1: 2016/06/18(土) 19:38:20.70 ID:44vVtvCAO
美希「すね毛が揺れただけだったの」

P「そうか」

P「えっ」


https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466246300

2: 2016/06/18(土) 19:41:00.64 ID:44vVtvCAO
美希「 ♪ 」フンフーン

P「も、もう一度言ってくれないか」

美希「んー?」ペラペラ

P「こら、雑誌読んでないで」

P「す、すね毛がどーたらこーたら…」

美希「うん。蚊だと思ったらすね毛だったの」

3: 2016/06/18(土) 19:42:12.13 ID:44vVtvCAO
P「…」ソロー

P「…」チラッ


モッサァァァァァァァァァ


P「ヒィイイイイイイイイイ!!!!」ズザザザザ

美希「えっ!?なに!?なに!?」

4: 2016/06/18(土) 19:44:27.72 ID:44vVtvCAO
P「お、おまっ!おまっ!?」

美希「オマ?」モッサァ

P「す、すね毛!」

P「ナンデ!?スネゲナンデ!?」

P「アイエエエエエ!!!」

美希「落ち着くの、プロデューサー」モッサァ

5: 2016/06/18(土) 19:47:24.25 ID:44vVtvCAO
P「す、すまん」ゼーハー

美希「大丈夫?」

P「…」

美希「?」モッサァ

P「美希、そのすね毛…」

美希「うん」

P「…ちゃんと処理しなきゃダメじゃないか」ハァ

美希「ミキ、ずっとこのままだけど?」キョトン

6: 2016/06/18(土) 19:55:24.04 ID:44vVtvCAO
P「何言ってんだよ…」

美希「ほんとなの!」

美希「プロデューサーこそなんで知らないのっ?」

P「俺はお前らの事毎日見てるの!」

P「イタズラも程々にな!ったく」

美希「…」ムゥーッ


美希「ミキはこの事務所に来てからずっとこれだもん!」モッサァ

P「ウソつくんじゃない!」

P「ライブ映像とかグラビアとか見てみるか!?」

美希「あれはCGで消してるの」

P「初耳なんだが」

7: 2016/06/18(土) 20:03:14.92 ID:44vVtvCAO
P「だいたい!美希は今日オフだろう!」

P「もう家に帰れ!」

美希「…」

美希「…っ」ポロ

グスッ グスッ
ヒック...

P「」

9: 2016/06/18(土) 20:08:06.65 ID:44vVtvCAO
P「すすすすすまん!美希!」

P「悪かった!言いすぎた!!」

美希「ぐすっ…ひどいよ、プロデューサー」

美希「ミキの事、何にも知らないんだね…」ポロポロ

P(ど、どうなってんだ?)

11: 2016/06/18(土) 20:15:30.69 ID:44vVtvCAO
P「もしもし…律子、今大丈夫か?」

律子『ちょっとだけなら大丈夫ですよ。何かあったんですか?』

P「いやその、美希なんだが」

P「何か変なんだ」

律子『変?』

P「すね毛が生えてて…」

律子『はぁ?』

P「いや、生えてるんだ、ものすごく」

律子『なに言ってるんですか?』

P「俺よりも生えてるんだ」

律子『からかってるんですか』

12: 2016/06/18(土) 20:20:58.15 ID:44vVtvCAO
律子『はぁ…何のことかと思えば』

律子『私も忙しいので切りますね』

P「えっ!ち、ちょっと待ってくれ!」

律子『今日は直帰しますので』

P「おいっ!」

プチッ ツーツー

14: 2016/06/18(土) 20:25:33.86 ID:44vVtvCAO
美希「律子…さんに電話してたの?」

P「あ、あぁ」

美希「信じてくれないの?」

P「…」

P(む、無理だ)

P(ショートパンツから伸びる、すね毛がモッサリ生えた両足)

P(アレが美希の足だと?)

P(常日頃からあのままだと?)

