1: 2015/05/21(木) 00:12:45 ID:19Su9GsA
~ 森の泉 ~

ある日、一人の木こりが深い森の中にある泉にやってきた。

木こり(かつて、聞いた話によると──)

木こり(まずは、泉に斧を落とすんだったな)ポイッ



チャポン……



木こり愛用の鉄製の斧が、泉の中に沈んでいく。

2: 2015/05/21(木) 00:15:54 ID:19Su9GsA
すると──

ブクブク…… ブクブク……

ザバァ……!



泉の中から、美しい女神が現れた。

女神「あなたが落としたのは、この金の斧ですか?」キラキラ…

木こり「いいえ、ちがいます」

3: 2015/05/21(木) 00:19:44 ID:19Su9GsA
女神「では、この銀の斧ですか?」ギラギラ…

木こり「いいえ、それでもありません」

女神「それでは、この鉄の斧ですか?」

木こり「そうです、その斧です」

女神「あなたは正直者ですね」ニコッ

女神「ご褒美に、三つの斧全てを差し上げましょう」

木こり「…………!」

木こり(ここだッ! 今のところまさに伝説通り! ここですかさず、こう答えるッ!)

4: 2015/05/21(木) 00:22:51 ID:19Su9GsA
木こり「いいえ、鉄の斧だけでけっこうです」

女神「…………」ピク…

女神「ほう……なぜ?」

木こり「なぜなら……私が望むものは、あなたとの対決だからです」

女神「…………」ニタァ…

女神「面白いッッッ!」



ザバァァァッ!!!



女神は恐るべき脚力で、水面から10メートルはジャンプしてみせた。

木こり(なんという跳躍……想像以上ッ! ──否、期待以上ッ!)

5: 2015/05/21(木) 00:26:46 ID:19Su9GsA
女神「泉から出るのは、数百年ぶりだな……」ザシャッ…

女神「キサマの得物だ、返してやろう」ヒュッ

ドズゥッ!

木こり(重さ10キロはある私の斧を、まるでボールを扱うような気軽さで……)

足元に突き刺さった斧を、木こりが拾う。

女神「嬉しいねェ……」

女神「もはや、私に挑む者などいなくなっちまったものと思っていたが──」

女神「長生きはしてみるもんだ」

木こり「私もです。伝説が真実だったと分かり、嬉しいですよ」

6: 2015/05/21(木) 00:29:49 ID:19Su9GsA
木こりの正体──



木こりは、かつては優秀な斧戦士として世界中で名を馳せていた。

戦場で──

闘技場で──

裏社会で──

彼の斧は、ありとあらゆる戦いで幾多の敵を切り裂き、砕いていった。

『斧神』『デビルアックス』『斧の申し子』など、彼を称える異名は枚挙にいとまがない。

7: 2015/05/21(木) 00:33:51 ID:19Su9GsA
しかし、あまりに多くの勝利と称賛は、彼の心にある種の空しさをもたらした。

そして彼は、愛用の斧とともに忽然と姿を消してしまった。

事実上の引退、隠居である。



さて、戦いの場から離れた彼は、戦士として腕を磨きつつも、

木こりとして平穏な生活を送っていた。



ところが、彼の内に眠る強者としての血が、

戦士時代にふと耳にした伝説を思い出させてしまう。

泉に潜む女神の伝説を……。

8: 2015/05/21(木) 00:39:21 ID:19Su9GsA
とある森の奥深くにあるという、質素ながらも清らかな泉──

その泉には、美しい女神が棲んでいるという。

金の斧と銀の斧、二丁の斧で“最強”の名を欲しいままにしたという女神が。




あまりにも荒唐無稽な伝説ではある。

百人中百人が、こんな女神がこの世のどこかにいるなどと信じないであろう。

だが、木こりは信じた。

信じたからこそ、こうして出会うことができたのだ。

9: 2015/05/21(木) 00:45:05 ID:19Su9GsA
木こり(これほどの威圧、これほどの殺気……かつてどんな相手にも感じなかったッ!)

木こり(今から私は“伝説”と斧を交えようとしているッ!)

女神「さっそくご覧にいれよう……」ユラ…

女神「右手に──金の斧ッ!」キラッ

女神「左手に──銀の斧ッ!」ギラッ

女神「金の斧と銀の斧による……二斧流ッ!」ジャキンッ

女神が二丁の斧を構えた途端──

木こり(デ、デカイ……ッ!)

木こり(斧を構えた途端、女神の存在感がまるで巨人の如く、肥大化した……ッ!)

10: 2015/05/21(木) 00:48:45 ID:19Su9GsA
女神「いくぞォォォォォッ!!!」

ブオンッ!

