1:2019/12/09(月) 22:00:37.705 ID:qqTV5dGy0.net
怪物「ガアアッ!」

ザシュッ!

勇者「ぐあっ……!」

戦士「勇者、ステーキだ!」

よく焼けた、ぶ厚いステーキが勇者に手渡される。

勇者「ありがとう!」ガブッ

すかさず肉にむしゃぶりつき、瞬く間に完食する。

勇者「よし、回復!」シャキーンッ
4:2019/12/09(月) 22:03:59.777 ID:qqTV5dGy0.net
土人形「ウガアッ!」

ドゴッ!

戦士「くっ、俺にもなんかくれ!」

女魔法使い「カレーライスよ!」

皿に盛られたカレーライスが、戦士の手に届く。

そのとたん、戦場はカレーの匂いに包まれた。

戦士「よっしゃ!」モグモグ

戦士「辛っ! 水ないか!?」

女魔法使い「ないわ、我慢して!」

戦士「まぁいいや、おかげで回復できた!」シャキーンッ
6:2019/12/09(月) 22:06:53.765 ID:qqTV5dGy0.net
女魔法使い「ああ……魔力切れ、どうしよう!」

女魔法使い「魔力回復にはジュースがいいのよね~」

袋からグレープジュースを取り出すと、それを一気に飲み干す。

女魔法使い「さあ、覚悟なさい!」



女僧侶「くっ、私も傷を……!」

女僧侶「大した傷ではないので、お菓子で……」

チョコレートケーキにかぶりつく。

勇者「いけるか!?」

女僧侶「ふう、もう大丈夫です!」



さて、どうしてこうなったのかというと――
9:2019/12/09(月) 22:09:28.394 ID:qqTV5dGy0.net
――

勇者「うーん……」

戦士「どうした、勇者?」

勇者「この市販の回復薬、イマイチ頼りないんだよな」

戦士「たしかに……これからの戦いで使うには心もとない性能だよな」

女魔法使い「薬草も今の戦いじゃ焼け石に水って感じだわ」

女僧侶「でしたら、私が回復魔法を唱えれば……」

勇者「いや、僧侶には回復魔法を唱える暇があったら、補助魔法をバンバンかけて欲しい」

勇者「これからますます戦いは厳しくなるだろうし……」

戦士「できれば単純な体力回復は、魔法じゃなくアイテムで済ませたいよな」
11:2019/12/09(月) 22:12:13.060 ID:qqTV5dGy0.net
勇者「俺、ふと思ったんだけど」

戦士「なんだ?」

勇者「もしかして、下手な薬より、食べ物の方が回復アイテムとして優秀じゃないか?」

戦士「たしかに……!」

女魔法使い「こないだケーキ食べたら、傷がたちまち回復したわ」

女僧侶「魔力は飲み物で回復できたりしますしね」

勇者「……」

勇者「よし決まりだ! これから俺たちは、回復には食べ物や飲み物を使うことにする!」

あまりに思い切った決断であった。
12:2019/12/09(月) 22:13:54.052 ID:OWe/izkEa.net
荷物が物凄い量になるぞ
パーティー以外に荷物持ちがいるな
13:2019/12/09(月) 22:15:22.701 ID:qqTV5dGy0.net
もちろん、最初のうちはうまくいかなかった。

ズバッ!

戦士「ぐああっ……!」

勇者「戦士!」

戦士「自分で回復する! なんか食い物くれ!」

勇者「えぇと……食べ物はラーメンしかない」

戦士「マジ?」

勇者「マジ」

戦士「ふぅ~、ふぅ~、あちっ、あちっ! ――く、食えねえ!」

勇者「早く食え! 魔物が襲ってくるぞ!」

魔物「グオオオオオオオッ!」
15:2019/12/09(月) 22:18:14.913 ID:qqTV5dGy0.net
女僧侶「どうぞ、リンゴジュースです。全快の半分ぐらい魔力回復できるはずです」

女魔法使い「……ありがと」

女魔法使い「あー……もうお腹チャプチャプだわ」

女僧侶「前の街で、リンゴジュースばかり買い溜めしたのは失敗でしたね……」

女魔法使い「いくら性能がいいといってもね……今日これで20杯目だもの」



勇者「うっ……」

戦士「どうした、勇者?」

勇者「食べながら動きまくったから、吐き気が……」

戦士「わっ、あっちの茂み行ってこい!」

オエエエッ…
17:2019/12/09(月) 22:21:58.819 ID:qqTV5dGy0.net
しかし、人間の適応能力とは恐ろしいものである。

大カマキリ「キシャアアアアアッ!」

大カマキリ「シャッ!」ブンッ

勇者「よっ」モグモグ

大カマキリ「シャッ!」ブオンッ

勇者「ほっ」モグモグ

鋭いカマを掻い潜りながら、ステーキを食す。

勇者「よし、回復! 一刀両断ッ!」ザシュッ!