P(信じろっていう方が無理だ…)

15: 2016/06/18(土) 20:31:30.50 ID:44vVtvCAO
P「う…」クラクラ

P(いかん最近寝不足だから頭が働かん)

美希「プロデューサー、ひどい顔してるの」

美希「おいで?」スッ

P「え…」

美希「ミキのすね毛でフサフサしてあげるの」

P「結構です」

18: 2016/06/18(土) 20:37:19.90 ID:44vVtvCAO
美希「あなた様はいけずです…」

P「似てねえ…」

美希「モルダー、あなた疲れてるのよ…」

P「結構似てる…」

美希「あはっ☆」

美希「でしょでしょ!練習したの!」

P(何でだよ)

19: 2016/06/18(土) 20:43:37.86 ID:44vVtvCAO
美希「でねーお姉ちゃんたらね…」ペラペラ

P(えらいよく喋るな今日は)

P(あれ、そういや美希と二人きりっていつぶりだっけ?)

美希「もー聞いてるの、プロデューサー?」

P「あ、ごめんごめん」

美希「あーもしかして…」

美希「ミキの足に見惚れてたんでしょ?」モッサァ

P「は?」

20: 2016/06/18(土) 20:48:24.75 ID:44vVtvCAO
美希「…さわってみたい?」

P「結構です」

美希「プロデューサーなら…いいよ?」ウィンク

P(なんでこんな自信満々なんだこいつ)