金の斧が振り下ろされる。

木こり(速いッ!)

木こり(まっすぐ私へと落ちてくる黄金は、さながら落雷の如しッ!)

木こり(だが……力みすぎてスキだらけだッ!)

木こり「ぬうううんっ!」ビュオッ

金の斧をかわすと同時に、木こりが反撃を繰り出すが──

ガキィンッ!

11: 2015/05/21(木) 00:53:06 ID:19Su9GsA
木こり「…………ッ!」

女神「甘い」ニィィ…

木こり渾身の一撃は、銀の斧によって防がれていた。

木こり(いつもの私なら、たとえ防がれようと力で押し込むのだが──)グッ…

木こり(まるで押し込めん! ──なんという腕力ッ!)ググッ…

木こり(しかも私は両手、彼女は片手だというのに……ッ!)ググッ…

女神「力にあらず、と書いて非力……」

女神「非力ィィィィィッ!!!」

シュバァッ!

金の斧、一閃。

木こり「ぐっ……!」ブシュッ…

木こりの脇腹が浅くではあるが、切り裂かれた。

12: 2015/05/21(木) 00:56:56 ID:19Su9GsA
女神「今ので腸をいただくつもりであったが、よくぞ見切ったァッ!」

ビュアッ!

銀の斧による追撃、これもどうにかかわす。

木こり「つっ……」ザッ…

木こり「正面から傷を負わされるなど、修行時代以来のことだ」

木こり「泉の伝説が真実であること、この痛みであらためて思い知らされましたよ」

女神「世辞は結構」

女神「そんなかすり傷負わせたぐらいじゃ、強さの証明にゃなりゃしないからなッ!」

13: 2015/05/21(木) 01:01:42 ID:19Su9GsA
女神「金と銀が織り成す、極上のアックスショーを堪能してみるかねッッッ!?」

女神「ずあああああああああッッッ!!!」

ビュボボボボボボボッ!

木こり(なんだこれは……! とてつもない連続攻撃ッ!)

木こり「ぬおおおおおおおおおおっ!」

ガキィッ! ガッ! ガキンッ! ガツンッ! ガッ! キィィィンッ!

常人では目視すら不可能な速度で、暴れ乱れる金銀の斧。

木こり(まるで、斧の台風……ッ!)

木こり(しかも速いだけでなく、軌道は巧妙! 攻防一体!)

木こり(こちらが反撃するスキなんぞありゃしないッ!)

木こり(鍛錬のため、わざと相手に攻撃させ続けることはあったが──)

木こり(守勢に“追い込まれる”など、生まれて初めてだッ!)

ギィンッ!

14: 2015/05/21(木) 01:09:18 ID:19Su9GsA
女神「どうだ!?」

女神「どうだッ!?」

女神「どぉぉぉぉうだァァァァァ!?」

女神「金と銀ッ! 二色の斧が奏でる殺人組曲の旋律はァァァッッッ!」

ガギギギギンッ!

ザシィッ!

銀の斧が、木こりの肩をえぐった。

木こり「ぐおおっ……!」

木こり(いかん! 攻めに回らねば、じわじわと追い詰められるだけだッ!)

木こり(だが、下手に攻めに出たら──二丁の斧でバラバラにされるのみッ!)

木こり(どうするッ! 私!?)

15: 2015/05/21(木) 01:12:26 ID:19Su9GsA
女神「んふぅ~……」

女神「長年泉に浸かり、冷え切っていた体もようやく温まってきたァ……」フシュゥゥゥ…

女神「これより、さらに速度を上げるッ!」

女神「ウオオッ! シャアッ! シェアアアアッ!!!」

ビュボボボボボボッ!

女神の攻撃がさらに加速する。どんどんどんどん速くなる。

ガキンッ! ガガッ! キィンッ! ガツッ!

木こり「ぐっ! ぐぐっ! ──くうっ!」

木こり(落ちつけ! 速さは増したが、攻撃が変化したというワケではない!)

木こり(女神に追いつけなくなる前に、見極めるのだ!)

木こり(反撃の瞬間を……ッ!)

16: 2015/05/21(木) 01:17:29 ID:19Su9GsA
木こり(彼女の金の斧は、豪快ではあるが大雑把な軌道!)

木こり(一方の銀の斧は、金の斧をフォローするかのように繊細かつ緻密に動く!)

木こり(一見、完全なる難攻不落に見えるこの“二斧流”!)

木こり(──だが、わずかにッ! ほんのわずか……ッ!)

