1: 2014/06/29(日)03:11:41 ID:aHPyKVQHO
ほむら「まどかとの契約の話かしら?」

QB「・・・」

ほむら「言っておくけど絶対に阻止するわよ」

QB「・・・」

ほむら「・・・」

ほむら(なんか様子が変ね・・・)

QB「・・・た・・・」

ほむら「た?」

QB「た・・・食べ物を・・・」

ほむら「」

2: 2014/06/29(日)03:13:35 ID:aHPyKVQHO
QB「」ガツガツムシャムシャハフハフ

ほむら「呆れた」

QB「」モグモグモグモグ  

ほむら「何しに来たのかと思えば私に食べ物を恵んでくれだなんて」

QB「ひははないひゃないは、おははふいへはんはほふ」

ほむら「飲み込んでから喋りなさい」

QB「うん」ゴクン

ほむら「・・・それで?」

ほむら「あなた、巴マミはどうしたのかしら?」
 

3: 2014/06/29(日)03:15:07 ID:aHPyKVQHO
QB「ちょっと喧嘩しちゃってね」

ほむら「どうせお風呂でも覗いたんでしょう、淫獣ね」

QB「なんてこというんだい」

QB「寒かったから布団かぶったらそれがマミの下着だっただけさ」

ほむら「やっぱり淫獣じゃない」

QB「うるさいな」パクパクパクパク

4: 2014/06/29(日)03:16:33 ID:aHPyKVQHO
ほむら「というかあなた食べ物必要なの?」

QB「そりゃあ僕もれっきとした生物だからね」

ほむら「へえ」

QB「まぁ君たちよりは必要としないけどね」

ほむら「へえ」

QB「興味なさげだね」

ほむら「無いもの」

5: 2014/06/29(日)03:18:34 ID:aHPyKVQHO
QB「ごちそうきゅっぷい」

ほむら「お粗末様で死ね」

QB「あんまりじゃないかな」

ほむら「きゅっぷいにイラっとくるのよ」

QB「ほんと、僕のこと嫌いだなぁ」

ほむら「好きな人がいるわけないじゃない」

QB「だからそれはもう誤ったじゃないか」

ほむら「・・・」

6: 2014/06/29(日)03:20:18 ID:aHPyKVQHO
QB「ワルプルギスの夜を倒し絆が深まった君たち五人に付け入る隙なんかないし」

QB「そもそも君が邪魔するから鹿目まどかとの契約はもう無理だ」

ほむら「随分諦めがいいのね」

ほむら「私はもう時間停止の魔法も使えないのよ?」

QB「それでもさ」

ほむら「・・・そう」

7: 2014/06/29(日)03:23:02 ID:aHPyKVQHO
ほむら「だからってあなたのやってきたことは許されることじゃないわ」

QB「それは別の世界での話だろう、僕はこの世界のまどかとは契約をしていないよ」

ほむら「・・・例えまどかとは契約をしていなくてもほかの魔法少女を騙していたことに変わりはないわ」

QB「・・・まぁ、そうだね・・・」

ほむら「むしろ真実を知ったのにあなたを家においている巴マミの気が知れないわ」

QB「マミとは付き合いが長いからね」

ほむら「その割に簡単に追い出されてしまったけれどね」

QB「・・・5回目だったからね・・・」

ほむら「・・・学習しなさい・・・」

8: 2014/06/29(日)03:24:51 ID:aHPyKVQHO
ほむら「さぁ、食べたら出ていきなさい」

QB「そうとも行かないさ」

ほむら「は?なんでよ?」

QB「君はこんなに可愛らしい生物をこの寒空の下ほっておく気かい?」

ほむら「ええ」

QB「悪魔ほむら」ドガガガガ

ほむら「次は外さないわ」

QB「ごめんなさい」

9: 2014/06/29(日)03:26:40 ID:aHPyKVQHO
TV ワーキャーワーキャー

QB「このバラエティ番組っていうのは何が面白いんだい?」

ほむら「感情のないあなたには分からないわよ」

QB「そうかい?僕はこれでも人間の笑いが何たるかは理解しているつもりだよ」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・まぁ・・・身内ネタが多いかしらね・・・」

QB「前回を見ていないと分かりにくいね」

10: 2014/06/29(日)03:28:04 ID:aHPyKVQHO
ほむら「というかあなたはなぜ居座る気でいるのかしら」

QB「・・・」

ほむら「許した覚えはないのだけれど」

QB「・・・」

ほむら「何か言いなさいよ」

ほむら「・・・」

QB「・・・」

ほむら「さぁ」

QB「・・・い」

ほむら「?」

QB「いいじゃないかぁぁぁぁあ!!!」

ほむら「」

11: 2014/06/29(日)03:31:54 ID:aHPyKVQHO
ほむら「あなたっ、か、かんじょ・・・」

QB「仕方ないじゃないか!マミの奴が怒ったんだから!」

ほむら「いや、でも、」

QB「あぁ、そうだよ!!僕だって感情がなかったりすれば寒空の下でも生きていけるさ!!」

QB「生ゴミでさえ食べるさ!!」

QB「でもね!!君でいう前回の世界だ!!」

ほむら「・・・?」

QB「僕の推測だけど!!!その前回の世界のどこかの愚かな魔法少女だ!!」

ほむら「私の知っている人かしら?」

QB「知らないよ!!ともかくそいつがね!!多分こう契約したんだ!」

QB「この世のすべてのQBに感情がやどりますようにってね!!」

ほむら(誰だか知らないけど、ナイスだわ)

