1:2019/12/04(水) 20:31:33.681 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女「……」

ヒュッ!

ストンッ

パチパチパチパチパチ…

取り巻きA「すごい! 皆中だ!」

取り巻きB「流石、高校弓道界の至宝といわれるお方!」

取り巻きC「今度の大会も頂きですね!」

ワイワイ…

弓道女「皆さん、お静かに」

弓道女「弓道とは精神を鍛えるための所作なのです。競うためのものではありません」

取り巻き達「し、失礼しましたァ!」

弓道女(あー……一度でいいから人撃ちてえなぁ)
5:2019/12/04(水) 20:34:18.986 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女(たった一度でいい……)

弓道女(この矢を生身の人間に思い切りブチ込んでみたい……)

弓道女(だけどそんなことしたら、下手をすれば私は殺人罪……それは困る)

弓道女(私の矢に耐えられる頑強な人でなければ……)

弓道女(だけどそんな人いるわけ……)



大男「よっしゃ、筋トレするか!」



弓道女(……いた!)
10:2019/12/04(水) 20:36:29.798 ID:3LvV6ckfa.net
サッカー部の弟が虐められててサッカーグラウンドに撃ち込んだ奴いたなぁ
11:2019/12/04(水) 20:37:37.965 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女(彼なら……大男さんなら、一発ぐらい矢に当たっても死なないはず……!)

弓道女(そうよ、思い切って……!)

弓道女「大男さん」ニコッ

大男「!?」

大男(学校みんなの憧れの的であるこの子が……なんで俺なんかに声を!?)

弓道女(いくらなんでも、いきなり『あなたを矢で撃ちたいの』は非常識よね。いきなりシャテーキになっちゃう)

弓道女「えぇっと……」
12:2019/12/04(水) 20:40:18.583 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女「私、あなたの肉体に興味があるのです」

大男「えっ!」ドキッ

弓道女「筋トレするとおっしゃってましたよね? トレーニング風景をぜひ見学させて頂けませんか」

大男「もちろんいいぜ!」

大男(うおっしゃあ! モチベーション上がってきたぁぁぁ! いいとこ見せてやる!)

弓道女(本当に矢で撃っても大丈夫か、見定めないといけないものね)
13:2019/12/04(水) 20:42:50.668 ID:q56Ef3sn0.net
撃つとか言わねーだろ射るだろ
14:2019/12/04(水) 20:44:07.167 ID:t2CVW7RX0.net
―ジム―

大男「ベンチプレスをやるぜ! 見ててくれよ!」

大男「ぬおおおおっ!」グンッ

弓道女「まぁ、すごい! あんなに大きな重りを……」

大男(おおっ、目を輝かしている!)

大男(へえ、この子って案外俺みたいなパワータイプが好みだったのか?)

弓道女(まだ確信したわけではないけど、この筋肉なら矢が一本ぐらい刺さっても大丈夫よね)
17:2019/12/04(水) 20:47:23.666 ID:t2CVW7RX0.net
大男「どうだった?」

弓道女「すごかったです。感動致しました」

大男「じゃあ今度は……弓道やってるとこを見せてくれねえか?」

弓道女「もちろん、かまいませんよ」

大男(おっしゃ、凛々しいところを見られるぜ!)

弓道女(矢の威力がどんなものか、間近で見てもらわなくてはね)
18:2019/12/04(水) 20:51:08.285 ID:t2CVW7RX0.net
―弓道場―

弓道女「射法には、足踏み、胴造り、弓構え、打起し、引分け、会(かい)、離れ、残心」

弓道女「八つの動作があり、これを流れるように行うことが求められます」

大男「へぇ、難しそうだな」

弓道女「……」

ヒュッ!

ストンッ

大男「すげえ……! 全ての動きが美しいぜ!」

弓道女(いずれこの美しい動作で、あなたを撃ってあげるからね)
19:2019/12/04(水) 20:53:06.732 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女(ああ、今すぐ大男さんにブチ込みたい!)ウズウズ

弓道女(だけどまだ頼めない……。そこまでの信頼関係には至っていない……)

弓道女(少しずつ、少しずつ、大男さんとの距離を縮めなければ……!)ペロリ

弓道女「そうだ、今度映画でもいかがです?」

大男「映画?」

弓道女「はい……ぜひ一緒に見たい映画がございまして」

大男「そりゃもう喜んで!」
20:2019/12/04(水) 20:54:10.164 ID:oG8dXmwNr.net
ペ口リて
21:2019/12/04(水) 20:57:06.696 ID:t2CVW7RX0.net
―映画館―

『おのれ刺客か! 矢を放ていっ!』

ヒュバババッ!

グサササッ!

