1: 2011/04/16(土) 23:27:23.25 ID:3fHzNXqZO
ラオウ「心地良き眠気と言うべきか…」グシグシ

トキ「なんだラオウ、また一夜漬けか?」

ケンシロウ「そんなんでよく最終選考まで残れたな」

ジャギ「ラオウ兄者は追い込まれる度に脅威的な力を見せるからな」

ラオウ「虎の首もいだりな」

トキ「あれは正直ビビった」

5: 2011/04/16(土) 23:30:51.63 ID:3fHzNXqZO
ケンシロウ「んんーっ」ノビッ

トキ「座ってばかりだったから体が痛いな」コキコキ

ジャギ「トキ兄者は年中座りっぱなしじゃないか」

トキ「あ、そうだった」


アハハハハ


ケンシロウ「でもなんで最終選考がペーパーテストなんだろうな」

7: 2011/04/16(土) 23:36:05.56 ID:3fHzNXqZO
ジャギ「帰りにマック寄ろうぜ」

トキ「いいねぇ」

ケンシロウ「う…」

ラオウ「どうした」

ケンシロウ「いやー、今月厳しくて」

ジャギ「あー……、いいって! テスト終了祝いだ! 俺が出すよ」

ケンシロウ「兄さん……」

トキ「ジャギばかりにいい格好はさせないぞ!」

ケンシロウ「トキ兄さん!」

ラオウ「いや! ここは北斗の長兄であるこの俺が!」

トキ・ジャギ「どぞどぞ」

ラオウ「!? 貴様らぁぁぁ!」

9: 2011/04/16(土) 23:42:30.37 ID:3fHzNXqZO
……

ケンシロウ「ハコ5の2、わかった?」

トキ「いや、英語は捨てた」

ケンシロウ「ジャギは?」

ジャギ「出題も全部英語だからなぁ、自信ない」チュー

ジャギ「ケンシロウ、ハコ6の偏微分なんだけど」

ケンシロウ「あー、そこ白紙だわ」

トキ「科目も範囲もバラバラって鬼だよね」

ジャギ「漢字なんかはえらい簡単だったのにな」

10: 2011/04/16(土) 23:44:34.83 ID:3fHzNXqZO
トキ「……そういえばラオウは?」

ケンシロウ「ああ、駐車場で黒王号ぶつけたみたい」

ジャギ「またか」

13: 2011/04/16(土) 23:50:20.32 ID:3fHzNXqZO
ケンシロウ「ああ……組み手やってた頃が懐かしい」

ジャギ「あの頃はみんな燃えてたよなー」

トキ「ケンシロウなんか」


「人殴って金貰えるなんて楽な商売だな!」


トキ「とか言って、目をギラギラと」

ケンシロウ「おい!? トキ!」

ジャギ「まあ、間違っちゃいねぇけどな」

15: 2011/04/16(土) 23:56:52.20 ID:3fHzNXqZO
ラオウ「遅くなった」ギッ

ケンシロウ「どうなった?」

ラオウ「凹みの修理代だけでなんとか…」

トキ「結構な額いくんじゃないか?」

ラオウ「またバイトせねば…」

ジャギ「生協の中にあるケンタッキー?」

ラオウ「そのケンタッキーで」

17: 2011/04/16(土) 23:59:29.09 ID:3fHzNXqZO
ラオウ「はぁ…」チュー

ケンシロウ「元気出せよ」

トキ「ほら、ポテト好きだろ?」

ラオウ「ぬう……弟よ……」

ジャギ「長兄が泣いてたら示しがつかないぜ。ほら、紙ナプキン」

ラオウ「ちーんっ」

19: 2011/04/17(日) 00:06:36.02 ID:+seHj4EqO
……

ジャギ「しかし、誰が実家継ぐ事になるんだろうな」

ケンシロウ「そりゃあラオウだろう」

ラオウ「何故」

ケンシロウ「だって長男だし」

トキ「風格もあって、いかにも古流武術の伝承者って感じだよね」

ラオウ「ぬぅ…」

トキ「……ラオウ?」

ラオウ「すまぬが……俺には夢があるんだ」

ジャギ「夢……?」

ケンシロウ「なんだよ、夢って」

ラオウ「……」スッ

ジャギ「……天!?」


ラオウ「俺は宇宙に行きたい!」

ジャギ「……おぉう」

20: 2011/04/17(日) 00:12:26.11 ID:+seHj4EqO
ケンシロウ「ラオウは宇宙飛行士になりたいのか……」

ラオウ「うむ」

トキ「私も医者になる夢があるからなぁ」

ジャギ「夢、夢って、俺達にも夢ぐらいあるよな! ケンシロウ!」

ケンシロウ「もちろん!」

ジャギ「よし! お前の夢を言ってみろ!」

ケンシロウ「ユリアと結婚して、公務員になって、安定した余生を送る!」

