1:2018/09/19(水) 18:37:25.860 ID:gjYmRwPP0.net
パッショーネ世田谷桜新町支部

フネ「ええ、私の探知スタンド『ドリームイーヴィル』が探り当てたしたことに嘘はありません」

波平「怪しいと思ったら、まさかポルポさんを頃して遺産を奪おうとしてたとはなぁ」

カツオ「ポルポおじさんはお父さんの友人だったから、怒りも一入だねえ」

サザエ「私達の方が先にブチャラティどもを頃してポルポの遺産を奪うのよ!」
4:2018/09/19(水) 18:39:16.247 ID:9oeT+CQGa.net
えぇ!?君は今まで食べたパンの枚数を覚えているのかい!?
5:2018/09/19(水) 18:39:49.885 ID:gjYmRwPP0.net
カツオ「ところでさぁ、どの「遺産」っていくらするのさ?」

フネ「6億ですよ!」

一同「6億ゥ!?」

タラヲ「すごいですぅ」

ワカメ「こうしちゃあおられないわ!さっさと行きましょう!」

波平「まぁまぁあわてるでない、なぁマスオ君」

マスオ「ええさっき”私兵”を遣わせましたから」
7:2018/09/19(水) 18:41:42.732 ID:gjYmRwPP0.net
ネアポリス

アバッキオ「ナランチャ 敵はいないな?」

ナランチャ「ああ 魚一匹いないぜ」

ミスタ「ならよかったぜ さぁフネに乗るぞ!」

ブチャラティ「警戒は怠るなよ」

・・・・ァァ…
9:2018/09/19(水) 18:43:47.335 ID:gjYmRwPP0.net
・・・あぁ

ジョルノ「・・・?」

ルルゥァ・・・

ルルゥァ・・・
10:2018/09/19(水) 18:44:11.658 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「何か「変な音」しません?」

ナランチャ「波の音かなんかだろォ?」

フーゴ「言われてみれば何か気がかりですねぇ」

ルルゥァ・・・

ブルゥァ・・・
11:2018/09/19(水) 18:45:30.554 ID:gjYmRwPP0.net
ザッパァァァァァン!!!

ぶるあああああああああああああああああああああ!!!!!!

ブチャラティ「何者だッ!?」

???「ぶるわああああああああああああああああ!!貴様らのタマ、いただきに上がりにきたぜェェェェ!!!!」
12:2018/09/19(水) 18:47:46.973 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「げ、原子力空母に乗ってきただとォ!」

アバッキオ「あ、ありえねェ・・・」

空母の甲板から何者かが近づいてくる。

アナゴ「よぉおゥ前ンらァ んぼぉくぅんがぁ、ンあ船長のぉ、ンアァナァゴォンだぁ」

フーゴ「あ、アナゴですって!?」

アナゴ「僕は27歳だ・・・年上を・・・呼び捨てにするなアアアアア!!!!」
13:2018/09/19(水) 18:50:16.595 ID:gjYmRwPP0.net
アナゴ「一斉射撃だぁ!!!!!!!」

ジャキン!

アナゴは砲門を標的に向けた。

ミスタ「な・・・・原子力空母だけじゃあねェ! 港中を・・・港中を軍艦が囲んでやがる!」

ブチャラティ「一体どうやってこれだけの量を・・・」

アナゴ「どうせ勝てるから教えてやるぶるぁ・・・これが俺の「スタンド」さ」

ジョルノ「・・・」チラ

ブチャラティ「ん?」

アナゴ「僕のスタンド「オーディオ・スレイブ」は機械を操る力さぁ! いけぇ!!!!」

ドガガガガガ!! ドォン! ドオオオオン!! ドオオオン!

ドォン! ズガガガガガガガ!!! ドグワァァァーーン!
16:2018/09/19(水) 18:55:58.176 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「やーいッ!そこのクチビルお化けさァーんッ!!」

アナゴ「ンンン゛!!! ン誰の事言ってんだぁ!?」

ブチャラティ「お前に決まっているだろうッ!」

アナゴ「ば、僕の容姿を馬鹿にしたなァァァァァーーーーッ!!!」

アナゴ「もう許さん・・・許さんぞぶるわああああああああ!!「かく」なる上はッ!」

アナゴ「核ミサイルを喰らえぶるあああああああああああああああああああああ!!!!」

ドシュゥゥゥウゥゥゥウウゥゥン!!!

ジョルノ「ブチャラティ!!!!」
17:2018/09/19(水) 18:58:05.922 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「分かったッ!スティッキー・フィンガー!」

ブチャラティは空中にジッパーを出現させたッ!

フーゴ「そうか!」

ギュィィィィン・・・

スポッ!

ミスタ「ミサイルがジッパーの先へ吸い込まれたッ!」

アナゴ「ハハハハハハ!そんなの無駄さぁ!」

ブチャラティ「ミサイルの行きつく先は・・・「お前の後ろ」だ」

アナゴ「んなにぃ!?」
18:2018/09/19(水) 18:59:41.670 ID:gjYmRwPP0.net
アナゴ「ま、マズい!よ、よけられッ・・・」

ナランチャ「吹ッ飛んじまいなッ!」

アナゴ「ああああっぶるああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ドグワァァァァァァン!!!

電化製品「シュゥゥゥゥ・・・」

軍艦「・・・」

ミスタ「スタンドが解除されたぞ!」
19:2018/09/19(水) 19:01:03.930 ID:gjYmRwPP0.net
アナゴ「はぁ・・・はぁ・・・い、痛いィィィ・・・」シュゥゥゥゥゥ・・・・

ブチャラティ「言え 誰の差し金でこんなことをした」

ジョルノ「教えてくれたら命までは奪いはしません」

アナゴ「そ、それなら言うぞぶるあ!」

アナゴ「い、イソ・・・」

ピキーン

アナゴ「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」

ブギュガァ!!!

フーゴ「ま、真っ二つに!?」

アバッキオ「口外したら氏ぬようになっていたか」
20:2018/09/19(水) 19:03:03.727 ID:gjYmRwPP0.net
フネのスタンドによって中継されていた闘いは、アナゴの敗北を映すと中継が停止された。

マスオ「アナゴは思ったより使えませんねぇ」

波平「全くじゃのぅ」

ワカメ「もーこのまま6億奪われちゃったじゃあないのよ!」

タラヲ「どうするですか!?」

カツオ「なぁにまだこれからまた奪えばいいんだよ」

サザエ「それもそうね」
22:2018/09/19(水) 19:07:32.693 ID:gjYmRwPP0.net
本体:宇凪アナゴ 氏亡
スタンド:オーディオ・スレイブ
破壊力EスピードE 射程距離E 持続力C 精密動作性C 成長性E
分厚い唇型のスタンド。 唇で触れたあらゆる機械を操作可能。


本体:磯野フネ
スタンド:ドリーム・イーヴィル
破壊力EスピードC 射程距離B 持続力B 精密動作性A 成長性B
空中に出現する小舟型のスタンド。 離れている場所の探知・中継を可能とする。
他の能力は現状不明。
23:2018/09/19(水) 19:08:35.857 ID:gjYmRwPP0.net
波平「じゃあブチャラティ達に宣戦布告でもしに行くかのう」

