1: 2011/11/05(土) 09:20:13.18 ID:6tGkjGdu0
魔王「……」

隠されるようにして森の奥に建てられた、小さなお城。
しかしそれはもはや城とは言えず、ただの朽ち果てた廃墟でした。

魔王「……」

そこに人はひとりもおらず。
角の生えた人外が、ひとり。

魔王「……」

ひとりぼっちで生きている。

2: 2011/11/05(土) 09:21:03.67 ID:6tGkjGdu0
1000年前。
魔王は勇者と出会いました。

ありきたりな世界でした。
人間を滅ぼそうとした魔王を、勇者が止めるようなそんな世界。

勇者「なぜ人を襲う!」

魔王「相容れぬ存在だからだ!」

本当は、嫉妬でした。
人が羨ましかったのです。

あたたかく、ひだまりのようなぬくもりが。

魔王には、ぬくもりがありませんでした。
生まれたころから戦いだけに生き、孤独でした。

だから本当に、羨ましかったのです。

4: 2011/11/05(土) 09:22:42.56 ID:6tGkjGdu0
勇者の剣が、魔王を討とうとしていました。
魔王はその時、恐怖よりも安心したのです。

もう、寂しい思いをすることはありません。

魔王「ようやく、死ねるのだな……」

魔王は笑みを浮かべ、幸せに死のうと思い。

しかし、勇者の剣が魔王の首をはねることはありませんでした。

勇者「魔王、君は……」

魔王「何をためらう、勇者よ。はやく私を殺してくれ」

もう、疲れた。

そう言って魔王は瞳を閉じて。

ぎゅっと、抱きしめられたのです。

5: 2011/11/05(土) 09:24:44.46 ID:6tGkjGdu0
はじめてのぬくもりでした。

魔王「な、何をする勇者。血迷ったか!」

勇者「魔王は、寂しかったんだな」

勇者は気が狂ってしまったのか。
倒すべき存在を慰めるなど、そう魔王は困惑しました。

ようやく死ねる。死にたい。死にたい。だから早く殺してくれ。

そう懇願する魔王に、勇者は言いました。

勇者「魔王、君はひとりぼっちじゃない」

そんな、はじめてのぬくもりに。

魔王は。

10: 2011/11/05(土) 09:27:40.20 ID:6tGkjGdu0
夢を見ていた魔王は、静かに顔をあげました。

魔王「……寝ていたのか」

魔王(あれから何年たったのだろう…。勇者よ、私はやっぱり)

ひとりぼっちじゃないか。

と、魔王はひとりごちました。

魔王「うそつき」

魔王「うそつき」

魔王「うそつき、め……」

幸せな日々でした。

はじめてのぬくもりに怯え、震え、揺らぎ。
それを受け入れると、今度はあまりのあたたかさに火傷しそうで。

喧嘩をし、仲直りをし、怒り、泣いて、笑って。
他愛もない話を、何より愛おしく感じ。

幸せだったのです。

12: 2011/11/05(土) 09:29:37.78 ID:6tGkjGdu0
勇者は死にました。

老いて死にました。

魔王は、老いることはありませんでした。
いつまでも若いままです。

世界は平和でした。
勇者が救った世界は、勇者がいなくても平和なままだったのです。

耐えられませんでした。

だから、魔王は人のいない場所まで逃げて。
いつか勇者が戻って来た時のために、小さなお城を。

魔王「……そんなわけないじゃないか」

勇者は死にました。

勇者は、もう戻ってこないのです。

だからきっと幻聴なのです。

こんこんと、小さく扉を叩く音は。

13: 2011/11/05(土) 09:32:08.59 ID:6tGkjGdu0
魔王は、死にたかったのです。

ぬくもりを知らなかったあの頃も。
ぬくもりを知ってしまった今も。

ぬくもりがないのならば、意味がないのです。

自ら命を絶つことはできませんでした。
なぜかはわかりません。

たぶん、臆病ものだったからです。

だから勇者を失って、ずっと、ずっと、何も食べずに。
いつの間にか死ねばいいと、生きてきました。

扉を叩く音が聞こえます。

こんこん、こんこん。

誰かいませんか。

少女の声でした。

16: 2011/11/05(土) 09:35:03.97 ID:6tGkjGdu0
落胆と絶望が生まれました。

勇者じゃない。

大切な人がいなくても何も変わらない。
そんな忌むべき存在が、扉の前にいる。

けれど同時に、喜びと希望も感じたのです。

1000年近く、誰とも接しなかった魔王。

自分の気持ちがわからず、扉を開けるのが怖かったのです。

小さなお城の、小さな扉を、一生懸命開いて。

少女が、やってきました。

17: 2011/11/05(土) 09:37:57.65 ID:6tGkjGdu0
その少女が愛しかった。

嫌いだったはずだった。
大切な人がいなくても回る世界なんて、嫌いで。

でも、少女の、小さなぬくもりの姿を見たら。

あの人が、守ったおかげで今あるぬくもりなんだと思うと。

たまらなく、愛おしかったのです。

少女「こ、こんにちは」

魔王「……」

少女「王様なんですか?」

魔王「……」

少女「わたしは、探険してて、ここにきました」

魔王「……」

少女「王様は、なんで泣いてるんですか?」

まぶしくて。

そのひだまりがまぶしくて泣いているんだよ、と魔王は言いました。

18: 2011/11/05(土) 09:39:35.56 ID:6tGkjGdu0
少女は魔王の眼前までやってくると、つま先で立ち、手を伸ばしました。

少女「泣かないでください」

そう言って、魔王の頭を撫でました。

魔王「怖くないの」

少女「何がですか?」

魔王「こんなに大きな角があるのに」

少女「立派な角だと思います」

魔王「こんなにみすぼらしい格好なのに」

少女「全然そんなことありません」

魔王「そう…」

そうか。

そう言って魔王は瞳を閉じました。

溢れる涙は止まりませんでした。

19: 2011/11/05(土) 09:41:16.83 ID:6tGkjGdu0
このぬくもりを、自分はいつかまた失うのだろうか。

自分を見て驚かなかったということは、今でも人と魔族は共存しているのかもしれない。

そうか、彼の守った世界は。
彼がいなくても、ちゃんと平和なんだ。

勇者が守ったから。守ったから平和なんだ。

……あたたかい。

少女「寂しかったんですね」

ぎゅっと、いつか感じたぬくもりが確かにあった。

少女「もう、ひとりぼっちじゃないですよ」

あまりにもあたたかくて、眠くなってきた。
さきほど目を覚ましたばかりだというのに、おかしいな。

眠い。

あたたかい。

目が覚めたら、彼の守った世界を見に行こう。

きっとひだまりが待っている。

20: 2011/11/05(土) 09:42:27.54 ID:6tGkjGdu0
おしまい

短くてすまん
むしゃくしゃして書いた、反省はしてない

21: 2011/11/05(土) 09:43:03.75
むむむ

22: 2011/11/05(土) 09:43:12.95
乙 短編いいね

23: 2011/11/05(土) 09:43:43.14
むしゃくしゃしてこれかよ

引用元: 勇者「魔王、君はひとりぼっちじゃない」