1: 2011/11/05(土) 01:29:48.07 ID:MXxVtGx40
セイバー「しろー!あさごはんはまだですかー!!」グイグイ

凛「う~ねむい~・・・」 ゴシゴシ

桜「せんぱい・・・だっこしてほしいなぁ・・・」 ギュッ

士郎「・・・あ~も~!!今作ってやるから!!
遠坂は顔洗って来い!!桜はだっこな!?」

セイバー「ごはんには、いんぐらんどのこっきをさしてください!」

士郎「家にそんなものはない!!」

桜「・・・せんぱいはやくだっこ・・・」 グスッ

2: 2011/11/05(土) 01:31:17.85 ID:6fWtFKTR0
大変そうなので桜ちゃんはウチで預かりますね

4: 2011/11/05(土) 01:31:47.42 ID:DGUe6ody0
凛ちゃんはうちで

5: 2011/11/05(土) 01:31:50.64 ID:MXxVtGx40
士郎「ああ、ごめんごめん!」 ヒョイッ

桜「♪」 ニコニコ

士郎「ハァ・・・後は朝食を・・・ん?」

凛「zzz・・・」 スピー

士郎「遠坂!廊下で寝るなっ!!」

凛「んあ・・・ごめんなさ~い・・・」 ムクッ

士郎「顔洗ったら早く来いよ!?」

凛「わかっ・・・て・・・る・・・zzz」 トコトコ

8: 2011/11/05(土) 01:33:55.98 ID:MXxVtGx40
士郎「・・・心配だが先に準備をしてしまおう」

士郎「丁度夕べの残り物があるから、それと味噌汁と・・・」 テキパキ

セイバー「しろー・・・はやく、はやくおねがいします・・・うっ・・・」 バタンッ(倒れる真似)

士郎「はいはい、あと少しで出来るから!TVでも見てなさい!!」

セイバー「はーい・・・」 ズルズル

士郎「ハァ・・・子育てって・・・大変だな・・・」

11: 2011/11/05(土) 01:36:23.44 ID:MXxVtGx40
桜「せんぱい、わたしもてつだいましょうか?」

士郎「本当か!?それは助かる!じゃあ降ろして、と・・・」 ストン

桜「・・・」

桜「・・・ふぇ」 グスッ

士郎「え!?どうした桜!?」 アセアセ

桜「ふぇぇぇん!!やっぱりだっこ~!!」 ワーン!

士郎「わぁぁぁ!?わかった!わかったから!」 ヒョイッ

12: 2011/11/05(土) 01:39:00.43 ID:MXxVtGx40
ドンガラガッシャーン!!

士郎「えっ!?」

桜「・・・!」 ビクゥ!

セイバー「ん~・・・?」 ゴロゴロ

士郎「洗面所の方から・・・ハッ!まさか遠坂!?」 ダッ

桜「きゃっ!」 ギュッ

セイバー「・・・しろー!?まずはちょうしょくを~!!」 ダッ

13: 2011/11/05(土) 01:40:05.56 ID:MXxVtGx40
ーー洗面所

グッチャア・・・

士郎「うわっ!?色んなものが倒れてる!?」

桜「ぐちゃぐちゃ・・・ですね・・・」

セイバー「はやく・・・ごはん・・・を」 ギュルルル

士郎「遠坂!どこだー!?」

桜「ねえさ~ん・・・!」

セイバー「し・・・ぬ・・・」

14: 2011/11/05(土) 01:40:15.71 ID:9Lss8//h0
アーチャーを呼べ

18: 2011/11/05(土) 01:42:33.32 ID:MXxVtGx40
「ぐすっ・・・」

士郎「!?」

凛「えぐっ・・・ひっく」

士郎「ここに居たのか!怪我はないか遠坂!?」

凛「また・・・ひっく・・・しっぱいしちゃったよお・・・」

士郎「失敗って・・・何があったんだ・・・?」

凛「・・・えぐっ・・・せんめんだいに・・・とどかないから・・・
ひっく・・・のぼろうとして・・・」

士郎「ははあ、これがその結果か」

21: 2011/11/05(土) 01:45:03.85 ID:MXxVtGx40
凛「・・・おこるんでしょ・・・?」 グスン

士郎「・・・なんでさ、お前を一人で行かせた俺が悪いんだ。怒りやしないよ」

凛「・・・ほんとう?」

士郎「ああ、だから早く居間に戻ろう?」 スッ

凛「・・・」

士郎「どうした?」 ニコ

凛「///!・・・」 ダキッ

23: 2011/11/05(土) 01:47:04.28 ID:MXxVtGx40
士郎「よし!・・・せーっの!・・・フゥ、日頃鍛えておいて正解だったな」

凛「///」 ギュー

桜「ねえさん!?こ、ここはわたしのばしょですよー!」 シャー

凛「・・・!?ここはこうきょーのばしょよ!あんただけのもんじゃないわ!」 シャー

ギャーギャー

士郎「ははは、公共の場所でも何でもないけどな・・・
それじゃあ帰るか、セイバー・・・セイバー?」 チラリ

セイバー「ご・・・は・・・」 ピクピク

士郎「あ」

27: 2011/11/05(土) 01:50:03.37 ID:MXxVtGx40
ーー廊下

士郎「はぁ・・・よいしょっと」

背中 セイバー「・・・ごはん・・・」

士郎「もうちょっとで着くから」

左腕 桜「せんぱい・・・なでなでしてほしいです・・・」

士郎「今は出来ないって」

右腕 凛「ちゅうかがたべたいわね・・・」

士郎「勘弁してくれ・・・」

31: 2011/11/05(土) 01:53:08.01 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

士郎「よいしょっ!!」

ガラッ

士郎「・・・やっと着いた・・・皆降ろすぞ?」

桜「ふぇ・・・」 グス

士郎「少しだけだから待っててくれな」 ナデナデ

桜「・・・はい」 グスン

士郎「さてと、味噌汁を作ってたんだっけ・・・って味噌汁?」

36: 2011/11/05(土) 01:55:47.74 ID:MXxVtGx40
鍋「グツグツグツグツ!!」

士郎「わああ!鍋が吹きこぼれてる!?」 ダッ

カチカチカチッ‼

鍋「プシュウウウ・・・」

士郎「な、中身はっ!?」 カパッ

ふやけたワカメ『や・・・あ・・・衛宮・・・』

士郎「あー・・・ワカメが大変なことに・・・」

40: 2011/11/05(土) 01:57:49.10 ID:MXxVtGx40
士郎「これは・・・捨てるしかないな・・・」ゴソゴソ

桜「・・・わかめ・・・すてる・・・?」

ワカメ『ぼ、僕はミネラルたっぷりのワカメなんだぞ!?それを捨てるなん』

士郎「無駄にしてごめんなさい・・・」ポイッ

桜「・・・ふふ・・・すてる・・・」

ーーその頃の慎二は

41: 2011/11/05(土) 02:00:03.96 ID:MXxVtGx40
慎二「ブルル!何か悪寒が!?」

ハサン「ぼっちゃん、いつもお腹を出して寝ているから・・・ハッ!?」

慎二「ま、まぁ僕は馬鹿じゃないんだから風邪の一つや二つ引くさ・・・」

慎二「・・・って、どうしたんだよアサシン。
僕の端整な顔に何かついてるのかい?」

ハサン「死相が・・・出てる・・・!!」

慎二「はは、そんなことか・・・え?」

着実に寿命を減らしていた・・・

44: 2011/11/05(土) 02:03:11.66 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

士郎「ご飯も炊いていなかったので、手っ取り早くトーストにしてみました」

セイバー「わらひは、しろーのりょうりならなんでもいいでふ」 モッキュモッキュ

士郎「はは、料理って程でもないけどな」

桜「おいしいです・・・♪」 モグモグ

凛「・・・ちゅうか・・・」 シュン

士郎「はいはい、後で作ってやるよ。この前遠坂に教わったしな」

凛「ほんと!?」 パァァ

士郎「ああ」 ナデナデ

45: 2011/11/05(土) 02:06:03.08 ID:MXxVtGx40
ズドドドドド!!!!

凛「きゃっ!?」

桜「・・・?」 ギュッ

セイバー「てきしゅーですか!?」 ガバッ

士郎「ん・・・いや」

ガラッ!

大河「おねーちゃん参っ上!!」

士郎「やっぱり藤ねえか」

47: 2011/11/05(土) 02:09:16.32 ID:MXxVtGx40
大河「士郎ー!今日の朝ごはんはな・・・に・・・」

セイバー「たいが、おはよーございます!・・・あ、しろーおかわりをー!」

士郎「はいはい、早く座れって」

凛「おはようございます、ふじむらせんせい」 キリッ

士郎「口にパンが付いてるぞ」 フキフキ

桜「お、おはようございます」

士郎「せめて俺に抱きつきながら言うのは辞めような」

49: 2011/11/05(土) 02:13:36.49 ID:MXxVtGx40

大河「し・・・ろ・・・う・・・」 ピクピク

士郎「ん?どうしたんだ藤ねえ?」

大河「いつの間・・・に・・・」 ピクピク

大河「子供なんてつくったのよう!!!!」 ドガァァァァン

士郎「へ・・・?」

大河「こんなにもセイバーちゃんに似て、遠坂さんに似て、
桜ちゃんにも似てる子達が沢山!!」

大河「あんたが三人に手を出す変態だとは思わなかったわ!!」

50: 2011/11/05(土) 02:14:43.80 ID:MXxVtGx40
士郎「ちょ、藤ねえ!?何か勘違いを!?」

大河「問 答 無 用 ! !」 シャキーン

士郎「・・・おいおい!竹刀どこから出したんだよ!?」 ズサッ

大河「武道家たるもの己の魂は肌身離さず持ち歩くものよ!!」

セイバー「うんうん。いいこころがけです、たいが」 ズズー

士郎「説明になってない!」

大河「さぁ・・・覚悟しなさいっ!!」 ヒュンッ‼

士郎「うおっ!?危ねえ!!」 サッ

51: 2011/11/05(土) 02:17:20.15 ID:MXxVtGx40
大河「ち・・・!流石鍛えてるだけあって速いわね・・・だけど、
士郎の根性を叩き直すまでお姉ちゃんは諦めま、せん!!」 シュンッ!

