1:2019/10/27(日) 00:00:57.924 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「うん!」

真美「そだよ!」

春香「どうして急に…」
3:2019/10/27(日) 00:05:07.915 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「いや、亜美たち最近765プロ内でのバラエティ担当をはるるんとひびきんに任せすぎてるなって…」

真美「いつまでもはるるんとひびきんのリアクション芸に頼るわけにもいかないっしょ?」

響「リアクション芸なんてしてないぞ!?」

春香「私たちはアイドルだよ!」

亜美「え?こないだ激辛寿司食べてたよね?」

真美「熱湯風呂入ってたよね?」

春香響「「うぐっ…」」
4:2019/10/27(日) 00:05:46.893 ID:Eq/DThuF0.net
真「もうちょっと仕事内容考えてもらいなよ…」

雪歩「あ、あはは…」

あずさ「それで亜美ちゃんと真美ちゃんは漫才を?」

亜美「うん!」

真美「それで今年のM-1に出るんだ!」

亜美「まだ結成13年目だからね!」

伊織「それ一緒に産まれてきただけじゃない…」
5:2019/10/27(日) 00:06:53.833 ID:Eq/DThuF0.net
やよい「亜美と真美はどんな漫才をやるの?」

真美「よくぞ聞いてくれたね、やよいっち!」

亜美「早速ネタができたからみんなに見てもらおうと思って来たんだ!」
6:2019/10/27(日) 00:07:41.680 ID:Eq/DThuF0.net
美希「ふーん、そうなんだ。頑張ってね…おやすみなの…」

亜美「うあうあー!?ミキミキ、寝ないでYO!」

真美「話聞いてた!?」
7:2019/10/27(日) 00:08:39.595 ID:Eq/DThuF0.net
雪歩「漫才かぁ…すごいなぁ…」

千早「でもそう上手くいくのかしら…」

真「あの二人なんだかんだで器用だしね、バラエティ慣れもしてるし…」

貴音「存外面白いやもしれません」

亜美「さっすがまこちんにお姫ちん!わかってんね!」

真美「それじゃあみんな、見といてね!よろよろー!」
8:2019/10/27(日) 00:09:37.170 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「はいどーもー!」」

亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美です!」」

亜美「いやぁ、しかし、最近はたくさんのアイドルがいますねえ」

真美「そーですね」
9:2019/10/27(日) 00:11:02.348 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「そんな中、なんと亜美はめちゃイケてるアイドル事務所を見つけてしまったんだYO!」

真美「な、なんだってー!?そ、それは何ていう事務所なの?」

亜美「765プロって知ってる?」

真美「知らなかったの!?」

亜美「こないだ初めて知った」

真美「所属事務所だよ!?」
10:2019/10/27(日) 00:12:33.583 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「765プロ、正式名称なごむプロダクションは…」

真美「いや765プロダクションね…なんかホッと一息ついてるけども…」

亜美「12~3人のアイドルが在籍していて…」

真美「それくらいだったら数えようYO!」
11:2019/10/27(日) 00:13:34.685 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「やっぱり、皆さんが一番ご存知なのは『天海春香』さんじゃないですか?」

真美「あ、そーかもしんないね」

亜美「天海春香、通称『あまみん』はですね…」

真美「いや、『はるるん』ね?どっかの将棋の強いおじいちゃんみたいに…」

伊織「いる!」
12:2019/10/27(日) 00:14:46.717 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「え?」」

伊織「『え?』じゃないわよ!いるじゃない、こういうスタイルの漫才してる人たち!」

亜美「え?やられてんの?」

伊織「なんで自分たちがパクられた側のスタンスなのよ!?」

真美「でも真美たちちゃんとヤホーで調べて…」

伊織「それじゃない!わかってやってるでしょ!?」
13:2019/10/27(日) 00:15:34.083 ID:Eq/DThuF0.net
真「うーん…どちらにせよ、もうちょっとオーソドックスな方がいいと思うな」

