1:2018/08/11(土) 19:09:20.371 ID:neKky139M.net
男「そんなまさか……
この世界がちゃんとあるじゃないか」

女「っていう設定なんだよ!きっと!」

男「大体、俺が主人公ならとんだメタネタじゃないか
そんなSS書く物好きなんかいるのか?」

女「それなら試してみる?」

男「試すって?」

女「そりゃ勿論、主人公補正だよ
主人公なら死なないでしょ?」

男「いやいや嫌だよ!
主人公交代だってあるだろ!」

女「確かにあるけど、『主人公が自分をSS主人公だと思いこんで試してみたら死んだ』なんて展開あると思う?」

男「……まあ確かに……」
4:2018/08/11(土) 19:14:09.955 ID:neKky139M.net
男「って、ここがSSじゃなかったら普通に死んじゃうんだけど!?」

女「うーん、そっかー」

お婆さん「きゃー!私の愛犬ヒカルちゃんが車に轢かれる!!」

男「!!危ない!!」バッ



男「ふー、間に合った」

お婆さん「ああ、なんとお礼を申したらよいか」

男「いえ、お気になさらず」

女「ほら、やっぱりそうだよ!
主人公補正だよ!」

男「いやまあ確かに物語でよく見る展開だったけどさ……」
5:2018/08/11(土) 19:17:34.203 ID:neKky139M.net
男「大体俺がSS主人公だったら、好みの物語にしてるよ」

女「ふーん、例えば?」

男「そ、それは……」

ほわんほわん

幼なじみ「男くんは私と結婚するの!」

妹「私がするの!」

幼なじみ「残念でした!兄妹は結婚できませーん」

妹「じ、事実婚があるもん!」

ほわんほわん

女「ふーん、幼なじみと妹のハーレム物かー」

男「何で分かった!?」
6:2018/08/11(土) 19:19:44.875 ID:neKky139M.net
女「いや、だって今回想パートに入ってたじゃん」

男「回想パートって、お前何が見えてるんだ?」

女「世界の真理、かな?」

男「真理って……
お前とそこそこ長い付き合いだが、そんなこと言うやつじゃなかっただろ?」

女「その思い出も設定だったら?」
7:2018/08/11(土) 19:21:50.723 ID:neKky139M.net
男「は?何言ってんだよ」

女「言ったじゃん、SSだって」

男「ま、まだそんなこと言ってるのかよ!
いい加減にしろよ!!」

女「どうしたの?」

男「妄想も大概にしろ!
お前そんなやつじゃなかっただろ?」

女「そんなやつ、って言ってもスレタイより前の会話なんて存在しないんだよ?」
9:2018/08/11(土) 19:23:36.861 ID:neKky139M.net
男「あーもういい!
俺は帰る!」

女「そっかぁ、ここで場面がどっちに映るかなぁ」

男「」スタスタ



男「今日は気の狂いそうだった日だったな……
……寝よう」

ピンポーン
11:2018/08/11(土) 19:26:12.836 ID:neKky139M.net
男「はい」ドアガチャ

女「どうもー」

男「……帰れ」

女「……ねぇ、何であんなこと言ったと思う?」

男「それが分かったら苦労してない」

女「さっきの場面転換で分かったよ
やっぱり主人公は君だった」

男「……」

女「私はスレタイの瞬間に命が生まれたけど、その瞬間から何となく気づいてた
私は主人公じゃないって」
13:2018/08/11(土) 19:27:18.694 ID:L+XncQLd0.net
嫌いじゃないよ
14:2018/08/11(土) 19:29:51.122 ID:neKky139M.net
男「もう付き合いきれないな」

女「私は真理が見える、でも作者じゃない……」

男「だから何だよ!」

女「だから動かした、展開を
主人公には絶対ありえない方向に」

男「??」

女「1レス目で言ったでしょ?
主人公にはあり得ない展開の話」

男「1レス?」

女「そう、主人公にはあり得ない展開で、君を主人公から引きずり下ろす
そして、私が主人公になる」
15:2018/08/11(土) 19:32:44.735 ID:neKky139M.net
男「やれやれ……」

女「はい出た、主人公にありがちなセリフ」

男「……大体な、もしここが本当にSSなら、
もうこの展開をやっちゃった時点で二人共主人公になれないだろ?」

女「大丈夫!
このスレが落ちてからやり直せばいいんだよ!」

男「そしたらお前の努力も無駄にならないか?」

女「うんうん、そろそろ作者は感じてるはずだよ
真理にいつまでも気づかない君の動かしづらさに」
17:2018/08/11(土) 19:37:14.160 ID:neKky139M.net
男「って言われてもな
これを言わせてるのは作者だろ?」

女「ストーリーの流れというものがあるんだよ
だから作者は君を扱いづらいと思いつつも未だに下ろせない」

男「そうしたのはお前じゃないか!」

女「君も妄想したでしょ?
5レス目でハーレムものを
つまりそれは作者の考え
作者は女性ものを書きたがってる
そして男を扱いづらいと思った作者は書く
百合SSを!!」

男「……!!
体が消え……!!
お前も……!!」

女「そろそろ終わり、
次は私が主人公
読者の皆さん、しばしお待ちを……」
18:2018/08/11(土) 19:42:14.066 ID:neKky139M.net
俺「はい、というわけでいかがでしたでしょうか!」

女「それじゃ次は私が主人公のやつ頼むね!」

俺「分かったわかった」

男「え?なにここ?
あんた誰?」

俺「俺?このSSの作者だよ」

男「ほ、本当に……」

女「まだ気づいてなかったの?
ここは後書きの世界だよ」

俺「メタネタがやりたかったけど、ちょっと難しかったね」

男「……俺の役回り損すぎだろ」

俺「女が男から主人公を奪うストーリーだからね
許してちょ」

男「これはうざい」

俺「というわけで、次回の百合SSをお楽しみに~」

男「次のSS邪魔してやる~!」

終わり
19:2018/08/11(土) 19:42:43.356 ID:L+XncQLd0.net
たまにはこういうので良いんだよ
男「俺がSS主人公?」女「うん!」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1533982160