1: 2013/12/25(水) 00:30:25.45 ID:/qMOKwdw0
まどか「え、えーっと、メリークリスマス、です」

サンタ「ほっほっほ、そんなにかしこまらんでも良いのに」

まどか「いえっ!そんな訳にはいきませんよ!…それで、私になにか……?」

サンタ「なにか、って。クリスマスにサンタが尋ねる質問なんて決まっておるじゃろう。お前さんが欲しいプレゼントはなにかの」

まどか「えええええ!い、いいんですか?」

サンタ「いいもなにも、わしはそういう存在じゃからのう」ホッホッホ

まどか「…なんでも、いいんですか」

サンタ「もちろんだとも」

まどか「……それなら」

2: 2013/12/25(水) 00:32:03.40
「???」その必要はないわ

3: 2013/12/25(水) 00:39:44.98 ID:/qMOKwdw0
さやか「まどかーっ!メリークリスマス!」

まどか「ウェヒヒ、メリークリスマス。さやかちゃんに杏子ちゃん」

杏子「おいーっす」

まどか「ねえねえ!さやかちゃん達にはサンタさん来た!?私、今年も貰えたんだぁ」

杏子「いやいやまどか。サンタってのはだn」ムグッ
さやか「へええ!すごいじゃんまどか!あたしたちは日頃の行いが祟ってか、来なかったんだよー」

杏子「なにすんだよ」ボソボソ

さやか「それはこっちのセリフ!まどかはまだサンタ信じてるんだから、乗らないとだめじゃない」ボソボソ

杏子「でも、学校行ってあんなこと言ってたら馬鹿にされるぞ。いまの内にばらす方が親切ってもんだ」ボソボソ

5: 2013/12/25(水) 00:47:46.69 ID:/qMOKwdw0
まどか「ええ!私に来て、さやかちゃん達に来ないなんてそんなの絶対おかしいよ!ふたりとも、ちゃんとママにサンタさんへのプレゼント伝えてもらった?」

