1:2020/01/12(日) 18:30:40.318 ID:b5c1y7RL0.net
男「綺麗な……星空だね」

女「ええ……とっても」

男「そうだ、君にプレゼントがあるんだ」

女「え?」

男「君に……あの星をプレゼントするよ」

女「まあ、ロマンチック……」

女(……ってどこ指差してるの、この人)

女(あれは!?)

女「モーニングスター!?」
3:2020/01/12(日) 18:34:07.087 ID:b5c1y7RL0.net
女「すごい……」ジャラッ

男「鎖がついたタイプさ。受け取ってくれるかい?」

女「えぇと……」

男「ちなみに50万円した。新しい天体望遠鏡を買う予算だったけど、愛する君のために使いたくて……」

女(たけえ! 断れねえ!)

女「あ、ありがとう……う、嬉しいわ……」

男「よかった」ニコッ
4:2020/01/12(日) 18:37:26.704 ID:b5c1y7RL0.net
男「ちょっと……持ってみてくれるかい?」

女「う、うん」ジャラッ

男「おおっ、よく似合うよ! 最高だ!」

女「そ、そうかな……(全然嬉しくない……)」

男「君なら、そのモーニングスターで本物の星みたいなスターになれるよ!」

女「なれると……いいかな。アハハ……」
7:2020/01/12(日) 18:40:40.797 ID:b5c1y7RL0.net
女(モーニングスターか……)

女(ゲームとかで見たことあるけど、まさか実際に持つことになるとは思わなかったわ)

女「ちょっと振ってみようかな」ブンッ

女「なかなか難しい……」ブンッ

ゴンッ

女「いでえええええええええええ!!!」

女「鼻血ッ! 鼻血が止まらない!」
9:2020/01/12(日) 18:44:03.897 ID:b5c1y7RL0.net
女「だけど慣れてくると……」

女「えいっ! えいっ!」

ブオンッ ブンッ ブオオンッ

女「ちょっとけん玉みたいで楽しいかも!」

女「せっかくもらったんだし……モーニングスター、極めてみようかな」

ブオオンッ!
11:2020/01/12(日) 18:48:31.506 ID:b5c1y7RL0.net
ガンッ!

女「いったーい……また自分に当たっちゃった」



女(ボクシングのフリッカージャブの要領で振ると――)

ビュオッ!

女「なかなかいい一撃が出せるわ!」



女「ふんっ! ふんっ! ふんっ!」

ブンッ! ブンッ! ブンッ!

女「ふふっ、だいぶ自在に操れるようになったわ!」
12:2020/01/12(日) 18:49:12.223 ID:C+seOM9cr.net
タフだな
13:2020/01/12(日) 18:53:04.590 ID:b5c1y7RL0.net
……

不良「金出せや、オラァ!」

眼鏡「お金なんて持ってません……」

DQN「ねぇならATMで下ろしてこいやァ!」

ピアス「ヒャハハハハッ! お袋の財布でもかまわないよ~ん!」

眼鏡「ひいいいい……」



「やめなさい」
14:2020/01/12(日) 18:56:28.240 ID:b5c1y7RL0.net
不良「誰だてめえ!?」

女「それ以上やるなら、私が相手になるわよ」

不良「は? ふざけてんのか? ナイフで刺しちまうぞコラァ!」チャッ

DQN「バットで殴られてえのか?」サッ

ピアス「スタンガンもあるよ~ん」バチバチッ

女「ふふっ」

不良「何がおかしい!?」

女「ナイフやバット、スタンガンなんかで……“星”に敵うと思ってるの?」

不良「なにが星だよ! テメーをブッ刺してお星様にしてやんよォ!」
15:2020/01/12(日) 19:00:02.971 ID:b5c1y7RL0.net
女「怪我はない? さ、もう行きなさい」ジャラッ

眼鏡「ありがとうございました!」タタタッ



不良「あ、がが……」ヒクヒク

DQN「星……星が見える……」

ピアス「人類(ヒト)は……天体(ホシ)に勝てない……」ガクッ
17:2020/01/12(日) 19:03:58.584 ID:UDXjjK6Ga.net
強い(確信)
18:2020/01/12(日) 19:04:34.541 ID:Bk+ePFM3p.net
腕の筋肉が過ごそう
16:2020/01/12(日) 19:03:12.431 ID:b5c1y7RL0.net
ブロロロロロ…



女「――ん?」



「うわああっ!」 「あのトラック、コントロール失ってる!」 「ガソリンスタンドに突っ込むぞ!」



女「大変だわ!」ダッ
19:2020/01/12(日) 19:06:40.090 ID:b5c1y7RL0.net
女「ふんっ!!!」



ドゴォッ!!!



