1: 2013/03/10(日) 22:15:43 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「どうしました?勇者さん」

勇者「カジノ行って来ていい?」

賢者「ダメです」

勇者「けち」

賢者「ほら、街についたら先に何をするんでしたっけ?」

勇者「情報収集と宿探し」

賢者「よく出来ました」

2: 2013/03/10(日) 22:18:05 ID:YxIz.zjs
賢者「それでは、どうすればいいのか分かりますね?」

勇者「うん」

勇者「情報収集と宿代を稼ぎにカジノに行って来る」

賢者「だからダメですってば」

勇者「でも、メタルキングの剣欲しい」

賢者「ほら、すぐに本音が出る」

勇者「けちー」

賢者「はいはい、宿探しに行きますよ」

勇者「……けちー!!」

賢者「だだ捏ねないで下さい」

3: 2013/03/10(日) 22:20:34 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「何ですか?」

勇者「ぱふぱふ屋行って来ていい?」

賢者「ダメです」

勇者「どうして?」

賢者「あんなお店、本当に女の人がやってるわけないですよ」

勇者「でも、分からないでしょ?」

勇者「だから、僕が調査してくるよ」

賢者「必要ありません」

賢者「私たちには、世界を救う使命があるんですよ?」

賢者「ぱふぱふなんて、平和になってから好きなだけしてもらえばいいでしょう?」

4: 2013/03/10(日) 22:25:44 ID:YxIz.zjs
勇者「……それじゃあ、お金払うから賢者さんがしてよ」

勇者「それならいいでしょ?」

賢者「ダメです」

勇者「どうして?」

賢者「私がしたくないからです」

勇者「お金足りない?」

賢者「そういう問題じゃありません」

賢者「私は俗世から悟りを開いて賢者になったんです」

賢者「ですから、ダメです」

勇者「でも、元は遊び人で、あんなこぼれそうな服着てたのに」

賢者「こぼれそうとか言わないで下さい」

賢者「それと、昔の話はNGです」

勇者「ちぇー」

5: 2013/03/10(日) 22:28:32 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「どうしました?」

勇者「新しい装備欲しいんだけど」

賢者「それなら構いませんよ」

賢者「最近はモンスターも手強いですし、出来るだけいい物を揃えておきたいですからね」

賢者「で、何が欲しいんですか?」

勇者「踊り子の……」

賢者「却下です」

勇者「ええっ!?装備買っていいって言ったのに」

賢者「だって、それ誰が着るんです?」

勇者「賢者さん」

賢者「ほら、やっぱり」

6: 2013/03/10(日) 22:32:02 ID:YxIz.zjs
賢者「ダメです、そんなの破廉恥です」

勇者「でも、ここでは一番強いんだよ?」

賢者「騙されているんです」

賢者「あんなどこを守っているともしれない布切れに、そんな防御力があるはずがありません」

勇者「えー」

勇者「でもさ、本当かもしれないじゃない?」

勇者「騙されたと思ってさ」

賢者「いーやーでーす」

賢者「着るなら勇者さんが着てください」

勇者「じゃあ、僕も着るからさ」

賢者「それはもっと嫌です」

勇者「え?何で?」

賢者「……とにかく、私より自分の装備をどうにかして下さい」

勇者「それじゃあ、こっそり買っておくよ」

賢者「いりませんから!」

7: 2013/03/10(日) 22:34:23 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「何ですか?」