亜美「いやいや、まこちん。今はCygamesだよ?」

伊織「それはオートバックスでしょうが!誰がM-1のメインスポンサーが2015年に復活した時にオートバックスからCygamesに変わったなんて知ってんのよ!」

春香「でも真の言ってることは一理あるよ。やっぱりツッコミには『ここが笑いどころ』って伝える役割もあるから…」

真美「なるほど…じゃあちょっとツッコミ強めで行ってみるね!」
14:2019/10/27(日) 00:16:51.841 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「はい、どーもー」」

亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美です!」」

亜美「亜美たちと言えばモノマネだよね!」

真美「そーだね、最初に披露させてもらえば?」
15:2019/10/27(日) 00:17:51.628 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「それでは…765プロの歌姫、千早お姉ちゃん!」

真美「どうぞ!」

亜美「今、かがーやーくー、私たち!銀色の空へfar away!」

真美「いや、似てるけどその曲何!?」キメポ-ズ
17:2019/10/27(日) 00:18:47.943 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「え?知らない?『銀色のfar away』」

真美「知らない知らない!何、銀色の空って…」

亜美「亜美の自作だよ」

真美「自作かい!」
18:2019/10/27(日) 00:19:32.974 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「千早お姉ちゃんと言えば『蒼い鳥』ですよね」

真美「そーだよ、そっちを歌わないと」

亜美「可能なら深い海の中から…」

真美「それフジファブリック!」キメポ-ズ

伊織「いる!」

亜美真美「「え?」」
19:2019/10/27(日) 00:20:23.833 ID:Eq/DThuF0.net
伊織「だから『え?』じゃないのよ、『え?』じゃ!仮にもM-1出るなら去年のことくらい把握しときなさいよ!」

亜美「そ、そんな…」

真美「これもやられていたいうのか…」

伊織「だから、あんたらが後追いしてるのよ!」
20:2019/10/27(日) 00:21:27.339 ID:Eq/DThuF0.net
雪歩「決めポーズもちょっとわかりにくいし…」

貴音「ここは、基本に忠実に手でツッコミを入れていくべきかと…」

亜美「ほうほう…」

真美「なるほど…そんじゃあこんな感じかな?」
21:2019/10/27(日) 00:22:08.163 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「はい、どーもー」」

亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美です!」」

亜美「こないだゆきぴょんがお茶いれてくれたんだけどさ…」

真美「めっちゃいいじゃん!」
22:2019/10/27(日) 00:23:02.198 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「うん、めっちゃ美味しかった…ローズヒップティー」

真美「欧米か!」ベシッ

伊織「いるわよ!」

亜美真美「「え?」」

伊織「いるわよ!『ちょっと中堅の方ならばれないかな?』じゃないのよ!フレーズまでそのまんまじゃない!」
23:2019/10/27(日) 00:23:53.525 ID:Eq/DThuF0.net
響「そもそもアイドルが頭を叩くのはどうなんだ?」

美希「アイドルの漫才なんだから、そこは考えた方がいいの」

亜美「どーゆーこと?」

やよい「うーん…もう少し仲良さそうにする…とか?」

真美「なるほど、多少笑いは無くても美少女同士でイチャイチャしてたら視聴率(すうじ)が取れるってことだね!」

伊織「嫌な言い方するな!」
25:2019/10/27(日) 00:24:49.398 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「はい、どーもー」」

亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美です!」」
26:2019/10/27(日) 00:25:48.740 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「真美ぃ…実は亜美やりたいことがあって…」

真美「あ、そうなの?…まぁ真美は亜美のやりたいことはできるだけ叶えてあげたいと思ってるかんね」

亜美「真美ぃ…」

伊織「ぽくなってんのよ!」

真美「へ?」
27:2019/10/27(日) 00:25:54.769 ID:r1ZLzjE6d.net
もう亜美真美伊織のトリオでいいんじゃないかな
28:2019/10/27(日) 00:26:37.057 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美ですけど、何か問題でも?」」

