1: 2014/07/02(水) 15:44:56.24 ID:k8rsyjuQ0
サンタクロースを信じているかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも俺がいつまでサンタを信じていたかと言うとこれは確信をもって言えるが今でも信じている。

実際幼稚園のクリスマスイベントにサンタは現れた。

宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織や
それらと戦うヒーローたちがこの世に存在していることも知っている。

俺は宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいるのだ。

宇宙人にさらわれてでっかい透明なエンドウ豆のサヤに入れられているポニーテールの少女を救い出したり、
電子銃を片手にポニーテールの改変を計るポニーテールの未来人を
ポニーテールに関する知恵とポニーテールの為の勇気で撃退したり、
悪霊や妖怪をポニーテールで片づけたり、
秘密組織のポニーテールとポニーテールバトルを繰り広げたり、つまりそんなことをしたい!


https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404283496

2: 2014/07/02(水) 15:46:47.65 ID:k8rsyjuQ0
入学式が終わり担任の岡部なる若い青年教師は教壇に上がるや
自己紹介とハンドボールの素晴らしさをひとしきり喋り終えるともう話すことがなくなったらしく、

「みんなに自己紹介をしてもらおう」

と言い出した。

まあありがちな展開だし、心積もりもしてあったから驚くことでもない。

出席番号順に男女交互で並んでいる左端から一人一人立ち上がり、
氏名、出身中学プラスα(趣味とか好きな食べ物とか)をあるいはぼそぼそと、あるいは調子よく、
あるいはダダ滑りするギャグを交えて教室の温度を下げながら、
だんだんと俺の番が近づいてきた。緊張の一瞬である。解るだろ?

いよいよ俺の番だ。

「ただの髪型には興味ありません。この中にポニーテールがいたら、俺のところに来なさい。以上」

俺はポニーテールを探してゆっくりと教室中を見渡し、
後ろの席にいたポニーテールを結えそうな長髪の偉い美人に目を付けて着席した。


これってギャグなの?

おそらく全員の頭にどういうリアクションをとればいいのか、疑問符が浮かんでいたことだろう。

俺は、いつだろうがどこだろうが冗談などは言わない。

常に大マジなのだ。

のちに身をもって知らせる俺が言うんだから間違いはない。


こうして俺たちは出会っちまった。

偶然とは怖いものだ。

このように一瞬にしてクラス全員のハートをキャッチした俺だが、翌日以降しばらくは誰も話しかけてこないし、話しかけても無視された。

3: 2014/07/02(水) 15:48:01.26 ID:k8rsyjuQ0
自己紹介から数日後、忘れもしない、朝のホームルームが始まる前だ。涼宮ハルヒに話しかけた。

涼宮ハルヒは髪の毛が長い美少女高校生なんだぜ。

たまたま席が真ん前だったという地の利を生かしてお近づきになりたかったのだ。

もちろん話題はあのことしかあるまい。

「なあ」

と、俺はさりげなく振り返りながらさりげない笑みを満面に浮かべて言った。

「自己紹介のアレ、聞いてたよな?」

腕組みをして口をへの字に結んでいた涼宮ハルヒはそのままの姿勢で汚物を見るように俺を凝視した。

「自己紹介のアレって何」

「いや、ポニーテールがどうとかって」

「あんた、ポニーテール萌えなの?」

大まじめな顔で訊きやがる。

「…違うけどさ」

「違うけど、何なの」

「…ポニーテールフェチなんだ」

「話かけないで。時間の無駄だから」

思わず「すいません」と謝ってしまいそうになるくらい冷徹な口調と視線だったね。ゾクゾクした。

4: 2014/07/02(水) 15:49:18.75 ID:k8rsyjuQ0
涼宮ハルヒは、まるで世の中を澱みを見るように俺に向けていた目をフンとばかりに逸らすと、黒板の辺りを睨みつけ始めた。

何かを言い返そうとして結局思いつかないでいた俺は担任の岡部が入ってきたおかげで救われた。

負け犬の心でしおしおと前を向くと、クラスの何人かがこっちのほうを興味深げに眺めていやがった。

目が合うと気持ち悪そうに目をそらし、そして同情するかのごときうなずきをハルヒによこしていた。

なんか、シャクに障る。今思えば、そいつらは全員東中の出身者だった。

とまあ、おそらくファースト・コンタクトとしてはまぁまぁの部類に入る会話のおかげで、
涼宮ハルヒも俺にかなり心を開いただろうと思い始めて一週間が経過した。

5: 2014/07/02(水) 15:51:35.38 ID:k8rsyjuQ0
いつも不機嫌そうに眉間にしわを寄せ唇をへの字にしている涼宮ハルヒに何やかんやと話かけるクラスメイトも中にはいた。

だいがいそれはおせっかいな女子であり
、新学期早々クラスから孤立しつつある女子生徒を気遣って調和の輪の中に入れようとする
、本人にとっては好意から出た行動なのだろうが、いかんせん相手が相手だった。

「ねえ、前の奴気持ち悪くない? 席順の運が悪かったね」

「最悪」

「だよねー なんでーポニーテールとか言ったのかな?」

「知らない」

「いっぺん聞いてみなよ、あーでも気持ち悪いか。そうそう、だったら男子に聞いてもらおうか、発言の真意」

「うるさい」

こんな感じ。

無表情に応答するならまだしも、
あからさまにイライラした顔と発音で応えるものだから話かけた人間の方が何か悪いことをしているような気分になり、
結局「……まあ、その……」と肩を落としてすごすご引き下がることになる。

安心したまえ。おかしいのは涼宮ハルヒの髪型のほうさ。

9: 2014/07/02(水) 17:21:48.56 ID:k8rsyjuQ0
別段一人で飯を喰うのは苦にならないものの、
やはり皆がわやわや言いながらテーブルをくっつけているところに
ポツンと取り残されるように弁当をつついているというのも何なので、
というわけでもないのだが、昼休みになると俺は中学が同じで比較的仲のよかった国木田と、
たまたま席が近かった東中出身の谷口という奴と机を同じくすることにしていた。

涼宮ハルヒの話題が出たのはその時である。

「お前、この前涼宮に話かけてたな」

何気にそんな事を言い出す谷口。まあ、うなずいとこう。

「わけの解らんことを言って追い返されただろ」

ポニーテールの素晴らしさを語る前だったがな。

谷口はゆで卵の輪切りを口に放り込み、もぐもぐしながら、

「もしあいつに気があるんなら、悪いことは言わん、やめとけ。」

中学で涼宮と三年間同じクラスだったからよく知ってるんだがな、と前置きし、

「あいつは物をハッキリ言うがお前の嫌われっぷりは常軌を逸している」

「ねぇ?なんで僕たちの机にきたの?同類と思われると困るんだけど」

焼き魚の切り身から小骨を細心の注意で取り除いていた国木田が口を挟んだ。

10: 2014/07/02(水) 17:22:44.11 ID:k8rsyjuQ0
「そう言うなよ、あいつモテるんだよな」

谷口が話す。

「なんせツラがいいしさ。おまけにスポーツ万能で成績もどちらかと言えば優秀なんだ」

「何かエピソードがあるの?」

問う国木田は谷口の半分も箸が進んでいない。

「一学期は取っ替え引っ替えってやつだったな。
俺の知る限り、一番長く続いて一週間、最短では告白されてオーケーした五分後に破局してたなんてのもあったらしい。
例外なく涼宮が振って終わりになる。だったらオーケーするなってーの。一応付き合って様子を見るというのが礼儀らしいけどな」

こいつもそのクチかもな。そんな俺の視線に気付いたか、谷口は慌てたふうに、

「聞いた話だって、マジで。コクられて断るってことをしないんだよ、あいつは。
三年になった頃にはみんな解ってるもんだから涼宮と付き合おうなんて考える奴はいなかったけどな。
でも高校でまた同じことを繰り返す気がするぜ。だからな、お前が変な気を起こす前に言っておいてやる。
やめとけ。こいつは同じクラスになったよしみで言う俺からの忠告だ」

やめとくも何も、俺はポニーテールにして貰えれば満足なんだがな。

11: 2014/07/02(水) 17:24:22.99 ID:k8rsyjuQ0
食い終わった弁当箱を鞄にしまい込んで谷口はニヤリと笑った。

「俺だったらそうだな、このクラスでのイチオシはあいつだな、朝倉涼子」

谷口がアゴをしゃくって示した先に、女どもの一団が仲むつまじく机をひっつけて談笑している。
その中心で明るい笑顔を振りまいているのが朝倉涼子だった。

「俺の見立てでは一年の女の中でもベスト3には確実に入るね」

一年の女子全員をチェックでもしたのか。

「おうよ。AからDにまでランク付けしてそのうちAランクの女子はフルネームで覚えたぜ。
一度しかない高校生活、どうせなら楽しく過ごしたいからよ」

「朝倉さんがそのAなわけ?」と国木田。

「AAランクプラス、だな。俺くらいになると顔見るだけで解る。アレはきっと性格までいいに違いない」

勝手に決めつける谷口の言葉はまあ話し半分で聞くとしても、
実のところ朝倉涼子もまた涼宮ハルヒとは別の意味で目立つ女だった。

まず第一に美人である。いつも微笑んでいるような雰囲気がまことによい。
第二に性格がいいという谷口の見立てはおそらく正しい。
第三に授業での受け答えを見てると頭もなかなかいいらしい。当てられた問題を確実に正答している。
第四に同性にも人気がある。あっという間にクラスの女子の中心的人物になりおおせてしまった。
第五に髪が長い。あれならポニーテールを結えるだろう。ついでに言えば、眉毛もポニーテールの形に剃れるかもしれない。


谷口には高嶺の花だと思うが。

13: 2014/07/02(水) 17:25:51.43 ID:k8rsyjuQ0
そんな感じにクラスに馴染める頃には五月になっていた。

その頃には、学年からポニーテールの子はいなくなっていた。なんでだ?


それは兎に角として、未だにハルヒのポニーテールを拝めていない。

なんとかしてハルヒをポニーテールにできないだろうか?

俺はハルヒに提案してみた。

「髪型を毎日変えてみたらどうだ?」

ハルヒはロボットのような動きで首をこちらに向けると、いつもの笑わない顔で俺を見つめた。ちと怖い。

「月曜日を〇、火曜日は一、水曜日は二って感じで、月曜日はストレートのロングヘア、
火曜日はポニーテールで、水曜はツインテールで、木曜日には三つ編みにして、
そして金曜日の髪型は頭の四ヶ所を適当にまとめてリボンで結ぶとかさ?」

「なんで、あたしがそんな妙なことをしなきゃいけないのよ?」

路傍の石に話かけるような口調で、ハルヒは言った。

「曜日で髪型変えれば宇宙人対策になりそうじゃないか?」

ハルヒは喋りたくなさそうに頬杖をついて、

「馬鹿じゃない?」

初めて会話が成立した。

ハルヒは翌日、長かった麗しい黒髪をばっさり切って登場した。
もうポニーテールは見られない。その夜、俺はむせび泣いた。

14: 2014/07/02(水) 17:38:02.14
なんかワロタw

17: 2014/07/02(水) 18:50:50.44 ID:k8rsyjuQ0
席替えは月に一度といつの間にやら決まったようで、

委員長朝倉涼子がハトサブレの缶に四つ折にした紙片のクジを回して来たものを引くと

俺は中庭に面した窓際後方二番目というなかなかのポジションを獲得した。

その後ろ、ラストグリッドについたのが誰かと言うと、なんてことだろうね、

涼宮ハルヒが虫歯をこらえるような顔で座っていた。

18: 2014/07/02(水) 18:51:38.06 ID:k8rsyjuQ0
「生徒が続けざまにポニーテールになるとか、密室になった教室で先生がポニーテールにしてりとかないかな?」

ハルヒは無視している。

「ポニーテール研究会ってのはないかな?」

ハルヒは聞き入っているのか返事をしない。

これはチャンスとポニーテールの躍動性と素晴らしさ、会があった場合の内容を聞かせた。

ハルヒは呆れたように口を開いた。

「ただのポニーテールマニアの集まりじゃない」

「そりゃそうだ」

確かに同好の友は欲しいが、愛でたいのはポニーテールだ。ハルヒの突込みに感謝した。

「どこかにポニーテールの啓蒙活動をしている部はないだろうか」

仕方がなさそうにハルヒが口を開く。

「ないものは仕方がないでしょ」

19: 2014/07/02(水) 18:52:39.85 ID:k8rsyjuQ0
授業中に気が付いた。

興奮のあまりに声が出ていた。

「気がついた!」

英語教師は俺に尋ねる。

「何に気付いたんです?」

「ないんだったら自分で作ればいいんですよ!」

「何を」

「部活です!」

女教師は哀れみ込めた目でこちらを見て、

「授業中です」

とだけ言って、板書に戻った。


あの目線は癖になりそうだ。折りをみてまたやろう。


第一章 完

28: 2014/07/02(水) 20:59:56.88 ID:k8rsyjuQ0
第二章

その後の休み時間、生徒手帳の後ろのほうを確認した。


「同好会」の新設に伴う規定。

人数五人以上。顧問の教師、名称、責任者、活動内容を決定し、生徒会クラブ運営委員会で承認されることが必要。

活動内容は創造的かつ活力ある学校生活を送るに相応しいものに限られる。

発足以降の活動・実績によって「研究会」への昇格が運営委員会において動議される。

なお、同好会に留まる限り予算は配分されない。


顧問はなかなか難しいが、何とかだまくらかしてなってもらうという手もある。


名称も当り障りのないものにする。責任者は勿論俺だ。

その活動内容も「創造的かつ活力ある学校生活を送るに相応しいもの」になることだろう。

問題は人数だな。名義を借りようにも、なにせ俺は友達が少ない。


昼休みには部室のあてもつけておいた。

ポニーテールに関する事になると我ながら凄まじい行動力だ。

29: 2014/07/02(水) 21:00:42.02 ID:k8rsyjuQ0
終業のチャイムが鳴るや否や俺はハルヒを拉致同然に教室から引きずり出してたったかと思うと早足で歩き出した。