『ぐあああああっ……!』



大男「おおおっ、すげえ迫力! 今時のCGはすげえなぁ……!」

弓道女「……」
22:2019/12/04(水) 21:00:16.730 ID:t2CVW7RX0.net
大男「あー、面白かったー」

弓道女「……」

弓道女「映画の中で、刺客が矢の雨に倒れるシーンがありましたが……」

弓道女「あなたはもし、あんな風に矢が飛んできたらどうします?」

大男「なにそれ、心理テスト?」

弓道女「まあ、似たようなものです」

大男(ここは頼もしいとこ見せた方がいいよな……)

大男「そりゃもちろん、俺の筋肉で受け止めてみせるぜ!」ムキッ

弓道女(素晴らしい答えだわ……!)ゾクゾクッ
23:2019/12/04(水) 21:04:03.037 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女(だけどまだ足りない……矢を撃っていいほどの人物かは分からない……)

弓道女「今度のお休み、一緒に遊園地に行きませんか?」

大男「おう、もちろん!」

弓道女(ここで……大男さんの“最終チェック”をする!)

大男(女心は全然分からんが、俺に気があるのは間違いないよな……)

大男(もっとかっこいいところ見せてやるぜ!)
24:2019/12/04(水) 21:07:10.784 ID:t2CVW7RX0.net
―遊園地―

大男「まず、どれに乗る?」

弓道女「ジェットコースターにしましょう」

大男「おっ、いきなり?」

弓道女「私、ああいう乗り物が好きなもので」

大男「へえ、意外だな! さっそく並ぼうぜ!」

ザワザワ…

大男「うへえ、一時間待ちだってよ」

弓道女(行列を見ると、矢で撃ったらどれだけの人数貫けるか、なんて考えるのは私の悪い癖だわ)
25:2019/12/04(水) 21:10:08.662 ID:t2CVW7RX0.net
ガタガタガタガタガタ…

ゴオオオオオオオオオッ!!!

弓道女「きゃっ……!」

大男「へへへ……これぐらいへっちゃらだぜ!」

弓道女(なかなかの精神力……最初の審査は合格ね!)

大男(ホントは怖いけど! ビビったらダメだよな!)
26:2019/12/04(水) 21:13:30.995 ID:t2CVW7RX0.net
お化け屋敷――

お化け「うらめしや~……」ヒュードロドロ…

弓道女「きゃあああああっ!」ギュッ

大男「おおっ!?」

大男「俺がついてるから……心配すんな!」

弓道女「ええ……」ナデナデ

大男(うひょっ、めっちゃ触ってくる! お化けが苦手なんて可愛い!)

弓道女(この筋肉の硬さ、盛り上がり……やはり矢の一本ぐらいは十分耐えられそう!)ナデナデ

弓道女(二次審査も合格!)
27:2019/12/04(水) 21:16:43.830 ID:t2CVW7RX0.net
大男「ほら、ホットドッグ」

弓道女「ありがとうございます」

ワイワイ…

チャラ男「お、ニュース速報! ムショから囚人が脱走したんだと!」

ギャル「え~、超こわ~い!」

チャラ男「心配すんな、俺が守ってやっから」

ギャル「お願い~!」

イチャイチャ…

弓道女(ああいうバカップルも矢で撃ちたくなる……悪い癖だわ)

大男「次どうする?」

弓道女「観覧車にいたしましょう」
28:2019/12/04(水) 21:18:56.539 ID:r0koN/fDr.net
悪い癖w
30:2019/12/04(水) 21:20:37.152 ID:/nCwJgV90.net
こえーよw
29:2019/12/04(水) 21:19:34.809 ID:t2CVW7RX0.net
観覧車――

弓道女「……」ジーッ

大男(俺のことジロジロ見て……そんなにタイプなのかな?)

弓道女(観覧車が回る間にじっくり筋肉を分析することができた……これも合格)

弓道女「大男さん……」

大男「ん?」

弓道女「突然なんですが、今から高校の弓道場へ寄りませんか?」

大男「かまわねえけど、どうして?」

弓道女「あなたを見込んでお願いがあるのです!」
32:2019/12/04(水) 21:22:20.447 ID:t2CVW7RX0.net
―弓道場―

大男「弓道着に着替えて……いったいどうしたんだよ」

弓道女「私のお願いというのは、実は……」

大男「?」

弓道女「実は……!」

大男(まるで今から矢を放つような表情だ……全然甘い感じじゃねえ)

大男(これはもしかして、“弓道部に入ってくれ”ってことか?)

大男(だよな……そうに決まってる。俺みたいな奴に、この子が惚れるわけがねえ)
33:2019/12/04(水) 21:26:07.097 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女「……」

大男「……?」

弓道女(なぜ? どうして声が出ないの?)

弓道女(『あなたを矢で撃たせて欲しい』……たった一言いえばいいことなのに)

弓道女(まさか、私ともあろう者が情が湧いてしまったの? この大男さんに!)

弓道女(バカなッ! ありえない!)

弓道女(私は生身の人間を矢で撃ちたいような女なの! さあとっとと――)

大男「ど、どうした?」
39:2019/12/04(水) 21:29:19.960 ID:t2CVW7RX0.net
守衛「おーい、二人とも!」

大男「!」

弓道女「!」

守衛「今、テレビでここらに脱獄囚が逃げ込んだってニュースがやっててな!」

守衛「くれぐれも気をつけてくれ!」

大男「はい、気をつけます!」

弓道女(脱獄囚? んなもんどうでもいいわ、早く大男さんに――)
41:2019/12/04(水) 21:32:28.557 ID:t2CVW7RX0.net
ドカァンッ!

