1: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:59:54.52 ID:yCtr+kgB0

中島「なんだぁ、磯野。知らないのかい?」

カツオ「うん。なんだい、その、地獄・・・」

中島「地獄少女!なんでも、怨んでるやつを地獄に
   おくることができるんだって!」

カツオ「へ~、どうやるの?それ。」

中島「もしかして磯野!怨んでるやついるのか!?」

カツオ「そ、そんなわけないだろ!中島!」


・・・図星だった。

3: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:06:50.59 ID:SFqFy0xTO
期待

5: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:14:45.95 ID:yCtr+kgB0

 カツオは悩んでいた。

 どうやって地獄に送るのか、

 なぜ少女なのか、

 そもそも何をすればいいのか。

 あまりにも情報が少ない。

カツオ「そうだ、甚六さん!あの人ならなんか詳しそうだ!」

 カツオは甚六のもとへ急いだ。

6: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:30:27.72 ID:yCtr+kgB0

カツオ「甚六さん!」

甚六「なんだい、カツオ君?そんなにいそいで。」

カツオ「じ・・・地獄少女って知ってますか?」

甚六「あ~あれね。知ってるよ。で、どうして君が?」

カツオ「それは・・・。」




カツオ「中島が!そう!中島がどうしても地獄に送りたいやつが
    いるって!」

甚六「中島君が・・・かい?」

カツオ「そうなんだよ、甚六さん!だから僕たちは手当たり次第
    地獄少女を知ってそうな人にたずねてるんだ!」

甚六「なるほどね。じゃあ、教えてあげよう」

カツオ「やった!」




一目連「・・・・・・・・・」

7: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:48:20.09 ID:yCtr+kgB0

 カツオは自室で呆然としていた。

 地獄少女について色々教えもらったはいいが、

 肝心のパソコンがないこと。

 そして0時まで起きていること。

 この二つがカツオを苦しめた。

カツオ「チクショウ・・・せっかく!せっかく姉さんを・・・!」


8: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:59:17.54 ID:yCtr+kgB0

 ~朝日ヶ丘駅~

ノリスケ「あ!おじさ~ん」

波平「おぉ。ノリスケ。どうした?」

ノリスケ「いや~ちょうどいいところで会いましたね!
     実はこのふくびき券なんですけどね。」

波平「なになに。お一人:一回限り、一等はハワイ旅行!?」

ノリスケ「僕は外れてしまいましてね。おじさんに頼もうと。」

波平「なるほど。で、もし一等が出たら?」

ノリスケ「その時はその時です!ささ、行きましょう!」


ノリスケ「すみませーん。」

輪入道「あいよ」

9: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:04:49.86 ID:yCtr+kgB0

輪入道「さぁ、一等はハワイ旅行。2等、3等も豪華商品だぁ」

波平「よし、いっちょやってみるか」

ノリスケ「頼みますよ、おじさん!」

波平「そーい!」

 カラン、カラン・・・

 ポトッ・・・

輪入道「おお、赤玉かあ。赤は・・・3等のノートパソコンだ」

ノリスケ「やりましたね!おじさん!」

波平「ほう、出るものだな。よし、これをお土産に持っていくとするか。」

10: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:12:07.32 ID:yCtr+kgB0

波平「ただいまー」

ワカメ、タラヲ「おかえりなさーい、ですー」

波平「ありゃ、カツオはいないのか?」

ワカメ「お兄ちゃんは部屋にこもってる」

タラヲ「いじけてるですー」

波平「なんと。せっかくカツオにお土産のパソコンを持ってきたのに・・・」

カツオ「パソコン!!!???」

一同「・・・?」

カツオ「・・・っは!いや、父さん、それ、僕に?」

波平「あぁ。お前もそろそろ機械に強くならんと世界に通用せんからな」

 奇跡だ・・・奇跡なんだ・・・

11: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:20:05.73 ID:yCtr+kgB0

 23時50分

カツオ「よし、なんとかつなげたぞ・・・」

カツオ「あと10分・・・」

ワカメ「お兄ちゃん・・・まだ起きてるの?」

カツオ「ワ…ワカメ!!」

ワカメ「早く寝てよぉ。寝坊しても知らないよぉ」

カツオ「い、いいからワカメは寝てろよ!あと少しで寝るから!」

ワカメ「なによぉ、怒鳴らなくてもいいでしょ!」

カツオ「うるさい!うるさい!」


サザエ「うるさいわよ!何時だと思ってるのよ!」

ワカメ「うわーん、お姉ちゃん!」

サザエ「カツオ!またあんたね!!パソコンなんかして!
    いい加減寝なさい!」

 ブチッ!