勇者「回復してくれない?」

賢者「ええ、構いませんよ」

勇者「ありがとう」

賢者「でも、薬草もあるのに何で回復魔法をかけさせたんです?」

勇者「賢者さんに治して貰いたかったから」

賢者「これでもMP消費するんですよ?」

勇者「大丈夫だよ」

賢者「どうしてですか?」

8: 2013/03/10(日) 22:38:42 ID:YxIz.zjs
勇者「もし賢者さんのMPが無くなっちゃったらね」

賢者「はい」

勇者「こう、ギリギリまで回復しないで、いつしてくれるのかな?って期待する賢者さんが見られるから」

賢者「……もう回復してあげません」

勇者「えっ!?冗談だよ」

賢者「いーえ、あれは本気の目でした」

勇者「……半分くらいだよ?」

賢者「許しません」

賢者「今日はお金が掛かってもベッドが二つの所に泊まりますから」

勇者「で、でも、いつも節約しなくちゃって…」

賢者「ふーんだ」

勇者「あやまるから、許してよー」

賢者「絶対許してあげませーん」

9: 2013/03/10(日) 22:40:56 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「はい?」

勇者「どうして賢者さんは賢者になれたの?」

賢者「それは、きちんと悟りを開いたからですよ」

勇者「どうやったら悟りを開けるの?」

賢者「……例えば、悟りの書を読むとか」

勇者「そうすれば、僕も賢者になれる?」

賢者「それは無理ですね」

勇者「どうして?」

賢者「勇者さんは勇者さんですから」

勇者「ズルくない?」

賢者「ズルくないです」

10: 2013/03/10(日) 22:44:14 ID:YxIz.zjs
勇者「僕も賢者になりたいな」

賢者「どうしてですか?」

勇者「だって、賢者さん魔法も攻撃も出来るでしょ?」

勇者「凄く強いと思うから」

賢者「勇者さんも出来るでしょうに」

勇者「賢者さんの方が僕より出来るじゃん」

賢者「私に使えない魔法や装備もありますけど」

勇者「とにかく、賢者になりたいの」

賢者「……それでは、今日からカジノもぱふぱふ屋も無しです」

勇者「よし、次の街までがんばろうね、賢者さん」

賢者「本当現金な人ですね」

11: 2013/03/10(日) 22:47:08 ID:YxIz.zjs
賢者「勇者さん、勇者さん」

勇者「何ー?」

賢者「どうして勇者さんは他の仲間を雇わないんですか?」

賢者「旅を始めてから、ずっと私しか居ませんけど」

勇者「えっとね」

勇者「最初は面倒…、もといお金が…、もとい自分で頑張ろうと思ってさ」

賢者「…そういえば、私、当時は最安値でしたね」

勇者「違うってば」

賢者「…まあ、そういうことにしておきましょう」

賢者「それでは、今は何故ですか?」

12: 2013/03/10(日) 22:53:39 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さんとの旅を邪魔されたくない……」

賢者「ん?」

勇者「…というのは冗談で」

勇者「賢者さん一人で十分だからね」

賢者「本当ですか?」

勇者「もちろん」

賢者「……実はさっき、ボインボインな僧侶の方がいらっしゃったのですが」

勇者「え!」

賢者「断って正解でしたね」

勇者「こ、断っちゃったの?」

賢者「私一人で十分なんですよね?」

勇者「そ、そうだけどさ……」

賢者「……まあ、嘘ですけど」

勇者「なんだぁ」

13: 2013/03/10(日) 22:57:46 ID:YxIz.zjs
賢者「…勇者さんなんて嫌いです」

勇者「え!?」

賢者「もう話しかけて来ないで下さい」

勇者「ま、待ってよー!」

賢者「これからは一人で戦ってもらいますから」

勇者「無理だよ、そんなの」

賢者「つーん」

勇者「ねえ、許してよ」

勇者「もう浮気しないからさ」

賢者「知りませーん」

14: 2013/03/10(日) 23:05:32 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「どうかしましたか?」

