1: 2009/10/19(月) 22:17:56.86 ID:1g5tZQWd0
父スライム「ほら急げ、もうすぐ始まってしまうぞ!」

母スライム「子スライムちゃん、もう少しだから頑張って走ろうね」

子スライム「う、うん!」



子スラ「ひい……ひい……」

子スラ「……あ、ちょうちょ」

子スラ「きれいだなあ」



子スラ「……あれ」

子スラ「……お父さん?」

子スラ「……お母さん?」

3: 2009/10/19(月) 22:19:44.11 ID:1g5tZQWd0


魔物「……おや?」



子スラ「グス……グス……」トボトボ



魔物「ふむ……」


5: 2009/10/19(月) 22:20:26.46 ID:1g5tZQWd0


魔物「どうかしましたか」

子スラ「僕……お父さんが……」

魔物「……?」

子スラ「お母さんもいなくて……」

魔物「……もしかして迷子ですか?」

子スラ「……う、うわーん!」

魔物「おやおや、困りましたね……」


6: 2009/10/19(月) 22:21:09.79 ID:1g5tZQWd0


魔物「あなたの名前はなんと言いますか?」

子スラ「……子スライム」

魔物「いい名前ですね私は魔物、といいます」

魔物「さて、私はこちらのほうから歩いてきましたが誰にも会いませんでした。
   ですから、きっとこっちに行けばお母さんとお父さんに会えますよ。私もこちらに用事がありますからご一緒しましょう」

子スラ「……」

魔物「ね?」

子スラ「……」コクリ


8: 2009/10/19(月) 22:23:23.91 ID:1g5tZQWd0


子スラ「ヒッ……エグ……」グス

魔物「大丈夫ですよ、すぐに会えますから」テクテク

子スラ「う、うえ……っ」グス

魔物「弱りましたねえ……」


10: 2009/10/19(月) 22:24:10.29 ID:1g5tZQWd0


魔物「……そうだ」

子スラ「……?」

魔物「面白い話をしてあげましょう。これを迷子の思い出話にしてください」

子スラ「……」

魔物「いいですね?」

子スラ「……う、ん」


11: 2009/10/19(月) 22:25:10.86 ID:1g5tZQWd0


魔物「私はですね、魔王になりたかったんです」

子スラ「え……?」

魔物「父上にそういう風に育てられたんですよ。笑えるでしょう?」

子スラ「?」

魔物「ですから、小さい頃から私は筋力トレーニングばかりでした。それに禅修行も」

子スラ「……禅修業?」

魔物「ええ。穏やかにたゆたう川のように、決して淀まず暴れない、そんな心を獲得できるように」


12: 2009/10/19(月) 22:25:50.75 ID:1g5tZQWd0


子スラ「手に入ったんですか?」

魔物「…………さあ?」

子スラ「……」クス

魔物「……こんな書物を知っていますか?」

子スラ「……?」

魔物「作者不明ですが、大昔からある物語の中では必ず悪が挫かれ正義が勝つ、それは理不尽だ、悪が勝つ物語があってもいいじゃない
   か。要約するとそういう内容になります」