ズズゥン…



女「大丈夫ですか?」

運転手「ハンドルが故障したみたいで……。大惨事になるとこだった……ありがとう……」
24:2020/01/12(日) 19:14:12.138 ID:b5c1y7RL0.net
男「やぁ!」

女「あっ、お久しぶり!」

男「しばらく会わないうちに、ずいぶん人気者になったじゃないか」

女「うん、これもあなたのモーニングスターのおかげ!」

男「腕前を見せてもらってもいいかな?」

女「もちろん!」
25:2020/01/12(日) 19:18:10.695 ID:b5c1y7RL0.net
男「じゃあ、僕の頭の上に置かれたリンゴを砕いてみて」

女「うん、分かった」ジャラッ

男「ただし――僕は動くよ」

ババババババッ

シャシャシャシャシャッ

ギュオオオオオッ

女(速い……! もし狙いがほんのわずかでもずれたら、彼の頭は砕け散る……)

ババババッ シャシャシャシャッ ギュオオオオッ

女(だけど――)
27:2020/01/12(日) 19:22:03.470 ID:b5c1y7RL0.net
女「楽勝すぎるッ!!!」ブオンッ



パキャッ!



男「……お見事!」

男「さ、砕けたリンゴを食べようか」

女「うん」
28:2020/01/12(日) 19:25:14.238 ID:b5c1y7RL0.net
男「モーニングスターを使いこなし人々に慕われる君は、今や紛れもないスターだ」

女「ありがとう」

男「だけど僕は……君を本物のスターにしたい」

女「どういうこと?」

男「IAUって知ってるかい?」

女「IAU……?」
32:2020/01/12(日) 19:31:15.997 ID:b5c1y7RL0.net
IAU総会――

男「会場の皆さま、彼女の演武をご覧下さい」

男「さあ、始めて」

女「うん!」

女「はっ!」ブオオンッ

女「はあっ!」ブオオンッ

女「でやあっ!」ブオオオンッ

オオッ……!
34:2020/01/12(日) 19:34:22.596 ID:b5c1y7RL0.net
女「はいいいいいっ!」ブオオオンッ

女「えいっ! やっ! とりゃあっ!」

バキャッ! グシャッ! メキャッ!

「Oh!」 「ワンダフル!」 「用意された岩石を次々と!」

男「さあ、ラストは豆腐(これ)だ」

女「はああっ!!!」

ブオンッ!
35:2020/01/12(日) 19:38:20.805 ID:b5c1y7RL0.net
フワッ…



全力で振り下ろされたモーニングスターは豆腐を一切傷つけなかった。



「ブラボー!」 「ミラクルだ!」 「なんという神業!」



パチパチパチパチパチパチパチパチ…
36:2020/01/12(日) 19:41:27.350 ID:b5c1y7RL0.net
男「いかがだったでしょうか」

男「彼女のモーニングスターの技は、今や天体級といっていいでしょう!」

男「ですからどうか、彼女を新しい星として認めて下さい!」

男「彼女は現人星(あらひとぼし)に相応しい女性なのです!」





シーン…
37:2020/01/12(日) 19:44:24.909 ID:b5c1y7RL0.net
会長「たしかに彼女が素晴らしい使い手だというのは認めましょう」

会長「しかし、それで彼女を天体に認定するというのはちょっと……」

「突飛すぎる!」

「人間を星扱いするなど聞いたことがない!」

「クレイジー!」

男「くっ……!」

女「……」

男(なぜだ……! なぜみんな分かってくれないんだ……ッ!)
38:2020/01/12(日) 19:47:28.957 ID:b5c1y7RL0.net
男「あの石頭どもめ……ッ!」ギリッ

男「君を本当の星にしたかったのに、すまない……!」

女「いいのよ」

男「!」

女「あなたが私のためにIAUにまでかけ合ってくれた。その事実が嬉しいの」

女「それだけで、私は本物の星よりも輝けるわ」

男「ありがとう……!」
39:2020/01/12(日) 19:50:57.973 ID:b5c1y7RL0.net
一方その頃、NASA――

職員「……!」

職員「た、大変です!」

上司「何があった?」

職員「直径100kmの小惑星が、この地球に迫っています!」

職員「計算の結果、地球に衝突する確率は……99.975%!」

上司「ジーザス……」
40:2020/01/12(日) 19:52:54.400 ID:zQZFzXSer.net
100kmて
41:2020/01/12(日) 19:54:14.499 ID:b5c1y7RL0.net
これを受け、世界中が協力し、ただちに小惑星を破壊するための防衛軍が結成された。

司令官「小惑星の落下予測地点はここだ!」

司令官「なんとしても小惑星を破壊するのだ!」

兵士「はいっ!」

司令官(しかし……ミサイルなど通用するのか……!?)