12: 2014/06/29(日)03:34:48 ID:aHPyKVQHO
ほむら「なぜ前回の世界って言いきれるの?」

QB「だって僕は契約した魔法少女のすべての願いことくらい覚えているもん!」

ほむら「もんじゃないわよ」

QB「まさかそんなふざけた願いが別世界の僕にまで影響するなんて・・・」ワナワナ・・・

ほむら「・・・だからこの世界では、あなたはあまりまどかに契約を迫らなかったのね」

QB「あんまり!?一回きりだよ!!」

QB「何でかって!!君が撃ち殺すからだよ!怖いじゃないか!!」

ほむら「・・・」

ほむら(うっぜぇ・・・)

14: 2014/06/29(日)03:36:53 ID:aHPyKVQHO
QB「その余計な願い事のせいで僕はこの星の管轄さえ外されてしまった!」

ほむら「え?そうなの?」

QB「そうだよ!!言っておくけどスペアすら貰えないよこの体オンリーだからね!」

ほむら「でも冒頭じゃ感情ない感じだったじゃない」

QB「かっこつけてたの!!わっからないかなぁ!!あっちゃー!!!」

ほむら(うぜぇ・・・!)

QB「・・・ハァハァ・・・」

16: 2014/06/29(日)03:38:33 ID:aHPyKVQHO
ほむら「っていうか管轄を外されたってことは」

QB「魔法少女?埋めないよもうそんなの、ただの野良猫以下さ」

ほむら「自業自得ね」

QB「うるさいな!」

ほむら「ほんとのことよ」

QB「だからお願い!君の家に居座らせてくれないかい?」

ほむら「やだ」

17: 2014/06/29(日)03:40:19 ID:aHPyKVQHO
QB「き、君と言う奴は・・・」

ほむら「たとえあなたがもう魔法少女を産めなくなったってあなたが今までわたし達にしてきたことに何の代わりもないわ」

QB「・・・」

ほむら「ご飯を貰っただけでもありがたいと思いなさい」

QB「・・・」

ほむら「・・・」ツーン

QB「・・・5枚・・・」

ほむら「え?」

18: 2014/06/29(日)03:43:29 ID:aHPyKVQHO
QB「鹿目まどかの四季折々+ベストショット写真」

ほむら「!!!!!」ガタッ

QB「・・・に、もう一枚、厳選に厳選を重ねた至高の一枚をプラスするよ」

ほむら「なっ、なぜあなたがそ、そんなものを・・・!!」

QB「僕としてはもう君の家に居座る気マンマンだったからね、少しずつ鹿目まどかの友達や本人たちの部屋からくすねてきたんだ」

ほむら「・・・あなたって本当に・・・」

QB「・・・」

ほむら「契約に関してはプロだわ」スッ

QB「わかってくれて嬉しいよ」ガシッ

19: 2014/06/29(日)03:46:08 ID:aHPyKVQHO
ほむら「えへへぇ・・・まどかぁ・・・」スリスリ

QB「ほんと君は鹿目まどかに関してはデレデレだね」
 
ほむら「ほうっておいて欲しいわ」

QB「君みたいなガチレスがいると知ったら彼女たちもドン引きだろうね」

ほむら(・・・ん?あ、これさやかが写ってるわ)ジョキジョキ 

QB「救えないやつだ」

ほむら「あなたから救われたからいいのよ、あとレズじゃないわ」

QB「聞いていたのか」

ほむら「私の性対象は・・・まどかだけよ」

QB「そうかい、手遅れなんだね」

20: 2014/06/29(日)03:48:17 ID:aHPyKVQHO
ほむら「でも」

QB「?」

ほむら「契約が成立したと言ってもこの家にいる以上やることはやってもらうわよ」

QB「え?僕にできることなんてあるのかい?」

ほむら「洗濯物くらいなら干したりできるでしょう」

QB「・・・まぁ、できないことはないけど」

ほむら「じゃあ、やりなさい」

QB「でもいいのかい?僕の毛とか」

ほむら「別に気にしないわ」

QB「そうかい」

22: 2014/06/29(日)03:51:02 ID:aHPyKVQHO
QB「ほむら、そこの醤油とって」

ほむら「ん」

QB「いやぁ、一週間前のほむらのごはんは正直空腹補正かかってただけで美味しくなかったけど」

QB「じわじわ腕を上げてるね」

ほむら「まどかに言われたいわ」

QB「呼べばいいじゃないか」

ほむら「あなたがいるじゃない」

QB「まったまたー、そんな理由じゃないくせにぃ」

ほむら「うぜぇ」

QB「ついに口に出るようになったのかい」

ほむら「気を使うのも疲れるのよ」

24: 2014/06/29(日)03:53:43 ID:aHPyKVQHO
QB「ほむらっ!ほむらっ!リオレウスは突進後を狙わないと!」

ほむら「うっるさいわね!!」カチャカチャ!