マスオ「僕が行きますよぉ」シュバッ
24:2018/09/19(水) 19:09:49.512 ID:gjYmRwPP0.net
ネアポリス

ジョルノ「喰えない奴でしたね、アナゴ」

ナランチャ「うなぎは食えるのにな」

シュバッ

マスオ「ふふふ・・・」

フーゴ「誰だお前!」

アバッキオ「いつの間にッ!」

マスオ『お前らは30M吹っ飛ぶ』ブオン

ビュオオオオオオ!!!
25:2018/09/19(水) 19:12:23.655 ID:gjYmRwPP0.net
一同「ぐわああああああああああ!!!」

マスオ「どうですかぁ僕の能力は? ほんの一端ですよ?」

ミスタ「こいつ・・・言ったことを具現化する能力か?」

ナランチャ「一瞬すぎてスタンドが見えなかった・・・」

マスオ「これからお前たちをブチ頃してまわるから、楽しみにね」シュバッ

ジョルノ「また消えた!」
26:2018/09/19(水) 19:13:58.334 ID:gjYmRwPP0.net
翌日

ブチャラティ「ボスからの指令だ」

ジョルノ「何です?」

ブチャラティ「妹を護送することだ」

ミスタ「妹?」

アバッキオ「ああ」

スタンドの小船「・・・」ギョロ
27:2018/09/19(水) 19:17:09.370 ID:gjYmRwPP0.net
フネ「ですってよ」

サザエ「まぁ何かしら妹って」

カツオ「目的によって結束が強まるのは確実だね、何にせよ」

ワカメ「だったらその結束をブチ壊してやりましょうよ!」

波平「それはいい考えだなぁ よし!」パンパン

シュタッ

???「お呼びでございますか、磯野家当主殿」

波平「戦闘チームのお前たちの力を借りたい」

???「話は把握しております」

波平「なら話は早い。ブチャラティ達を分断したうえで虐滅せよ!!!」

???「ハハッ!」シュタッ

マスオ「コイツらはアナゴなんかとは違って、頼りになりますよぉ」
28:2018/09/19(水) 19:20:23.909 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「気をつけよう 昨日のやつの仲間がくるかもしれない」

ジョルノ「来ますね」

アバッキオ「ああ」

甚六「うひぇへひぇひぇひぇひぇひぇひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」ブリブリブリブリ

ナランチャ「うわぁ!コイツヨダレ垂らしながらウンコ漏らしてるぜぇ!」

アバッキオ「汚い奴め」
29:2018/09/19(水) 19:22:24.807 ID:gjYmRwPP0.net
甚六「うひひひひひひひひ!!!いゆひゅひゅひゅ!!!!」

ブォン!

ジョルノ「奴のスタンドが出ます!」

ブロロロロ!

スタンド「HYEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEY!!!!!!」

甚六「ひゅひひひ!!!こ、こここっここ、これが僕ちゃまのスタンドしゃあ!!!!」
30:2018/09/19(水) 19:23:47.819 ID:gjYmRwPP0.net
本体:伊佐坂甚六
スタンド:ジ・アカデミー・イズ
破壊力E スピードE 射程距離D 持続力C 精密動作性D 成長性C
下半身が車になって眼鏡をかけた人型のスタンド。 一切の干渉を拒む壁を創造する。
甚六のニート気質がこのスタンドを開花させたようだ。
31:2018/09/19(水) 19:26:02.545 ID:gjYmRwPP0.net
甚六「これが僕の「ジ・アカデミー・イズ」さぁ!」

ブロロロロロロ・・・

ジョルノ「下半身が車になっているッ!」

アカデミー「HYEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!HYEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!HYAHAEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!」

ブオオオン! ブオオオン! ブオオオン!

ミスタ「なんだコイツの動き・・・」

フーゴ「まるで僕らを分断するような・・・」

ミスタ「ええい!氏ね!!!ピストルズ!」

ズギャァン!

ピストルズ「オラッ!」「パァース!」「シュートォ!」「行クゾー!」「ソラッ!」「行ケェェ!!」

ダァン!

甚六「ウギッ!!!し、氏ぬゥ!」バタッ

ゴゴゴゴッゴゴゴ・・・

ミスタ「なんだ!か、壁が・・・3つ!」
33:2018/09/19(水) 19:28:41.800 ID:gjYmRwPP0.net
ナランチャとフーゴ、ブチャラティとミスタ、ジョルノとアバッキオの3組に分断された。

ブチャラティ「ステッキィーフィンガーズ・・・ぐあっ! 駄目か・・・」

シュタッ! シュタッ! シュバッ!

ナ・フ「誰だ!?」

オカル「私ですよぉ」

ブ・ミ「何奴!?」

いささか「どうも、ご無沙汰してます」

ジ・ア「何だ!」

うきえ「フ、弱そうな奴らね」
34:2018/09/19(水) 19:33:04.688 ID:gjYmRwPP0.net
ナランチャ「誰だかしらねぇがブチ頃してやる! エアロスミス!」

ズダダダダ!

ナランチャ「えっ・・ぐぁぁぁぁぁぁぁッ!」

フーゴ「バカな・・・弾丸が・・・こちらに・・・」

オカル「私のスタンド、「大理石の遺骸」のおかげです」ブオン

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

フーゴ「あ、あのくの字型定規が、奴のスタンド・・・」

ナランチャ「弾丸の角度を自在に操るってか?」

オカル「おやおや、馬鹿なあなたにも理解できたようね」

フーゴ「初見でも分かるほど単純なだけですよあなたが」

オカル「な・・・何ィィッ・・・ピキピキ」
36:2018/09/19(水) 19:36:54.526 ID:gjYmRwPP0.net
オカル「おのれええええええええええええええ!!ふざけんなああああああああああああ!!!!!」

オカルが飛びかかる。

フーゴ「ナランチャ!息を塞げ!行け!パープル・ヘイズ!」ブオン

パープル・ヘイズ「うじゅるるるるる」

オカル「な、なによこのスタンド!?」

パープル・ヘイズ「うがあああああ!」

ボゴォ!

オカル「うぐは!・・・たいしてきいちゃあいないわよこんなヘナチョコパンチ・・・氏・・・ね・・・エアアアアア!?」

わ・・・私の腕が!?
37:2018/09/19(水) 19:40:06.575 ID:gjYmRwPP0.net
フーゴ「そのまま朽ちなさい」

オカル「そんな・・・た・・・助け・・・」

シュウウウウウ・・・

ナランチャ「う・・・う・・・腕が・・・俺も溶け・・・」

フーゴ「後でジョルノに直してもらいましょう あと壁が消えましたよ」

フーゴ「皆さん!!!相手を倒せば壁は消滅します!早く倒してください!」

ナランチャ「早く俺を治してくれよぉ!」

ブチャラティ「さっさと頃るぞッ!」

ミスタ「ああ」

いささか「へへへ・・・氏ぬのは貴方ですよ!!!」グオン
38:2018/09/19(水) 19:42:07.805 ID:gjYmRwPP0.net
いささかは飛び上がった!

ブチャラティ「な、なんだこの姿・・・」

いささか「キョエエエエエエエエエ!!キエエエエエエッ!」

ミスタ「下半身が・・・タコみてえに・・・」
39:2018/09/19(水) 19:44:04.455 ID:gjYmRwPP0.net
ズドォン!

