1: 2010/10/03(日) 17:50:08.83 ID:4sEC0St3O
第一話

平沢唯の法則!

キンコーンカーンコーン

律「さぁて…今日もお勤めごくろうさんっと…そんじゃあ部活に行きますか!」

唯「あっ、りっちゃんごめーん!私、今日もダメなんだー…」

律「なんだ今日もかよー?用事があるなら仕方ないにしても最近ちょっと休みがちだぞー!」

唯「ホントにごめんねー…明日!明日は絶対に行くから!それじゃあまた明日ね!」

~~~~~~~~~

律「…ってわけで最近の唯はなんかおかしいと思うんだ」

澪&紬&梓「はぁ」

3: 2010/10/03(日) 17:51:55.02
俺も木に変えて貰えるのか……

4: 2010/10/03(日) 17:52:06.84
じゃあ俺も木になれるね!

6: 2010/10/03(日) 17:53:56.37 ID:4sEC0St3O
澪「まぁ唯にだって色々と事情があるんだろ」

律「にしてもだぜ?あの唯が一週間もムギのお菓子を食べに来ないんだぜ?おかしいと思うのが普通だろ?」

梓「部活動として「練習」じゃなくて「お菓子」って単語が出てくることも相当おかしなことだと思いますが…」

律「なにそれダジャレ?」

梓「違うです!っていうか最初に言ったのは律先輩です!」

紬「おかしいとは思わないけど確かに気になるわよね~。唯ちゃん今日も急いで帰ってたし」

律「…こりゃ男でも出来たか?」

梓「にゃっ!?」

9: 2010/10/03(日) 17:59:33.93 ID:4sEC0St3O
梓「そ、そんな!唯先輩に限ってそんなこと…!!」

律「いや~年頃の女子高生がギターや部活よりも優先することと言ったら男しか無いだろ~!」

梓「う、うぅ~!!」

澪「おい、あんまり梓をいじめるな…でも、その線は否定出来ないな…」

梓「澪先輩まで!?」

紬「ふふっ。唯ちゃんたら恋する乙女ね~」

梓「~!!!」

11: 2010/10/03(日) 18:05:17.86 ID:4sEC0St3O
律「こりゃ満場一致で男だな。そのうち唯から紹介されたり…」

梓「…しましょう」

澪「…えっ?」

梓「唯先輩のことを尾行しましょう!!」

澪「ええっ!?尾行!?」

律「なんだよ梓。そんなに唯の男が気に食わないのか?」

梓「まだ男と決まったわけじゃないです!!」

紬「まだ見ぬ唯ちゃんの恋人に嫉妬してムキになっちゃう梓ちゃん…いいわね~///」

梓「だ~か~ら~!!」ムキー

16: 2010/10/03(日) 18:13:28.55 ID:4sEC0St3O
澪「でも尾行って言っても唯が今どこにいるかは…」

梓「今日は練習します!尾行は明日です!!」

律「いや別に明日も唯が来ないとは限らんぜ?」

梓「来なかったら尾行します!ゆ、唯先輩が何をしてるかとじゃなく、このままじゃ練習にならないから見つけ出して渇をいれてやるんです!」

律「唯先輩!私という可愛い後輩がありながら~!!もぅ~!!」ブリブリ

梓「そんなんじゃありませんです!」ウガー

紬「あっ、鼻血が…」タラー

17: 2010/10/03(日) 18:19:15.76 ID:4sEC0St3O
よくじつ!

唯「りっちゃんごめん!ホントにごめん!」

~~~~~~~~~

律「ってわけで唯が今日も男のもとへと駆け出して行ったので梓の希望により今日は部活動は唯を尾行する活動に変わりました!」

梓「男じゃないもん!」

澪「おい…あんまり大声出すなよ…気づかれるだろ…」シーッ

律「案外ノリノリだな、お前」

紬「私でみんなで友達を尾行するのが夢だったの~」

律「あまり褒められた夢じゃねーな」

20: 2010/10/03(日) 18:24:58.98 ID:4sEC0St3O
律「しかし唯のやつどこまで行くんだ?この先は自然公園しか…」

澪「自然公園で手を繋いでお散歩…良いなぁ」

律「右手にはキミの手 左手にはお気に入りのうさちゃん…ってか?」

澪「律、それ凄く良い!次の歌詞に組み込むよ!」

律「えっ、マジで」

梓「二人とも真面目にやってください!」

律&澪「シーッ」

梓「うぐっ…」

紬「あっ!自然公園の中に入って行ったわ!」

21: 2010/10/03(日) 18:29:50.60 ID:4sEC0St3O
しぜんこうえん!

唯「……」キョロキョロ

澪「…誰かを待ってるみたいだな」

梓「女友達かもしれません!」

律「お前も強情だなぁ梓」

紬「女友達ならそれはそれで…///」

律「あっ!唯が誰かを見つけたみたいだ!待ち合わせの相手か!?」

23: 2010/10/03(日) 18:34:50.99 ID:4sEC0St3O
唯「……!」

中年男「……!」

律&澪&紬&梓「」

澪「え、援助こうさ…」

律「み、澪!それ以上は言うな!」

紬「そ、そうよ!おおおお父様かもしれないじゃない!」

澪「でも、それなら憂ちゃんも一緒なのが普通じゃ…」

律「ふ、複雑な事情が!…あるんじゃないかなぁ…なぁ梓?」

梓「」

律「返事が無い…ただのあずにゃんのようだ…」

27: 2010/10/03(日) 18:41:45.06 ID:4sEC0St3O
澪「や、やっぱり援助…なのかな!?止めた方が良いかな!?」アセアセ

律「い、いや待て!繁華街ならともかくここは自然公園だ!!まだその線じゃない可能性も高い!!」

梓「…はっ!?」

梓「そ、そうです!まだわかりません!ぎ、ギリギリまでは尾行を…」

澪「あっ、我に帰ってきた…」

律「そうだな…まだわかんねぇな…あのオヤジ…変な動きを見せたらぶっ飛ばしてやる!」

澪「ぼ、暴力はよくないと…思うな…」

紬「……」

紬「(この自然公園…こんなに緑が多かったかしら?)」

29: 2010/10/03(日) 18:50:20.07 ID:4sEC0St3O
唯「……!」テクテク

中年男「……!」テクテク

律「あっ!移動するみたいだぞ!」

澪「こ、この先の茂みで…」アワアワ

梓「澪せんぱーい!!」ムキー

紬「シッ!静かに…!尾行を続けましょ…」

紬「(…あのおじ様…それほど悪い人には見えないけど一体二人で何を…?)」

35: 2010/10/03(日) 19:32:17.48 ID:4sEC0St3O
唯「……!」ガサッ

中年男「……!」ガサッ

梓「!?」

澪「ほほほほんとに茂みの中にっ!?」アワアワ

律「おいおい!?唯の奴マジで…」

紬「……」

梓「ゆ…ゆ…」

梓「唯せんぱーい!!!」ダッ…!

律「あっ!バカ!梓っ…!」

梓「唯先輩!!」ガサッ!

梓「……!?」

36: 2010/10/03(日) 19:38:40.11 ID:4sEC0St3O
唯「えいっ!」パァッ…!バサッ!

中年男「おぉ。お嬢ちゃんの手品はホントに凄いねぇ」

唯「手品じゃなくてゴミを木に変える力!えーと…そう!ちょーのうりょくだよ!」

中年男「お嬢ちゃんの手品のおかけでこの自然公園が綺麗になったどころか緑も増えて…ホントに感謝してるよ」

唯「だから手品じゃなくてぇ!……まっ、いっか!」

梓「な、なにいまの…?」

梓「(唯先輩の手の中が光って木が生まれた…!?)」

39: 2010/10/03(日) 19:47:28.78 ID:4sEC0St3O
律「…おい、今の見たか?」

澪「う、うん…」

紬「(あの力は一体…?手品…?いえ、そんな単純なものじゃ…)」

律&澪&紬「……」

律「そ、それにしてもさ!澪が思ってたようないかがわしいことが無くて良かったな!」アセアセ

澪「い、いかがわしいって!?だ、誰もそんなこと…でも良かった…」

紬「そうね…少し会話が聞こえたけど察するにあのおじ様は公園の管理者さんだったのね…」

梓「……」

41: 2010/10/03(日) 19:55:08.35 ID:4sEC0St3O
律「ん?どうした梓?また固まって…」

梓「なんですか今の!?おかしいです!」

澪「こ、こら!声が…」

梓「手の中から木!?あり得ないです!人間が出来る技じゃないですよ!?」

紬「そうね…確かに普通の人間に出来るような技じゃない…何か特別な力が…」

梓「特別な力ってなんです!?そんなのぶさけてます!非科学的です!」

律「お、おい…梓…信じられないのはわかるけど何をそんなヒステリーに…」

梓「……」

42: 2010/10/03(日) 20:03:08.65 ID:4sEC0St3O
梓「…だって」

梓「最近部活には全然顔出さないで何をしてるかと思えば…」

梓「得体の知らない力で木を生み出して…」

梓「…唯先輩のことがわからない」

梓「唯先輩がなんだがいきなり遠い存在に…なっちゃった気がするよぅ…」エグエグ…

律&澪&紬「……」

44: 2010/10/03(日) 20:13:47.77 ID:4sEC0St3O
律「…まぁ確かに私も驚いちゃったけどさ」

唯「よぉし!ここらへんのゴミもすっかり無くなったね!」

中年男「お嬢ちゃんのおかけだよ。ホントありがとねぇ」

律「アイツの力で公園が綺麗になって緑が増えている…それは悪いことじゃないだろ?」

梓「ひっく…でも…」

澪「…そうだな。得体の知らない力…って言ったらちょっと怖いけど唯が侵略者とかそんな風には見えないし…」

紬「そうよ梓ちゃん。いくら唯ちゃんに凄い力があっても唯ちゃんは私たちけいおん部の仲間よ。唯ちゃんだってそう思ってくれてるはず。どこか遠い存在になんかなったりしないわ」

梓「…うぅっ」

45: 2010/10/03(日) 20:21:20.87 ID:4sEC0St3O
梓「でも…でもっ…!私はっ…!!」ダッ…!

澪「あっ、おい梓!危なっ…」

梓「…きゃっ!?」ドンッ!

不良「あぁ?いってーな…」

律「…やっちまった…」

梓「あっ…ご、ごめんなさ…」

不良「あーいってぇ!こりゃ折れちまったかなぁ?…慰謝料払えよ?」

梓「ええっ!?そ、そんな…」

律「今どきヤンキーかよ…くそっ!」ダッ…!

紬「あっ、りっちゃん!」

48: 2010/10/03(日) 20:28:30.57 ID:4sEC0St3O
不良「ほら、あるだけで良いから金出せよ?」

梓「あ…あ…」ガクガク

律「おいおい!今どきカツアゲなんて流行らないんじゃないの?」

不良「あぁ?なんだお前?」

梓「り、律先輩…」

律「ぶつかったのはコイツの不注意だけどさ…何もそこまですることねぇじゃん?謝ってんだしさ」

澪「り、律…なんて命知らずな…」アワアワ

紬「でも、りっちゃん素敵…///」

澪「ほ、惚れてる場合か!?」

唯「…ん?」

51: 2010/10/03(日) 20:38:59.67 ID:4sEC0St3O
不良「見てたんなら聞こえなかったか?俺はコイツにぶつかってこられて骨折したの!その分の慰謝料を請求してるだけだっての!」

律「ちっ…話が通じねぇな。こんな小さい女の子がぶつかったぐらいで簡単に骨が折れるわけねぇだろうが!」

不良「ああ!?なんだいきなり出てきたと思ったらケンカ売りに来たのかねえちゃんよ!?」

律「あっ…ヤベっ…つい口が…」

澪「おおお、おい!これは絶対ヤバいって!?」

紬「確かにマズいわ…でも斎藤を呼んでいる時間は…」

不良「上等だよ!慰謝料はお前をぶっ飛ばしてからだ!いくぞコラァ!」ブンッ…!

律「…くっ!」

澪&紬&梓「きゃあああああ!?」

唯「!!」

54: 2010/10/03(日) 20:44:27.70 ID:4sEC0St3O
ドコォ!!!

「がはっ!?」

澪&紬&梓「ひっ!?」サッ

澪&紬&梓「……」

澪&紬&梓「……えっ!?」

律「……」ポカーン

不良「」ピクピク

律「(木…の幹…?)」

律「(まさか…!!)」チラッ…

唯「私の友達になにすんだぁ!」フンス

律「ゆ、唯っ!」

57: 2010/10/03(日) 20:50:04.44 ID:4sEC0St3O
唯「りっちゃん大丈夫!?」ダッ…

律「あ、あぁ…私は大丈夫だけど…」チラッ

不良「」

律「こっちは大丈夫…か?」

唯「……」

唯「ダメかも!人に向けて使ったのは初めてだし!」フンス

律「開き直ったぁ!?」ガーン

唯「それよりも、あずにゃん達も大丈夫?ケガとかしてなぁい?」

澪「あ…あぁ…」

紬「私と澪ちゃんは何もされてないし…」

唯「そっかぁ良かったぁ!…あずにゃんは?」

梓「あっ…わ、私も…」

唯「良かったぁ!安心だよ!」

梓「(唯…先輩…)」

62: 2010/10/03(日) 20:59:50.06 ID:4sEC0St3O
梓「唯せんぱぁい!」ガバッ…!

唯「わっ!?あずにゃん!?」

梓「唯先輩…唯せんぱぁい…」エグエグ

唯「よしよし。もう怖くないよ」ナデナデ

澪「い、いつも通りの唯だな…」

紬「ええ…とっても優しい私たちが知ってる唯ちゃんね…」

律「そだな…けど……唯!」

唯「ん?どしたの、りっちゃん?」

律「その…あっ!助けてくれてサンキュな!」

唯「ううん!どーいたしたしまして!」

律「(あの力のことについて聞こうと思ったけど…)」

律「(そんなの別にどうだって良いよな?ヤンキーを木でぶん殴ったのは驚いたけど悪い力では無いみたいだし…)」

律「(それに唯は私たちの知ってる唯のままだしな!なんかあったら唯の方から話してくれるだろうよ!)」

63: 2010/10/03(日) 21:08:50.99 ID:4sEC0St3O
唯「あっ、りっちゃん!私、明日は部活は行けるかも!」

律「お?そうか!久々に五人で合わせられるなぁ!」

澪「(律のやつ…力のことについて聞かないのか…まぁ確かに唯の方からそのうち話してもらうのが筋って奴か)」

紬「(素敵な力だけど一歩間違えたら人に危害も加える危険な力になるのね…でもこの力の所持者が唯ちゃんなら安心ね…)」

梓「……」グスグス

梓「(…唯先輩は私の知ってる唯先輩のままだった…ちょっと怒った時はビックリしたけど…何も変わってなかった…良かった…)」




さわ子「あちゃー…唯ちゃんたら一般人に力を使っちゃったのね…」

さわ子「まぁあの場面なら人として合格ね!」

さわ子「けど決まりは決まりなのよねぇ…教師としては心苦しいけどちょっと罰を受けてもらうわよ!」

65: 2010/10/03(日) 21:12:00.99 ID:4sEC0St3O
第1話終了です!

元ネタわかる人、結構多いみたいですね
さわちゃんの罰も多分何かわかると思います

遅筆なんでわかるかもなんですが書き溜めないので第二話の構想は全くしてません

少し休憩し構想してからまた続きを書こうと思います><

85: 2010/10/03(日) 21:51:32.08 ID:4sEC0St3O
第二話

幼なじみの法則!


しょくいんしつ!

さわ子「…唯ちゃん。あなたのことを呼び出した理由…わかるわよね?」

唯「はい…本当にごめんなさい…」

さわ子「…わかってるなら良いのよ。でも私、言ったわよね?能力を人に対して使うと…」

唯「夏休みの宿題…まだ1ページも終わらせてません!」

さわ子「あなたの才を失ってしまいやがて…」

唯&さわ子「……」

唯&さわ子「えっ?」

92: 2010/10/03(日) 21:58:53.02 ID:4sEC0St3O
唯「えっ!?さわちゃん先生、力使ってるとこ見てたの!?」ガーン

さわ子「なんでまだ1ページも終わってないのよ!?次の進級は保証出来ないのに!」

唯&さわ子「……」

さわ子「…まぁ、課題のことはまだ目を瞑っていてあげるわ」

唯「あっ…助かります…」

さわ子「話を戻すわよ?どうして一般人に向けて能力を使ったの?」

さわ子「一般人に能力による危害を加えた数だけ「才」…あなたの才能が消滅する」

さわ子「そして全ての才を失った時……」








さわ子「平沢唯は消滅してしまうのよ?」

97: 2010/10/03(日) 22:06:34.48 ID:4sEC0St3O
唯「うー…それはわかってたけどりっちゃん達がピンチだったからつい…」

唯「それに消滅?ってなんだがよくわからないし…一回ぐらいは良いかなぁって…」

さわ子「消滅って言うのはそのままの意味。全てが無くなる。簡単に言えば「死」ね」

唯「死!?」ガーン

さわ子「友達を助ける為だったとはいえ罰は避けられないんだから…これからは気をつけてよ?」

唯「罰?」

さわ子「そう。もう既に受けてもらったけどね。まぁ比較的に軽い罰になったわよ」

唯「?」

100: 2010/10/03(日) 22:11:19.67 ID:4sEC0St3O
さわ子「今回失ったのは「一夜漬けの才」普段から勉強していれば必要性の無い才ね。ギターの才じゃなくて良かったわね」