守衛「えっ、ドアが壊れ……」

脱獄囚「……」ヌウッ

守衛「うわあああああっ! なんだこいつは!?」

ドゴォッ!

守衛「ぐはぁっ!」

弓道女「守衛さん!」

大男「マジかよ……! 噂をすればってヤツか!」
42:2019/12/04(水) 21:35:28.903 ID:t2CVW7RX0.net
脱獄囚「……」ズシンッ

大男(でけえ……190cmある俺が遥かに見上げるほどだ……)

脱獄囚「オ前タチ、俺ヲ見タ、生カシテオケナイ」

大男「えっ!?」

脱獄囚「俺、オ前タチ、殺ス! ウガアアアアアアアッ!」

大男「ちょっ、人間離れしすぎだろォ! ほとんどモンスターじゃねえか!」

弓道女(怖い……!)

弓道女「お、大男さん……」ガタガタ…

大男(そうだ……ここで俺が逃げるわけにはいかねえ!)
43:2019/12/04(水) 21:39:26.846 ID:t2CVW7RX0.net
脱獄囚「ゴロジテヤル!」

大男「来いやァ!」

ガシィッ!

大男(なんてパワーだ……!)ミシミシ…

脱獄囚「ガアアアアアアアアアアッ!」

弓道女「大男さん……!」

大男「逃げろぉっ! 俺にかまわず逃げろぉぉぉっ!」

脱獄囚「背骨、ヘシ折ッテヤル!」グググッ

大男「ぐあああっ……!」メキメキ…

弓道女「大男さぁん!」
46:2019/12/04(水) 21:42:49.161 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女(許せない……! 私の大男さんになんてことを!)

弓道女(今にも背骨を折られそうな大男さんを見ていたら――)

弓道女(私の体は自然と、あの“八つの動作”を――)



ヒュバッ



ビシュッ…
48:2019/12/04(水) 21:45:29.698 ID:t2CVW7RX0.net
脱獄囚「グギャアアアアアアッ!!!」

大男「うわっ!」ドザッ

脱獄囚「痛イッ! 痛イヨォォォォォォォォォォォ!!!」ゴロゴロゴロゴロゴロ

大男「すげえ……一発で肩を……!」

弓道女(あんなに大騒ぎして……みっともない、見苦しい)

弓道女(やはり矢で射るのは的に限るわね。こんなの一度体験すれば十分だわ)
49:2019/12/04(水) 21:48:22.641 ID:t2CVW7RX0.net
……

警官「いやぁ、このたびはお手柄だったよ!」

弓道女「しかし、私ったら人を矢で撃つなんて……弓道部員にあるまじきことを……」

警官「いやいや、撃ってなきゃ大男君や守衛さんは危なかったんだし、もちろん不問だよ!」

弓道女「そうですか……安心しました」

弓道女(これで罪に問われるなんてなったら、それこそあんたを撃ってやるわ)
50:2019/12/04(水) 21:50:21.271 ID:KcWsfZ9z0.net
思考が世紀末すぐる
52:2019/12/04(水) 21:51:32.969 ID:t2CVW7RX0.net
大男「……助かったぜ」

弓道女「いえ、ご無事でなによりです」

大男「守るつもりが守られちまったな。情けねえ……」

弓道女「とんでもない。あの凶暴な脱獄囚に立ち向かうあなたのお姿、とても勇ましかったです」

大男「そういわれると……救われるけどよ」

弓道女「私、今こそあなたにお願いをしたいと思います」

大男(ああ、そういえば俺を弓道部に誘いたかったんだっけ。どうしよっかな……)
54:2019/12/04(水) 21:54:39.716 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女「大男さん……私と男女のお付き合いを致しませんか」

大男「……へ!?」

弓道女「私、自分の気持ちに気づいてしまいました」

弓道女「先ほどのあなたの勇ましいお姿を見ていたら……いえ、それ以前から……」

弓道女「私の心はあなたに射抜かれてしまっていたようです」

大男「……!」

弓道女「いかがでしょうか?」

大男「よ、喜んで……」

弓道女「嬉しいっ……!」ダキッ

大男「ほわぁ~!」
56:2019/12/04(水) 21:58:18.453 ID:t2CVW7RX0.net
弓道女「なんという逞しい鋼の肉体……」スリスリ

大男「脱獄囚には敵わなかったけどな……」

弓道女「いえ、あの男の筋肉など大きいだけのまがい物。すぐ追いつき追い越せることでしょう」

大男「ああ、もっともっと鍛えてみせるぜ!」

弓道女「この体に矢を撃ち込まなくて、本当によかった……」

大男「え、なんのこと?」

弓道女「いえいえっ、何でもありません!」







―おわり―
60:2019/12/04(水) 22:01:02.063 ID:QFv0BrP2r.net

大男よかったな!
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1575459093