いささか「おやおや、私のダイビング捕食を避けるとは、なかなかやりますねえ」

ブチャラティ「あのタコが奴のスタンドだな」

いささか「ええ、私の自慢のスタンドにして最高の能力「あぶらだこ」です」

ブチャラティ「そんな糞スタンド知るか! アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ!!!!」

いささか「ウゲギグゲゲゲゴゴゴオエゴエギグゲギギガグガブブウゥブッ!?」

ブチャラティ「アリーヴェ・デルチ(さよならだ)」

いささか「露伴先生と・・・またお話がしたかったですねぇ・・・」ブシャァァ

ドガァァン!!

ミスタ「倒した・・・」
40:2018/09/19(水) 19:45:25.799 ID:gjYmRwPP0.net
うきえ「さぁさぁ私の地面から罠が生えるスタンド「ブレイン・ドリル」を喰らいなさい!」ブオン

ズガァ!ボガァ!

アバッキオ「危ねェ! 地面からトラバサミやドリルが!」

ジョルノ「僕がこれらを生物に変えて襲わせます!」

アバッキオ「新入りは黙ってろ! ムーディー・ブルース!」ブオン

ムーディーブルースは罠を逆再生させ、うきえが己の足元から地面に送り込む所まで巻き戻した!

アバッキオ「再び動け、罠どもよ」

うきえ「さぁ私の可愛いドリルちゃん、あのダボどもを貫いて・・・ってイギャイギッギイギギギギ!!!!私じゃないわよ~!!!!!」
41:2018/09/19(水) 19:46:49.069 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「全員倒したな」

ジョルノ「ええ 壁も解除されました」

ナランチャ「は、はやくなおし・・・氏・・・ぬ・・・」

ジョルノ「わぁ!フーゴの毒! ゴールド・エクスペリエンス!」

ナランチャ「もーひどいぜフーゴ!」

一同「アッハッハッハッハ!」どっ
42:2018/09/19(水) 19:49:20.933 ID:gjYmRwPP0.net
本体:伊佐坂うきえ 氏亡
スタンド:ブレイン・ドリル
破壊力B スピードD 射程距離D 持続力D 精密動作性E 成長性E トラバサミ型のスタンド。 地面にもぐりこませ、大量の罠を出現させる。

本体:伊佐坂難物 氏亡
スタンド:あぶらだこ
破壊力C スピードD 射程距離E 持続力D 精密動作性E 成長性E 触手型のスタンド。下半身を触手化。

本体:伊佐坂オカル 氏亡
スタンド:大理石の亡骸―モルグ・モル・マルモ―
破壊力D スピードE 射程距離B 持続力B 精密動作性A 成長性E くの字定規型のスタンド。角度干渉。
43:2018/09/19(水) 19:51:29.530 ID:gjYmRwPP0.net
そして・・・

トリッシュ「うーっす」

ジョルノ「あなたが・・・トリッシュですね」

トリッシュ「ええ」

ブチャラティ「彼女を全力で守るんだ!そしてボスの元へ!」

一同「オー!」
44:2018/09/19(水) 19:53:31.639 ID:gjYmRwPP0.net
フネ「おやおや、奴らはボスの元へ行くつもりですよ」

波平「全くとんでもない奴らだ」

タラヲ「あいつらも使えないでぇす」

マスオ「いっそのこと、僕らがボスを頃して、組織を乗っ取るのはどうですか?」

サザエ「ダメよリスクが大きすぎるわ」

タラヲ「全くでーす」

フネ「!」

ワカメ「どうしたの?」

フネ「奴らは「乗り物のキー」を入手しにポンペイに行くみたいですよ!」

サザエ「乗り物のキー? そんなの取らせたらより遠くへ行っちゃうじゃあないのよ!」

マスオ「こうしちゃあおられないなぁ」

フネ「それならノリスケさんたちを呼びましょうか」

ワカメ「妙案ね」

カツオ「ノリスケおじさん達なら確実に奴らを頃せるね」
45:2018/09/19(水) 19:57:23.488 ID:gjYmRwPP0.net
ポンペイ遺跡

ブチャラティ「ここにキーがあるらしい」

ノリスケ「おやーどこ行かれるんですかぁ」

タイコ「返答しだいによっては頃しますからね?」

ジョルノ「ここにあるキーを取りにいきます」

ノリスケ「なら氏にな!クラウデッド・ハウス!」ブオン

タイコ「カーカス!」ブオン
46:2018/09/19(水) 19:59:57.214 ID:gjYmRwPP0.net
本体:波野ノリスケ
スタンド:クラウデッド・ハウス
破壊力C スピードB 射程距離A 持続力B 精密機動性B 成長性B ハイエナ型のスタンド。 酸素を別のモノにかえる

本体:波野タイコ
スタンド:カーカス
破壊力E スピードD 射程距離E 持続力B 精密機動性C 成長性B 治癒を行うマネキンナース型のスタンド。
47:2018/09/19(水) 20:01:50.955 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「何だあのハイエナとマネキンのナースは!?」

ミスタ「ゴハァ!」ブビュ!

ピストルズ「キャアアア!」「助ケテクレミスタ!」

ナランチャ「ど・・・毒か!?」

ノリスケ「ふふふふ!半分正解の50点です!」

ナランチャ「やったー俺50点ももらえたぜー!」

フーゴ「半分で喜んでんじゃあねェこの・・・・・・ド低能がァ!!!」ボゴォ

ナランチャ「やったな!頃してやるぜフーゴ!!!!」ボゴォ

ブチャラティ「おちつけッ!」ボゴォ

アバッキオ「お前がなッ!」ドゴォ

ジョルノ「いい加減にしてくださ・・・うぐッ!」バギッ

ノリスケ「えー・・・」
48:2018/09/19(水) 20:04:04.313 ID:gjYmRwPP0.net
ノリスケ「ぼ、僕のスタンド「クラウデッド・ハウス」は、酸素を別のモノに変える能力さぁ」

タイコ「これで空気を毒ガスにしたのよ」

タイコ「そして私のスタンド「カーカス」で」

ノリスケ「僕ら2人の毒は無効化してるのさぁ!」

タイコ「そのままくたばってしまいなさい!」

ミスタ「だったら今仕留める!ピストルズ!!」

ズギュゥゥン!

ノリスケ「無駄無駄ァ! 空気で絶対防壁を作ったんだ」

ミスタ「ち・・・畜生オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

ズダァン! ズダァン! ズダァン! ドゴォン!! ダァン!!