「なにするのよ!」

ハルヒの罵声に対して、

「部室っ」

前方をのたりのたり歩いている生徒たちを蹴散らす勢いで歩みを進めつつ俺は短く答え、後は沈黙を守り通した。

渡り廊下を通り、一階まで降り、いったん外に出て別校舎に入り、また階段を登り、薄暗い廊下の半ばで俺は立ち止まった。

目の前にある一枚のドア。

文芸部。

そのように書かれたプレートが斜めに傾いで貼り付けられている。

「ここだ」

ノックもせずに俺はドアを引き、遠慮も何もなく入っていった。ハルヒも渋々ついてくる。

意外に広い。長テーブルとパイプ椅子、それにスチール製の本棚くらいしかないせいだろうか。

天井や壁には年代を思わせるヒビ割れが二、三本走っており建物自体の老朽化を如実に物語っている。

実は入るのは初めてだ。

そしてこの部屋のオマケのように、一人の少女がパイプ椅子に腰掛けて分厚いハードカバーを読んでいた。

「これからこの部室が俺達の部室だ!」

両手を広げて俺は宣言した。その顔は神々しいまでの笑みに彩られていたことだろう。

30: 2014/07/02(水) 21:01:20.24 ID:k8rsyjuQ0
「ちょっと待て。『俺達』ってなによ!それにここはどこなのよ!」

「ポニーテールを結えなくなってさぞショックだろう?部で再び結えるようになるまでメンタルケアをしてやるってことだよ。
そして、ここは文化系部の部室棟。美術部や吹奏楽部なら美術室や音楽室があるだろう。
そういう特別教室を持たないクラブや同好会の部室が集まっているのがこの部室棟。通称旧館。この部室は文芸部」

「なによメンタルケアって!自分の意思で切ったの!!それに、ここは文芸部でしょ!」

「哀しいのは解る。無理をしなくてもいい。
文芸部は今年の春に三年生が卒業して部員ゼロ、新たに誰かが入部しないと休部が決定していた唯一のクラブなのだよ。
で、こいつが一年生の新入部員」

「……てことは休部になってないじゃない」

「似たようなもんだろ?一人しかいないんだから」

ハルヒは呑み込みが悪いな。俺が部室を乗っ取る気とでも思っているのだろうか?

31: 2014/07/02(水) 21:02:56.20 ID:k8rsyjuQ0
俺は折りたたみテーブルに本を開いて読書にふける文芸部一年生らしきその女の子に視線を振った。

眼鏡をかけた髪の短い少女である。ポニーテールはできないだろう。髪が伸びるのを待つしかない。

これだけハルヒが大騒ぎしているのに顔を上げようともしない。

たまに動くのはページを繰る指先だけで残りの部分は微動だにせず、

俺たちの存在を完璧に無視してのけている。これはこれで変な女だった。

ハルヒは俺を責める様に聞いてきた。

「あの娘がいるじゃない!」

「別にいいって言ってたぞ」

「本当なの、それ?」

「昼休みに会ったときに。部室貸してくれっていったら、どうぞって。
本さえ読めればいいらしい。変わっていると言えば変わっているな」


勿論、彼女とは初対面だ。だが、彼女の意思などポニーテールの前では些細なことだろう。

32: 2014/07/02(水) 21:03:41.59 ID:k8rsyjuQ0
俺はあらためてその変わり者の文芸部員を観察した。


白い肌に感情の欠落した顔、機械のように動く指。

ボブカットをさらに短くしたような髪がそれなりに整った顔を覆っている。

出来ればポニーテールにしたところも見たみたい感じだ。

どこか人形めいた雰囲気が存在感を希薄なものにしていた。

身も蓋もない言い方をすれば、早い話がいわゆる神秘的な無表情系ってやつ。

しげしげと眺める俺の視線をどう思ったのか、その少女は予備動作なしで面を上げて眼鏡のツルを指で押さえた。

レンズの置くから闇色の瞳が俺を見つめる。

その目にも、唇にも、まったく何の表情も浮かんでいない。無表情レベル、マックスだ。

ハルヒのものとは違って、最初から何の感情も持たないようなデフォルトの無表情である。

34: 2014/07/02(水) 21:04:13.56 ID:k8rsyjuQ0
「出てって」

と彼女は言った。それが名前らしい。聞いた三秒後には忘れてしまいそうな平坦で耳に残らない声だった。

出てっては瞬きを二回するあいだぶんくらい俺を注視すると、それきり興味を失ったようにまた読書に戻った。

「ほら、ああ言ってるじゃない」ハルヒは俺に言った。

俺はハルヒを無視して宣言した。

「これから放課後、この部室に集合だ。絶対来るんだぞ。来なかったらポニーテールだからな」

桜満開の笑みで言ってやった。

こうして部室を確保できたのはいいが、書類のほうはまだ手つかずである。

だいたい名称も活動内容も決まっていないのだ。

そんな事よりもやる事がある。

「まずは部員だ。最低後二人は必要だな」

ハルヒが口を挟んできた。

「ってことはなに!?あたしもあの文芸部員も頭数に入ってるの?」

「安心しろ。すぐに集めるからな。適材な人間の心当たりはある」

「安心とかそんな問題じゃないでしょ!?」

ハルヒの声を背に受けて部室を後にした。

45: 2014/07/02(水) 22:31:45.46 ID:k8rsyjuQ0
次の日、俺は、部室へ行く前に二年の教室へと足を運んだ。

髪が長くてぼんやりとしている生徒を発見した。

確かあれだったはずだ。

46: 2014/07/02(水) 22:32:57.79 ID:k8rsyjuQ0
俺はその二年生を連れて部室のドアを開けた。

部室には既に出てってとハルヒがきていた。

ハルヒは出てってに何だか話しかけていたようだが、一斉にこちらを振り向いた。

「新入部員を連れてきたぞ」

「なんなんですかー?」

その二年生は聞いてきた。

「ここどこですか、なんでわたし連れてこられたんですか」

「ちょっと!また強引に連れてきたんじゃないでしょうね!」

ハルヒは俺を責めたててきた。



47: 2014/07/02(水) 22:33:40.34 ID:k8rsyjuQ0
「紹介するよ。朝比奈みくるさんだ」

俺は新入部員の紹介を終えた。

沈黙が部屋を支配した。

紹介が足りなかったようだ。

「まあよく見てみろ」

俺は朝比奈みくるさんの背中を全員の方に向けた

「微妙にウェーブした栗色の髪が長いだろ?」

まだ理解できていないようだ。

「俺はな、髪の色・髪質も髪の長さと同様に重要なことだと思っている」

「……どうせ、ポニーテールって言うんでしょ?」

「そうだ。解っているなら話は早い!」

48: 2014/07/02(水) 22:34:23.86 ID:k8rsyjuQ0
思わず俺は朝比奈みくるさんを見た。小柄である。ついでに童顔である。

なるほど、下手をすれば小学生と間違ってしまいそうでもあった。

微妙にウェーブした栗色の髪が柔らかく襟元を隠し、

子犬のようにこちらを見上げる潤んだ瞳が守ってください光線を発しつつ

半開きの唇から覗く白磁の歯が小ぶりの顔に絶妙なハーモニーを醸し出し、

光る玉の付いたステッキでも持たせたらたちどころに魔女っ娘にでも変身しそうな、

ってポニーテールに重要なのは三行目だけだね。

49: 2014/07/02(水) 22:35:21.22 ID:k8rsyjuQ0
ハルヒは飽きれたような口ぶりで聞いてきた。

「すると何?……朝比奈さんの髪が気にって毛が長かったからという理由なだけでここに連れてきたの?」

「そうだ」

ハルヒは今更何を聞いてくるんだ?真性のアホだ、こいつ。

50: 2014/07/02(水) 22:36:42.76 ID:k8rsyjuQ0
朝比奈みくるさんが発言した。

「あの……私…書道部に……入部してるんですけど………」

「こんなアホの言うことなんか真に受けなくてもいいのよ」

自分本位なハルヒが勝手に答えている。

朝比奈みくるさんが覚悟したようにゆっくりと喋った。

「書道部は辞めてこっちに入部します……」

「はぁ!?」

部室全体に響く様な素っ頓狂な声を出したのはハルヒだった。続けて言い始める。

「あのね!こいつが言ってるような部なんてないの!」

「え!?でもお二人がきてるじゃないですか」

「ここは文芸部で、この……長門有希はここの部員なの!」

「出てって」ではなく、「長門有希」という名前だったらしい。

「あたしはそこの犯罪者一歩手前の奴が有希に悪さをしないか様子見にきただけ!」

51: 2014/07/02(水) 22:37:21.79 ID:k8rsyjuQ0
「でも書道部ってセクハラが酷くて……胸を揉まれたり、バニーガールの恰好をさせられたり……」

ハルヒがようやく大人しくなった。

「えっ……」

「他にも看護婦と色んな恰好をさせられて、写真とかも撮られるんです………」

「それは酷いわね。そんな部活は辞めて、学校に相談した方がいいんじゃない?」

珍しくハルヒが深刻なトーンで喋っている。こんな喋り方もできるんだな。

「あ!そんな深刻な話じゃなくって、彼女は親友なんですけど……
ちょっと度が過ぎるから、部活くらいは…と」

「そう?……友達でも言うべき時はちゃんと言った方がいいわよ?」

「本当に大丈夫なんです。親友ですから。別にお金持ちだから親友だと得するとか全然考えてません」

52: 2014/07/02(水) 22:38:32.27 ID:k8rsyjuQ0
ハルヒが変わりきった空気を戻すように朝比奈さんに話を振った。

「……書道部は辞めて他の部に入るにしてもこいつの部じゃなくてもいいんじゃないかしら?」

「え……でも彼、結構恰好がいいし、どことなく魅力もあるじゃないですか?
どうせなら所謂イケメンと同じ部がいいと思って……誘ってもらったのも縁ですから」

「いや……黙ってればそこそこなのは認めるけど、言動とか正常の範囲外よ?
こいつがポニーテールを連呼するから、学年からポニーテールが居なくなるくらいの……」

衝撃の真事実!!薄々気が付いていたが……学年からポニーテールは居なくなっていたらしい。

53: 2014/07/02(水) 22:40:07.49 ID:k8rsyjuQ0
「同じ変態さんでも不細工な変態さんよりも恰好が良い変態さんの方がいいと思います」

「……まぁ、あんたがそれで良いなら止めないけど……」

「でも文芸部って何するところなのかよく知らなくって…」

「俺の部は文芸部じゃないぞ」

ようやく喋れた。

目を丸くする朝比奈さんに、俺は言ってあげた

「この部の名前はSOS団。世界中の 大勢の人を 総髪にする団。略してSOS団だ」

毎日放課後ここに集合することにして、この日は解散となった。

58: 2014/07/02(水) 23:18:15.09 ID:k8rsyjuQ0
ある日のハルヒと俺の会話。

「あと必要なのは何だと思う?」

「知らないわよ」

「やっぱりポニーテールの良さが解る同志は押さえておきたいと思うよな」

ハルヒは無視してきた。

59: 2014/07/02(水) 23:18:40.82 ID:k8rsyjuQ0
俺は部室を見て思った。コンピュータが欲しいな。

SOS団の設立を宣言して以来、長テーブルとパイプ椅子それに本棚くらいしかなかった文芸部の部室にの備品を整備した。

移動式のハンガーラックが部室の片隅に設置し、給湯ポットと急須、人数分の湯飲みも常備、CDラジカセに一層しかない冷蔵庫、
カセットコンロ、土鍋、ヤカン、数々の食器……

だが、パソコンがない。パソコンさえあれば、ポニーテールの画像を集めることが出来るのに!

メンバーは………まだ誰もきていない。

今のうちにパソコンを整備しておいたら、部の連中も驚くだろう。

俺は机から飛び降りると、二軒隣のコンピューター研究部に向かった。

60: 2014/07/02(水) 23:19:25.97 ID:k8rsyjuQ0
コンピューター研究部のドアをノックして開いた。

「すみませーん!」

間取りは同じだが、こちらの部室はなかなか手狭だった。
等間隔で並んだテーブルには何台ものディスプレイとタワー型の本体が載っていて、
冷却ファンの回る低い音が室内の空気を振動させている。

一人の生徒----おそらく部長----が立ち上がって答えた。

「何の用ですか?」

「あの~……パソコンが余ってたら、どんなのでも良いので一台譲っていただきたいのですが………」

コンピュータ研究部部長、名も知れぬ上級生は「何言ってんだ、こいつ」という表情で首を振った。

61: 2014/07/02(水) 23:19:51.41 ID:k8rsyjuQ0
その時一人の部員が部長に声をかけた。

「どんなのでも良いのなら、あれはどうかな?」

「……あれは流石にどうだろう?」

なんだか貰えるようだ。畳みかけておこう。

「本当にどんなのでもいいので……」

「じゃあ、ノークレームで……」

62: 2014/07/02(水) 23:20:24.95 ID:k8rsyjuQ0
ちょっと古そうだけど、無事にパソコンを貰えた。

部室で眺める。カラフルなリンゴのマークが付いてる。

正直、パソコンには詳しくないがたぶんMacって奴だろう。

『Apple II』と書いてあるが、機種の名前だろうか?