子スラ「……はあ」

魔物「その書物は約五百年くらいも前のものなんです。そんな時代から我々は悪側として一方的に虐げられてきたんです。ぞっとしませ
   んか?」

子スラ「?」

魔物「ちょっと難しかったですね。ごめんなさい」


13: 2009/10/19(月) 22:26:31.23 ID:1g5tZQWd0


父スラ「おおーい!」

母スラ「子スライムちゃーん!?」

魔物「おや、どうやらご両親がいらっしゃったようですよ」

子スラ「お父さーん! お母さーん!」

魔物「よかったですね」


14: 2009/10/19(月) 22:27:19.81 ID:1g5tZQWd0


父スラ「よかった、心配したんだぞ」

子スラ「ご、ごめんなさいお父さん……」

母スラ「あなたが息子をつれてきてくれたんですか? ありがとうございます」

魔物「いえいえ、お礼を言われるほどのことではありませんよ」

子スラ「ありがとうございます、魔物さん!」

父スラ「ありがとうございました。私からもお礼申し上げます」

魔物「どういたしまして」


16: 2009/10/19(月) 22:28:52.23 ID:1g5tZQWd0


父スラ「さあ子スライムも見つかったことだし急がねばならん。魔王様のご即位式に間に合わんぞ」

子スラ「うん!」

母スラ「あなたも魔王様のご即位式をご覧になりに行くんですか?」

魔物「あ。いえ、実は私……」


17: 2009/10/19(月) 22:29:49.43 ID:1g5tZQWd0


ガサガサ ガサガサ

「よし、囲んだぞ!」


魔物「!!」

子スラ「な、何!?」


冒険者1「ひい、ふうの……四匹か。一匹は人型だな」


18: 2009/10/19(月) 22:31:46.83 ID:1g5tZQWd0


魔物「……あなた方は?」

冒険者2「我々はここ一帯で魔物狩りを行っている」

冒険者3「悪いが狩られてもらうぞ」シュッ

父スラ「ひっ……」


    ギイン――――ッ


魔物「……」ガシ

冒険者4「……!」


19: 2009/10/19(月) 22:32:38.48 ID:1g5tZQWd0


魔物「……見逃しては、もらえませんか?」

冒険者1「申し訳ないがそれは無理だ。我々も仕事でここにいる」

冒険者2「人型の魔物は高く売れる」

魔物「では、スライムさん一家は見逃してもらえるんですね」

冒険者2「それも無理だ。スライムの体液は薬の原料として、こちらもそれなりの値で取引されている」

魔物「……隠れていてください」

母スラ「わ、わかりました」


20: 2009/10/19(月) 22:33:32.30 ID:1g5tZQWd0


父スラ「――ここまでくれば大丈夫だ、お前達はここにいなさい」

母スラ「あなた、どうする気?」

父スラ「……私も彼に加勢する。彼一人で四人の相手は無理だ」

子スラ「……僕は大丈夫だと思う」

母スラ「え?」

子スラ「もし魔物さんの言葉が本当なら……」



冒険者3「がはっ!!」



子スラ「あの人が魔王だ」


21: 2009/10/19(月) 22:34:21.28 ID:1g5tZQWd0


冒険者1「……4。3を安全なところに運んで来い」

冒険者2「こいつ……」

冒険者1「2、本気で行くぞ」


魔物「ふぅ――――……」


魔物「……っ!」クワッ


冒険者1(……手強いな)


23: 2009/10/19(月) 22:35:33.79 ID:1g5tZQWd0


冒険者1「シッ……!」

魔物「……ふっ」キイン

冒険者1(いやな弾き返し方だ……刃が軋む)

冒険者2「後ろががら空きだ」ビッ


  ブン――


冒険者2(外した!?)

冒険者2「がッふ――」ドッ


冒険者1(屈んでからの蹴り、か。身のこなしに異常にキレがある)

冒険者1「お前はただの魔物ではないな」

魔物「……」


24: 2009/10/19(月) 22:37:12.12 ID:1g5tZQWd0


冒険者1「まあいい、死線は幾らでもくぐろう」

魔物「無用な乱暴は働きたくありません。退いては、もらえませんか?」

冒険者1「先刻から言ってのとおり、無理だ。それに――」



冒険者1「我々にもプライドぐらいある」


26: 2009/10/19(月) 22:38:19.30 ID:1g5tZQWd0


キインッ ガッ カキ キイン――

魔物(この方は、違う。強……いや、巧い)

冒険者1(こちらが圧しているように見える。……がその実、こちらの攻撃が全ていなされ一発も入らない……)

冒険者1「どうした魔物。そちらからは来ないのか」シュッ

魔物「……」ギイン

冒険者1(おかしい……)

魔物(もう少し……)

魔物「暗き……底の……流れよ……」ブツブツ


27: 2009/10/19(月) 22:39:10.56 ID:1g5tZQWd0


冒険者1(まさか……)

魔物「混ざり……濁りて……」

冒険者1「お前――っ」



魔物「飲みこめ」



    ドッ!!