ガチャ

千早「ただいま戻りました」

21: 2016/06/18(土) 20:57:14.92 ID:44vVtvCAO
P「あれ千早、レコーディングじゃなかったのか?」

千早「思いのほか早く終わったので」

千早「今日の分はほぼワンテイクでした」

P「すげぇなぁ」

千早「あら、美希?」

美希「!」ビク

千早「今日はオフじゃなかったの?」

美希「あ、あは。暇だから来ちゃったの」

千早「そう」

24: 2016/06/18(土) 21:24:18.61 ID:44vVtvCAO
P「あっそうだ!」

P「千早!ちょっと美希の足見てくれよ!」

千早「足?」


ツルーン


千早「相変わらずキレイな足ね、美希」

P「」

美希「~ ♪ 」

25: 2016/06/18(土) 21:27:01.31 ID:44vVtvCAO
P「おいっ!美希!お前!すっすね毛!」

P「すね毛どこやった!?」

美希「なんのことなの~ ♪ 」

P「そったのか!?この短時間で!?」

千早「す、すね毛?」

26: 2016/06/18(土) 21:33:22.86 ID:44vVtvCAO
P「…!おい美希」

美希「んー?なあに?」

P「後ろに何を隠している」

美希「」ギク

美希「な、なにも?」

P「…」

美希「…」

27: 2016/06/18(土) 21:38:55.22 ID:44vVtvCAO
P「…」コチョコチョコチョコチョ

美希「やー!やめてー!セクハラなのー!!」

美希「アッハッハッハ!!あひゃひゃひゃひゃひゃ!!」ゲラゲラ

ポト

P「こ、これは…」







P「ひじき!!」

28: 2016/06/18(土) 21:45:23.58
えぇ…

29: 2016/06/18(土) 22:03:37.14 ID:44vVtvCAO
P「まったく!」

美希「…」

千早「…」

P「最近おとなしくなったなーと思ってたのに!こんなイタズラするなんて!」

P「一体どういうつもりだっ」

美希「ごめんなさいなの…」

P「というか食べ物で遊んじゃいけません!貴音にバレたらどうするんだ」

美希「…」グス

30: 2016/06/18(土) 22:09:19.89
「ひび…ひじきで遊ぶのは許しません」

31: 2016/06/18(土) 22:09:38.22 ID:44vVtvCAO
P「ま、また泣きマネか?」

P「もうだまされんぞ!」

美希「…ぅ」ポロ

千早「プロデューサー」

千早「もういいでしょう」

P「千早…」

千早「寂しかったのよね?美希」スッ

32: 2016/06/18(土) 22:15:16.33 ID:44vVtvCAO
P「え…」

千早「確かに仕事中のプロデューサーを困らせたのは感心しないけど」

美希「…」グスッグスッ

千早「オフの日にまで事務所にきて…」

千早「他の皆がいない時に…」

千早「プロデューサーとお喋りしたかったんでしょう?」

千早「美希はずっと我慢してたものね」

P「我慢…」



千早「そうでしょう?美希」ナデナデ

美希「千早さん…」ポロポロ

33: 2016/06/18(土) 22:20:41.98 ID:44vVtvCAO
美希「ふえぇ~~ん!!」ワッ

千早「よしよし」


P(あ…)

P(そうか、俺美希と全然コミニュケーション取ってなかったんだ…)

P(手のかかる亜美や真美)

P(ラーメン屋ばっか連れていかせる貴音)

P(響の動物の世話手伝ったり)

P(最近はやよいの家族とも仲良くなって)

P(…決してほったらかしにしてた訳ではないんだがな)

34: 2016/06/18(土) 22:23:20.17 ID:44vVtvCAO
P(いつからだろう)

P(美希が俺のことをハニーと呼ばなくなったのは)

P(みんなの前でもベタベタしなくなったのは)

P(てっきり分別がつくようになって)

P(美希もちょっとは大人になったとばかり思ってた)



P『俺はお前らの事毎日見てるの!』



P(ウソつきはどっちだよ…)ハァ

35: 2016/06/18(土) 22:30:15.84 ID:44vVtvCAO
P「美希」

美希「…プロデューサー」グス

P「俺が悪かった…」

P「俺、美希に甘えてたんだよ」

P「ここ最近で美希はすごいしっかりしてさ」

P「俺なしでもきっちりやれてるなー、なんて思ってたんだ」

P「でも、美希に寂しい思いをさせちゃってたんだな」

P「ごめんな…」

美希「ううん…」

美希「プロデューサーは悪くないの…」

36: 2016/06/18(土) 22:34:26.51 ID:44vVtvCAO
P「おわびに…」

美希「?」

P「今度一緒に買い物にでも行くか」

美希「ほんとっ!?」パアァ

P「あぁ。一日ずっと美希と付き合うよ」

美希「千早さんっ!」

千早「よかったわね、美希」フフ

37: 2016/06/18(土) 22:48:36.59 ID:44vVtvCAO
美希「プロデューサー…ハニー!!」ガバッ

P「おわっ!?」

美希「ん~」スリスリ

P「ハニーはもうやめたんじゃ…」

美希「ミキねっ!もうガマンしないの!」

美希「ハニーもトップアイドルも」

美希「両方完璧にミキのモノにしちゃう!」

P「やれやれ」

38: 2016/06/18(土) 22:52:46.61 ID:44vVtvCAO
千早「今までの分、いっぱい甘えちゃいなさい」

美希「うんっ!」ギュ

P「千早まで…」

美希「ねぇねぇハニー!!」

美希「デート!いつにする!?いつにする!?」

美希「どこにいく!?どこにいく!?」

P「あーもー!ちょっと離れろ!」

美希「やーなのー!!」


ワーワー
キャッキャッ
フフ


貴音「…」

39: 2016/06/18(土) 22:58:21.67 ID:44vVtvCAO
その後、一部始終を見ていた貴音に

ミキとプロデューサーは5時間以上説教されたの

もうひじきはコリゴリなの



おわり☆

40: 2016/06/18(土) 22:59:38.62 ID:44vVtvCAO
ありがとうございました。

41: 2016/06/18(土) 23:02:42.31 ID:44vVtvCAO
いつも糞ばっか書いてるからまともなのが書きたかった

42: 2016/06/18(土) 23:04:50.85
乙なの

引用元: 美希「あっ!蚊!」パシッ