QB「・・・あぁ~言わんこっちゃない・・・」

ほむら「あなたを狩ろうかしら」

QB「八つ当たりかい!?」

ほむら「・・・」

QB「・・・」

ほむら「・・・あなた、随分馴染んでるわね」

QB「正直気を使わなくていい分マミの家より楽しいよ」

ほむら「あっそう」
 
QB「相変わらずだね」

26: 2014/06/29(日)03:56:08 ID:aHPyKVQHO
QB「いやぁ、危なかったよ」

ほむら「どうしたの?」

QB「いやいや、僕は力はなくなったとはいえ素質のない人には見えないんだ」

ほむら「へぇ」

QB「そのせいでゴミ捨て場が勝手に動いてるー!!って言われてね」

ほむら「処分されれば良かったのに」

QB「うるさいな」

QB「久々に本気で走ったよ、あぁ疲れた」

ほむら「とりあえずお風呂に入りなさい、汚いわ」

QB「傷付くな」

27: 2014/06/29(日)03:56:42 ID:aHPyKVQHO
>>25
この早漏め
まぁ待っててくれ

28: 2014/06/29(日)03:59:32 ID:aHPyKVQHO
ほむら「フフフフフーン・・・」

QB「それなんて曲だい?」

ほむら「クラリスのコネクト」

QB「わぁい、ステマ」

ほむら「は?」

QB「なんでもないよ」

QB「やっぱりお風呂はいいね、落ち着くよ」

ほむら「そうね、一日の疲れが取れるわ・・・」

QB「そうだね」

ほむら「はぁ・・・今日もまどかは宇宙一可愛かったわ」

QB「僕の前で宇宙を基準にするのかい、あのレベルならいくらだっ・・・ごぼごぼごぼ」  

ほむら「え?聞こえなかったわ?」

QB「ゆぶびべぶばばび」

ほむら「ふんっ」

QB「ぷはっ」

29: 2014/06/29(日)04:01:38 ID:aHPyKVQHO
QB「ねぇ、ほむら」

ほむら「なに?」

QB「今湯船で見たんだけど君ってマミに比べて胸がだいぶ・・・」

ほむら「・・・」

QB(あ、やっべ、地雷踏んだ)

ほむら「・・・」

QB(終わった、僕死んだ)

ほむら「いいじゃない!!!絶壁でも!!!!」

QB「」

30: 2014/06/29(日)04:03:21 ID:aHPyKVQHO
ほむら「そうよ!!私は胸が小さいわ!!だから何よ!」

QB「ご、ごめ・・・」

ほむら「いいもん!小さくたって!まどかはこの絶壁もまとめて愛してくれるもん!!」

QB「わかった、わかったから・・・」

ほむら「巴マミと比べたら私以外の誰だって伝説の崖みたいなもんよ!うわぁぁぁぁぁん!!」

QB(やっちまった・・・)

31: 2014/06/29(日)04:05:39 ID:aHPyKVQHO
QB「ごめんって言ってるじゃないか、ほむら」

ほむら「・・・」グスッ

QB「悪かったよ、確かに君は胸以外は完璧と言っても差し支えないプロポーションだ」

ほむら「もう・・・いいわよ・・・気にしてないから・・・」グスッ

QB「涙声だよ・・・」

ほむら「・・・」

QB「・・・」

QB「まど・・・」

ほむら「ありがたくいただくわ」

QB「演技かよくっそ」

33: 2014/06/29(日)04:08:17 ID:aHPyKVQHO
学校

まどか「ね、ねぇねぇほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?私のまどか」

さやか「こいつ・・・ワルプルギスの後から隠す気すらないのか・・・」

ほむら「うるさいわね、死になさいオクタヴィア」  

さやか「ひっでぇ!つーかオクタヴィアってなんだ!!」

ほむら「で?どうしたのかしら?まどか」

まどか「う、うん、その・・・」

ほむら「?」

まどか「QBってほむらちゃんちにすんでるのかな?」

ほむら「えっ」

34: 2014/06/29(日)04:11:48 ID:aHPyKVQHO
ほむら「ど、どうして?」

まどか「う、うん、この前コッソリほむらちゃんちに忍び込もうとした時にね・・・」

さやか「まどかカムバーック」

まどか「ほむらちゃんとQBの叫び声が聞こえてきて・・・」

ほむら「・・・」

ほむら(ぬかったわ・・・心当たりが多すぎる・・・)

まどか「どうなのかな?」

ほむら(ここはごまかすのが吉?いえでも・・・まどかは確信を得て質問している)

ほむら(ここで下手に嘘なんてついてしまったら・・・)

ほむら(私の今まで積み上げてきた信用が・・・!!)

さやか「言っとくけどあんたに信用なんてないよ」

ほむら「うるさいわよ青いの」

35: 2014/06/29(日)04:15:47 ID:aHPyKVQHO
ほむら「そ、そうね、わ、訳あって住まわせてるわ」

ほむら(まどかの写真と引換になんて言えない・・・)

まどか「そ、そうなんだ・・・」

さやか「何だこの雰囲気」

まどか「私はね・・・ほ、ほむらちゃんが、QBと一緒になったって・・・」

ほむら「ちょ!?まどか!?」

さやか「それはねーだろ」

まどか「別に・・・ちっとも気にしないよ・・・」

ほむら「そんなわけないじゃない誰があんな獣と!!私の性対象はまどかだけよ!!!」

さやか「待てこら」

まどか「いいよ、ほむらちゃん優しいもんね・・・」タッタッ

ほむら「まどかぁー!!」

さやか「ついてけない」

36: 2014/06/29(日)04:18:27 ID:aHPyKVQHO
帰宅

ガチャ

QB「ん?やぁ、ほむら、おかえ」

ほむら「ホムきぃーっく!!」ドゲシ!!