士郎「わっと!?勘弁してくれよもう・・・!!」 サッ

大河「そこぉ!!」 ビシィッ‼

士郎「うわっ!(このままではいずれ当たってしまう・・・!)」 サッ

士郎「藤ねえ、話を・・・わっ!?」 サッ

大河「そりゃ、そりゃ、そりゃ!!」 ヒュンッヒュンッヒュンッ‼

53: 2011/11/05(土) 02:20:11.57 ID:MXxVtGx40
士郎「(話を聞いてくれる状態じゃない・・・!)」サッサッサッ

大河「次で決めるわよ・・・!!」 ユラァァァ

士郎「(こうなったら・・・!!)」 ダッ

大河「ハッ!?」

セイバー「わっ!?」 ガシッ

凛「なにー!?」 ガシッ

桜「ふわっ!?」 ガシッ

士郎「戦略的撤退だー!!」 スタコラッ

大河「あ、こら!待ちなさ~い!!」

56: 2011/11/05(土) 02:22:06.48 ID:MXxVtGx40
ーーとある喫茶店

ランサー「・・・アンタ、いつまで居座るつもりだ・・・?」

カレン「・・・飼い犬が粗相をしないように見張るのは主人の役目でしょう」

ランサー「けっ、お前さんが居るとどうにも落ち着かねえ・・・」

カレン「実際はプレッシャーを与えて愉しんでいるのです」 ニコッ

ランサー「ったく、コーヒー一杯で居座るんじゃねえよ・・・」

カレン「・・・そうね、それならこの新商品の激辛マーボを」 スッ

58: 2011/11/05(土) 02:24:52.67 ID:MXxVtGx40
ランサー「はいはい・・・人使いの荒さも嗜好も、
あの野郎に似てやがる・・・」 ボソ・・・

カレン「む・・・」

ランサー「あ"~!怒るな怒るな、今作ってやっからよ!!」

カランカランッ!!

ランサー「ハァ・・・いらっしゃ~い・・・ん?」

士郎「ハァ・・・!!ハァ・・・!!済まない・・・匿ってくれ・・・!!」

セイバー「かくまえー!」

ランサー「よう坊主!この店に来るなんて珍しいじゃねーか!
・・・あ?何だ、その小動物共は・・・?」

60: 2011/11/05(土) 02:27:13.97 ID:MXxVtGx40
士郎「よっと!・・・フゥ、取り敢えず何か飲物をくれないか・・・?」 ストンッ

ランサー「おう、コーヒーでいいか?」

士郎「ああ、頼む」

ランサー「よし、待ってな!」 スタスタ

セイバー「・・・こーひーのかおりがたまりませんねー!
しろー、わたしにもこーひーをいっぱい(※一杯)!」

士郎「お前にはまだ苦くて飲めないだろ?」

セイバー「む~!わたしはおとなです!!」

士郎「ん~元々はそうだからなあ、まあいいか」

61: 2011/11/05(土) 02:29:39.59 ID:MXxVtGx40
セイバー「やった!」

士郎「お前らはどうする?」

凛「おれんじ!」

桜「ね、ねえさんとおなじで・・・」

士郎「よし、ランサー!コーヒー追加にオレンジジュース二つ」

ランサー『あいよー』

士郎「さて何処に座ろうかな・・・ん・・・?あれは・・・」

カレン「・・・」 ニコリ

士郎「げ、カレン・・・」

65: 2011/11/05(土) 02:33:59.83 ID:MXxVtGx40
よしっ!オラがんばる!!
ーーーーーーーーーーーーーー

スタスタスタ・・・

カレン「ごきげんよう、また随分と賑やかですね」

士郎「あ、ああ・・・ええと、これはだな・・・」

カレン「はい、私には全て分かっています」

士郎「本当か!?それなら話が早い!!この原因を」

カレン「あなたは相当の色情魔のようね、衛宮士郎」

士郎「・・・はい?」

66: 2011/11/05(土) 02:35:16.31 ID:MXxVtGx40
カレン「いや間違えました。"発情犬"」

士郎「なっ!?」

カレン「まさか幼子にまで手を出すなんて、
あなたはやはりケダモノのようですね」ニコッ

士郎「いやいやいや、俺にそんな特殊性癖はない!!」

カレン「そうですか?あなた程の性欲異常者ならてっきり・・・」

士郎「俺の何を知っているんだよ!?」

68: 2011/11/05(土) 02:36:49.34 ID:MXxVtGx40
カレン「・・・冗談はさておき、この異常事態は何ですか?」 チラ

ランサー『へい、コーヒーにオレンジジュースお待ち!クッキーはサービスだぜ?』

セイバー『いいかおりです!』

凛『にがくてもこうかんしてあげないわよ~』

桜『クッキーおいしそう・・・』

士郎「・・・ハァ・・・俺が聞きたいよ・・・」

69: 2011/11/05(土) 02:37:55.73 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

カレン「・・・朝起きたら三人とも幼女になっていた、と」 モグモグ

士郎「ああ・・・原因が全くわからないんだ・・・」

ランサー「原因ねえ・・・」 チラリ

セイバー『にがいよぉぉ!!りん、すこしだけおれんじを~!!』

凛『いや!!』プイッ

セイバー『さくらー!!』

桜『いやです・・・!』

セイバー『わ~ん!!』

70: 2011/11/05(土) 02:39:49.71 ID:MXxVtGx40
ランサー「・・・あのセイバーがこんなんになっちまって・・・
金ぴか野郎が見たらなんて言うかね、こりゃ」

士郎「金ぴか・・・?」

ランサー「おう、英雄王の野郎だよ」

士郎「ギルガメッシュか・・・」

カレン「・・・そういえばギルガメッシュは若返りの薬を持っていましたね」 モグ

士郎「若返り・・・まさか・・・!」

71: 2011/11/05(土) 02:41:25.23 ID:MXxVtGx40
カランカランッ

ランサー「いらっしゃ~・・・あ"」

アーチャー「ほう、これは珍しい組み合わせだな・・・」

ランサー「・・・何しにきたんだよ、てめえは」

アーチャー「客に向かって"てめえ"はないだろう。
ランサー、君は礼儀を覚えた方がいい」

ランサー「けっ言ってろ、で注文は?」 ガタッ

アーチャー「コーヒー、ブラック」

ランサー「あいよ」 スタスタ

72: 2011/11/05(土) 02:43:20.13 ID:MXxVtGx40
凛『あ、あーちゃーだ!』

アーチャー「凛・・・?」

士郎「・・・何故か三人とも若返っちまったんだ」

アーチャー「ふむ・・・」

士郎「まさかお前の仕業じゃないよな?」

アーチャー「・・・いや、私ではない。そもそも私に
彼女達を幼くするメリットはないだろう」

カレン「・・・あなたも、衛宮士郎同様変態だと思っていましたが・・・」

73: 2011/11/05(土) 02:45:50.97 ID:MXxVtGx40
アーチャー「む・・・お前は変態だったのか・・・?」

士郎「違うわっ!!」

アーチャー「・・・やれやれ、私に恥はかかせないでくれたまえよ?」 ガタッ

士郎「・・・心配しなくても、俺とお前は別人だ。関係ないさ」

アーチャー「そう願いたいね」

スタスタ

ランサー「ほらよ、コーヒーだ」 コトッ

74: 2011/11/05(土) 02:46:58.22 ID:MXxVtGx40
アーチャー「ズズッ・・・ほう、中々美味いじゃないか」

ランサー「へ、てめぇに褒められたって嬉しくも何ともねえよ」

士郎「・・・」 ズズッ

カレン「モグモグ・・・取り敢えず」

カレン「ギルガメッシュが怪しいようですね」

士郎「・・・ああ」

カレン「彼は教会にいるはずですよ」

士郎「行ってみるよ」 ズズッ

76: 2011/11/05(土) 02:49:04.48 ID:MXxVtGx40
ーー商店街

凛「ねーしろうー、どこへいくの?」

士郎「教会に行くんだ。お前たちを治せる方法が見つかるかもしれない」

桜「あそこ・・・こわい・・・」 ギュッ

士郎「ちょっとギルガメッシュと話をするだけだから」

セイバー「ぎ、ぎるがめっしゅ・・・」 ブルッ

士郎「ん?どうした?」

セイバー「にがてです・・・」

士郎「多分少年の姿だから、まだ平気だろ」

セイバー「それならば・・・まあ」

77: 2011/11/05(土) 02:50:52.62 ID:MXxVtGx40
キキキキィー!!

士郎「ん?」

ライダー「シ、シロウ!?その子達は!?」

士郎「お、ライダーか」

桜「あー!ライダー♪」 ダキッ

ライダー「ままま、まさかサクラ!?」

士郎「ああそうか、ライダーは朝早くからバイトに出ていたから知らないのか」

セイバー「らいだー?」 ピョコッ

凛「らいだー、おはよー!」 ピョコッ

79: 2011/11/05(土) 02:56:10.26 ID:MXxVtGx40
ライダー「わわわわわ、幼子がたくさん・・・!?」 ガクブル

士郎「ちょ、どうしたんだライダー!?」

桜「らいだー、どうしたの?」 キョトン

ライダー「ひぃぃぃ・・・!過去の記憶がぁ・・・!」 ガクブル

セイバー「ん~?」 ツンツン

ライダー「ひぃぃぃぃぃ!?」 ガクブル

凛「あはは、おもしろ~い!」 ツンツン

ライダー「いやぁぁぁぁ!?」 ガクブル

81: 2011/11/05(土) 02:59:15.56 ID:MXxVtGx40
セイバー「これはきょうみぶかい!!」 ツンツン

ライダー「・・・私が姉様たちを・・・!私が姉様たちを・・・!」 ガクブル

凛「きゃっきゃっ!!」 ツンツン

士郎「あ、こら!やめろ二人とも!!」 ガシッ

セイバー「え~もうちょっと~!!」

凛「おもしろいのに~!」

士郎「人が嫌がることをしてはいけません!!」 ペシッペシッ‼

セイバー「いたっ!!」

凛「ひゃっ!!」

士郎「これで懲りたか!」

85: 2011/11/05(土) 03:03:39.09 ID:MXxVtGx40
セイバー「・・・ぐす、しろーがぶった~!!」 タタタッ

凛「しろうのばか~!!」 タタタッ

士郎「お、おい!待て!!」

凛『べ~っだ!!』 タタタッ

士郎「・・・ハァ」 チラ

桜「らいだ~・・・だいじょうぶ・・・~?」 ナデナデ

ライダー「・・・」 ブツブツ・・・

士郎「桜・・・そっとしておいてやろう・・・」

桜「・・・うん」 コクン

87: 2011/11/05(土) 03:07:13.20 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

セイ凛「「わ~ん!!」」タタタッ‼

?「後は人参と大根と・・・」

ボスッ!

?「きゃっ!?」

セイバー「わっ!?」 ドカッ

凛「ふわっ!?」 ドカッ

?「・・・あらあら、ごめんなさいね。
でもちゃんと前を見て歩かないと危ないわよ?」

91: 2011/11/05(土) 03:11:24.26 ID:MXxVtGx40
セイバー「すみません・・・」

凛「おばさん、ごめんなさい・・・」

キャスター「おば・・・!?
せめて「お 姉 さ ん」と言 っ て ね ?」 ギュウウ

凛「ほへーはん!ほへーはん!(お姉さん!お姉さん!)」

セイバー「あわわ・・・」

キャスター「・・・そういえばこの子達、見覚えがあるような・・・」

95: 2011/11/05(土) 03:16:13.88 ID:MXxVtGx40
士郎「セイバー!!遠坂ー!!どこだー!?」

キャスター「あら?あれは・・・」

士郎「お、キャスター!ここら辺で小さい子見てな・・・って居たー!?」

セイバー「む~!!」 サッ

凛「しろうきらいっ!!」 プイッ

キャスター「この子達のことかしら?随分と嫌われてるようだけど・・・」

士郎「少し叱ったら飛び出して行ってな・・・
ほら、二人とも行くぞ?おばちゃんにさよならして・・・」

97: 2011/11/05(土) 03:18:12.46 ID:MXxVtGx40
ピキッ!!