伊織「あんたらもうわかってやってるでしょ!?」
29:2019/10/27(日) 00:27:34.188 ID:Eq/DThuF0.net
真美「だって、亜美が最初に喋るんだもん!真美は合わせてるだけなのに…こんなのやってらんないYO!」

亜美「そ、そんな…真美、本気で言ってるの…?」

真美「…本気で言ってたらこんなところで漫才やってないっしょ?」

亜美真美「「…えへへへへ♪」」

伊織「さらっと別のコンビに移行するな!いるのよ!それも!」
30:2019/10/27(日) 00:28:40.135 ID:Eq/DThuF0.net
響「でも中々いい感じだったぞ」

千早「ボケの数は多い方がいいかもしれないわね…それだけ笑いを増やせるわ」

亜美「なるほど…じゃあこんな感じかな?」
31:2019/10/27(日) 00:29:39.996 ID:Eq/DThuF0.net
亜美真美「「はい、どーもー」」

亜美「亜美です!」

真美「真美です!」

亜美真美「「亜美真美です!」」
32:2019/10/27(日) 00:30:37.370 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「亜美たちってさ、色んな番組で食レポするじゃん?」

真美「ありがたいね!」

亜美「でもたまにさ困る時ない?」

真美「どんな時?」

亜美「例えば、取れたての野菜!」

真美「あぁ、確かにね…畑で取れたての野菜食べても結局は『甘い』しか言えない時あるもんね…」
33:2019/10/27(日) 00:31:55.816 ID:Eq/DThuF0.net
亜美「他には…掘りたてのお芋!」

真美「あの…土ついてるんですけど…えっ!?土ごといけるんですか!?」

亜美「後は…取立ての兄ちゃん!」

真美「すいません!もう少し!もう少しだけ待ってくれませんか!代わりと言ったらなんですが…これを…え?これ?掘りたてのお芋です。土ごといけるんで…」

伊織「いるわよ!」

亜美「ハライチのやーつ」

伊織「わかってるんじゃないの!?」
34:2019/10/27(日) 00:33:05.551 ID:Eq/DThuF0.net
春香「いや、でもこれ面白いよ」

伊織「面白い面白くない以前にパクりじゃない!この2人で漫才なんて…」

真「いやいや、2人じゃなくて…」

伊織「は?」

美希「デコちゃんがツッコミやればいいの」

伊織「はぁぁぁぁぁあ!?」
35:2019/10/27(日) 00:34:17.862 ID:Eq/DThuF0.net
あずさ「確かに…」

貴音「それならば漫才として成立しています…」

亜美「よし!そうと決まれば!」

真美「兄ちゃんに頼んでエントリーさせてもらおう!」

伊織「ちょっ!?待っ…えっ!?」
36:2019/10/27(日) 00:35:37.284 ID:Eq/DThuF0.net
真美「ほらほら、練習するよ!」

伊織「嫌よ!」

亜美「上の口ではそう言っても…」

伊織「アイドルがその言い方はやめなさいよ!」

真美「ほら、ツッコんじゃってるじゃん」

亜美「身体はしょーじきだね!ツッコミたがってるよ!」

伊織「だからやめなさいっての!」
37:2019/10/27(日) 00:36:30.784 ID:Eq/DThuF0.net
しばらくして…

P「うん、お前らが出たいって言うからネタチェックしたけどな…」

亜美「どうだった?兄ちゃん!」

真美「面白かったっしょ?」

伊織「なんで私まで…」
38:2019/10/27(日) 00:37:14.571 ID:Eq/DThuF0.net
P「うん、面白かった…でもな…」

亜美真美「「でも?」」

P「このネタやってる人…いるんだ…」

亜美真美伊織「「「え?」」」

終わり
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572102057