QB「きゅぷぁぁぁぁぁ!!!」

ほむら「はぁ・・・はぁ・・・」

QB「な、何するんだい!ほむら!」

ほむら「あ、あんたのせいで・・・!!」

QB「何が何が!?怖いよ!!」

ほむら「ホムホールド!!」

QB「きゅぷううううう・・・し、絞まってる・・・」バンバン!!

38: 2014/06/29(日)04:20:27 ID:aHPyKVQHO
QB「はぁ、そういうこと・・・」

ほむら「おかげでまどかにあなたが好きだって勘違いされたわ」

QB「傑作だね」

ほむら「たとえ人間の姿でもあなたなんか好きになるわけないのに」

QB「どうしてだい?」

ほむら「オスだから」

QB「だろうね」

ほむら「はぁ・・・」

QB「まぁまぁ、明日になればほとぼりも覚めてるさ」

ほむら「そう信じたいわ・・・」

39: 2014/06/29(日)04:23:19 ID:aHPyKVQHO
QB「ぼくはほむらのこと嫌いじゃないけどね」

ほむら「は?気持ち悪」

QB「早とちりしないで欲しいな・・・もちろん・・・」

ほむら「・・・?」

QB「・・・なんていえばいいんだろう・・・」

ほむら「?」

QB「こう、恋愛感情を持つことはないけど・・・なんか、こう好意を持つみたいな・・・」

ほむら「あぁ・・・」

ほむら「友達・・・かしら?」

QB「そういう定義かな・・・?」

ほむら「・・・ふんっ」

QB「嫌だったかい?」

ほむら「べつに、好きにすればいいわ」

40: 2014/06/29(日)04:27:11 ID:aHPyKVQHO
学校

まどか「ほむらちゃーん!!」ドッ!!

ほむら「ぐえっ」

さやか「うっわ、とんだー・・・」

まどか「ごめんねほむらちゃん、昨日は変な勘違いしちゃって!!」

ほむら「え?」   

まどか「今日の朝QBが弁解しにきてくれたんだよ!」

ほむら「そ、そうなの」

ほむら(朝いないと思ったら、QB・・・)

まどか「ごめんね、ほむらちゃん・・・」

ほむら「い、いいのよ別に」

ほむら(見返りがなかったわけじゃないし)

まどか「うん、それでね?」

ほむら「?」

まどか「写真」

ほむら「・・・」ダラダラダラダラ


41: 2014/06/29(日)04:29:22 ID:aHPyKVQHO
ほむら「なななんのことかしら・・・?」

まどか「写真」

ほむら「ま、まどかの写真なんて持っていないわ!」

さやか「あちゃあ・・・マヌケは見つかっちゃったか・・・」

ほむら「えっ?・・・あっ」

まどか「・・・どうして私の写真なのかな?」

まどか「私は一言も私の写真なんて・・・」 

まどか「言ってないよ?」

ほむら「」

42: 2014/06/29(日)04:32:54 ID:aHPyKVQHO
まどか「もうっ、ほむらちゃん!!」

さやか「うっわ・・・きちんと切り取ってロケットに入れて持ち歩いてる・・・」

ほむら「まどかぁあ・・・かえしてぇえ・・・」

まどか「ダメだよ!ほむらちゃん!」

ほむら「どうしてよぉ・・・」

まどか「・・・だって・・・」

まどか「こんな写真ずっと持ってたら・・・ほむらちゃん・・・私とあっても嬉しくないかもしれないもん・・・」

ほむら「・・・!」

まどか「それに・・・ほむらちゃんになら・・・いつでも・・・どんな格好でもするもん」

ほむら「」プシュウウウ・・・

さやか(ああいうこと言っとけば楽だもんなぁ・・・まどかは・・・)