キャスター「「おばちゃん」・・・ですって・・・!?」

士郎「あ、ごめん!おばさん、にな」

ブチッ!!

キャスター「・・・あなたといい、このツインテールの子といい、
どういう教育をしているのかしら・・・?」

士郎「え・・・?どうしたんだ・・・?」

キャスター「少し社会のルールというものを教育した方がよさそうね・・・」 ニコリ

セイバー「"るーるぶれいかー"なのにですか?」

98: 2011/11/05(土) 03:21:37.11 ID:MXxVtGx40
キャスター「おだまりっ!?言葉の綾よ!!これは!!」 キシャアア

セイバー「ぴぃぃぃぃ!?」 サッ

士郎「おいおい、怖がってんだろ!やめろよ!」

キャスター「・・・今、この子達の性根を正さなければ今後どうなることか・・・
勿論あなた自身もね!!」

士郎「はい・・・?」

キャスター「さぁ、あそこの喫茶店で話し合いましょうか」 ニコッ

士郎「ゾクッ!?(やばい・・・!本能的に感じる!
この女に着いていってはいけない!)」

100: 2011/11/05(土) 03:24:12.61 ID:MXxVtGx40
キャスター「ほら、早く」 ニコッ

士郎「(くそ!かくなる上は・・・!!)」 グッ

キャスター「行きましょう?」

士郎「(逃げるッ!!)」

士郎「皆、散れ!!」 ダッ‼

セ凛桜「「らじゃー!」」 ワラワラ

士郎「(よし!散開すれは逃げ切れるは・・・)」

ガシッ!

士郎「あれ!?」 グイッ

キャスター「逃 が さ な い わ よ・・・?」

102: 2011/11/05(土) 03:26:15.69 ID:MXxVtGx40
士郎「あ・・・」 ダラダラダラ

パタパタパタ・・・

キャスター「ちぃっ・・・あの子達は逃げたようね・・・
まぁ、あなただけでも良いわ」

士郎「終わっ・・・た・・・」

キャスター「さぁ、話し合いましょうか?」 ズルズル・・・

士郎「はい・・・」 シクシク・・・

BADEND

104: 2011/11/05(土) 03:29:31.63 ID:S27UDyJk0
どこで分岐したのだ

106: 2011/11/05(土) 03:30:36.64 ID:3zAo4ATJ0
TRUE はやく

107: 2011/11/05(土) 03:30:53.70 ID:MXxVtGx40
タイガ「タイガぁーーー道ぉ場ぉーー!!」 デデンッ

タイガ「はい、こんにちは!毎度お馴染みタイガー道場のお時間でーす!!」

タイガ「・・・あらー、今回は人妻ENDねー?羨ましいじゃないの、この!!」

タイガ「まぁ、私が人妻とイチャイチャしている士郎を見かけたら
その場で両断しちゃうんだけどね☆」 ジャキンッ

タイガ「それでは!今回の反省点を、弟子一号よろしく!!」

108: 2011/11/05(土) 03:34:34.90 ID:MXxVtGx40
イリヤ「はーい!アニメFate/zeroでも大活躍の弟子一号こと、
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンでーす!」

タイガ「最近アニメには出てないけどね」

イリヤ「ぐぬぬっ!・・・ふん!そんなこと言ったら
タイガなんて一回も出てないじゃない!!」

タイガ「わ、私は後々出るんですぅー!!
ピチピチの高校生姿で出るんですぅー!・・・・・・出る・・・よね?」

イリヤ「・・・わたしに聞かれても・・・」

大河「キィィィィ!!雑談はもう良いから説明しなさい!!」

110: 2011/11/05(土) 03:38:27.45 ID:MXxVtGx40
イリヤ「ちぇ、タイガから始めたんじゃない・・・」

タイガ「何か?」 ニコッ

イリヤ「ま、いいや・・・簡単に説明するとここは
バッドエンドに行き着いちゃった大きなお友達の
悩みをずばり解決しちゃうコーナーで~す!!」

タイガ「そのとぉ~り!!」

イリヤ「今回の反省点はアレだねー。早まっちゃった所かな」

タイガ「タイミングって大事よね!」

イリヤ「そうタイミング。もう少し待ったら、逃げるチャンスが出来るんじゃない?」

タイガ「例えば?」

イリヤ「う~ん・・・妹(桜)が爆発するとか?」

111: 2011/11/05(土) 03:42:32.94 ID:MXxVtGx40
タイガ「そんなチャンス嫌よ!?」 ビシィッ

イリヤ「シロウが突然「フヒヒwwwサーセンwwww」とか言っちゃうとか!!」

タイガ「それも嫌ー!?」

イリヤ「まぁ、このSSは割りと真面目だからそんなことはないハズだよ!」

タイガ「そうだと良いけど・・・」

イリヤ「・・・と、今回のタイガー道場はここまで!」

112: 2011/11/05(土) 03:44:08.24 ID:MXxVtGx40
タイガ「いきなり唐突ね・・・ま、これ以上話すことはないんだけどさ」

イリヤ「わたしは早くzeroの第一話を見直したいの!」

タイガ「・・・一応聞くけどなんで?」

イリヤ「私の可愛いところが、ふんだんに映ってるじゃない!!」

タイガ「・・・うわぁ」

イリヤ「な、なによー!なにか文句あるのー!?」

113: 2011/11/05(土) 03:45:32.46 ID:MXxVtGx40
タイガ「はい!今回のタイガー道場はここまで!!」

イリヤ「あ、ちょっと!聞きなさいよー!!」

タイガ「この次は原作で会いましょうね!」

イリヤ「さっきのウソウソ!ちょっとしたジョークだから!」

タイガ「バイバーイ!!」

イリヤ「あっこらー!」

115: 2011/11/05(土) 03:50:28.15 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

キャスター「ほら、早く」 ニコッ

士郎「ハッ!?」

キャスター「行きましょう?」

士郎「(何だ今の?白昼夢・・・か?)」

キャスター「・・・いつまで待たせるつもりかしら・・・?
ここで始めても良いのだけれど?」

士郎「(く!タイミング・・・とか言ってたな・・・!!
少し時間を稼ぐか・・・!!)」

116: 2011/11/05(土) 03:53:09.13 ID:MXxVtGx40
士郎「キャスター・・・」

キャスター「何かしら?」

士郎「最近、葛木とはどうなんだ?」

キャスター「///!?・・・それはもう・・・
宗一郎様ったら///寡黙でありながら、お優しくて///」

士郎「し、幸せそうだな(よし、食いついた!!)」

キャスター「毎日が幸せに決まってるじゃないの///あの人ったら・・・」 ブツブツ

士郎「ははは・・・そうか・・・」

120: 2011/11/05(土) 04:01:06.61 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

キャスター「・・・であの人は余り喋らないじゃない?
でも一言だけ「美味い」と言ってくれるのよ///」

士郎「はは・・・(いつまで経ってもチャンスなんて来ないじゃないか!?)」

キャスター「・・・なのよ~!私嬉しくって!!」

?「キャスター・・・」

キャスター「はっ!?」

士郎「!?」

葛木「遅いと思ったらここに居たのか。探したぞ」

121: 2011/11/05(土) 04:04:09.01 ID:MXxVtGx40
キャスター「宗一郎様///!?・・・すみません彼と話し込んでしまって・・・」

葛木「む・・・衛宮か。家内が足を止めさせて済まなかったな」

士郎「いや・・・俺は別に・・・(これがチャンスか!?)」

葛木「そうか・・・。お礼にこれを」 ゴソゴソ

士郎「・・・飴?」

葛木「その子達にあげてくれ」

セ凛桜「「!」」 ビクゥ‼

士郎「あ、ああ。わかった」 スッ

122: 2011/11/05(土) 04:08:04.64 ID:MXxVtGx40
葛木「さあキャスター帰るぞ」

キャスター「あ、でも人参が・・・」

葛木「そうか・・・では、二人で買いに行こう。どれ、その袋は私が持つ」 スタスタ

キャスター「はい///お願いします宗一郎様・・・///」 スタスタ

BGM「エンダァァァァァァァイヤァァァァァァ!!!!」

士郎「・・・」

士郎「危機は去ったか・・・」

125: 2011/11/05(土) 04:10:54.50 ID:MXxVtGx40
ーー鉄橋

セイバー「あーめ♪あーめ♪ふーれふーれ♪」 コロコロ

凛「かーさんがー♪」 コロコロ

桜「ちゃのまー・・・かーさん・・・グスン」 コロコロ

凛「あ・・・ごめんねさくら!」 ナデナデ

セイバー「み、みんなでほかのおうたをうたってのりこえましょう!!」

桜「グスン・・・はい・・・」

127: 2011/11/05(土) 04:12:47.85 ID:MXxVtGx40
セイバー『おっやまに♪』

凛『あっめが♪』

桜『ふっりました♪』

♪~♪~

士郎「微笑ましいな・・・」 ニコニコ

士郎「・・・ハッ!?断じて俺は変態なんかじゃないぞ?」

士郎「・・・いかんいかん早くあいつらを戻さないと・・・」

128: 2011/11/05(土) 04:14:39.93 ID:MXxVtGx40
ーー教会

士郎「さて、ギルガメッシュはどこに居るかな」

セイバー「わ!おっきなふんすいがありますよー!」 パタパタ

士郎「こらこら!濡れるからやめなさい!」

セイバー「わー!きれいだ!!」

士郎「見るだけにしろよー?」

セイバー「はーい・・・わっ!?」 ヒョイッ

ギル「ふむ、セイバーに似て良い目をしている」

セイバー「にゃっーー!?」

129: 2011/11/05(土) 04:16:39.87 ID:MXxVtGx40
士郎「しまった!大人形態だったか!?」

ギル「気に入った!小娘よ、我の物となれ!」

セイバー「いやだー!!」 ジタバタ

ギル「ほう・・・王の誘いを断るか」

士郎「ギルガメッシュ!セイバーを離せ!!」

ギル「ち、雑種如きが容易く口を利きおって・・・
と、やはり此奴はセイバーだったか」

士郎「(ただの変態ではなかった・・・のか?)」

131: 2011/11/05(土) 04:19:50.89 ID:MXxVtGx40
セイバー「はなせー!!」 ジタバタ

ギル「ふはは、どうしたセイバー!いつもの気合いは何処へ行ったか!!」

セイバー「この~!!」 ジタバタ

ギル「そら、足掻け足掻け!!」

セイバー「・・・」 ピタッ

ギル「ぬ・・・?諦めたか?」

セイバー「・・・えくすっ!!」 パァァァァ

ギル「なっ!?」

セイバー「かりばぁぁぁぁぁー!!」

134: 2011/11/05(土) 04:23:24.39 ID:MXxVtGx40
ギル「ぬぅぉぉぉぉおお!?」

バシュゥゥゥゥン‼

スタッ!