 サザエはパソコンのコードを抜いた

カツオ「!!」

12: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:24:34.63 ID:yCtr+kgB0

サザエ「早く二人とも寝なさい!」

カツオ「・・・」

 0:00

カツオ「クソッ・・・!」

 

中島「おい磯野!どうしたんだよ、そのくま!」

カツオ「あぁ、中島か…。昨日全然眠れなくてね…。」

花沢「いーそーのーくーん!!」

カツオ「は、花沢さん・・・」

花沢「元気ないねー!私が元気出させてあげようかー!?」

カツオ「いや、いいよ・・・(気持ちわりぃ)」

13: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:29:34.26 ID:yCtr+kgB0

花沢「じゃーねー磯野君!教室でね!」

カツオ「はぁ」

カオリ「ふふふ、磯野君も大変ね。」

カツオ「カオリちゃん!」

カオリ「花沢さんはいいなー。あんなに積極的にはなせて」

カツオ「えっ?!それって・・・」

カオリ「・・・今日放課後、体育館裏に来て・・・」

 ダダダダダ

カツオ「・・・」

中島「・・・・・・」

17: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 16:58:15.61 ID:T9GnztG/0

 この日をどのくらい待ったことか。

 ついに僕はカオリちゃんと付き合うことになった!

カツオ「僕でいいの?カオリちゃん」

カオリ「もう!なんでそんなこと聞くの!?」

カオリ「じゃなかったら告白しないわよ!」

 これが人生のピークだろうか。

 いままでたまっていた恨みはどこかへ消えてしまった。

20: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:11:43.51 ID:T9GnztG/0

カツオ「ただいまー!」

 満面の笑みで帰宅。

 久しぶりだ。

カツオ「姉さん!おやつは?」

サザエ「それよりカツオ、手は洗ったの?宿題は?」

カツオ「手は洗ったし、宿題はないよ!それよりもおやつ!」

サザエ「もうすぐ夕飯よ!我慢しなさい!」

カツオ「・・・」

 カツオは怒らない。

 人生初の彼女ができたから。

 もはやサザエの言葉にむかつくことはなかった。


21: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:19:49.24 ID:T9GnztG/0

 次の日

カオリ「磯野君、ちょっといい?」

カツオ「なんだい、カオリちゃん。」

カオリ「昨日のことなんだけど・・・」




カオリ「あれは嘘よ」

カツオ「へ・・・?」


22: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:23:18.51 ID:T9GnztG/0

カオリ「やだぁ~。磯野君、本気にしてたの?」

カツオ「え、いや、だって・・・」

カオリ「そんなはずないでしょ~」

 何が何だかわからない。
 
 こいつは何を言っている。

 あぁ憎い。こいつが憎い。憎い。

先生「よーし、みんな席につけー。
   えーと、花沢は休みか・・・」


閻魔あい「・・・」

23: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:30:00.29 ID:T9GnztG/0

 学校が終わり、みんな家へ帰る。

 カツオをまた家へ急ぐ。

カツオ「ただいま」

サザエ「あら、カツオ。今日は早いのね。」

カツオ「うん・・・おやつある?」

サザエ「あるわよー。今日はおはぎよ。」

 姉さんと話すのってこんなに楽しかったっけ。

カツオ「いただきまーす」

 ガブ!ガリッ!