唯「……」

唯「…あのー話が難しくてよく…」

さわ子「ええっ!?」ガーン

~~~~~~~~

唯「つまりもう徹夜で頑張って勉強したところでどうにもならないってこと!?」ガーン

さわ子「やっと理解してくれた…」ゲッソリ…

105: 2010/10/03(日) 22:16:31.27 ID:4sEC0St3O
さわ子「とりあえず木で人を殴らない!もうこれだけ覚えてれば良いから!」

唯「了解であります!」ピシッ!

さわ子「あと課題も出す!出さなきゃ今度こそ留年!」

唯「そ…そこをなんとか…」

さわ子「来週まで待ってあげるから!」




和「……」

和「(木で人を殴るって…なに?)」

先生「あっ、真鍋さんプリントご苦労様」

和「あぁ、いえ」

106: 2010/10/03(日) 22:22:55.43 ID:4sEC0St3O
きょうしつ!

唯「ただいまんもす!」

紬「おかえりんご!」

唯&紬「えへへ~///」

律「唯、さわちゃんからの呼び出しってなんだっんだ?まさか昨日の…」

紬「…!」

唯「あー…うん!大したことじゃなかったよ!もう木で人を殴っちゃダメだよ!って!」

律「一番の大問題じゃねぇか!?」ガーン

107: 2010/10/03(日) 22:29:16.21 ID:4sEC0St3O
紬「そ、それでなんて言われたの…?」アセアセ

唯「えっ?だからもう「木で人を殴っちゃダメ!」だよって…」

律&紬「……」

律&紬「それだけ?」

唯「あと課題出さなきゃ今度は留年って言ってた!」

律「えっ!?なにそれ!?詳しく…」

紬「りっちゃん、その話に食いつくのはあとにしましょう」

109: 2010/10/03(日) 22:39:38.60 ID:4sEC0St3O
紬「唯ちゃん、その…昨日のことでさわ子先生は他に何か…」

唯「あっ…うーん…」

唯「(才とか消滅とかそういう話はしなくても良いよね?難しいし!)」

唯「うん!他には何も言ってないよ!」

律&紬「……」

律「(唯が木を使って人を殴り倒す場面を見ておいて感想がそれだけ?いくらなんでも天然過ぎやしないか、さわちゃん?)」

紬「(もしくは私たちと同じく敢えて唯ちゃんの力には触れずに…いやでも木で殴るなって言ってるわけだし…)」

律&紬「(うーん…なんか引っかかる…)」

唯「?」

律「あっ、それより も唯…課題って…」

紬「切り替えが早いわ!?」

紬「(まぁ今は確かに考えてもわからない…注意だけで済んだのなら今はそれで良しとしましょう…)」

114: 2010/10/03(日) 22:50:55.47 ID:4sEC0St3O
ほうかご!
おんがくしつ!

ジャジャカドンドン


律「…ふぅ。やっぱり五人で合わせた方がしっくりくるな!」

澪「そうだな。唯のギターの腕も鈍ってないみたいだし…ちゃんと家で練習はしてたんだな」

唯「えへへ~えらいでしょ~!」

梓「練習して当然なんです!調子に乗っちゃダメです!」

唯「ぶぅ~あずにゃんのいけず~」

そんなセリフを言う梓はセリフとは裏腹にどこか嬉しそうな表情をしていた

梓「律先輩!勝手なモノローグを入れないでください!?」

紬「うふふふ」

118: 2010/10/03(日) 22:58:01.05 ID:4sEC0St3O
ガチャ

和「こんにちはー。唯いるー?」

唯「あれ?和ちゃん何かご用?」

和「うん、ちょっとね。少し二人で話したいことがあるんだけど今大丈夫かな?」

唯「大丈夫かな?」

律「あぁ一段落付いたし別に良いよ!ムギ、お茶入れて貰っても良いか?」

紬「ええ。ちょっと待ってて」

梓&澪「また休憩!?」

和「ありがとう。そんなに時間は取らないから。…それじゃあ唯?」

唯「あっ、うん!それじゃあ行ってくるね!」

123: 2010/10/03(日) 23:04:27.39 ID:4sEC0St3O
ほうかごのきょうしつ!

和「ここで良いわね。誰もいないし」

唯「和ちゃんおはなししたいことってなぁに?」

和「…あっ、えーと…その…」モジモジ

唯「あっ!もしかして今日一緒に帰ろうとか?私は大丈夫だよ!」

和「(……多分、唯なら大丈夫よね?)」

和「…唯」

唯「ん?」



和「…ぶりっこポーズ…してもらってもいいかな?」

128: 2010/10/03(日) 23:09:20.50 ID:4sEC0St3O
唯「……」

唯「へ?」ポカーン

和「(あぁっ!?流石の唯も呆気に取られてる!?)」ガビーン

唯「えーと…」

和「あぁ!良いの!別に良いのよ!忘れて!変なことを言ってごめ…」

唯「こ、こうで良いのかな…?」キャルン

和「……」

和「(…やってくれたわ。なんて従順な子なの…)」

和「(…なんか今から自分が今からしようとしていることに罪悪感が…)」

唯「和ちゃーん?これで大丈夫?変じゃない?」

129: 2010/10/03(日) 23:12:43.49 ID:4sEC0St3O
和「(でも、ぶりっこポーズまでさせて何もしないのも…)」

和「唯!ごめん!あとでアイス奢ってあげるからっ!」

唯「えっ?なになに?アイス?」





和「相手をメガネ好きに変える力!」ドーン!

唯「ふえっ!?」

131: 2010/10/03(日) 23:17:57.43 ID:4sEC0St3O
唯「和ちゃん…?えっ…なに?」

和「……」ジーッ

唯「…?」

唯「……!?///」ボッ!

唯「(えっ!? なにこれ!?急に和ちゃんを見てると胸が…///)」ドキドキ

和「…ねぇ、唯?」

唯「えっ!?な、なに…?///」ドキドキ

和「私のこと好き?」

唯「ええっ!?///」ドッキーン

和「……」

135: 2010/10/03(日) 23:21:38.29 ID:4sEC0St3O
唯「(ど、どうしよう…///なんだかわからないけど私、和ちゃんに恋しちゃったのかな!?///)」ドキドキ

和「…私とメガネならどっちが好き?」

唯「メガネ!///」

和「……」

唯「…あれ?」






和「(この力…本物なのね…)」シクシク

137: 2010/10/03(日) 23:29:21.25 ID:4sEC0St3O
唯「(わっ!?和ちゃんが泣いてる!?)」

唯「(私が和ちゃんよりメガネの方が好きって言っちゃったからだ…フォローしないと!)」アワアワ

唯「ご、ごめん!今のは冗談!和ちゃんよりメガネの方が…!」

唯「……」

唯「あれー!?」ガビーン

和「良いのよ唯…もう良いの…」シクシク

和「(なんなのこの能力…)」シクシク




さわ子「なんだあの能力…?」

犬丸「いやーその…」

141: 2010/10/03(日) 23:34:49.95 ID:4sEC0St3O
さわ子「唯ちゃんが真鍋さんが一緒に歩いてるとこ見かけてなんか胸騒ぎがして来たのは良いけど…」

さわ子「まさかアンタの担当の子だったとはね犬丸」

犬丸「いや、私も和さんが一般人に能力を試すつもりなんじゃないかと心配して追いかけてきたのは良いんですが…」

犬丸「まさかさわ子先生の担当の子だったとは…安心しました…」

さわ子「あぁっ!?何が安心だぁ!?」

犬丸「ひっ!?」ビクッ

144: 2010/10/03(日) 23:43:55.09 ID:4sEC0St3O
さわ子「相手をメガネ好きに変える能力!?ふざけてんのか!?」

犬丸「ふ…ふざけているわけでは…彼女にピッタリな能力かと…」

さわ子「そういうこと言ってんじゃないわよ!」

さわ子「唯ちゃんの状態を見る限り能力は洗脳系!しかも最強クラスの力!!」

さわ子「もし真鍋さんが冗談で眼鏡を折ったりして見せたら唯ちゃん、どうなると思ってんの!?」

犬丸「しょ…ショックでのた打ちまわって壁や机に頭をぶつけて自爆……ハッ!?」

さわ子「その時点で唯ちゃんバトルから脱落になるだろうが!!こんのワンコが!!確信犯か!?」

犬丸「すいませんすいません!!違うんです!まさかいきなり能力者の方と…しかもさわ子先生の担当の方と出会うとは…!」ペコペコ

145: 2010/10/03(日) 23:46:59.62
クソワロタ

146: 2010/10/03(日) 23:48:55.62
この能力って本当にチートだよな

150: 2010/10/03(日) 23:52:56.04 ID:4sEC0St3O
さわ子「まぁ…優勝者の一人を決めるバトルだからいずれは戦うこともあるかもしれないけど…さすがにそんな展開で最初に脱落するのはちょっと…ねぇ…」

犬丸「…ホントにすいません」

さわ子「もう良いわよ…なんか向こうも落ち着いたみたいだし…」


和「(職員室で聞こえた唯と先生の「木で人を殴る」って会話…)」

和「(やっぱり能力の話だったのかな…?)」

和「(こんなふざけた能力があるんだもの…何かを木に変える力があっても…)」

和「……」

和「(なにこの能力…)」シクシク

唯「ああっ!?泣き止んで和ちゃん!」


さわ子「…真鍋さんが不登校になったりしたら殺すわよ」ギロッ

犬丸「あぅぅ…!見た目だけで与える能力を決めなきゃ良かった…!」

153: 2010/10/03(日) 23:55:46.19 ID:4sEC0St3O
第二話終了です!

この能力ここで出して良かったのかな…


今から夜勤なので今日はすいませんがここまででお願いします><
書きためは無いですが書ききる気はあるので良かったら朝まで残していただけたらと思います

188: 2010/10/04(月) 07:57:09.31 ID:uNs3SBiGO
第三話

お嬢様の法則!


よくじつ!
しょくいんしつ!

さわ子「…まさか真鍋さんも能力者に選ばれてたなんてね…」

和「それじゃあ…やっぱり…」

さわ子「ええ思ってる通りよ。唯ちゃんも能力者。担当は私」

さわ子「犬丸から聞いたと思うけど唯ちゃんに能力使っても才が減らなかったのが良い証拠ね」

和「私にも何か普通の能力ください」

さわ子「能力は一人一つまでよ」

和「……」シクシク

さわ子「うん…気持ちはわかるんだけど…ルールだから…」

唯「?」

190: 2010/10/04(月) 08:04:24.81 ID:uNs3SBiGO
唯「えーと…つまり和ちゃんも私と同じちょーのうりょくしゃ?」

さわ子「そういうことね。二人は昨日ちゃっかり初バトルをしてたのよ。全く…ヒヤヒヤしたわ」

唯「バトル?」

さわ子「…そろそろ唯ちゃんにも説明しておいた方が良いかしらね…だいぶ出揃ってきたみたいだし…」

和「能力者バトル…のことですか?」

さわ子「ええ、その通り。真鍋さんはもう知ってたのね」

和「いえ…犬丸さんに説明だけは受けていたんですが…如何せん信じがたい話で…」

さわ子「…そう思うのが普通よね…あんな能力を与えられてもね…」

和「…はい」

唯「……」

唯「ねぇねぇ」

さわ子「あっ、ごめんね唯ちゃん。今説明するから…」

唯「和ちゃんの能力ってどんなのなの?」

さわ子&和「……」

さわ子&和「えっ」

191: 2010/10/04(月) 08:11:36.45 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~~

唯「あー!つまり私はあの時、和ちゃんのメガネにドキドキしてたのか!」

和「ちゃんとセリフまで言ったのに能力として認識してもらえてなかった…」シクシク

唯「でも凄い能力だね!私なんて木を出すことしか出来ないし!」

和「そっちの方が良いわよ…緑も増えるし…」

さわ子「真鍋さん自分に負けちゃダメ!緑が増えるのも素敵なことだけどメガネ属性が増えるのも素敵なことだと思う!…私もメガネだし」

和「そう…ですかね?」

さわ子「そうよ!これからの時代はメガネキャラよ!」

和「…!先生っ!」ヒシッ!

さわ子「真鍋さんっ!」ヒシッ!

唯「(青春だなぁ)」

192: 2010/10/04(月) 08:19:33.47 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~~

さわ子「…こほん。それじゃあ真鍋さんも落ち着いたことだし能力者バトルについて説明するわよ?」

和「私としたことがつい我を忘れて…」ズーン…

唯「人間だもん。そんな時もあるよ!」

さわ子「大まかな説明をすると、あなた達の他にも私や犬丸以外の奴から能力を与えられた学生が複数人存在するの」

さわ子「あなた達はその能力者達と自身の能力を使って戦い勝ち残ることが目的」

さわ子「最後まで勝ち抜いた…いわば優勝者の子には空白の才が与えられるわ」

和「空白の才?」

さわ子「才の説明は受けたわよね?空白の才は自分の手に入れたい才能を本当に手に入れることが出来る…いわば魔法のランプみたいなものよ」

さわ子「ランプと違って一度使ったらそれきりだけどね」

和「手に入れたい才能が手に入る…」

唯「ほえー…」

193: 2010/10/04(月) 08:26:05.29 ID:uNs3SBiGO
さわ子「まぁ、これが私があなたに能力を与えた理由。わかった唯ちゃん?」

唯「えーと…とりあえず他のちょーのうりょくしゃと戦って勝てば良いんだよね?」

さわ子「うん。そういうこと」

唯「でも…さわちゃん先生、もう木で人は殴るなって…」

さわ子「それは一般人の話。能力者は殴っても罰は無いわ。むしろ能力者は思いきり殴っちゃいなさい!」

和「教育者とは思えない発言ですね…」

唯「そっかぁ…でも私にバトルなんて出来るのかなぁ…」

さわ子「(…それに関しては能力的に私もちょっと不安があったんだけど)」

さわ子「(自然公園でのりっちゃんを助けた時の能力を使い方を見る限り…案外良いとこまで行ける気がするのよね~…)」

194: 2010/10/04(月) 08:35:04.13 ID:uNs3SBiGO
唯「とりあえずこのちょーのうりょくに関してはなんとなくわかったけど…」

さわ子「ん?なにかまだ気になることがある?」

唯「さわちゃん先生はどうして私にちょーのうりょくをくれたの?」

さわ子「…!」

さわ子「それは…」

和「先生…」

和「(唯に能力を与えたということは、やはり先生も犬丸さんと同じ…)」

さわ子「(うーん…今までの経験上…理解してもらうのに時はまたちょっと時間がかかりそうね…)」

さわ子「(ここはどうにか上手く…)」

さわ子「お、大人になったらわかることよ!唯ちゃんには残念ながらまだ早いの!」アセアセ

和「ええっ!?」ガビーン

195: 2010/10/04(月) 08:44:07.34 ID:uNs3SBiGO
和「(先生…それは流石に…)」

唯「……」

さわ子「(や、やっぱり無理があったかしら…?)」アセアセ

唯「そっかぁ…年齢制限があるなら仕方ないね…」

和「(騙されたぁ!?)」

さわ子「そ、そうなのよー!唯ちゃんが20歳になった時にまた教えてあげるからね!」

唯「はぁい!それまでは我慢しまーす!ねっ!和ちゃん!」

和「えっ!?あっ…」

和「(そうか…先生の設定だと私も知らない前提なのね…)」

和「…そうね。同窓会の楽しみにでもしておきましょうか」

さわ子「(ナイス!真鍋さん!)」

和「(それに唯に話すようなことでも無さそうだしね…)」

和「(唯にとっての先生はさわちゃん先生のまま変わらないだろうしね…)」

和「(それよりも能力者バトルかぁ…)」

和「(…どうすんのよ私の限定条件…)」シクシク

200: 2010/10/04(月) 08:56:15.47 ID:uNs3SBiGO
ことぶきけ!

斎藤「失礼しますお嬢様。ディナーの準備が整いましたので…」

紬「ありがとう斎藤。すぐに向かうと皆様に伝えておいて」

斎藤「かしこまりました。それでは…」

ガチャ

斎藤「……」

斎藤「(今日も切り出すことが出来なかった…)」

斎藤「(空白の才と神候補をかけた能力者バトルはもう始まりを迎えようとしているのに…)」

斎藤「(しかし…やはりお嬢様を戦場の場へと連れ出すのは…)」

斎藤「(…辞退すべきか)」

紬「……」

222: 2010/10/04(月) 13:38:59.03 ID:uNs3SBiGO
よくじつ!
ほうかご!

律「さてと…今日の部活動は終了!そんじゃあ帰ろうぜ!」

唯「あっ、ごめーん。私、今日は和ちゃんと一緒に帰る約束があるんだー」

律「和と?昨日といいお前ら最近ベッタリだなぁ」

澪「まぁ幼なじみだし別に変なことじゃないだろ」

律「まぁ、それもそだな」

そんな中、梓だけは面白くないと思っていた

梓「だから勝手なモノローグ入れないで!?」

澪「それじゃあ唯。また明日な」

唯「うん!みんなバイバーイ!」

紬「……」

223: 2010/10/04(月) 13:43:01.10 ID:uNs3SBiGO
唯「和ちゃんお待たせー!」

和「ううん、私も今来たところよ」

唯「そっか良かったぁ!」

和「それじゃあ帰りましょうか」

唯「うん!」



?「……」

?「あれがあの人の言ってた平沢唯ですね?」

?「なーんだ!とっても弱そうじゃないですか!」クスクス

224: 2010/10/04(月) 13:51:22.91 ID:uNs3SBiGO
かえりみち!

~~~~~~~~~

和「…それで能力者バトルことを考えて今後の対策を立てたいと思うんだけど…」

唯「とりあえず能力者だったら木で殴れば良いんだよね!」

和「いや…まぁ、そうなんだけどさ…」

和「正直私たちの能力はあまり実戦向きじゃないと思うの」

和「唯の木の能力は相手を殴ったりとか出来ると思うけど…正直それだけな気がするの」

和「炎とか雷とか…そういった能力者に襲われた時にとても対応出来るとは考えにくい」

唯「ほぅ!」

和「まぁ、それでも私の能力は戦えると思うんだけどね…私、相手にぶりっこポーズさせないといけないし…」

唯「うーん…難儀だねぇ」

225: 2010/10/04(月) 13:57:01.95 ID:uNs3SBiGO
和「結論から言えばバトルは避けて他の能力者同士でつぶし合うのを待つのが一番だと思う」

和「それでも戦わざるを得なくなった時にどうするか…ってことなんだけど唯は何か意見ある?」

唯「うーん…能力者だと思ったらとりあえず殴る!」

和「通り魔!?…いや、それだと一般人だった時のリスクが…うーん…でも、それもアリ…?」

?「ねぇねぇ!そこのあなた達!」

唯&和「ん?」

226: 2010/10/04(月) 14:03:34.79 ID:uNs3SBiGO
ベッキー「ちょっとウチに付き合って欲しいんですがいいです?まぁイヤと言われても付き合ってもらうんですけど!」クスクス

唯&和「……」ジーッ

ベッキー「ん?なんです?ジーッと見て…」チョコン

唯「どうしたの?お嬢ちゃん?迷子?」

ベッキー「なっ!?」ガーン

和「こら、唯。ダメよ」

唯「えっ?」

ベッキー「そ、そうです!ウチは子どもじゃ…」

和「どう見ても英国の子どもなんだから英語で話しかけてあげないと。メイアイヘルプユー?」

唯「あっ、そっかぁ!」

ベッキー「……!!」ワナワナ

227: 2010/10/04(月) 14:12:43.90 ID:uNs3SBiGO
ベッキー「…ウチは女子高生です…子どもじゃないです…」ワナワナ

唯&和「……」

和「背伸びしたい年頃なのかしらね」

唯「多分背伸びしてもちっちゃいよ?」

和「いや、そういう意味じゃ…まぁ似たようなものか」

ベッキー「…むきー!!!」ブチッ

ベッキー「ウチの話を真面目に聞けです!あと、ちっちゃいって言うなです!!」カチャ…

唯「わっ!?この子エアガン持ってる!こらー!エアガンは人に向けちゃダメなんだよー!」プンスカ

和「…待って唯。この子何か様子が変よ…!?」

ベッキー「ムカつくからさっさと始末してやるです!!くらえ!BB弾を…」

ベッキー「隕石に変える能力!!」チュドーン!!!