まどか「もしちゃんとお願いしててふたりにプレゼント渡さなかったんなら、ママにお願いしてサンタさんに文句言ってもらうんだから!」

さやか「…ねえ、聞きました?佐倉さん。あの子あんなにも純粋なんですよ」ボソボソ

杏子「うぅっ」

さやか「あんたにあの子の夢をぶち壊せるだけの冷酷さがある?」ボソボソ

杏子「む、むりだ…」

さやか「でしょ?だったらあたしに話合わせて」ボソボソ

6: 2013/12/25(水) 00:56:09.69 ID:/qMOKwdw0
さやか「いやぁ、そーいや忘れてたわ!あっはっは、そりゃあくるはずないよ」

杏子「だ、だなあ。うっかりしてたよ。来年は気を付けねーと」

まどか「もーっ、ふたりともズボラなんだから」ウェヒヒ

杏子「えー、最近はあんまりまどかに頼らずに宿題してるじゃんかー」

さやか「じゃあ今日の宿題は?」

杏子「えっ、そんなんあったっけ」

まどか「英語の和訳が出てるよ」ウェヒヒ

杏子「まどか、お願い!」

まどか「もう!しょうがないなあ」

さやか「ちょっとちょっとまどか!あんまり杏子を甘やかさないでよ」

杏子「いやいや、クリスマスに終業式をぶちあてて、挙句に宿題まで要求するほうがおかしんだっつーの!」

さやか「まあ、それは言えてるね。クリスマスはお休みでいいのに!あーあ、これから学校行って校長の長―い話をきかなきゃなんないなんてまいっちゃうねえ」

9: 2013/12/25(水) 01:04:24.48 ID:/qMOKwdw0
まどか「ウェヒヒ、今日で終わりなんだし、がんばろうよ二人とも」

さやか「はぁー。サンタさーん、いまからでもプレゼントの要求遅くないなら、あたしに休日をくださーい」

杏子「さやかはいい子じゃないからだめだ」

さやか「なにー!?あんたには言われたくないぞ!」

杏子「さやか、それはお前が悪い子だという反論にはなってないぞ。あたしを巻き添えにしただけだ。そしてそんなことをするお前はやっぱり悪い子だ!」

さやか「こらーっ!待て杏子ーっ」


まどか「ウェヒヒ、ほんとに二人は仲がいいなあ」


まどか「良かったね、ふたりとも」ボソッ



ほむら「……」チラッ

まどか「あっ!ほむらちゃんだ!おぉーい、ほむらちゃーん!」

ほむら「!」

11: 2013/12/25(水) 01:10:14.55 ID:/qMOKwdw0
まどか「ほむらちゃん!メリークリスマス!」

ほむら「…おはよう、まどか」

まどか「もう!今日はクリスマスなんだよ!メリークリスマス!って返してよお」

ほむら「……私には、聖夜を祝う資格がないから」

まどか「そんなことないよ!サンタさんは平等だよ」

ほむら「ふつうの人間にはね」

まどか「またほむらちゃんはヘンなこと言うー」ウェヒヒ

12: 2013/12/25(水) 01:16:20.10 ID:/qMOKwdw0
ほむら「ヘンと言えば、あなただわ。普段は私にあまり話しかけないじゃない」

まどか「え?友達に話しかけるのって、そんなにヘンかな」

ほむら「ともだち…」

まどか「うん!」

ほむら「……」

まどか「……」

まどか「ねね!ほむらちゃんがいっつもしてるピアス、かっこいいよねえ。さわっていい?」

ほむら「っ!やめて!!」バシ

まどか「わっ」

ほむら「…!ご、ごめんなさい!わ、私そんなつもりじゃあ…」

まどか「ううん、私こそごめんね。いきなり触ろうなんて、厚かましいよね」

16: 2013/12/25(水) 01:21:42.47 ID:/qMOKwdw0
ほむら「いえ……私は」

ほむら「……」

ほむら「ほら、もう行きなさい。あまり私と話してると、また美樹さんがいい顔しないわよ」

まどか「ええー」

ほむら「ほら、美樹さん睨んでる」

まどか「ほんとだ!もう、さやかちゃんは…」タタタッ

まどか「ほむらちゃーん!また後でねーっ」

ほむら「後で…?今日に限って、どうしたのよあの子…」ハア

17: 2013/12/25(水) 01:29:39.35 ID:/qMOKwdw0
さやか「もう!また暁美さんに絡まれたの!?あいつは危険だって何度も…!」

まどか「違うよさやかちゃん。私から話しかけたの」

さやか「余計ダメじゃん!自分から絡むなんてなに考えてるのさ!」

まどか「でも、ほむらちゃんいい子だよ?仲良くしようよ」

さやか「違うんだって!あいつは危険なんだ!」

杏子「…ほむらの奴に関しては、正直まどかに賛成だ。確かに、あいつは協調性もなくて基本なに考えてるかわかんねーやつだけど、さやかが言ってるみたいな危険人物には見えねーぜー?」

さやか「杏子は知らないんだ!あいつがどんなヤツか…!」

18: 2013/12/25(水) 01:33:04.70 ID:/qMOKwdw0
杏子「じゃあ逆に聞くけど、さやかはあいつのこと知ってんのか?昔なんかされたのか?」