電源を入れてみたがよく解らない。

今度、誰かに聞いてみよう。

ともあれ、これでSOS団のウェブサイトを立ち上げることができそうだ。

63: 2014/07/02(水) 23:46:51.75 ID:k8rsyjuQ0
後日聞いたところによれば、とてつもない旧型パソコンだったらしい。

ネットにも繋がらないという話だ。

コンピュータ研究部にパソコンを返しに行ったら、

ノートパソコンなら事務室で貸し出してると教えてくれた。

ついでにパソコンの使用目的も聞かれたので、部のサイト立ち上げと答えておいた。

流石にポニーテルの画像集めは言いにくい。

部長がからかったお詫びだからと言って、サイトのベース部分だけは作ってくれた。

コンテンツは自分で作ってと言われた。

ともあれ、一応ホームページは出来上がった。



次の話は新入部員が部室にくるところから始まる。

第二章~完~

64: 2014/07/02(水) 23:52:29.96
部長親切でワロタ

73: 2014/07/03(木) 16:01:24.78 ID:ahu1Muc00
第三章


今日も部活だ。

この日は珍しく、三人ともきていた。

ハルヒは、出会って改め長門有希に『学校とか顧問の先生に相談した方がいいよ』等とほざいている。

ポニーテールに出来なくなって情緒不安定なんだろう。

ポニーテールといえば、ポニーテールで重要なのは、健康性、清潔性、活発性の三つなんだと思う。

胸が小さめで、手足が長い、陸上部のエースなんかがしてると非常に高いポイントになるであろう。

74: 2014/07/03(木) 16:01:50.76 ID:ahu1Muc00
ポニーテールの事を考えながら、三人をみる。実際にポニーテールにしてるのは朝比奈さんだけなのだが………

ハルヒとポニーテールの相性は……80点だな。活発・快活なので非常にいい。清潔感もある。

手足はスラッとしている感じではないが、スタイルもいいし、実際に運動が得意なのも高得点だ。

惜しむらくは、少々胸が大きいことだ。ポニーテールを完全に活かすにはもう一回り小さくあるべきだ。

長門有希は……60点。少年を彷彿とさせる体つきは、高校一年生がするポニーテールには良い。

惜しむらくは、ポニーテールに重要な躍動感を全く感じさせないことだ。

朝比奈さんは……45点。ドジでオロオロしながらも男に媚びてる感じがいけない。活発・快活の逆を行っている。

胸が大きすぎるのも減点だ。揺れすぎる。全力で飛んだり跳ねたりした時少し揺れるのがいいのだ。

胸に負けない手足がをしてればいいのだが、完全に胸の存在感に負けてしまっている。

胸=母性。ポニー=仔馬。その様な成長しきった母性の象徴があってしまったら、仔馬ではないではないか。

ただ、適度な長さと仔馬を彷彿とさせる色の髪は非常にいい。ただ、彼女の場合は、仔馬と言うより仔牛と言った感じだ。

もっとも、ハルヒ辺りがポニーテールにしてくれれば、箸休めに眺めるには丁度良いポニーテールだと思う。

メインにはなれないポニーテールと言うことになるのだが。

ちなみに、もしもポニーテールランキングの一位は国木田だ。90点である。あれで少し胸があれば100点だ。

中学時代には、ポニーテールにしてくれとかなり頼んだものだ。

そう思いながら、朝比奈さんが淹れてくれたお茶を一口すすった。

75: 2014/07/03(木) 16:02:21.23 ID:ahu1Muc00
その時、部室のドアがノックされた。

俺は返事をした。

「空いてますよ~」

「先生で追い出されるんじゃないの?」

ハルヒは嬉しそうな顔をして一人つぶやいている。

ドアが開くとそこに位置のは一人の男子生徒だった。ハルヒ、残念だったな。

「一年九組の古泉一樹です。……入部希望です。よろしく」

さわやかなスポーツ少年のような雰囲気を持つ細身の男だった。
如才のない笑み、柔和な目。
適当なポーズをとらせてスーパーのチラシにモデルとして採用したらコアなファンが付きそうなルックス。
これで性格がいいならけっこうな人気者になれるだろう。

76: 2014/07/03(木) 16:02:53.58 ID:ahu1Muc00
「文芸部に二人目よ!ほら、占拠を止めて解散しなさいよ」

ハルヒが俺の方を向かって言う。

「あ!入りたいのは文芸部じゃなく、彼の主催する部活の方です」

古泉一樹は落ち着いた笑みを絶やさずに言った。

「……何をするクラブか知ってるの?」

ハルヒは飽きれた顔をして、古泉一樹の方を向いた。

「ポニーテールに関する活動でしょう。」

古泉一樹は白い歯を見せて微笑んだ。

「丁度同志が欲しかったんだ。入部を歓迎するよ。ああ、俺は……」

「ああ~~~!!もう!気持ち悪い!!」

ハルヒが叫んで出ていった。

ともあれ、これで五人になった。

80: 2014/07/03(木) 17:01:14.01 ID:ahu1Muc00
思えば、長門はあまり団の活動に積極的ではない気がする。

団長としてはそれは由々しき事態だ。

長門の家を家庭訪問することにした。

俺は長門の読書が終わるのを根気強く待った。

ようやく長門は読書を終えたのか、本を片付け鞄を持って出ていった。

81: 2014/07/03(木) 17:01:47.87 ID:ahu1Muc00
そして俺は今、夕焼けの中を長門と一緒に歩いている。

途中で図書館に寄った。

事務的に本を返却すると、新たな本を吟味の上で借りていった。

ここまで無言だが、図書館で喋るわけにはいかんからな。

図書館を出る頃には、日はすっかり落ちてしまっており、暗くなっていた。

微風に揺れるショートカットを眺めながら、ポニーテールならなぁ……と思い歩いて数分後、

俺たちは図書館からほど近い分譲マンションへたどり着いた。

82: 2014/07/03(木) 17:02:23.28 ID:ahu1Muc00
長門は玄関口のロックをテンキーのパスワードで解除してガラス戸を開ける。

俺は長門の後についてマンション内に入って行った。

エレベータの中で長門は何を考えているのか解らない顔で一言も発せず、ただ数字盤を凝視している。七階で止まった。

「結構良いマンションだな」

無言できたが、ついに間が持たなくなり俺は言葉を発する。

マンションのドアが立ち並ぶ通路をすたすた歩きながら長門は、返事をしない。

83: 2014/07/03(木) 17:02:54.77 ID:ahu1Muc00
708号室のドアを開けて、長門は俺をじいいっと見た。

「付いてこないで」

マジかよ。

うろたえつつも狼狽を顔に出さないようにして、聞こえない振りをして上がらせていただく。

何か取り返しのつかないことをしてしまったような気がした。

長門は、

「警察」

とだけ言って自分の靴を足の一振りで脱ぎ捨てた。

84: 2014/07/03(木) 17:04:29.30 ID:ahu1Muc00
リビングにはコタツ机が一つ置いてあるだけで他には何もない。

俺はへっぴり腰でテーブルの際にあぐらをかいた。

長門が盆に急須と湯飲みを載せてカラクリ人形のような動きでテーブルに置き、

制服のまま俺の向かいにちょこんと座った。

沈黙。

お茶を注ごうともしない。

眼鏡のレンズを通して俺に突き刺さる無感情な視線が俺の居心地の悪さを加速させる。

何か言ってみよう。

「あー……ポニーテールにはしないの?」

「しない」

「いや、できないのは見れば解るんだが……」

「同級生から犯罪者は出したくない。騒動も困る」

今までに聞いた長門のセリフで一番長い発言だった。

思い出したように長門は急須の中身を湯飲みに注いで俺の前に置いた。

「これを飲んだら帰って」

飲むけどさ。ほうじ茶をすする俺を動物園でキリンを見るような目で観察する長門。

自分は湯飲みには手を付けようともしない。

飲み干した湯飲みを置くと同時に俺は再び茶褐色の液体で湯飲みを満たした。

85: 2014/07/03(木) 17:05:06.18 ID:ahu1Muc00
そして俺は話し出した。

「要するに俺は普通の人間じゃないと」

長門は薄い唇を開いた。

「何も言ってないけど、同意」

口をつぐんで一拍置き、

「あなたに教えておく」

と言ってまた黙った。

どうにかならないのか、この話し方。

「世の中にはやってはダメなことがある」

しょうがなしに二杯目を飲んで、すかさず三杯目を注ぐ。ついに急須が空になり、俺はおかわりを要求した。

ここで長門は出会って以来、初めて見る表情を浮かべた。

困ったような躊躇しているような、どちらにせよ注意深く見てないと解らない、

無表情からミリ単位で変異したわずかな感情の起伏。

「おそらくあなたには自分の都合の良いように周囲を見れる能力ある。それが、あなたがここにいる理由」

「本気で言っているのか?」

「もちろん」

付き合いきれん。

俺はそろそろおいとまさせていただくことにした。お茶美味かったよ。ごちそうさん。

長門は止めなかった。

視線を湯飲みに落としたまま、いつもの無表情に戻っている。

ちょっとばかし寂しげに見えたのは俺の錯覚だろう。


第三章 ~完~

88: 2014/07/03(木) 17:31:21.25
とんでもねぇ

92: 2014/07/03(木) 22:49:49.79 ID:ahu1Muc00
市内をくまなく探索したら一つくらいは素晴らしいポニーテールが転がっているに違いない。

古泉には連絡をし忘れたが、土曜日の朝九時に北口駅前に集合することにした。

北口駅はこの市内の中心に位置する私鉄のターミナルジャンクションということもあって、
休みになると駅前はヒマな若者でごった返す。
そのほとんどは市内からもっと大きな都市部に出て行くお出かけ組みで、
駅周辺には大きなデパート以外に遊ぶ所なんかない。
それでもどこから湧いたのかと思うほどの人混みには、
いつもこの大量の人間一人一人にそれぞれ人生ってのがあるんだよなあと考えさせられる。

北側の改札出口に俺が到着したのが九時五分前。朝比奈さんが既に来ていた。

白いノースリーブワンピースに水色のカーディガンを羽織った朝比奈さんは黒いリボンでポニーテールを結っていた。

手に提げたポーチもオシャレっぽい。

ポニーテールにうっとりしながら、一通りの挨拶をすませる。

93: 2014/07/03(木) 22:51:20.85 ID:ahu1Muc00
九時半をすぎてもハルヒや長門はこない。

「遅い」

俺はつい呟いた。

「古泉さんですか?」

朝比奈さんが俺の独り言に答える。

「あ、ああ……あいつには連絡をするのを忘れたんで、ハルヒと長門ですね」

「……お二人はこないと思いますよ」

「なにか心当たりが?」

「部室でのお二人の態度を見てたら当然かと……」

「はぁ……」

「待ってても仕方がないし、お茶でも行きませんか?」

朝比奈さんに促されるまま、喫茶店に移動する。

歩くたびにポニーテールがひょこひょこ揺れるのがとてつもなく素晴らしい。

個人的には後ろから眺める為に歩幅を遅くすると朝比奈さんも歩調を合わせて横にくるのが問題だ。

せめて前後に揺れるポニーテールを横から見ていたいのだが、

朝比奈さんはそうはさせまいとこちらを見て歩くためになかなか思うようにポニーテールをみられない。

94: 2014/07/03(木) 22:52:16.62 ID:ahu1Muc00
ロータリーに面した喫茶店のガラス張りになった窓際に二人そろって座る。

俺の提案はこうだった。

これから二手に分かれて市内をうろつく。ポニーテールを発見したら携帯電話で連絡を取り合いつつ状況を継続する。

のちに落ち合って反省点と今後に向けての展望を語り合う。

以上。

「えっ……」

朝比奈さんが固まる。とても不満そうだ。

「……折角なら二人で行動した方がいいと思います」

素晴らしいポニーテールを見つけた時に喜びを共有できると言うことだろうか?

確かに喜びは二倍になるなどと表現されるし、一理ある事だと思う。

95: 2014/07/03(木) 22:53:30.07 ID:ahu1Muc00
朝比奈さんと行動をともにすることにした。

「どうします?」

店を出た後、両手でポーチを持って朝比奈さんが俺を見上げた。

見上げなくてもいい。ただ後ろを見せて欲しいんです。あなたには

「うーん。まあここに立っててもしょうがないから、どっかプラプラしてましょうか」

「はい」

素直についてくる。ためらいがちに俺と並び、なにかの拍子に肩が触れ合ったりすると慌てて離れる仕草が初々しい。

俺たちは近くを流れている川の河川敷をポニーテールをさがしながら北上しながら歩いていた。

一ヶ月前ならまだ花も残っていただろう桜並木は、今はただしょぼくれた川縁の道でしかない。

散策にうってつけの川沿いなので、家族連れやカップルとところどころですれ違う。

なかなかポニーテールはいないものだ。たまに見かけても及第点には程遠い。

さっきのカップルの片方にいたっては、パルファンを付けてポニーテールにしていた。

ふざけるな。ポニーテールの何たるかが理解できていない。

そんなに強いのは汗臭さを隠すときのみポニーテールと併用できるのだ。

それでも、個人的にはデオドラントで隠す方がポニーテールとの相性はいいとは思うが……

96: 2014/07/03(木) 22:54:43.13 ID:ahu1Muc00
朝比奈さんの声で現実に引き戻された。

「わたし、こんなふうに出歩くの初めてなんです」

 護岸工事された浅い川のせせらぎを眺めながら朝比奈さんが呟くように言った。

「こんなふうにとは?」

「……男の人と、二人で……」

デートか、遊びと勘違いしてるのではないだろうか?