冒険者1(ぬかった! 呪文か!)

冒険者1「ぐぅ……」バタ


30: 2009/10/19(月) 22:40:10.05 ID:1g5tZQWd0


魔物「……終わり、ましたね」


子スラ「魔物さーん!」

魔物「……!」スッ

子スラ「!?」ビクッ

子スラ「な、なんですか?」



冒険者4「投降しろ、魔物」スチャ

子スラ「ひっ……」


32: 2009/10/19(月) 22:41:51.68 ID:1g5tZQWd0


魔物「その子を、殺さないで下さい」

冒険者4「……」

魔物「……」

冒険者4「……」スチャ

魔物「……っ」スッ

冒険者4「……それでいい」


    ――ガッ


33: 2009/10/19(月) 22:42:18.04 ID:mxnRrtunO
子スライムかわいい

34: 2009/10/19(月) 22:42:56.86 ID:1g5tZQWd0


      ※


<恐怖の魔王が出来るまで>

魔物「私は普通の魔物の両親の間に生まれました。取り立てて特別なところのない……」



乳児魔物「だー」

魔物父「よーしいい子だ」

魔物母「うふふ……」


35: 2009/10/19(月) 22:43:45.45 ID:1g5tZQWd0


魔物「小さな頃から筋力トレーニングの嵐でしたね」



幼魔物「1、2、3、4……」

幼魔物「ふん……ふん……」

幼魔物「セイッ……セイッ」



魔物「何のためにこんなことをやっているのかわかりませんでした」


36: 2009/10/19(月) 22:44:26.99 ID:1g5tZQWd0


魔物「父は厳しかった」



少年魔物「セイッ……やあっ」パシッ パシッ

魔物父「よし、もう一発!」

少年魔物「ハッ!」バシッ!

少年魔物「……はあ、はあ」

魔物父「コラ! 休むんじゃない!」

少年魔物「は、はい!」

魔物父「来い!」

魔物「それっ」パンッ


37: 2009/10/19(月) 22:45:08.34 ID:1g5tZQWd0


魔物「滝に打たれて修行したこともありました」



     ザァ――――


少年魔物「……」

少年魔物「……」

少年魔物「……っ」

少年魔物「ックシュン」


38: 2009/10/19(月) 22:46:05.44 ID:1g5tZQWd0


大人魔物1「セイヤッ!」ブン

少年魔物「……っ」パシ

少年魔物「ヤッ!」ドン!

大人魔物1「うぐ……」ドサ

大人魔物2「セイッ、セイッ」シュシュ

少年魔物「シッ!」パシ ドン!