唯&和「!!」

228: 2010/10/04(月) 14:20:21.16 ID:uNs3SBiGO
ベッキー「……」

ベッキー「…チッ。避けられましたか…」

唯&和「……!」ハァハァ…

唯「さ、最近のエアガンの玉はあんなに…大きいもの…なの…?」ハァハァ…

和「い、いや今も昔も…変わらないと思う…わ」ハァハァ…

唯「じゃあ…もしかしてこの子…」

和「ええ…能力者ね……困ったことにね…」

ベッキー「フフン!次は当ててやるんですから!」

和「(しかも相当強い能力を持ってる…!多分逃げられない…最悪の状況…!)」

229: 2010/10/04(月) 14:29:21.48 ID:uNs3SBiGO
ベッキー「ん?なんです?たかたが隕石一発でびびってしまいました?キャハハハ!腰抜けさん達ですね!」

ベッキー「(メガネかけてる一見才の多そうな方が平沢唯さんですかね?あの人はなんでこんな雑魚な人を仕留めろと命令したんですかね?)」

唯「こ、こんな小さな子も能力者だなんて…卑怯だよ!普通の子どもだと不意打ちで殴れないよ!」

ベッキー「…!」ピキッ

ベッキー「(こっちの頭悪そうで才の少ない人は一々腹が立ちますね…!)」ビキビキ

ベッキー「だから小さいって言うなです!今、その減らず口を黙らしてやりますよ!」カチャ…

和「(うっ…!マ、マズイ…今度は避けられるかどうか…)」

唯「…むっ!?」

ベッキー「BB弾を隕石に……変えるちからぁ!!」ドコーン!!!

230: 2010/10/04(月) 14:33:55.27 ID:uNs3SBiGO
唯「…ストラーイク!!」パァァッ…バキッ!!!

和&ベッキー「えっ!?」

唯「うぬぬぬ…!」ググク…

唯「…ホームラーン!!!」カキーン!!!

ベッキー「なぁっ!?」ガビーン

和「……」

和「(木で隕石を打ち返したぁ!?)」

唯「ふんす!!」フンス!

231: 2010/10/04(月) 14:42:51.52 ID:uNs3SBiGO
キラーン…

和「(は、遥か遠くまで吹き飛ばした…)」ポカーン

ベッキー「(う、ウチの隕石が…あんな木の幹1つで返された…!?)」

ベッキー「(あのバカっぽい人…一体!?)」

唯「……」

唯「(腕、いたーい…)」ビリビリ…

ベッキー「(いや、偶然です!たまたま良い角度で叩いたから木が折れずに遠くまで飛んでいっただけ!)」

ベッキー「どこまでも癪に触る方です!次は二連射して今度こそ確実に仕留めてやるです!!」カチャ…

和「に、二連射!?」

和「(ゆ、唯…!!)」

唯「(う…腕が痺れて動かない…)」

和「(なんか凄いダメそう!?)」ガーン

ベッキー「死んでしまぇ!!」

和「(万事休す…!!)」

238: 2010/10/04(月) 15:54:01.89 ID:uNs3SBiGO
ベッキー「BB弾を隕石に変える能力!二連射」ドコーンドコーン!!!!!

ベッキー「アハハ!!流石にこれは打ち返せないでしょ!?避けることも不可能ですけどね!!」ケラケラ

ベッキー「少し手間がかかりましたが、あの人の兵隊である、このベッキー・ウォルフにかかればこんな虫ケラ達…」

ベッキー「……!?」

ガラーン……

ベッキー「(い、いない!?そ、そんなバカな!?)」

ベッキー「(何処かに隠れた!?いや、そんな時間は無かったはずです!)」

ベッキー「(まさか発射の衝撃だけで吹き飛んだ?…なんて、ありえねーです!)」

ベッキー「(一体何処へ…!?)」キョロキョロ

「何処を見ているの?」

ベッキー「!?」クルッ…

239: 2010/10/04(月) 16:06:48.56 ID:uNs3SBiGO
紬「私たちはさっきからずっとあなたの後ろにいるのに」

ベッキー「なっ!?」

唯「む、ムギちゃん…?」ポカーン

和「ムギ…?」ポカーン

ベッキー「ふ、二人ともいつの間にウチの後ろに!?」

ベッキー「ていうか、そっちの眉毛さん!あなたは誰です!?どこからわいて出てきたですか!?」

紬「あら?正面から出てきたんだけど…もしかして気づかなかったかしら?」

ベッキー「むきー!!ワケわかんねぇこと言ってんじゃねぇです!!あなたもこの人たちの仲間ですか!?」

紬「ええ、そうね。二人とも私の大事な友達なの」

ベッキー「ハン!なら三人仲良くまとめてあの世に送ってやるです!!ここからなら三人共避けられないでしょう!」カチャ

和「ま、まずい…また…!」

ベッキー「くらえ!BB弾を隕石に…」

ベッキー「変え…ぐはっ!?」バキッ!!

唯&和「!?」

240: 2010/10/04(月) 16:16:02.98 ID:uNs3SBiGO
紬「遅いわ」

ベッキー「い、いつの間に…ふところに!?」ガクガク

唯&和「……」

和「(な、何!?今のムギのフットワーク!?人間の出せるスピードじゃないわよ!?)」

唯「すごーい!!ムギちゃん足はやーい!!」

ベッキー「あなた…一体…!?がはっ…!」バタッ…

紬「…琴吹紬。ここにいる二人と同じ選ばれた能力者…」

紬「能力名は…なんていうのかしら?あなたが言った言い方を真似すると…」





紬「…一秒を十秒に変える力とでも言うのかしらね?」

241: 2010/10/04(月) 16:21:56.63 ID:uNs3SBiGO
和「……」ポカーン

紬「あっ!二人共大丈夫!?怪我は無い!?」

和「あっ…私は大丈夫…」

唯「私も大丈夫!ありがとうムギちゃん!」

紬「良かったぁ…」ホッ…

和「(一秒を十秒に変える能力…?)」

和「(じゃああの時、隕石を避けられたのは相手の一秒間で十秒動ける余裕があったから…?)」

和「(その十秒間の間に私と唯も避難させて…)」

和「……」

和「なにそれずるい!凄いカッコいい能力じゃないのよ!!」

紬「わっ!?いきなりどうしたの…?」

243: 2010/10/04(月) 16:27:10.19 ID:uNs3SBiGO
紬「…それにしてもホントに間に合って良かったわぁ…」

和「ムギはどうしてここに…?」

紬「何気なく空を見上げていたら隕石が空を飛んでいて…なんだか胸騒ぎがしたの。それで急いで飛んできたら二人が小さな子どもに襲われていて…」

唯「あっ、私がホームランしたやつだ!」

紬「ええっ!?あんな大きな隕石を!?凄いわ唯ちゃん!」

唯「えへへー」

和「……」

和「私の能力の存在価値ってなんだろう…」シクシク

245: 2010/10/04(月) 16:35:50.71 ID:uNs3SBiGO
紬「それにしても…やっぱり二人は能力者だったのね」

唯「えっ?ムギちゃん気づいてたの?」

紬「なんとなくね…唯ちゃんがゴミを木に変えた瞬間を見たあの時から実は私も今の能力を持ってたの」

紬「最初は単なる不思議な特技!ってだけにしか思ってなくて気にも留めてなかったんだけど…」

紬「ここ最近の唯ちゃんやさわ子先生…それに和ちゃんを見てたらこの能力には何か意味があるんじゃないのかと思ってね」

紬「この能力を与えてくれた執事の斎藤に問いただしてみたら…ね」

和「自分は能力者バトルに選ばれた子どもだと知ったってわけね…」

246: 2010/10/04(月) 16:43:17.65 ID:uNs3SBiGO
紬「最初は能力者バトルなんて言われても実感が湧かなかったんだけど…」

紬「さっきの隕石を使う能力の子を見て実感したわ…ホントにそんな戦いの選手に選ばれてしまったんだって…」

和「うん…確かににわかに信じがたいことだったけど私もこうして襲われて実感したわ…」

和「みんな空白の才やら神候補を目指してつぶし合ってるんだって…」

和「全く…明日から今日みたいなのが毎日続いちゃうのかしらね…」ハァ…

紬「……」

紬「大丈夫。あなた達二人は私が守るわ。大切な友達だもの」

和「む、ムギ…」

紬「今までの平和な生活は壊させはしないから…ねっ?」ニコッ

和「……」

和「(…天使に触れたわ)」

249: 2010/10/04(月) 16:49:46.85 ID:uNs3SBiGO
唯「じゃあ私も和ちゃんとムギちゃん守るよ!」フンス!

紬「ゆ、唯ちゃん…///」ジーン…

紬「…ありがとう!お互いに支え合ってこのバトルを生き残りましょうね!」

唯「うんっ!」

唯&紬「えへへー///」

和「……」

和「(平和なのは良いけど守られる以外の選択が無いのもそれはそれで…)」シクシク

紬「それより斎藤ったら酷いのよー!能力だけ与えておいて、こんな大事なことをずっと黙ってて…」


さわ子「凄いわね、あの能力…優勝候補じゃない」

斎藤「うーむ…私としては紬お嬢様に戦いの場はなるべく避けたかったのですが…」

251: 2010/10/04(月) 16:54:18.41 ID:uNs3SBiGO
さわ子「あの能力なら並の能力者ならムギちゃんに傷一つつけられないわよ!心配しないでも大丈夫でしょ!」

斎藤「ですが…やはり…」

さわ子「私の唯ちゃんもいるし万が一とか絶対に無いわよ!」

さわ子「しかし実戦は初めてなのに隕石を打ち返すとはなかなかやるわねー…」

さわ子「……」

さわ子「…出番が無さ過ぎて真鍋さんが鬱になったりしたら殺すわよ?」

犬丸「あぁ~!!こうなったらペナルティ覚悟で違う能力も…いや、しかし地獄に落ちるのは…!」

252: 2010/10/04(月) 16:56:56.12 ID:uNs3SBiGO
第三話終わりです!

和ちゃんに続いてまたチート級の能力にしてしまった…

一度また構想を練りたいので休憩させてください><

今日はまだ完結といきませんが予定ではどうにか1スレで終わるようにコンパクトにまとめる方向です

286: 2010/10/04(月) 20:32:51.55 ID:uNs3SBiGO
第四話

後輩の法則!

~~~~~~~~~

?「…それで?結局バトルに負けて能力を失っただけの状態で帰ってきちゃったの?」

ベッキー「ご、ごめんです…途中に邪魔が入ってしまい…」

?「へぇー…その人そんなに強かったんだ?どんな人?」

ベッキー「き、金髪で眉毛が太い人で…能力は肉体強化系的な感じで…」

?「……」

?「わかった。ありがとう。もう帰っても良いよ」

ベッキー「えっ!?そ、そんな…もう一度だけ…」

?「もう能力失ってるくせにチャンスなんてものが存在すると思ってるの?…早く消えないと殺すよ?」

ベッキー「ひっ!?す、すぐに帰るです!ど、どうか見逃してください!」ガクブル

?「(その能力…早めに潰しておいた方が良さそうだね)」

288: 2010/10/04(月) 20:35:42.99 ID:uNs3SBiGO
ほうかご!

律「唯とムギ…今日は一緒に…」

唯「あっ、りっちゃんごめんっ!」

紬「私たち今日も和ちゃんと三人で帰る約束があって…」

唯&紬「それじゃあまた明日ねっ!」

律&澪「……」

眉毛とメガネ…私の唯先輩を誑かして一体…

梓「だからやめてくださいってば!?」ムキー

289: 2010/10/04(月) 20:41:10.59 ID:uNs3SBiGO
律「…なーんか、また最近おかしくね?」

澪「うん…唯だけのうちは気にならなかったけどムギまで最近、和と一緒に帰るようになったのは…」

律「…こりゃ三人共、男か…」

梓「そんなことないですってば!?」

澪「いや…私も流石に何かあるようにしか思えないな…私たちには多分言えないような何かが…」

梓「澪せんぱーい…」

律「…また、ちょっと後でも付けてみるか?」

梓「そうしましょう!」

澪「早っ!?」

290: 2010/10/04(月) 20:48:06.77 ID:uNs3SBiGO
かえりみち!

和「…しかしムギったらここ3日間で5人もの能力者を倒しちゃうんだから驚きよね…」

紬「そんなことないわ。唯ちゃんのフォローがあってこその結果だもの。私一人の力じゃないわ」

唯「えへへー誉められた!」

和「…どうせ私は未だに唯以外じゃ能力使用回数は0回よ…」シクシク

唯「大丈夫!そのうち絶対ぶりっこポーズで攻撃してくる能力者も出てくるよ!」

和「逆にイヤよ…そんな相手…」シクシク



律「能力…がなんだって?」

澪「いや…よくわからない…」

梓「ぶりっこポーズってなんですかね?」

292: 2010/10/04(月) 20:55:46.78 ID:uNs3SBiGO
紬「そ、それよりも今日は平和ねー!誰も能力者が襲ってこないし!」

和「襲ってきてもムギが一人で瞬殺よ…」イジイジ

紬「あぁっ!?和ちゃんがイジケモードに!」

唯「ありゃりゃー…最近多いんだよねぇ…」


澪「な、なんか瞬殺とか物騒な単語が…」アワアワ

律「…ストリートファイトでもして金稼いでんのか?」

梓「そういえばムギ先輩って怪力なんですよね…ってイヤイヤ!ストリートファイトとかどこのスラム街ですか!?」

律&澪&梓「(うーん…謎は深まるばかりだ…)」


「おねーちゃーん!!」

唯「お?」

298: 2010/10/04(月) 21:05:23.56 ID:uNs3SBiGO
梓「あれは…憂と純?こんな時間に二人で帰ってるなんて珍しい…」


憂「お姉ちゃん!」

唯「おりょ?憂?帰り道で会うなんて偶然だね!それと…」

純「あっ純です。鈴木純。こんばんはー」ペコッ

唯「そうだ純ちゃんだ!こんばんはー!」

憂「ムギ先輩に和ちゃん。こんばんはー」ペコッ

和「こんばんは憂。帰り道で会うなんて珍しいわね」

紬「確かにそうねー 。さっきまで学校にいたの?」

憂「あっ、はい!彼女のジャズ研が終わるのを待ってて…たまには一緒に帰ろうかな。みたいな」

純「憂と一緒に帰るなんて久々だよねー」

憂「ふふっ、そうだね」

紬「……」

299: 2010/10/04(月) 21:12:44.64 ID:uNs3SBiGO
紬「そうなんだー。それでその帰りに偶然私たちを?」

純「はい!憂ったら平沢先輩見つけた瞬間に笑顔になっていきなり走りだして…」

憂「も、もうっ!やめてよー///」

唯「そうなの?えへへー///憂かわいいー!」ギューッ…

憂「わぷっ…お姉ちゃん///」


そういえば最後に唯先輩に抱きしめられたのはいつ…ってぇ!?

梓「律先輩!いい加減殴りますよ!?」プンスカ

律「殴ってから言うなー!全くなんて奴だー!!」ムキー

澪「いや律の自業自得だろ…」

300: 2010/10/04(月) 21:21:23.40 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~

紬「それじゃあ私はこっちだから…また明日ね!」

和「うん。またね」

唯「ムギちゃんバイバーイ!」

憂&純「さようならー!」


律「ありゃ?ムギの奴、自分の帰路に…」

澪「解散…か?…特に何も無かったな」

梓「だから言ったです!男なんていないって!」

律「はいはい、悪い悪い」

律「(うーん…何かあると思ったんだけどなぁ…)」

律「(能力って言葉も出てきて…唯の木の力の秘密でもわかるんじゃないかと思ったけど…)」

律「(まぁ、何も無いなら無いでそれでいいか)」

律「んじゃあ私たちも今日は帰るべ?」

303: 2010/10/04(月) 21:35:24.36 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~

紬「……」

?「……」

紬「…いつまでそうやって私の後を付けてるの?」

?「…!!」

紬「私が一人になるのを最初からずっと狙っていたわね」

紬「…憂ちゃん」

憂「…ムギさん。いつから気づいていたんですか?」

紬「単純なこと。今日はジャズ研の活動はおやすみだったはず。なのにこんな時間まで鈴木さんを待っていた…なんてバレバレな嘘をついたからよ」

憂「…私も彼女も嘘をつくのが苦手なんですよね。素直な性格だから」

紬「そこをどいて憂ちゃん。私、唯ちゃん達のところに戻らないと」

憂「大丈夫ですよ。お姉ちゃん達には純がいます」

憂「…だからムギさんは私と遊んでもらって良いですか?」

紬「…どいてもらえないなら実力行使で行くわよ?」

紬「(唯ちゃん、和ちゃん…それまで無事でいて…!)」

305: 2010/10/04(月) 21:44:42.57 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~

唯「憂が忘れ物なんて珍しいなぁ。一人で行っちゃったけど大丈夫かなぁ?」

和「そうね…もうすぐ外も暗くなるし今からでも追いかけて…」

純「いや?そんな必要無いと思いますよ?今頃もう忘れ物の回収に取りかかっているはずですから」

唯「えっ?もう学校に着いてるころ?それはいくらなんでも早すぎると思うなー」

純「そうですね…速すぎるという噂の琴吹先輩がいない今こそ先輩方を倒すチャンスってやつですね…!」スッ…

和「…!?」

唯「えっ?」

和「唯!彼女から離れて!」




純「口笛をレーザーに変える能力!!」ピィッ…!

309: 2010/10/04(月) 21:53:10.46 ID:uNs3SBiGO
和「あぶない唯!」ダッ…

唯「わっ!?」

バシュッ…!!

和「ぐっ…あぁっ!!」バタン…!

唯「…えっ」

唯「…の」

唯「和ちゃんっ!!!」ダッ…

純「あらら…平沢先輩に当たらなかったよー。でも次は…」

和「くぅ…っ…!」

唯「和ちゃん!大丈夫!?和ちゃん!?」

唯「(わ、私がどんくさいせいで…和ちゃんが…!)」ガクガク

和「大丈夫…カスっただけ…そ、それよりも第二波…来るわよ!」

唯「!!」

純「口笛をレーザーに変える能力!」ピィッ…!

313: 2010/10/04(月) 22:04:17.88 ID:uNs3SBiGO
唯「(あの子も能力者だったんだ…!)」

唯「(もっと私が早く気づいて対応出来ていたら…!)」

唯「くっそぉ!!」パァッ…グクグ…

純「(それがベッキーの隕石を打ち返した木の幹ですか?結構大きさがありますね!当たると痛いんだろうなぁ…)」ピィッ…

唯「あったれぇ!!」ブンッ…!

純「(まぁ、だからなんだって話ですけどね!)」ピィィッ…!

バシュッ!!…ドーン!!

唯「うわっ!?木が真っ二つになっちゃった!?」

純「私のレーザー光線はダイヤモンドさえ千切ることが出来ます」

純「木の幹如き…いつでも粉微塵に出来ますよ!」フフン

唯「えぇっ!?じゃあもしかして私ピンチ!?」ガーン

和「(…マズい…あの子…強いっ…!!)」

317: 2010/10/04(月) 22:11:48.23 ID:uNs3SBiGO
純「うーん…正直あんまり強いって感じしないなぁ…」

純「なんで憂は…っとと…危うく口が滑るとこだった…」

和「(憂…?)」

和「憂も…この能力バトルに参加しているの…?」

唯「えっ?」

純「……」

和「憂が私たちを襲うことを指示したの…?一体…」

純「おしゃべりはここまでです。うるさいからあなたから始末しちゃいましょうか」スッ…

和「…!!」

322: 2010/10/04(月) 22:18:57.11 ID:uNs3SBiGO
純「口笛をレーザーに…」

唯「やめて!!」

純「…平沢先輩」

和「ゆ、唯…」

唯「あなたの相手は私だよ!和ちゃんには手を出すなぁっ!」フンス

純「…まぁ、本来の目的は平沢先輩ですからね。別に良いでしょう」

純「そこで倒れてる人はいつでも始末出来ますしね」

和「くっ…!」

純「でも、どうするつもりですか?勇ましいのは良いですが先輩の攻撃は私には届きませんよ!」

唯「……」

唯「…そうだね。だから悪いけど私も今から本気を出しちゃうんだからねっ!」フンス

純&和「!?」

325: 2010/10/04(月) 22:27:48.96 ID:uNs3SBiGO
純「(本気…?まだ何か手があるというの?)」

純「(いや平沢先輩の能力にそれほど応用力があるとは思わない…ハッタリだ!)」

唯「……」フンス!

和「(いや…嘘をついているような眼には見えない…!)」

和「(唯…あなた一体どうするつもり…!?)」

純「…その無駄に自信満々な態度…ムカつくなぁ…!すぐに打ち崩してあげますよ!」スッ…!

唯「…!!」パァッ…

純「(ここで能力を使おうとしている…あくまでレーザーと ぶつけ合う気ですか…)」

純「そんなの無駄なのにさぁ!」

純「トドメです!口笛をレーザーに…変えるちからぁっ!!」

331: 2010/10/04(月) 22:39:46.14 ID:uNs3SBiGO
純「(これでトドメです!)」ピッ

ゴォォォッ…!!

純「…ん?なんか辺りがいきなり暗く…」

和「あ…わ…わ…!?」ガクガク

純「えっなに?…上に何か…?」スッ…

純「…!?」

ドスーン!!!!

純「がっ!?…はっ!?」メキメキッ…!!

純「(た、大樹から上から…降ってきたぁ…!?)」バキボキッ…!!

335: 2010/10/04(月) 22:45:25.16 ID:uNs3SBiGO
唯「正面がダメみたいなので上から攻めてみました!」フンス!

和「唯の能力…木を生んで殴る以外に木を生んで飛ばすことも出来るの…?」

和「(しかも…あんな大樹を…)」

純「そ…そんなの…聞いて…な…」ガクッ…

唯「そりゃ誰にも言ってないもん!使うのも初めてだし!」フンス

和「(バトルの中で閃いて生み出した技…!?)」ガビーン

和「(出せる保証も無い…全くのギャンブルだったというの…)」ポカーン

唯「しかし、ちょっと大きく作り過ぎちゃったなぁ…」

純「」

唯「生きてる?」

和「軽っ!?」

337: 2010/10/04(月) 22:57:17.19 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~~

ピーポーピーポー…

和「骨と言う骨が粉砕骨折…とりあえずトラックの轢き逃げあったと説明しておいたけど…」

和「トラックに轢かれたとはいえ、あまりにも酷い状態で生きているのが不思議なぐらいだって…」

唯「そっかぁ…見かけによらず凄い生命力なんだね!」

和「アンタもう少し罪悪感持ちなさいよ!?下手したら殺してしまってたのよ!?」

唯「ううっ…そうだよね…ごめんなさい…」

和「…まぁでも…あの状況を打開する為にはさっきの技ぐらいしか無かっただろうし…」

和「唯に限って殺意があったわけじゃ無いだろうしね…今回はもうこの話はこれでおしまい!」

和「(実際唯があの子を倒さなきゃ私たちが殺されていたかもしれないしね…)」

唯「ホント!?良かったぁ…あんまり怒られないで済んだよ~…」ホッ…

和「でも今後はなるべく使わないように!人殺しなんて唯だってイヤでしょ!」

唯「は、はいっ!了解であります!」ピシッ!

和「…もう」

和「(そういえばムギと憂…二人は今…?)」

338: 2010/10/04(月) 23:01:37.97 ID:uNs3SBiGO
~~~~~~~~~