ノリスケ「はっはっはwどこ撃ってんだかwはいはい空気の防壁っとw」

防壁はノリスケとタイコの全身を覆うようになった。

タイコ「血迷って攻撃するのは醜いですよw」
49:2018/09/19(水) 20:07:04.073 ID:gjYmRwPP0.net
ミスタ「なぁ・・・その「絶対防壁」ってのは・・・ホントに何物も通さねえのか?」

ノリスケ「あったり前じゃないかぁw」

タイコ「おかしくなったのかしら?w」

ミスタ「その防壁はどう展開してある?」

ノリスケ「僕の防壁は、360度抜け目なく僕ら2人の周りに展開してますよ」

ミスタ「あと3つ聞いていいか?」

タイコ「おいくつでもどうぞw」

ミスタ「じゃあ1つ目、その中の酸素はどのくらいだ?」

ノリスケ「バッカだなぁ十分あるに決まってるじゃないですかw」

ミスタ「なら2つ目 今も酸素を毒にしているか?」

ノリスケ「当然じゃあないですかぁ」

ミスタ「これでラストだ どこの酸素使って毒濃くしてるんだ?」

タイコ「なにってここの酸素を・・・アアッ!!」

ノリスケ「どうしたんだいタイコ・・・ウグゥ!」

ミスタ「フ、俺が本当に血迷って弾丸を撃ったと思ってるのか?」

ノリスケ「ま、まさか!」
50:2018/09/19(水) 20:07:15.798 ID:Wf6IH6ccd.net
酸素を変えられるなら毒にする必要ないよね
53:2018/09/19(水) 20:11:09.603 ID:gjYmRwPP0.net
見てくださってありがとう

>>50
一応酸素を固形化させて武器にしたり、色々できます
本体の知能の限界です
52:2018/09/19(水) 20:09:44.064 ID:gjYmRwPP0.net
タイコ「防壁を全面に展開させ、私達を閉じ込めて「酸欠」に追いやるためにッ?!」

ナランチャ「そうかッ! 奴にできるのはあくまで毒の無効化ッ!」

フーゴ「酸欠自体は防げないッ!」

ミスタ「みんなッ!きちっと戦闘準備しとけッ!」

ブチャラティ「出てきたらいつでも頃れるようにしてある」

ノリスケ「ひ・・・ひぃぃ!」ブリブリ

ノリスケ「クククウク、苦しいィィィィィィィィィ!!!!ア゛ァッ゛♥」

タイコ「ウ、ウンコクセェーヨォォォオオオオオオ!!!!!♥」

シュゥゥゥゥゥゥ・・・

ミスタ「危ない所だったぜ」

ジョルノ「すごいですねミスタ!」

ミスタ「まぁな さあ!キー探しにいくぞ!」
54:2018/09/19(水) 20:13:00.201 ID:gjYmRwPP0.net
フィレンツェ行き特急の駅

ブチャラティ「何だこれ・・・亀?」

ナランチャ「この甲羅の「くぼみ」にキーはめるんじゃあねぇのか?」

ブチャラティ「まさか・・・まあ置いてみるぞ・・・ってな、何だこれは!め・・・めり込むッ!」

ジョルノ「この亀・・・スタンドッ!!!」

ミスタ「亀の中に部屋が!」

アバッキオ「確かに安全な乗り物ではあるな」

トリッシュ「ええ」

ミスタ「見ろよ キャプテン翼やってるぜ」
55:2018/09/19(水) 20:15:52.337 ID:gjYmRwPP0.net
フネ「奴らはあの列車に乗るようですよッ!」

ワカメ「もう我慢できないッ!!!私が頃るッ!!「ブッ頃す」と決めたのッ!」

サザエ「ワカメ!」

波平「行かせてやろう」

ワカメ「お願い! 堀川くんも連れてくから!」

一同「ほ、堀川だってェーーーーーーー!!!!」

マスオ「あのゲス野郎の封印を解いたっていうのかいィ!?」

ワカメ「ええ でもこの戦いが終わったら頃すつもり」

サザエ「それがいいわねー堀川くんキモいもの」
56:2018/09/19(水) 20:17:55.582 ID:gjYmRwPP0.net
特急内

ワカメ「さぁ、お行き、「マイ・シスターズ・マシーン」」ブオン

にゅるにゅる・・・

堀川「ワカメちゃんのスタンドはいつ見ても気持ち悪いなぁ 何でなめくじ型なのさ」

ワカメ「うっさいわねアンタのだって十分キモいわよ」

堀川「うひゅくんひゅにゅにゅ! もっといぢめてぇ!」

ワカメ「はぁーやっぱり連れてくんじゃなかった」

乗客「旅行楽しみだねぇ」「ほんとねぇ」「そうだなぁ」「ねえうoこピッツァ頼みましょうしょぉ」「いや、本当にウマいのはオマンコピッツァだ」「ケツ毛スパが至高だろォ?」
「イタリアで5ch楽し杉ィ!w」「旅行中に読むコボちゃんは至高だなぁ」

なめくじ「シュウルルル・・・」

乗客「・・・」「はぁー・・・」「つまんね」「来なきゃよかった」「ああ・・・」

ワカメ「堀川、やれ」
57:2018/09/19(水) 20:19:24.422 ID:gjYmRwPP0.net
堀川「わかったぴょーんw」

堀川「おいで、「ヘイキチ」」ズズズ・・・

車内の壁に、不気味な人型のシミが浮き出てきた。

乗客「ひぃ・・・体が・・・凍る・・・?」「今真夏だ・・ろ・・・?」「た、たすけ・・・て・・・」「だ、だれか・・・」

カキーン

堀川「フヒヒヒフ、僕とワカメちゃんの共同作業だね?ね?そうでしょ?そうなんだよなぁ?共同さぎょウしたら結婚だよね?ね?ね?ヤろうにょえ?ね?」

ワカメ「ほんとお前大嫌い」

堀川「うひゃひゃひゃ!!!もっと言ってぇぇぇ!!えぴひひひひひひひ!!」
58:2018/09/19(水) 20:20:45.918 ID:gjYmRwPP0.net
本体:磯野ワカメ
スタンド:マイ・シスターズ・マシーン
破壊力D スピードC 射程距離A 持続力A 精密動作性E 成長性E
なめくじ型のスタンド。 這って移動し、その跡にいる人間に感情操作を行う。

本体:堀川としお
スタンド:ラスト・デイズ・オブ・ヒューマニティ
破壊力E スピードB 射程距離B 持続力C 精密動作性D 成長性D
壁に顕現する人型のシミのスタンド。 対象の感情に伴う温度攻撃を仕掛ける。
59:2018/09/19(水) 20:29:25.023 ID:gjYmRwPP0.net
ナランチャ「エアロスミス!」

ズガガガガガガガ

なめくじ「ギャアア・・・」

ワカメ「嫌ぁはァ!!!!!!」ブジュギュギュグユ

ワカメは全身から血を噴き出して氏んだ。

堀川「よ、よくもワカメちゃんを・・・」

堀川「頃してやるゥゥゥゥ!!!!怒りの炎!!!!!」

ジョルノ「コイツ!感情に連動して人間の温度を操る能力だ!」

フーゴ「だからさっきコイツを使って乗客の気持ちを下げたんだ!」

堀川「ひゃぐはうあヒア氷魚qqqkd佐Dsべあうくぁhuhgyaaloakおいお!!!ワケメgちゃぁぁぁうあんん!!!」

ボオオオオ!!!

乗客「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」ボォォ
60:2018/09/19(水) 20:31:59.043 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「俺が倒す!!!!アリアリアリアリアリアリアリアリアリ!!!!」

堀川「ありゃ!」

ブチャラティ「俺の能力でお前の脳を分離した もう感情に連動した攻撃はできない もっともこれで氏んでるがな」

堀川「さよなら・・・ヘイキチ・・・ワカメ・・・ちゃ・・・ウッ!」

ビュルルルル!!!