セイバー「はぁっ!はぁっ!」

士郎「だ、大丈夫かセイバー?」 タッタッタッ

セイバー「やつにえくすかりばーをぶちこんでやりました!!」 フンスッ

士郎「ああ、偉いぞ・・・(アイツ、大丈夫か?)」 ナデナデ

ガサガサ

士郎「!?」

136: 2011/11/05(土) 04:25:51.22 ID:MXxVtGx40
ギル「ふはは!流石我の認めた女!!幼くとも威力は劣らず、か!
ますます気に入ったぞ!!」 プスプス

士郎「あ、生きてる」

ギル「ふん、あの小娘に薬を渡して正解だったかもな」

士郎「・・・!?それだ!誰に渡したんだ!?」

ギル「雑種如きに教えてなるものか」

士郎「・・・くっ!」 ギリッ

ギル「どうしたフェイカー?まさか我に逆らうとでも言うまいな?」 スッ

137: 2011/11/05(土) 04:29:18.28 ID:MXxVtGx40
士郎「このっ!!」 バッ

セイバー「おしえなさい、ぎるがめっしゅ!!」 デデーン‼

士郎「・・・」

ギル「・・・」

ギル「・・・アインツベルンの小娘だ。「セイバー達を幼くしたい」と言うから
元に戻る薬共どもくれてやったわ」 ペラペラ

士郎「(コイツ・・・)」

セイバー「なぜ、かのじょにわたしたのですか!?」

ギル「・・・お前の幼き頃を見たかったまでよ・・・」

士郎「(ただの変態だった!?)」

138: 2011/11/05(土) 04:30:03.86 ID:mKGsNueZ0
ギル…

139: 2011/11/05(土) 04:34:49.45 ID:MXxVtGx40
ギル「だが・・・見るまでもなかったようだ。
我の思った通り、お前は幼き頃から凛々しい女だった」

ギル「我はお前を惚れ直した!だからセイバー・・・俺の嫁に」

セイバー「おことわりします」

ギル「・・・」

ギル「・・・我」

セイバー「おことわりします!」

ギル「・・・」

ギル「・・・は、この世界は児戯にも等しい・・・
若返り・・・の薬はなかったな・・・」 シュン・・・

士郎「(・・・ご愁傷様)」

143: 2011/11/05(土) 04:41:25.53 ID:MXxVtGx40
ブロロロロ!!

士郎「ハッ!?」

キッ!!

凛「わっおおきなくるま!」

ガチャッ

セラ「お迎えに上がりました」

士郎「まいったな。まさか・・・敵の方から誘いが来るとは」

セラ「イリヤ様がお待ちです」

士郎「わかってるさ。皆、乗るぞ」

セイバー「うんてんはわたしにまかせてください!」

士郎「いや出来ないって」

144: 2011/11/05(土) 04:46:04.05 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

ブロロロロ・・・

桜「・・・このくるまはどこにいくんですか?」

士郎「アインツベルンの城さ」

士郎「そこに・・・真実が待ってる・・・」

セイバー「あ~!りんっ!!わたしのくっきーとりましたね!?」

凛「ほっへはいはよ(取ってないわよ)」ムシャムシャ

セイバー「かえしてください~!!」バタバタ

士郎「・・・」

士郎「緊張感の欠片もないな・・・」 ハァ・・・

145: 2011/11/05(土) 04:50:53.44 ID:MXxVtGx40
ーーアインツベルン城

ガチャッ!

セラ「着きました」

士郎「・・・ありがとう」

凛「わぁ~!?でっかいおしろ~!!」

士郎「何回か来ただろ?」

セイバー「む、まあまあのおおきさですね・・・」

士郎「お前は何と張り合っているんだ」

セイバー「もちろん、"えみやてい"ですが!」

士郎「家がこの城に勝てるか!!」

147: 2011/11/05(土) 04:56:38.76 ID:MXxVtGx40
ギィィィィ

セラ「イリヤ様は奥の間におられます」

士郎「いつ来てもこの城は慣れないな・・・」

桜「こ、こわいです・・・」 ギュッ

士郎「大丈夫、俺がついてる」

桜「・・・はい」 ギュゥゥゥ

セイバー「このおさら、ふりすびーになりませんか!?」

凛「やってみようか!!」

士郎「お前ら少しは緊張感を持ってくれ・・・」

150: 2011/11/05(土) 05:00:55.56 ID:MXxVtGx40
リズ「あ、シロウ。久しぶり」

士郎「ようリズ。イリヤはどっちに居る?」

リズ「あっち」

士郎「そうか、サンキュー」

士郎「・・・」 テクテク

リズ「・・・は行き止まり」

スタスタスタ

士郎「もっと早く言ってくれよ!!」

※半時間これを繰り返す

152: 2011/11/05(土) 05:06:53.14 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

ガチャッ

士郎「やっと着いたか・・・」

凛「つかれた・・・」

黒い影「あっはっはっは!」

セイバー「なっ?だれだ!?」

士郎「だからイリヤだって」

イリヤ「遅かったわねシロウ!!」

士郎「リズのせいで散々迷わされたよ」

イリヤ「・・・ごめんなさい」

士郎「いや、まあいいんだ・・・ってそれよりも!」

153: 2011/11/05(土) 05:11:10.38 ID:MXxVtGx40
イリヤ「ふふん!あなたが欲しいものは分かっているわ!!この薬でしょ?」 チラリ

士郎「く・・・!イリヤ・・・何が目的なんだ!?」

イリヤ「何が目的かって・・・?それは・・・」

凛「な、なに!?」

イリヤ「それは・・・!」

士郎「何なんだ!?」

イリヤ「シロウにわたしの魅力を分かってもらう為なのでしたー!!」 ババーン

155: 2011/11/05(土) 05:16:50.65 ID:MXxVtGx40
士郎「・・・はい?」

イリヤ「名付けて!"三人のヒロインの外見的な年齢をわたし以下にすることで、
わたしの大人な魅力に気づいてもらう作戦"!!」

士郎「・・・」

イリヤ「どう?わたしの虜になっちゃいなさい!!」 フリフリ

士郎「・・・」 スタスタスタ

イリヤ「素晴らしすぎて声も出ないみたいね!」 フリフリ

士郎「・・・」グイッ

イリヤ「きゃ!そんな人の見てる前で・・・///」

156: 2011/11/05(土) 05:21:34.82 ID:MXxVtGx40
士郎「・・・」 パシッ

イリヤ「あれ?薬・・・」

士郎「ほら皆、これで元に戻るぞー」 スタスタ

士郎「まずはセイバーから」

イリヤ「ちょっとー!!」 パタパタ

セイバー「・・・?・・・ゴク」

セイバー「・・・」

セイバー「・・・」

セイバー「・・・もどりませんよ?」

士郎「なっ!まさか!?」 クルッ

157: 2011/11/05(土) 05:26:09.65 ID:MXxVtGx40
イリヤ「ふふ・・・そうよ」 ゴゴゴゴゴ

イリヤ「それはニセモノよ!!」 ババーン‼

士郎「は、謀ったな!?」

イリヤ「うるさ~い!もうシロウなんて許さないんだから!!
やっちゃえ!バーサーCAR☆」 ポチッ

ゴォウンゴォウンゴォウンゴォウン!!!!

士郎「見かけないと思ったら・・・!!」

ガチリッ!

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」

158: 2011/11/05(土) 05:31:24.53 ID:MXxVtGx40
ビリビリビリッ!!

士郎「これは・・・まずい!?」 ダッ

セイバー「ふぅおおお!?おおきー!?」

士郎「驚いてる場合か!!」 ガシッ

凛「まずは"おさら"をなげてみようかしら!!」

士郎「勝てるわけないだろ!?」 ガシッ

桜「あれならかてます!」

士郎「何で今だけ戦う気なんだよ!?」 ガシッ

160: 2011/11/05(土) 05:36:40.55 ID:MXxVtGx40
イリヤ『やっちゃえー!!』

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ギュルルルルッ‼

士郎「は、走ってきたー!?」 タッタッタッ

イリヤ『きゃははは!シロウなんて吹き飛ばせー!!』

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ギュルルルッ‼

士郎「良い加減にしてくれー!!」 タッタッタッ

ギュルギュルギュルッ!!

桜「せんぱーい!ひかれちゃいますよー!?」

士郎「わかってる・・・!!」 タッタッタッ

162: 2011/11/05(土) 05:40:50.09 ID:MXxVtGx40
士郎「ーー投影開始ーー!!」 タッタッタッ

イリヤ『天罰なんだからー!!』

士郎「・・・」 タッタッタッ

セイバー「しろー!なんとかしてくださ~い!!」

士郎「・・・」 タッタッタッ

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ギュルルルルルッ‼

士郎「・・・」 タッタッタッ

士郎「駄目だ・・・まったく集中できない!!」 タッタッタッ

凛「どうするのよ~!!」 ポカポカ

士郎「万事休すか・・・!!」

163: 2011/11/05(土) 05:46:09.39 ID:MXxVtGx40
ガゴッ!!!!

バサカ「グォ・・・!!??」

イリヤ『・・・あら?』

士郎「・・・!?しめた!柱に引っかかったぞ!!」

バサカ「グォッ!グォッ!」 ガリッ!ガリッ!

イリヤ『もう・・・!!そんな物壊しちゃってバーサーカー!!』

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ガリガリガリガリッ‼

士郎「また走り出した!?」

166: 2011/11/05(土) 05:57:41.45 ID:Jzf6dR3xi



バキバキバキバキッ!!

士郎「うわああああ!?」 タッタッタッ

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ギュルルルルルッ‼

イリヤ『ふふ~ん!私のバーサーカーを甘く見ないでよね~!!』

士郎「おいおい!このままだと城が・・・!!」 タッタッタッ

イリヤ『あーあー聞こえなーい!!』

士郎「やめろ~!!」 タッタッタッ

167: 2011/11/05(土) 05:59:08.24 ID:Jzf6dR3xi
ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

イリヤ『・・・?待って、バーサーカー!!』

バサカ「グォ・・・?」 ピタッ

士郎「ん?・・・どうしたんだ?」 ピタッ

桜「ねんりょうぎれでしょうか・・・?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

士郎「・・・いや・・・これは・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

イリヤ「何・・・?この地響き」

168: 2011/11/05(土) 06:03:43.31 ID:MXxVtGx40
シュタッ!!