大人魔物2「がっ……」

大人魔物3「くっ……」

少年魔物「……」ジリ

大人魔物3「ま、参りましたっ!」

少年魔物「…………ふぅ――」



魔物「少年期の終わりには大人の魔物にも勝てるようになってましたね。これでも才能はあったみたいです」


39: 2009/10/19(月) 22:47:19.82 ID:1g5tZQWd0


魔物「それでもまだ分からなかった。遊ぶ暇もなく鍛え続ける意味が」

魔物「あるときいじめられている同属を助けました」



少年魔物1「お前キモいんだよ」

少年魔物2「くっせえしよ」

少年魔物3「消えろって」

少年魔物4「おい、きいてんのかよ」


少年魔物「――っ」ダッ



   ドカッ バキッ ガスッ


魔物「その後で父に暴力はいけないとしこたま叱られました。手加減し損ねて重症を負わせてしまった子もいます」


41: 2009/10/19(月) 22:48:00.43 ID:1g5tZQWd0


魔物「よく母に泣きつきましたよ。なんでこんな生き方をしなければならないのか、とね」

魔物「でも思い違いをしないで下さい」

魔物「私は父のことが大好きでした」

魔物「トレーニングをする私を見る父の目はとても優しかったから……」


42: 2009/10/19(月) 22:48:52.91 ID:1g5tZQWd0


子スラ「――その話は分かりましたから、もう喋らないで下さい。さっき殴られたばっかじゃないですか」

魔物「……魔族は特別丈夫なんです。……あんなの殴られたうちに入りませんよ」

子スラ「そんな無茶な……」

魔物「…………ですよねえ」ヒリヒリ


43: 2009/10/19(月) 22:49:39.21 ID:1g5tZQWd0


子スラ「僕達捕まっちゃいましたし……。これからどうなるんでしょう……」

魔物「あまり愉快な目にはあわないでしょうね……」

子スラ「……そんな」

魔物「……私は今父に感謝しています」

子スラ「え?」

魔物「恐怖の魔王をこんな……」ゴキゴキ ポキ

子スラ「わ、わわっ……」

魔物「……こんなちょっと丈夫なくらいの縄で捕まえておこうなどと」スルスル

魔物「……ほらね」プラプラ

子スラ「……大丈夫ですか?」


44: 2009/10/19(月) 22:50:24.60 ID:AdbRRu150
スライムだと分かっているのに頭の中で巨大蛾怪獣のイメージが

45: 2009/10/19(月) 22:50:25.17 ID:1g5tZQWd0


冒険者3「! お前、いつの間に……!」

魔物「ふっ……」ダッ ガシィ!

冒険者3「むぐ、ぐぐぐ……」カク



父スラ「大丈夫か、子スライム!」

母スラ「怪我はない!?」

子スラ「お父さん、お母さん。大丈夫だよ。魔物さんが……」


46: 2009/10/19(月) 22:53:07.19 ID:1g5tZQWd0


魔物「それでは、行ってきます」クル スタスタ


子スラ「……」ペコリ

父スラ「彼が行くならもう大丈夫だ」

子スラ「……え?」

母スラ「ええ、彼は恐怖の魔王だもの」

子スラ「…………うん」



魔物「……」スタスタ……

魔物「――っ」ダッ


47: 2009/10/19(月) 22:53:52.21 ID:1g5tZQWd0


   キインッ! ガッ! ズバシュッ!


49: 2009/10/19(月) 22:55:40.77 ID:1g5tZQWd0

      ※

<数十年後

  魔王玉座の間>


魔王「来たか、勇者よ……」

勇者「……」

魔王「我の軍を退けて良くぞここまで参った」

勇者「……」

魔王「まずは素直にその労をねぎらおうと思う」

勇者「……そんなことはどうでもいい」


50: 2009/10/19(月) 22:56:37.72 ID:1g5tZQWd0


勇者「何なんだあれは!?」

魔王「あれ、とは?」

勇者「この部屋の扉の前にいたスライムだ! 何だあの強さは!? あの種のスライムには有り得ない強靭さだぞ!」

魔王「……」

勇者「戦士が倒れた。僧侶は回復で手一杯、賢者も呪文の打ち合いで何とか引き止めてくれている」

魔王「……」

勇者「俺は、一人でここに来ざるを得なかった」

魔王「……」

勇者「一体何なんだ! どう考えてもおかしいぞ!」


51: 2009/10/19(月) 22:57:28.49 ID:1g5tZQWd0


魔王「お前は」

勇者「!」

魔王「そんなことを言いにここまできたわけではあるまい?」

勇者「……」

魔王「何か譲れぬ、揺るがぬものがあってここまできたのだろう?」

勇者「……」

魔王「ならば、我を倒して奪っていけ」

勇者「はっ、お前にいわれるまでもねえ! 俺はあいつらを待たせてんだ! さっさと終わらせてあいつらを迎えに行かなきゃなんない
   んだ! こんなところで息絶えてたまるか!」


52: 2009/10/19(月) 22:58:08.54 ID:1g5tZQWd0


魔王「……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……」

魔王「来い」

勇者「言われなくとも!」ダッ


54: 2009/10/19(月) 22:59:01.84 ID:1g5tZQWd0

      ※

魔王「……」フヒュー フヒュー

勇者「はあ……はあ……」

魔王「よくぞ……」

勇者「お前だって強かった。よくここまで戦ったよ」

魔王「ふっ……」

勇者「どうする、一思いに止めを刺してやろうか?」

魔王「…………いや、今しばらく現世の香を楽しみたい……」

勇者「そうか……」


57: 2009/10/19(月) 23:00:08.32 ID:1g5tZQWd0


勇者「俺は行くよ。仲間を待たせてる」

魔王「……そうか」

勇者「じゃあな、もう会うこともないだろうけれど」

魔王「……ああ、一足先にあの世で待っている」

勇者「はっ……」キィー バタン


59: 2009/10/19(月) 23:01:02.27 ID:1g5tZQWd0


魔王(これで……これでいい)