まどか「だから、ね?」

ほむら「わかったわ」つやつや

さやか「立ち直りはやっ!」

43: 2014/06/29(日)04:35:41 ID:aHPyKVQHO
お昼

まどか「はい、ほむらちゃん、あーん」

ほむら「あーん」

マミ「相変わらずねえ」

さやか「あたしもしかして砂糖食べてる?」

杏子「ほんっと、甘ったるくて仕方がねぇ・・・」

ほむら「うるさいわね信号機達」

杏子「んだとこら!!」

仁美「ふふふ、仲が良くて微笑ましいですわ」

マミ「ふふっ、そうね」

44: 2014/06/29(日)04:39:05 ID:aHPyKVQHO
ワーキャーワーキャー

杏子「うるせぇなぁ、あいつら」

さやか「そうだね、一年生かな?」

杏子「ちょっとシメてくるわ」  

さやか「なんでじゃ」
 
マミ「でもほんとにうるさいわねぇ、なにを興奮してるのかしら」

さやか「さぁ、人語を扱う獣でもいたんじゃないですか」

仁美「あら、さやかさん、それは是非見たいですわ」

さやか「じょ、冗談だよ、あはは」

仁美「・・・でもあの人たち・・・何に向かって話しているんでしょう・・・」

仁美以外「っ!!!」

女1「マジやばくない?」

女2「ねぇ、それほんとなのー?」  
「うん」

45: 2014/06/29(日)04:40:03 ID:aHPyKVQHO







「その代わり」







ほむら「・・・は?」







46: 2014/06/29(日)04:40:37 ID:aHPyKVQHO












「僕と契約して魔法少女になってよ!」









48: 2014/06/29(日)04:43:32 ID:aHPyKVQHO
杏子「あいつ、性懲りもなく・・・!!!」

マミ「先輩として・・・見過ごせないわね・・・」

さやか「これ以上・・・悲劇を繰り返させるもんか・・・!!」

ほむら「・・・」ガタガタ・・・

まどか「・・・ほむら・・・ちゃん?」

ほむら「・・・?・・・???・・・!?」ガタガタ・・・

ほむら(え?なんで、あなたが・・・そこにいるのよ・・・)

ほむら(だって・・・あなたは・・・感情が・・・)

ほむら(・・・なんで?・・・約束したわよね・・・??)

まどか「・・・ほむらちゃん・・・?」

49: 2014/06/29(日)04:46:19 ID:aHPyKVQHO
約束した・・・


      感情が芽生えた・・・


    騙された・・・?
     
      私が?     



   だって・・・QBは・・・家に・・・     


何で? 

        どうして騙した?   

  なんのメリットがあって    



           どうして? 

   嘘をついていた?    


今までのも・・・    嘘?   



    抜け抜けと・・・


  






嫌いじゃないけどね、ほむらのこと    

50: 2014/06/29(日)04:50:41 ID:aHPyKVQHO
ほむら「・・・して」

ほむら「何してるのよ・・・あなた・・・」

ほむら「生む力なんて・・・無いんじゃなかったの・・・?」

まどか「・・・?」

ほむら「・・・なんで、あんな嘘をついたのよ・・・」

まどか「ほむらちゃん・・・!?」

バシュッ!


ほむら「・・・答えろ・・・!」

杏子「・・・おい、ほむら?」

さやか「へ、変身!?」
 
マミ「あ、暁美さん!!」




ほむら「答えろっ!インキュベータァァァァァーーーー!!!!!」ジャキッ!!!

51: 2014/06/29(日)04:53:37 ID:aHPyKVQHO
女1「えっ?」

女2「うわっ!何あいつやばくね!?なんか持ってる!!」

女1「やっべ!頭おかしいやつだ!!」

女2「あいつやべーよ!こっちくる!」

女1「にげよ!!!」

タッタッタッ・・・

マミ「暁美さん!落ち着いて!!」

さやか「ちょ!どうしたんだよ!ほむら!」

杏子「らしくねーぞ!!」

ほむら「インキュベーター!!」

QB「・・・何だい?」

ほむら「何をっ・・・してるのよ!!!」

52: 2014/06/29(日)04:56:24 ID:aHPyKVQHO
QB「何?君は僕のことを分かっているつもりなのかい?」

ほむら「ええ!分かってるわ!」

QB「そうかい、じゃあ僕のしたいこと・・・」

ほむら「・・・!!」

QB「わかるよね?
暁 美 ほ む ら 」

ほむら「・・・!!」
 
ほむら(・・・名前まで・・・間違い・・・ない・・・)

ほむら「・・・」

QB「巴マミ、佐倉杏子、美樹さやか・・・そして」

QB「素晴らしい素質を持った・・・鹿目まどか」

まどか「ひっ・・・」ゾッ

53: 2014/06/29(日)05:00:26 ID:aHPyKVQHO
QB「いやぁ、君たちがワルプルギスを倒してくれたおかげで随分楽に進められるよ」

杏子「・・・てめぇ、まだこりてなかったのか・・・!!」

QB「当たり前だろ、僕の目的は君たち魔法少女を産み」

QB「その魔法少女を絶望させ魔女にすることでエネルギーを得る事だからね」

さやか「あんた・・・おとなしいと思ったら・・・」

QB「機会を伺っていただけさ」

QB「ね?ほむら?」  

ほむら「・・・」

マミ「あなたって奴は・・・ずるいのね・・・本当に」  

54: 2014/06/29(日)05:02:28 ID:aHPyKVQHO
杏子「なんでもいい」

杏子「失せろ」

杏子「さもねぇと、本気でぶち殺す」

QB「そうさせてもらうよ、僕もスペアが惜しいんでね」

QB「それじゃ」ピョン

あんまみさやまど「・・・」





ほむら「・・・・・・・・・うぅ・・・・・・」



55: 2014/06/29(日)05:06:19 ID:aHPyKVQHO
マミ「暁美さんは?」

まどか「泣きつかれたのかベッドでぐっすり寝てます・・・」

マミ「そう・・・」

杏子「しっかしほむらのやつもそんなに気に病むことか?QBがあんな事してくる事くらいわかるだろ」

まどか「・・・」

さやか「・・・」

マミ「まぁ、それほどショックだったのよ、ワルプルギスを終えたあとだし」

杏子「にしてもあんだけソウルジェム濁すかね」

杏子「ワルプルギス以来見てねぇぞあんな色」

まどか「・・・」

さやか「・・・」

56: 2014/06/29(日)05:07:53 ID:aHPyKVQHO
三十分ほど休憩

色々してくる

つまんないなら書き込まずにおとそうぜ!