再びポニーテールでも探そうかと思っていた俺に、彼女は決然と

「お話したいことがあります」

そうはっきりと言ってきた。

98: 2014/07/03(木) 23:01:11.75 ID:ahu1Muc00
桜の下のベンチに俺たちは並んで座る。しかし朝比奈さんはなかなか話し出そうとはしなかった。

俺は座りながら、朝比奈さんのポニーテールを見つめ続けた。

手始めにこう言われた。

「わたしにポニーテールはそこまで似合わないと思うんです」

ポニーテールに私が、だろう?

「自分に言うのもなんですけど、私ってかなり可愛いじゃないですか?それに合わせて小動物系なんですし」

薄々気が付いてたが、自覚してやってたらしい。

朝比奈さんは語った。

「それに武器は胸だと思うんです。だから涙目になりながらビクビクしながら胸を腕で挟んで強調させてるんです。」

自分の魅力を完全に理解して、計算して行動してたようだ。

「ですから、基本的に正面の男性を受け身の形で虜にするのに特化してるんですよ。

でもポニーテールは基本的に後ろから見てでしょ?

あるいは踊ったり走ったりしてポニーテールを動かして躍動感を出すか……

そうなると、スラッとしたしたスタイルの子かポニーテールの揺れに負けない立派なお尻をもっているか、

運動をする子や、活発なタイプの子……そういう子にはポニーテールが似合うと思います」

概ね同意見だ。ただし、ポニーテールが似合うかじゃない。ポニーテールに似合うかだ。

100: 2014/07/03(木) 23:02:32.15 ID:ahu1Muc00
「似合わないのに、わたしがポニーテールにしている理由はね……」

朝比奈さんは何かを言おうとしたが、途中で止めて、新たな言葉を紡ぎ始めた。

「……ねぇ?あなたはポニーテールが似合う子がいいの?」

朝比奈さんは俺がポニーテールをしてる女性が好みだと勘違いしてるのだろうか?

俺はポニーテールをしている女性がいいんじゃない。ポニーテールがいいんだ。

俺は朝比奈さんに正直に伝える。

「ポニーテールが好きなだけで、ポニーテールが似合う女性には別に興味ありませんよ」

「……そう」

朝比奈さんはどこか安堵した表情を浮かべた。

101: 2014/07/03(木) 23:03:48.84 ID:ahu1Muc00
「わたしにはポニーテールは似合わないしやめようかなって思ったの」

朝比奈さんは、一番俺が聞きたくなかった言葉を言った。

「私ね、正面からなら大抵の男の子を虜に出来ると思ってたの。でも、あなたには通用しなかった。」

それよりもポニーテールはやめないで欲しい。

「さらには、ポニーテールの要求でしょ?馬鹿にされてるのかな?って思いました。」

馬鹿にしてるなんてとんでもない!ポニーテールフェチなんですってば!

「でも、単にポニーテールが好きなら仕方がないですよね」

そうです!仕方がないのです!

「そう言うわけで、もうちょっとだけポニーテールを続けますね」

なにがそう言うわけなのか解らなかったが、ポニーテールを続けてくれるなら問題はない。

102: 2014/07/03(木) 23:04:39.30 ID:ahu1Muc00
それはそうと、少し気になったことがあったので朝比奈さんに言っておいた。

「朝比奈さんはサヨリみたいですね」

「ああ、見た目は良いけど、腹黒いってことですね」

内容を知られてると恥ずかしい皮肉だ。しかし、平然と自分で見た目が良いって言っちゃったよ。

「軽蔑されてもいいの。ただ知っておいて欲しかったんです。あなたには」

どれだけの時間が経過したことか。

「朝比奈さん」

「はい……?」

「そろそろ団の活動に戻りましょう」

「はい」

朝比奈さんは微笑んだ。

103: 2014/07/03(木) 23:05:13.05 ID:ahu1Muc00
その後、俺たちはひたすらに街をブラついて過ごした。

デートじゃないんだからポニーテールを探してキョロキョロしてると、

たまに朝比奈さんほっぺたを軽くつまみ妨害をしてくる。

結果として、俺と朝比奈さんはコジャレ系のブティックをウィンドーショッピングして回ったり、

ソフトクリームを買って食いながら歩いたり、

バッタモノのアクセサリーを往来に広げている露天商を冷やかしたり……

つまり普通のカップルのようなことをして時間を潰した。

もっとポニーテールを探したかったんだけどな。

104: 2014/07/03(木) 23:07:16.30 ID:ahu1Muc00
別れ際に朝比奈さんに気になってた質問をした。

「一個だけ訊いていいですか?」

「何でしょう」

「なんで今日は付き合ってくれたんですか?」

どう考えても彼女はポニーテールを探す気がなかった。

朝比奈さんは背伸びをして俺の耳元に唇を近づけ、

「[禁則事項です]」

彼女はイタズラっぽく笑った。

105: 2014/07/03(木) 23:07:51.71 ID:ahu1Muc00
第四章 ~完~

106: 2014/07/03(木) 23:15:36.10
普通にイチャイチャしてやがる

109: 2014/07/04(金) 00:50:04.76 ID:2KaaaGHw0
第五章



週明け、そろそろ梅雨を感じさせる湿気を感じながら登校すると着いた頃には今までにも増して汗みずくになった。

教室で下敷きを団扇代わりにして首元から風を送り込んでいたら、珍しく始業の鐘ギリギリにハルヒが入ってきた。

ハルヒは二日前の団の活動をサボっていた。

「あのさ、涼宮。お前なんで土曜日こなかったんだ?」

「それが何?」

「いや、まあ何でもないんだけどな」

「かってに部員にするな」

ハルヒは斜め上を睨み、俺は前を向き、岡部教師がやって来てホームルームが始まった。

終業後、ハルヒには注意しても無駄なので、俺は部室へと行った。

110: 2014/07/04(金) 00:50:47.53 ID:2KaaaGHw0
部室で長門が読書する姿は今やデフォルトの風景であり、

もはやこの部屋と切り離せない固定の置物のようでもあった。

古泉一樹も一足先に部室に来ていた。古泉が口を開いた。

「土曜日は随分とお楽しみだったみたいですね」

連絡をするのを忘れてたのを思い出す。

「ちょっとミスってな。涼宮や長門がサボった所為で、こっちも碌なポニーテール見つけられなかったよ」

古泉は、昨日図書館から借り出した本に顔を埋めている長門を一瞥する。

「場所を変えましょう。朝比奈さんに出くわすとマズイですから」

111: 2014/07/04(金) 00:51:49.15 ID:2KaaaGHw0
古泉が俺を伴って訪れた先は食堂の屋外テーブルだった。

途中で自販機のコーヒーを買って手渡し、丸いテーブルに男二人でつくのもアレだけども、この際仕方がない。

「さて…単刀直入に言いましょう。あなたには………妄想癖がある」

「……なにを言ってるんだ?」

「涼宮さんは団員ではありません。むしろあなたを嫌悪しています。
……性犯罪者の様に思っていて警戒してるといった方がいいでしょうか」

これは何かの冗談なのか?

「なんで、その性犯罪者の居る部室にくるんだ?」

「長門さんや朝比奈さんが心配なんですよ。彼女も怖いし、嫌でしょう。」

古泉は紙コップをゆるゆると振って、

「席が後ろになった……ただそれだけで責任を感じて部活に顔を出してるんです」

「それではまるでハルヒが常識人みたいじゃないか」

古泉は無視して続ける。

112: 2014/07/04(金) 00:52:51.30 ID:2KaaaGHw0
長門さんもあなたを嫌悪してる。部室への闖入者だから当然でしょう。しかも最近はその感情が悪化してますね」
 
俺は黙ってコーヒーを飲んだ。減糖しておくべきだった。甘ったるい。

「長門さんの家に不法侵入したとも聞きました。一番の謎なんですが、どうして停学や退学にならないのですか?」

「なにを言ってるのかわからんが、要するに俺には願望を実現する能力があると……」

「いえ、そんなことは言っていません」

「そういうことができるのは神。差し詰め、俺は新世界の神。そう言いたいんだな?」

「…………」

長々と話したりしてすみませんでした、今日はもう帰ります、と言って、古泉はにこやかにテーブルを離れた。

120: 2014/07/04(金) 15:13:31.88 ID:2KaaaGHw0
結局その日、ハルヒは部室に姿を現さなかった。

「昨日はどうして来なかったんだよ」

例によって例のごとし。朝のホームルーム前に後ろの席に話しかける俺である。

机に顎をつけて突っ伏していたハルヒは面倒くさそうに口を開いた。

「何で部員扱いなのよ。話しかけないで」

121: 2014/07/04(金) 15:14:35.62 ID:2KaaaGHw0
「涼宮、前にも言ったかもしれないけどさ、普通の高校生らしくポニーテールにしてみたらどうだ」

ガバッと起きあがって睨みつけられる。

「あんたに気持ち悪いことを言われたくなくて髪を切ったのにまだ言うの?」

「だから、ポニーテールにしてデートがてら市内の散策とかやれよ」

あの日の朝比奈さんとの探索で、多くのカップルがいたのを思い出しながら俺はそう提案する。

「それにお前なら男には不自由しないぞ。ポニーテールにすればの話だが」

窓の外へぼんやり視線を固定したまま、ハルヒは無視した。

122: 2014/07/04(金) 15:15:16.49 ID:2KaaaGHw0
その後、午前の授業中のほとんどを、俺は熟睡して過ごした。

腹が減って四時間目に目が覚めるまで誰も起こさなかったのは奇跡……いや偶然だろう、やはり。

123: 2014/07/04(金) 15:15:58.67 ID:2KaaaGHw0
俺の下駄箱に入っていたノートの切れ端。

そこには、

『放課後誰もいなくなったら、一年五組の教室まで来て』

と、明らかな女の字で書いてあった。

時計は五時半あたりを指している。教室に残っている生徒など一人としていまい。

人気の絶えた廊下で、俺は深呼吸一つ。
窓は磨りガラスなので中の様子はうかがえないが、西日でオレンジ色に染まっていることだけは解る。
俺はことさら何でもなさそうに一年五組の引き戸を開けた。

誰がそこにいようと驚くことはなかったろうが、実際にそこにいた人物を目にして俺はかなり意表をつかれた。
まるで予想だにしなかった奴が黒板の前に立っていたからだ。

124: 2014/07/04(金) 15:16:38.92 ID:2KaaaGHw0
「遅いよ」

ポニーテールにした朝倉涼子が俺に笑いかけていた。

ポニーテールを揺らして、朝倉は教壇から降りた。素晴らしいポニーテールだ。七十…いや七十五点だろう。

そして朝倉の眉毛の異変に気が付いた。眉毛を横から見たポニーテールの様に剃っているではないか。

片眉につき五点と考えて、この朝倉涼子のポニーテール力は八十五点。ハルヒを越えて国木田に迫る勢いだ。

それが現実のポニーテールとして目の前にある。

教室の中程に進んで歩みを止め、朝倉は笑顔をそのままに誘うように手を振った。

「入ったら?」

ポニーテールに見惚れて、引き戸に手をかけた状態で止まっていた俺は、その動きに誘われるように朝倉に近寄る。

125: 2014/07/04(金) 15:17:37.01 ID:2KaaaGHw0
「ポニーテールか……」

「そ。意外でしょ」

くったくなく笑う朝倉。そのポニーテールの右半分が夕日に紅く染まっていた。

「何の用だ?」

精一杯、ぶっきらぼうに訊く。顔はにやけきってただろうが……

「用があることは確かなんだけどね。ちょっと訊きたいことがあるの」

俺の真正面に朝倉の白い顔があった。

「人間はさあ、よく『やらなくて後悔するよりも、やって後悔するほうがいい』って言うよね。これ、どう思う?」

「よく言うかどうかは知らないが、そのポニーテールは素晴らしいぞ」

「じゃあさあ、ポニーテールにはしたくないんだけど、せざる得ない時とき。あなたならどうする?」

「なんだそりゃ、ポニーテールでそんなのあるわけないだろう?」

俺の質問返しを朝倉は変わらない笑顔で無視した。

「とりあえずポニーテールにするしかないじゃない。上の方の命令なんだし」

「まあ、ポニーテールは素晴らしいし仕方がないな」

「でしょ?」

手を後ろで組んで、朝倉は身体をわずかに傾けた。ポニーテールの先端が少し見える。美しい。

126: 2014/07/04(金) 15:19:53.03 ID:2KaaaGHw0

「でもね、私はポニーテールが嫌いなの。あなたの視線も気持ちが悪い。
眉毛もポニーテール型とか意味が解らない。
だったらもう現場の独断で強硬にポニーテールをやめちゃっていいわよね?」

何を言おうとしているんだ?あんなに素晴らしいポニーテールをやめるだと?

「あなたのポニーテール狂いに、あたしはもう飽き飽きしてるのね。だから……」

ポニーテールに気を取られて、俺はあやうく朝倉の言うことを聞き漏らすところだった。

「あなたを殺してポニーテールをやめる」

後ろ手に隠されていた朝倉の右手が一閃、さっきまで俺の首があった空間を鈍い金属光が薙いだ。

猫を膝に抱いて背中を撫でているような笑顔で、朝倉は右手のナイフを振りかざした。
軍隊に採用されていそうな恐ろしげなナイフだ。

俺が最初の一撃をかわせたのはほとんど僥倖だ。
その証拠に俺は無様に尻餅をついて、しかもアホ面で朝倉の姿を見上げている。
下から見上げるポニーテールも素晴らしい。それと朝倉の視線。ゾクゾクするね。

なぜか朝倉は追ってこない。

127: 2014/07/04(金) 15:20:52.45 ID:2KaaaGHw0
……いや、待て。この状況は何だ? なんで俺が朝倉にナイフを突きつけられねばならんのか。
待て待て、朝倉は何と言った。ポニーテールをやめる?ホワイ、なぜ?

