1:2019/12/26(木) 11:07:31.004 ID:r/5KqmlK0.net
神様「強く美しいヒロイン。勝ち気なんだけど結構乙女乙女してたりで可愛いよね」

俺「……」ペラッ

神様「力は無いが愛嬌溢れる可愛らしいヒロイン。精神的に支えてくれる姿がとても良い」

俺「……」ペラッ

神様「寡黙だが心からお前を慕うヒロイン。私が好きなのタイプ」

俺「……」ペラッ

神様「男勝りなヒロイン。これは女性な部分を見出だしていくのが楽しいよね」

俺「……」ペラッ

神様「獣人、又は亜人のヒロイン。種族は違えど互いに真実の愛を探し求めていく感じ」

俺「……」ペラッ

神様「元奴隷、又は奴隷のヒロイン。これを選んだら取り敢えず幸せにしてあげて」

俺「……」ペラッ

神様「お前と同じ転生者──」

俺「!」

神様「おっ、これがよいのか? じゃあ……っと、すまんがこの中からまたヒロインを選んでくれ」
4:2019/12/26(木) 11:14:00.083 ID:r/5KqmlK0.net
神様「先ずは知り合いか他人かで別れるんじゃが……ん? 知り合いがよいのか?」

俺「!」

神様「ここに来られるお前の知り合いとなると……お前と同じく修学旅行中の事故に巻き込まれた奴等になるが」

俺「!」

神様「なに? 幼馴染? あの子もお前と同様、事故で亡くなってしまった」

俺「……」

神様「一緒に転生して、あっちで楽しく暮らすか?」

俺「……」

神様「まぁ、その幼馴染が了承しない限りそのまま天国に行ってしまうからのぉ……あまり期待はしないでくれ」

俺「……」

神様「しかしのぉ……幼馴染のぉ……」

俺「!」テレテレ

神様「分かっとる分かっとる。ちいこくて顔も可愛いもんな」
5:2019/12/26(木) 11:21:08.602 ID:r/5KqmlK0.net
神様「そろそろ時間じゃな」

俺「!」

神様「幼馴染が行くかどうかはお前が転生してからじゃないと分からんよ」

俺「……」

神様「それじゃあ、第二の人生を楽しんでくるといい。子も沢山作れよ」

俺「!」

─────
───



幼馴染「……ん、ここは?」

俺「!」

幼馴染「俺! 無事だったのか!」

俺「!!」

幼馴染「よかった……なんか変な夢をみてさー、『ヒーロー、又はヒロインを選べ』って変な爺に言われてさー」

俺「……」

幼馴染「……あれ? なんか……変だぞ」

俺「……」

幼馴染「股に違和感が……ん?」
7:2019/12/26(木) 11:27:06.537 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「何もない……? しかも何か胸がある」

俺「……」

幼馴染「お、おおおおお、男じゃなくなってるのか!?」

幼馴染「俺! どうしよう! 女になっちゃった!」

俺「……!」

幼馴染「そ、そうだな……慌てちゃ駄目だな。きっと元に戻る何かがあるはず」

俺「……」

幼馴染「それにしてもここは何処なんだ? 辺り一面草原なんだが」

俺「……」

幼馴染「異世界だって? なんだそりゃ」

幼馴染「よく分かんないけどお前がいて良かった。取り敢えず下に見える町に行ってみようぜー」

俺「!」

幼馴染「ははは、大丈夫だって。ほら、行くぞー」

俺「……」



俺「……」ニィ
13:2019/12/26(木) 11:34:52.230 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「ふぅー」

俺「……!」

幼馴染「あ? なんだよ、いいじゃんか別に……こちとら元男なんだぞ?」

俺「!」

幼馴染「まぁ女の体なんて見たことないもんな。見る?」

俺「!!!」

幼馴染「ほら、抱きついてやったぞ。おっぱい感じるかー?」

俺「!」

幼馴染「怒んなよ……分かったから。服着るよ……」

俺「……」


俺「……」
14:2019/12/26(木) 11:39:59.458 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「はぁ……はぁ……」

俺「……っ!」

幼馴染「ご、ごめん」

俺「……」

幼馴染「俺が弱いから、こんなことに巻き込まれちまって、お前を巻き込んじまった……ごめん」

俺「……」

幼馴染「俺、男じゃないから、女だから力が……弱いんだ」

俺「……」

幼馴染「怖かった、怖かったよ……」

俺「……」ギュッ

幼馴染「俺……?」

俺「……」

幼馴染「……ん、ありがとう」
16:2019/12/26(木) 11:44:05.628 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「……」

俺「?」

幼馴染「あ、いや……何でもない」

俺「……」

幼馴染「……」

幼馴染(なんか、俺を見てると胸が……)

俺「……!、!!」

幼馴染(案外可愛い所が多いんだよなぁ)

俺「……?」

幼馴染「な、なんでもない……///」

俺「……」



俺「……」

神様「……」
17:2019/12/26(木) 11:47:42.112 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「……」

俺「!、!」

女「へぇー! そうなんだー!」

幼馴染「……」

俺「……?」

幼馴染「何でもない」

俺「……」

幼馴染「何でもないって言ってるだろ!」

女「ちょ、ちょっと、急にどうしたのよー」

幼馴染「うるさい……もういい!」

俺「……」

女「何かあったのかなぁ……あっ、このお店寄ってもいい?」

俺「……」
18:2019/12/26(木) 11:54:57.269 ID:r/5KqmlK0.net
幼馴染「なんで、なんでこんなにイライラするんだ……」

幼馴染「いや、分かってるんだ。あいつを取られたくない、俺はあいつが女と仲良くしている事が気に入らないんだ」

幼馴染「けど、俺は男だ。女だけど、男なんだ……」

幼馴染「気持ち悪がられるだけだ……」

俺「!、!」

幼馴染「俺!? どうしてここに」

俺「!」

幼馴染「これは、髪飾り……?」

俺「!」

幼馴染「に、似合ってるか?」

俺「!」

幼馴染「そ、そうか……ふふっ、ありがと」

俺「……」

幼馴染「……さっきは急に怒ったりしてごめん。後で女にも謝っとく」

俺「!」

幼馴染「は? 女が来月に結婚する?」

俺「!」

幼馴染「付き合っている人がいたんだ……そっか」

俺「?」

幼馴染「そっか、そうなんだ……!」
19:2019/12/26(木) 11:59:31.567 ID:r/5KqmlK0.net
俺「……」スースー

幼馴染「……」

俺「……」

幼馴染「俺、お前の事が好きだ」

俺「……」

幼馴染「女になってから可笑しいんだ……けど、この気持ちはきっと心から思ってる事なんだ」

俺「……」

幼馴染「今はお前が寝てる時にしか言えないけど」

幼馴染「いつか必ず、正面から言ってやるから覚悟しとけよ──っ」

俺「……」

幼馴染「ふふっ、おやすみ」

俺「……」



俺「よし」

神様「いいぞ」
20:2019/12/26(木) 12:08:57.627 ID:r/5KqmlK0.net
致さない事も大切とじっちゃが言ってた
おしり
21:2019/12/26(木) 12:20:35.947 ID:fSyCaRvm0.net
乙んつん
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1577326051