支援してくれるならありがとう嬉しい

58: 2014/06/29(日)05:29:30 ID:aHPyKVQHO
再開


まどか「ねぇ・・・さやかちゃん・・・」

さやか「・・・うん・・・」

まどか「ほむらちゃん・・・、あんなに・・・」

さやか「・・・わかってる・・・ほむらが大抵のことで・・・あんなに泣くはず・・・ない」

まどか「・・・QB」

さやか「・・・よっぽど・・・きつかったんだね・・・」

まどか「・・・ほむらちゃん・・・」

59: 2014/06/29(日)05:31:24 ID:aHPyKVQHO
ほむら「・・・」

ほむら「・・・ん」

あんまみさやまど「!!」

ほむら「・・・!!」ガバッ

マミ「起きたのね」

杏子「・・・」

さやか「・・・」

ほむら「ごめんなさい・・・寝ていたのね・・・」

マミ「気にしないで?仲間でしょう?」

ほむら「・・・ごめんなさい」

まどか「大丈夫・・・?」

60: 2014/06/29(日)05:33:06 ID:aHPyKVQHO
ほむら「・・・」

ほむら「・・・ん」

あんまみさやまど「!!」

ほむら「・・・!!」ガバッ

マミ「起きたのね」

杏子「・・・」

さやか「・・・」

ほむら「私は・・・寝ていたのね・・・」

ほむら「ごめんなさい・・・」

マミ「気にしないで?仲間でしょう?」

ほむら「・・・」

ほむら「ありがとう・・・」

61: 2014/06/29(日)05:35:01 ID:aHPyKVQHO
ほむら「ごめんなさい・・・もう変えるわ・・・」

まどか「ほむらちゃん・・・大丈夫?」

ほむら「ええ、ありがとう、まどか」

さやか「無理すんなよ、ほむら」

ほむら「ええ」

ほむら「・・・」

杏子「・・・」

杏子「待てよ」

ほむら「・・・何かしら?」

杏子「なんかいうことあんだろあたし達に」

マミ「さ、佐倉さん!」

杏子「マミは黙ってろ」

62: 2014/06/29(日)05:37:41 ID:aHPyKVQHO
杏子「謝れってんじゃねーぞ」

杏子「仲間なんだ、迷惑くらいかけてもらわないと困る」

杏子「だけど・・・」

杏子「今日のお前の反応は異常だ」

杏子「・・・なんかあったのか?」

ほむら「・・・」

杏子「言いたくないことなら言わなくていいってわけにもいかねぇ」

杏子「仲間のお前をそんな状態で放っておくわけにはいかねぇ」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・」ポロポロ・・・

マミ「・・・暁美さん・・・ゆっくりでいいから・・・しっかり話して・・・?」

63: 2014/06/29(日)05:40:28 ID:aHPyKVQHO
まどか「・・・」

さやか「・・・」

マミ「・・・そう、辛かったわね」

杏子「・・・しっかし・・・お前・・・QBなんかに・・・」

ほむら「わかっているわ・・・あいつを信じた私が悪いのよ」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・それでも・・・信じてしまった」

ほむら「あいつといる日々が心地よくなってしまった・・・」

ほむら「一人じゃなくなって・・・」

ほむら「・・・家が狭くなったのに・・・」

ほむら「暖かかった・・・」ポロポロ・・・

64: 2014/06/29(日)05:42:58 ID:aHPyKVQHO
マミ「ありがとう、暁美さん」

杏子「・・・そんな話を聞いたら・・・黙っちゃ・・・」

さやか「杏子」

杏子「う」

さやか「少し・・・そっとしとこう?」

杏子「・・・」

マミ「そうね、暁美さん・・・大丈夫?」

ほむら「大丈夫よ・・・話したら少し楽になったわ・・・」

マミ「そう・・・」

ほむら「ごめんなさいね・・・今日はもう帰るわ・・・いつまでも・・・迷惑をかけるわけには行かないもの」

65: 2014/06/29(日)05:46:41 ID:aHPyKVQHO
まどか「・・・いっちゃった・・・」

杏子「・・・QBの野郎・・・!!!」

さやか「ずっと一人で戦ってきたほむらには・・・家族とか・・・そんなものだったのかな・・・」

マミ「もちろん、鹿目さんのことを忘れたわけじゃないと思うわ」

マミ「きっと、QBに騙されて気を許してしまったのよ」

まどか「・・・」

まどか「・・・どうしてかな・・・」

さやか「まどか?」

まどか「QBって・・・嘘つかないんじゃなかったのかな・・・?」

杏子「あいつも所詮、生き物だったってことだろ」

杏子「嘘をつかねぇ生き物なんかいねぇよ」

まどか「・・・だとしたら・・・」

まどか「・・・ほむらちゃん・・・」ポロポロ

まどか「・・・気付いてあげられなくて・・・ごめんねぇ・・・」ポロポロ・・・ポロポロ・・・

さやか「・・・まどか・・・」

66: 2014/06/29(日)05:48:51 ID:aHPyKVQHO
ほむら「・・・」スタスタ

ほむら(・・・ソウルジェム・・・濁ってない・・・)
 
ほむら「本当に・・・いい仲間を持ったわ・・・」

ほむら「・・・」ポロッ・・・

ほむら「・・・!」ゴシゴシ

ガチャっ

ほむら「・・・え?」








QB「やぁ、ほむら、おかえり」

67: 2014/06/29(日)05:50:54 ID:aHPyKVQHO
ほむら「・・・!!!あな・・・」

ほむら(・・・!!!)

