あっれ→?お姫ちんじゃん」

貴音「真美、やよいが転んでしまいそうになっていたのですよ」

真美「やよいっち→?もしかしてはるるんの癖が感染ったとか?」

やよい「そうじゃないもん!浴衣だから走りにくくって転んじゃったの!」

57: 2012/08/06(月) 00:47:33.11 ID:MGP0fnjJ0
真美「はてさて→どうだか、んぉ!?お姫ちんそれはァ!?」

貴音「はい?」

真美「伝説のお好み焼き!!!!!!!」

やよい「伝説のお好み焼き!?」

P「なんだそりゃ」

真美「大食いにだけ許された、大食いによる、大食いの為のお好み焼き……カ口リー計算をするだけで人は胃もたれを起こすお好み焼き!!」

P「今の話し聞いただけで胃もたれしそうだぞ……」

やよい「プロデューサー!胃もたれってなんですかぁ?」

P「そうか、やよいは胃もたれするほど食べないからな……あのな、脂っこいものばっか食べてるとなるんだ」

やよい「そうなんですかぁ!私あんまり脂っこいものいっぱい食べたことないんです!」

P(だろうな……)

貴音「皆で食べるのはどうでしょうか」

P「いいのか?貴音が貰ったんだろ?」

貴音「皆で分け、食べたほうが皆幸せになれるのですよ」

P「それもそうか、それじゃあ適当に座って食べよう」

58: 2012/08/06(月) 00:49:58.52 ID:MGP0fnjJ0
真美「あ、そうだ。じゃじゃ→ん、やよいっちが遅かったから先に買ってきちゃった!」

やよい「あ!たこ焼き!」

真美「んふふ~この中に1つ!わさび入りがある!」

やよい「えー!?わさび……タコは入ってるの?」

真美「タコも入ってない!!わさびのみ!!」

やよい「ええええ!!!それじゃあ……わさび焼きになっちゃいます!!」

真美「そこかい!」

やよい「食べるのが怖いです……」

P「やよい、今選んだほうが当たる確率が低くないか?」

真美(お、兄ちゃんそこに気づくとは、やはり天才……いやしかし……)

やよい「あ、それもそうですね。それじゃあ、これいただきまーす!!」

もぐもぐ

やよい「………―――!?!?!?!?!?」

P「やよい!?」

貴音「まぁ……」

63: 2012/08/06(月) 00:53:17.72 ID:MGP0fnjJ0
やよい「×○△☆くぁwせdrftgyふじこ?♭」

P「やよいが凄い顔に……」

真美「顔真っ赤だ……」

貴音「やよい、お水を」

やよい「……」

ゴクゴク

やよい「はぁ……はぁ……」

P「大丈夫か?やよい」

やよい「こ、これがわさびなんですね……」

P「え?」

真美「もしかして……」

貴音「やよい……あなたは」

P「寿司でわさびたべたことすらない?」

やよい「お寿司は、プリンに醤油かけて食べたのしかありませんよ?」

64: 2012/08/06(月) 00:56:44.01 ID:MGP0fnjJ0
P「……それは寿司じゃない」

真美「まぁ1番目が当たるってのはよくある話だよやよいっち」

やよい「え!?そうなんですかぁ!?」

真美「まぁ、私の周りだけかもだけどね→ほら今こうして食べたら確率は100%になるんだぜい?」

やよい「……あ!本当ですー!私が食べたから、あ。ああ!!」

P「なるほどな……誰かがあたってから食べればいいもんな……」

貴音「やよい、お口直しにわたあめを」

やよい「わたあめですかぁ!?」

P「しかもキャラもの……」

やよい「あ、私これ知ってますよぉ!妹が見てます、プリキュアですよね」

真美「そうそう、よく亜美とやるよ。双海は!真美キュア!って」

P「それ真美だけじゃないか」

真美「バレたか」

やよい「あ、美味しいですー!わたあめって雲みたいで凄いですね~!」

P「そうか……これも食べるの初めてなんだな」

65: 2012/08/06(月) 01:00:00.81 ID:MGP0fnjJ0
やよい「さっきの辛いのがすっかり消えましたー!」

P「よかったなやよい」

やよい「はい!!」

ガサガサッ

P「次はどこへ行くかー」

やよい「あ、でも貴音さんのお好み焼きが」

真美「そうそう、食べないとー」

貴音「そこに居るのは誰ですか」

P「へ?」

やよい「ええ?」

真美「え→?」

「キュー」

やよい「あ、あれ!?はむ、すたー?」

真美「違うよやよいっち→この子ひびきんのハム蔵だよ→!」

貴音「……不審な者ではありませんでしたか」

67: 2012/08/06(月) 01:05:06.91 ID:MGP0fnjJ0
響「ハム蔵ー!!早く出てきてくれー!!おーい!!ハム蔵ー!!自分が悪かったー!!」