女「ハロー」ザッ

司令官「あ、あなたは……!」
42:2020/01/12(日) 19:58:03.052 ID:b5c1y7RL0.net
女「ここは私一人に任せてちょうだい」ジャラッ

司令官「し、しかし……」

女「申し訳ないけど、あなたたちじゃ、あの小惑星を食い止めることはできない」

女「だけど……私ならできる!」

女「このモーニングスターでね!」ビシッ

司令官(この気迫……まるでプラネット……!)

司令官「……お任せします!」

司令官「全軍撤退だ! 我々は足手まといになる!」
45:2020/01/12(日) 20:01:22.633 ID:b5c1y7RL0.net
ヒュゥゥゥゥゥ…

女「……」

男「……」

女「あなたもここから離れた方がいいわ」

男「オイオイ、天体マニアとして星vs星なんて一生に一度見られるかどうかの光景を見逃せるわけないだろう?」

男「とっておきの天体望遠鏡で、じっくりねっとり見物させてもらうよ」

女「ふふっ、しょうがない人ね」
48:2020/01/12(日) 20:04:38.363 ID:b5c1y7RL0.net
ゴゴゴゴゴ…

女「来たわ」

男「頼んだよ」

女「ええ!」

女「はあああああああああああ……!」ブンブンブンブンブン

グオオオオオオオオオオ…

男(まだだ……焦っちゃいけない)

女(ええ……もっと……もっと小惑星を引きつける!)ブンブンブンブンブン

男(間合いに入った!)

女(――今ッ!!!)
49:2020/01/12(日) 20:06:04.918 ID:XFAca6cUr.net
ゴクリ
51:2020/01/12(日) 20:07:36.068 ID:b5c1y7RL0.net
女「せぇやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!!!!」

ブワオンッ!





ズガァァァァァンッ!!!
52:2020/01/12(日) 20:08:23.879 ID:M1DzGIvU0.net
やったか?
53:2020/01/12(日) 20:10:23.963 ID:b5c1y7RL0.net
男「やった……! 小惑星は跡形もなく消滅した!」

女「これもあなたがくれたモーニングスターのおかげよ!」



パチパチパチパチパチ…



男「拍手?」

女「私たち以外にも人が……?」
54:2020/01/12(日) 20:14:38.361 ID:b5c1y7RL0.net
会長「お見事です……!」パチパチパチパチパチ

男「あなたは……IAUの会長!」

会長「ええ、全て見せてもらいました」

会長「小惑星を破壊したとあらば、もはやその力は天体級……異論を唱える者はいないでしょう」

会長「IAU会長の名において、あなたを新しい天体として認めましょう!」

女「ありがとうございます!」

男「やったね!」

女「うん!」

こうして女は名実ともに“星(スター)”となったのである。
55:2020/01/12(日) 20:16:26.641 ID:3PCVYBjY0.net
女さん地球割れそう
56:2020/01/12(日) 20:17:17.536 ID:RY3UiZ3sd.net
直径100kmの天体とか地球上の核兵器総動員しても破壊できねーのにこの女と来たら……
57:2020/01/12(日) 20:17:24.261 ID:b5c1y7RL0.net
記者「このたびは、IAUより正式に人でありながら星であると認定され、本当におめでとうございます!」

女「ありがとうございます」

記者「ご自身の星としての名前……スターネームはどうされますか?」

女「もちろん……≪朝星(モーニングスター)≫です!」








― 完 ―
58:2020/01/12(日) 20:18:43.083 ID:3PCVYBjY0.net
感動した
59:2020/01/12(日) 20:20:40.845 ID:LBNKZYqs0.net
最後まで読んじゃったよ
もうメイスとかフレイルとかどうでもいいわ
60:2020/01/12(日) 20:25:11.509 ID:XFAca6cUr.net

モーニングスター買ってくる
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1578821440