1:2018/12/29(土) 19:45:05.076 ID:E02JyDot0NIKU.net
今この世界では、モンスターを調教し一対一で戦わせる競技が大流行していた。

その名も――『モンスターバトル』!



少年「いっけーっ、ボクのスライム!」

スライム「ピィ……」

少年「おい、早く行けよ」

スライム(いつもいつも戦わせやがって……!)
2:2018/12/29(土) 19:49:09.863 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「スライム、体当たりだ!」

スライム「ピィッ!」ドカッ

デカマキリ「キシャッ!」ヨロッ…

相手「デカマキリ、鎌で攻撃しろ!」

デカマキリ「シャアッ!」シュバッ

少年「よけろ!」

ズバッ!

スライム「ピッ……」

少年「なにやってんだ、マヌケー! よけろっていっただろー!」

スライム(うるせえなぁ……避けられるかあんなの!)
3:2018/12/29(土) 19:50:19.926 ID:TFsIjBDoaNIKU.net
スライムかわいい
4:2018/12/29(土) 19:52:22.574 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム「ピィーッ!」

デカマキリ「キシャアアアッ!」

ドカッ! ズバッ! ドカッ! ズバッ!

デカマキリ「キシャァ……」ドサッ

スライム「ピィー、ピィー、ピィー……」

少年「やったぁ、勝ったぞーっ! これで二回戦進出だ!」
7:2018/12/29(土) 19:55:20.037 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「二回戦も頼むぞ、スライム!」

スライム(相手はどんな奴だ……?)

ティラノ「……」ズゥゥゥン…

スライム(でかっ! こんなのと戦うのかよ!? ボクシングみてえに体重で階級分けろよ!)

ティラノ「ギャオオオオンッ!」

スライム(しかも声もでけえ! こええええ!)
9:2018/12/29(土) 19:58:20.388 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「いっけーっ!」

スライム「……」

少年「いっけぇぇぇっ!」

スライム(てめえが行けや! なんで俺があんな恐竜みたいな奴と……)

少年「いっけぇぇぇぇぇっ!」

スライム(はいはい、行けばいいんだろ!)プルンッ
10:2018/12/29(土) 20:01:07.741 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「体当たりだ!」

スライム「ピィーッ!」

ドカッ!

ティラノ「ギャウ……」

スライム(お、ちょっと効いた?)

ティラノ「ギャオォォォォォン!」

スライム(いや、怒らせただけだわこれ!)
11:2018/12/29(土) 20:03:05.716 ID:E02JyDot0NIKU.net
ティラノ「ギャウッ!」ガブッ

スライム「ピィーッ!」

スライム(やっべえ、噛みつかれた! なんか指示くれ、指示! 牙からの抜け方とか!)

少年「耐えろ!」

スライム(それで耐えれたら苦労はしねえええええ!)
12:2018/12/29(土) 20:04:14.237 ID:EYFn2dfd0NIKU.net
軟体なんだから抜けられるだろ
13:2018/12/29(土) 20:05:01.560 ID:tNTr/O3IrNIKU.net
耐えろwww
14:2018/12/29(土) 20:06:22.058 ID:E02JyDot0NIKU.net
ティラノ「ギャオ! ギャオ!」ガブガブ…

スライム(俺の軟体でも抜けきれねえ……!)

少年「耐えろぉぉぉぉぉ!」

少年「気合だ! ガッツだ! 根性だ!」

スライム(とうとう根性論に走り始めたぞ、こいつ!)

少年「耐えろぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
15:2018/12/29(土) 20:07:06.336 ID:GifJhvT60NIKU.net
ちょっと粘度下げたら逃げれるぞ
16:2018/12/29(土) 20:07:58.166 ID:3Yf41+En0NIKU.net
最初から根性論だったろwww
18:2018/12/29(土) 20:09:19.966 ID:E02JyDot0NIKU.net
審判「勝負あり!」

ティラノ「ギャオンッ」ペッ

スライム「ピッ」ドサッ…

スライム(うぐぐぐ……いてえ……)

少年「なにやってんだよ! 耐えろっていったんだから耐えろよ!」

スライム(耐えれるわけねえだろ、クソが……!)
19:2018/12/29(土) 20:13:08.342 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「あーあ、結局二回戦負けかぁ……」

スライム「……」

少年「あんなに頑張ったのになぁ……」

スライム(てめえはなんにも頑張ってねえだろ!)