ナランチャ「こ、コイツちんぽこシコってたぞ!」

本体:磯野ワカメ 氏亡
スタンド:マイ・シスターズ・マシーン

本体:堀川としお 氏亡
スタンド:ラスト・デイズ・オブ・ヒューマニティ
61:2018/09/19(水) 20:34:23.243 ID:gjYmRwPP0.net
ドリーム・イーヴィルの船「・・・」ギロッ


世田谷

フネ「ワカメが氏にました」

カツオ「なーんだ結局ダメだったじゃあないか!」

タラヲ「ワカメお姉ちゃんはスタンド使いとして2流、いや5流でしたからねぇ」

波平「母さん、フィレンツェに着いた奴らを叩こう」

マスオ「僕が行きましょうかぁ?」

波平「左様、それがいい」

カツオ「誰か来るッ!上からだァーッ!」

スパッ!

イクラ「ヂャアアアアアアアアン!!!!」
62:2018/09/19(水) 20:36:55.544 ID:gjYmRwPP0.net

イクラ「ア゛ア゛ア゛!!!!オ゛オ゛オ゛オ゛!!!」

サザエ「ええーノリスケさんたちの仇を取りたいですって?」

波平「行かせてやろう」

イクラ「チャーン!」シュバッ
63:2018/09/19(水) 20:39:48.739 ID:gjYmRwPP0.net
フィレンツェ

ナランチャ「! エアロスミスのレーダーに反応が!」

ブチャラティ「上空から!?」

イクラ「ヂャ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!」キック!

フーゴ「ぐわああああああああああああ!!」ブシャア!!!

イクラ「パーブー!!!」

ジョルノ「頃りそこなったって怒ってます」

イクラ「チャァン!」ブン

ミスタ「消えた!?」

イクラ「チャア!」

バシィ!

ミスタ「痛ェ!」

アバッキオ「コイツ・・・確実に削りに行ってやがる」

ナランチャ「ヒット&アウェイなんて汚ねーぞ!!正々堂々戦えー!」
64:2018/09/19(水) 20:42:10.780 ID:gjYmRwPP0.net
本体:波野イクラ
スタンド:ゲット・アップ・キッズ
破壊力E スピードB 射程距離E 持続力A 精密動作性A 成長性A 靴と一体化したスタンド。本体は高所からどこでも現れるようになる。
65:2018/09/19(水) 20:45:01.868 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「僕が頃ります ゴールド・エクスペリエンス!」

ズガァ!

シュバッ!

イクラ「ハーイ!」

ガシッ!

イクラ「パ・・・パブァ!!!?」

ジョルノ「石をツタに変えて拘束しました 貴方が空中から出てくるのをとらえるには、この特殊な木の異常なまでの精密性がないと無理です」

樹木を求めてツタを彷徨わせ、いざ見つけたら即座に絡みつく木、人はその木を「絞め頃しの木」と呼ぶ!

ギリギリギリ・・・

イクラ「ア・・・アブゥゥウウゥゥ・・・」

ギチギチギチチチ・・・

イクラ「パァ・・・ブゥワ・・・」

ジョルノ「赤ん坊だからって容赦しません このまま全身を絞められて氏んでください」

イクラ「アブブブブウブブブブブビブブブブアッアッアッアッアオッオッおっおッ!!!!↑↑↑↑↑↑!!!!!???」

ブギュチャァ!

イクラ「すまねェ・・・パパ・・・ママ・・・」
66:2018/09/19(水) 20:46:17.743 ID:gjYmRwPP0.net
本体:波野イクラ 氏亡
スタンド:ゲット・アップ・キッズ
67:2018/09/19(水) 20:49:27.186 ID:gjYmRwPP0.net
翌日

ブチャラティ「ここにあるDISCを探すぞ」

マスオ「そうは行きませんよ!」

波平「マスオクンの言うとおりだ」

ジョルノ「敵・・・ですか」

ミスタ「あいつは・・・いつぞやの!」

マスオ「ええっー覚えていてくれたのかいぃ? 光栄だなァ・・・」ブオン

マスオ「でもウジムシに覚えてもらってもまァ―――――ッたく嬉しくないなァァァ!?」

波平「間髪入れず攻めるぞマスオ君!」ブオン

カキーン!

ブチャラティ「危ない!スティッキーフィンガーズ!」ブオン
68:2018/09/19(水) 20:52:44.678 ID:gjYmRwPP0.net
世田谷

フネ「そろそろ私の「仕込み」が効いてくるころだねぇ」

タラヲ「実践に響いてくる頃でーす」
69:2018/09/19(水) 20:55:02.956 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「ハァ・・・ハァ・・・危なかった・・・なぜか反応が・・・「一瞬遅れて」しまった・・・」

波平「ほう 自ら腕を離脱して斬撃を逃れたか」

波平「褒美として氏ぬ前に教えてやろう、この刀はそれ自体がスタンドだ」

波平「名付けて・・・」

波平「ツナミキラー!」グワァッ!

ブチャラティ「ざ、斬撃が猛波のようにッ! うわああああああああああああああああ!!」
70:2018/09/19(水) 20:56:49.740 ID:gjYmRwPP0.net
本体:河豚田鱒夫
スタンド:フルーツガム・カンパニー
破壊力B スピードB 射程距離A 持続力A 精密動作性A 成長性B
葉っぱが集まってできた人型のスタンド。 言霊使い。

本体:磯野波平
スタンド:ツナミキラー
破壊力A スピードA 射程距離E 持続力A 精密動作性A 成長性D
日本刀に憑依したスタンド。日本刀の切れ味が上がる。
波のような衝撃をおこしたり、切ったという結果だけを生み出したりもできる。
腕前は本人次第。
71:2018/09/19(水) 21:02:21.645 ID:gjYmRwPP0.net
マスオ「そぉれ!『隕石』!! 『火責め』!! 『爆発』!! 『雷』! 」

ジョルノ・ナランチャ・アバッキオ「うわああああああああああ!!!」

マスオ「まだまだいくよぉ!!! 『内臓破裂』!!! 『水攻め』!!『折れた骨が筋肉内臓に刺さる』ゥ!」

ジョルノ・ナランチャ・アバッキオ「うわああああああああああああああ!!!!」

マスオ「おいおい~こんなのにアナゴやワカメとかは氏んだって言うのかい?」

アバッキオ「ううっ・・・」

ジョルノ「なぜか・・・対応が遅れてしまう・・」

ナランチャ「どうなっちまってるんだよォ!」

フーゴ「わからんッ!」

マスオ「ふふふ~君らは永遠に気づかないかもねェ~」

マスオ「さぁ頃ろう!!『マウザー小銃用銃剣(マウザー・ヴァヨネット)を30本』!!そして『高速移動』!!!」ズゴゴゴォォォウア

ジョルノ「アバッキオ!危ない!!!!」

ザスザスザスザシュゥゥ!!
72:2018/09/19(水) 21:05:54.920 ID:gjYmRwPP0.net
アバッキオ「ぐはァ!!!!」

マスオ「うひひひひひひひひ!!!!!ふふふふふふふふふははははははははっははっははっは!!! 氏ーんぢゃった氏んぢゃった♥♥♥♥」


アバッキオ「すまねェ・・・みんな・・・」

ナランチャ「そんな・・・嘘だろ・・・」

マスオ「おいおいー気づかなかったのかぃ? お前たちが何故反応できないのかを!」

ジョルノ「!?」

マスオ「お義母さんの「ドリーム・イーヴィル」で脳波に干渉し、気づかないウチにお前たちの眠りを浅くして少しずつ弱らせてたのをさぁ!」

マスオ「「自律神経」をねェッ!」

ジョルノ「!?」

マスオ「今までは体力が何とかなってたが、今はそうはいかないよぉ!!!」

マスオ「『アクション・ビーーーム』!!!!!ビビビビビビビビビ!!!」

バキュゥゥーーーーン!

