1:2020/01/07(火) 19:41:06.945 ID:hcoGwaMO0.net
桃「大丈夫?とりあえず、中入りなよ」

シャミ子「すみません、桃。ちゃんと傘を持参していればよかったです…」

シャミ子「ああもう…、服が濡れて下着が透けて…、しかも下着までビショビショです…」

桃「……」
2:2020/01/07(火) 19:41:28.313 ID:oGbrofQJr.net
これはわる魔族
3:2020/01/07(火) 19:41:45.917 ID:G3vKS9Z40.net
まだ普通
4:2020/01/07(火) 19:48:10.208 ID:t9j2QYVh0.net
私の貸してあげるよ
洗わなくて良いからね
7:2020/01/07(火) 19:54:36.248 ID:hcoGwaMO0.net
桃「…上下ピンクの下着…、エロまぞくめ…」

シャミ子「え?桃、今何か言いました?」

桃「言ってないよ、なにも。それよりシャミ子」

桃「お風呂、はいったらどうかな」

シャミ子「え?けど、そんな…悪いです」

桃「悪くないよ、むしろいいよ」

シャミ子「え?」

桃「だから、そんなビショビショの恰好のままだったら風邪ひくし…、
お風呂に入って温まったほうがいい」

シャミ子「けど、着替えが…」
11:2020/01/07(火) 20:00:54.159 ID:hcoGwaMO0.net
桃「着替え?なくていいよ」

シャミ子「え?」

桃「…だから、私の着替えを貸すって意味だよ、分かんないかな」

シャミ子「え?け、けど悪いですよ桃、そんなの」

桃「悪くないよ、むしろいいよ」

シャミ子「え?」

桃「そこらへん、いちいち引っかからなくていい、それより早くお風呂に」

シャミ子「わかりました、それじゃあ桃、お言葉に甘えて…」

桃「しっ!」グッ

シャミ子「え?桃…?どうしたんですか、急にガッツポーズなんかして…?」

桃「なんでもないよ。ていうか、してないよガッツポーズなんて」

シャミ子「え…?」
16:2020/01/07(火) 20:19:13.119 ID:hcoGwaMO0.net
お風呂に入るシャミ子

シャミ子「ふう…、シャワー温かくて生き返った気分です」シャアアアアア…

……

洗面所

桃「シャミ子、着替えここ置いとくから」

シャミ子「あ、はい、ありがとうございます、桃」

桃「……」

桃「シャミ子が脱いだビショビショの服…、下着…洗面所にこんな無防備に脱ぎ散らかして」

桃「エロまぞくめ…」ムラムラ
19:2020/01/07(火) 20:33:39.055 ID:hcoGwaMO0.net
桃「濡れた服から透けててなんとなくわかってたけど…、この下着、
結構大人っぽい柄だし…」

桃「ブラのサイズも…、またちょっと大きくなってるシャミ子…」

桃「エロまぞくめ…」

桃「しかも…、ちょっといい匂いするし…」

桃「…、まあ、さすがに下着の匂い嗅いだりは、ヘンタイみたいだし、
さすがにしないけど…」

桃「……」

桃「…」スウウ

ミカン「…、なに、やってるの…?桃?」
25:2020/01/07(火) 20:46:10.785 ID:hcoGwaMO0.net
桃「み、ミカっ…!」

ミカン「騒がしいと思って部屋からでてきたら、え?え?も、桃…、
何やってるの?なんで、その下着を…、え?桃、?なんで私の口を塞っ…、
む、むぐーーー!むーーー!」

桃「ミカン、静かに」グッ

ミカン「むーーーー!むーーー!」

桃「ごめんね、ミカンにはしばらく意識を失っててもらうから」ゴキッ

ミカン「」ドサッ
34:2020/01/07(火) 21:00:10.237 ID:hcoGwaMO0.net
桃「ごめんね、ミカン…、けど、仕方ないんだよミカン」ズルズル

桃「ミカンも部屋に運んだし、これでよしっと…」

シャミ子「桃?何してるんです?」

桃「シャミ子っ…!もう風呂から上がっ……、……!!」

シャミ子「ごめんねさい変ですよね…、せっかくありがたく桃が
用意した代わりの服に着替えてみようと心みたんですけど…」

シャミ子「結局、ズボンや下着のサイズは合わなくて…、結局、
この桃のぶかぶかのTシャツ1枚だけしか着てなくて…、なんだか、恥ずかしいです…」モジモジ

桃「」
40:2020/01/07(火) 21:09:18.826 ID:hcoGwaMO0.net
シャミ子「けど仕方ありません、私の服が乾くまでしばらく…
って桃…?急に顔に手あてて…え!?ど、どうしたんですか!?急に鼻血なんて出してっ!」

桃「…いや…、ちょ…これ…ツボって…だめだこれ…刺激が強すぎて…」ポタポタ…

シャミ子「え!?ツボった、ってどういう意味ですか!?いったい何が…!」ユサユサ

桃「この…、どスケベまぞくめ…、ぶぶうっ!」ブシュー

桃「」ドサッ

シャミ子「桃っ!?」
46:2020/01/07(火) 21:15:53.520 ID:hcoGwaMO0.net
その後

シャミ子「大丈夫ですか…?二人とも」

桃「うう…、うーん」

ミカン「ううん…」

シャミ子「桃が急に鼻血を出して気絶したと思ったら…、ミカンさんも
自分の部屋で苦しそうに寝込んでますし…」

シャミ子「二人とも急にどうしたんでしょうか…?何があったんでしょう?
何やらおかしいです…」

シャミ子「おかしいといえば…、雨でぬれた私の下着も行方不明みたいですけど…
なんだか今日はおかしいことだらけですね」

桃「……」

桃「(シャミ子のエロ姿に興奮しすぎて…、
結局、シャミ子とにゃんにゃんできなかった…)」

桃「(けど、まあ…、こっそりシャミ子の下着をGETしたから、よしとするか…)」

桃「しっ!」グッ

シャミ子「え!?なんですか桃、急にどうした!?」


48:2020/01/07(火) 21:20:38.865 ID:Y+8sjCbJd.net

やっぱりヘタレ魔法少女だった…
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1578393666