ほむら(もう・・・コイツに騙されちゃダメ!!)

QB「どうしたんだい?」

QB「何か嫌なことでも」

QB「あったのかい・・・?」

ほむら「・・・」がしっ!

ほむら「・・・」ぽいっ!!

ほむら「・・・」バタァン!

ほむら「・・・うぅ・・・」

QB「・・・やれやれだね・・・」

68: 2014/06/29(日)05:52:37 ID:aHPyKVQHO
QB「まったく・・・本当に彼らは・・・今の僕にはわからないよ」

QB「・・・さて、僕の体も後少しだ・・・」

QB「死んでしまう前に・・・」

QB「・・・ん?」










インキュベーター「やぁ」

69: 2014/06/29(日)05:55:28 ID:aHPyKVQHO
QB「・・・ここの新しい・・・担当かい?」

インキュベーター「そうだね」

QB「随分引っかき回してくれたね・・・」

インキュベーター「ここの担当になるときにここの情報を多少なりインプットされたからね」

インキュベーター「その情報のおかげで君のことを知ることができたよ」

QB「なるほどね、僕を利用したって訳か」

インキュベーター「そうなるね、まぁ、暁美ほむらは絶望に落ちる前に仲間が救っちゃったから失敗したってことになるけどね」

70: 2014/06/29(日)05:57:09 ID:aHPyKVQHO
QB「あはは・・・」

インキュベーター「・・・?ここは笑うところなのかい?」

QB「そうだね、ちゃんちゃらおかしくて笑えるよ」

QB「君は間違っているね」

インキュベーター「・・・?」

インキュベーター「暁美ほむらの強さかい?そりゃあ確かに・・・」

QB「違う」

インキュベーター「何が言いたいかわからないね」

71: 2014/06/29(日)06:00:10 ID:aHPyKVQHO
QB「暁美ほむらは元来弱い人間だ」

インキュベーター「とてもそうは見えないけれどね」

QB「そんな弱いほむらがどうして何十年もループできたと思っているんだい?」

インキュベーター「・・・」

QB「黙るよね、君にはわからないはずだ」

QB「・・・彼女には仲間がいる」

インキュベーター「・・・?だからどうしたんだい?」

QB「君の誤算は1+1は2だと考えてることだって言ってるんだ」

インキュベーター「尚更わからないな」

QB「いいよ、君には死ぬまでわからない」

インキュベーター「そうかい」

72: 2014/06/29(日)06:02:15 ID:aHPyKVQHO
インキュベーター「ところで、その個体・・・もう死にかけだけど」

QB「あぁ、この体かい?うん、そうだね」

インキュベーター「残念だね、余計なものさえ持っていなければ管轄を外されることもなかったのに」

QB「・・・」

インキュベーター「・・・不幸な君の代わりに僕がしっかり役目を果たすよ」

QB「・・・は」

QB「あははははは!!!」

73: 2014/06/29(日)06:06:24 ID:aHPyKVQHO
QB「僕が不幸だって!?馬鹿いうなよ!」

QB「これほど清々しい気持ちは初めてだ!」

QB「君には何年かけてもわからないことを僕は知ることができた!」

QB「僕はずっと不幸だった!」

QB「でもほむらがいた!マミがいた!」

QB「人の絆を身を持って知ることができた!」

QB「僕から見れば君の方こそよっぽと不幸さ!」

インキュベーター「そうか」

QB「ベタだと思うかい?」

インキュベーター「わからないね」

QB「そうだろうね」

QB「もうあっちにいけよ、僕は一人で死にたいんだ」

インキュベーター「そうかい、そうするよ」

75: 2014/06/29(日)06:09:34 ID:aHPyKVQHO
QB「ずいぶん・・・遠くまで来ちゃったな・・・」

QB「あぁ・・・もう歩けないや・・・」

QB「・・・」

QB「なんでかな、こうなることは分かってたのに・・・」

QB「ほんと、僕って最後まで馬鹿だなぁ・・・」

QB「・・・いや」

QB「最後は・・・思ったより・・・楽しかった・・・な」

QB「ふふ、スペアが貰えないとこんなに脆い体だったなんてね」

QB「ほむらに弱いなんて言えないや・・・」

76: 2014/06/29(日)06:11:33 ID:aHPyKVQHO
QB「・・・」

QB(あぁ・・・光が・・・薄くなってく・・・)

QB(嫌だなぁ・・・)

QB(怖いなぁ・・・)

QB(・・・)

QB(・・・)

QB(死にたくないよ・・・)

QB(もっともっと・・・)

QB(皆と・・・)

QB(ほむらと・・・)






