1: 2013/10/21(月) 07:34:28.66 ID:T36Wu7W70
ピッピ「あああッ!!!!」

ズバット「どうしたピッピ荒れているな」

ピッピ「ズバット? こんな深くまで来るなんて珍しいな」

ズバット「ああ、ちょっとな」

ピッピ「ズバット聞いてくれよ!」

ズバット「なんだ?」

ピッピ「ピカチュウだよ、ピカチュウ!」

ズバット「ああ……その話か」

ピッピ「新作であいつだけ声有りってどういうことだッ!」

9: 2013/10/21(月) 07:37:05.50 ID:T36Wu7W70
ピッピ「ポケモン界のアイドルはこの俺だったはず……」

ピッピ「だがこの仕打は何だ!?」

ズバット「落ち着けピッピ」ポリポリ

ピッピ「これが落ち着いていられるか!」

ズバット「お前だって新タイプもらったじゃないか」

ピッピ「フェアリーがどうした……こんなもの一時凌ぎだ」

ピッピ「すぐに対策が取られるに決まってる!」

ズバット「そんなことは……」

ピッピ「それに、俺がほしいのは強さじゃなくて人気なんだよッ!」

ズバット「ピッピ……」

14: 2013/10/21(月) 07:40:35.37 ID:T36Wu7W70
ピッピ「俺だってあいつがいなけりゃ」

ズバット「おいピッピ人間の気配だ」

ピッピ「人間の? どこに?」

ズバット「ほら、あそこだ」

ピッピ「? あ、本当だよく気がついたな」

ズバット「そんなことより、ミニスカートが二人飛び出した方がいいんじゃないか?」

ピッピ「……そうだな」

ズバット「よし、行ってこい!」

ピッピ「ぴっぴ!」

ミニスカートA「あっ!野生のピッピが飛びだしてきた!」

ミニスカートB「きゃー、本当だ! ピッピだピッピだ!」

ピッピ「ぴっぴ、ぴっぴ!」

ミニスカートA「ねえねえ、あれやってみてよ」

ピッピ「え……?」

19: 2013/10/21(月) 07:44:19.80 ID:T36Wu7W70
ミニスカートB「どうしたんだろ?」

ミニスカートA「ねー? オツキミ山のピッピはあれやってくれるって聞いたんだけど」

ピッピ「……」

ミニスカートA「つまんなーい、帰ろっか?」

ミニスカートB「そうだねー」

ピッピ「……ッ」

ピッピ「ぎ……」

ピッピ「ぎえぴー……」

ミニスカートA「え?」

ミニスカートB「何か聞こえた?」

ピッピ「ぎえぴー!」

ミニスカートA「きゃー!」

ミニスカートB「ギエピーだって、おもしろーい!」

ピッピ「くっ……」

21: 2013/10/21(月) 07:47:57.27 ID:cC+xWEqa0
ワロタ

22: 2013/10/21(月) 07:48:12.04 ID:T36Wu7W70
ミニスカートA「ねえねえどうするの?」

ミニスカートB「別に?」

ミニスカートA「あー……帰ろっか」

ピッピ「!?」

ミニスカートB「捕まえるのはちょっとね」

ミニスカートA「あ、わかるー」

ピッピ「はぁ!?」

ミニスカート「きゃいきゃい」

ピッピ「……」

ズバット「ピッピ……」

ピッピ「惨めなもんだな……久しぶりに人間が来たと思ったらこれだ」

ズバット「気にするな」

23: 2013/10/21(月) 07:49:42.73 ID:Y09vdCO30
ピッピに…超絶可愛くなるメガシンカがあれば…!

24: 2013/10/21(月) 07:51:41.11 ID:T36Wu7W70
ズバット「この傷もいずれ笑える日が来るさ」

ピッピ「そんな日が、来るか?」

ズバット「ああ、俺だってこの銃痕も今では笑い話さ」

ピッピ「ズバット……すまん」

ズバット「おいおい、笑い話だって言っただろ?」

ピッピ「すま……そうだな、俺もいつか」

ズバット「ああ」

ピッピ「そういえば、ズバット」

ズバット「なんだ?」

ピッピ「こんな奥まで何しに?」

ズバット「実はな、紹介したいポケモンがいるんだ」

ピッピ「紹介したい? おいおい、お見合いか?」

ピッピ「大歓迎だ」

ズバット「残念だが違う」

27: 2013/10/21(月) 07:54:19.34 ID:T36Wu7W70
ズバット「こいつだ」

ピッピ「うおっ、速い!?」

ズバット「ああ、すまん恥ずかしがり屋でな」

ピッピ「黒くてよくわからないんだが」

ズバット「落ち着け」

ピッピ「おっ」

ズバット「紹介するよ、俺の息子のクロバットだ」

ピッピ「息子? むす……息子!?」

ズバット「ああ」

ピッピ「そもそもお前結婚してたのか!?」

ズバット「結構前にな」

ピッピ「……なるほど、だからずっと奥まで来なかったのか」

ズバット「まあ、な……家族を放ってここまで来るわけにもいかないし」

31: 2013/10/21(月) 07:58:14.91 ID:T36Wu7W70
ピッピ「そうか、お前も知らないうちに所帯持ちか」

ズバット「ああ」

ピッピ「ははっ、充実してる……そんな顔だぜ」

ズバット「そう見えるか?」

ピッピ「極上だね」

ズバット「そいつは照れるな」

ピッピ「ん?」

ズバット「どうした?」

ピッピ「クロバットって言えば、ズバットの最終進化形」

ズバット「そうだな」

ピッピ「その……息子は一体レベルは?」

ズバット「ああ……おいクロバット自己紹介だ」

クロバット「……」

ズバット「無口でな、悪い」

32: 2013/10/21(月) 08:01:17.07 ID:T36Wu7W70
ズバット「ほらクロバット、レベルはいくつ?」

クロバット「……」

ピッピ「……」

クロバット「……」コクコク

ピッピ「こくこく……? え、59レベル?」

ズバット「よし、よく出来た……おやつ食べていいぞ」

クロバット「えへへ」

ピッピ(俺、12レベルなんだけど)