リズ「イリヤー」

イリヤ「わっ、リズ!?どうしたの?」

リズ「さっきお城の大黒柱壊したでしょ」

イリヤ「大黒・・・柱・・・?」

リズ「うん。セラ(←既に退避)が"あと数分でお城は崩れる"ってさ」

イリヤ「・・・崩れる?」

リズ「うん」

イリヤ「お城が?」

リズ「そう」

イリヤ「・・・」

170: 2011/11/05(土) 06:06:02.57 ID:MXxVtGx40
イリヤ「た、退避ー!!」

リズ「ほーい」 シュタッ

バサカ「グォォォォオオオ!!!!」 ギュルルルルルッ‼

パラパラパラ・・・

セイバー「・・・ぎゃくそうしていきましたね」

凛「わ、わたしの"おさらこうげき"におそれをなしたのね!?」 シュパッ

士郎「はいはい・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

桜「あれ・・・しろぜんたいがゆれてるような?」

士郎「逃げたほうが良さそうだな・・・」

173: 2011/11/05(土) 06:11:30.06 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

メキメキメキメキ!!

凛「にゃっ~!?し、しろう!ゆかがくずれていってる!?」

士郎「いわんこっちゃない!?全員掴まってろ!!逃げるぞ!!」

桜「せんぱい!あそこからでられそうです!!」

ピカー!!

士郎「わかった!」 ダッ

174: 2011/11/05(土) 06:13:31.39 ID:MXxVtGx40
メキメキメキメキ!!

セイバー「しろー!まにあいませんよー!!」

士郎「うるさいっ!黙ってろ!!」

凛「しろう~!"おさらこうげき"がきかないよう~!!」 シュパッ‼

士郎「うるさいうるさ~い!!」

メキメキメキメキ!!

士郎「うおおおおお!!!!」

ポーンッ!!

177: 2011/11/05(土) 06:17:45.15 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

城「ゴゴゴゴ バスンッ‼ゴゴゴゴゴ バスンッ‼・・・」

イリヤ「わたしのお城が・・・」

城「ゴゴゴ バスンッ‼ゴゴゴゴ・・・」

イリヤ「沈んでゆく・・・」

城「ゴゴゴゴ・・・」

スタスタスタ

セラ「イリヤ様!!あれ程 無茶はするなと!!」 ガミガミ

イリヤ「お城がぁ・・・」 シクシク・・・

178: 2011/11/05(土) 06:22:17.63 ID:MXxVtGx40
ポーンッ!!

士郎「うわっ!?」 ズサァァァ

セ凛桜「「きゃっ!?」」

メキメキメキ!!

リズ「あ、シロウおかえり~」

士郎「いてて・・・どうにか助かったみたいだな」 キョロキョロ

イリヤ『・・・』

セラ『ーー!ーーー!?』 ガミガミ

士郎「まったく・・・イリヤめ」 スタッ

179: 2011/11/05(土) 06:23:49.80 ID:MXxVtGx40
イリヤ「・・・」 シュン・・・

スタスタ

士郎「これで懲りたか・・・?」

イリヤ「シロウ・・・」

セラ「ちょっと!今は私が話をしているのですよ!?」

士郎「悪い、少しだけ時間をくれ」

セラ「・・・」

士郎「頼む」

セラ「・・・もう!少しだけですよ?」 スッ

士郎「・・・すまない」

181: 2011/11/05(土) 06:28:50.25 ID:MXxVtGx40
士郎「・・・なあイリヤ」 ストンッ

イリヤ「・・・どうせ、わたしに魅力なんてないわよ」 プイッ

士郎「・・・」

イリヤ「・・・」 プイッ

士郎「・・・ハァ」

士郎「・・・俺は好きだよ」 ボソッ

イリヤ「・・・え?」 クルッ

182: 2011/11/05(土) 06:30:12.57 ID:MXxVtGx40
士郎「イリヤの白くて綺麗なところとか、活発で元気なところとか」

イリヤ「え?・・・えっ?」 ドキッ

士郎「笑顔とか、仕草とか全部好きだ」

イリヤ「ちょちょちょちょ~///?(これってまさか告白!?)」 ドキドキ

士郎「イリヤに魅力がないところなんてない・・・だから・・・」

イリヤ「(だから・・・!?)」 ドキドキドキ

189: 2011/11/05(土) 06:54:01.68 ID:MXxVtGx40
士郎「俺はそんなイリヤといつまでも良い"友達"で居たいんだ。
だから・・・機嫌直してくれよ」

イリヤ「え」 ピシッ

士郎「ん?どうしたんだ?」

イリヤ「・・・」 プルプル

士郎「おーい?」 フリフリ

イリヤ「・・・シロウの」 プルプル

士郎「?」

イリヤ「・・・シロウのあほんだら~!!」 シュッ‼

薬「」 キラーン‼

イリヤ「知らないっ!!」 プンスカッ

士郎「・・・」

士郎「え!?」

190: 2011/11/05(土) 07:02:27.95 ID:MXxVtGx40
そして・・・
ーーー
ーー

士郎「・・・」 トントントントン

バサカ「・・・」 ジー(士郎を凝視)

セイバー「しろーあさごはんはまだですかー!?」 グイグイ

凛「zzz・・・」 ベター

桜「だっこ・・・」 ウルウル

イリヤ「シロウ!今度こそわたしの魅力を分からせてやるんだからー!!」 フリフリ

ライダー「ひぃぃぃぃ!?幼子がたくさん!?」

191: 2011/11/05(土) 07:08:32.91 ID:MXxVtGx40
リズ「んー面白いテレビやってない」 ピッピッ

セラ「あなたも少しは手伝いなさい!!」 サッサッ

シュタッ

ギル「・・・今日も愛らしいなセイバー」

セイバー「にゃっー!?」

ギル「さぁ、我のも」

セイバー「えくすかりばー!!」

192: 2011/11/05(土) 07:12:11.93 ID:MXxVtGx40
ドカーン!!

ギル「ぬはは!それでこそ!!」 ムクッ

セイバー「ぐぬぬ!!」

ギャーギャー

士郎「・・・ハァ」 トンッ

士郎「・・・ま、こんな日常もいいかもな」

冬木の町は今日も平和だったーー
true end?



ーーーーーーーーーーーーーー

ギル「(・・・実は薬はまだあるが、この日常を楽しむのもまた一興)」

194: 2011/11/05(土) 07:14:39.85 ID:X3bgHSsE0
続くのかwwww

195: 2011/11/05(土) 07:16:24.20 ID:EGkBJmeyO
グッドエンドあるのな?

196: 2011/11/05(土) 07:17:31.45 ID:MXxVtGx40
ーーーanother episodeーーー

ーーとある喫茶店

バゼット「・・・ふぅ、中々バイトが見つからない・・・」 ヌボーン

ゴシゴシゴシゴシ

ランサー「カカ、お前はやることなすこと大雑把だからな」 ゴシゴシ

バゼ「む、貴方に言われたくありませんね・・・!」 ムー

ランサー「は、俺は何をやるにしても中途半端にはしねえ主義だ。
てめぇにそのコーヒーを入れられるのか?」

バゼ「くっ!(正論だ!・・・だが!!)・・・
良いでしょう!美味しいコーヒーを入れてやりましょう!!」 ババン‼

ランサー「・・・やれやれ、まずはその負けず嫌いなところも直さなきゃな・・・」

199: 2011/11/05(土) 07:20:58.18 ID:MXxVtGx40
ラウンド1

バゼ「えーとまずはコーヒー豆を・・・」

つコーヒー豆

バゼ「・・・」

バゼ「・・・どうするんでしたっけ・・・?」 キョトン

バセ「・・・むー」

バゼ「・・・ピコーン!!」

バゼ「フライパンで煎りましょう!!」

バゼ「フライパン~♪フライパン~♪」

201: 2011/11/05(土) 07:24:04.97 ID:MXxVtGx40
バゼ「油をひいて~っと」 ザバァァ

バセ「火は・・・強火のほうが強いコーヒーが出来そうですね!!」

カチカチカチ

バゼ「むっ・・・ちょっと喉が乾きたな・・・」

フライパン「パチッ!」

バゼ「・・・店のオレンジジュースを少し拝借して・・・」 バタッ

フライパン「バチッ!バチッ!!」

バゼ「んっんっん・・・プハァ・・・!!
かぁー!オレンジジュースはやっぱり良いなぁ!!」

203: 2011/11/05(土) 07:31:34.40 ID:MXxVtGx40
フライパン「パパパパチンッ!!パパパチンッ!!」

バゼ「暑いところだと一層身に染み渡りますね!!・・・ん?」

フライパン「パパパパチッ!!パパパパパ!!!!」

バゼ「・・・はい?」

フライパン「パチ・・・ボォア!!!!」

ニギャアアアアアアア!!??

ランサー「あ!?」 ビクゥッ⁉

ヒガァー!!アブラガァー!!

ランサー「ちっ!やっぱり何か起こしやがった!!」 ダッ

205: 2011/11/05(土) 07:35:34.33 ID:MXxVtGx40
フライパン「パパパパチンッ!!パチンッパッパッ・・・ボォォォォ!!」

バゼ「油が火が油が火がぁー!!??」 グルグル

ランサー「おいっ!何やってんだ!!ってこりゃひでえ!?」

フライパン「ボォォォォ!!!!」

バゼ「らららら、ランサーぁ!?火事です!大火事ですよ!?」 オロオロ

ランサー「くそっ!!どいてろ!?」 バッ

カチカチカチカチッ

フライパン「ボォォォォォ!!!!」

206: 2011/11/05(土) 07:40:06.21 ID:MXxVtGx40
ランサー「コンロを止めて・・・!ちぃッそれでも消えないか・・・!!」

バゼ「みみみみ、水ですね!?わかります!!」 バッ

ランサー「やめろ!こういう時水かけちゃいけねえんだよ」 クワッ

バゼ「じじじじ、じゃあどうすれば!?」 アタフタ

グイッ

ランサー「その為に消化器が有るんだろうがぁっ!!」 カチリッ

バゼ「やだランサーかっこいい!?」 グルグル

ブシュウウウウウウ!!!!

フライパン「ボゥゥゥ・・・」

ブシュウウウウウウ!!!!