ほむら「・・・QB!!!!」






77: 2014/06/29(日)06:13:54 ID:aHPyKVQHO
QB「・・・!」

杏子「おい!その話ほんとなんだろーな!」

さやか「うるさいあんこ!マミさんが嘘つくはずないっての!」

まどか「QB!!」

QB「・・・」ハァハァ・・・

QB「やぁ、どうしたんだい君達」

QB「もしかして鹿目まどかを契約することに賛成して・・・」

ほむら「もういいの、QB」

ほむら「ごめんね・・・」

ほむら「ごめんねえええ・・・!!」

QB「・・・」

78: 2014/06/29(日)06:18:04 ID:aHPyKVQHO
QB「・・・どうしたんだい・・・らしくないじゃないか」

ほむら「ごめんね・・・!QB!私は・・・!私は・・・!」

QB「あはは、そうかぁ、バレ・・・ちゃったか・・・」

ほむら「・・・」

QB「ほんとは・・・ご飯だけって決めてたんだよ・・・」

QB「・・・だけど君と・・・ほむらといて・・・つい・・・居着いちゃった・・・あはは」

QB「君を悲しませるって分かっていたのにね・・・」

杏子「さやかっ!!!」

さやか「うんっ!」

バシュッ!

QB「無駄だよ・・・」

QB「君の魔法は・・・寿命までは・・・戻せない・・・」

QB「いつかこうなることは・・・分かってわたんだ」

QB「だけど、君が・・・君たちが・・・暖かすぎて・・・」

ほむら「・・・もういいの!喋らないで!」

79: 2014/06/29(日)06:20:04 ID:aHPyKVQHO
QB「・・・し・・・」

ほむら「しゃべるなっていってるでしょ!」

QB「・・・ふふ」

QB「死ぬのは・・・怖いなぁ・・・」

QB「本当に怖いよ・・・」

ほむら「・・・・・・」ポロポロ・・・

QB「ねぇ、ほむら・・・」

ほむら「・・・なに?・・・」

QB「・・・最後に僕の願いを叶えてよ・・・」

ほむら「・・・!!」

80: 2014/06/29(日)06:23:42 ID:aHPyKVQHO
QB「笑って欲しいな・・・」

QB「笑って・・・見送って・・・欲しいな・・・」

ほむら「・・・!!」ゴシゴシ

ほむら「・・・」ゴシゴシゴシゴシ・・・

ほむら「・・・ふふふ・・・」

QB「・・・ありがとう」

ほむら「ねぇ・・・QB・・・・・・」

QB「・・・」

ほむら「・・・QB・・・!」

ほむら「・・・ううぅ・・・」ポロポロ・・・

ほむら「・・・こっちこそ、・・・」

ほむら「うわぁぁああああん!!!」




その日ほむらちゃんは泣き続けました
吠えるように、嘆くように
暁に燃える美しい炎のような夕日に
何かをぶつけるように泣き続けました

82: 2014/06/29(日)06:26:04 ID:aHPyKVQHO






マミ「暁美さん、もう大丈夫なの?」

ほむら「ええ、もう大丈夫よ」

ほむら「よくよく考えたらあんな獣いなくたってどうでも良くなったわ」

さやか「素直じゃないなー」

杏子「なー」

ほむら「う、うるさいわね、そこのバカコンビ」

さやか「腕にあんな物着けてるやつに言われてもねー」

杏子「なー」

ほむら「馬鹿じゃないのかしら、ほら、早く行くわよ」

まどか「・・・ふふふ」

83: 2014/06/29(日)06:30:29 ID:aHPyKVQHO
マミ「美樹さん!そっちに行ったわ!」

さやか「さやかちゃんに任せてつかぁさい!」

杏子「うおらぁぁぁぁ!!!」

ほむら「・・・」




ねぇ、QB
敵対し続けた私たちだけど
最後の方はあなたのおかげで楽しかったわ
もしこの世に貴方達の言っていた奇跡とは違う奇跡があるのなら
もしあなたが生まれ変わってもう一度巡り会えることができたなら
その時は私達・・・もっと仲良くできるよね
もしその時が来たのなら
その時は・・・






84: 2014/06/29(日)06:37:22 ID:aHPyKVQHO
さやか「あー疲れたぁ・・・」

杏子「結構強かったしあいつ・・・」

マミ「・・・まぁまぁ、無事倒せてよかったわ」ニーニー

マミ「あら?」

杏子「んだこりゃ?」

さやか「・・・ん~?」

ネコ「ニーニー」

ほむら「ちょっ、こら!」

ほむら「すりつかないの!」

杏子「捨て猫か?」

マミ「どうやら子猫のようね・・・生まれたばかりみたい・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・」ヒョイッ

杏子「・・・」

さやか「ま、そーなるよね」

マミ「・・・ふふふ」

タッタッタッ・・・

まどか「・・・あっ、ほむらちゃんたち!」

まどか「・・・?その猫は?どうしたの?」

マミあんさや「」ニコニコ

まどか「え?え?な、何が起こったの?ほむらちゃん」

ほむら「・・・さぁ・・・」






ほむら「きっと奇跡が起こったのよ」

89: 2014/06/29(日)07:18:44
お疲れ~

引用元: ほむら「何しに来たのかしら?」QB「・・・」