1:2018/12/30(日) 01:31:06.813 ID:vaDohOCP0.net
―レストラン―

男(ふぅー、食った食った)

男(あとはコーヒーをチビチビ飲みながら、ちょいと時間潰すか……)

女店員「お済みのお皿、お下げいたします」

男「……」

男「あのさ……」

女店員「?」

男「そりゃ帰れってことか?」
6:2018/12/30(日) 01:32:44.421 ID:tUt49T3+a.net
子供がまだ食べとるでしょうが!
9:2018/12/30(日) 01:34:32.423 ID:vaDohOCP0.net
男「皿を下げて、居づらくして、さっさと帰るよう促してるわけ?」

男「早く片付けたい事情も分かるけどさ、露骨にやられると気分悪いよね」

女店員「そうではありません、お客様」

男「なに?」

女店員「皿を下げるという行為は、もっとお客様にゆっくりして欲しいというメッセージなのです」

男「ど、どういうことだよ」
11:2018/12/30(日) 01:35:47.941 ID:dwi7cng+r.net
食い終わった瞬間見計らったように片付けられた時は
さすがに「えっ…」ってなった
14:2018/12/30(日) 01:36:50.469 ID:vaDohOCP0.net
女店員「食事が終わってゆっくりしたいという時に、テーブルがゴチャッとしていては」

女店員「うかつに肘をつくこともできませんし、ゆっくりしにくいでしょう?」

女店員「だから片付けていたのですが……誤解を招いてしまったのなら申し訳ありません」

男「あ、いや……こちらこそ。すいませんでした」

男「じゃあ、存分にゆっくりさせてもらいます」

女店員「ごゆっくりどうぞ」
16:2018/12/30(日) 01:39:04.826 ID:vaDohOCP0.net
男(おっと、この店居心地いいから、つい二時間もいちゃったよ)

男(そろそろ帰るか……)

男「店員さん、お会計お願いします」

女店員「……」

男「店員さん?」

女店員「もっとゆっくりなさったらよろしいではありませんか」

男「いや、だけど……もうコーヒーも空だし……」
19:2018/12/30(日) 01:40:30.065 ID:vaDohOCP0.net
女店員「待って……行かないで……」





男「!」ドキッ…
20:2018/12/30(日) 01:40:39.238 ID:9peMxb1ja.net
追加注文しろって
22:2018/12/30(日) 01:43:24.180 ID:vaDohOCP0.net
女店員「このレストラン、実は私一人で経営しているのです」

男「え、そうだったんだ! 料理から接客まで全部やるなんて大変だな!」

女店員「ですから、一人では寂しいのです。もっとゆっくりして頂きたいのです」

女店員「だから……ね?」

男「……」ゴクリ

男「わ、分かったよ! もうちょっとゆっくりしていこうかなー!」

女店員「ありがとうございます!」
23:2018/12/30(日) 01:46:12.730 ID:vaDohOCP0.net
男「もうこんな時間か……」

男「結局、閉店まで居座っちゃったよ! すんませんね!」

男「じゃあ、そろそろ帰らせて……」

女店員「待って……」ガシッ

男「!」

女店員「レストランは閉店ですが、夜のレストランはここからですよ?」

男「……!」
24:2018/12/30(日) 01:48:19.103 ID:vaDohOCP0.net
男「分かったよ……据え膳食わぬはっていうしな……」

女店員「ご注文は?」

男「それを口でいうのは野暮だろう?」

女店員「それもそうですね……」

男「一晩中たっぷりオーダーしてやるぜ!」

女店員「ドリンクバーだけというのはナシですよ?」
25:2018/12/30(日) 01:49:33.453 ID:3P6Ansfdr.net
なんだこの会話w
26:2018/12/30(日) 01:51:27.981 ID:vaDohOCP0.net
チュンチュン… チュン… チュンチュン…

男「……」

女店員「……」

男「よかったよ」

女店員「私もです」

男「じゃあ、そろそろ帰――」

女店員「行かないで!」ガシッ
28:2018/12/30(日) 01:53:14.142 ID:vaDohOCP0.net
男「いや、さすがにもう帰らなきゃ……朝になっちゃったし……」

女店員「……」ギュッ

男「また、すぐここに来ると思うし……」

女店員「お願い……」

女店員「もっとゆっくりしていって……」

男「わ、分かった! 分かったよ!」
33:2018/12/30(日) 01:57:16.333 ID:vaDohOCP0.net
女店員「どうぞ、ランチとコーヒーです」

男「昨日に引き続きご馳走になっちゃって……」

男「だけど、そろそろマジで帰るよ。実はあまり持ち合わせがなくてさ」

男「このままじゃ無銭飲食になっちゃう」

女店員「かまいませんよ」

男「いや、タダ飯食らいはこっちとしても……」

女店員「でしたら、皿洗いでもして下さい。それなら良心も咎めないでしょう?」

男「じゃあ……そうさせてもらうよ」
34:2018/12/30(日) 01:59:07.937 ID:vaDohOCP0.net
男「……」ジャブジャブ…

男「……」ジャブジャブジャブ…

女店員「なかなかの手際です」

女店員「これならいくらでもご飯を食べて下さってかまいませんよ」

男「あ、ああ……」

ジャブジャブ… ジャブジャブ…
35:2018/12/30(日) 02:02:08.471 ID:vaDohOCP0.net
男「……ごちそうさま」

男(あー、結局……今日も閉店までいちゃったよ……)

男「今度こそ本当に帰らせて――」

女店員「待って……!」ガシッ

男「あのね、俺にも自分の生活が……」

女店員「帰らないで……!」

男「わ、分かった……分かったよ……」
36:2018/12/30(日) 02:02:50.821 ID:LKy2aMlE0.net
いい話かと思ったら怖くなってきたぞ
37:2018/12/30(日) 02:03:19.508 ID:3P6Ansfdr.net
こわい
38:2018/12/30(日) 02:04:54.695 ID:vaDohOCP0.net
男(こうして俺はずるずるとレストランに残り続け――)


三日目……


四日目……


五日目……


男(気が付いたら、一週間も経過していた)
41:2018/12/30(日) 02:07:26.310 ID:vaDohOCP0.net
男(やばい、さすがにもう帰らないとやばい!)