さやか「それは…その。よく覚えてないけど、あいつが悪魔みたいなやつだってことは…よく知ってる」

杏子「なんだそりゃ。…さやからしくねーぞ。大した理由もなしに人を嫌うなんて」

まどか「そうだよ!みんなで仲良くしようよ」

さやか「…でも」

杏子「ってあああああ!時間やべえじゃん!走るぞ!」

さやか「うげっ!ほんとだ!走るよまどか!」

まどか「う、うんっ」

19: 2013/12/25(水) 01:38:27.57 ID:/qMOKwdw0
―放課後―

杏子「はぁーっ終わった終わった」

さやか「…終わりだ。こんな2だらけの通知表見せたら、絶対殺される」

まどか「まあまあ。さやかちゃんは忙しいんだし、仕方ないよ」

さやか「だよねえ。所詮、魔法sy」グムッ

さやか「なにすんのさ」ボソボソ

杏子「ばか、まどかに魔法少女のことが知れたらどうする」ボソボソ

さやか「あっ」

杏子「ったく、気をつけろよな」

さやか「面目ない…」

まどか「?」

21: 2013/12/25(水) 01:46:17.02 ID:/qMOKwdw0
さやか「さて、じゃあ家に帰ったら半殺しは確定してるわけだし、今日のマミさん家でのクリスマスパーティは長居するぞー!」

杏子「おう!ケーキ食いまくってやる!な?まどか」

まどか「…ごめんね。私それ、行けなくなっちゃった」

さやか「ええー!なんでまた」

まどか「あのね、向こうだとクリスマスって家族でお祝いするものだから、ママがごちそう作って待ってるの。だから…ごめんね」

さやか「うーんそっかぁ。そりゃ仕方ないね」

杏子「安心しろまどか、あんたの分までケーキは食べてやる。来年は来いよな!」

まどか「うん!来年は必ず!」

まどか「じゃあ、またねー!ふたりとも!マミさんによろしくー!」

23: 2013/12/25(水) 01:51:37.67 ID:/qMOKwdw0
――――――――
―――――

まどか「-うん、うん。ごめんねママ。でもこっちのお友達も大事だから…うん。ごめんね、せっかくのごちそうなのに」

まどか「ウェヒヒ、うん、うん。はーい。うん、そんなに遅くならないよ。はーい」ピッ

まどか「…ごめんなさい」


まどか「さってと!急がなくちゃ!」タタッ

28: 2013/12/25(水) 02:09:52.08 ID:/qMOKwdw0
ラーストクリスマスアイゲイブュマイハート~♪

ほむら「…はぁ」

ほむら(もうずいぶん振りのクリスマス…。ループ時代は懐かしく感じることもあったけど、こうしていざ迎えてみると煩わしいものね)チラ

カップル♂「ホントマヂアイシテル」イチャ
カップル♀「マヂデエアタシモオ」イチャ

ほむら(…私が想い人と過ごすことは、きっとない)


ほむら(……せっかく安いし、ケーキでも買って帰ろうかしら)

ほむら「……」ウロウロ


まどか「わっ!!!」

ほむら「きゃああああああ!!?」

30: 2013/12/25(水) 02:16:57.47 ID:/qMOKwdw0
ほむら「まっまどか!?驚かさないで!」

まどか「ウェヒヒ、いっつも気を張ってて隙のないほむらちゃんが珍しくボーっとしてたから、ついイタズラしたくなっちゃって」

ほむら「…もう。というか、なぜここに?あなた巴さんとのパーティはいいの?」

まどか「それ、断っちゃった」

ほむら「断ったって…ええ!?おうちのパーティは!?」

まどか「それも」

ほむら「な、なにしてるのよ!!?せっかくのクリスマスなのよ!?私なんか放っておいて、大切な人と楽しい時間をすごしなさい!」

まどか「せっかくのクリスマスだからだよ、ほむらちゃん」

31: 2013/12/25(水) 02:24:23.85 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…???」

ほむら「ごめんなさい、本気で訳が分からないわ。大切な約束をすっぽかして、あなたはなにがしたいの?」

まどか「んー、そりゃ、ほむらちゃんと過ごしたいんだよ」

ほむら「!!!」

ほむら「…どっどこまで愚かなのあなたは!?私といたなんて知れたら、美樹さんがなんて言うか!!だいたい、私はあなたなんかと過ごすほど暇じゃないの!悪いけど他をあたって頂戴!具体的には巴さんのところとか!」