大カマキリ「ギャアッ……!」ドチャッ
19:2019/12/09(月) 22:24:16.554 ID:qqTV5dGy0.net
戦士「骨付き肉食って回復だ!」ムシャッ

巨大植物「グオオオオオッ!」ニュルニュルニュル

戦士「……ん、この肉」ヒョイッ

女魔法使い「どうしたの?」

戦士「焼き加減がイマイチだな……ちょっと火で焼いてくれねえか?」

女魔法使い「分かったわ!」ボッ

戦士「サンキュー!」ハグハグ

女魔法使い「ついでにこいつも燃やしとこっと」ボッ

巨大植物「ギエエ……!」メラメラ…
21:2019/12/09(月) 22:27:16.296 ID:qqTV5dGy0.net
ドゴォォォォォンッ!

女魔法使い「ふぅ、ふぅ、ふぅ……全魔力使っちゃったわ」

女僧侶「私もです……」

勇者「じゃあ二人とも、いっぱい飲み物あるから飲んで回復してくれ」

女魔法使い「はーい!」

女僧侶「いただきます!」

グビッ グビッ グビグビッ

大量のお茶やジュースを苦もなく消費する女子二人。
22:2019/12/09(月) 22:30:18.476 ID:qqTV5dGy0.net
ズルルッ

勇者「……む、このラーメン」

女僧侶「どうしました、勇者さん?」

勇者「固さが足りないから、防御力を上げてくれない?」

女僧侶「分かりました!」パァァァ…

勇者「お、いい固さになった!」ズルズルッ

中級悪魔「戦闘中にメシ食ってんじゃねえ!」

勇者「戦闘中じゃない、食事中だ!」ズバッ!

中級悪魔「ぐわああっ……!」
25:2019/12/09(月) 22:34:18.053 ID:qqTV5dGy0.net
しかし、そんな四人の前に――

勇者「……お前たちは!」

炎魔人「勇者ども、焼き尽くしてくれる!」

風魔人「フッ……我が風の前に踊り狂うがいい」

水魔人「ホッホッホ、あなた方は水の底に沈めてあげましょう」

土魔人「……埋めてやる」



ついに“四天王”が立ちはだかった。
26:2019/12/09(月) 22:37:23.072 ID:qqTV5dGy0.net
炎魔人「ゆくぞォ!」

炎魔人「地獄の火炎を受けてみよ!」

ゴォォォォォッ!

勇者「こ、この炎はッ!」

炎魔人「フハハハ、焼かれるがいい!」

勇者「肉焼くのにちょうどいい!」

戦士「ウェルダンのステーキを楽しめるぜ!」

炎魔人「なんだとォ!?」
28:2019/12/09(月) 22:39:49.191 ID:UxSJAdiw0.net
テイルズも作品にもよるけど料理がぶっ壊れだったりするよな
食った後最初の戦闘限定でバフついたり
29:2019/12/09(月) 22:40:15.307 ID:qqTV5dGy0.net
風魔人「風よ……奴らを切り刻め!」

無数の刃が飛んでいく。

ズババババッ!

女魔法使い「おかげでキャベツの千切りが楽にできたわ。ありがと」

風魔人「ええっ!?」

女僧侶「さあ、トンカツに添えて食事にしましょう!」

勇者&戦士「はーいっ!」

風魔人「こんなはずじゃ……」
31:2019/12/09(月) 22:43:18.856 ID:qqTV5dGy0.net
水魔人「ええい、まとめて水で呑み込んであげましょう!」

ザバァァァァァッ!!!

大量の水が勇者たちを呑み込む。

水魔人「終わりましたね……あっけない」

水魔人「む!?」

勇者「流しそうめんうめえ!」ズルズルッ

戦士「自分が流れる流しそうめんなんて斬新だな!」ズゾゾッ

女魔法使い「さっぱりしておいしい~!」チュルルッ

女僧侶「いくらでも食べられますね!」チュルルルッ

水魔人「渦の中で……そうめん食ってる……」
32:2019/12/09(月) 22:43:20.593 ID:2BIotO/r0.net
イースだと料理で回復したあとは一定時間経たないと別の料理アイテムを使うことができない
なぜかジュースを飲むとすぐ使えるようになるけど
33:2019/12/09(月) 22:46:16.237 ID:qqTV5dGy0.net
土魔人「……隆起せよ」

ゴゴゴゴゴゴ……!