紬「…くっ!」ハァハァ…

憂「ふふっ…随分と粘りますねムギさん…」ハァハァ…

紬「(憂ちゃん…この子の能力は一体…!?)」

憂「(純ちゃんが遅い…しくじったかな…)」

憂「(お姉ちゃん…)」

憂「(やっぱり私が直接手を下さなきゃダメなの…?)」

340: 2010/10/04(月) 23:04:42.11 ID:uNs3SBiGO
第四話終了です!

相変わらず書きためは無いですが構想では多分六話か七話あたりで終わる予定です

今日も夜勤の為、今日はすいませんがここまででお願いします><

残っていればまた明日も遅くても昼過ぎからには書けると思います

それではよろしければまた明日><

376: 2010/10/05(火) 06:55:47.52 ID:pxRyR6HlO
第五話

平沢憂の法則!

~~~~~~~~~

憂「さてとムギさん…続きを始めましょうか」

紬「…!!」

憂「行きますよ…!電光石火(ライカ)!」ヒュンッ…

紬「…!!」

紬「(速いっ…!)」

紬「…一秒を十秒に変える能力!」

憂「快刀乱麻(ランマ)!」シュッ…

紬「…くっ!」ヒョイ…

憂「間一髪避けましたか…やはりその能力は少々厄介ですね」

紬「(超高速で移動したこと思えば大きな剣も出してくる…)」

紬「(憂ちゃんの能力は一体…?)」

378: 2010/10/05(火) 07:04:45.16 ID:pxRyR6HlO
憂「でも段々と攻撃を避けるのに余裕が無くなってきてますね」

憂「私の電光石火がムギさんの能力の時間に追いつくのもそろそろでしょうか…?」

紬「…!!」

紬「(しかもあの高速移動…私の能力の中を使ってやっと眼で追える速さになる…)」

紬「(しかも段々とその速度は増してきて私の10秒に近づいてきている…)」

紬「(次の一撃は避けられるかどうか…)」

紬「(…それにしても能力…何故あのスピードであんなにも小回りが利くの…!?)」

憂「……」

憂「ふふっ。何故そのスピードでそんなにも小回りが利くのか…って顔してますね?」

紬「…!!」

380: 2010/10/05(火) 07:12:06.51 ID:pxRyR6HlO
憂「普通現実でこのスピードで動いていたら小回りが利かず方向転換する時にどうしても大きな隙が生まれちゃいますよね」

憂「でも何故か私はこのスピードで移動しても小回りが利き方向転換しても大きな隙が出来ない」

憂「…まさに理想的ですよね」ニヤリ

紬「…!?」

紬「まさか…あなたの能力は…」

憂「気づかれましたか?電光石火や快刀乱麻はあくまで私が元々持っている特殊能力で神候補から与えられた能力ではありません」

憂「これらは神器って言うんですけどね」

紬「神器…?」

憂「そして私はその神器に能力を加え理想的な神器を使ってムギさんと戦っていました」





憂「私の能力は理想を現実に変える能力です」

383: 2010/10/05(火) 07:20:58.93 ID:pxRyR6HlO
紬「理想を現実に…変える能力…」ゴクッ…

憂「素敵な能力だと思いませんか?…反面限定条件もなかなか厳しいんですけどね…えへへ…」

紬「(なんて能力なの…!限定条件こそわからないけと、それこそ私の能力に匹敵…いえ…)」

紬「(それに神器という謎の力も加えると最強の能力と言っても過言じゃないわ…!)」

紬「(その能力に…神器という力…)」

紬「(憂ちゃん…あなたは一体…)」

386: 2010/10/05(火) 07:29:03.34 ID:pxRyR6HlO
憂「まだ何か聞きたいことがある…って顔してますね?大方神器のことについてですかね?」

憂「別に説明しても構わないのですが…少々私も疲れちゃいました…ムギさんたらしぶといんだもん」

憂「これ以上バトルが長引くのはお互いにメリットも無いので…次で終わりにさせてもらいますね」

紬「…!!」

紬「(まずい…また高速移動で攻め込まれたら次は能力を使っても…)」

紬「…!?」ビクッ

憂「ふふっ」

紬「(しまった!?もう懐に…!!避けられない…!)」

憂「さようなら…ムギさん…!」ヒュン…

紬「…!!」グッ…

387: 2010/10/05(火) 07:36:00.14 ID:pxRyR6HlO
紬「……」

紬「……?」

憂「…間一髪でしたね」

唯「ムギちゃん!!」

唯「…憂っ!!」

和「憂…あなたは…」

紬「唯ちゃん…和ちゃん…」

憂「…ここまでですね。お姉ちゃんの前であなたを倒してしまうのはちょっと抵抗がありますから…」

唯「憂…どうしてムギちゃんを…」

憂「……」

憂「ごめんね…お姉ちゃん……」

憂「…電光石火!!」ヒュンッ…!

唯「あっ!?憂!?待って!」

唯「ういーー!!!」

389: 2010/10/05(火) 07:44:21.84 ID:pxRyR6HlO
~~~~~~~~~

唯「…大丈夫ムギちゃん?」

紬「ええ…なんとか…二人も大丈夫だった?」

和「ええ…鈴木さんは唯が倒してくれたから…」

紬「そっか…良かっ…うっ…!」フラッ…

唯「ムギちゃん!?」

紬「大丈夫…ちょっと長期戦で疲れちゃっただけだから…」

和「ムギがこんなにも苦戦するなんて…憂の能力って一体…」


さわ子「…あの子の能力については私達から説明するわ…」

犬丸&斉藤「……」

唯「えっ?…さわちゃん先生…?」

和「犬丸さんに斉藤さんも…?」

紬「(神候補が三人も集まって一体…?)」

唯「(…憂…一体何がどうなってるの…?)」

390: 2010/10/05(火) 07:46:59.98 ID:pxRyR6HlO
第五話終了です!

短めですいません><
とりあえず区切りが良いかなと…

すみませんが休憩がてら今日も昼過ぎまで少し寝かせてください…

今日も完結とはいかなそうですが夜勤が無いので進められるだけ進めたいと思います!

419: 2010/10/05(火) 18:59:52.93 ID:pxRyR6HlO
第六話

天界人の法則!


さわ子「……」

唯「さわちゃん先生…?」

さわ子「…まずは彼女の…憂ちゃんの能力について説明するわね」

さわ子「まずはバトルの為に神候補から与えられた能力…」

和「(まずは…?)」

さわ子「理想を現実に変える力」

さわ子「その名の通り憂ちゃんが描いた理想を現実のものに変えてしまう能力よ」

和「理想を現実に…なによそれ…反則じゃない…」

さわ子「確かに反則級な能力ね。ムギちゃんの能力と同等なぐらいに」

さわ子「でも、完璧な能力ではないわ」

422: 2010/10/05(火) 19:07:37.44 ID:pxRyR6HlO
さわ子「まず現実へと変えることが出来る対象は限られている」

さわ子「カップを落としても零れない紅茶…中に入って空に浮かぶことが出来るシャボン玉のように…」

紬「物の持つ性質を変えることが出来る能力であり、私の時間を変える能力を受けても私と同じ時間で動ける…っていう理想は無理なんですね」

さわ子「その通りよ。そういう意味じゃムギちゃんの能力の方が一見有利にも見えるけど…」

紬「…神器ですね?」

さわ子「…ええ。それについてはまた後で話すわ」

さわ子「そして彼女の能力のもう一つの穴…限定条件…これが問題よ…」

423: 2010/10/05(火) 19:13:50.00 ID:pxRyR6HlO
和「限定条件…?私の能力みたいに何か難しい条件が…?」

紬「そういえば憂ちゃんも厳しい限定条件があるとは言っていたけれど…戦っている時に何か特赦なことをしている様子は…」

さわ子「試合中に何か特赦なことをする必要は無いわ。本人の気持ち1つですぐに条件はクリア出来るもの」

和「…?それじゃあ欠点って一体…?」

さわ子「理想を現実に変える能力…その限定条件は」

さわ子「能力を使用するごとに己を寿命を一年削る…よ」

和&紬「…!?」

唯「……」

唯「えっ?」

424: 2010/10/05(火) 19:20:46.49 ID:pxRyR6HlO
さわ子「全く…とんでもない能力を与えた奴がいたもんだわ…まぁ、こんな能力を与えるような奴、私は一人しか知らないけどね…」

犬丸「…彼ですね」

斉藤「マーガレット殿…ですな…」

さわ子「アイツで間違いないでしょうね…」

さわ子「(マーガレット…神候補の一人であり…)」

さわ子「(そして…)」

唯「ちょ、ちょっと待ってよ!さわちゃん先生!!」

唯「寿命…寿命って一体どういうこと!?」

さわ子「……」

426: 2010/10/05(火) 19:30:03.10 ID:pxRyR6HlO
和「(唯…)」

紬「(唯ちゃん…)」

さわ子「…さっき言った通りよ。能力を使う度に憂ちゃんの寿命は一年減るの」

さわ子「…過度な使用は死に至る…両刃の剣よ」

唯「……」

唯「…憂の寿命は今、どうなってるの…?」

さわ子「…それはわからないわ。でも、こんな時に慰めの言葉を言っても仕方ないからハッキリと言うけど…」

さわ子「能力を使用する度に死に一歩近づく…それこそ次に能力を使用した時に死んでしまうかもしれない…」

唯「…!!」

和「そ、そんな…」

紬「そんな能力…どうかしてる…」

428: 2010/10/05(火) 19:41:06.10 ID:pxRyR6HlO
唯「…止めないと」

唯「憂を捜して止めないと!!」

和「そうね…そんな馬鹿げた能力をこれ以上あの子に使わせるわけにはいかないわ…!」

紬「ええ…今すぐにでも手分けして…!」

さわ子「焦っちゃダメ!…そんな能力を使っている以上、簡単に止められるような相手じゃないわ…」

さわ子「何かの覚悟のもとに使用しているはず…まず説得は通じないと思う…それが唯ちゃんでもね…」

唯「じゃあ叩いてあげないと!悪いことした妹はちゃんと私が叱ってあげなきゃ…!」

さわ子「……」

さわ子「…唯ちゃん、今から話すことをどうか落ち着いて聞いて欲しいの」



さわ子「あの子が神候補に与えられた力とは別にある…特殊な能力の話よ」

429: 2010/10/05(火) 19:50:05.68 ID:pxRyR6HlO
さわ子「…ムギちゃんはもう知っているわよね?」

紬「…神器ですか?」

さわ子「その通りよ。それが彼女の持つ特殊な能力の数々…」

さわ子「…天界人のみに与えられし神器よ」

和「天界人…?…えっ!?それって…!?」

紬「…!!そんな憂ちゃんは…!?」

犬丸&斉藤「……」

唯「…えっ?なに?みんなどうしたの?」

さわ子「そういえば…唯ちゃんには私達神候補のこと何にも説明してなかったっけ…」

さわ子「唯ちゃんよく聞いて…私達神候補三人…憂ちゃん…平沢憂は…」





さわ子「人間じゃありません」

431: 2010/10/05(火) 19:59:20.80 ID:pxRyR6HlO
和「憂…が…?」

紬「そんなことって…!」

唯「……」

唯「…何を言ってのさわちゃん先生?やだなぁ!憂は私の妹だよ~!」

唯「それにさわちゃん先生が人間じゃないって!どこからどう見ても人間じゃーん!!」

唯「いくら私が天然だからってそんな冗談に…」

さわ子「……」

唯「…騙されないんだからっ」

唯「だからさ!早く冗談って言ってよ!ほら、和ちゃんや紬ちゃんも黙ってないでさわちゃん先生に何か言ってやってよ!」

紬「唯ちゃん…おそらく先生の言ってることは…」

和「憂が…そんなっ…?」グスッ…

唯「……」

唯「…なんだよぉ、みんなして…」

唯「…憂は小さな頃からずっと一緒にいた私の家族だよ…?」

唯「……大事な私の妹なんだからぁっ!!!」

434: 2010/10/05(火) 20:06:24.16 ID:pxRyR6HlO
~~~~~~~~~

憂「……」

憂「ねぇ、お父さん」

マーガレット「……」

憂「私、もう覚悟を決める。お姉ちゃん…平沢唯を含めた全ての能力者を倒し貴方を神にしてみせる…」

憂「…だから舞台を用意してもらえないかな?」

憂「そこで全て終わらせてみせるから…」

憂「(お姉ちゃん…私は…)」

435: 2010/10/05(火) 20:09:23.05 ID:pxRyR6HlO
第六話終了です!

第五話に続き短めでしたが後残る二、三話はがっつり書く予定です

ここらで飯やら風呂休憩をさせてください><

また少し構想もしたいのでちょっと遅れるかもです…

457: 2010/10/05(火) 22:31:05.18 ID:pxRyR6HlO
第七話

チームバトルの法則!

~~~~~~~~~

唯「(憂は人間じゃない…?」

唯「(憂は私の本当の妹じゃない…?)」

唯「……」

唯「じゃあ…憂は私のなに…?」

唯「私は憂のなんなの?さわちゃん先生…?」

さわ子「唯ちゃん…」

唯「…わたし…なにがなんだかわかんないよぅ…」エグエグ

さわ子「(神候補を決めるこの能力者バトル…)」

さわ子「(よりもよってこんな展開を招いてしまうなんてね…)」

さわ子「(私は今、この子の担当……担任として何が出来る…?)」

459: 2010/10/05(火) 22:39:16.80 ID:pxRyR6HlO
唯「うっ…うぅ…」エグエグ

紬「唯ちゃん…」

和「唯…」

さわ子「(もう~!!大切な生徒が三人 もこんな顔してるのに私は一体何をやってるのよ~!!!)」

さわ子「(…なんとか力になってあげたい…)」

さわ子「(もう神候補だとかそんな肩書きなんていらない…)」

さわ子「(この子たちの為になにか…)」

さわ子「(なにか出来るなら私はどんな罰でも…!)」グッ…

斉藤「…何か手は無いものか…」

犬丸「ええ…けど、しかし…」


「おやおや?神候補の皆さんが御揃いのようで」

さわ子&犬丸&斉藤「!?」

461: 2010/10/05(火) 22:46:35.84 ID:pxRyR6HlO
マーガレット「何かの密会ですか?私も混ぜていただいてもよろしいでしょうか?」

斉藤「…!!」

さわ子「マーガレット!!」

和「マーガレット…?じゃあこの人が…!?」

紬「憂ちゃんの担当神候補…」

唯「……」

唯「(…憂の本当の…家族…?)」

犬丸「貴方…一体何をしに…!」

マーガレット「…そう構えないでくださいよ。別に敵意などありませんから」

さわ子「…何が目的かは知らないけどちょうど良かったわ。アンタには聞きたいことが山ほどあるのよ。少し付き合いなさい」

マーガレット「ほう…一体なんですかね」

462: 2010/10/05(火) 22:53:49.04 ID:pxRyR6HlO
さわ子「…アンタの担当の子…平沢憂は天界人だってことは最初から知っていたの?」

マーガレット「…もうそこまで知っていますか。…ええ最初から知っていた上で能力を与えました」

さわ子「…!」

さわ子「最初から知っていたってこと……つまりアンタは憂ちゃんの父親だってわけね」

和&紬「!!」

唯「(やっぱりそうなんだ…)

唯(…なんでだろう)」

唯「(あの人を見た瞬間にそんな気がした…)」

463: 2010/10/05(火) 23:00:58.49 ID:pxRyR6HlO
斉藤「…自分の娘でありながらあのような能力を与えるとは…貴殿は一体何を考えておられる?」