まどか「ほむらちゃん、ほむらちゃん」

ほむら「なによ」

まどか「後ろ後ろ」

ほむら「…なんなのよ、もう」クル

33: 2013/12/25(水) 02:29:35.55 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…なんなのよ、もう」クル

使い魔「マツリジャマツリジャ」ブシャアアア

使い魔「ワッショイワッショイ」ブシャアアア

ほむら「」

ほむら「なにしてるのあなた達っ!散れっ!散りなさい!」シッシッ

使い魔「スナオジャネエナア」ザクロポイッ

ほむら「」ベシャッ


まどか「あの、ほむらちゃん?」

ほむら「…シャワー浴びなくちゃならなくなったわ。さようなら。また新学期」スタスタ

35: 2013/12/25(水) 02:37:50.02 ID:/qMOKwdw0
まどか「ほむらちゃん、ストップ」

ほむら「え?」

まどか「ねえ、なんで私がマミさんのパーティにお呼ばれしてるのや、うちのごちそうのこと知ってるの?」

ほむら「」

まどか「当ててあげよっか」

まどか「ほむらちゃん、私のことストーキングしてるよね」

ほむら「!!!」サーッ

ほむら「そ、それは…!」

まどか「してるよね?」

ほむら「………え、ええ」

まどか「いけないんだぁ~。でもね、忘れてあげてもいいよ」

ほむら「!」

まどか「今日一日、私とデートしなさい。それでチャラだよ」

37: 2013/12/25(水) 02:51:42.20 ID:/qMOKwdw0
ほむら「????」

ほむら「ま、まどか?今日のあなたおかしいわよ?どうしちゃったの」

まどか「どうもしてないよ?」

ほむら「だって、私達そういう関係じゃないでしょ!」

まどか「でも、ほむらちゃんは嫌じゃないでしょ?」

ほむら「っ!…いえ、そのっ」

ほむら(嫌だって言わなきゃいけないのに…!言えないっ!まどかにそんなこと…!)

まどか「デートしてくれなきゃ、ほむらちゃんがストーカーだってみんなに言いふらしちゃうよ」

ほむら「そ、それでいいわ!私の評判なんてどうでもいいから、あなたは最高のクリスマスを満喫して!私はそれで満足なの!」

41: 2013/12/25(水) 02:59:20.65 ID:/qMOKwdw0
まどか「…もう、ほむらちゃん鈍いんだから。私の最高のクリスマスには、あなたが必要なの」ギュウ

ほむら「えっちょっと。は、はん@はなれ¥て!」カアア

まどか「だーめ。ほむらちゃんがデートするって言うまで離さない」ギュウウ

ほむら「…うぅ」

まどか「ほむらちゃん、デートしよ?」

ほむら「……………………うん」

まどか「やった」パッ

ほむら(…やってしまった)

43: 2013/12/25(水) 03:04:40.61 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…まどか?」