勇者「僕と賢者さんの頭のやつ、似てるよね」

賢者「サークレットですか?」

賢者「まあ、確かに」

勇者「これって運命かな?」

賢者「デザインですね」

勇者「つれないなぁ」

賢者「調子に乗せるとロクなことありませんから」

勇者「そんなことないよ」

勇者「こう、魔法の出とか、剣捌きのキレが良くなるよ」

賢者「どうでしょうね」

勇者「冷たくない?」

賢者「いつもこんなものです」

15: 2013/03/10(日) 23:11:09 ID:YxIz.zjs
賢者「私、ちょっと用事を思い出しました」

賢者「ここで待っていてください」

勇者「?うん、分かった」

賢者「絶対ですよ?」

勇者「分かってるってば」

賢者「……ふぅ」

賢者「……お揃い、かぁ」

賢者「うん、悪くないかも」

勇者「何が?」

賢者「!!」

賢者「待っててって言ったじゃないですか!」

勇者「うん、でも僕トイレ行きたくて」

賢者「……もう知りません!」

勇者「何で怒るのさー?」

16: 2013/03/10(日) 23:14:11 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「何ですか?」

勇者「たまには一緒に稽古しない?」

賢者「構いませんよ」

勇者「よし、僕が勝ったらこの危ない水着を着てね」

賢者「それでは、私が勝ったら勇者さんが着てくださいね?」

勇者「い、いいよ」

賢者「それでは、ちょっと本気でやりますね」

勇者「え?あの、これ稽古何だけど……」

賢者「はっ!!!」

勇者「ぎゃぁぁぁぁ」

17: 2013/03/10(日) 23:23:22 ID:YxIz.zjs
賢者「……もう、機嫌なおして下さいよ」

勇者「だって、賢者さん本気で魔法使ったもん」

賢者「男でしょう?そんなに泣いたらダメです」

勇者「だって、痛いもん」

賢者「完全に治療しましたから、痛みも無いはずです」

勇者「……痛いもん」

賢者「……はいはい、撫でてあげますから」

勇者「痛くなくなるまでしてよ?」

賢者「分かってますよ」

賢者「もう、子供みたいなこと言って」

18: 2013/03/10(日) 23:28:15 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「何ですか、勇者さん」

勇者「ここの街に、水の羽衣ってのがあるんだってさ」

賢者「着ませんよ」

勇者「今度は凄く強いよ?」

賢者「水なんて頼りなさすぎます」

賢者「鎧とかがいいです」

勇者「でも、それだと可愛くないよ?」

賢者「可愛さより機能性重視です」

勇者「だから、機能性と可愛さを兼ね備えた装備があるのに」

賢者「嫌です」

勇者「頑なだなぁ」

19: 2013/03/10(日) 23:42:07 ID:YxIz.zjs
賢者「勇者さん、勇者さん」

勇者「どうしたの?」

賢者「そろそろ休憩しませんか?」

賢者「今日は歩き詰めですし」

勇者「そうするかな」

勇者「もうすぐ次の街が見えてもいいころなんだけどねぇ」

賢者「道は間違えて居ないはずですけど」

勇者「まあ、賢者さんのキレイな脚がムキムキになったら嫌だもんね」

賢者「それは別にどうでもいいです」

20: 2013/03/10(日) 23:47:50 ID:YxIz.zjs
勇者「大切な事だよ?」

勇者「魔王を倒したら全部終わりってわけじゃないんだからさ」

賢者「そうしたら、その時に考えます」

勇者「それじゃあ遅いよ」

賢者「今は魔王で手いっぱいですし」

勇者「魔王なんて、僕がちゃちゃっとやっつけるからさ」

勇者「そしたら、さ」

賢者「?」

勇者「その、僕と……」

賢者「あ、魔物ですよ勇者さん」

勇者「あーもう!空気読んでくれよ、まったく!」

21: 2013/03/10(日) 23:54:09 ID:YxIz.zjs
勇者「賢者さん、賢者さん」

賢者「何ですか、勇者さん」

勇者「頑張って世界を救おうね」

賢者「はい、お供しますよ」

勇者「それと、ぱふぱふもよろしくね」

賢者「それはこれからの勇者さん次第です」

勇者「え?」

賢者「何でもありませーん」

勇者「ま、待ってよ!」

おしまい

22: 2013/03/11(月) 00:02:48 ID:8MkV0J5U
乙、

いいなこう言うの(´▽`)

引用元: 勇者「賢者さんと僕」