マーガレット「理想を現実に変える能力のことですか?それは強い能力を与えた方がバトルに有利だからに決まっているから与えたまでです」

犬丸「それが…彼女を寿命を奪うことになっても…ですか?」

マーガレット「…なんですか?せっかく懐かしい顔ぶれに会いに出向いてみれば出会い頭に説教タイムですか?」

マーガレット「せっかく人が朗報を持ってきたと言うのに…」

さわ子「…朗報?」

マーガレット「ええ。…どちらのお嬢さんが平沢唯さんかな?」

唯「…!」

465: 2010/10/05(火) 23:06:39.26 ID:pxRyR6HlO
唯「わ、私が平沢唯ですっ!」

マーガレット「ほう…これは憂によくそっくりだ」

マーガレット「まるで姉妹のようだね」クスッ

唯「…!」

さわ子「ちょっとアンタ!?なんのつもり!?」

唯「…さわちゃん先生!!」スッ…

さわ子「ゆ、唯ちゃん…」

唯「……」

466: 2010/10/05(火) 23:13:26.02 ID:pxRyR6HlO
マーガレット「(ほう…少し挑発したつもりだったが意外と冷静だね…)」

マーガレット「君のことは少し見くびっていたんだが…これはどうも私の勘違いだったようだね」

マーガレット「憂が君に肩入れするわけだ」

マーガレット「さわ子さんも一々このぐらいのことでまくし立てず、この子を見習ってくださいよ」

さわ子「くっ…!好き放題言ってくれるわね…!」グッ…

犬丸「さわ子先生!気持ちはわかりますがここはどうか抑えて…」

さわ子「…くそっ!」ギリギリ

さわ子「(コイツってこんなにムカつく奴だったのね…!!)」

斉藤「……」

斉藤「(気のせいか…?マーガレット殿なのには間違いないはずなのに何か違和感を…)」

468: 2010/10/05(火) 23:23:01.74 ID:pxRyR6HlO
唯「それで私に一体…?」

マーガレット「ああ、すまない。話が脱線してしまったね」

マーガレット「いやなに。君と憂を是非とも戦わせたくてこうして私の方からお誘いに来たんだ」

唯「…!!」

唯「憂…と」

マーガレット「うん。憂の方も君とのバトルを強く希望している」

唯「憂が私と…一体なんで…」

マーガレット「……」

マーガレット「…私を神候補にする為に頑張ってくれているんだよ。あの子はとても従順な子だからね」

和「憂が…唯と…?」

紬「……」

471: 2010/10/05(火) 23:29:28.95 ID:pxRyR6HlO
紬「(唯ちゃんとの強く願っている…?)」

紬「(…そんなはずは無いわ)」

紬「(もしそうなら、二人きりになった時に真っ先に仕掛けているはず…)」

紬「(一緒に住んでいるんだもの…機会はたくさんあるはず…)」

紬「(それにさっきだって鈴木さんを使って唯ちゃんを襲わせた…)」

紬「(そして極めつけは私とのバトルの最中に唯ちゃんが来た時に、まるで自分の戦っている姿を見られたくないかのようにその場を後にした…)」

紬「(…憂ちゃん…あなたは今…なにを思っているの…)」

473: 2010/10/05(火) 23:42:26.79 ID:pxRyR6HlO
マーガレット「それで良い機会だと思ってね。少しある趣向を凝らしてみたんだ」

和「趣向…?」

マーガレット「実はこの能力者バトル…意外にもう参加人数が残り僅かなんだよ 」

マーガレット「君たちと憂…そしてあと五人。この八人だ」

さわ子「…もうそれだけの人数だけになったのね」

マーガレット「そして偶然にもあとの五名というのがみんな憂のことを慕っていてねー」

さわ子「…なにが言いたいのよ?」

犬丸「…つまり戦争でも起こそうかってことですか?」

さわ子「…えっ!?」

マーガレット「おっ?犬丸さんは理解が早いねー。その通りだ」

マーガレット「平沢唯さん達にチームバトルの申し込みをしたい!」

476: 2010/10/05(火) 23:51:24.48 ID:pxRyR6HlO
紬「…!!」

和「ち、チームバトル!?」

マーガレット「そうさ。憂は他の残る五名と同盟を組んでいる」

マーガレット「そして君たち二人も同盟を組んでいる」

マーガレット「この残りの人数ならチームバトルにして戦った方が手っ取り早いかなと思って提案をしにきたんだ」

唯「チームバトル…」

紬「…二人?」

マーガレット「君と平沢さんの二人だろう?」

和「あのう…私は…」

マーガレット「……」

マーガレット「…君も能力者?」



和「……」シクシク

さわ子「犬丸ちょっとこい」

犬丸「わぁぁっ!?ごめんなさい!ホントごめんなさい!!」

479: 2010/10/06(水) 00:01:29.77 ID:pxRyR6HlO
マーガレット「…というわけで君たち三人は同盟を組んでいて憂達も六人で同盟を組んでいる」

和「……」シクシク

犬丸「和さん…なんかホントごめんなさい…」

マーガレット「ならば敵同士で一気にぶつかった方がこの能力者バトルの決着も早まるというわけです」

さわ子「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!?」

さわ子「三対六って…明らかにこっちが不利じゃないのよ!」

マーガレット「大丈夫です。私は優しいですからね。ちゃんとフェアなルールを設けました」

480: 2010/10/06(水) 00:11:07.65 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「バトル方式は1対1で互いのチーム対戦相手は毎回ルーレットで決める。特殊なルールとしてバトルに勝利した能力者はルーレットから名前は消えず続闘する可能性もある」

マーガレット「逆に
バトルに負けた能力者はその時点でルーレットから名前が除外される」

マーガレット「先にチームリーダーを倒したチームの勝利。チームリーダーが負けた時点で残り人数関係無くゲーム終了」

マーガレット「どうだい?早ければ一試合で全てが決まる…なかなかフェアなルールだろう? 」

さわ子「そ、それでも!人数的な不利は変わらないわ!こっちの続闘率が圧倒的高いもの!体力面で…」

マーガレット「……」

マーガレット「わかってないなぁ。さわ子さん」

482: 2010/10/06(水) 00:17:52.43 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「…なんですって?」

マーガレット「別にその気になれば六人全員で一気に仕掛けることも可能なんですよ?」

さわ子「…うっ!?」

マーガレット「それを敢えてチームバトルにしてあげてるんです。感謝されるならともかく文句を言うのは筋違いですよ」

さわ子「…くっ!」

マーガレット「…ということなんですが、お嬢さん方は如何かな?」

唯&和&紬「……」

紬「…断る理由はありません」

和「私のこともちゃんと能力者扱いしてくれるなら…」グスッ

唯「やります!!そのチームバトル受けて立ちます!!!」フンス

483: 2010/10/06(水) 00:23:21.16 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「そうですか。良い返事が聞けて良かった」

マーガレット「しかしもう一つ…場所と日時の指定もあります」

マーガレット「今から半日後…日の出の時間に…」

和「は、半日後!?」

さわ子「ちょっと!?いくらなんでもふざけ過ぎっ…」

マーガレット「別に無理なら構いません。先ほど言った通り今から仕掛けるまでなので」

さわ子「くっそ…!」

唯「日の出の時間…朝にどこにいけば憂に会えるんですか?」

さわ子「ゆ、唯ちゃん…」

486: 2010/10/06(水) 00:31:00.12 ID:ZN+7JwP7O
紬「早いことに越したことは無いものね…」

和「そうね…どうせやるなら早く終わらせたいわ…」

和「(1対1形式とか凄く不安だけど…)」

斉藤「お嬢様…」

犬丸「和さん…」

マーガレット「…どうやら能力者の方々は全員この条件を呑んでいただいてくれたみたいですね」

マーガレット「…一応聞いておきますが…あなた方三人もこれでよろしいですね?」

さわ子&犬丸&斉藤「…!!」

487: 2010/10/06(水) 00:36:59.46 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「(くっ…どうせ私達に決定権なんて無いんでしょうが!)」

さわ子「(けど…こっちが三に対して向こうが六…)」

さわ子「(さすがに半分の人数は圧倒的に不利…」)

さわ子「(真鍋さんに至っては役に立つかも…)」

さわ子「……」

さわ子「…あれ?」

さわ子「(三対六…?)」

さわ子「(三…六…)」

さわ子「…!!」

488: 2010/10/06(水) 00:46:12.03 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「…良いわよ。フェア条件で挑んできたこと…唯ちゃん達が後悔させてあげるわ!」

犬丸&斉藤「…!」

マーガレット「ほう…それは楽しみだ」

マーガレット「では決まりという方向で…あとは場所ですね」

マーガレット「早朝という時間ですし…あまり遠出するのもなんですからね」

マーガレット「この先にある自然公園…そこでどうでしょうか?」

唯「はい!自然公園ならよく行ってたから迷わず行けます!」フンス!

和「えっ?よく行ってた?なんで?」

紬「自家用ジェットがあるので別に私は遠出でも…」

マーガレット「……」

マーガレット「(緊張感ない子たちだな)」

490: 2010/10/06(水) 00:53:15.84 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「これで全てが決まりましたね…」

マーガレット「それでは…明日の日の出にまた…自然公園でお待ちしています」フッ…!

和「(消えた…)」

和「(…なんて今更驚いていられないわね)」

紬「(明日…この能力者バトルに全ての終止符を…!)」

唯「(憂…)」

唯「(また明日の朝にね!)」

さわ子「(みんな良い顔してるわね…)」

さわ子「…ねぇ、ところでアンタ達二人」

犬丸「さわ子先生…さっきの自信に満ちた表情は…」

斉藤「何か勝算が…」





さわ子「一緒に地獄に落ちてみる気…ない?」

492: 2010/10/06(水) 00:54:40.62 ID:ZN+7JwP7O
第七話終了です!

ペース的になんとかあと二話で終わりそうです

眼がちょっと疲れたので少し休憩を…

528: 2010/10/06(水) 15:46:13.28 ID:ZN+7JwP7O
第八話

姉妹の法則!(前編)

~~~~~~~~~

さわ子「……ってわけなのよ」

律&澪&梓「」

さわ子「?ちょっと!三人とも聞いてるの!?」

澪「いや…聞いてはいますが…」

梓「いきなり夜明け前に電話で起こされて何事かとと思えば…」

律「…さわちゃんは人間じゃなくて憂ちゃんも人間じゃないって…なんのこと?」

さわ子「そういうことよ」

犬丸「さわ子先生…色々と端折り過ぎかと…」

530: 2010/10/06(水) 15:51:54.24 ID:ZN+7JwP7O
~~~~~~~~

律「つまり…さわちゃんは神様を目指していて神様になる為に唯に能力を与えた…と」

澪「それが…あの木の能力…?」

さわ子「そういうこと。やっと理解してくれたわね」

律「いや、まだイマイチ…」

梓「あ、あの!」

さわ子「ん?何かしら梓ちゃん?」

梓「ひゃ、百歩譲って先生が人間じゃないのはまだ認めます…」

さわ子「なんか複雑ね」

梓「憂が…人間じゃ…ない?」

さわ子「……」

531: 2010/10/06(水) 15:55:55.69 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「…ええ。これまた話すと長くなるんだけどね…」

律「うっそだろ…流石にそれは信じらねぇって…」

澪「じゃ、じゃあ…唯も…?」

さわ子「大丈夫。唯ちゃんはれっきとした人間よ」

梓「それって…」

さわ子「そうね。唯ちゃんと憂ちゃんは本当の姉妹じゃないわ」

律&澪&梓「!!」

532: 2010/10/06(水) 16:05:04.28 ID:ZN+7JwP7O
律「おいおい…いくらなんでもそんなのって…」

澪「二人が本当の姉妹じゃないなんて…」

梓「…唯先輩はもうそのことを…?」

さわ子「…ええ。知っているわ」

澪「そんな…」

さわ子「知った上で今でも憂ちゃんの姉として彼女のことを 大切に思っている」
律&澪&梓「…!!」

さわ子「…彼女のことを救おうとしているの。だからお願い…あの子の力になってあげてほしいの!」

533: 2010/10/06(水) 16:16:11.60 ID:ZN+7JwP7O
律&澪&梓「……」

さわ子「……」

律「…ハハッ!やっぱ能力者とかそんなんでも唯は唯だなー!」

さわ子「…えっ?」

澪「ホントにな…裏表も何も無い…」

梓「……」

梓「…能力者バトルというものが如何せんまだ信じがたいものなんですが…」

梓「救うっていうのは唯先輩と一緒に唯をいつも通りの暮らしに連れ戻す…って意味で良いんですかね?」

さわ子「あなた達…」

澪「そういえば救うってなんのことか聞いてなかったな…怖い内容だったらイヤだな…」ブルブル

律「まぁ内容聞こうが聞くまいがアイツらの為だ!部長としては一肌脱がないとな!」

梓「全く…律先輩は…それで私達は何をすれば?」

さわ子「あなた達…」

536: 2010/10/06(水) 16:28:01.01 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「あなた達は…」

律&澪&梓「?」

さわ子「なんて良い子なの~!!」ガバッ

律「おわっ!?さ、さわちゃんなんだよ!?」

さわ子「(…ちょっとだけ未練が残っちゃうわね)」

~~~~~~~~~

律「で、私らはどうすりゃ良いのさ?その能力者バトルに参加すれば良いわけ? 」

澪「えぇっ!?ババババトルに…さ、参加するのか!?」

律「いや能力者とかそういう話を聞いて力になってくれってことはつまりそういことじゃねぇのかなー?って澪?」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイ」

律「おいおい…」

梓「でもバトルに参加するにしても私達には能力も何も…」

澪「そ、そうだよ!私達はバトルで使えるような…」

澪「…!?」

538: 2010/10/06(水) 16:36:00.77 ID:ZN+7JwP7O
律 1
澪 2
梓 3

さわ子 1
犬丸 2
斉藤 3

澪「あれ…まさか…これって…」

さわ子「ちょうど三人いて良かったわ~!一人に一つずつ能力が与えられるから!」

澪「うわああああああ!?」

律「あぁ、後ろの二人も神候補なんだ。じゃあやっぱりバトルに参加しろってことか」

さわ子「ええ。夜明け前に自然公園で能力者によるチームバトルがあってね…向こうが6でこっちが3だったからどう考えても不利だって思っていたところでね…」

律「チームバトルか!なんか燃える展開じゃん!」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイ」ガクカク

539: 2010/10/06(水) 16:43:34.80 ID:ZN+7JwP7O
律「あれ?6対6?唯…あとは、あぁ斉藤さんいるからムギもか!」

斉藤「左様でございます。紬お嬢様の神候補にてございます」

律「案外身近なとこに神候補っているんだなー…」

律「となると後一人…」

律「……」

律「私らの知らない人?」



犬丸「……」シクシク

さわ子「アンタが泣くなアンタが」

541: 2010/10/06(水) 16:50:28.28 ID:ZN+7JwP7O
~~~~~~~~~

律「……和か。すまん和…完全に忘れてた…」ズーン…

犬丸「あなたが謝る必要はありません…悪いのは…」ズーン…

さわ子「二人して落ち込まない!」

梓「…あれ?ここにいる皆さんってそれぞれの担当の人がもういるんですよね?」

さわ子「ええ。そうよ」

梓「既に担当の人がいるのに他の人にも能力を与えりしちゃって良いんですか?」

さわ子「ダメね」

梓「そんなあっさり!?」

542: 2010/10/06(水) 16:57:04.00 ID:ZN+7JwP7O
律「ダメって…ああ、じゃあ他に私らの担当をしてくれる神候補が…」

さわ子「いないわね」

律「能力無しで戦えと!?」ガーン

さわ子「そんな危険な真似を生徒にさせたりなんかしないわ」

梓「(能力使ってバトルすること自体は危険じゃないのかな…)」

律「じゃあ、どうすんのさ?」

さわ子「ルール破る」

律「そっちの方が生徒の前でやっちゃダメだろ!?」ガーン

546: 2010/10/06(水) 17:22:24.00 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「大丈夫よ。ルール破ったところで罰なんかたかがしれてるもの」

律「どうなんの?」

さわ子「地獄に落ちる」

律「そんなサラッと言うなよ!?」ガーン

梓「じ…地獄…って…」

さわ子「あっ、別に死ぬわけじゃないから大丈夫。所謂人間界で言うところの囚人生活が待ってるだけだもの」

律「待ってるだけってアンタ…私達に能力を与えてから地獄に落ちるまでの執行猶予とかあるのか…?」

さわ子「無いわよ。即地獄行き」

律「おいおい!?」

547: 2010/10/06(水) 17:30:43.00 ID:ZN+7JwP7O
律「じ、じゃあ唯のことはどうすんのさ!?ていうか、そっちの二人もそれで良いのかよ!?」

犬丸&斉藤「……」

律「ムギは?和は!?アンタらなぁ…!」

さわ子「だから、りっちゃん達が支えてあげて。だって私達神候補はバトルに手を出すことすら出来ないもの」

さわ子「今、出来る最善のことは仲間を増やして唯ちゃん達のバトルの負担を少しでも軽くすることなの」

律「……」

さわ子「…わかってくれる?」

律「…バトルが終われば地獄から出てこれんの?」

梓「(律先輩…)」

さわ子「……」

548: 2010/10/06(水) 17:36:48.05 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「…出てこれないことは無いけどね。それがいつになるかはわからないわ」

梓「!!」

律「……」

律「教師が生徒をほったらかして良いのかよ…」

さわ子「今、生徒の為に頑張ろうとしてるからチャラじゃダメ?」

律「明日から私の担任誰だよ」

さわ子「副担任?」

律「…卒業式までに出てこれんの?」

さわ子「…約束は出来ないけど覚える」

律「…ずるいぜ、さわちゃん」

さわ子「そうね…ごめんなさい…」

549: 2010/10/06(水) 17:40:28.70 ID:ZN+7JwP7O
律「……」ギュッ

さわ子「…!りっちゃん…?」

律「…さわちゃんいねぇならずっと留年する」

さわ子「…ダメよ。そんなの許さないわ」

律「……」グスッ

さわ子「りっちゃん…」

梓「(律先輩…)」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイ」

553: 2010/10/06(水) 17:50:15.12 ID:ZN+7JwP7O
さわ子「…ありがとうりっちゃん。こんな優しい生徒を受け持つことが出来て先生嬉しいわ」ギュッ…

律「……」

さわ子「…きっと早く返ってくるからね」キュイン…

律「…!?」

梓「さ、さわ子先生の体が光って…」

さわ子「………を………に変える能力………」

律「さ、さわちゃんっ…」

さわ子「さてと…」バシッ…!

律「うわっ!?……!?」

さわ子「こんなことに巻き込んでごめんなさいね…」ゴォォォォッ…!

梓「(先生の周りにブラックホールみたいな…穴が…)」

さわ子「……」




さわ子「またね」

556: 2010/10/06(水) 17:58:36.91 ID:ZN+7JwP7O
ヒュンッ……!

梓「消え…た…?」

律「……」

律「ずりーよなぁ大人って」

律「次から次へと言葉を並べてさ…」

律「…早く帰ってくる。…またね?」

律「……ホント…かよっ…!」グスッ

梓「(律…先輩…)」

梓「(多分…もうきっとさわ子先生には…)」

梓「……」

梓「…あなた達はそれでも良いんですか?」

犬丸&斉藤「……」

560: 2010/10/06(水) 18:07:52.51 ID:ZN+7JwP7O
斉藤「…ええ。決めたことなのです」スッ…

梓「!」

斉藤「これが今、お嬢様の為に出来る最善の一手…」キュイン…

斉藤「………を………に変える能力………」

梓「あっ…」

斉藤「お嬢様を…どうか…」ゴォォォォッ!