ピッピ「な、なあズバット」

ズバット「どうした?」

ピッピ「お前……レベルいくつ?」

34: 2013/10/21(月) 08:04:44.72 ID:T36Wu7W70
ズバット「レベルか、そういえば最近気にしてなかったな」

ピッピ「ちょっと考えてみてくれ」

ズバット「うーん、おっレベルは……100だな」

ピッピ「はぁ!?」

ズバット「カンストしてたのか」

ピッピ「お前……すごいな」

ズバット「家族を守るために必死だったからな」

ピッピ「ああ……お前の住処は入り口だったものな」

ズバット「次から次へとなあ」

ピッピ「難攻不落のオツキミ山なんて呼ばれているという噂は本当だったのか」

ズバット「全部倒した」

ピッピ「倒したって、進化はどうした?」

35: 2013/10/21(月) 08:08:10.08 ID:T36Wu7W70
ズバット「進化、か」

ピッピ「クロバットはともかくゴルバットくらいにはなっていないとおかしいだろ?」

ズバット「ああ、それなんだけどさ」

ピッピ「?」

ズバット「この銃痕、どうやら弾に変わらずの石を埋め込まれていたらしい」

ピッピ「変わらずの石?」

ズバット「進化を阻害するものなんだと」ポリポリ

ピッピ「じゃあそれのせいで?」

ズバット「進化出来なかったみたいだな」

ピッピ「……すまん」

ズバット「おいおい、笑い話だって言っただろう?」

ピッピ「だが……」

ズバット「いいんだ、嫁のゴルバットに息子のクロバット」

ズバット「そして俺はズバット、家族でバランス取れてるじゃないか」

36: 2013/10/21(月) 08:11:40.36 ID:T36Wu7W70
ピッピ「……」

ズバット「……」ポリポリ

ピッピ「さっきから何食ってるんだ?」

ズバット「これ? ミキプルーンの苗木、じゃなくてポフレ」

ピッピ「ポフレ?」

ズバット「カロスのやつでさ、滅法うまいんだ」

ピッピ「へえ、確かにいい匂いだ」

ズバット「食うか?」

ピッピ「いいのか?」

ズバット「ああ」

ピッピ「じゃあ、いただきます」ポリポリ

ピッピ「まったりとしていてジューシーそれなのに口当たりはなめらかでかつコクがある」

ピッピ「これはいったい……」

ズバット「すごいよな、カロスって」

ピッピ「ズバット?」

38: 2013/10/21(月) 08:14:20.08 ID:T36Wu7W70
ズバット「実はさ、カロスからお誘いがあったんだ」

ピッピ「え?」

ズバット「ご丁寧なことにタウンマップにズバットの生息地を書いてくれている所でさ」

ピッピ「……そうなのか?」

ズバット「ああ、家族でどうですって、このポフレもその時に貰ったんだ」

ピッピ「……」

ズバット「お前もいるし、俺は出て行くつもりはなかったんだが、嫁がどうしてもってさ」

ピッピ「そう、か」

ズバット「……」

ピッピ「大事にしてるんだろ? 嫁さん」

ズバット「ああ」

ピッピ「だったら行けばいいさ」

ズバット「……ありがとう」

ピッピ「ズバット、餞別に一曲聞いていけよ」

ズバット「おいおい、それじゃあ眠ってしまうだろ?」

41: 2013/10/21(月) 08:18:10.77 ID:T36Wu7W70
ピッピ「あいつは行ったか……」

ピッピ「今生の別れってわけでもない、いつか会えるさ」

ピッピ「……」

ピッピ「それにしても……」

ピッピ「あいつの胸に撃ち込まれた銃弾、変わらずの石と言っていたが」

ピッピ「本当に変わらずの石だったのか? ひょっとすると別の……」

ピッピ「聞いたことがある、カロスには三段進化を超えるメガシンカというものがあると」

ピッピ「変革を本能的に恐れたあいつは自ら進化を抑制していたんじゃ……」

ピッピ「いや、考え過ぎだな」

ピッピ「それに、あいつはあいつだ……何があろうと変わらない、俺の親友」

43: 2013/10/21(月) 08:22:01.33 ID:T36Wu7W70
あいつがオツキミ山を去って、ここも難攻不落ではなくなった
来る日も来る日もトレーナーが飛びだしてくる毎日だ
俺は今日も人間に、笑いながらこう叫ぶ

ピッピ「ぎえぴー!」

これでいいんだろ? なあズバット

44: 2013/10/21(月) 08:25:32.45 ID:T36Wu7W70
あっ!野生のピッピが飛びだしてきた!

ピッピ「ぎえぴー!」

行け、ピカチュウ!

ピッピ「ピカチュウ……虫酸が走るッ!」


45: 2013/10/21(月) 08:30:16.79 ID:T36Wu7W70
メガクロバット待ってます

25: 2013/10/21(月) 07:52:08.37 ID:PQhXLGM0O
ピッピってピカチュウが存在しなくても
人気出たかと言われると微妙だよな
ギャグポケモンのイメージが定着したのは間違いなく穴久保のせいだけどw

引用元: ピッピ「ピカチュウ……虫酸が走るッ!」