「冗談はやめろ」

こういうときには常套句しか言えない。

「マジ最高のポニーテールだって!その眉毛も最高だ。だから、よせ!」

もうまったくワケが解らない。解る奴がいたらここに来い。そして俺に説明しろ。

「冗談だと思う?」

朝倉はあくまで晴れやかに問いかける。それを見ているとまるで本気には見えない。
笑顔でナイフを向けてくるポニーテールの女子高生がいたら、それはそれで結構いい。
と言うか、確かに今俺はめちゃ興奮してる。

128: 2014/07/04(金) 15:21:59.98 ID:2KaaaGHw0
「ふーん」

朝倉はナイフの背で肩を叩いた。

「ポニーテールをやめられるのがそんなに嫌?わたしにはポニーテールの魅力がよく理解出来ないけど」

俺はそろそろと立ち上がる。冗談、シャレだよな、これ。
本気だったらシャレですまされんが。だいたい信じられるわけがないだろ。
ポニーテールの魅力が解らないなんて、本気とは思えるわけがない。

だが、もしあの気持ちが本物だったなら、俺が死んだらポニーテールをやめてしまうだろう。

「意味が解らないし、笑えない。いいからポニーテールをもっとみせてくれ」

「うん、それ無理」

無邪気そのもので朝倉は教室で女子同士かたまっているときと同じ顔で微笑んだ。

「だって、わたしは本当にポニーテールが嫌なんだもの」

129: 2014/07/04(金) 15:24:41.86 ID:2KaaaGHw0
ナイフを腰だめに構えた姿勢で突っ込んで来た。速い! が、今度は俺にも余裕があった。
朝倉が動く前に脱兎のごとく走り出し、後ろからポニーテールを見よう----として、俺は壁に激突した。

????

壁が出来ていた。

ありえない。

「無駄なの」

正面から近づいてくる声。

「この髪の毛は、わたしの情報制御下にある。脱出路は封鎖した。簡単なこと。
髪の毛を伸ばすなんて、ちょっと分子の結合情報をいじってやればすぐに改変出来る。
今のこの教室は密室。出ることも入ることも出来ない」

振り返る。夕日すら消えている。校庭側の窓もすべて髪の毛の壁に覆われていた。
知らないうちに点灯していた蛍光灯が寒々しく並んだ机の表面を照らしている。

本当なら、ハルヒと国木田の髪の毛を伸ばしてくれないだろうか?

130: 2014/07/04(金) 15:25:47.16 ID:2KaaaGHw0
薄い影を床に落としながら朝倉がゆっくりと歩いてくる。

「ねえ、あきらめてよ。結果はどうせ同じことになるんだしさあ」

「……こんなに伸びてたらポニーテールの清潔感が台無しじゃないか」

何回見ても壁は毛で出来ている。立て付けの悪かった引き戸も磨りガラスの窓も毛が覆っている。

俺が死んだら朝倉はポニーテールをやめてしまう。しかもこんなに長いのはポニーテールとしては認められない。
椅子を持ち上げて思いっきり投げつけてやった。
椅子は朝倉の手前でポニーテールに弾かれ、落ちた。

「無駄。言ったでしょう。髪の毛はあたしの意のままに動くって」

待て待て待て待て。

今のポニーテールの動きはかなりよかったぞ。どうやら髪全体が伸びている訳ではなく、一部が伸びてるだけだ。

ポニーテールを維持してると言える。何よりだ。

131: 2014/07/04(金) 15:27:02.00 ID:2KaaaGHw0
「最初からこうしておけばよかった」

その言葉で俺は身体を動かせなくなっているのを知る。髪の毛がまとわりついてる!ポニーテールで動けなくしてくれ。

下を向いた状態で固定された俺の視線に朝倉の上履きが入ってきた。ポニーテールが見えない最悪だ。

「あなたが死ねば、ポニーテールをやめられる」

俺を殺してもポニーテールだけはやめないで欲しい。

「じゃあ死んで」

朝倉がナイフを構える気配。どこを狙ってるんだろう。頚動脈か、心臓か。解っていれば少しは心構えも出来るんだが。
せめてポニーテールを見……れない。なんつうこっちゃ。

空気が動いた。ナイフが俺に降ってくる。

その時。

134: 2014/07/04(金) 16:11:29.39
意味がわからない(褒め言葉)

138: 2014/07/04(金) 19:54:08.10 ID:2KaaaGHw0
天井をぶち破るような音とともに瓦礫の山が降ってきた。
降り注ぐ白い石の雨が俺の身体を粉まみれにした。
このぶんじゃ朝倉のポニーテールも粉まみれだろう、それはそれで良さそうだ。是非見たい。
何故か髪の毛の呪縛は解かれており、顔を上げることが出来た。

顔を上げた俺は見た。何を?

朝倉と対峙しているポニーテール----長さが足りずに茶筅のようになっているが----をした長門有希の小柄な姿だった。

139: 2014/07/04(金) 19:55:10.66 ID:2KaaaGHw0
「一つ一つのプログラムが甘い」

長門は平素と変わらない無感動な声で、

「天井部分の空間閉鎖も、情報封鎖も甘い。だからわたしに気づかれる。侵入を許す」

「邪魔する気?」

対する朝倉も平然たるものだった。

「この人間が殺されたら、間違いなくポニーテールをやめられる。やめるにはそれしかないのよ」

「あなたはわたしのバックアップのはず」

長門は読経のような平坦な声で、

「独断専行は許可されていない。わたしに従うべき」

「いやだと言ったら?」

「情報結合を解除する」

「やってみる? ここでは、わたしのほうが有利よ。この教室はわたしの情報制御空間」

「情報結合の解除を申請する」

140: 2014/07/04(金) 19:56:08.30 ID:2KaaaGHw0
朝倉はいきなり五メートルくらい後ろにジャンプした。
それを見て俺は、ああ、あのポニーテールの動きは最高だな、とか悠長なことを思った。

一気に距離を稼いだ朝倉は教室の後ろにふわりと着地。ポニーテールもふわりとした。たまらない。

長門の方もちらりとみた。ポニーテールの出来損ないはまるで髷の様で著しく面白みに欠ける。

努力は買うがあの長さではポニーテールの躍動感は表せない。最低でもハルヒくらいの長さは欲しい。

甘口に採点しても十五点。合計八五点の朝倉のもつポニーテール達とは比較にならない。

頑張れ、朝倉。

141: 2014/07/04(金) 19:56:52.18 ID:2KaaaGHw0
「離れないで」

長門は俺のネクタイをつかんで引き下ろし、俺は屈み込んだ長門の背中に乗っかるような体勢で膝をついた。

「ポニーテール観察の邪魔をするな!」

思わず怒声を出していた。

「ね?そんな人間は殺した方がいいと思わない?」

まったくの余裕の表情で朝倉は佇んでいる。数メートルの間を挟んで長門と対峙。
俺はと言うと、朝倉の躍動に期待してポニーテールを見つめ続けていた。

142: 2014/07/04(金) 19:59:16.94 ID:2KaaaGHw0
長門は俺の頭をまたいで立っていた。邪魔だ。朝倉のポニーテールが見えにくい。
小説の朗読をするような口調で長門は何かを呟いた。こう聞こえた。

「私もこんな人間は庇いたくない。ポニーテールフェチで気持ちが悪い。
仮にポニーテールにしたら気持ちの悪い視線に耐えきれないだろう」

心配するな。長門の今のポニーテールを視るなら、朝比奈さんの揺れるポニーテールを眺め続けるだろう。

「あなたのポニーテールには興味がないみたいだわ」

極彩色の蜃気楼の陰に隠れた朝倉の声がどこから聞こえてくるのは全然解らない。

姿を現してあのポニーテールを見せてほしい。

長門のかかとが俺を思い切り蹴飛ばした。

「なにをする」

俺は蹴られた場所を抑えながら言った。

「嫌悪感による生理的反応」

「…………」

ポニーテール----十五点とはいえ----の美少女が男を足蹴にする絵を想像して一人悦に入ってしまっていた。

143: 2014/07/04(金) 19:59:57.42 ID:2KaaaGHw0
長門の顔から眼鏡が落ちて、床で小さく跳ねた。

「朝倉!」

我に返る。朝倉----正確には朝倉のポニーテール----を探さなければ!

「あなたは動かないでいい」

胸から腹にかけてビッシリと突き刺さった槍----おそらく髪製----を一瞥して長門は平然と言った。

鮮血が長門の足元に小さな池を作り始めている。

「へいき」

大丈夫らしい。朝倉探しを続行しよう。

144: 2014/07/04(金) 20:01:14.28 ID:2KaaaGHw0
「じゃ、とどめね」

揺らぐ空間の向こうに、朝倉の姿が見え隠れする。笑っている。ようやく見つけたので、俺も微笑んでいた事だろう。

「死になさい」

ポニーテールが伸びて長門に襲い掛かる。

「終わった」

ポツリと言って、長門はポニーテールを握った。何も起こらない。

「終わったって、何のこと?」

朝倉は勝ちを確信したかのような口調。

「情報連結解除、開始」

いきなりだ。

教室のすべてのものが輝いたと思うと、その一秒後にはキラキラした砂となって崩れ落ちていく。
俺の横にあった机も細かい粒子に変じて、崩壊する。

「そんな……」

天井から降る結晶の粒を浴びながら、今度こそ朝倉は驚愕の様子だった。

145: 2014/07/04(金) 20:01:57.18 ID:2KaaaGHw0
長門の体中に刺さった髪の毛も砂になる。

朝倉は観念したように言葉を吐いた。

「あーあ、残念。でも良かった。これでそこの人間のいやらしい視線から解放されるわ」

朝倉は俺を見て嫌悪感を隠さない顔になった。

朝倉の胸から足はすでに光る結晶に覆われていた。

音もなく朝倉は小さな砂場となった。

146: 2014/07/04(金) 20:02:47.40 ID:2KaaaGHw0
八十五点が砂となった。

そんなの認められるわけがない。

俺がそう思うと、逆再生したかのように砂が立ち上り、朝倉が再生された。

「え!?なに!?」

朝倉が変な声をあげる。

「そういえば、古泉によれば、俺には願望を実現する能力があるらしい」

「折角変態から解放される良いチャンスだと思ったのに、残念ね」

147: 2014/07/04(金) 20:04:22.65 ID:2KaaaGHw0

「ういーす」

ガサツに戸を開けて誰かが入ってきた。

「わっすれーもの、忘れ物ー」

自作の歌を歌いながらやってきたそいつは、谷口だった。

「お!?なんだ?まだ寝てたのか?」

谷口の声にこたえるからの様に、俺はあくびしながら机から体を起こした。

「お前、今日は一日寝てたんじゃないか?昼飯を食ってるところしか見なかったぜ?」


148: 2014/07/04(金) 20:05:14.64 ID:2KaaaGHw0
どうも寝ていたらしい。確かに昼飯を食べた後の記憶が曖昧だ。

昨日、古泉が俺に対して『願望を実現する能力がある』とか
『新世界の神』とか言うものだから妙な夢を見てしまったようだ。

急に下駄箱にいたからおかしいと思った。

教室移動もあったはずだが、誰も起こさなかったのは奇跡……いや偶然だろう、やはり。

「俺は忘れ物を取りにきただけだから、じゃあな!」と谷口。

俺は盛大なため息をついた。

「朝倉のポニーテール……夢とはいえ素晴らしかった。……でも夢かぁ…」

翌日、クラスに朝倉涼子の姿があった。ポニーテールはしていなかった。



第五章 ~完~

149: 2014/07/04(金) 20:06:29.36
普通に喋ってくれる谷口に乾杯

153: 2014/07/04(金) 22:57:49.08 ID:2KaaaGHw0
第六章



それは封筒の形をして俺の下駄箱に入っていた。昨日の夢は予知夢だったのかな?