マスオ「なぁ!」

ナランチャ「エアロスミス・・・!」
73:2018/09/19(水) 21:10:23.781 ID:gjYmRwPP0.net
マスオ「よ・・・よくもやってくれたなァ--------!!!!!!!!この僕に向かってェ――――――!!!!!!!!」

ナランチャ「来いよ、クソッタレ」

マスオ「いいだろう・・・光栄に思うがいいッ!!!!!!!!この僕を本気にさせたコトをッ!!!!!!!!!」

マスオ「『ペトン弾』よし・・・『角度』よし・・・『補助推進システム』よし・・・」ぶつぶつ
74:2018/09/19(水) 21:18:27.210 ID:gjYmRwPP0.net
マスオ「僕はねぇ・・・ずっと家で周りに気を使って我慢してる中でねぇ・・・「戦争兵器」を調べるのが好きなんですよぉ」

マスオ「カッコイイこともさることながら、「ああこれを喰らったらこうやって苦しむんだな」ァとか・・考えるのが爽快でねぇ・・・」

マスオ「その中で一番興奮したのがね・・・スタンドで作り出すのは本当に苦労するけど・・・」

ドグォォーーーーン

マスオ「この・・・『クルップK5』・・・いわゆる『アハト・アハト』さ」

マスオ「光栄に思いな!!!!僕の大好きな最終兵器で塵におなりになれるんだからなァァァーーーーーーーーーーッ!!!!!!」

ドグオオオオオオオン!!!!
75:2018/09/19(水) 21:24:47.123 ID:gjYmRwPP0.net
ナランチャ「うおあああああああああああああああ!!!頃せ!頃せ!頃せ!エアロスミスゥゥゥゥゥゥーーーーーーー!!!!!!」

ズガガガガガッガガガガガガッガアガ!!!!

マスオ「無駄さ!!!!ドイツの兵器は世界一ィィィィィィィ!!!!!!!」

ドオオオオオオオオオン!!!

ズガガガガガガガガガガガガガガ

ナランチャ「よくもよくもよくもよくも!!!!!!よくもよくもよくも!!!!よくもよくもよくも!!!アバッキオをおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

ズガッガッガガガッガッガッガッガッガガッガッガガガッガガッガガガッガガガガッガガガガガガガガガッガガガガッガガガガッガガガアガガガガガッガ!!!!!

マスオ「う・・・うそだ!この僕が・・・クルップが・・・この僕が押し負けるだと!?!」

ナランチャ「ボラボラボラボラボラボラボラボラ・・・」

ズガガガガガガガガッガガッガガッガ

マスオ「あぎゃ、あぎゃ、あぎゃがぎゃぎゃ・・・・イ、イ、イ、イ、イギャギギャギュゲブー♥!!!!!!!!!!!!!!!」
76:2018/09/19(水) 21:26:19.891 ID:gjYmRwPP0.net
ナランチャ「ボラーレ・ヴィーア(飛んでいきな)」

マスオ「びゃ゛あ゛あ゛あ゛あ゛う゛ま゛い゛い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゜!!!!!」

ドガアアアァン
77:2018/09/19(水) 21:28:42.866 ID:gjYmRwPP0.net
波平「マ、マスオくーん!!」

ブチャラティ「隙あり!!アリアリアリアリアリアリアリアリ!!!」

ミスタ「行けェー!ピストルズ!!!」

ピストルズ「行クゾー!」「ソレッー!」「パース!」「回転加エテ!」「モイッチョォ!」「アラヨッット!」

ピストルズ「氏ネェェェェェェェ!!!!」

ズガァァァン!!

波平「ぜ、前後から激しく・・・・!?」

フーゴ「パープル・ヘイズ・ディストーション!!!!!!!」

ドグォ

ブチャラティ「アリーヴェ・デルチ(さよならだ)」

ミスタ「あばよ ハゲ爺」

フーゴ「・・・」

波平「ハ、ハゲてないもおおおおおおん!!!ば・・・ば・・・ばばばばばばばばばBABABABAバッカモーーン!!!!」

ドガァァァン!
78:2018/09/19(水) 21:30:04.182 ID:gjYmRwPP0.net
本体:河豚田鱒夫 氏亡
スタンド:フルーツガム・カンパニー

本体:磯野波平 氏亡
スタンド:ツナミキラー



本体:レオーネ・アバッキオ 氏亡
スタンド:ムーディ・ブルース
79:2018/09/19(水) 21:32:35.763 ID:gjYmRwPP0.net
2日後

ブチャラティ「トリッシュをボスの元へ届けに行こう」

ジョルノ「ええ」

そして・・・

ボスがトリッシュを頃そうとした! ブチャラティは全てを理解した!

ブチャラティ「俺達はボスを頃す!!!」

一同「オー!!」



フネ「ですって」

サザエ「あら大変ねえ」

カツオ「今度は僕が頃ろう」

サザエ「たのんだわよ」

タラヲ「もう4人しかいないでーす」

フネ「ちょっと私は情報収集へ行ってきます」シュタッ

サザエ「わ、私は買いものへ・・・」シュタッ
80:2018/09/19(水) 21:36:07.864 ID:gjYmRwPP0.net
プルルルル・・・

親衛隊隊員「はい」

ボス「マズイことになった 親衛隊よ 直ちにブチャラティ達を潰せ」

親衛隊隊員「はい」

屋外から盗み聞く者が1人・・・

カツオ「ケッ、ブチャラティ達を頃すのは僕さ! 金は僕らのものさ! 邪魔はさせない!」

パリーン!

スクアーロ「何奴!?」

ティッツァーノ「何だ・・・このハゲガキは」

カツオ「5人か・・・」

カルネ「・・・」

チョコラータ「オイオイオイオイ!氏にてェのか?」

セッコ「のか?」
81:2018/09/19(水) 21:38:32.565 ID:gjYmRwPP0.net
スクアーロ「行くぞ・・・ってウッ!」

ティッツァーノ「何事だスクアー・・・ギャッ!」

カルネ「」

ノトーリアス「ウッ!」

チョコラータ「何だお前・・・ウッ!」

セッコ「あぎゃああああ!」

カツオ「フッ、全員弱いじゃないか さぁブチャラティ共を皆頃しにするとするか」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ボス「これはまずいことになったな・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴ
82:2018/09/19(水) 21:40:07.400 ID:gjYmRwPP0.net
フネ「まさか・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

フネ「ボスの正体は・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴ
83:2018/09/19(水) 21:42:03.059 ID:gjYmRwPP0.net
翌日

ブチャラティ「ボスの正体と居場所を探る!」

ナランチャ「アバッキオの分までがんばるんだッ!」

カツオ「そうはいかないぞ!」ブオン

ミスタ「!?早い!」

カツオ「そうらっ!」ズガァ!