カツオ「いた!」

24: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:33:53.44 ID:T9GnztG/0

カツオ「・・・はり?」

サザエ「あらやだ、ほんとに食べたの?バカね」

カツオ「?!、?!」

サザエ「それは偽物よ。あぁ面白かった。」

 これが昨日のことならカツオは怒らなかっただろう。

 カツオはこれを境に決心する。 

 今日、地獄通信にアクセスする。

25: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:38:22.34 ID:T9GnztG/0

「「ただいまー」」

 波平、マスオが帰宅する。

マスオ「カツオくーん、ちょっと・・・」

カツオ「?」


マスオ「カツオ君、頼みがあるんだ。」

カツオ「何、マスオさん」

マスオ「サザエのことなんだけどね。」

カツオ「・・・うん。」





マスオ「地獄に流そうかと思ってるんだ。」

26: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 17:46:08.64 ID:T9GnztG/0

カツオ「え?」

 カツオは動揺した。

マスオ「知ってるよー、カツオくん。地獄通信を開こうとしていたのを」

カツオ「な、なん「どうしてかって?」

マスオ「サザエに聞いてさ、君が夜中、パソコンをいじっていたのを」

マスオ「ピーンと来たね。0時、パソコン、最近のサザエの行動でね」

カツオ「なんで地獄通信のことを?」

マスオ「そりゃぁ、今会社はそのことでもちきりだからね!」

マスオ「なんでも、部長も地獄に流されたとか」

27: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 18:39:12.14 ID:T9GnztG/0

カツオ「なんで姉さんを・・・」

マスオ「カツオ君も知っているだろ?最近のサザエを・・・」

 マスオはすべて話した。

 サザエがカツオだけでなく、タラオにも虐待をしていることを。

 そしてマスオにも被害が出始めていることも。

マスオ「カツオ君なら怪しまれず、地獄通信につなげれるはずだ!
    頼む!」

カツオ「奇遇だね、マスオさん。僕も今日、アクセスしようと思ってたんだ」

マスオ「えぇー!?」

31: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 20:40:47.66 ID:T9GnztG/0

マスオ「ほ、本当かい?カツオ君?」

カツオ「うん。だから今日、僕は姉さんの名前を書くよ!」

マスオ「良かったー。カツオ君ありがとう!」

 この時、マスオさんは嬉しさからとはちがう笑いを僕に見せた。

 しかし、この不敵な笑みの理由を見つけることは出来なかった。

カツオ「じゃあ今夜、アクセスしてみるよ」

32: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 20:45:16.15 ID:T9GnztG/0

カツオ「もうすぐ0時だな・・・」

 ワカメはぐっすり寝ていた。

 サザエも、マスオと色々育んでいるのだろう。

 この部屋に来る気配はなかった。

カツオ「よし、アクセスだ」

 カチッ

カツオ「フ、グ、田、サ、ザ、エ、と。」

カツオ「送信!」




カツオ「・・・なんも起きないぞ?」

閻魔あい「よんだ?」


34: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:06:36.46 ID:T9GnztG/0

カツオ「!!」

閻魔あい「私は閻魔あい。」

カツオ「地獄・・・少女・・・」

閻魔あい「骨女。」

骨女「はい、お嬢」

閻魔あい「受け取りなさい。」

    「あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を解けばいい。」
    
    「糸を解けば、私と正式に契約をかわしたことになる。」

    「恨みの相手は、速やかに地獄に流されるわ。」

カツオ「よし、じゃあ・・・」


35: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:15:39.01 ID:T9GnztG/0

閻魔あい「ただし・・・」

カツオ「?」

閻魔あい「恨みを晴らしたら、あなた自身にも代償を支払ってもらう。」

カツオ「だ…代償?」

閻魔あい「人を呪わば穴二つ。」

    「あなたが死んだら、その魂は地獄に落ちる。」

閻魔あい「死んだ後の話だけどね」

カツオ「そ、そんなの聞いてないよ!」

閻魔あい「あとはあなたが決めること。」

カツオ「!?」

 気付いたらそこはいつもの部屋になっていた。   

39: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:39:13.30 ID:T9GnztG/0

 次の日

カツオ「マスオさん、ちょっと・・・」

マスオ「なんだい、カツオくん。」

カツオ「実は・・・」

 カツオは昨日のことをマスオに話した。

 その話を聞いているマスオさんは、どこか嬉しそうだった。

マスオ「そうかぁ、流したら、自分も地獄に・・・」

   「うーん、よわったなぁ」

カツオ「僕はちょっと…マスオさんは?」

マスオ「カツオ君、僕はもう、契約を交わすことはできないんだ…。」

カツオ「それはどういう・・・!?」

 カツオは、マスオのクビもとにある傷、いや、マークを見た。

カツオ「これは…?」

マスオ「実は、僕、もう契約を交わして相手を地獄に流しちゃったんだ。」

   「契約は一回しか交わせないって言うし…。」
  
   「だからカツオ君に頼んだんだ。」

42: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:44:27.11 ID:T9GnztG/0

カツオ「そ、そうなんだ・・・。」

マスオ(まぁ僕が契約を交わしたってのは嘘なんだけどね)