少女マンガのオマケみたいな封筒の裏に名前が記入されている。

朝比奈

と、読めた。朝倉ではなかった。がっかりだ。いや、『朝』まで一緒なんだ、一字や二字は誤字かもしれない。

154: 2014/07/04(金) 22:58:53.67 ID:2KaaaGHw0
封を切ったところ、印刷された少女キャラのイラストが微笑む便箋の真ん中に、

『昼休み、部室で待ってます』

四時限が終わるや俺は、誤字であることに期待して部室まで早歩き。

まだ五月だと言うのに照りつける陽気はすでに夏の熱気、
太陽は特大の石炭でもくべられたみたいに嬉しそうにエネルギーを地球へ注いでいる。

三分とかからず、俺は我が部室前に立つ。とりあえずノック。

「あ、はーい」

確かに朝比奈さんの声だった。がっかりだ。部室の中には夢も希望も無い。渋々部屋に入る。

155: 2014/07/04(金) 22:59:59.60 ID:2KaaaGHw0
長門はいなかった。それどころか朝比奈さんもいなかった。

校庭に面した窓にもたれるようにして、一人の女性が立っていた。
白いブラウスと黒のミニタイトスカーとをはいている髪の長いシルエット。足許は来客用のスリッパ。

その人は俺を見ると、駆け寄り、俺の手を取って握りしめた。

「……初めまして」

朝比奈さんじゃなかった。朝比奈さんにとてもよく似ている。本人じゃないかと錯覚するほど似ている。実際、本人としか思えない。

でもそれは朝比奈さんではなかった。朝比奈さんはこんなに背が高くない。
こんなに大人っぽい顔をしていない。ブラウスの生地を突き上げる胸が一日にして三割増になったりはしない。
なによりポニーテールにしていない。

俺の手を胸の前で捧げ持って微笑んでいるその人は、どうやったって二十歳前後だろう。
中学生のような朝比奈さんとは雰囲気が違う。そかしそれでもなお、彼女は朝比奈さんとウリ二つだった。何もかもが。

「あの……」

俺はとっさに思いつく。

「朝比奈さんのお姉さん……ですか?」

その人は可笑しそうに目を細めて肩を震わせた。笑った顔まで同じだ。

「いえ、わたしは母親です」と彼女は言った。

156: 2014/07/04(金) 23:01:51.33 ID:2KaaaGHw0
「朝比奈みくるの母です。『お姉さんですか?』とか上手なんだから」

俺はバカみたいな顔をしていたに違いない。
よく一卵性親子などと称して若作りがした母親が娘と同じ格好をしてたりするが、この人は無理せずに二十歳前後に見える。

「あ、別に継母とかそんなのじゃないわよ?」

何かを察したのか、朝比奈母は言った。

年齢不詳の朝比奈さんは、居住まいを正し、こほんと乾いた咳を一つ落として、

「ポニーテールがお好きなんですって?」

「もちろん」

「わたしがポニーテールをしたらどうかしら?」

朝比奈母は髪の毛を手で束ねて、軽く体を一周させた。

髪の毛が弧を描いた。ポニーテールの魅力の引き出し方を熟知している者の動きだ。

しかも最後に軽く逆に動き、ポニーテールが乱れることこと、それが正面にいる者に印象を与えることまで計算している。

この人は間違いなく、朝比奈さんの関係者だ。

「……そうですね。ポニーテールを使いこなせてますし、長い手足や成熟したスタイルはポニーテールを従えています」

ポニーテールに関する事ならば、正直に答えなけらばならないだろう。俺は続ける。

「ポニーテールをアピールの一部としており、
マドンナと同様にファッションとしてのポニーテールとしては一つの到達点になると思います」

ポニーテールが似合う人には二種類いる。健全・活発系とセクシー系だ。だが、後者はポニーテールには似合わないのだ。

「同じ部活の子の母親にもはっきり言うのね。ポニーテールが好きと言う割には、随分苦々しい顔をして論評してたみたいだけど?」

「……俺が好きなのはポニーテールなんで」

157: 2014/07/04(金) 23:03:44.29 ID:2KaaaGHw0
やっぱりね。とでも言いそうな顔をして朝比奈母は言ってきた。

「あなたに一つだけ言いたいことがあって来たの。」

急に真面目な……いや、覚悟を決めた母親の顔とでもいうのだろうか?そんな顔になった。

「手短に言います。娘はあなたにお熱の様だけど、無駄なのはわかってるの。娘とはあんまり仲良くしないで」

「…………」

「ポニーテールフェチでも、実家が資産家なら親としては応援するんだけど……あ!いま言った事は忘れてください」

天然なのとか故意となのか……

が、再び真面目な顔になると、

「娘には玉の輿に乗って欲しくて誑し込むテクニックを叩きこんだの……」

急に顔を真っ赤にして、

「あ!やっぱりいま言った事も忘れてください!」

首を振りながら、空気の立て直しを図っているようだ。

高校生の娘を持つ母親の行動と思うと微笑ましい。

「娘に悪さをするくらいなら、おばさんが遊んであげるから……ね」

ウィンクをしてきた。

「俺、ポニーテールフェチなんで……」

「うん。知ってる。本当は女の子にも興味がないでしょ?」

「そうです。フェチですから」

俺がうなずくと朝比奈母は、得心したような顔をした。

「娘に悪さをすることはなさそうね。じゃあ、もう行きます」

入り口に走った朝比奈母に、俺は声をかけた。

「俺も一つ教えてください!」

ドアを開こうとしてピタリと止まる朝比奈母の後姿。

「お母さん、今、歳いくつ?」

巻き毛を翻して朝比奈さんは振り返った。

「[禁則事項です]」

158: 2014/07/04(金) 23:05:03.59 ID:2KaaaGHw0
ドアが閉まった。

はー、それにしても朝比奈さんのお母さんががあんなに若く見えるとは、と考えて、髪質も若かったな。
努力の賜物なのか、体質によるものなのか。
後者なら、朝比奈さんは四十を超えても綺麗な髪でポニーテールを結える可能性があるのか……

腹が減った。教室に戻ろう。

161: 2014/07/04(金) 23:53:20.81 ID:2KaaaGHw0
放課後、朝倉のポニーテールに未練があったので、何とか自宅を割り出そうとした。

しかし、ガードが固くて無理だった。残念だ。

帰り道一人子供の頃の事を思い出した。

小学生の、六年生の時。家族みんなで野球を見に行った。俺は野球なんか興味なかったが。着いて驚いた。見渡す限り人だらけだったね。野球場の向こうにいる米粒みたいな人間がびっしり蠢いていたのだ。日本の人間が残らずこの空間に集まっているんじゃないのかと思ったね。親父が言うには二千万人くらい居るだろうって話だった。最近になって知ったがそんな野球場は存在しない。オレの想像だが精々三百万くらいだったのだろう。試合中、親父が売り子のお姉さんにビールを注文していた。そのお姉さんの顔は全く覚えていないが、その人がポニーテールだったのは強く印象に残っている。思い返せば、このお姉さんのポニーテールの先が俺の鼻先をくすぐったのが、俺とポニーテールの初めての出会いだった。今でもハッキリと憶えているが、その時、俺は愕然とした。鼻先をくすぐる何とも言えない快感と売り子で汗をかいていたのだろう、微妙に汗の臭いが混じったシャンプーの香り。世の中にはこんなにも素敵なものがあるんだと感じたね。しかも球場を見渡すと多くの人。当時は親父の言葉を信じてたから、日本の人口が一億数千万を二千万で割って、六分の一。俺はまた愕然とした。それだけ多くの人間がこの球場にはいるんだとね。一人ひとり汗の臭いは違うし、シャンプーも違う。髪質だって違う。皆ポニーテールをしたら、それぞれ違う魅力があるんだろうと思った。
この日本の人口の六分の一が集まっている球場でそんな事を考えてるのは自分だけだと思った。ポニーテールの人は見かけるが、みんな注目していないし、ポニーテールに出来る人もポニーテールに結ってないからだ。この時、俺は自分が特別な人間だと思った。その時気付いた。俺が愕然としたさっきのポニーテールもありふれたものでしかないんだ。あの愕然としたものはどこにでもあるものなんだってね。そう気づいたとき、俺は急に全てのポニーテールを堪能したく感じた。ありふれたポニーテールでさえ、あのように素晴らしかったんだ。そして世の中のこれだけの人がいたら、その中には至高のポニーテールもあるんだ、そうに違いないと思った。それに未だに出会わないのは何故?小学校を卒業するまで、俺はずっとそんなことを考えていた。考えていたら思いついたんだ。ポニーテールは待っててもやってこないんだってね。中学に入ったら、俺は周りをポニーテールに変えてやろうと思ったんだ。待ってるだけの男じゃないことを人類に訴えようと思った。実際俺なり呼びかけたつもりだ。だが、結局は国木田すらポニーテールにしてくれなかった。そうやって俺はいつの間にか高校生になってた。朝比奈さんは凄く変わってるか、それか、とても良い子な気がしてきた。

167: 2014/07/05(土) 12:25:32.06 ID:hlzas/iJ0
自宅に戻ると、門の前で古泉一樹が俺を待っていた。

「こんにちは」

「家の住所は教えてないはずだが」

「学校に聞いたらあっさり教えてくれました」

「俺が朝倉の住所を聞いても教えてくれなかったのにか?」

「あなたの場合は仕方がないと思いますよ」

スマイルゼロ円みたいな笑みをたたえる古泉は、

「少しばかりお時間を借りていいでしょうか。案内したいところがあるんですよ」

「ポニーテールがらみで?」

「……タクシーに乗りながら道中ポニーテールでも探しましょう」

俺は自宅の扉を開けると玄関に鞄を置き、ちょうど奥から出てきた妹に、
ちょっと遅くなるかもしれないことを告げ、また古泉のところへ取って返し、その数分後には車上の人となっていた。

168: 2014/07/05(土) 12:26:09.81 ID:hlzas/iJ0
ありえないくらいのタイミングの良さで通りかかったタクシーを古泉が止めた。

「どこに向かってるんだ?」

「そうですね……とりあえず、上野駅。そこの13番ホームのトイレがとりあえずの目的地ですかね」

「わざわざ遠出する必要があるのか?」

「ええ。神人……と僕が呼んでいるのと、僕の同志たちが日夜戦ってるんですよ」

「お前の同志ってことは、俺の同志でもあるのか?」

「んふっ。どうでしょう?」

174: 2014/07/06(日) 01:54:01.19 ID:awyiWCiX0
さっきの言い方で気になったところがあった。

「とりあえずの目的地?」

「ええ。別に行く必要はないんですよ。僕としてはこうやって親睦を深めるのが目的ですから」

「別に喋るだけなら学校でも可能だろう?」

「御冗談を!部活……団活でも良いのですが、滅多に活動してないじゃないですか」

言われてみるとそんな気がした。

「たまに集まっても、あなたは朝比奈さんのポニーテールを見てるだけで上の空です」

古泉は薄く笑いながら、

「この前は、食堂で二人っきりになれたのに煙に巻かれましたしね。そんなわけでお連れしたのですよ」

実は俺の方も古泉に言いたいことがあったのを思い出した。

175: 2014/07/06(日) 01:55:40.84 ID:awyiWCiX0
「なぁ、古泉。お前…本当はポニーテールに興味がないだろ?」

古泉は笑みを崩さないまま答える。

「ええ。おっしゃる通り、全く興味がありません」

「……なんの為にSOS団に入団したんだ?」

後部座席に並んで座っている古泉は、俺に横目をくれて、

「あなたに近づきたい。ただそれだけの理由で入団したのですよ」

「それは……」

俺の発言を遮り、ふっと息継ぎみたいな笑い声を上げて、古泉は言った。

「ええ。お察しの通り同性愛者ですよ」

タクシーが信号で止まる。運転手はぎょっとしたような顔をして、俺たちをバックミラーで確認していた。

177: 2014/07/06(日) 02:28:19.20 ID:awyiWCiX0
「気持ちは嬉しいが俺は……」

「ポニーテールにしか興味がないとおっしゃるのでしょう?」

「ああ」
 
「朝比奈さんや朝比奈さんの母親が僕に接触してきたのはご存知ですか?」

「ご存知でないな」

「彼女たちは流石です。朝比奈さんは一言二言かわしただけ、母親に至っては一目で見抜いたようです」

「同性愛者ってことをか?」

「ええ。もっと正確に言えば、自分に興味がなくて誘惑が不可能ってことをでしょう」

なんだか腑に落ちないところがあったが、古泉の言葉に耳を傾ける。

178: 2014/07/06(日) 02:29:24.46 ID:awyiWCiX0
「実を言いますと、僕は女性もイケる口なんです。ですが、彼女たちは諦めた。なんでだと思います?」

ちっとも解らん。

「ご安心を。僕は一途で今はあなたしか目に入っていなかったからです」

なにを安心なんだ?

「ここで一つの疑問が生じます。洞察力に優れた朝比奈さんが何故あなたへの誘惑を続けるのか?僕があなたに惹かれるのか?」

「俺がポニーテール以外にも反応してると言いたいのか?」

「ええ、その通りです。ポニーテールフェチという希望と、生身の人が良いという常識論が、あなたの中でせめぎ合っているんですよ。
あなたは言動こそエキセントリックですが、その実、まともな思考形態を持つ一般的な人種なんです。」

「そうなるとお前の要望には応えられなくなるが?」

「僕はノンケでも構わないのです。僕色に染まるのもいいと思いますよ。あるいは、あなた色に染めてください」

そんなことを大真面目な顔をして言うな。

179: 2014/07/06(日) 02:30:04.84 ID:awyiWCiX0

「そろそろ上野駅です。ここまでお連れして言うのも何ですが」

古泉は前を見たまま、

「今ならまだ引き返せますよ」

俺はハッキリ言ってやった。

「さっさとUターンしろ」

困ったものです、と呟いて、古泉は運転手に、「まっがーれ↓」と指示した。

それきり俺の自宅に到着するまで、俺は窓に映る人ゴミの中のポニーテールを眺め続けた。




第六章 ~完~

189: 2014/07/06(日) 12:55:49.12 ID:awyiWCiX0
第七章



季節は本格的に夏の到来を前倒しすることを決めたに違いない。

「よっ」

登校中の俺の横から挨拶してきた谷口もさすがに汗まみれだった。

「谷口」

俺は訊いた。

「俺って、ポニーテールフェチの男子高校生だよな」

「はあ?」

そんな面白い冗談は初めて聞いたと言わんばかりのわざとらしい顔をする谷口。

「まずポニーテールフェチの意味を定義してくれ。話はそっからだな」

「そうかい」

訊かないほうがマシだった。

190: 2014/07/06(日) 12:56:49.13 ID:awyiWCiX0
「嘘嘘、冗談。お前がポニーテールフェチかって? あのな、普通の男子生徒は、自己紹介でポニーテールを募集したりはしねえ」