真美「あ、ひびきんだ」

やよい「ハム蔵探してるみたいですね」

P「なんか響のイメージはいつもハム蔵を探してるだな……」

響「あ、あれ?プロデューサーに……やよいに貴音に真美、どうしたんだー?」

P「ああ、そこでばったり会ってな」

貴音「はい、わたくしは大食い大会に」

響「あれに出たのかー!?自分は初戦敗退だったぞー……」

貴音「響、まだまだ精進しなければいけません」

響「むー……あ、それはそうとハム蔵見なかったか?」

やよい「あ、それならこ……いたっ!!」

ハム蔵(おい、やめろ……俺は今猛烈にブチギレてるんだ)

やよい「い、痛いですぅ……」

P「どうした?やよい」

真美「ん→ハム蔵は見てないな→あっちのほうは探した→?」

69: 2012/08/06(月) 01:10:45.56 ID:MGP0fnjJ0
響「そうか!分かった!あっちのほう探してみるぞ!おーい、ハム蔵ー!!」

やよい「あ、行っちゃいました……」

P「響……それより大丈夫か?」

やよい「ちょっとした擦り傷ですぅ」

貴音「ハム蔵、いくら止めたとはいえ、やよいに危害を加えるのならば……」

ハム蔵(土下座)

貴音「……今回だけですよ」

やよい「えへへー、一応洗ってきますねー」

P「ああ、俺も行く」

真美「そっか→じゃあ私は亜美探してこようかな→ってお姫ちんいまなんじっ!?」

貴音「そうですね、だいたい19時でしょう」

真美「え、ええ!?時計は!?」

貴音「時とは感覚で掴むもの……」

真美「ひょえ→さっすがお姫ちん!それじゃあ、20時からやる花火はあそこの丘の上集合でっ!」

やよい「丘の上ですかぁ?」

71: 2012/08/06(月) 01:12:35.30 ID:MGP0fnjJ0
P「あそこなら見晴らし良さそうだしな」

貴音「ええ、分かりました。では、わたくしはハム蔵を響にあずけてきます」

真美「ハム蔵!お姫ちんひっかいちゃ駄目だかんな!」

ハム蔵(承知)

貴音「分かっているようです」

やよい「ハム蔵、めっ!」

ハム蔵(承知……///)

P「はっはっは、ほら菌が入らないうちに行くぞ」

やよい「あ、はい!それじゃあまたね~!!」

真美「またに→☆」

貴音「後ほど」

73: 2012/08/06(月) 01:16:18.46 ID:MGP0fnjJ0
やよい「あ、あそこに水道があります」

P「ああ、あそこで洗い流そう」

ジャー

やよい「……うぅ、しみます~……」

P「我慢だ我慢、ええっと……絆創膏持ってるか?」

やよい「はい!お財布の中に1枚入ってますー!」

P「それじゃあ、出してっと……凄いな、やよいの財布の中はいろんなモノが入ってるんだな」

やよい「はいー!お裁縫セットとか大切で、弟たちはやんちゃですぐ服を破いちゃうんです!だから、いつでもお裁縫出来るようにってー!」

P「本当良いお姉さんだな」

やよい「えへへー!そうでしょうか」

P「ああ……」

やよい「プロデューサー、今日はありがとうございます!」

P「な、なんだ、急にどうした」

やよい「私、弟や妹達以外とお祭りって来たことがなくてー」

P「そうか……」

75: 2012/08/06(月) 01:18:43.73 ID:MGP0fnjJ0
やよい「今日は初めてのことばっかりでしたー!リンゴ飴に、型抜きに……もう、すっごく楽しかったですー!」

P「ああ、でも、まだメインディッシュは残ってるだろう」

やよい「はい!!花火ですねー!」

P「ああ、それじゃあそろそろ丘の上目指そう」

やよい「はーい!!」


数分後。

やよい「……」

P「……ん?」

P(やよいの歩くスピードが落ちてる?)

やよい「……」

P「やよい」

やよい「……」

P「やよい!」

やよい「え、あ、はい!?なんですかぁ!?」

P「……足見せてみろ」

76: 2012/08/06(月) 01:22:33.80 ID:MGP0fnjJ0
やよい「え、だ、大丈夫ですよー!」

P「いいから」

やよい「で、でも……」

P「今はお姉さんじゃなくてもいいんだよ」

やよい「……はい」

P「やっぱりな、慣れない下駄はいてるから、足が腫れてるじゃないか」

やよい「こ、これくらい平気ですよー!」

P「あのな、やよい……そりゃ今は平気かもしれない。だけどな、やよいには明日があるだろう」

やよい「あぐ……」

P「明日レッスン入ってたよな、確か。それに響いたらどうするんだ?」

やよい「はい……」

P「無理はするなよ……約束だ」

やよい「分かりました、でも……花火見たいです……」

P「ほら」

やよい「……え?」

77: 2012/08/06(月) 01:23:10.77 ID:vE0TGkkjO
そこに気がつくとはやはり……

78: 2012/08/06(月) 01:25:05.95 ID:MGP0fnjJ0
P「乗れ、おんぶだ」

やよい「は、恥ずかしいですよ……」

P「背に腹は代えられないだろ、花火、良い所で見たいんだろ?」

やよい「うぅ……」

P「さっきも言ったけど―――今はお姉さんじゃないんだよ」

やよい「わ、分かりましたぁ……」

P「……」

P(軽すぎだろう……)