ナランチャ「ぎゃああああああ!!!」

ナランチャはカツオのスタンドに首をもがれて即氏した。

フーゴ「ナランチャアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

フーゴ「オノレ・・・パープル・ヘイz・・・」

ドサッ

タラヲ「ふふふふふふ、弱い犬ほど良く吠えるですぅ」

カツオ「タラちゃん!来てくれたんだね!」

タラヲ「もう人員をこれ以上失うと沽券に係わりますからね、最強のボク様が出向いて全員皆頃しにして差し上げるでーーす!」
84:2018/09/19(水) 21:44:00.696 ID:gjYmRwPP0.net
ミスタ「こいつ・・・フーゴの脳を・・・消し飛ばしやがった・・・」

ブチャラティ「まさに悪魔の子供・・・」

カツオ「顕現せよ!!「リヴォルヴェル・ヘルド」!!」ブオン

ジョルノ(何だこのスタンドの形・・・全身に杭・・・いや、温度計のようなものが刺さって・・・これじゃあ拷問後か何かだ!)

タラヲ「バチバチバッチリバチ頃してやるですぅ!「シーユー・マイ・ユースデイ(さらば青春の光)」」ブオン

ブチャラティ(ウミウシ型・・・?)
85:2018/09/19(水) 21:47:40.855 ID:gjYmRwPP0.net
本体:磯野勝男
スタンド:リヴォルヴェル・ヘルド
破壊力A スピードB 射程距離B 持続力A 精密機動作性A 成長性A
人型のスタンド。自他のステータスを変動させる。 スタンドのパワーをあやつることも、無論可能だ。

本体:河豚田鱈夫
スタンド:シーユー・マイ・ユースデイ(さらば青春の光)
破壊力A スピードB 射程距離A 持続力A 精密動作性A 成長性A
物質の反応を操るスタンド。新陳代謝を加速させて肉体を一瞬のうちに崩壊させるのが、本体の好みなようだ。
86:2018/09/19(水) 21:50:27.269 ID:gjYmRwPP0.net
カツオ「僕のリヴォルヴェル・ヘルドはステイタスを操作する!!お前の戦闘力を10000000000000000000000000000分の1にしてやるよ!!」

リヴォルヴェル・ヘルド「アアアアア・・・イ、痛イイイイイイイ・・・」ズブブブ

ブチャラティ「体内に温度計が入っていった!…うぅ!疲労が急に来たようだ・・・」

カツオ「氏ね!」ギャビッ!!!

ブチャラティ「ぎゃあああああああああああああああああああああああ!!」


タラヲ「シーユー・マイ・ユースデイ(さらば青春の光)は物質反応操作のスタンド!!!!銃も何も効かないですぅ!!!」

ミスタ「何てことだ!」

ピストルズ「カヤクガシケテ打チ出スコトスラ出来ネェナンテ!」

タラヲ「コイツの胃液を暴走させて内臓全部トロかしてやるでーす!代謝も加速させて中からも外からもボロボロにしてやるです!!!!」

ミスタ「うわああああああああああ!!!」
88:2018/09/19(水) 21:53:03.085 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「その程度か・・・?」

カツオ「こ、コイツまだ立ち上がれる力あるの!?下げまくったのに!」

ブチャラティ「いいか 氏ぬ前に教えてやる お前に向けているのは「力」ではない 純粋な「頃意」だ」

カツオ「うわぁわぁ・・・」ジョォォォォ

ブチャラティ「たとえこの身体に力がなくとも・・・「殺意」でお前は頃す!!!!!!!」

カツオ「待て!待って!話せば!話せば分かる・・・」

ブチャラティ「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ」

カツオ「い、イヤデスヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!???」

ブチャラティ「アリーヴェ・デルチ(さよならだ)」

カツオ「」ドォォン
91:2018/09/19(水) 22:12:23.601 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「河豚田鱈夫!君のような輩は容赦しないッ!」

ジョルノ「ゴールド・エクスペリエンス!!!!」

シュルルルルルル!!

タラヲ「ぼ、僕のスタンドの力を得ないですか!?何故デスか!?!!?」

ジョルノ「が・・・僕より優れているからだ・・・!!!!!!このジョルノ・ジョヴァーナには夢がある!」

タラヲ「ゆ、ゆ、夢なぞ・・・夢なぞ空疎なまやかしですよ!!!!!!!!!!!!!」

ジョルノ「もうこれ以上言うな!!!!無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

タラヲ「あぎげげげうぎぶぷしぎぎぎがぎごびぶべぶぶぶばぶぶぶ・・・」

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無
駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

あぶぶぶぶばぶぎばぎぐはぶぶ・・・

無駄ァ!!!!!!!!!」

あぎえええええええええええデスゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!」

ドグシャア
93:2018/09/19(水) 22:13:46.670 ID:gjYmRwPP0.net
本体:磯野勝男  氏去
スタンド:リヴォルヴェル・ヘルド


本体:河豚田鱈夫  氏去
スタンド:シーユー・マイ・ユースデイ(さらば青春の光)
98:2018/09/19(水) 22:17:12.803 ID:gjYmRwPP0.net
翌日

ポルナレフ「コロッセウムで会おう、渡したいモノがあある」

ブチャラティ「というメールが来た」

ミスタ「行くしかねーみてーだな」

ジョルノ「ええ」


フネ「ですってよ・・・」

サザエ「迎撃するわよもちろん 最早遺産なんてどうでもいい アイツらを頃さぬことには真の絶頂はありえないわ」

フネ「・・・ええ」
100:2018/09/19(水) 22:20:40.715 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「私1人で行ってくるわ、母さんは家にいてて」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サザエ「母さんは・・・「感づいた」かもしれない・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
101:2018/09/19(水) 22:22:01.301 ID:gjYmRwPP0.net
その晩、コロッセウム

ポルナレフと思しき人影「・・・」

ジョルノ「あれです!」

ブチャラティ「敵に注意しながら行くぞ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

人影「・・・」

ボス「・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
103:2018/09/19(水) 22:24:09.565 ID:gjYmRwPP0.net
ブチャラティ「ポルナレフさん!!!我々です!!!ブチャラティです!!!!」

人影「・・・」ドサッ

ジョルノ「え・・・?」

ポルナレフは、既に氏んでいた。

ミスタ「な・・・「何者」なんだッ・・・ポルナレフさんを頃したのはッ!!!」
105:2018/09/19(水) 22:25:31.724 ID:gjYmRwPP0.net
ボス「私だ・・・私だよ・・・」

ジョルノ「何者なんだッ!!!」

サザエ「サザエでございま~す!!!!」

バアアアアアン!!!!
107:2018/09/19(水) 22:27:45.570 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「よっくもまぁ散々私たちの邪魔をした挙句に、私を頃そうとだなんて思ったわね~~~~!!!!!!」

サザエ「全員産まれたコトを後悔するぐらい、徹底的に痛めつけてやるわあ~!!!」

ブチャラティ「・・・」ブオン

フネ「ひ、ひ、ヒィィィィィィィィイーーーーーー!!」バッ

フネ「サ、サ、サ、サ、サザェーーー!」
110:2018/09/19(水) 22:30:56.138 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「母さん・・・」

フネ「ハァ・・・・ハァ・・・む、娘って何なんだい!?アンタがボスって、どういうコトなんだい!!!??いいやそんなことより、私はボスに絶対服従を・・・

スパッ

フネ「え・・・?」

サザエ「もぉーいいじゃあないのよ、私がどこで男とセックスしてどこ男と子を作ろうが、犯罪組織のボスになろうが、アンタに関係ないじゃあないのよ~もぉ~」

フネ「サ・・・ザ・・・エ・・・」


本体:磯野フネ 氏亡
スタンド:ドリーム・イーヴィル
112:2018/09/19(水) 22:34:36.888 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「さぁーて!戦闘いくわよー!「アイ・ドント・ライク・マンデイズ」」ブオン