まどか「んー?」

ほむら「どこへ向かってるの?」

まどか「最近オープンした雑貨屋さん!行ってみたかったんだぁ」

ほむら「…そ、そう」

まどか「ん」スッ

ほむら「?」

まどか「手、つなごうよ」

ほむら「っ!///」フイ

ほむら「ほ、ほら、信号青になったわよ!渡りましょう」タッ

まどか「わっ!待ってよほむらちゃん!」

44: 2013/12/25(水) 03:12:09.63 ID:/qMOKwdw0
―雑貨屋―

まどか「見てみて!これかわいいなあ」

ほむら「そうね。まどかに似合いそうだわ」

まどか「私は、ほむらちゃんの方が似合うと思うなあ」

ほむら「私には派手すぎるわよ」

まどか「そうかなあ…。あっ!このネックレスなんかどお?ほむらちゃんのピアスと同じ感じの趣でいいと思うよ」

ほむら「そうね。落ち着いてていいかも」

まどか「後ろむいて!着けてあげる」

ほむら「お願い」クル

46: 2013/12/25(水) 03:19:31.32 ID:/qMOKwdw0
まどか「はいっ!できたよ」

ほむら「…いいわね」

まどか「だよねー!よく似合ってるよ」

ほむら「これいくらかしら」ピラッ

ほむら「」
まどか「」

ほむら「…中学生には、厳しいわね」

まどか「そうだね…。世知辛いよ」

48: 2013/12/25(水) 03:23:25.78 ID:/qMOKwdw0
まどか「あ!このマフラー可愛い」

ほむら「しかも、ピンクと紫があるわね」

まどか「私達のためにあるような品だね!」

ほむら「そうかもね」クスクス

まどか「ねえねえ、お揃いでこれ買っちゃおうよ。お互いへのクリスマスプレゼントってことで」

ほむら「…ええ」ニコ

まどか「よっし!決まりだね。ギフトにしてもらうねー」

ほむら「うん」

ほむら「……」

まどか「どうしたの?」

ほむら「…いえ、なんでも」


ほむら「…怖いのよ」ボソッ

ほむら(幸せすぎて…)

49: 2013/12/25(水) 03:30:38.05 ID:/qMOKwdw0
まどか「んふふー♪」

ほむら「ご機嫌ね」フフ

まどか「だって、ほむらちゃんとクリスマスだから!」

ほむら「…もう///」

まどか「ねえ、私お腹すいて来ちゃった」

ほむら「奇遇ね。私もよ」

まどか「じゃあどっか入ろっか!」

ほむら「ええ。えーっと、ここらでいいお店あるかしら」

まどか「私は転校してきたばっかりだから。ほむらちゃんに任せるよ」

ほむら「任せて頂戴。完璧にエスコートしてみせるわ」

まどか「ウェヒヒ、期待してるね」

50: 2013/12/25(水) 03:36:59.03 ID:/qMOKwdw0
ほむら「……」

まどか「ステーキハウス?」

ほむら「…」チラ

財布「アカン」

ほむら(来月までもやし生活すれば…なんとか)

ほむら「…ここは私が持つわよ。入りましょう」

まどか「ムリしなくていいよ。ここ高いでしょ。ファミレス行こうよ」

ほむら「…でも、デートでファミレスはダメだって」

まどか「誰が言ってたの?」

ほむら「……ネットで」

まどか「ウェヒヒヒヒ、ほむらちゃんそーゆーの真に受けるタイプなんだ!」

ほむら「ええっ!?」

51: 2013/12/25(水) 03:43:16.06 ID:/qMOKwdw0
まどか「いいんだよ、私達中学生なんだし、なにより私がいいって言ってるんだから」

ほむら「…でも」

まどか「いーのいーの」

ほむら「…まどかがそう言うなら」

52: 2013/12/25(水) 03:47:01.83 ID:/qMOKwdw0
___________
________


まどか「ふぅー、なんだかんだミラノ風ド○アはおいしいねえー」

ほむら「そうね、やっぱり身の丈に合ったお店が一番ね」

まどか「でしょー」

ほむら「…その、まどか」

まどか「ん?」

ほむら「……手、つながない?」

まどか「うんっ」スッ

ほむら「…ふふ」ギュッ

53: 2013/12/25(水) 03:51:04.19 ID:/qMOKwdw0
ほむら「まどかの手、冷たいね」

まどか「かなあ。ウェヒヒ」

ほむら「あっためてあげる」サスサス

まどか「…ほむらちゃんは温かいね。まさに名前通りだね」

ほむら「…いまは名前負け、してないかな」ボソッ

まどか「え?」

ほむら「なんでもないわ」


ほむら「この後、どうしましょうか」

まどか「あ、おすすめの場所があるんだ!行ってみない?」

ほむら「ええ、行きましょう。あなたとなら、どこへでも」

55: 2013/12/25(水) 03:56:45.39 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…イルミネーション。綺麗ね」