魔王(一方的に虐げられた魔物たちの地位を向上させ、人間と対等とすることが出来た)

魔王(反対に魔物が人間達を脅かすようになったが、勇者が私を倒すことでそれも解消される)

魔王(これで、魔物と人とのバランスが取れる。平和が、来る)

魔王「これで……」


60: 2009/10/19(月) 23:01:58.37 ID:1g5tZQWd0


スライム「魔王……様」

魔王「ああ、スライムさん……」

スライム「お互い手ひどくやられたものですね……」

魔王「あなたには負けますよ……」クス


62: 2009/10/19(月) 23:02:54.83 ID:1g5tZQWd0


魔王「ああ……あんなに遠いと思っていた死が……こんなに近くまで迫っていたなんて」

スライム「……時が流れるのは、早いものですね」ゴフッ

魔王「……」

スライム「……どうしました、魔王様? 死が怖くなりましたか……?」

魔王「今更……死が怖いなどと……うぐ」

スライム「……嘘ついても、分かりますよ、お互い、もう長い付き合いですもんね……」

魔王「……」


64: 2009/10/19(月) 23:03:49.13 ID:1g5tZQWd0


スライム「……魔王様、生きたいですか?」

魔王「…………生きたくないと言えば嘘になります。ただ一直線に生きてきた人生でしたから」

スライム「……別の生き方も、してみたかった、と……?」

魔王「……そうですね。そんな、気がします」


65: 2009/10/19(月) 23:04:40.78 ID:1g5tZQWd0


スライム「……では魔王様、私からのお願いです」

魔王「文字通り、最期の最期に、そんなことを言うなんて人が悪い……。何ですか、言ってみなさい……」



スライム「魔王様、生きてください」



魔王「え?」


66: 2009/10/19(月) 23:05:31.10 ID:1g5tZQWd0


スライム「……魔王様と一緒に、死ぬのも悪くないと思いましたが……どうせなら一人ぐらい生き延びるべきです」

魔王「……どういう、ことですか?」

スライム「魔王様、出会ってからの数十年、私はとても楽しゅうございました」

魔王「やめなさい……またあの世で会えるじゃないですか。そんな……」

スライム「あの日、私を助けてくださった上、魔王軍に入れていただいたこと、大変感謝しております」

魔王「やめなさい……やめなさい……」

スライム「本当に楽しい、よい日々だった……」

魔王「やめて、下さい」


67: 2009/10/19(月) 23:06:29.24 ID:1g5tZQWd0


スライム「……では魔王様、これでお別れです」

魔王「そんな……」

スライム「私の分も、しっかり、いきてくだ……い……」

魔王(スライムさんの衰弱とは反対に、私の身体に力がみなぎってくる……)



魔王「こんな……こんな別れなど……」

魔王「大馬鹿者……」


68: 2009/10/19(月) 23:07:48.87 ID:1g5tZQWd0

     ※


<数百年後

  世界のどこか>



子供「……」グス

子供「う、うえ……っ」


「おやおやこんなところに人が……」

子供「ヒック……エグ……」

「どうか泣かないで下さい」

子供「うわーん!」

「弱りましたねえ……」


71: 2009/10/19(月) 23:09:56.47 ID:1g5tZQWd0


「そうだ」


「面白い話をしてあげましょう」





終わり

74: 2009/10/19(月) 23:12:25.74 ID:82G3AfoxO

ちょっとウルッときた

75: 2009/10/19(月) 23:12:53.99 ID:4IXEZt+GO
乙!読みやすくて面白かったよ

引用元: 魔物「面白い話をしてあげましょう」