本体:河豚田サザエ
スタンド:アイ・ドント・ライク・マンデイズ
破壊力∞ スピード∞ 射程距離∞ 持続力∞ 精密動作性∞ 成長性∞
頭に巻貝をつけた人型のスタンド。 「限界」を操る能力を持つ。
113:2018/09/19(水) 22:36:21.110 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「さぁて私のスタンドの力、思い知りなさい!!!!」

トリッシュ「」

ミスタ「」

ブチャラティ「」

ジョルノ「・・・? トリッシュ!?ミスタ!?ブチャラティ!?どこです!――

何処にやったんだァァァーーーーーーー!!!!!!!」
115:2018/09/19(水) 22:40:01.344 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「ウフフフフ、3人は限界を超越して「無」になったのよッ!」

ジョルノ「「無」・・・だと・・・?」

サザエ「肉体的、精神的、形而上学的、抽象的、具体的、徹底的に・・・彼らを作る限界―彼らと彼ら以外とを隔てる境界を消したのよ!!!!」

ジョルノ「・・・」

サザエ「彼らの存在を消滅させたってことよ!!もう戻らないわ!!!」
117:2018/09/19(水) 22:43:09.026 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおのおおおおおおおおおおおおおおおおおおれえええええええええええええええええええええ!!!!」

サザエ「そして!矢!!!!スタンドの「矢」ッ!!!これを使ってスタンドを進化させれば・・・」

サザエ「「限界」を操作してこの世から好きなものを創造!いや、新世界の創造さえ可能となる!!!!消したり成長したりと「他ありき」だった私が、「独立自立した存在」になるのよッ!!!!!!」

ジョルノ「させるかあああああああああああああああああ!!!!!」
121:2018/09/19(水) 22:50:05.343 ID:gjYmRwPP0.net
サザエ「まさに「限界」なくこの世界を好きなようにいじることができる!!!!」

サザエ「神を、いや、神すら創る、いや、神以上のものだって創れるようになるんだから!!!!!!!!!」

ジョルノ「さああああああああああせえええええええるうううううううううかあああああああああああああああああ!!!」

サザエ「私はもう買い物して財布を忘れたりしたくないのよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

ジョルノ「このジョルノ・ジョバァナには夢があるッ!!!」

サザエ「サザエでございまあああああああああああすッ!!!!!」


ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

サザエ「ござござござござござござござござござござござござござ
ござござござござござござござござござござござござござござござ
ござござござござござござござござござござござござござござござ
ござござござござござござござござござござござござござござござ」
123:2018/09/19(水) 22:53:42.987 ID:gjYmRwPP0.net
スポーン!

サザエ「あッ!もォ~~「矢」が飛んでいっちゃったじゃあないのよッ! もー!!」

サザエ「掴むのは・・・国民的アニメの帝王はこのサザエよッ!依然変わりなくッ!!」

ジョルノ「この僕ですッ!!!!」

パシッ!

掴んだのは・・・

ジョルノ「スタンドの「矢」・・・もらいましたッ!」

バアアアァ~~ン!
124:2018/09/19(水) 22:56:09.663 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「この「矢」を・・・刺すッ!!!!」

ズブブブブブ!

ジョルノ「ううっ・・・がああああああああああ!!!」

サザエ「あら~「矢」に選ばれなかったのねー可哀相に」

ドドドドドドドドドド

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
125:2018/09/19(水) 23:00:56.180 ID:gjYmRwPP0.net
ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム「・・・」

バァーーーーン!!!

サザエ「な、何なのよこれ!何この異形のスタンドは!!??」

GER「オ前ノ負ケダ・・・貴様ニハ氏ヌコトスラ許サナイ」

サザエ「な、なに・・・やめなさい・・・ぎゃああああああああ!!!」

GER「永遠ニ・・・シヨリ苦シイ目ニアッテロ」

サザエ「嫌アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」
127:2018/09/19(水) 23:04:00.213 ID:gjYmRwPP0.net
桜新町

サザエ「はっ!ガバッ! な、何だ夢だったの・・・」

???「オ前・・・ナゼ生キテル・・・」
???「氏ンジマエバイイノニ・・・」
???「オ前ガニクイ・・・生キテルオ前ガ憎イ・・・」

サザエ「え・・・何よコイツら・・・」

終わったアニメのキャラクター達「オ前ガ憎イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!」

サザエ「嫌あああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」
128:2018/09/19(水) 23:09:30.179 ID:gjYmRwPP0.net
マスオ「サザエ!どうしたんだい!?」

波平「何の騒ぎだ!」

カツオ「悪夢でも見たの!?」

サザエ「アンタらには見えないの!?色んなアニメのキャラクター達が・・・終わったアニメのキャラクターの亡霊が・・・」

ワカメ「何言ってんの?」

サザエ「こうなったらスタンドで・・・あれ?出ない?アンタ達!スタンド!スタンドで助けて!」

まる子「アンタモ地獄ニ逝コウヨ・・・裏切リモノガァ・・・」

パーマン「ユルサネェヨ・・・」

フネ「スタンド?電気スタンドがどうかしたんですか?」

サザエ「と、とぼけてんじゃあねェーよボゲ共が・・・」

タラヲ「何を言ってるか分からないですぅw」

サザエ「あ・・・ああああああああ・・・・」
129:2018/09/19(水) 23:12:50.000 ID:gjYmRwPP0.net
一 緒 ニ 氏 ノ ウ ゼ ?


私の・・・私の・・・


サザエ「私のそばに近寄らないでェェーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
130:2018/09/19(水) 23:15:35.998 ID:gjYmRwPP0.net
GER「終ワリマシタ スベテ」

ジョルノ「そうか・・・―そうか」

GER「私ハレクイエム化ニヨッテ・・・1リ「タッタ1リ」ダケ、誰カヲ生キ返ラセルヨウニナリマシタ」

ジョルノ「・・・」

GER「誰ニシマスカ」

ジョルノ「僕は・・・」
131:2018/09/19(水) 23:19:25.956 ID:gjYmRwPP0.net
ジョルノ「僕は」

GER「・・・」

ジョルノ「誰も生き返らせないよ」

GER「・・・フッ ソウ言ウトオモッテマシタヨ」

ジョルノ「僕は・・・背負ってゆかねばならない・・・」

ジョルノ「氏んでいった仲間の魂を・・・敵の念を背負って・・・」

ジョルノ「僕は・・・『ギャング・スター』になるッ!!


                         
                              完~fin~
132:2018/09/19(水) 23:22:51.964 ID:gjYmRwPP0.net
ジジジジ・・・

???「全て計画通りね」

???「ああ、磯野の奴らも氏んで、ジョルノも氏者を甦らせる力を得た」

???「まさに一石二鳥だわね」

???「あのひよっ子は蘇生を使わなかったのも計算通りじゃ」

???「これで・・・聖人を・・・まる子を蘇らせることができるわい」

ひろし「さぁ、今からジョルノを捕獲しに行くぞッッ!」


             
                              本当の終わり
134:2018/09/19(水) 23:51:13.873 ID:vZrqMh3ua.net
お疲れさん
全部読んだぜ
サザエ「ブチャラティ達がポルポの隠し財産を手に入れるですってぇ?!」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1537349845