木こり(銀の斧を振るってから、金の斧を振るう一瞬──)

木こり(一秒の何十分の一にも満たぬような一瞬ではあるが──スキがある!)

木こり(針の穴を通すような道筋ではあるが──希望はあるッ!)

18: 2015/05/21(木) 01:20:12 ID:19Su9GsA
女神「シェアアッ!」

ブオォンッ!

金の斧による、巨木をも小枝のようにへし折れそうな一撃。

女神「シャッ!」

ヒュオッ!

豪快な一撃によりできたスキを、丸ごとかき消してしまう銀の斧。

ここから再び金の斧が振りかかってくるわけだが──

木こり(……ここだッ!)キッ

19: 2015/05/21(木) 01:24:39 ID:19Su9GsA
木こりが前に踏み込んだ。

歩幅十数センチの小さな一歩、しかし、大きな一歩だった。

女神「ぬう……ッ!」

木こりの踏み込むタイミングは完璧。

だが、すかさず女神も防御(ガード)のため、二丁斧を胸の前まで戻す。

──が、これこそが木こりの狙いだったのだ!



ガキキィンッ!



ボトトッ……

木こりの鉄の斧が、女神の金の斧と銀の斧を同時に叩き落とした。

女神「しまった……ッ!」

20: 2015/05/21(木) 01:29:57 ID:19Su9GsA
木こり「これであなたは丸腰ッ! 勝負あったなッ!」

女神「……な~んちゃってなァ」

木こり「!?」

女神「ぬぅ~……ふんッッッ!」ボインッ



ビュボッ!!!



女神の豊満な胸から、乳房の弾力を利用して発射された、第三の斧。

そう、女神は自身の胸の谷間に、切り札を隠し持っていたのだ。

女神「どうだッ! この“銅の斧”はッ! ダジャレではないぞォォォォォ!」

21: 2015/05/21(木) 01:34:14 ID:19Su9GsA
パシィッ!

女神「!?」

女神「バ、バカな……ッ!」

木こりはなんなく銅の斧をキャッチしてみせた。

女神「な、なぜだ……!? 完璧なるタイミングだったッ!」

女神「銅の斧は、確実にキサマの脳天に突き刺さるハズだったッ!」

木こり「あなたのその大きな胸……戦いの最中もずっと気にかかっていました」

木こり「だから、防ぐことができた」

木こり「私も……男なんでね」

女神「……ふふっ、なるほどな。キサマにも人並みに性欲はあったということか」

女神「私の完敗だ。さぁ……やるがいい」

木こり「分かりました……」

木こり「はああああっ!!!」

木こりが斧を振りかぶり、女神の頭めがけて振り下ろす。

ブオンッ!

22: 2015/05/21(木) 01:37:01 ID:19Su9GsA
──ピタァッ!

女神に向けて振り下ろされた斧は、寸止めされた。

木こり「…………」

女神「なぜ止める?」

女神「なぜその斧で、私の頭蓋骨をカチ割らん?」





女神「この女神を……侮辱する気かァァァッッッ!!!」

23: 2015/05/21(木) 01:42:05 ID:19Su9GsA
木こり「侮辱もなにも……私は木こりですよ」

木こり「私がこの斧で切るものは、木だけです。それ以外はありえない」

女神「…………」

女神「……ふっ」

女神「なるほど……一本取られたようだな。キサマはよき戦士にして、よき木こりだ」

木こり「こちらこそ……これほどに“死”を感じた戦いは初めてでした」

木こり「よき戦いができました、ありがとうございます」

木こり「これでもう……戦士としては悔いはありません」

24: 2015/05/21(木) 01:50:28 ID:19Su9GsA
女神「ならば、私に勝利し、戦士を引退するキサマには褒美を授けよう」

木こり「褒美? まさか、女神様の金の斧と銀の斧を私にくれるというのですか?」

女神「いいや……ちがう」

女神「今日からはこの私が、戦士をやめたキサマを支えてやろうではないか」

木こり「オーノー!」



こうして木こりは女神とともに、末永く幸せに暮らしましたとさ。

めでたし、めでたし。







~ おわり ~

26: 2015/05/21(木) 02:38:50
おあとがよろしいようで

25: 2015/05/21(木) 02:07:42
途中から劇画調で脳内再生された
オチのとこはもちろんジョセフ

27: 2015/05/21(木) 02:43:55
いい闘いだった乙

29: 2015/05/21(木) 07:36:31

金の斧は柔らかすぎて使い物にならんという話を聞いたことが

30: 2015/05/21(木) 07:40:33
純金は柔らかいからねー

引用元: 女神「金の斧と銀の斧による……二斧流ッ!」