サザエ「あなたー、カツオー。朝ご飯よー!」

カツオ、マスオ「は、はーい」


サザエ「あなたたち昨日からこそこそと気持ち悪いわよ」

カツオ「なんでもないよ…。あれ、僕の味噌汁に・・・」

   「!?」

サザエ「どうしたの?カツオ?」

43: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:47:32.14 ID:T9GnztG/0

カツオ(ゴ・・・ゴキブリ!?)

カツオ「ゲェェェ!」

サザエ「あら!汚いじゃ…!」
   「キャー!ゴキブリ!」

一同「ギャー、ワー、ヒエー!」



マスオ(ふふふ・・・)

44: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:51:15.78 ID:T9GnztG/0

 登校

カツオ(姉さんめ・・・!許さない・・・!)
   (絶対姉さんが・・・!)

中島「おーい、磯野!どうしたんだよ。そんな顔して」

カツオ「あ…中島。おはよう。」

中島「もしかしてカオリちゃんのこと?」

 そう、あのカツオとカオリちゃんの関係は一日で広まった。

 そして、そのことでカツオはいまだに女子からからかわれていること。

中島「俺、許せないんだ…!カオリちゃんのこと!」
  「磯野のことをもてあそんで!」

カツオ「…中島。」

46: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:54:04.73 ID:T9GnztG/0

中島「磯野…。これ…」

 中島はそういうと、鞄から、あるモノをとりだした。

カツオ「そ…それは!!」

 中島の手には、藁人形が握られていた。

中島「俺…昨日アクセスしたんだ…」

カツオ「中島もか!?」

中島「えぇ!?磯野もかい!?」

47: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 21:58:05.71 ID:T9GnztG/0

中島「けど、誰を?」

カツオ「それは…姉さん」 ボソ

中島「そいつは意外だな~。あんなに仲よさそうなのに…」

カツオ「色々あるんだよ。色々…」

カツオ「! じゃあ中島、流した方も地獄に・・・」

中島「知ってるよ…。」

 ・・・・・・・・・・・・・・

48: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:00:35.69 ID:T9GnztG/0

中島「磯野!今日、磯野の家で流さないか!?」

カツオ「でも・・・」

中島「やるしかないよ!二人なら怖くない!」

カツオ「…中島」

 カツオはさっきより希望に満ちた声で答えた。

50: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:06:39.30 ID:T9GnztG/0

中島「じゃああとでな!」

カツオ「わかった!」



 これほどまで学校が早く終わってほしいと思ったことはなかった。



マスオ(よしよし、この調子だ。)

 マスオは笑う。ただただ笑う。


マスオ(あのゴキブリが効いたかな…)
   (これであのDQNヘアーの恐妻家から逃れられる。)

 満面の笑みだった。

52: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:12:12.67 ID:T9GnztG/0

 磯野家

中島「家の人は?」

カツオ「みんな出かけてる。ただ…」

マスオ「こんにちは。中島君」

中島「アレ、え、なんで!?」

マスオ「いやーカツオ君と約束してて。」

カツオ「ほんとはマスオさんとやるはずだったんだ。」
   「中島、ほんとにありがとう!」

中島「よせやい!照れるよぉ、磯野!」

マスオ「よし。じゃあ僕は部屋の前で見張りをしているよー」

カツオ「頼むよ、マスオさん。」

53: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:15:06.29 ID:T9GnztG/0

中島「よし、磯野。行くぞ!」

カツオ「うん…。」

 中島とカツオは藁人形を手に取り、糸をつかんだ。

中島「3で解くぞ!1、2の…」

カツオ、中島「3!」


 

  恨み…聞き届けたり…


54: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:17:53.89 ID:T9GnztG/0
サザエver