まどか「でしょ!ここはロマンチックだからカップルに人気なんだよ」

ほむら「へ、へえ…。その、みんな…してるわね」

まどか「そうだねー。そーゆー場所だから」

まどか「……私たちも、しちゃおっか///」

ほむら「え、えええええ///」

まどか「…大丈夫、誰も見てないよ」

ほむら「そ、そーゆー問題じゃなくて」

まどか「…ほら。いくよ」

ほむら「まっまど…!」


ちゅっ

57: 2013/12/25(水) 03:59:07.79 ID:/qMOKwdw0
まどか「えへへ、しちゃったね///」

ほむら「まどか」

まどか「ん?」

ちゅっ

まどか「!!?///」

ほむら「ふふっ。おかえしよ」

まどか「…もう///」

59: 2013/12/25(水) 04:05:20.99 ID:/qMOKwdw0
________________
_____________


―ほむら宅―

まどか「ふぅーっ楽しかったねえ、ほむらちゃん!」

ほむら「そうね」

まどか「最高のクリスマスだったよ!さて、せっかくほむらちゃんのおうちにお邪魔してるんだし、ここでしかできないこと、やっちゃおうか」

ほむら「な、なにかしら…」

まどか「もう、分かってるくせにい」

60: 2013/12/25(水) 04:07:23.88 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…///」

まどか「ウェヒヒ///」


ほむら「そうね、それもいいかもね…。でも、ひとつ質問していい?」

まどか「なあに?」







ほむら「…あなた、まどかじゃないわね。答えなさい。いったいあなたは何者なの」

まどか「…ウェヒ」

66: 2013/12/25(水) 04:24:17.09 ID:/qMOKwdw0
まどか「どうして、そう思うのかな」

ほむら「冷静に考えると、あなたの言動には不自然なところが多すぎる」

まどか「へえ、例えば?」

ほむら「まず、私をはじめ、魔法少女の存在を知っているでしょう。私が今日最初に言った、さも私が人間じゃないような発言をスルーするし」

ほむら「美樹さんの成績が悪いのも、『忙しいから仕方ない』と言った。魔法少女の活動なんて知らないはずなのに」

まどか「うーん、それは不自然ってほどじゃないんじゃないかな。ていうか、そこまで聞いてるなんてストーキングしすぎだよ」

67: 2013/12/25(水) 04:30:26.27 ID:/qMOKwdw0
ほむら「ほかにも、転校してきたばかりのあなたが冬に人気のイルミネーションを知ってたり、不自然な言動には枚挙にいとまがないけれど」

ほむら「決定的なのは、私の使い魔が見えたことね」

まどか「あぁー、そっか」

ほむら「まず、魔法少女の資質がないはずのまどかに使い魔が見れるはずがないし、なにより異形の者を見たのにあなたは落ち着きすぎていた…」

まどか「これは抜かったね。確かに、私は魔法少女のことを知ってるよ。…というか、私自身、魔法少女だね」

ほむら「……」

68: 2013/12/25(水) 04:43:42.32 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…あなたの目的がなにかは知らないわ。でも。この私の前でまどかを騙ったこと、後悔なさい」

