1:2020/01/27(月) 03:02:39
シャミ子「そそ、そうなんですね!お、おめでとうございます!」シッポグニャグニャ

桃(まあ嘘なんだけどね…動揺してるシャミ子可愛い)

シャミ子「ち、ちなみにどんな人なんですか?」

桃「え?あー…(やば、そこまで考えてなかった)」

桃「…一言で言えば素敵な人、かな」

シャミ子「そ、そうですか…」シュン

桃(しょんぼりしてるシャミ子可愛い…でも可哀想だしそろそろネタばらししようかな)

桃「なーんてn「じ、実は!」

シャミ子「実は私も…最近付き合い始めた人がいるんですよ」

桃「え?」



桃「…えっ?」
7:2020/01/27(月) 03:10:57
桃(え?付き合、え?シャミ子に?え?)

桃「う、嘘だよね?」

シャミ子「な、なんで疑うんですか!ほ、ホントですよ!」ポコー!

桃(相変わらず尻尾がぐにゃぐにゃで感情が読めない…ま、まさかとは思うけど…)

桃「ど、どんな人なの?付き合ってる相手って…」

シャミ子「へ?そ、それは…」

シャミ子「…す、素敵な人です」

桃「そういうふわっとした答えじゃなくて!もっと具体的に!」

シャミ子「さっき自分だって同じこと言ってたくせに!」
11:2020/01/27(月) 03:19:56.658 ID:+nLg2A3L0.net
桃「それとこれとは話が別だよ。私はシャミ子をプロデュース中だから、シャミ子についてはなるべく多くのことを知っておく必要があるんだ。だからどんな人とお付き合いしてるのかも知る必要があるんだよ」ズイッ

シャミ子「なんですかその理屈…なんか違くないですか?」

桃「違くないよ、全然違くないよ。ほら早く」

シャミ子「う…だ、だったら私が教えたら桃も教えてくださいね?その…どんな彼氏さんなのか」

桃「わかった教えるから。早く早く」ズズイッ
15:2020/01/27(月) 03:31:46
シャミ子「…本当に素敵な人なんですよ。優しくて、カッコよくて…それに可愛くて」

桃「ふむふむそれで?」カキカキ

シャミ子「…何メモってるんだきさま」

桃「そこは引っかからなくていい。それより続けて」

桃(誰だ…?同じ学校にいる人?全く思い当たらない…もっと聞き出さないと)

シャミ子「はあ…でも意外とだらしない所もあって、そこがまた可愛かったりして…私が作る料理をいつも美味しそうに食べてくれるんです」テレッ

桃(シャミ子の手料理なら私も食べたことあるのに!) カキカキ

桃(…話してる時のシャミ子嬉しそう…本当にその人のことが好きなんだろうな)ズキッ
18:2020/01/27(月) 03:39:39
シャミ子「私がピンチの時には必ず駆けつけて助けてくれて…落ち込んでる時には励ましてくれて…」

桃(…胸が苦しい)ズキズキ

シャミ子「だ、だから私もその人の力になってあげたくて…ず、ずっと…ずっと一緒にいたいなって…おも、思ってて…」ポロポロ

桃「え!?な、なんで泣いてるの?どうしたの?」

シャミ子「えぐっ…ご、ごめんなさい…ごめんなさい…」ポロポロ

桃「大丈夫!?どこか痛いの!?シャミ子!?」オロオロ
22:2020/01/27(月) 03:47:40.404 ID:+nLg2A3L0.net
──────
───
──

桃「…落ち着いた?」

シャミ子「はい…すみませんでした」グスッ

桃「それで、えっと…泣いてた訳を聞いてもいいかな?」

シャミ子「…実は付き合ってる人がいるなんて嘘なんです」

桃「! そ、そっか」ホッ

桃「でもどうしてそんな嘘を?」

シャミ子「…桃が悪いんですよ」

桃「え?」
27:2020/01/27(月) 03:57:09
シャミ子「桃に彼氏さんができたって聞いて…私すごいショックで」

シャミ子「驚きとか悔しさとか悲しさとか…なんかもう色々わかんなくなっちゃって…つい、嘘を…」

シャミ子「…宿敵の幸せを祝ってあげられないなんて、闇の女帝失格です。私は器の小さいつまんないまぞくです…」グスッ

桃「そ、そうだったんだ…」

桃「…ごめんシャミ子!」

シャミ子「へ?」ビクッ
32:2020/01/27(月) 04:09:32
桃「あのね…私に彼氏ができたっていうのも嘘なんだ」

シャミ子「え、え?」

桃「シャミ子の困ってる顔が見たくてつい…本当にごめん」

シャミ子「そ、そうだったんですか…よかったぁ…」ホッ

シャミ子「…じゃない!きさま、よくも騙してくれたな!この性悪魔法少女め!」ポコー!

桃「…やっぱり怒ってる?」

シャミ子「怒ってます!げきおこまぞくです!」プシュー
35:2020/01/27(月) 04:23:30
桃「ごめんねシャミ子…でも安心して。今のところ私は誰かと付き合うなんて考えてないから」

シャミ子「えっ?」

桃「え?」

桃「…シャミ子は宿敵に先を越されたのが嫌だったんだよね?私はまだ誰とも付き合うつもりはないから大丈夫だよ」

シャミ子「んなっ…」

桃「……?」

シャミ子「…きさまそういうところだぞ!このニブチン魔法少女ーッ!」ダッ

桃「……??」



頑張れ桃さん!
相手の気持ちを察せる魔法少女になるんだ!
38:2020/01/27(月) 04:27:21

明日も頼むぞ
37:2020/01/27(月) 04:25:08
控えめに言って素晴らしいと思います
明日も書いてください
39:2020/01/27(月) 04:55:52.400 ID:HP3a74az0.net
は?
もんもが絶望するところが見たかった
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1580061759