フライパン「」 シュー

214: 2011/11/05(土) 08:01:40.45 ID:MXxVtGx40
ランサー「・・・ハァハァ」

バゼ「・・・す、すごい!?」

ランサー「・・・ハァ」

パチパチパチ

ランサー「・・・あ?」

バゼ「流石ランサー!!バイトに対する熱意を感じました!!」

ランサー「・・・」

バゼ「あの意気込みを私も見習って、コーヒーいれラウンド2に」

ランサー「・・・出てけ」

バゼ「・・・え?」

215: 2011/11/05(土) 08:07:30.97 ID:MXxVtGx40
ランサー「てめえのせいでキッチンは滅茶苦茶、もう店じまいだ・・・出てけ」

バゼ「え、でも・・・ラウンド2・・・」

ランサー「俺を怒らせる前に出ていきな・・・
俺もクビになるかもしれねえんだ・・・てめえのせいでよ・・・」 ギロッ

バゼ「ひ!?」

ランサー「・・・さあ、片付けるか畜生」 ガチャガチャ

バゼ「・・・・・・ラン」

ランサー「・・・」 ギロッ

バゼ「ご、ごめんなさ~い!!??」 バシュウンッ‼

217: 2011/11/05(土) 08:13:38.38 ID:MXxVtGx40
ーー商店街

ワイワイガヤガヤ

バゼ「・・・」

バゼ「チラッ・・・」

つ112円

バゼ「・・・ランサーにもお金にも見捨てられ、行く宛がない・・・」 シュン・・・

バゼ「もう物乞いになるしか・・・」

オーイ・・・

バゼ「・・・ん?あれは・・・」

219: 2011/11/05(土) 08:16:03.38 ID:MXxVtGx40
ーー数分前

セイバー「つぎはわたしがいきますよ~!?」

凛「せいばー!あてちゃえ!!」

桜「せいばーさんならきっとあたります!!」

セイバー「それじゃーいきますよー?」ピリッ

セ凛桜「「ゴクリッ!!」」

セイバー「いでよ!きんのえんぜる!!」

つはずれ

セ凛桜「「はい!はずれぇ!!」」

222: 2011/11/05(土) 08:24:27.20 ID:MXxVtGx40
士郎「何もチョコンボールで熱くならなくても」

セイバー「だってだって!おもちゃのかんずめがあたるんですよ!?」

桜「せんぱいはほしくないんですかー!?」

士郎「いや、まあ昔は欲しかったけど・・・」

凛「ならば"かい"だ!!」

士郎「だーめ!お菓子はもう終わり!」

セ凛桜「「え~!!」」

225: 2011/11/05(土) 08:32:15.99 ID:MXxVtGx40
士郎「昼ごはんが食べられなくなるだろ?」

凛「ひるごはんいらないっ!おかしだけでいーもん!」

士郎「だめったらだーめ!」

セイバー「しろーのけちー!」

士郎「はいはい、ケチで良いですよー!!」

トゥルルルル・・・

士郎「っと、電話だ・・・バイト先か」

ガチャッ

227: 2011/11/05(土) 08:40:41.95 ID:MXxVtGx40
音子『あーえみやーん?ちょっと悪いんだけど至急手伝いに来て欲しいんだわ』

士郎「今からっすか!?」

音子『ん~だめかな~?』

士郎「んー」 チラリ

セ凛桜「「?」」 キョトン

音子『一生のお願い・・・!!』

士郎「・・・わかりました」

音子『ほんとー!?流石えみやん愛してるわー!!』

士郎「はは、じゃあすぐに向かいますんで」

音子『はーい!待ってまーす!・・・ ガチャ』

228: 2011/11/05(土) 08:47:06.57 ID:MXxVtGx40
士郎「・・・ふぅ、この引き受け癖・・・どうにかした方が良いのかな・・・」

セイバー「しろー、ばいとにいくんですかー?」

士郎「ああ、そうなんだ。家には今誰も居ないし
皆の面倒を見てくれる人を探さないとなー・・・」 キョロキョロ

士郎「・・・ん」 キョロキョロ

バゼット「・・・」 フゥ・・・

士郎「お・・・!知り合い発見!!」

230: 2011/11/05(土) 08:53:42.86 ID:MXxVtGx40
士郎「おーいバゼット!」 タッタッタッ

バゼ「あれは・・・士郎君?」

士郎「ほんとーっに!唐突で悪いんだけど」

士郎「数時間、この子達の面倒を見てくれないかな」

バゼット「この子達?」 チラッ

セイバー「・・・ば、ば・・・だれでしたっけ?」

凛「ばらーどさんよ!ばらーどさん!」

桜「・・・!」 ビクビク

バゼ「・・・すみません、私はバイト探しで忙しくて」

234: 2011/11/05(土) 09:00:22.21 ID:MXxVtGx40
士郎「あ、それならきっちり報酬を出すから!」

バゼ「・・・バイトですか?」

士郎「そう、俺がバゼットを雇う」

バゼ「む・・・」

士郎「(やっぱりプライドってものがあるか・・・)あ、嫌ならいいんだ!他を当たるから!!」

バゼ「いや・・・願ってもないことです!」 キラキラ

士郎「え?」

235: 2011/11/05(土) 09:09:47.15 ID:MXxVtGx40
ガシ

バゼ「貴方のお子さんは私が責任をもって見守りましょう!!」

士郎「・・・はは、俺の子ではないけどな・・・よろしく頼みます」

バゼ「はい!このバゼットにお任せあれ!!」

士郎「じゃあまず、家に戻ってお昼ご飯を。
冷蔵庫にタッパーで入ってるからチンして皆で食べてくれ」

バゼ「わかりました」

士郎「後は適当にこいつらと遊んでくれ」

バゼ「了解です」

237: 2011/11/05(土) 09:14:52.51 ID:MXxVtGx40
士郎「それじゃあ、夜には帰るから!お願いしまーす!!」 タッ

バゼ「行ってらっしゃーい!」

タッタッタッ

バゼ「・・・ふぅ」

セ凛桜「「・・・」」

バゼ「じゃあ三人とも、行きましょうか」

凛「よろしくおねがいします。ハザードさん」

バゼ「あ、こちらこそ・・・ってちっがーう!!」

239: 2011/11/05(土) 09:23:52.57 ID:MXxVtGx40
凛「?」 キョトン

バゼ「私の名前はバゼットです!バ ゼ ッ ト !!」

凛「ばぜっとさん?」

バゼ「その通り!」

セイバー「ばぜっと?・・・ばぜ・・・ばず・・・ばず!?」

バゼ「・・・貴女は何を言いたいのですか?」

セイバー「もしかしてあなたは"ばずらいと○やー"ですか!?」 キラキラ

バゼ「・・・」

セイバー「やっぱり、ばずら」

バゼ「ちっがーう!!」 ドゴーン

桜「ひっ!?」 サッ

245: 2011/11/05(土) 09:33:24.59 ID:MXxVtGx40
バゼ「あ・・・」

桜「ひゃああああ!?」 ブルブル

バゼ「すみません・・・驚かせてしまいましたね」 スッ

桜「ち、ちかよらないでください!?」 ササササッ

バゼ「・・・むー、どうしましょうか・・・」

桜「・・・」 ビクビク

グエッグエ!チョコンボールダヨ!

桜「ん・・・」 チラッ

バゼット「(・・・アレが欲しいみたいですね)」

249: 2011/11/05(土) 09:37:47.26 ID:MXxVtGx40
バゼット「ちょっと待っていて下さいね」 ニコッ

スタスタスタ

桜「・・・?」 ソロー

セイバー「ばずらい○いやーさんどーしたのでしょうか・・・?」

凛「まさか・・・!さくらをいじめるどうぐをもってくるんじゃ!?」

桜「ぴぃぃぃぃ!?」 サッ

セイバー「じゃあ、いまのえがおは!?」

凛「まっくろなえがおよ・・・!!」

252: 2011/11/05(土) 09:47:08.81 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

バゼ「えーと、チョコンボールチョコンボールと」

バゼ「あ、あった」

チョコン「\60」

バゼ「小さい割に高いですね・・・」

バゼ「残金は・・・」

つ112円

バゼ「う・・・一つしか買えない」

バゼ「仕方ない。一つだけ買おう」

スッ

そう!この時手にしたチョコンボールこそが
後々運命を切り開く宝具となるのである!!

255: 2011/11/05(土) 09:55:19.72 ID:MXxVtGx40
ーーその頃

セイバー「ま、まさか!」

ホワホワホワーン

桜『いや~!はなして~!』 ジタバタ

バゼ『へへへ、これ見てみな!』 スッ

桜『あ!それはきんのえんぜる!しかも、ごまいも!』

バゼ『何年もかけて貯めたのさ。これを・・・』

桜『ど、どうするの?』

バゼ『シュレッダーにかけます』 バリバリバリバリ

桜『いやぁ~!?やめて~!!』

バゼ『くけけ!それ二枚目ぇー!!』

桜『きゃああああ!!!!』

259: 2011/11/05(土) 10:04:56.34 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

セイバー「こんなことされたり・・・!」

桜「いやぁ・・・!」 ゾゾー

凛「いや、もしかしたら!」

ホワホワホワーン

バゼ『ほらほら、ここに金のエンゼルがあるでござんしょ?』

桜『ど、どうするきなの!?』

バゼ『食べます』 ムシャムシャ

桜『いやぁあああああ!?』

263: 2011/11/05(土) 10:13:45.04 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

凛「みたいなことされちゃったり・・・!!」

セ桜「「・・・」」 ゾー

セイバー「に、にげましょう!」

桜「はい・・・!あのひとにはつかまりたくありません!」 グスン

凛「そうね・・・ここにいてはすぐにつかまっちゃう」

・・・アザーッシタ!!

バゼ「あれ?三人とも集まってどうしたのですか?」

セ凛桜「「!?」」 ビクゥ⁉

265: 2011/11/05(土) 10:20:52.67 ID:MXxVtGx40
バゼ「そうそう!チョコンボール買ってきましたよ?
・・・ええと、貴女のお名前は・・・」

凛「ぜ」

バゼ「はい?」

凛「ぜんいんにげろ~!?」 ダッ

セイ桜「「らじゃ~
!?」」 ダッ

バゼ「あっちょっと!貴女たち!?」

セイバー『やーい!くやしかったらかかってきなさい!!ちょこんぐるい!!』

凛『さくらはわたさないわよ!きんのえんぜるおんなー!!』

桜『べーっだ!!』

バゼ「・・・」

268: 2011/11/05(土) 10:28:57.73 ID:MXxVtGx40
バゼ「・・・面白い。鬼ごっこですか」

バゼ「私は・・・」 キュッキュッ(手袋装着)

バゼ「子供と言えどっ!」 キュイン!(左足にルーン)

バゼ「私は手加減しまっ!」 キュイン!(右足にルーン)

バゼ「せんっ!」 グッ(構え)

バゼ「よっ!!」 ドシュッ(発進)

275: 2011/11/05(土) 10:43:09.92 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

セイバー「・・・ふぅ、ここまできたらあんぜんでしょう」

桜「ほっ・・・」

凛「・・・でもここ、いきどまりね」

セイバー「い、いくらあのえんぜるおんなでもここまできたりはしないはずですよ!」

凛「・・・ま、まあそうよね!いくらなんでもあきらめるわよね!!」

セイ凛「「あははははっ」」

ズガガガガガガガガ!!

セイ凛「「・・・」」

279: 2011/11/05(土) 10:51:13.15 ID:MXxVtGx40
桜「なんか・・・おとがきこえませんか?」

セイ凛「「・・・聞 こ え る」」

桜「まさかあのひとがぁ~・・・」 ガクブル

凛「だだだ、だいじょうぶよ!!ちちちち、ちゃんと
ふりきったはずなんだから!!」 ガクブル

ズガガガガガガガガ!!!!