斉藤「どうか、よろしくお願いいたします」ヒュンッ……!

梓「……」

犬丸「…このような戦いに彼女達を巻き込んでしまった私達の贖罪みたいなものです…」

梓「(…でも、それで本当に良いの…?)」

犬丸「…さて、私も…」

澪「」ガクガク

561: 2010/10/06(水) 18:18:22.08 ID:ZN+7JwP7O
犬丸「秋山さん…だったかな…」

澪「」ガクガク

犬丸「…うん。怖いんだね。こんなことに巻き込んでしまってすまない…」

犬丸「しかし私だけ地獄に行かない…ってわけにもいなくてね…じゃないと多分さわ子先生に殺されそうだし…」

澪「」ガクガク

犬丸「秋山さん…君には………を………に変える能力を与えようと思います」

澪「…えっ?」ブルブル

犬丸「えーと…ほら!こんな感じです!」パァァッ…

澪「…!」

犬丸「きっとあなたならこの能力と上手くやっていけると思いますよ」ニコッ

犬丸「そしてあなたの支えてなってくれるでしょう」

犬丸「どうでしょうか?この能力…受け取っていただけますか?」

澪「……」

澪「(バトルは怖い…怖い…けど…!)」

562: 2010/10/06(水) 18:28:26.26 ID:ZN+7JwP7O
澪「は、はひっ!や、やります!」

犬丸「そうかありがとう」ニコッ

梓「(…!澪先輩がやる気に…一体どんな能力を…?)」

犬丸「では…………を………に変える能力………」キュイン…

犬丸「能力を受け取ってくれてありがとう秋山さん……和さんをよろしくお願いします」ゴォォォォッ…!

澪「え、えっ!?黒い大きな穴が…?」

梓「(そっか…澪先輩は地獄に落ちる瞬間をさっきまで見てなかったんだっけ…)」

犬丸「…では、さらば!」ヒュンッ……!

澪「!?」

梓「(犬丸さん……)」

梓「(…澪先輩…今の見て大丈夫だったかな…?)」

澪「……」

梓「(あれ?案外大丈夫そう…?)」

澪「」

梓「(…よく見たら立ったまま気絶してた…)」

563: 2010/10/06(水) 18:36:21.42 ID:ZN+7JwP7O
~~~~~~~~~

澪「そ…そうか…斉藤さんや…さわ子先生も…」

律「…ああ」

梓「…本当にこれで良かったんでしょうか?唯先輩達にも別れを告げずに…」

律「…まぁ、帰ってくるとは言ってたし良いと思ったんじゃね?…ホントかどうか知らないけどよ…」

梓「律先輩…」

澪「……」

澪「あのさ一つ思ったんだけどさ…」

律「ん?なんだよ?」

澪「このバトルって…」ゴニョゴニョ

律&梓「……」

律&梓「…!!」

澪「…ってのはダメなのかな?」

564: 2010/10/06(水) 18:43:36.78 ID:ZN+7JwP7O
律「いや、アリだろそれ…大アリだよ澪!」

梓「さわ子先生達の言ってたことが本当なら…試す価値はありますね」

澪「そ、そうか…?けど地獄に落とされてそれってやっぱり少し無理が…」

律「ないない!絶対ないって!むしろ無理なら神様ぶっ飛ばす!」

梓「なんという発言を…」

律「よっしゃー!!そうと決まれば俄然やる気出てきたぞー!!サクッとチームバトルで勝っちまおうぜ!!」

澪「律が急に闘志を…」

梓「くすっ。やる気があるに越したこはとないです」

梓「(となると、これから始まるバトルには絶対に負けられない…!)」

566: 2010/10/06(水) 18:52:27.74 ID:ZN+7JwP7O
そうちょう!
しぜんこうえん!

唯「…あれ?」

和「…えっ?…どうして律達がいるの…?」

律「そんなの決まってんじゃーん。私らも今日のチームバトルの参加者なのだ!」

紬「…ってことは」

律「そういうこった!」

紬「……」

紬「敵チーム!?」

律「ちげーよ!」

567: 2010/10/06(水) 18:59:34.49 ID:ZN+7JwP7O
~~~~~~~~~

紬「えっ?ホントに私達のチームなの?」

律「あったりまえだろー!!」

梓「むしろなんで敵チームだなんて思ったんですか…」

和「いやだって…マーガレットが言うには残る能力者の数は9人でそのうちの6人は相手チームだって言うものだからてっきり…」

律「あぁ…もうそれだけの人数なのか」

唯「じゃあ敵じゃないってことは私達と一緒に戦ってくれるってこと!?」

律「だから最初からそう言ってんじゃん」

唯「やたー!!これで6対6だぁー!」

570: 2010/10/06(水) 19:06:25.16 ID:ZN+7JwP7O
紬「ホントに私達のチームなのね!嬉しい!」

紬「…でも」

澪「」ガクブル

紬「…澪ちゃんは大丈夫なのかしら?」

律「うーん…まぁ澪が戦うことになるとも限らないし…ルーレット形式で先に大将を倒した方の勝ちなんだろ?」

和「まぁね」

和「(どうか私に当たりませんように…)」

唯「そういや相手チームはともかく、さわちゃん達遅いねー。寝坊かなー?」

律&梓「…!!」

澪「」ガクブル

571: 2010/10/06(水) 19:17:37.51 ID:ZN+7JwP7O
和「そういえばそうね…さわ子先生はともかく犬丸さんも…」

紬「斉藤は昨日の夜に私用の為に屋敷を抜けたと聞いていたけど…」

梓「(り、律先輩…どうしましょう…)」ゴニョゴニョ

律「(うーん…いきなり地獄に落ちたとか説明してもなぁ…多分みんな神候補の禁忌のこととか知らないだろうし…)」ゴニョゴニョ

唯「もぅ!しょうがないなぁ~さわちゃん先生は!」フンス!

和「犬丸さん…あとで少しお説教をしてあげないとね!」フンス!

紬「私斉藤を減給するのが夢だったの~」ニコニコ

律&梓「……」

律「(なんか…今は言わなくても良さそうじゃね?みんなそこまでモチベーションに影響出てる感じが…)」

梓「(先輩方たくましいです…)」

澪「」ガクブルガクブル

576: 2010/10/06(水) 19:28:00.18 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「…おや?皆さんお揃いのようで。待たせてしまったかな?」

和「…!マーガレット…」

マーガレット「…おや?」

律「(マーガレット…さわちゃんが言ってたな…)」

梓「(なんだろう…この人…不気味なオーラを感じる…)

澪「」ガクブル

マーガレット「(能力者…?昨日の時点では確かに9人だけだったはず…)」

マーガレット「……」

マーガレット「(なるほど…そういうことか…愚かな人たちだ…)」

マーガレット「(今更能力を与えたところで所詮は数合わせ程度にしかならないだろう…)」

579: 2010/10/06(水) 19:34:53.22 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「てっきり3対6かと思っていたが…私としたことが残り人数を数え間違えるなんて…簡単な計算ミスをしてしまったよ」

和「(…あれ?そういえば律達っていつから能力者だったの…?)」

紬「(…それよりもどうしてこの場所へ…?マーガレットの反応を見る限りりっちゃん達とは初対面…)」

和&紬「(…まさか)」

唯「それよりも!憂は!憂はどこですか!?」

和&紬&律&梓「!」

澪「コワイコワイコワイ」ガクブル

584: 2010/10/06(水) 19:43:10.28 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「ああ…ちゃんとこの先で待っている。昨日からずっと君と戦いたくてしょうがない様子だったよ」

唯「そうですか…」

律「(なんてこった…なんか流れ的にそんな気はしたけど憂ちゃんは敵チームの能力者か…)」

梓「(…憂…どうして唯先輩と…)」

和「(今は能力云々を考えている場合じゃないわね…)」

紬「(目の前の出来事に集中しないと…)」

澪「……を……に変える能力……」ボソッ

澪「……」ガクブル

澪「…ふふっ///」

587: 2010/10/06(水) 19:49:36.08 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「それでは案内しますよ。どうぞこちらの方へ…」

唯「(憂…)」

律「よっし!行くか…って澪?行くぞー?」

澪「…えっ!?あっ…あ、あぁ…」

澪「……」シュン

澪「(バトルとかしないでずっと能力だけ使ってたい…)」

澪「(むしろこの能力…バトルで使えるのか…?)」

澪「(怖いとか怖くない以前に…出来れば使いたくないなぁ…)」

澪「……」

澪「(また怖くなってきちゃったよぅ…)」グスッ

595: 2010/10/06(水) 20:28:04.22 ID:ZN+7JwP7O
ザッザッザッ…

和「(随分奥まで進むのね…)」

梓「(それよりもこんなに広かったっけなぁ…この自然公園…)」

澪「(ううっ…もう引き返せないんだなぁ…)」

律「(つーか、やる気はあるけど能力貰ったの昨日の今日だからちゃんと使えるか少し不安だな…)」

紬「(…そろそろかしら)」

唯「(おじさん元気かなぁ?)」

マーガレット「さぁ…着きましたよ」

596: 2010/10/06(水) 20:34:21.07 ID:ZN+7JwP7O
ばとるかいじょう!

デデーン…!

律「うえっ!?公園の奥ってこんな風になってんの!?」

唯「うひゃー…広いねぇ…」

和「中央にリングが置いてあるだけで周りには特に…」

紬「いや、あそこに機械みたいな物が…あれがルーレットかしら?」

梓「ていうか明らかにこれ別世界じゃないですか!?」

澪「(…着いてしまった)」ガクブル




マーガレット「ようこそ。天界の入り口へ」

599: 2010/10/06(水) 20:43:33.20 ID:ZN+7JwP7O
律「へっ?なんだって…?」

和「天界の…入り口…?」

マーガレット「ああ。だが深く考えなくても大丈夫。私が人間界を行き来するのに創っただけのものだから。特に意味は無い」

マーガレット「今から始まるバトルを考えて、これぐらいの広さがちょうど良いと思ってな」

梓「ちょうど良いってレベルじゃ…」

紬「…特に有利不利があるわけでは無いのね?なら良いじゃない」

律「ムギ…大物だな…」

澪「」

梓「また気絶してる…」

601: 2010/10/06(水) 20:51:55.80 ID:ZN+7JwP7O
唯「ひょえー…」

唯「……!」

律「ん?唯?どし…」


憂「……」


梓「う…憂…」

律「…うへ…如何にも大将って風格だな…私の知ってる憂ちゃんとは別人に見えるよ…」

唯「……」

唯「(…憂)」

唯「…始めましょう!マーガレットのおじさん!」フンス!

紬「(唯ちゃん…)」

マーガレット「準備すでに完了している。そちら側の面々も準備はよろしいということで良いのかな?」

604: 2010/10/06(水) 20:58:01.63 ID:ZN+7JwP7O
紬「…ええ。私はいつでも」

梓「や、やってやるです!」

律「私もいつでもオッケー!」

和「私も覚悟は出来たわ」

澪「……を……に変える能力……」ガクブル

律「澪なんか能力出しっぱで一番やる気満々だな!」

マーガレット「そうか。テンポが良いのは助かるよ」

マーガレット「それでは神候補と空白の才をかけたルーレット式チームバトルを始めるとしようか!」


憂「……」

憂「(お姉ちゃん…)」

606: 2010/10/06(水) 21:09:25.56 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「では…第一試合のルーレットを回させていただくまえにそちら側の大将を確認したいのだが」

律「あぁ…そっか。先に大将を倒した方が勝ちのバトルなんだっけ…」

和「(能力だけを見ればまずムギで間違いだろうけど…)」

紬「唯ちゃん、お願い出来るかしら?」

唯「うんっ!任せて!絶対に負けないよ!」フンス!

和「(ここは唯しかいないわよね…)」

マーガレット「そちら側は平沢唯さんだね?わかっていると思うがこちら側の大将は憂だ…フフッ…」

唯「はい!わかってます!」フンス!

マーガレット「それぐらいじゃ臆しないか…君と戦う時は良いバトルが見れそうだね」

マーガレット「それでは!第一試合のルーレットを回させてもらう!」ガチャッ!

607: 2010/10/06(水) 21:17:53.42 ID:ZN+7JwP7O
ガシャガシャガシャッ…

澪「(神様ぁ…)」プルプル…

『琴吹 紬』ガチャン!
『マリオ』ガチャン!

マーガレット「唯チーム!琴吹 紬VS憂チーム!マリオ!両者前へ!」

澪「(よ、良かったぁ…)」ホーッ…

紬「あら?初戦は私ね。それじゃあ行ってくるわね!」タタッ…

律&梓「……」

律「ムギの奴…すげー余裕だな…」

梓「ムギ先輩ってお強いんですか?」

和「ムギの実力?…フフッ」

唯「すぐにわかるよ!」

614: 2010/10/06(水) 21:26:26.05 ID:ZN+7JwP7O
第一試合

紬VSマリオ

マリオ「おいおい勘弁してくれよ…チームバトル形式だっつーから、どんだけ強い奴らが来るのかと思ったら女学生の集団じゃねぇか!」

マリオ「まぁ女学生って言っても憂さんはスーパーな人だかり別物だけどな!」

律「なんか態度デカくてムカつく奴だな…」

梓「でも体が大きくて強そうです…」

紬「……」

紬「もう良いのかしら?始めても?」

マリオ「……!」

マリオ「随分余裕じゃねぇか、このウルトラタクアン眉毛が!俺の能力の前でもそんな顔出来るか見ものだな!」

マリオ「いくぞ!体をスーパーダイナミックエレガントとボールに変える能力!!」パァァッ…!

619: 2010/10/06(水) 21:32:52.79 ID:ZN+7JwP7O
律「スーパーダイナミック…なんだって?」

梓「ってかアレ、ビリヤード玉ですよね…」

マリオ「ビリヤード玉じゃねぇ!スーパーダイナミックエレガントボールだっ!」ムキー

律&梓「(うわっ、めんどくさい)」

律「で、でもセンスはともかくとしてあれめちゃくちゃデカいぞ!?あんなでぶつかってこれたらマズくね!?」

紬「あら?ビリヤード?私もたまにするのよね~」

マリオ「…!!」ブチッ

マリオ「テメェら揃いも揃ってぇ!スーパーダイナミックエレガントボールだって言ってんだろ!」

マリオ「もう許さねぇ!一撃で終わらせてやるっ!」ギュインッ…!

梓「つ、突っ込んできた!ムギ先輩、避けてー!」

和「…さて、次は誰かしらね。ムギが連闘だと良いんだけど…」

621: 2010/10/06(水) 21:37:33.69 ID:ZN+7JwP7O
律「和っ…お前何を余裕かましてっ…!」

バキッィ!!!

律「うっ…イヤな音が…ムギぃ…!」

律「…って、えっ?」

梓「……」ポカーン

梓「(今、何が起きたの…?)」

マリオ「」ピクピク

紬「ナインボールゲット…ゲームセットね」

唯「おおっ!さすがムギちゃーん!」

梓「(まばたきした瞬間にビリヤードの人の方が倒れてた…!?)」

626: 2010/10/06(水) 21:44:00.26 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「…マリオ戦闘不能!勝者琴吹紬!よってマリオはゲームは除外される!」


和「ムギ、おつかれさま」

紬「ありがとう。うふふ。初戦で勝てて良かったわ~」

律「勝てて良かったわ~…ってなんだありゃ!?あの一瞬で何をしたんだ!?」

紬「玉を打ち返すのにキューが無かったから拳で打ち返したの~。ちょっと痛かったわ…」

律&梓「……」ポカーン

律&梓「(敵じゃなくて良かった…)」

澪「」

唯「あっ澪ちゃんまた気絶してる」

和「多分ビリヤード玉見た時に驚いたのね…」

631: 2010/10/06(水) 21:50:10.65 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「(マリオはうちのチームで最弱クラスとはいえ…琴吹紬…あの能力はとてつもないものだな…)」

マーガレット「(フフッ。憂が彼女と当たらないことを祈ろう)」

マーガレット「(憂の負ける姿など想像出来ないがね…)」

マーガレット「それでは第二回線のルーレットを回させてもらう!」ガチャッ!

和「(唯かムギなら間違い無く憂以外なら安定だろうけど…)」

『真鍋 和』ガチャン!

和「」

636: 2010/10/06(水) 21:58:41.43 ID:ZN+7JwP7O
唯&紬「…!!!」

律「おっ…和かぁ。ムギがあんなんだもんなぁ…」

梓「きっと凄いお強いんでしょうね…自分の番が来たに自分の能力が相手に通用するのか不安になってきちゃった…」

和「(通用する気がしないわ…)」

紬「…やはり1/6じゃ和ちゃんにもどうしても当たってしまうわね…」

唯「相手の能力の限定条件がぶりっこポーズをすること!なら勝てるよ!」

和「(絶対いないわ…)」

和「(くっ…せめて相手が少しでも……)」

『バロン』ガシャン!

マーガレット「唯チーム真鍋和VS憂チームバロン!両者前へ!」

644: 2010/10/06(水) 22:03:35.44 ID:ZN+7JwP7O
バロン「お前の相手、バロン!バロン、強い!」デデーン!

和「」

律「うっわ!?さっきの奴よりでけぇ…」

梓「ていうかあれ明らかに学生じゃないですよね!?軍服にナイフ持ってるし!?」

紬「まずいわ…明らかにさっき私が戦ったビリヤードさんとは格が違う…」

唯「それって和ちゃんピンチってこと!?」

唯「(和ちゃん…)」

和「(こ、これはもう一発勝負にかけるしか無いわね…じゃないと死ぬわ…)」

645: 2010/10/06(水) 22:09:35.36 ID:ZN+7JwP7O
バロン「覚悟はいいか?バロン、出来た!)」

和「(もう、どうにでもなれっ!)」

和「ね、ねぇ待って!その前に両手首こすると良い香りがするのよ!」

バロン「えっ?ホント?」ゴシゴシ…クンクン…

和「……」

和「あぁっ!?ちょっとあなた右足に犬の糞をついてるわよ!」

バロン「なにぃいい!?」ヒョイ

和「……」

律「な、なんだあれ…?」

650: 2010/10/06(水) 22:13:31.89 ID:ZN+7JwP7O
律「な、なんだあれ…なぁ、ムギ…」

紬「…!!」

バロン「どこどこ!?」キャルン

紬「今よ和ちゃん!!!」

律「ええっ!?」

和「…!!」

和「相手をメガネ好きに変える能力ぁ!!」ドーン!

バロン「!?」ビクッ!

唯「きたー!!」

律&梓「(…なにそれ)」ポカーン

652: 2010/10/06(水) 22:19:55.73 ID:ZN+7JwP7O
バロン「なに!?お前…今、何を…」

和「ふふっ…まんまと騙されたわね」

バロン「…なんだと!?」

和「ホントは手首こすっても良い香りなんてしないわ!」ドーン!

バロン「なにぃいい!?」ガーン!

和「ホントはあなたの靴に犬の糞なんて最初からついてないわ!」ドーン!!

バロン「なにぃいい!?」ガーン!!

和「全ては私の限定条件をクリアする為の真っ赤な嘘だったわけよ!!」ドーン!!