少年「こんなんじゃ、メシ食わせてやらないぞ!」

スライム(てめえがもうちょいマシな指示してりゃ、勝てないまでもいい戦いはできたんだよボケ!)
20:2018/12/29(土) 20:16:20.799 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「今日の敗因は、やっぱり体当たりの力不足だったと思うんだ」

少年「だからさっそく特訓だ!」

少年「このサンドバッグに体当たりしまくるんだ!」

スライム「ピィッ! ピィッ!」ドカッドカッ

少年「あと千回!」

スライム(多すぎるわ! オーバーワークって概念ねえのかこいつ!)
22:2018/12/29(土) 20:18:07.911 ID:tNTr/O3IrNIKU.net
これはひどい
24:2018/12/29(土) 20:20:17.121 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム「ピィ、ピィ、ピィ……」

少年「まだ半分もいってないぞ! なにやってんだ!」

スライム(うるせえよ……)

スライム(てか、ついさっきKOされた奴にトレーニングさせるんじゃねえバカ!)

少年「このところお前、いうこと聞かなくなってきたなぁ……」

スライム(聞きたくなるような指示をしろや!)

少年「あーあ、次の大会こそせめて入賞しないと……」
27:2018/12/29(土) 20:23:25.558 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「今日は草マッチだ」

少年「実績にはならないけど、腕試しするいいチャンスだ!」

スライム「ピイッ!」

少年「対戦相手は……」

レッドスライム「グワァッ!」

スライム「!?」

スライム(こいつ、俺の上位種じゃん! 無理じゃん! 勝てっこねえええええ!)
28:2018/12/29(土) 20:26:12.397 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム「ピ、ピィ……」ボロッ…

少年「なにやってんだよー! あんな奴相手に情けない!」

スライム(うるせえよ……てめえももうちょい段階踏んだ対戦相手にしろよ……)

スライム(フツー、練習試合なら同じくらいの相手とやらせるもんだろ……)

少年「いきなりハイレベルな相手にぶつけるのは失敗だったか」

スライム(自覚ありかよ! タチ悪いなオイ!)
30:2018/12/29(土) 20:27:46.627 ID:yzx2P7WTKNIKU.net
この少年 最高にアホ
31:2018/12/29(土) 20:29:38.677 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム「ピィ……」

スライム(あーあ、あのガキ、昔はもっと俺に優しくしてくれてたのに)

スライム(『モンスターバトル』とやらをやるようになってからはすっかり鬼コーチだ)

スライム(いや、鬼コーチというよりはブラック企業のクソ上司だな)

スライム(このままじゃ、俺はずっと化け物どもと戦わされ続けることになる!)

スライム(そんな人生は断じてゴメンだ!)

スライム(こうなったらあのガキに反旗を翻して、自分の人生を取り戻すんだ!)

スライム(あのガキはどこにいる!?)プルプルッ
32:2018/12/29(土) 20:32:36.547 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム(お、いたいた――)



母「あんなスライム、もう処分しちゃいなさい!」

少年「ダメだよ、絶対ダメ!」

母「あんなのいくら鍛えたって強くなんかならないわよ!」

母「エサ代ばかりかかって……あれなら犬や猫を飼った方がまだマシよ!」
33:2018/12/29(土) 20:36:09.473 ID:E02JyDot0NIKU.net
母「それに、あんたもあんたよ!」

少年「!」

母「一流のモンスタートレーナーになるっていうけど、大会ではいつも二回戦か三回戦止まり」

母「こんなんじゃ、とてもプロになんてなれないわよ……」

母「プロになれないんなら、モンスターバトルなんてやってても意味ないわ!」

母「他の子は、勉強していい学校通ったり、スポーツで頑張ってるのに……」

少年「他の子は他の子じゃないか! ボクはまだ子供だし、絶対一流になるよ!」

母「無理よ、トップのプロトレーナーは子供の頃から大会で優勝を重ねてるものなのよ」

少年「だから……これから頑張るから……!」



スライム「……」
35:2018/12/29(土) 20:40:06.052 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「あ、スライム……ここにいたの」

スライム「ピィ……」

少年「君を処分なんか絶対させないからね!」

少年「ボクももっと戦い方を勉強して、頑張るから……」

スライム(あーあ、あんな光景見せられたら、こいつをボコるわけにもいかねえなぁ)

スライム(こいつがこんなになったのは、あの母親が原因だったか)

スライム(だったらあの母親に痛い目見せれば……)
36:2018/12/29(土) 20:43:20.738 ID:E02JyDot0NIKU.net
母「ねえ、あなた聞いてよ。あの子――」

父「子供のことはお前に任すっていってあるだろ」

母「だけど……」

父「それより、あんなヒステリックに怒鳴り散らすんじゃねえよ」

父「あんなのが妻なのかって、ご近所での俺の評判まで下がっちまうだろうが……え?」

母「でも……」

バシッ!