ほむら「楽に死ねると思わないことね」バサアッ

まどか「…!」


まどか「ちょ、ちょっと待って!!」

ほむら「待たないわ」

まどか「ごめん!ちょっと悪ノリしちゃったけど、私まどかだよ!ほんとだよ!」

ほむら「もうその手には乗らないわよ」

75: 2013/12/25(水) 07:18:48.20 ID:/qMOKwdw0
まどか「ほむらちゃんのおさげ眼鏡!!」

ほむら「!!?」

ほむら「え、ちょ」

まどか「他にも、私が鹿目まどかじゃないと知らない情報、たくさん知ってるよ?」

ほむら「えーと?」

まどか「5周目からストーキングを始めたんだよね?」

ほむら「ぐぅっ!?ん、待って。周目って」

77: 2013/12/25(水) 07:26:03.23 ID:/qMOKwdw0
まどか「で、11周目あたりからおさげ眼鏡をやめた」

ほむら「ちょっと!ほとんど私の情報じゃない!」

まどか「うん。平行世界のほむらちゃんを知ってるのが、私がまどかだって何よりの証明だと思って」

まどか「で、…ずっとずーっと、私を救おうと戦ってくれてたんだよね」

ほむら「まさか、あなたは…!」

まどか「ウェヒヒ、わかったかな?」

78: 2013/12/25(水) 07:30:41.63 ID:/qMOKwdw0
まどか「えーんーかーんのー?」

ほむら「いえ、そんなはず…気配はほとんどなかったし」

まどか「こーとーわー?」

ほむら「いったいどうやって…」

まどか「こーとーわー??」

ほむら「むむ…」

まどか「もう!反応してよ!私は円環の理のまどかだよ!!確かに人間の私とは別個体ってことになっちゃうけど、れっきとした鹿目まどかだよ!」

ほむら「…やっぱり、そうなるのね」

79: 2013/12/25(水) 07:35:16.81 ID:/qMOKwdw0
ほむら「なら、人間のまどかはどこなの」

まどか「ああ、ここ」

ほむら「ここ、って」

まどか「憑依してます」

ほむら「えええ!!っていうか、待って。なんであなたはここにいるの?円環の理は消滅したの?ああ、もう疑問だらけだわ」

まどか「私がここにいるのは期間限定だよ。ある人にクリスマスプレゼントを貰ったの。一日だけ人間になれるプレゼント」

ほむら「そ、その間は円環の理は…?」

まどか「その人がやってくれてるよ」

80: 2013/12/25(水) 07:41:08.50 ID:/qMOKwdw0
ほむら「円環の理ってわりと融通の効くシステムなのね」

まどか「そうだね。…ほんとは私が円環の理だって隠したまま一日を終えたかったんだけど、さすがにほむらちゃんにはバレちゃったね」

ほむら「ふふふ、まどかは詰めが甘いのよ」

まどか「ほむらちゃんに言われたくないよ」

ほむら「え」

まどか「QBなんかに捕まって人体実験なんてされちゃってさ。気をつけてよね!どんなに私が心配したか!」

ほむら「…ごめんなさい。あれは一生の不覚だわ」

81: 2013/12/25(水) 07:49:10.85 ID:/qMOKwdw0
まどか「まあ、うまい具合にことが運んだから良かったけどさ」

ほむら「…まどかは、私が叛逆したこと…やっぱり怒ってるわよね…?」

まどか「ん?そんなことないよ。私の方こそごめんね、ほむらちゃんを独りぼっちにさせちゃって…」

ほむら「まどか…」

まどか「それより、みんなと仲良くしなきゃだよほむらちゃん。せっかく人間の私を勝ち取ったのに、なんで距離置いてるの」

ほむら「…美樹さんに、ずいぶん嫌われちゃって。でも、まどかさえ幸せなら私はそれでいいのよ」

まどか「この子はほむらちゃんと仲良くしたがってるみたいだよ?」

ほむら「!」

83: 2013/12/25(水) 07:54:46.07 ID:/qMOKwdw0
まどか「もっとガツガツ行っちゃいなよ。悪魔なんでしょ?」ウェヒヒ

ほむら「…なんか、馬鹿にしてない?」

まどか「してないよ!がんばって!」

ほむら「…努力するわ」

まどか「うん!よろしい!…じゃあ、私はそろそろあっちに戻るね」

ほむら「も、もう行っちゃうの!?」