サザエ「ふんふんふーん。帰ったわよー!」
   「タラちゃーん!いないのー!」


 ・・・・・・・

サザエ「いないのか。じゃあ、カツオにしましょう。」
   「カツオー!カツオー!」


  ガラガラ
サザエ「カツオー!いるんでしょ!?」

56: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:21:17.09 ID:T9GnztG/0

サザエ「いるじゃなーい、カツオ!返事くらいしなさい!」

サザエ「・・・カツオ?」

輪入道「なんだい、姉ちゃん。」

サザエ「キャーーーー!だ、誰よあなた!」

輪入道「ひでぇな、実の弟だぜぇ。」

サザエ「だ…誰か!か、母さん…父さん…」

「ちわーす」

サザエ「!サブちゃんだわきっと!」

サザエ「助けてー!」

58: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:26:19.20 ID:T9GnztG/0

「どうしました?奥さん?」

サザエ「サ、サブちゃん…変なおじ…」

   「誰よあなた!?」

一目連「サブのピンチヒッターです。」

サザエ「と、とにかく。変なおじさんがカツオの服着てるのよ!」
   「警察呼んで!」


59: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:27:28.67 ID:T9GnztG/0

一目連「はいはい、けど奥さん。弟をいじめるのはもうやめた方がいいですよ?」

サザエ「な、何言ってるのよ!?いじめてるわけないでしょ!」

一目連「っかしいなー、たしかにいじめているところを見たのになー」

サザエ「?」
   「!」

サザエ「ギャーーーーーーーー!!!」

 天井には、大きな一つ目がこちらを見つめていた。

60: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:32:43.09 ID:T9GnztG/0

サザエ「だ…だれか…助けて…」

「どうしました?」

サザエ「あら!?婦警さん!?いつの間に!」

「近くで悲鳴が聞こえたので様子を見に。」

サザエ「助けて!お化けと変なおじさん…」
   「!?」

「?   どうしました?」

サザエ「っっっっっっっ!」

骨女「どうしました?」ニヤッ

61: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:35:27.88 ID:T9GnztG/0

サザエ「誰か…お願い…誰か…!!」
   「!あんた!助けなさいよ!はやく!」

閻魔あい「」

サザエ「何よ!?何か言ったらどう!?」

婦警「だってさ、お嬢」

62: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:39:22.09 ID:T9GnztG/0
婦警×→骨女 に脳内変換おねがいします。

閻魔あい「闇に惑いし哀れな影よ
      人を傷つけおとしめて
    罪におぼれし業の魂!」

サザエ「ひぃ!ひぃぃぃぃぃぃ!!」




閻魔あい「イッペン、死ンデミル?」





63: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:50:19.41 ID:T9GnztG/0
カオリver

カオリ「でさー、あの時の磯野君の顔!www」

早川「ウケルーwwww」

カオリ「今度あなたもやってみなさいよ~」

早川「メガネに?面白いかもねwww」

カオリ「あーおかしいーwww」

骨女「こらー早く帰りなさい!」

カオリ「はーいwww帰ろう早か…
     わ…さん…?」

 そこには早川さんはいなかった。

64: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 22:55:56.99 ID:T9GnztG/0

カオリ「あれ、いつの間に」

輪入道「どうしたんだい?曽根先生?」

一目連「何かあったんですか?」

骨女「実はね。この生徒がまだ帰ろうとしないんです。」

輪入道「そいつはいけないなぁ。罰が必要だぁ」

カオリ「え?え?」

一目連「よし、じゃあお仕置きしますか。」

骨女「そうね。そうしましょう。」

66: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:07:14.21 ID:zk5N7Uzs0
これはいい