桜「でもおとがぁぁ・・・!!」 ガクブル

セイバー「きききき、きのせいですよさくら!?
ほほ、ほら、まわりをみてもだれもいないじゃないですか!!」 ガグブル

桜「でもぉ・・・!!」 ガクブル

ズガガガガ!!・・・ピタッ!!

280: 2011/11/05(土) 10:57:32.85 ID:MXxVtGx40
シーン

セ凛桜「「音が・・・鳴り止んだ!?」」

セ凛桜「「・・・」」 キョロ

セ凛桜「「・・・?」」 キョロ

セ凛桜「「・・・フゥ」」

凛「な~んだ!ただの"じひびき"じゃないっ!」

セイバー「もしかしてとなりのおやじのいびきかもしれませんよ!」

桜「あんないびきをかくひといませんよー!!」

キャッキャッ

289: 2011/11/05(土) 11:13:02.76 ID:MXxVtGx40
ピシッ

バゼ「伝承保菌者(ゴッズ・ホルダー)・・・舐めんなぁぁぁぁぁぁ!!!!」 ドゴォォォォン‼‼

セ凛桜「「か、壁から出てきたぁ!?」」 ヒィィィィ‼‼

ズドォォォン!!!!

バゼ「・・・」 シュタッ

バゼ「・・・さぁて見つけましたよ・・・」 ユラァァリ

セイバー「き、きんのえんぜるがけされるー!?」 ヒィィィィ

凛「くわれるー!?」 ヒィィィィ

桜「くわされるー!?」 ヒィィィィ

394: 2011/11/05(土) 17:55:20.69 ID:MXxVtGx40
バゼ「・・・はい?」

セイバー「きんだけは~!せめてぎんにしてくださ~い!!」 グスンッ

凛「めのまえでくわないで~!!」 エグッ

桜「くわせないで~!!」 フェーン

バゼ「ち、ちょっと貴女たち・・・?」

セ凛桜「「わーん!!」」

バゼ「・・・」

バゼ「ハァ・・・」

396: 2011/11/05(土) 18:01:48.37 ID:MXxVtGx40
スッ

バゼ「一体貴女たちが何を恐れているかはわかりませんが、
ひとまず休戦としませんか」 チラリ

つチョコンボール

セ凛桜「「!!」」 ズサッ

バゼ「ほら、おいしいチョコンボールですよ~」

ピリッピリッ

セ凛桜「「・・・!?」」 ビクゥッ‼

バゼ「ん・・・ここを開けるのかな?っせい!」

グイッ

つ金のエンゼル

397: 2011/11/05(土) 18:06:33.15 ID:MXxVtGx40
セ凛桜「「あ!!」」

金のエンゼル「・・・」 ピカァー‼

バゼ「?何やら印が描かれてますね」

セイバー「あ、あれはでんせつの!!」

凛「きんのえんぜる!?」

桜「は、はじめてみたー!!」

バゼ「・・・金のエンゼル?」

セ凛桜「「すごーい・・・!」」 キラキラ

398: 2011/11/05(土) 18:15:04.95 ID:MXxVtGx40
セ凛桜「「ほんものだぁー!!」」 キラキラ

バゼ「ふむ・・・貴女たちはこれが欲しかったのですか」

セ凛桜「「わぁぁ・・・」」 キラキラ

バゼ「はい、どうぞ」 スッ

桜「ひゃっ!・・・え、いいんですか?」

バゼ「貴女達の為に買ってきたのですから。仲良く分けてください」 ニコッ

桜「あ、ありがとうございます・・・!」

400: 2011/11/05(土) 18:24:18.83 ID:MXxVtGx40
凛「やった!おもちゃのかんづめげっと・・・・・・
はっ!だめよみんな!!だまされないで!!」

桜「♪」 モグモグ

セイバー「わーい!かんづめだー・・・ってそうでした!
ど、どうせあなたはわたしたちのめのまえであれをたべはじめるんでしょう!?」

バゼ「私はチョコンボールはいりませんが・・・」

凛「この、きんのえんぜるをよ!!」

セイバー「あくぎゃくひどうの"えんぜるきらー"め!!」

バゼ「・・・はい?」

402: 2011/11/05(土) 18:32:18.69 ID:MXxVtGx40
セイバー「ゆだんしたところを"きんのえんぜる"だけねらって
たべつくすんでしょう!」

凛「こどもたちのゆめをこわしていくあくまめー!!」

バゼ「いや、いりませんよ?金のエンゼルも」

セイバー「このあくまめー!・・・あれ?」

桜「もぐもぐ」

凛「え・・・たべないの?えんぜる・・・」

バゼ「・・・」

バゼ「ハァ・・・貴女たちは私を何だと思っているのですか・・・」

406: 2011/11/05(土) 18:40:26.53 ID:MXxVtGx40
セイバー「えんぜるあさしん」

凛「えんぜるばーさーかー」

バゼ「私は歴とした人間です!!紙なんて食べません!!」

セイ凛「「あれぇ?」」 キョトン

桜「もぐも・・・あ、どうしよう・・・ぜんぶたべちゃった・・・」 ボソッ

セイバー「・・・じゃあ」

凛「あのえんぜるは・・・」

バゼ「はい、差し上げますよ」

412: 2011/11/05(土) 18:46:44.09 ID:MXxVtGx40
セイ凛「「やったぁぁ!!!!」」

セイバー「さすがばずらい○いやーさん!!」

バゼ「違います!!」

凛「えんぜるますたー!!」

バゼ「バ ゼ ッ トです!!」

キャッキャッ

ーーー

桜「・・・ど、どうしよう・・・たべつくしたのばれちゃう・・・」

桜「かくさなきゃ!!かくさなきゃ!!」

ポロッ

414: 2011/11/05(土) 18:54:25.81 ID:MXxVtGx40
桜「あっ!!」

チョコン「・・・」 コロコロコロ

スポーン!!

チョコン「・・・」 ヒュー

桜「あ~!!"はいすいこう"のなかに~!?」

チョコン「・・・」 ザー

桜「・・・えんぜる・・・いっちゃった・・・」

スタスタ

セイバー『じゃあみんなでちょこんぼーるをたべながらかえりましょうか!!』

凛『えんぜるの"ゆうし"をもういちどみたいわね!』

416: 2011/11/05(土) 19:00:43.98 ID:MXxVtGx40
桜「あ・・・」

セイバー「さくらー!ちょこんくーださいーっな!!」 パタパタ

桜「・・・ふ」

セイバー「ん~?」 キョトン

桜「・・・ふぇぇ」 グスン

セイバー「わっ!?・・・どうしたのですか、さくら!?」

桜「おっこちちゃったよう・・・ふぇぇぇぇん!!」 スッ

排水溝「ゴボゴボゴボ・・・」

セ凛バ「「まさか・・・」」

418: 2011/11/05(土) 19:06:06.54 ID:MXxVtGx40
凛「さ、さくら~・・・?もしかしてえんぜるも・・・」

桜「エグッ・・・ヒック・・・はい」 コクン

排水溝「ゴボッ」

セイバー「きん・・・の・・・えんぜる・・・」

凛「わたしたちのゆめ・・・」

桜「・・・ごめんなさ~い!!」 ワーン‼

セ凛「「むざんにもちりおった・・・」」 ズーン

420: 2011/11/05(土) 19:13:19.98 ID:MXxVtGx40
セ凛「「・・・」」 ズーン

桜「わーん!!」

バゼ「まぁまぁ、また買ってあげますから」

セ凛桜「「・・・ほんと?」」 スッ

バゼ「・・・」 チラ

つ残金 52円

バゼ「き、今日の所は無理ですが・・・」

セ「「・・・」」 ズズズーン

桜「わーん!!わーん!!」

バゼ「取り敢えず衛宮邸へ行きましょうか・・・」

425: 2011/11/05(土) 19:22:25.28 ID:MXxVtGx40
ーー衛宮邸

バゼ「えーっと、冷蔵庫にタッパー・・・これかな」 パタンッ

セ凛桜「「・・・」」 ズーン

バゼ「セイバーに、凛に、桜・・・でしたよね!
ほら、元気を出しましょう!」 ガッツ‼

セ凛桜「「・・・」」 ズーン

バゼ「ほらほら~士郎君のご飯ですよ~!!」 フリフリ

セイバー「・・・」 ピクッ

バゼ「美味しいですよ~!!」 フリフリ

セイバー「・・・」 ピクピクッ

427: 2011/11/05(土) 19:27:50.29 ID:MXxVtGx40
バゼ「どうですか~?」 フリフリ

セイバー「・・・か、からだかってに~!?」 スッ

バゼ「はい一名様ご案内!」 ヨソリ

セイバー「む・・・むむむむむ・・・ぱくり・・・」

セイバー「・・・う」

バゼット「う?」

セイバー「うまひぃぃいいい!!」 バクバクバク

バゼ「それは良かった」 ニコニコ

429: 2011/11/05(土) 19:34:50.88 ID:MXxVtGx40
バゼ「貴女たちもどうですか?」

凛「む・・・」 グゥゥゥ

桜「///・・・」 グゥゥゥ

バゼ「ほらほら、美味しいご飯ですよ~!」 ヨソリ

セイバー「うまうまうまうま!!」 ガツガツガツガツ

凛「・・・」

凛「さくら・・・いこっか・・・?」

桜「は、はい・・・食べましょう///」 ニコッ

バゼ「・・・」 ニコッ

バゼ「二名様ご案内ー!!」 ヨソリ

432: 2011/11/05(土) 19:40:33.39 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

人生ゲーム中

セイバー「あ、わたしおくまんちょーじゃになりましたー!!」

桜「わたしもなりましたよー!!」

バゼ「む・・・!」

凛「くっ・・・!」

バゼ「一騎打ちのようですね・・・!」

凛「そのようね・・・!」

436: 2011/11/05(土) 19:47:28.74 ID:MXxVtGx40
バゼ「子供とは言え、手加減はしませんよ?」

凛「ええ、"はんで"なんていらないわ!!」

バゼ「いい闘気です凛!!」

凛「まずせんこうはわたしから!!るーれっとすたーと!!」 ガラガラ

ルーレット「グルグルグル・・・『1』!!」

凛「なになに~?"おじさんがしんだ"・・・まいなすごせんえん!?」

バゼ「ふ、凛!!その程度ですか!?」

凛「ぐぬぬ・・・!」

バゼ「さあ次は私です!!ルーレットスタート!!」 ギュインッ‼

441: 2011/11/05(土) 19:54:57.56 ID:MXxVtGx40
ギューーン!!!!