覚えていたらしい。

「俺も男だ。気持ちは解らなくもない。だがな、解るだろ?」

全然。

「どうしてあんなことを言ったんだ。え?」

そんなことより、

「あれはだな……」

俺は釈明した。いかにポニーテールが優れているのか。ポニーテールは至上の存在であり、夏の汗の臭いと混じったそれは最高の青春の結晶だと。マドンナの様なポニーテールはポニーテールを下位においており、邪道である事。真摯なポニーテールにすること、全人類の義務であること。ポニーテールの先の刺激の素晴らしいこと、ポニーテールが動いたときに臭いがばら撒かれること、それは視覚的な意味も含まれてるいること、濃縮されたシャンプーと、熟成された汗の臭いが混じったそれは至高の存在でそのうち海原雄山も料理に利用するであろうことを。

「フェチだな」

同意された。

191: 2014/07/06(日) 12:57:51.75 ID:awyiWCiX0
ついでに訊いておこう。

「なあ、谷口、お前、ポニーテールは好きか?」

「あーん?」

谷口は、

「……俺の興味の対象は女の子だからなぁ。ポニーテールも悪くはないと思うが……。
短い間だったが、お前は妙な奴だった。あんまり近づかないでくれ。変態が移る」

俺は谷口を小突き、谷口はぷふぅと吹き出してから表情を崩して笑い出した。

校門から校舎へと続く石畳を歩きながら、まあ一応感謝しておく。少なくとも話している間は暑さが少しは紛れたからな。

193: 2014/07/06(日) 13:33:44.27 ID:awyiWCiX0
そう、その日、俺はSOS団的活動をせずにすごした。

あまりの何もなさに物足りなさを感じつつも、「なあに、時間ならまだまだあるさ」と自分に言い聞かせてまた漫然と明日を迎える繰り返し。

夜になって、晩飯だの風呂だの明日の予習だのを適当に済ませ、もう後は寝るしかない時間を時計の針が指したあたりで、俺は自室のベットに寝ころんでサラブレッドの写真集をひもといていた。たまには本物もいいかなと思って何の気なしに眺め始めたのだが、これが存外退屈で、俺はいつの間にか眠りに落ちていた。

頬を誰かが叩いている。うざい。眠い。気持ちよく眠っている俺を邪魔するな。

「……もし」

まだ目覚ましは鳴ってないぞ。何度鳴ってもすぐ止めてしまうけどな。

「起きてください」

いやだ。俺は寝ていたい。

「神人か僕の同志達に寝込みを襲われますよ」

嫌な予感がして俺は目を開いた。

194: 2014/07/06(日) 13:34:48.43 ID:awyiWCiX0
「やっと起きましたか」

俺の横で膝立ちになっているブレザーの制服をまとっている古泉が、笑顔をたたえていた。

「ここ、どこだか解りますか?」

解る。学校だ。俺たちの通う県立北高校。その校門から靴脱ぎ場までの石畳の上。
明かりひとつ灯っていない、夜の校舎が灰色の影となって俺の目の前にそびえ----。

ただ一面に広がる暗い灰色の平面。単一色に塗り潰された燐光を放つ天空。月も星も雲さえない、壁のような灰色空。

世界が静寂と薄闇に支配されていた。

「上野駅13番ホームのトイレです」

俺の思考を阻むように古泉が答えを言う。

「ようこそ、僕たちの世界へ」

古泉は何時もと変わらない笑顔をたたえている。

197: 2014/07/06(日) 13:56:32.66
(((((;゚Д゚)))))

198: 2014/07/06(日) 14:19:37.12 ID:awyiWCiX0
古泉は何時もと変わらない笑顔をたたえている。

「始まったようです。見て下さい」

見た。

青く光る巨人の姿が見えた。

「あれが神人です」

目を凝らすと赤い光点が巨人の周りをまわっている。

「激しく責めたてているのが僕の同志達です」

「俺もお前の同志になれと?」

「いえ、あなたは神人でお願いします。ネコと表現した方がいいでしょうか?僕たちはいわゆるタチなんで」

「俺はあんなにデカくないぞ?」

「あれはイメージ映像なんで………もっとも、あなたは十二分に大きいとは思いますがね」

話しているうちに巨人が崩れた。それを見て古泉が解説する。

「神人が満足したようですね。僕もあなたを満足させたいのですが…いかがですか?」

「ポニーテールも無い奴に俺が満足する訳ないだろう?」

古泉はやれやれと言った仕草をしながら言った、

「そうですか?仕方がありませんね」

199: 2014/07/06(日) 15:30:22.89 ID:awyiWCiX0
見慣れた天井を目にして固まった。

そこは部屋。俺の部屋。首をひねればそこはベッドで、乱れた布団が半分以上もベッドからずり下がり、
そして俺は手を後ろについてバカみたいに半口を開いているという寸法だ。

思考能力が復活するまでにけっこうな時間がかかった。

また古泉が妙なことを言ったから夢を見てしまったようだ。

何が上野駅13番ホームのトイレだ。上野駅にすら行った事がないぞ

神人?同志達?そう言えば何のことか聞きそびれたな。

目覚し時計を持ち上げて現時刻を確認、午前二時十三分。

……寝よう。

200: 2014/07/06(日) 15:32:25.60 ID:awyiWCiX0

そんな感じで、翌日の学校である。

久しぶりに団活をしようと思い、古泉への連絡の為に一年九組の教室へ向かい、
開けっ放しの戸口から教室を覗いたところでまた立ち止まった。

古泉は座っていた。何だろうね、あれ。頬杖をつき、外を見ている古泉の後頭部がよく見える。

後ろでくくった髪がちょんまげみたいに突き出していた。ポニーテールには無理がある。それ、ただくくっただけじゃないか。

「よう、ポニーテールのつもりか?」

俺は古泉に声をかけた。

「ええ、そのつもりです。どうですか?僕のポニーテールは」

古泉は笑顔を絶やさずに応える。

「短くてポニーテールとは言えないな」

「そうですか?あなたならそれでもお気に召すと思ったのですが」

そう言いながら、髪をほどいていた。

団活の予定を告げ教室を去り際に古泉に声をかけた。

「古泉」

「なんですか?」

寂しそうな古泉に、俺は言ってやった。

「もう少し伸びたら論評してやるぞ」

実際、伸ばしたらポニーではなく、若駒と言った感じになるのだろうか?

その日を楽しみに俺は教室を立ち去った。





チラ裏SS オチマイ

付き合って頂いた皆様においては、お疲れ様でした。


興味のないポニーテールを書き過ぎて、途中でこのSSの朝倉状態でした。

作風が急変したと感じた場所があったら、たぶんそこです。


続編的なのをもう一回書く予定ですが、ポニーテール成分が抜けるまで他のSSでも書くので、後になります。

201: 2014/07/06(日) 16:00:45.50
いや面白かったよ乙

203: 2014/07/06(日) 16:18:20.71
ユニーク

おつ

214: 2014/07/12(土) 02:35:54.59 ID:201HXKrc0
ある日のこと、回覧板にチラシが挟まっていた。

「第九回市内アマチュア野球大会参加募集のお知らせ」

その時は、『ふーーん』としか思わなかった。

なにせ俺は野球に興味がない。野球に関する思い出は、>>161のようなものがあるのだが。

だが、次の日の授業中に俺は思いついた。

「野球大会に出ればいいんだ!」

授業中にも関わらず、俺は立ち上がって叫んでしまった。それほど素晴らしいアイデアだったのだ。

英語の女教師は、俺の叫びにビクッっとして振り返る。

音の発生源が俺だと確認すると、「またか」という顔をして注意もせずに板書に戻った。

215: 2014/07/12(土) 03:30:23.31 ID:201HXKrc0
その日の昼休み。

いつもの様に谷口と国木田と共に弁当を広げようと彼らと机を合わせる。

俺を見た国木田が開口一番、

「またきたの?」

と言ってきた。あいつなりの不器用な愛情表現なんだろう。

ブロッコリーを口に掘り込みながら谷口が俺に話を振ってきた。

「お前、また授業中に妙なことをしてたな」

どこか愉快そうに聞いてきた。

その事に関して、俺も国木田と谷口に話があったから丁度いい。

俺は椅子に腰かけながら答えた。

「丁度、その事に関してお前たちに頼みがあるんだ」

弁当を広げながら続ける。

「野球大会に出ないか?」

谷口は「はぁ?」という顔をした。実際に口から出た言葉も同じだったのだが。

216: 2014/07/12(土) 09:39:37.00 ID:201HXKrc0
「ポニーテール以外にも興味を示すなんて信じられないな」

国木田はシュウマイの上のグリンピースを取りながら言った。

グリンピースも美味しいのになと思いながら、俺は続ける。

「昨日、回覧板に市民野球大会のお知らせが入っててな。それで思いついたんだ」

「それで、その大会は何時あるんだよ?」

谷口は何ともつまらなそうな顔をして卵焼きを頬張る。

「確か、土曜か日曜だったはずだ。トーナメントだから勝ち進むと数週間かかる」

谷口はまた「はぁ?」という顔をした。今度「はぁ?」の後にも言葉が続いた。

「はぁ?お前なに言ってんだよ?貴重な休日をお前の球遊びで潰せっていうのか?しかも下手すれば数日を!!」

国木田も続く。

「言っておくけど、僕も参加しないよ。はっきり言って君の為に浪費する時間なんてないから」

これは困った。SOS団だけでは5人しかいない。もっともこいつらを入れても7人なのだが。

217: 2014/07/12(土) 11:04:13.41 ID:201HXKrc0
その時意外な人物が声をかけてきた。

「あら?あなたたち、野球大会に出るのかしら?」

朝倉涼子だった。眉毛だけでもいい、ポニーテールにしてくれないだろうか?

俺がそんな事を考えていたら、谷口が答えていた。

「いや!こいつが出たいって言ってるだけで俺達は別にそんな……」

「あら……そうなの?残念。折角応援に行こうと思ったのに…」

そう答える朝倉涼子は本当に残念そうだ。

谷口は驚いて言い直した。

「と!言うのは言い間違いです!!俺達は野球大会に参加します!なぁ、国木田?」

急に話を振られた国木田は少し戸惑いながらも、

「谷口が参加したいって言うなら僕も行っていいけど……」

その言葉を聞くや、谷口は再び朝倉涼子の方を見てアピールをした。

「そう言う事で応援ヨロシク~!!ところで、野球が好きなので?」

朝倉涼子は少し考えた後に、

「野球は……う~ん…まぁ、普通かな?それよりも彼がまだクラスに馴染んでなくて心配だったから……」

国木田はすかさずに答える。

「こいつは心配する価値なんてないと思いますよ」

話の流れからして心配されてるのは国木田、お前だ。俺が国語の教師だったら1をつけていただろう。

そして、放課後、俺はSOS団の団員に野球大会参加を告げる為に部室に向かった。

220: 2014/07/12(土) 16:03:29.51 ID:201HXKrc0
部室には既に長門と古泉がきていた。

長門はいつもの指定席で、俺には一瞥もくれずに読書を続けている。

古泉はいつもの変わらぬ笑顔で俺の方をみて、一言だけ言った。

「おや?珍しい」

俺も椅子に座り、団員が揃うのを待っていると暫くしたら朝比奈さんがきた。

ドアを開けて、俺の姿を確認すると、

「ちょっと待っててください!ポニーテールにしてきますから」

そう言って再びドアを閉めた。

「朝比奈さんは普段はポニーテールにしてないんですよ。
あなたに見せる為だけに髪型を変える……健気だと思いませんか?」

古泉は笑顔のままで俺に説明した。

221: 2014/07/12(土) 18:18:44.45 ID:201HXKrc0
朝比奈さんがポニーテールにして、再び部室にきた。

「ごめんなさい、お待たせしました。」

朝比奈さんはそう言うと可愛らしく頭を下げて席に着いた。短時間で完璧なポニーテールに仕上げてきた。流石である。

「ハルヒはまだこないのか?」

俺がそう言うと、小泉と朝比奈さんが顔を見合わせる。そして古泉は変わらぬ笑顔で俺の方を見て口を開いた。

「残念ながら涼宮さんはこないと思いますよ」

またサボりのようだ。待ってても仕方がないので、本題を発表することにした。

「野球大会に出るぞ!」

222: 2014/07/12(土) 18:19:48.68 ID:201HXKrc0
一同は何のリアクションも起こさない。

俺の意図する所が理解できないのだろうか?俺がそう思っていると古泉が発言した。

「それは……野球大会ならポニーテールが期待できるということでしょうか?」

「その通り!解っているじゃないか」

「あの~……わざわざポニーテールにしないで、首の辺りで結んじゃうと思います。
その方が邪魔にならないし…髪も痛まないから……」

とは、ポニーテールにしている朝比奈さんの意見。

あーあー聞こえない。

「それに野球には九人必要なんですよ?失礼ながら、あなたの人望で集まるとは思えませんが……」

古泉が笑顔のままで痛いところ突いてくる。

だが、すでに谷口と国木田も誘ってある。後は、適当に妹も入れればいいな。

「古泉。俺の人望を馬鹿にするな。既に八人程確保している」

「これは意外です」

本当に意外そうな顔をした。

「一人くらいなら私もお友達を呼んできます」

そう言ってくれたのは朝比奈さんだ。

お蔭で九人は揃いそうだ。

この日の団活を終了し、帰りに大会出場のエントリーも済ませた。

翌日、それぞれに今度の日曜日に試合がある事を伝えた。

そして、一度も練習もせずに大会当日を迎えた。

223: 2014/07/13(日) 00:22:13.48 ID:bThoOu710
日曜日。午前八時ちょうど。

俺たちは市営グラウンドに集合の予定だった。陸上競技場に隣接する野球場は合計二つ。

一回戦は五イニングまで。夕方までにベスト4を決め、準決勝と決勝は来週の日曜日にやるという二週がかりの大会だ。

出場チームは無数だが、他の参加者たちはほとんどがちゃんとした野球のユニフォームを着ていた。

俺達はと言うとジャージだったり、私服だったりとバラバラだ。

集まっている面子を確認する。俺、俺の妹、谷口、国木田、小泉、朝比奈さん、朝比奈さんの友達と思われる学校のジャージを着た女生徒、
朝比奈さんのお母さん、朝倉である。最後の二人は応援目的できたのである。