ラオウ「むう…」

トキ「なんて夢の無い…」

ジャギ「なんという安定志向」

21: 2011/04/17(日) 00:14:37.84 ID:+seHj4EqO
ジャギ「じゃあ! じゃあ逆に、自分が北斗神拳伝承者になったら、どうする?」

ケンシロウ「もし!?」

トキ「万が一にも!?」

ラオウ「伝承者になってしまったら……だと?」

ジャギ「そんなに嫌なのか」

22: 2011/04/17(日) 00:16:48.19 ID:+seHj4EqO
ジャギ「ラオウ兄者は」

ラオウ「ヤケクソで世界征服する」

ジャギ「トキ兄者は」

トキ「罪の無い人の秘孔を突く」

ジャギ「ケンシロウ」

ケンシロウ「考えたくない」

ジャギ「考えろ」

25: 2011/04/17(日) 00:26:34.51 ID:+seHj4EqO
ラオウ「ジャギ、うぬはどうなのだ」

トキ「ジャギも何か夢があるのか?」

ジャギ「え、あ、いや、兄者達に追い付こうと精一杯で考えた事なかったけど……」

ケンシロウ「じゃあジャギ兄さんが後継げばいいんじゃない?」

ジャギ「え、ちょ」

ラオウ「うむ、それがいい」

トキ「頼んだぞ、ジャギ」

ケンシロウ「ジャギ兄さんなら安心だ」

ジャギ「ちょ! 待てよ!」

27: 2011/04/17(日) 00:34:00.95 ID:+seHj4EqO
ラオウ「ジャギ、うぬは我ら兄弟の中で一番バランスが取れている」

トキ「ラオウは柔軟さに欠け、私は強靭さに欠けている」

ケンシロウ「ジャギ兄さんは俺に足りない冷酷さも兼ね備えている」

ジャギ「褒めてねぇぞそれ」

ジャギ「てか、俺の場合、帯に短したすきに長しってのが一番合ってると思うんだが」

ラオウ(まぁ)

トキ(そうなんだけどね)

ジャギ「聞こえてるぞ」

ケンシロウ(もう一押しかな?)

ジャギ「一押しじゃねぇよ!」

28: 2011/04/17(日) 00:38:24.41 ID:+seHj4EqO
ラオウ「ジャギ!」ガシッ

ジャギ「いたいいたいいたい」

ラオウ「我らには暗殺者としての致命的欠点がある!」ググッ

ジャギ「大丈夫! 大体分かってるからいたいいたいいたい!」


ラオウ「それは手段を選ばぬ勝利への貪欲さ!」




ジャギ「うん、知ってた!」

29: 2011/04/17(日) 00:41:38.84 ID:+seHj4EqO
ジャギ「欠点って分かってて、なんで暗器の練習しないんだよ!」

ラオウ「格好悪い」

ケンシロウ「格好悪い」

トキ「重くて持てない……」プルプル

ジャギ「嘘吐くな!」

トキ「だってー、箸より重い物持ったことないしー」

ジャギ「こいつムカつく!」

31: 2011/04/17(日) 00:50:45.06 ID:+seHj4EqO
ケンシロウ「あ! ジャギ兄さんの闇討ちは兄弟1じゃないか!」

ジャギ「今、あ!って言ったろ。今思い付いたろ」

トキ「だがジャギ程相手の死角を取るのが上手い者がいないのも事実」

ラオウ「やはり後継者はジャギしかおらぬな」

ジャギ「死角取っても無想陰殺されるんだけどな」

32: 2011/04/17(日) 00:55:37.44 ID:+seHj4EqO
トキ「仕方あるまい……ジャギが嫌なら医者の夢を諦めて、私が後継者になろう」スッ

ジャギ「トキ兄者!?」

ラオウ「いや、ここは長兄として俺が…」スッ

ジャギ「ラオウ兄者……」

ケンシロウ「兄さん達ばかりにいいかっこはさせないぜ!」スッ

ジャギ「ケンシロウ……」

ケンシロウ「収入はちょっと不安だけど、な」

ジャギ「……」




ジャギ「じゃ」スッ

ラオウ・トキ・ケンシロウ「どぞどぞどぞ」

ジャギ「いやいやいやいや!?」ブンブンブン

33: 2011/04/17(日) 00:56:55.41 ID:+seHj4EqO
……

ケンシロウ「話し合いの結果、ジャギ兄さんが後継者になったよ」

リュウケン「勝手に決めないでもらえる?」




おわり

34: 2011/04/17(日) 00:59:07.76 ID:NjX78cEs0
なん・・・だと・・・

36: 2011/04/17(日) 01:06:36.24 ID:XlAyh0DeP

引用元: ケンシロウ「伝承者テスト終わったぁー!!」