桜「いきおいがすごーい!?」

バゼ「さあ来い!!」

セ凛桜「「ゴクリ・・・」」

ルーレット「グルグルグル・・・『9』!!」 デデン

バゼ「どれ見ましたか!私はちゃっちゃっと先へ進みますよ!!」

セイバー「さすがばずら」

バゼ「バ ゼ ッ ト で す!!・・・7、8、9、と。えー何々?」

バゼ「"エセ神父に腕をもがれてリタイアーー人生終了ーー"・・・はい?」

445: 2011/11/05(土) 20:00:01.71 ID:MXxVtGx40
セイバー「しょうしゃ、りん!!」

凛「わたしのかちだー!!」

バゼ「え・・・?え・・・?何ですかこれ?」

バッ

タイガ「冬木の人生ゲームにはそれぞれ
BAD ENDとDEAD ENDが散りばめられているのだ!!」

一同「「・・・」」 シーン

イリヤ「こらー!出てきちゃダメだってー!!」 グイグイ

タイガ「ぬぅぉぉ!?弟子の分際でぇぇぇ!?」 ズルズル

一同「「・・・」」 シーン

449: 2011/11/05(土) 20:08:54.08 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

サッカー中

セイバー「さくらっ!ぱすっ!ぱーす!!」

桜「はい!! ・・・わっ!?」 ポロッ

バゼ「ゴールの目の前でそんなミスをするとは!!」 シュバッ

桜「きゃっ!?」

スタタタッ

凛「さくら、まかせて!!」 パシッ

450: 2011/11/05(土) 20:15:22.38 ID:MXxVtGx40
バゼ「く!はしっこい!!」

凛「いくわよっ!?」 スタタタッ

バゼ「いいでしょう!かかってきなさい!!私は絶対にとめる!!」 グッ

凛「しゅーっ・・・!!」

バゼ「(右・・・いや左か・・・!?)」

凛「・・・っ!」 シュッ

バゼ「な!フェイント!?」

セイバー「・・・!」 パシッ

451: 2011/11/05(土) 20:20:22.79 ID:MXxVtGx40
セイバー「えくすかりばー・・・」

バゼ「・・・!?アンサラー!!」 シュッ

セイバー「しゅーーーっと!!!!」 ドシュウウウウン‼‼

ギュオオオオオオオ!!!!

バゼ「くっ!!」

バゼ「・・・フラガ・・・ラック!!!!」

ドッカーン!!!!

453: 2011/11/05(土) 20:26:52.76 ID:MXxVtGx40
ヒュンッ!!

セイバー「・・・え?」

後ろの壁「バキッ!!」

セイバー「ひ・・・!?」

スタタタッ

凛「せ、せいばー!?だいじょうぶ!?」 タタタッ

桜「おけがはないですか・・・!」 タタタッ

セイバー「は、はは、はい・・・!」 ガクブル

459: 2011/11/05(土) 20:33:19.42 ID:MXxVtGx40
スタスタスタ

バゼ「あはは、エクスカリバーとか言うから
アンサラーを使ってしまいました・・・///」 テヘペロ

セ凛桜「「・・・」」

バゼ「?どうかしましたか?」

セ凛桜「「・・・(まちがいない)」」

バゼ「あー・・・サッカーボールを壊してしまいましたね・・・」 ペランペラン

セ凛桜「「・・・(このひとは)」」

バゼ「きっと古いボールだったのですね!捨てておきましょう」

セ凛桜「「・・・(だめなおとなだ!)」」

改めて彼女のダメっぷりを痛感した三人であった・・・

462: 2011/11/05(土) 20:41:35.89 ID:MXxVtGx40
ーー居間

凛「ふわぁぁぁ・・・」

セイバー「ねむたくなってきました・・・」

桜「ほわ~・・・」 グシグシ

バゼ「そうですね・・・少しお昼寝しましょうか」 スッ

桜「ここ、おひさまがあたたかいです♪」 コロンッ

凛「あっいいなー!わたしもそこでねるー!!」

セイバー「あーわたしもねます!!」

バゼット「ふふ・・・タオルケットを持ってきますね」 ニコニコ

465: 2011/11/05(土) 20:51:46.25 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

バゼ「・・・そしておじさんは幸せな夢を見ながら死んでしまうのでした・・・
冬木むかしばなしーーがんばったおじさんーーお終い」 チラッ

セイバー「・・・むにゃむにゃ」

凛「ギリギリ・・・ギリギリ・・・(歯ぎしり)」

桜「わかめ・・・あした・・・すてる・・・じじーもすてる・・・」

バゼ「ふふ、どんな夢を見ているのでしょうね・・・」

ポカポカ

バゼ「ふわぁぁ・・・」

バゼ「ん・・・」 ウツラウツラ

468: 2011/11/05(土) 20:58:51.16 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

テクテク

士郎「ん~割と早く終わったな」 コキッコキッ

士郎「・・・あいつら迷惑かけてないかなぁ・・・」

士郎「"どうせちょこんぼーるがたべたいです!!"
とか我侭言ってるんだろうな」 ハハ

士郎「・・・」

士郎「買って行ってやるか・・・」

470: 2011/11/05(土) 21:06:08.61 ID:MXxVtGx40
チョコン「・・・」 カタカタッ

士郎「あっ!排水溝にチョコンボールが引っかかってやがる!!
誰だよこんな所に捨てたやつ!!」 スッ

士郎「こういう小さなゴミがいずれ大きなゴミに変わって行くんだよ!
まったく!!」 ブツブツ

士郎「・・・ん?」

ガサガサ

つ金のエンゼル

士郎「!?」

473: 2011/11/05(土) 21:17:35.19 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

ガラッ

士郎「たっだいまー♪」

セイバー「・・・むにゃむにゃ?しろー?」

凛「・・・む~なに~・・・」

桜「・・・せんぱい・・・?」

バゼ「ウトウト・・・ハッ!?」

士郎「お、みんな寝てたのか」

475: 2011/11/05(土) 21:25:44.28 ID:MXxVtGx40
バゼ「お帰りなさい士郎君」

士郎「ああ、ありがとうなバゼット、こいつらの面倒を見るのは大変だっただろ」

バゼ「いえ、全然。皆良い子達でしたよ」 ニコッ

桜「ふわぁぁ・・・ばぜっとさんはだめなおとなですけどね・・・」

バゼ「む!駄目とはなんです!!」

セイバー「やーいだめにんげーん!!」

凛「だめにんげーん!」

バゼ「むむむ!言わせておけば!!」

476: 2011/11/05(土) 21:34:09.62 ID:MXxVtGx40
士郎「はは、もう仲良しだな。・・・そうそう。これ約束の報酬」 スッ

バゼ「・・・」

士郎「・・・ん?どうした?遠慮しないでくれ」

バゼ「いや・・・やはりいりません」 ニコッ

士郎「・・・え、なんでさ!?」

バゼ「・・・そのかわりですが」

士郎「そのかわり・・・?」

バゼ「また・・・この子達の面倒を見させてもらっても良いですか」 ニコッ

481: 2011/11/05(土) 21:49:53.64 ID:MXxVtGx40
ーーーそして
ーー

バゼ「ほら!ボールが来てますよ!」

凛「れしーぶ!!」 ポンッ

バゼ「トスッ!!いきなさい凛!!」 ポンッ

凛「りょーかい!!・・・あたぁーっく!!」 バシュンッ

桜「きゃっ!?」

バインッ(ネットに引っかかる)

凛「にゃっ!?・・・」

483: 2011/11/05(土) 21:55:16.53 ID:MXxVtGx40
セイバー「さくらー!!いってんはいりましたよー!!」

桜「やりましたねせいばーさん!!」

凛「ぐぬぬ!まけるもんか!!」

バゼ「その意気ですよ!」

ワーワー

士郎「・・・」

士郎「あれ以来バゼットがあいつらの面倒を見てくれるようになった」

士郎「というか半ば住み着いている・・・」

士郎「微笑ましいんだが・・・なんだかなぁ」

ピンポーン

士郎「お、来たか」

486: 2011/11/05(土) 22:04:03.68 ID:MXxVtGx40
ーーー
ーー

士郎「おーい皆!届いたぞー!!」

セイバー「は!まさか!?」

士郎「そのまさか、だ」

凛「つつつつ、ついにおもちゃのかんづめが!?」

桜「やっとゆめがかないましたね!!」

バゼ「うんうん!良かった良かった!!」

士郎「でもおかしいな・・・宛先は家だけど送り主が・・・○○通販?」

489: 2011/11/05(土) 22:11:53.66 ID:MXxVtGx40
セイバー「そんなことはどーでもいいですよ!!」

凛「はやくあけなさーい!!」

士郎「お、おう」 パリパリパリ・・・

桜「わくわく・・・」

バゼ「緊張しますね!」

ピリッ

士郎「何だこれ・・・?」

つコーヒーを美味しくいれる100の方法

493: 2011/11/05(土) 22:24:15.60 ID:MXxVtGx40
セイバー「・・・え?」

凛「これがおもちゃのかんづめ・・・?」

桜「まさか!しんしりーず!?」

士郎「・・・えっと、何々?」

士郎「これを読めばどんな人でも美味しいコーヒーを
いれることが出来るようになります・・・」

士郎「・・・不器用な男装の麗人に超おすすめ!」

一同「「・・・」」 クルッ

バゼ「あ、私が頼んだ物みたいですね」

495: 2011/11/05(土) 22:32:10.81 ID:MXxVtGx40
一同「「・・・」」

バゼ「これで私もランサーに一泡吹かせることが出来る!!
じゃ、私はこの本をじっくり読みますんで!!」 スタタタ

セ凛桜「「・・・この」」

バゼ「ふーふーん♪」

セ凛桜「「このぉ!!」」 バッ

バゼ「わっ!?」

バタンッ

496: 2011/11/05(土) 22:33:51.26 ID:MXxVtGx40
セイバー「わたしたちのきたいをかえせー!!」 コチョコチョ

凛「あのどきどきをかえせー!!」 コチョコチョ

桜「おとめごころをかえせー!!」 コチョコチョ

バゼ「あは、あはははははは!?く、くすぐりはや、や、やめなさい!!」

セ凛桜「「おわびにちょこんぼーるいちだーすかってこーい!!」 」コチョコチョ

バゼ「あはははははは!?わ、わか、わかりまし!!きゃははははは!?」

セ凛桜「「きこえなーい!!」」

ギャハハハハハ!!!!

士郎「・・・」

士郎「・・・フゥ」

ーー今日も変わらず冬木は平和でしたとさ

end

501: 2011/11/05(土) 22:37:43.20 ID:MXxVtGx40
もう体力の限界だ・・・
保守の皆さんありがとう
後半から失速してごめんなさい

502: 2011/11/05(土) 22:38:09.04 ID:/vSSxAkl0
乙・・感想して本当に良かったわwwwwww

503: 2011/11/05(土) 22:38:48.91 ID:9Lss8//h0

505: 2011/11/05(土) 22:44:21.48 ID:VjltUWR20
乙でした

引用元: 士郎「セイバー達が幼くなった!?」