女店員「すぅ……すぅ……」

男(ぐっすり寝てるな……)

男(よぉし、今のうちにとっとと出ていこう)

男(顔を合わすと、どうしても帰りづらくなっちゃうからな)コソコソ…

男(出口は……こっちだったっけ)コソコソ…
42:2018/12/30(日) 02:11:49.374 ID:vaDohOCP0.net
男(あと少し……)

ドカァッ!

男「!?」

ビィィィィン…

男「ほ、包丁……?」

女店員「帰らないで……」

男「ひっ!」

女店員「帰られたら私、あなたに何をするか……」

男「あわわ……」

女店員「ごゆっくり、どうぞ……」

男「わ、分かった! 分かりましたぁ!」
45:2018/12/30(日) 02:14:25.533 ID:vaDohOCP0.net
……

男「……」ジャブジャブ…

男(出口は一つじゃないんだ……)

男(たとえば、あのキッチンの小さな窓から出れば!)ガラッ

女店員「あら、窓なんか開けてどうしました?」ヌウッ

男「うわっ!?」

女店員「どうしました?」

男「あ、いや……換気をしようと思ってね……ハハ」

女店員「でしたら換気扇をつけて下さい」

男「そうするよ、ハハハ……」
49:2018/12/30(日) 02:17:19.052 ID:vaDohOCP0.net
……

男(窓がダメなら地面だ!)ザクッザクッ

男(床ひっぺがして、地中から外に――)ザクッザクッ

女店員「土なんか掘ってどうしました?」

男「うわあああああ! 土の中から出てきたぁぁぁぁぁ!」

女店員「ごゆっくりどうぞ」

男「う、うん」
48:2018/12/30(日) 02:17:04.591 ID:RjKNFQG70.net
荒木飛呂彦が描きそう
52:2018/12/30(日) 02:19:24.568 ID:Trgjtjpva.net
風呂どうしてんだ
54:2018/12/30(日) 02:20:44.820 ID:/2L/ebhA0.net
>>52
え?お前のレストラン風呂ねえの?
53:2018/12/30(日) 02:20:24.276 ID:vaDohOCP0.net
……

男(こうなったら警察だ!)

プルルルルル…

男「あ、もしもし警察ですか!」

男「あの、俺、あるレストランに軟禁されてるんです! 出ようとすると命の危険もあって……」

男「た、助けて下さい! お願いします!」

男「えぇっと、住所はですね……」
55:2018/12/30(日) 02:23:27.754 ID:vaDohOCP0.net
アハハハハハ…

警官A「いやぁ、ここの料理はおいしいですねえ!」

警官B「まったくだ! こんなおいしい料理を作る人が軟禁なんてするはずがない!」

女店員「この人がお騒がせしまして……」

男「ハ、ハハハ……」

警官A「ごちそうさまでしたー」

警官B「おいしかったです!」

女店員「またいらして下さい」

男「ハハハ……ハハハハハ……」
56:2018/12/30(日) 02:24:26.805 ID:BzJDyLx+r.net
ハハハ
57:2018/12/30(日) 02:25:17.794 ID:vaDohOCP0.net
女店員「今日も皿洗い、お願いね」

男「……ああ」

男「……」ジャブジャブ…

ジャブジャブ… ジャブジャブ…

男(俺はもう……諦めた……)
62:2018/12/30(日) 02:28:27.586 ID:vaDohOCP0.net
男(やがて、俺も結婚し、子供ができた)


子供「じゃあ、学校に行ってきまーす!」タタタッ

女店員「行ってらっしゃい」

男「俺が学校まで付き添っていこうか?」

女店員「いいのよ、あなたはここにいてくれれば」ガシッ

男「だよね」
64:2018/12/30(日) 02:31:25.239 ID:vaDohOCP0.net
男(彼女と俺の両親の関係も良好だ)


父「うちの息子をもらってくれてありがとう」

母「この子ったら、あなたにご迷惑をかけてるんじゃない?」

女店員「いいえ、いつも皿洗いを手伝ってくれてるんですよ。ねえ?」

男「ああ、なんだったら俺の腕前見せようか?」



男(だけど、俺は未だにレストランから一歩も外に出られていない)
67:2018/12/30(日) 02:33:26.209 ID:vaDohOCP0.net
男(あなたも……もしレストランなんかで店員さんが皿を片づけ始めたら、とっとと帰った方がいい)

男(でないと……)

男(あなたも一生帰れなくなり、皿洗いするはめになるかもしれないから……)







― 終 ―
68:2018/12/30(日) 02:34:04.085 ID:0p21m7iI0.net
なに世にも奇妙な物語風に終わらしとんねん
69:2018/12/30(日) 02:34:05.407 ID:O4HbR7PN0.net
マジかよちょっと可愛い店員さんのいるレストラン行ってくる
70:2018/12/30(日) 02:35:31.317 ID:qT/6FEBt0.net
皿洗いだけで一生養ってもらえるなら喜んでするわ
78:2018/12/30(日) 02:55:45.697 ID:cBjevaIo0.net
女店員「お済みのお皿、お下げいたします」男「帰れってことか?」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1546101066