地面が隆起し、勇者たちを襲う。

勇者「……ん! 土の中にイモがあるぞ! 食べよう!」

女魔法使い「私が焼くわ!」メラメラ…

女僧侶「防御力低下させて柔らかくします!」パァァァ…

戦士「いただきまーす!」

モグモグ… ムシャムシャ…

土魔人「……どうして」
35:2019/12/09(月) 22:47:59.584 ID:xUZAfDUc0.net
食べ物にバフかけるの笑う
36:2019/12/09(月) 22:49:06.423 ID:qqTV5dGy0.net
炎魔人「ダ、ダメだ……!」

風魔人「いくら攻撃しても、食事に利用され……」

水魔人「しかも回復されて、しまう……」

土魔人「ま、参った……」

ドサササッ…

四天王は敗北を認めた。

勇者「激しい戦いだった……」

戦士「だが、満腹にはなったな」ゲフッ

女魔法使い「残る敵はいよいよ魔王だけね」

女僧侶「いきましょう、魔王城に!」
38:2019/12/09(月) 22:53:17.314 ID:qqTV5dGy0.net
ゴゴゴゴゴ…

魔王「よくぞここまで来た……勇者ども」

魔王「さあ、来るがいい! 地獄の底に叩き落としてくれようぞ!」

勇者「みんな、準備はいいか?」

勇者「ナイフとフォークは一番外側のから取っていくんだ」サッ

勇者「食事しながら、優雅に魔王を倒そうじゃないか」

戦士「おう!」

女魔法使い「ええ!」

女僧侶「はい!」

魔王「……!」

魔王「おのれ……舐めるなぁっ!!!」
41:2019/12/09(月) 22:56:24.340 ID:qqTV5dGy0.net
魔王「喰らえい! 暗黒の雷!!!」

ズガガァァァンッ!

勇者「む、このソテーは美味だな」

戦士「ムニエルもいけるぜ!」

女魔法使い「スープもほんのり甘くておいしいわ」

女僧侶「このサラダもとっても新鮮です!」

魔王「な……なんだとォ!? 紙一重でかわしている!」
43:2019/12/09(月) 22:59:16.637 ID:qqTV5dGy0.net
魔王「我が拳を受けよッ!!!」

ドゴォンッ!

勇者「……ッ!」

ダメージを受けても、勇者は平然と食事をする。

勇者「うん、うまい」モグモグ

戦士「この水うめえ!」グビグビ

女僧侶「ダメですよ、それは指を洗うための水です!」

戦士「あ、そうなの?」

魔王「くっ……!」

魔王(こいつら……本当に戦いながらフルコースを楽しんでおる!)
44:2019/12/09(月) 23:01:58.537 ID:qqTV5dGy0.net
勇者「ふぅ、食った食った」

勇者「さて、そろそろ……腹ごなしといきますか」クルッ

三人「おう!!!」

魔王「えっ……!?」

勇者「いくぞ、魔王ッ!」

勇者パーティーはすっかり体力満タンになっていた。
45:2019/12/09(月) 23:03:09.225 ID:LhXG44QF0.net
Motherは戦闘中4人でピザ分けて食えるな
46:2019/12/09(月) 23:05:17.138 ID:qqTV5dGy0.net
女僧侶「皆さんの能力を最大限上昇させます!」パァァァァァッ

女魔法使い「全魔力を叩き込むわッ!」

ドゴォォォォォォンッ!

戦士「フルパワー斬りィィィッ!」

ズバシュッ!

勇者「うおおおおおおおおおおおおっ! 一刀百断ッ!」

ザンッ!!!

魔王「ぐはぁぁぁぁぁっ!!!」

魔王「こんな……バカ、な……」

会心の一撃を受け、魔王は消滅した。



勇者「朝飯前……いや、夕飯後だったな」
47:2019/12/09(月) 23:08:49.104 ID:qqTV5dGy0.net
魔王を倒した勇者たちはめでたく凱旋を果たす。



ワァァァ…… ワァァァ……

「おおっ、帰ってきた!」

「さっすが勇者様だぜ!」

「ありがとー!」



王「よくやってくれた、勇者よ。貴公の名は永遠に残るだろう」

王「今夜は王国の最高級料理の数々を用意した。ぜひ仲間たちと共に楽しんでくれたまえ」

勇者「喜んでいただきます!」
48:2019/12/09(月) 23:13:12.545 ID:qqTV5dGy0.net
勇者「うん、うまい」ゴゴゴ…

戦士「うめえぜ……うますぎて、つい暴れたくなっちまう」メキメキ…

女魔法使い「おいしすぎて……魔力が暴発しそう」ズオオオオ…

女僧侶「ダメですよ、皆さん……戦いはもう終わったんですから……」ミシミシ…

ゴゴゴゴゴ…

王「……!」

王「あの……なんでみんなそんなに殺気立ってるの?」

勇者「すいません、俺たち食事をする時はだいたい命のやり取りをしてたもので、つい……」

王(いったいどんな冒険してきたんだ……!?)






― END ―
49:2019/12/09(月) 23:19:05.082 ID:SvHzdDY1r.net

体に染み付いちゃったかw
50:2019/12/09(月) 23:27:11.999 ID:+yxQAhwK0.net
おもしろかった乙
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1575896437