やよい「わープロデューサー高いです!」

P「はっは、ちょっとだけだけどな」

やよい「プロデューサーの背中広いですー!」

P「そ、それは、あっはっは」

やよい「プロデューサー……ありがとうございますー!!」

79: 2012/08/06(月) 01:29:46.43 ID:MGP0fnjJ0
丘の上。

亜美「あれれ~」

真美「んふふ~」

やよい「な、なんですかぁ!?」

真美「やよいっちは甘えん坊ですな→!」

亜美「でもでも、なかなか絵になってましたぞ→」

やよい「もう!」

千早「……高槻さんを私もおんぶしたい……」

春香「みんな来てたんですね」

美希「でもーミキは眠いなーって」

真「そりゃ、事務所から一番近い花火大会だしね」

雪歩「うん……真ちゃんと見たかったから」

伊織「あれ?あずさは?」

律子「……間に合わないわよ、このままじゃあ。花火始まっちゃうわ、あーもう!誰かあずささん連れてきて!」

亜美「そいつぁ、難しい話しですな→」

81: 2012/08/06(月) 01:34:43.59 ID:MGP0fnjJ0
響「ハム蔵、ごめんよぉ……」

ハム蔵(分かればええんや……)

貴音「響、世の中には喧嘩両成敗という言葉もあります……」

響「え」

P「まさか、みんな来てるなんてなぁ……」

小鳥「呼んだの私ですから」

P「お、音無さん!?」

小鳥「はい♪私でしたー♪」

社長「うおっほん……ま、たまにはこういうのも悪くない、と思ってね」

P「しゃ、社長まで……」

真「あ!あそこ!あずささん!!」

亜美「出た!まこちんの索敵スキル!!」

真美「説明しよう!索敵スキルとは!!」

真「ああ、もう!ほら、早く連れてこないと!」

やよい「えへへー、本当、みんな一緒でなんだか楽しいですー……」

83: 2012/08/06(月) 01:38:38.86 ID:MGP0fnjJ0
春香「誰があずささん連れてくる?」

千早「足の早い真が一番だと……」

雪歩「駄目!真ちゃんは私と花火見るもん!!」

真「えぇ!?」

美希「ミキは眠いし、走りにくいからパスなの~」

千早「……」

やよい「あ、あの私が!」

P「おいおい、やよいは足痛めてるだろう」

やよい「あ、そうでした!えへへー!」

P「まったく……」

亜美「あれれ~?なんだか兄ちゃんやよいっちにやたら優しくない~?」

真美「これはこれは、もしかして~んふふ~」

やよい「亜美!真美!」

亜美「ひぇえ!!」

真美「それじゃあ私達が探してくるね!30秒で連れてくる!よ→いスタ→ト!!」

84: 2012/08/06(月) 01:40:40.64 ID:MGP0fnjJ0
亜美「セット!」

あずさ「あらあら……なんだか目が回って……」

律子「もう!どこ行ってたんですか!」

伊織「まったくもう……ヘリ要請するところだったわよ」

あずさ「ごめんなさい、みんな」

社長「まぁまぁ、こうしてみんなで集まるのも久しぶりだし。今日は花火を見ながらパーッと……」

やよい「あ!!花火が上がりました!!」


85: 2012/08/06(月) 01:44:10.35 ID:MGP0fnjJ0
ドーン

やよい「凄い、綺麗ですぅ……」

社長「うおっほん……今は花火を楽しんでくれたまえ」

響「たまやー!!!!」

真美「かにやー!!!」

貴音「はて……蟹屋さんなのでしょうか」

亜美「まぁまぁ、叫べばすっきりするじゃん!」

やよい「たまやー!!!」

春香「ふふ、私も」

真「ボクも!!」

雪歩「あ、じゃ、じゃあ!私も!!」

86: 2012/08/06(月) 01:46:23.17 ID:MGP0fnjJ0
真「たまやー!!」

やよい「……プロデューサー」

社長「かにやー!!」

やよい「私、プロデューサーのこと……」

律子「たまやー!!!」

真美「おお、りっちゃんの……すごい叫び」

やよい「大好きです!」




P「見ろ!やよい!って……なんか言ったか?」

やよい「い、いえ!なんも言ってないです、えへー!」

P「ほら、ラスト来るみたいだぞ」

やよい「わぁ……凄いですー!!」

P「また来年もこうやってみんなで見れるといいな」

やよい「はい!来年も、再来年も、いっぱい!いーーーっぱいですー!!!」

おしまい。

87: 2012/08/06(月) 01:47:31.78 ID:w9Du7RYX0
乙~

88: 2012/08/06(月) 01:47:31.93 ID:w2LykVcW0
よくやった乙

91: 2012/08/06(月) 01:48:31.33 ID:I5sOKMQ/O
ハッピーエンドおつ

引用元: P「やよいと夏祭りにいったったwwwwwwwww」