バロン「はかったなぁあああああ!!!」

和「さぁ…覚悟はいいわね?」

唯&紬「和ちゃんかっこいい~!!」

律「そ、そうか…?」

656: 2010/10/06(水) 22:24:32.37 ID:ZN+7JwP7O
バロン「ふん!お前が何の能力使ったかわからないけどバロンの方が強い!」

和「そう…私に攻撃してくるの…?」

バロン「もちろん!いくぞ!」

和「えいっ」パキッ

バロン「」

律「!?和のやつ自分のメガネを折った!?」

紬「なんて惨い技を…」ガクガク

梓「(ええっ!?ムギ先輩が怯えてる)」

バロン「な…な…」

バロン「うわぁあああああ!?はかったなぁあああああ!!!!!」

661: 2010/10/06(水) 22:31:20.51 ID:ZN+7JwP7O
バロン「うわぁあああああ!?」

和「落ち着いて。今のは予備のメガネ。もう1つ本物があるわ」

バロン「!?き、貴様!そのメガネだけは…!」

和「ええ。手を出さないわ。…でも、条件があるの」

バロン「条件?バロン、なんでもする!」

和「ホント?じゃあ床に頭ぶつけて自爆してくれる?」

バロン「はいっ!!ぐほぉ…!」バキッ!!!

和「…あなたが気絶したその瞬間、この試合私の勝ちね」

バロン「!?」

バロン「はかった…なぁ…」ガクッ…

和「…ふっ」

和「あ、相手が…悪かったわね…!!」フンス!

667: 2010/10/06(水) 22:50:44.32 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「…バロン戦闘不能!勝者真鍋和!よってバロンはゲームから除外される!」


唯「やったねー和ちゃん!」

紬「あんなに強そうな相手を倒すなんて凄いわ!」

和「当然ね…軍隊が生徒会に勝てるわけないじゃない」

律&梓「……」ポカーン

律「(いや強い…強いけどさ…)」

梓「(なに…あの能力…)」

律「(そういや澪って和の担当から能力を…)」チラッ

澪「」

律「まだ気絶中かよ!?」

669: 2010/10/06(水) 22:55:49.95 ID:ZN+7JwP7O
マーガレット「(真鍋和の能力侮れない…)」

マーガレット「(流石はここまで生き残っただけはある…)」

マーガレット「それでは続いて第三回戦のルーレットを回す!」ガチャッ!

『田井中 律』ガチャン!

和「……」

和「(良かった…本当に良かった…!)」

671: 2010/10/06(水) 23:04:44.89 ID:ZN+7JwP7O
律「おおっ!?ついにきたか!?」

唯「りっちゃん隊員ー!!頑張るであります!」

律「了解であります!唯隊長!さくっと勝ってくるぜ!」

梓「(り、律先輩…)」ゴニョゴニョ

律「(…ん?梓…?)」

梓「(えーと…そのこうやって能力を使って戦うのは…その…)」

律「……」

律「(そんな顔、すんな)」クシャッ

梓「(わぷっ!?)」

律「(実戦は初めてだからな。無理はしないが実験がてら色々と遊んでくるぜ!)」

梓「(遊ぶって…も、もぅー!緊張感無いんだからっ!)」プクー

梓「……」

梓「(なんて頼もしい人なんだろう…)」

675: 2010/10/06(水) 23:11:43.71 ID:ZN+7JwP7O
律「(とか、おどけてみたものの…やっぱり少し緊張するなぁ…)」

律「(かっこ悪い戦いになっても良い…ネタキャラでもなんでも良いからあんまり強く奴…来い!)」

『ムーニン』

マーガレット「唯チーム田井中律VS憂チームムーニン!両者前へ!」

ムーニン「デコ娘・今日がお主の・命日だ」

律「……」

律「(うわぁ…ネタキャラっぽい…)」

681: 2010/10/06(水) 23:18:26.89 ID:ZN+7JwP7O
律「つーか、なにその変な格好…ださっ」

ムーニン「!?お主…今、なんと…!?」

律「えっ?聞こえなかったか?変な格好!ださい!!」

ムーニン「こ、この芸術的センスをバカにするとは…」フルフル

律「(あっ…やべぇ…思ったことそのまま口に出してた…)」

律「え、えーと!悪いっ!今のはちょっと言い過ぎ…

ムーニン「…許すまじ!我の怒り・頂点へ!」

律「(手遅れっぽーい!?)」

紬「なんで時々口調が五・七・五なのかしら?」

和「ネタキャラなのよ。多分」

683: 2010/10/06(水) 23:25:51.10 ID:ZN+7JwP7O
ムーニン「いくぞ!我の能力の前に絶望しろ!」

律「(やべぇ…いきなり向こうから仕掛けてくる…!)」

ムーニン「ブタがぶった!」

………

律「……」

律「…へっ?なに?」

ムーニン「!?」

和&紬&梓「(だ…ダジャレ…?)」

唯「ブタがぶっ…ププッ…アハハ!ブタがぶっただって!」

ぶた「ブヒ」ポンッ!

唯「えっ?ぶたが出てきた…」

ぶた「ブヒッ!」

唯「ぶへっ!?」バキッ!!!

687: 2010/10/06(水) 23:32:09.86 ID:ZN+7JwP7O
和「!?ゆ、唯!?どうしたの!?」

唯「ううっ…ブタに…」

梓「ブタ?」

唯「ブタに…ブタれた…」グスン

和&梓「……」

和&梓「…はい?」

紬「(ブタにぶたれた…?)」

紬「(何故唯ちゃんはダメージを…)」

紬「…そうか!あの能力は!」

律「えーと…なに?もしかしたら笑った方が良かった?」

ムーニン「!!う、うむ!次こそは・笑ってくれると・我喜ぶ(字余り)」

律「しゃーねぇな…さっき服もバカにしちまったし…」

ムーニン「……」ニヤリ

紬「りっちゃん!笑ってはダメ!」

ムーニン「!?」

688: 2010/10/06(水) 23:41:06.56 ID:ZN+7JwP7O
律「ムギ?いや確かにつまんねーけど、さっき服バカにしちゃったからさ。せめてものお詫びに…」

ムーニン「つまんない!?」ガーン!

紬「つまんないものは笑わなくも大丈夫なのよ!それに笑ってしまったら彼の能力が発動する!」

ムーニン「なっ!?我が能力・沢庵眉毛に・バレている!?」

律「能力の発動…じゃあつまり…!」

紬「ええ!彼の能力はダジャレを現実に変える力!限定条件はおそらくダジャレで相手が笑うことよ!!」

唯「だ、だから私はさっきブタに…なんておそろしい能力なの…!?」

和「彼の相手が唯じゃなくて良かったわ…」

梓「とりあえず念のため唯先輩の耳と口、塞いでおきます?」

690: 2010/10/06(水) 23:47:40.75 ID:ZN+7JwP7O
律「なるほどなぁ…なるべく同情とはいえクソみたいなダジャレで笑っちまうとこだったぜ!」

ムーニン「ク、クソ!?最高の芸術であるダジャレを前によくそのような暴言を吐けるな!」

律「あぁっ?ダジャレが芸術だぁ?なに言ってんだお前」

律「夢中になれるものがあるのは良いけど視野狭いのも良くないぜ?」スッ…

和「?ドラムのスティックを取り出した…?」

律「(さぁて…使ってみるか私の能力!!)」パァァッ…

694: 2010/10/06(水) 23:59:32.72 ID:ZN+7JwP7O
ムーニン「木の棒?フフッ!そんな棒きれで私と戦うと申すとは笑止!」

律「焦んなよ。これだけで戦うなんて言ってないさ…いてっ」プチッ

紬「髪の毛を一歩抜いた…」

律「右手にはスティックを!」パシッ

律「そして左手には…棍棒を!!」バシッ!

ムーニン「!?」

律「これが私の能力!髪の毛を棍棒に変える能力だ!」

和「髪の毛を棍棒に…」

律「あーでも…ドラムスティックと一緒だとバランス悪いな…やっぱスティックはしまっとくか…」

律「さて、そんじゃあお前に本物の芸術を見せてやるぜ…!」スッ…!



唯「おおっ!?りっちゃんなんか凄いかっこいい~!」

和「かっこいい能力でいいなぁ…」シクシク

紬「和ちゃんもさっき格好良かったわ!」

梓「(律先輩…頑張って!)」

706: 2010/10/07(木) 00:06:40.81
ムーニン「髪の毛が棍棒に…なんて奇怪也…」

律「さぁて…いくぜぇ!」ヒュン…

ムーニン「(あ、あの棒を・受けてこの身・危険也!)」

ムーニン「くそっ!サイにひかれなサイ!」

唯「ぷっ…」

和&梓「!!」サッ

唯「ふぎゅ!?」

和&梓「(危なかった…)」

律「……」

ムーニン「く、くそ!この芸術作品でも笑わぬとは…何か他に…」

律「だからお前のダジャレは芸術じゃねぇっての!」ブンッ…

ムーニン「く、来るなぁ!!」

710: 2010/10/07(木) 00:18:10.48 ID:uHVW2YQ+O
律「よい…しょっと!」ブオン…!!

和「あっ!バカ!振り下ろすのが早すぎる!」

紬「失敗…?いや…!」

梓「…あっ!?」

ムーニン「は、ははっ!間合いも取れぬとはな!!」

ムーニン「さてはお主、実戦慣れは…ぐほぁ!?」バキッ!!!

律「おおっ!こりゃすげーわ!思った通りに伸縮自在になるんだな!」

ムーニン「なっ…?なにぃ…?」フラッ…

律「…さてと能力の勝手はわかったし…そろそろ芸術のお部屋の時間だ」

律「やっぱり一本だけだとしっくり来ないからやっぱりスティックも出すか」

ムーニン「お、お主…一体何を…」

律「…芸術とは叩くこと!すなわちドラムと見つけたり!!いくぜぇ!!」

ムーニン「わっ、わああああ!?」

712: 2010/10/07(木) 00:25:03.08 ID:uHVW2YQ+O
バキッボキッバキッボキッペチペチバキッペチ

律「おおっ!棍棒短くしたら良い感じになったな!」

ムーニン「…無念也・我が芸術・叩き壊され…」ガクッ…

マーガレット「…ムーニン戦闘不能!田井中律の勝利!よってムーニンはバトルから除外される!」


唯「りっちゃん、つよーい!!」

律「へへっ、音楽センスの賜物だな」

梓「音楽センスっていうか、もうただのリンチじゃないですか…」

梓「(でも初めてであそこまで戦えるなんて…)」

梓「(わ、私にも…あれぐらい戦えるのかな…)」

紬「でも本当に凄いわ!見てて格好良かった!」



和「私はどうせカッコ良くないよね…」シクシク

唯「いや、あの能力を自信満々に堂々と使えるのはかっこいいよ!」

梓「唯先輩、フォローのつもりでしょうがフォローになってません…」

唯「ふぇっ?」

745: 2010/10/07(木) 08:24:43.55 ID:uHVW2YQ+O
律「さぁて、これで向こうは憂ちゃんも入れてあと三人!」

紬「こっちはまだ六人全員が戦える…行けるわ!」

和「(私はもう除外で良いと思うなぁ…)」

マーガレット「(田井中律…彼女は戦闘は初めてのはず…)」

マーガレット「(それでいて自身の能力をあれだけ使いこなせるとは…恐るべき格闘センス…)」

マーガレット「(フフッ…楽しませてくれる…)」

マーガレット「それでは第四回戦のルーレットを回させていただく!」ガチャン!

ガシャガシャガシャガシャ…

『中野 梓』ガチャン!

梓「…!」

梓「(つ、遂に来ちゃった…!)」

747: 2010/10/07(木) 08:33:41.43 ID:uHVW2YQ+O
唯「おおっ!遂にあずにゃんの勇姿が見れるんだね!!」

紬「梓ちゃん、頑張ってね!」

梓「は、はいっ!頑張るです!」

梓「(い、いざ自分の番が回ってくると凄い緊張が…)」ガチガチ

律「よっ!」ポンッ

梓「にゃっ!?…律先輩?」

律「私があれだけ戦えたんだ…お前にだって出来るさ」

梓「で、でも…」

律「それに負けたって、まだみんながいるんだ。あんま深く考えずに戦ってこい!」バシッ!

梓「あぅっ!…先輩痛いじゃないですか!」

律「ははっ!調子出たじゃん!暴れてこい!」

梓「…!」

梓「(…ちょっと緊張が和らいだな…)」

梓「(先輩…ありがとうございます…)」

749: 2010/10/07(木) 08:40:57.62 ID:uHVW2YQ+O
ガシャガシャガシャガシャ…

『ギタール』

マーガレット「唯チーム中野梓VS憂チームギタール!両者前へ!」

梓「やってやるです!」

ギタール「んだぁ…?長い時間待たされてやっと戦えると思ったらこんなチビとかよ…」

梓「なっ!?」カチン

梓「わ、私だってやっと出番が来たと思ったら、こんなセンスのかけらもないヘンテコ頭な人が相手なんてガッカリです!」

ギタール「…んだとぉ!?」カチン

唯「おおっ!?もう 勝負は始まってる!?」

和「なんか如何にも分かり合えなそうな二人ね…」

753: 2010/10/07(木) 08:49:30.45 ID:uHVW2YQ+O
ギタール「言ってくれるじゃねぇかチビ!俺を怒らせやがったなベイベー!」

梓「チビチビチビうるさいです!この時代遅れ!もうボッコボコにしてやりますから!」パァァッ…!

ギタール「ハン!やれるもんなやってみろよベイベー!」

ギタール「俺の能力前じゃどんな能力も無意味…だ…ぜ…?」

梓「さぁ、覚悟するですっ!」ニョキニョキ!

ギタール「」

和「…なに…あの能力…」

紬「み…見たままだと思うわ…」

律「(…能力使用するところは初めて見るが…あれはちょっと髪型的に…)」

唯「なんかあずにゃん…まるで…」

梓「腕を六本腕に変える能力!!」デデーン!

ギタール「ゴキブリじゃねぇかベイベー!?」

757: 2010/10/07(木) 08:57:08.11 ID:uHVW2YQ+O
梓「なっ!?ご、ゴキブリ!?いくらなんでもその例えは酷すぎるでしょう!?」プクー!

ギタール「いやそれ以外に例えるもんねぇから!」

梓「チビとか…ゴキブリとか…もう絶対許さないです!」タッ…

ギタール「うわっ!よってくんなベイベー!!マジでこえーから!!」

梓「くらうですっ!」ヒュン…!

ギタール「!!」バキッ…!

梓「(よし!手応えアリ!)」

ギタール「…なんだぁ、そのへなちょこパンチは…?全然効かねぇなぁ!」ニヤリ

梓「…!?」

758: 2010/10/07(木) 09:12:13.06 ID:uHVW2YQ+O
ギタール「俺は生まれつき無敵の体を持っていてなぁ!どんな攻撃も通用しねぇ!」

ギタール「(ていうのは嘘!本当は俺の服をバリア能力によるもの!)」

ギタール「(このバリアは絶対無敵!)」

ギタール「(バリアを張っていない首から上の攻撃だけに気をつけておけば俺は誰にも倒せねぇぜベイベー!)」

ギタール「それじゃあ今度はこっちが…ってぐほっ!?」バキッ!

梓「あっ顔には効いたみたい」

ギタール「(し…しまった…バリアでガードして浮かれてたら他の腕のことを忘れてた…)」

梓「(よーし!なら六本の腕全部で顔を乱打だ!)」ヒュンヒュン…!

ギタール「ごへぇ!?」バキボキバキボキバキッ…

ギタール「あ…相性が悪すぎるぜ…ベイ…ベー…」バタッ…

梓「…え?ダウン…?」

760: 2010/10/07(木) 09:20:15.41 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「…ギタール戦闘不能!勝者中野梓!よってギタールはバトルから除外される!」

梓「えっ?えっ!? 」

梓「(そ…そんなあっさり…?)」ボカーン
梓「(まだ相手は何も能力を使ってきてないのに…?)」

ギタール「(ちゃんと使ってたぜベイベー…)」シクシク

唯「す、凄いあずにゃん!瞬殺だ!!」

紬「見た目とは裏腹に実はかなり優れた能力なのね…」

和「それでもあの見た目はちょっと…うっ…慣れそうもないわ…」

律「…同感だ」

律「(まぁ、勇気づけたかいはあったか?…敵があまりにも弱すぎだったけどな)」

ギタール「(俺は本当はもっと強いんだぜベイベー…)」シクシク

767: 2010/10/07(木) 10:17:36.07 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「(ギタールの服をバリアに変える能力はなかなか強力なのだが…)」

マーガレット「(バロンの時といい相性に問題があったか…)」

マーガレット「それで第五回戦のルーレットを回させてもらう!」ガシャン!

紬「向こうはあと二人…もう憂ちゃんが出てきてもおかしくないわ…」

和「こっちはまだ六人だけど…そろそろ被りが出るかもしれないわね…」

律「けど順当に行くと次に当たるのは…」チラッ

澪「」

律「いつまで気絶してんだよ!?」

ガシャン!

『琴吹 紬』ガチャン!

紬「あら?また私?」

772: 2010/10/07(木) 10:27:59.50 ID:uHVW2YQ+O
唯「おおっ!ムギちゃんまた出番だね!」

律「(澪…良かったな…)」

和「さて…となる向こうの相手は憂か否か…」

『バロウ・エシャロット』ガチャン!

梓「…憂じゃ、ありませんでしたね…」

律「ラスボスはやっぱりラスボスってか…」

和「最終戦になるかなとも思ったけど…まぁ、とりあえず憂じゃないなら勝ちは安定ね…」

紬「ふふっ。そうだと良いのだけれどね…」

紬「(ここで違う相手が当たって良かった…)」

紬「(やっぱり憂ちゃんは唯ちゃんと決着をつけて欲しいもの…)」

紬「(だからと言って試合で負けてバトルから除外なんて道は選ばないけれどね!)」

778: 2010/10/07(木) 10:39:11.63 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「唯チーム琴吹紬VS憂チームバロウ・エシャロット!両者前へ!」

バロウ「……」

律「アイツがバロウか?見た目凄く幼い少年って感じだけど…あんま強そうじゃないな…」

紬「……」

紬「(いえ…明らかに今までの四人とは明らかにレベルが違うわ…)」

バロウ「あなたが琴吹 紬さんですね。憂さんから話は聞いています」

紬「……!」

バロウ「なんでも憂さんと互角の勝負をしたということらしいとのことだけど…」

バロウ「素晴らしいです!そんな強い人と戦えるなんて光栄だな!」

和「随分と余裕ね…」

バロウ「…それでは行きますよ?失望させないでくださいね?」

紬「(くる…!)」

バロウ「…鉄!(くろがね)」

紬「…!?」

779: 2010/10/07(木) 10:47:19.10 ID:uHVW2YQ+O
和「えっ!?鉄…?」

唯「…確かあの技って…」

紬「(…神器!?)」

紬「(…一秒を10秒に変える能力…!)」ヒュンッ…!

バロウ「…軽々と避けてしまいましたね。それが時間を変える能力って奴ですか…」

バロウ「…電光石火!」ギュンッ…!

紬「(…!電光石火…!)」

律「お、おい!?なんだよアイツ!?能力を二つも持ってるとかアリかよ!?」

和「いや…残念ながらまだ相手は能力を出していないわ…」

梓「えっ…!?」

唯「ムギちゃん…」

紬「(鉄…電光石火…間違いなく憂ちゃんと同じ技…)」

紬「(この子は人間じゃない…天界人…!)」

780: 2010/10/07(木) 10:52:53.10 ID:uHVW2YQ+O
バロウ「次、行きますよ?鉄!」ドンッ…!