母「ご、ごめんなさい」

父「分かりゃいいんだ」



スライム(この父親もとんでもねえな。だったらこいつを……)
37:2018/12/29(土) 20:46:32.049 ID:E02JyDot0NIKU.net
プルルルル…

父「もしもし! あっ、専務ぅ~!」

父「いえいえ、とんでもない! 専務のお声を聞けて、小躍りしちゃいましたよぉ!」

父「え、また飲み会で逆立ち回転腹踊りをやれ? ……もちろん、やらせていただきますぅ~!」

父「専務のためなら、たとえ火の中水の中、がモットーですので!」

父「はいっ! はいっ! ……ありがとうございます、専務!」



スライム「……」
38:2018/12/29(土) 20:49:46.497 ID:E02JyDot0NIKU.net
スライム(ああ……なんとなく分かったような気がする)

スライム(俺はモンスターだけが戦い戦わされてると思ってたが――そうじゃなかった)

スライム(人間だって同じだ)

スライム(人間だって常に誰かと戦い、誰かに戦わされてるんだ)

スライム(それが試合場なのか、家なのか、学校なのか、会社なのかって違いだけだ)

スライム(あの専務だってきっと、家族とか社長とかに戦わされてるに違いない……)

スライム(社長だって……大統領だって……)

スライム(いやモンスターと人間だけじゃない。みんな、みんな……)
39:2018/12/29(土) 20:51:53.588 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「スライム!」

スライム「ピッ?」

少年「次の大会はもっといい成績残さなきゃまずいんだ……だから特訓しよう!」

スライム「ピィィッ!」

スライム(おーし、やったろうじゃねえか!)
40:2018/12/29(土) 20:55:26.830 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「サンドバッグに体当たりだ!」

スライム「ピイィッ!」

ドカッ! ドカッ! ドカッ!

少年「おおっ、すごい! サンドバッグがいつもより揺れてる……」

スライム「ピッ!」

少年「なんだかボク……やっと君と心が通じ合えたような気がするよ」

スライム(俺もだよ)
41:2018/12/29(土) 20:57:47.463 ID:oWE3LhTgrNIKU.net
シンクロ率上がったな
42:2018/12/29(土) 20:58:40.567 ID:E02JyDot0NIKU.net
……

少年「尻尾攻撃が来る! ジャンプだ!」

ティラノ「ギャウ!」ブオンッ

スライム「ピイッ!」ピョンッ

ティラノ「ギッ!?」

少年「体当たりでひるませてから……」

スライム「ピッ!」ドカッ

ティラノ「ギャウッ!」ヨロッ…
43:2018/12/29(土) 21:02:20.038 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「口の中に入って、喉を詰まらせてやれ!」

スライム「ピィーッ!」ニュルニュル

ティラノ「ギャッ! ……っ! ……っ!」モゴモゴ

ドザァッ…

ティラノ「……」ピクピク…

審判「勝負あり!」

実況『これは大波乱! 少年とスライムのコンビが、上位入賞の常連、ティラノを破りましたァ!』
44:2018/12/29(土) 21:05:13.954 ID:E02JyDot0NIKU.net
少年「やったね、スライム!」

スライム「ピイッ!」

スライム(俺はしょせんスライムだし、どこまでいけるか分かんねえけど……)

スライム(どんな生き方しようと、どうせ戦わされるってんなら、とことん戦ってやろうじゃねえか)

スライム(このガキと一緒にな!)






おわり
45:2018/12/29(土) 21:10:47.798 ID:oWE3LhTgrNIKU.net

こいつら未来のチャンピオンだわ
少年「いっけーっ、ボクのスライム!」スライム(いつもいつも戦わせやがって……!)
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1546080305