集まってるいる。参加予定者は七名。まだ、ハルヒと長門はきていない。あいつらはルーズ過ぎていけない。

224: 2014/07/13(日) 01:34:34.96 ID:bThoOu710
朝比奈さんが連れてきた女生徒は、二年生の鶴屋さんとおっしゃる、髪の長い元気な女の人で俺を見るなり、

「キミがキョンくん? みくるからよっく聞いてるよっ。ふーん。へえーっ」

などと言っていた。素晴らしい。是非ポニーテールにして貰いたい。

髪が長すぎてトイレの時に困りそうな不潔感が若干の減点だが、それを差し引いても、もう一度言うが素晴らしい。

明るく元気なところ、健康そうなところ、運動神経良さそうなところ、髪質、大きすぎない胸。理想的だ。匂いはまだわからない。

今ポニーテールを結えば、髪が長すぎるのを差し引いても、120点は軽く超えるだろう。

もしかしたら、この人が結ったポニーテールこそ、俺が四年間求め続けた至高のポニーテールなのかもしれない。

225: 2014/07/13(日) 01:59:04.75 ID:bThoOu710
鶴屋さんのポニーテールを想像してると、古泉が俺に話しかけてきた。

「ところで、野球道具は無いのでしょうが?」

「勿論ないぞ。それくらい貸し出してくれるんだろう?」

「…………同志たちと神人の皆さんも大会に参加しているお蔭で、情報を得られて助かりました」

古泉は若干引きつった笑顔をした。

「この大会では道具を貸し出しません。あなたは用意してないと思い、道具を用意しておいて正解でした。」

古泉はそう言うと段ボール箱を軽く叩いた。あの中にグローブとかは入っているらしい。

「………それと……朝比奈さんのお母様とそちらの少女と朝倉さんは応援として、他の三名の方は?」

「古泉、何を言ってるんだ?妹は出場する予定だぞ。あとの二人はハルヒと長門に決まってるじゃないか」

古泉と朝比奈さんは「えっ!?」っと声を出していた。

227: 2014/07/13(日) 15:42:14.53 ID:bThoOu710
古泉は今度こそ完全に引きつった笑顔で俺に言ってきた。

「涼宮さんと長門さんは絶対にきませんよ」

「俺には連絡がきてないぞ!!あいつらには団員としての自覚がないのか!」

俺は憤慨した。ハルヒに至っては、古泉が入団したあたりから部室にすらきていない。

「どうしましょう?流石に人数も足りませんし……」

諦めたような顔の古泉が俺に聞いてきた。

折角鶴屋さんのポニーテールを見られるかも知れないのに諦めてなるものか。

「朝比奈さんのお母さん!!」

「はい!?」

急に呼ばれて、キョトンとしている。可愛らしい。これでアラフォーって言うのだから、信じられん。

「大会に出てください!!お願いします!!」

「どうせ人数が集まらないと思って、昔やってたソフトボールのユニフォームは持ってきてるけど……」

キョトンとしてみせただけで、準備は万端だったようだ。

「おばさんが参加しても八人よ?あと一人はどうするの?」

自然と視線は一人の女生徒に注がれた。

朝倉は深い溜息をついて、

「一応、ジャージを持ってきておいて良かったわ。参加しないで後悔するより参加した方がいいって言うじゃない?」

良かった。人数が揃った。

229: 2014/07/13(日) 16:39:13.68 ID:bThoOu710
「それでポジションはどうするんですか?」

古泉がまた聞いてきた。さっきから質問ばっかりしてくる。少しは自分で考えて判断できないのだろうか?

「ポジションなんだそれは?」

質問に質問で返してやった。

「え……あの…ピッチャーとかそう言う奴ですよ」

俺は暫く考えた振りをした。正直、鶴屋さんのポニーテールさえ見られればいいんだ。

「じゃあ、ピッチャーは鶴屋さんで……」

「ええっ!?あたしがピッチャーかいっ!?」

ピッチャーを後ろから見れる場所……たしか二塁が後ろだったはずだからそこを守ろう。

「……おれは二塁を守る。後は、各自適当についてくれ。以上。」

古泉はようやく納得したのか、何も言わなくなっていた。

230: 2014/07/13(日) 16:51:58.40 ID:bThoOu710
「参加して後悔しそうだわ」

朝倉はそう呟いて、朝比奈さんのお母さんと更衣室に向かった。他の女性陣も一緒に付いて行く。

どうして女と言うのは団体行動が好きなんだろうか。

古泉は谷口と国木田を交えて、「打順がどーした」とか話している。暇だ。

232: 2014/07/13(日) 23:26:32.28 ID:bThoOu710
古泉達の話も終わったようなので、国木田に、

「なぁ、ポニーテールにしないのか?」

と、話を振ってみた。

「まだそんな事をいってるのかい?」

とにべもない。今度は谷口が俺に話を振ってきた。

「お前、ポニーテール、ポニーテールって言う割には妹はポニーテールじゃないのな」

うるさい。俺だってポニーテールにしてあげたいが、親に阻止されてるんだ。

……妹が寝てる間にポニーテールにしておいたら、ハサミを持って追いかけ回された気がしたが気のせいだろう。

そうこうしてるうちに女性陣が帰ってきた。

233: 2014/07/13(日) 23:50:21.52 ID:bThoOu710
女性陣を見た俺は強烈な衝撃に襲われた。

なんと、妹を除く全員がポニーテールにしているではないか!!

夢にまで朝倉涼子のポニーテールは夢に見たの通りに75点。

残念なのは夢と違って眉毛をポニーテール状に剃っていないところか。

ただし、運動中や汗と混じった匂いによっては上方修正があり得る。

朝比奈さんのは見慣れているので割愛。

朝比奈さんのお母さんは、流石にお手のもの。見事にポニーテールを従えている。

だが、ポニーテール自体は、朝比奈さんよりも若干低く42点と言ったところだろう。

それよりもやはり鶴屋さんだ。120点と予想していたが、遥かに優れた髪質だった。

加えてどうやってるのか、あれだけ長いのにばらけずに、見事なポニーテールになっているではないか。

150点。間違いない。これこそが俺が求めていた至高のポニーテールに違いない。

いや、早まるな俺!これを適度な長さに切った時こそ、この世に至高のポニーテールが降臨するのだ。

俺がそう考えていると、鶴屋さんさんが明るい声で話しかけてきた。

「少年!みくるの友達らしいからさっ、大サービスでポニーテールにしてあげたよっ!見物料は皆にお昼ご飯を奢ってくれればいいやっ。」

俺は無言で三回程頷き、女性陣----というよりは鶴屋さん----の後ろに付いて行く形で、市営グランドに入っていった。

235: 2014/07/14(月) 00:14:52.60 ID:6rMWAGQU0
気が付けば、ベンチのある場所にきていた。

途中、ちゃんと整列しなさいとか注意された気もするが気のせいだろう。

二列あるベンチの前列に鶴屋さんが座った。俺は当然その後ろのベンチに陣取った。

鶴屋さんはよく笑う人だ。「ひひーっ」、「わははっ」と笑うたびにポニーテールが揺れる。

思わず触れてみたくなり手を伸ばす。

「おさわりはダメだよっ」

後ろに目が付いているのだろうか?

それから、少し間が空き、

「しょうがないなあ。ねえ少年、おさわり五秒で三万円。料金先払いでよろしく!」

俺は財布を確認する。ピッタリ三万ある。俺はそれを鶴屋さんに手渡した。

鶴屋さんは一瞬ビックリした表情をしたが「わはははっ、儲かっちゃったさっ」と言って受け取った。

「そいじゃ、ちょろんと待ってて! すぐに終わっちゃうからねっ」

そう言うと鶴屋さんは時計を確認し始めた。

そこからの五秒間は俺にとっては生涯忘れる事の出来ない至福時間だった。

「適当に結っただけの下手っぴポニーテールなのに、ボロもうけだよっ! 笑いが止まんないねっ」

鶴屋さんは「あっははっ」と笑っている。その度にポニーテールが揺れる。

また、触りたい俺がそう思った時には声が出ていた。

「古泉!」

「貸しませんよ」

古泉は俺が頼む前に何時もの笑顔で断ってきた。

236: 2014/07/14(月) 00:51:46.02 ID:6rMWAGQU0
それから暫くすると鶴屋さんのポニーテールは浮き上がった。

鶴屋さんのポニーテールだけじゃない、他のポニーテールも浮かんだ。

そう思ったのは、俺がポニーテールに集中しすぎてた為で、全員立ち上がったのだ。

それとともグランドに向かって行く。

一体何があったんだ?

事態が飲み込めない俺に谷口が声をかけてきた。

「なにボーっとしてるんだよ!チェンジだよ!」

なにがチェンジなんだ?もしかしてこの特等席を代われと言ってるのではないだろうか?

まぁ、鶴屋さんも立ち去ったのだ。この席には用はない。俺もグランドに向かった。

グランドでは鶴屋さんがマウンドに居た。ああ俺達の守備の番と言うことか。

一旦ベンチに戻りグローブを片手に再びグラウンドに出た。

237: 2014/07/14(月) 00:54:46.73 ID:6rMWAGQU0
守備についた俺に朝比奈さんのお母さんが声をかけてきた。

「……そこはショート。二塁手はあっち」

ショート?よく解らないが、微妙に守備位置が違うらしい。

こっちの方が見晴らしが良いのに失敗した。渋々指さされた方に向かう。

見晴らしには若干の不満があるものの、

鶴屋さんが投げるたびポニーテールが揺れる、波打つ、乱れる、最高だ。

時々聞こえる高い金属音も良いBGMだ。

俺の横をボールが掠めた事があったがそんな事では俺の集中力は途切れない。

一度、俺の足元にボールが転がった。

その時は、みんなが俺に声をかけてたが、それでも鶴屋さんのポニーテールに集中した。

その後は、どうなったかは俺の知ったことではない。

238: 2014/07/14(月) 01:27:07.28 ID:6rMWAGQU0
突如試合が止まる。

キャッチャー----これくらいは知っている。主にデブがやるポジションだ----をやってた古泉が俺に駆け寄る。

「鶴屋さんでは野球部の…まして大学生の相手は無理です」

「俺は鶴屋さんのポニーテールを見られればそれでいい」

「十点差が付けばその時点でコールドゲーム……試合が終わりますよ」

「ポニーテールが見られなくなると言いたいのか?」

「ええ」

「………仕方がない。朝倉に投げて貰おう。あれのポニーテールの揺れも気になるしな」

「……朝比奈さんのお母さんのソフトボール経験に賭けてみましょう。ピッチャーだったそうですし」

「ボールが違うが大丈夫なのか?」

「………変な所に詳しいのですね」

古泉はそれだけ言って、朝比奈さんのお母さんの所に行き、次いで審判にピッチャーの交代を連絡していた。

239: 2014/07/14(月) 01:27:36.85 ID:6rMWAGQU0
朝比奈さんのお母さんのポニーテールにはあまり興味がないので、動き自体を眺めていた。


ピッチャーマウンドに立った朝比奈さんのお母さんは、プレートに両足とも足の裏全体をつけて立った。
そして腕を上げる。その上げた腕を下ろし、身体を右にひねり手を大きく後ろに振り上げた。
大きくステップを取り、下半身をばねのようにかがんだ後に上体を上げ、ボールを持った手を一気に振り下ろした。
そう思ったら、ボールが放たれ、古泉の構えたミットに吸い込まれていった。

ポニーテールを思わせる幻惑的な腕の動きと、実際のポニーテールの揺れにうっとりとする間も無く、審判が宣言する。

「ボーク」

なんだそれは?

バッターは一塁の方に進み、俺の二塁に一人進んできた。古泉はというと、急いで朝比奈さんのお母さんの所に駆け寄った。

その後の朝比奈さんのお母さんは片足だけをプレートに乗せ、投げにくそうに下手で球を放っていた。

240: 2014/07/14(月) 03:59:44.07 ID:6rMWAGQU0
そしていま今、俺達はファミレスに居る。

要するに一回コールド負けを期したと言うことだ。

こんな事なら、鶴屋さんに最後までまで投げさせるなり、朝倉に代えるなりあった気がする。

そんな後悔はさておき、俺の奢りになっているここの食事代だが、俺の財布には後394円しか残っていない。

鶴屋さんに支払った三万円が痛かった。もっともその価値はあったのだが。

そんなことを考えながら、

「お姉さんお冷をもう一杯ください」

と、水以外の注文を出していない俺が水をお代わりした。

朝倉や鶴屋さんはまだポニーテールをしてくれている。

241: 2014/07/14(月) 04:00:16.49 ID:6rMWAGQU0
結論から言うと、鶴屋さんが、

「臨時収入があったにょろ。あたしがおごるさっ」

と、払ってくれた。

ポニーテールだけでなく、人柄も優れていた。

次にポニーテールを楽しむべきはサッカーか等と考える俺であった。



チラ裏SS オチマイ

付き合って頂いた皆様においては、お疲れ様でした。

244: 2014/07/14(月) 07:09:23.91
おもしろかった乙です

243: 2014/07/14(月) 05:28:53.51
俺はうなじが大好きだ

引用元: キョン「この中にポニーテールがいたら、俺のところに来なさい。」