67: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:13:56.77 ID:T9GnztG/0

輪入道「よーし、まずは百叩きだな。」

カオリ「い…いやよ!変態!」

骨女「そうよ。時代は変わってきているのよ。」

一目連「じゃあどうするんだい?」

骨女「そうねぇ。まずこの教室を掃除してもらいましょう。」

カオリ「ほっ・・・」

骨女「さぁやりなさい。」

カオリ「よし…あれ?」

 気付いたら教室は地平線が見えるほど広がっていた。

68: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:18:39.45 ID:T9GnztG/0

カオリ「こ、こんなの出来るはずないじゃない!」

一目連「わがまま言っちゃって。罰なんだ・か・ら!」

 一目連はカオリを蹴飛ばした。

カオリ「キャッ!何するのよ!」
   「!?」

輪入道「おいおい、百叩きはダメで、蹴るのはいいのかぃ?」

一目連「さぁね、でも蹴ったのは生徒じゃなくて、雑巾だぜ?」

骨女「しょうがない。私がこ・の雑巾で掃除するか。」

カオリ「なんのよこれー!!いやー!助けて!!」

69: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:23:30.49 ID:T9GnztG/0

カオリ「なんで雑巾になってるのよ!?誰かー!」

輪入道「やれやれぇ。冗談だよ。」

一目連「そうそう、冗談、冗談!」

骨女「まさかぁ、本気にしてないわよね?」

カオリ「なにいって・・・、あれ?!」

 カオリは元の姿に戻っていた。

カオリ「冗談ではすまないわ!許さない!」

骨女「あらやだ!この子、自分のしたことを棚に上げて!」

一目連「これよりひどいことしていて良く言うね」

輪入道「まったくだ。」

カオリ「何!?磯野君のこと!?いいじゃない!磯野君にもいい思いしたんだから!」
   
   「こんなの面白くもなんともないわ!」

一目連「だってさ、お嬢。」

70: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:26:46.87 ID:T9GnztG/0

閻魔あい「闇に惑いし哀れな影よ
        人を傷つけおとしめて
            罪におぼれし業の魂!」



閻魔あい「イッペン、死ンデミル?」




カオリ「えっ?」

72: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:38:37.48 ID:T9GnztG/0

カオリ「ここは?ねぇ、あなた!ここどこ?!」

閻魔あい「」

カオリ「ねぇってば!ねぇ!おねがい…ねぇ…!教えてよ…!」

閻魔あい「この恨み、地獄へ流します。」


 チリーン

73: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:41:55.66 ID:T9GnztG/0

カツオ「…終わったね。」

中島「…うん。」

 ・・・・・・・・・

カツオ「僕、飲み物もってくるよ…。」

中島「…うん。」




中島「っ!磯野!…あれ?」

 ガラ

マスオ「おーい、二人とも。流したかい?」
   
   

   

    「・・・あれ?カツオ君は?」


74: 名も無き被検体774号+ 2011/03/13(日) 23:46:51.01 ID:T9GnztG/0

カツオ「あれ?ここは?」

閻魔あい「」

カツオ「! 地獄少女!なんで!?」

閻魔あい「あなたは地獄へ流されるわ。」

カツオ「どうして!?地獄は死んだあとでしょ!?」

閻魔あい「あなたを流した人がいたの。」

カツオ「な…なんで…どうして僕が…」


閻魔あい「この恨み、地獄へ流します。」


 チリーン

78: 名も無き被検体774号+ 2011/03/14(月) 00:04:31.25 ID:T9GnztG/0

花沢「カツオ君がカオリちゃんと…許さない、許さない…。」

  「ふふふ・・・・いい気味だわ。磯野君。」

  「ふふふ・・・」


骨女「怖いねぇ、女の嫉妬は。」

一目連「しかも勘違いだろ、あの子の。」

輪入道「ショックで休まなければなぁ。こんなことにならなかっただろう。」

閻魔あい「・・・」



     「アナタノ恨み、ハラシマス。」



80: 名も無き被検体774号+ 2011/03/14(月) 00:10:04.17 ID:7bT22YKG0
どうも1です。終わりです。

gdgdですいません。初めてスレ立てて、しかもそれがSS。

緊張しまくりでした。

ちゃんと筋道立ててから書くべきでした。

これで地獄少女が好きっていうのが伝われば幸いです。

地震で大変ですけど、頑張りましょう。

81: 名も無き被検体774号+ 2011/03/14(月) 00:11:10.29 ID:NKNwrAsm0
>>80
感動した

84: 名も無き被検体774号+ 2011/03/14(月) 00:27:03.31 ID:qH7pfANh0
マスオが一番悪いやつだな

引用元: カツオ「地獄少女?」