まどか「もっとイチャイチャしたかったのに、ほむらちゃんが私のこと偽物だなんだ言うから時間切れになっちゃったんだよ!もう!」

ほむら「ごめんなさい」

84: 2013/12/25(水) 07:58:59.51 ID:/qMOKwdw0
ほむら「…まどかは、たった一日のチャンスを私に使っちゃって良かったの?」

まどか「うん!デートありがとね。楽しかったよ!」

ほむら「私も…!私も楽しかったわ!!」

まどか「良かった」


まどか「元気でね、独りぼっちになっちゃだめだよ?」

ほむら「ええ!まどかも、…こう言うのは変かもしれないけど、元気でね」

まどか「ありがとね。…この、人間のまどかの記憶は適当に操作しておくから心配しないで」

ほむら「ええ」

85: 2013/12/25(水) 08:01:34.32 ID:/qMOKwdw0
まどか「…そろそろ、ほんとに時間みたい。最後にさ、お願い」

ほむら「もう、まどかったら」クスッ

ほむら「ん」


ちゅっ

まどか「ウェヒヒ///」

ほむら「…///」

86: 2013/12/25(水) 08:03:10.49 ID:/qMOKwdw0
まどか「じゃあ、またねっ」

ほむら「ええ、また」

87: 2013/12/25(水) 08:09:20.46 ID:/qMOKwdw0
________________
__________


サンタ「もう、いいのかね」

まどか「…はい。これ以上いたら、ほんとに帰りたくなくなっちゃう」

まどか「…ありがとうございました。お陰様で、ほむらちゃんとまた会えました」

サンタ「ほっほ、礼には及ばんよ。世界中の子ども達の夢と希望を叶えるのがわしの勤めじゃて」

サンタ「例えその子が、概念だとしてものぅ」

まどか「ウェヒヒ、やっぱりサンタさんはすごいですね。さすが概念の先輩です」

サンタ「概念に先輩もなにもありゃせんよ。お前さんも、魔法少女からすれば十分に神々しい」

88: 2013/12/25(水) 08:13:05.77 ID:/qMOKwdw0
サンタ「しかし驚いたわい。お前さんはほむらくんの願いを叶えてやってほしいと願い、ほむらくんは君の幸せを願った。まさかこういう結果になるとは思わなんだ」

まどか「またまたぁ。全部わかってたんでしょう?」

サンタ「さて、な」ホッホ

サンタ「む、お前さんのフィアンセが早速行動に出とるぞ」

まどか「もう、フィアンセなんて!///」


まどか「…どれどれ」

90: 2013/12/25(水) 08:17:46.20 ID:/qMOKwdw0
ー翌日、26日ー

ほむら(…まどかに、話しかける。美樹さんと仲良くする。出来るかしら…)

ほむら(いえ!やらないと!上のまどかに心配かけちゃうわ)


ほむら「ま、まどかっ!」

まどか「あ、ほむらちゃん!おはよー」

ほむら「その、マフラー」

まどか「これ?昨日買ったんだぁー。とっても大事な人とショッピングして…あれ?誰だっけ?」

ほむら「その。私のも、それの色違いよ。…お揃い、ね」カアア

91: 2013/12/25(水) 08:25:14.53 ID:/qMOKwdw0
まどか「ほんとだ!」

ほむら「…///」

杏子「おう、まどかー。大事な人って誰だよ」ヒョコ

まどか「杏子ちゃん!…うーん、それがうまく思い出せないの」

杏子「男かー?」

さやか「まどかに悪い虫がっ!?どこのボンクラじゃい!この美樹さやかが品定めしてやるぅ!」

ほむら「同感よ美樹さん。まどかに手を出そうなんて男、許さないわ(本当は私なんだけど)」

さやか「む、珍しく意見が合ったね」

ほむら「そうね」


ほむら(見てて、まどか。私、がんばるから。…いつか、あなたともまた会えるといいわね…!)

92: 2013/12/25(水) 08:26:17.02 ID:/qMOKwdw0
終わりです
レスくれた、見てくださった方ありがとうございました

93: 2013/12/25(水) 08:28:54.22
乙乙
おもしろかた

96: 2013/12/25(水) 08:34:46.71

最高のクリスマスだね

引用元: サンタ「ハッピーメリークリスマス」まどか「!?」