紬「(まさか憂ちゃん以外にも天界人のバトル参加者がいるなんて…)」

紬「(つまりあの子は仮想憂ちゃんね…)」

紬「(でも電光石火を使っても憂ちゃんよりスピードはやや劣っている!)」

紬「(この鉄も軽くかわせるっ…!)」ヒョイ…

バロウ「どうやらとらえましたね…」ニヤリ

紬「えっ…!?」

紬「…うぐっ!?」バキッ!

紬「(別の方向から…鉄…?)」

781: 2010/10/07(木) 11:02:44.61 ID:uHVW2YQ+O
和「ムギが直撃…?冗談でしょ…?」

梓「…黒い玉が同時に二発…しかも違う角度から!?」

律「な、なんだよ…アイツ…?デタラメに強いじゃねぇか!?」

唯「ムギちゃーん!!!」

紬「(べ…別の角度からも鉄…?一体何が…?)」ヨロッ…

バロウ「流石に一発じゃ沈みませんよね…唯我独尊!(マッシュ)」ドンッ!

紬「くっ…!」ヒュッ…!

紬「…!?」バキバキッ!

紬「(また…鉄…!?しかも二つ…?)」

バロウ「フフッ。単発なら僕の攻撃はあなたのスピードに到底追いつけないけど、違う角度からも攻撃が来たらいくら能力で時間を長くしても簡単には避けられないでしょう?」

紬「(これは憂ちゃんの理想的な神器とは違う…一体彼の能力は…!?)」

782: 2010/10/07(木) 11:10:47.39 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「流石にバロウとなると例え琴吹 紬が相手だろうとも隙が無いな」

マーガレット「どうやらようやく向こうチームも一人…しかも実力を除外出来そうだな憂?」

憂「……」

憂「(ムギさん…彼の能力…あなたならすぐに見抜けるはずでしょう?」


紬「…くっ!」フラフラ…

バロウ「もうフラフラ?少し打たれ弱いのでは?」

バロウ「いや今までは打たせる機会も無かったのですから…しょうがありませんか…」

紬「(あの子は何かの能力を神器と組み合わせて使っている…!)」

紬「(考えて私!…次にまた鉄や唯我独尊が来たら…)」

紬「(…あれ?)」

紬「(鉄に…唯我独尊…?)」

紬「……」

紬「(もしかして…彼の能力は…?)」

784: 2010/10/07(木) 11:18:01.66 ID:uHVW2YQ+O
バロウ「さて…トドメだよ。あなたの能力なら一発は避けられるだろうけどね」キュイン…!

紬「…!!」

律「マズい…!またあの黒い玉を出してくるつもりだ!」

紬「(私の考えが当たっているなら…)」

バロウ「鉄!」ドンッ!

唯「ムギちゃんっ!!」

紬「(恐らく後ろへ避けてはダメ…正面から受け流すっ…!)」ヒュン!

バロウ「…!」


憂「(…気づきましたかムギさん…)」

786: 2010/10/07(木) 11:28:50.15 ID:uHVW2YQ+O
梓「避けた!」

和「でも、まだ違う角度からの攻撃が…」

ドンッ…!ゴォォッ…!

律「…アテの無い方向を…?外したのか…?」

紬「…どうやら間違いないみたいね…」

紬「しかし恐ろしい能力だわ…時間をかけるほどその強さを増す能力だなんて…ね…」

バロウ「くっ…」

バロウ「(どうやら完全に気づかれたみたいだ…)」

紬「あなたの能力は過去の映像を現実に変える能力…!」

紬「一度神器を放ちその映像をあとで現実化する…」

紬「私がダメージを受けた別角度の鉄は次の攻撃でも同じ軌道を描いていた…」

紬「もし今回もそうだとしたら…と避ける場所を敢えて正面に変えたみたけど正解だったみたいね…」

バロウ「(マズい…こうなるともう…)」

787: 2010/10/07(木) 11:40:53.34 ID:uHVW2YQ+O
和「そんな能力だったなんて…」

紬「まぁ軌道は後付け…鉄ばかり使ってるところでピンと来たわ…」

紬「過去の映像を現実化するなら快刀乱麻(ランマ)といった一体化する神器は自分の過去像まで残してしまうから使えないものね…」

バロウ「くっ…くそっ!唯我独尊!」ドンッ!

紬「もう遅いわ…」ヒュッ…

バロウ「(!?しまった…間合いに…)」

紬「神器を打つ度に過去の映像も増えて避け辛くなるのがこの能力の恐ろしさ…」

紬「でも…全ての軌道がわかれば私には当たりはしない…!終わりよ!」シュッ…!

バロウ「(人間でも…こんなに強い人がいるんだね…)」

バロウ「(いや人間だからこその強さなのかもしれない…)」

バロウ「(憂さん…少なくとも僕は人間が羨ましいよ…)」

バロウ「」バキッ!…ドサッ…

憂「……」

788: 2010/10/07(木) 11:49:50.86 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「(まさかバロウまで敗れるとはな…)」

マーガレット「……バロウ戦闘不能!琴吹 紬の勝利!よってバロウをバトルから除外する!」

律「よっしゃー!やっぱムギつえぇ!!」

和「ムギ以外が戦っていたらどうなっていたことか…」

梓「それよりもこれで向こうはあと一人…」

唯「…だねっ!」

バロウ「」

紬「(バロウ・エシャロット…手強い相手だった…)」

紬「(…何故かしらね…)」

紬「(…憂ちゃんの時もそうだった…)」

紬「(…戦ってる時に時折悲しみが見えたりしていた…)」

紬「(天界人でありながら人間界で生活をしていた二人…)」

紬「(どんな想いでこの能力者バトルに参加しているの…)」

818: 2010/10/07(木) 19:20:21.98 ID:uHVW2YQ+O
最終話

姉妹の法則!(後編)

マーガレット「まさか天界人であるバロウまでも撃破するとはな…」

マーガレット「気がつけば1対6…バロウ以外は最初から数に入れていないにしろ彼女達は素晴らしいチームのようだね憂」

マーガレット「この不利な戦況を一体どうしたものか…」

憂「…残りの人数なんて関係ないよ」

憂「このチームバトルは先に大将を倒したチームの勝利」

憂「次に向こうチームからお姉…唯さんが出てくれば条件は同じ」

憂「…それにそうでなくても私は誰にも負けたりはしない…」

マーガレット「ふふっ…流石だな憂。実に頼もしい娘だよ…」

憂「……」

憂「(このバトルさえ終われば…)」

819: 2010/10/07(木) 19:30:17.73 ID:uHVW2YQ+O
紬「ふうっ…流石にあんな弾丸を二度も受けると堪えるわ…」

律「ムギが言うぐらいなんだからやっぱ相当強かったんだなアイツ…」

和「憂以外の天界人もこのバトルに参加していたなんてね…」

梓「人間も天界人も関係ないです!だって残るは…」

憂「……」

唯「…うん!どっちでも関係ないよ!」

唯「人間でも天界人でも…」

唯「…憂は相手側の大将!倒さなくちゃね!」



マーガレット「それでは第六回戦のルーレットを回す!」ガチャン!

820: 2010/10/07(木) 19:36:28.53 ID:uHVW2YQ+O
ガチャガチャガチャガチャ…

唯&憂「……」

『平沢 唯』ガチャン!

唯&憂「!!」

マーガレット「ほう…大将の平沢唯さんか」

梓「…ていうことは」

和「ええ…向こうはもう憂だけ…お互いに大将同士だから…」

紬「今までの勝敗関係なくこれが最終戦になるわ…」

律「まぁ、パターン的にこういう風になりそうなのはちょっと予感してたけどな…」

律「それよりも…」チラッ

澪「」

律「(まぁ、いいか…澪には戦いとか似合わねーからな…)」

823: 2010/10/07(木) 19:43:19.03 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「人数的に不利と思っていたところだがいきなり大将同士での最終戦になるとはなんと運が良い…」

紬「(不利を不利とも思っていないくせに…よく言うわ…)」

マーガレット「こちら側は既に憂で決定している。平沢唯!前へ!」

唯「はいっ!」フンス!

和「唯…」

唯「ん?なぁに?」

和「えーと…その…」

唯「……」

唯「…明日は私と和ちゃんと憂の三人で一緒に学校に行こうよ!」

和「…!」

和「(唯…)」

和「…じゃあ、まずはあの反抗期の妹をしつけてこないとね!」

唯「うんっ!じゃあ行ってくるよ!」

824: 2010/10/07(木) 19:50:17.42 ID:uHVW2YQ+O
憂「……」

唯「……」

律「おいおい…あれ本当に唯と憂ちゃんのツーショットかよ…場の空気違い過ぎるぜ…」

梓「…能力を手に入れたせいかもしれませんが雰囲気だけでわかります…憂は間違いなく強い…!」

紬「…私もよくあんな相手と戦って生き残れたものね…」

和「(唯…憂…)」

憂「……」

憂「…なにも聞かないの?」

唯「えっ?」

825: 2010/10/07(木) 19:58:01.21 ID:uHVW2YQ+O
憂「私が何のためにお姉…唯さんを純ちゃんに襲わせたのだとか…?」

憂「…私が本当は何者なのか…だとか… 何も無いの…?」

唯「うーん…襲われた理由は別になぁ…」

唯「ほら!憂も反抗期かもしれないし!そこはお姉ちゃんとして暖かく見守りたいかなって!」

憂「……」

唯「あと憂が何者でも私は…良いの…」

憂「…!」

826: 2010/10/07(木) 20:07:36.06 ID:uHVW2YQ+O
唯「最初…家族じゃないことをさわちゃん先生に聞かされた時は実は私はショックで何も考えられなかったんだけど…」

唯「だけど…例え本当の家族じゃなくても…私が憂のこと大好きだって気持ちは変わらないの」

唯「だって私にとっては…ずっと一緒に側にいてくれたかけがえのない妹だから…」

憂「……」

唯「…でも見過ごせないことあるの」

憂「…?」

唯「憂の能力は限定条件が大変なものなのにそれを使用してること!」

唯「あとさっき「唯さん」って言ったでしょー!?そんな他人行儀な呼び方されたら私でも傷つくんだからぁ!」プンスカ

梓「なんか一気に緊張感が抜けた気が…」

律「ホントにな…でも、あの方が唯らしいじゃん!」

唯「だからそんな悪い子は私がおしおきしちゃうよ!いくよ~憂!」

827: 2010/10/07(木) 20:18:10.69 ID:uHVW2YQ+O
憂「(お姉ちゃん…)」

憂「(出来れば戦いたくなかった…純ちゃん達に倒されて欲しかった…)」

憂「(でも…ごめんなさい…)」

憂「(私は負けられないの…だからお姉ちゃんを倒します!)」

憂「電光石火!(ライカ)」ギュインッ…

唯「!!」

律「…はえぇっ!?なんだあの機動力!?」

唯「(うひゃ~…こりゃちょっと目に追えそうもないね…)」

唯「(だったら狙いなんて定めずに手数で勝負した方が良さそうだねっ!)」パァァッ…!

828: 2010/10/07(木) 20:27:49.72 ID:uHVW2YQ+O
憂「……」ヒュンッ!

唯「!!」

梓「なっ!?もう間合いに!?」

律「つか、なんであのスピードで止まれるんだよ!?」

紬「(小回りが利く超スピードという理想を現実に変えたからこそね…)」

憂「…もらったよ!快刀乱…」

唯「その位置は危ないよ!」

憂「…!?なっ!?」ニュル…ガシッ!

憂「(地面から生えて来た根っこで足と手を…)」

憂「(攻撃に移る為のその一瞬だけを狙って…)」

唯「憂!ゲットだぜ!」

830: 2010/10/07(木) 20:38:40.76 ID:uHVW2YQ+O
和「凄い…あの一瞬を狙って止められるものなの…?」

紬「(確かに凄いわ唯ちゃん…けど憂ちゃんは手の内をまだまだ見せていない…)」

唯「じゃあ今のうちに叩かせてもらうよ!…えいっ!」パァァッ…ヒュン…

憂「威風堂々!(フード)」ボコッ…ガチィ!!

唯「(…わっ!?木の幹が弾かれた…)」

梓「あれは…盾…?」

憂「鉄!(くろがね)」ドンドンドンッ!メキメキッ…!

紬「鉄を下に向けてその反動で根っこを引きちぎった…」

憂「ふぅ…少し焦ったよ…」トンッ…

唯「うひゃー…参ったなぁ…これ…」

833: 2010/10/07(木) 20:44:49.11 ID:uHVW2YQ+O
憂「ピンポイントで足を捕らえられた時は焦っちゃったよ…」

憂「…流石だね。ベッキーや純ちゃんがしくじるわけだよっ…」バサッ…!

和「と、飛んだ…?」

紬「(!?あの技は初めて見る…!?)」

唯「憂の背中に…羽が生えちゃった…」

憂「花鳥風月(セイクー)見た目通り空を飛ぶことが出来る神器だよ」

憂「そしてスピードは電光石火にも劣らないよ…!」ヒュンヒュン…!

唯「!!」

837: 2010/10/07(木) 20:54:33.43 ID:uHVW2YQ+O
憂「行くよ…鉄!」ドン!

唯「むおっ!?」ヒョイ

唯「ひょえー危ない危ない…」

唯「もぉー!危ないなぁ!その羽毟っちゃうんだからっ!」キュイン…ドンッ!

律「うおっ!?でけぇ大樹!?毟るってレベルじゃ…」

憂「(当たったら一溜まりもないなぁ…)」

憂「でも花鳥風月の前じゃそんな大味な技は無意味だよっ!」ヒュンッ…

唯「…!!」

梓「ああっ…!避けられた…」

憂「そして…この大樹…ちょっと使わせてもらうね…」キュイン

839: 2010/10/07(木) 21:02:42.49 ID:uHVW2YQ+O
憂「浪花!(なみはな)」ギュルン…!

律「!?なんだありゃ!?でっけぇ鞭!?」

憂「そう…変幻自在の大きな鞭の神器…」

憂「それに加えて大きな物を掴める力があったら…」

憂「理想的だよね…」シュルン…パシッ!

唯「…!!」

紬「唯ちゃんのこぼした大樹を掴んだ…?」

和「ちょ…ちょっと待ってよ…まさか…あれを空中から唯に叩きつける気…!?」

梓「そんなの…シャレになりませんよ!?」

憂「(ごめんなさい…お姉ちゃん…)」ギュンッ!!

842: 2010/10/07(木) 21:09:35.59 ID:uHVW2YQ+O
ブオンッ…!!

唯「…!!」

バキャン!!!!!

律「お…おいおい…ホントに叩きつけちまったぞ…」

和「大樹は粉々に砕けたけど…砂埃で何も…」

梓「ゆ、唯先輩!!」

紬「砂埃が晴れてきた…」

和&紬&律&梓「!!!」

唯「……」ガクッ…

マーガレット「ふふっ…終わったか」

844: 2010/10/07(木) 21:13:50.53 ID:uHVW2YQ+O
マーガレット「どうやらここまでか…憂相手によくやったよ…」

憂「……」

憂「(これでやっと…全てが終わるんだ…)」

憂「(けれど…お姉ちゃんを…)」

憂「(自分の手で…)」

律「おいっ!憂ちゃん!!」

憂「律さん…?」

846: 2010/10/07(木) 21:21:42.79 ID:uHVW2YQ+O
律「なんであそこまでやった!?あそこまでやんなくたって結果は見えてたようなもんだろっ!?」

憂「……」

律「自分の姉ちゃんじゃねぇのかよ!?なんであんなに仲良かった家族にこんな酷いことが出来んだ!?」

憂「…!!あなたには関係ないことです…それに唯さんは本当の家族でありませんし…」

律「…!」プチン

和「憂…あなた…」

紬「よくもそんなことが言えたわね…」

梓「さすがに今のは私でもカチンと来たよ…」

澪「…う、う~ん…」

澪「……」

澪「…あれ?」

851: 2010/10/07(木) 21:51:01.30 ID:uHVW2YQ+O
律「もう…我慢なんねぇ…人様のよく出来た妹さんだが、ちょっと私がしつけてやるよ…!」

紬「さすがにこればかりは黙っていられない…」

梓「やってやるです!」

和「手首こすると良い香りがするよ!」

憂「なんなんですか?もう大将戦で勝負はついているんですよ? それなのに…」

マーガレット「いいじゃないか憂」

憂「…お父さん」

マーガレット「どうせ結果は同じこと。彼女達にもリタイアしてもらうことは変わりはない」

マーガレット「早いか遅いか…なだけだ。相手してやりなさい」

憂「…はい」

853: 2010/10/07(木) 21:54:53.55 ID:uHVW2YQ+O
澪「あわわ…」ガクガク

澪「(な、なんだかわからないけど唯が倒れていて羽の生えた憂ちゃんとみんながバトルを始めようとしている…!?)」

澪「(こ、こわい…)」ガクブル

澪「(で、でも…私も参加した方が…)」

澪「(だけど…私が参加したところで私の能力で何が…)」

856: 2010/10/07(木) 22:02:52.00 ID:uHVW2YQ+O
律「まずは地面叩き落としてやんぜ!髪の毛を棍棒に変える能力!」バシッ!

律「行くぜ!憂ちゃんに向かって伸びろっ!!」ギュンッ!

憂「伸縮自在の棍棒ですか…だけど…」

憂「軌道が丸わかりです。そんなものは…」ヒョイ…

律「ムギ!今だっ!!」

紬「ええ!」

憂「……!!」

紬「さぁ、ちょっとだけ痛い思いをしてもらうわよ…!」ヒュッ…!

憂「(律さんの棍棒を蔦って私のところまで…なんという身体能力…!)」

857: 2010/10/07(木) 22:10:12.39 ID:uHVW2YQ+O
憂「(律さんの棍棒は最初から囮だったわけだ…)」

憂「(けれど…)」

紬「もらった!」ヒュッ!

憂「無駄ですよ」ヒョイ

紬「なっ!?」

憂「ムギさんが10秒という時間の中にいようが私の花鳥風月の機動力の前では無意味です」

紬「(花鳥風月…なんて性能なの…!?)」

憂「さぁ、空中じゃあなたは逃げれませんよね?鉄!」ドンッ!

紬「きゃあっ!!」バキッ…!

律「む、ムギっ!!」

859: 2010/10/07(木) 22:17:16.54 ID:uHVW2YQ+O
紬「」ヒュ…

和「…マズい…!只でさえバロウ戦のダメージも残ってるムギがあの高さから落ちたら…!」

律「くそっ!あの高さから人間を受けとめろってか…!?」ダッ…

梓「私に任せてください!」キュイン…

律「梓?…あっ、そうか!!」

梓「腕を六本腕に変える能力!」デデーン!

律「六本も腕がありゃあの高さ落ちてきても受けとめきれる!」

和「でも…やっぱりあの見た目はちょっと…」

861: 2010/10/07(木) 22:23:44.99 ID:uHVW2YQ+O
紬「」ヒュー…!!

梓「よいしょっ!」ガシッ!!

律「おおっ!ナイスキャッチ!」

梓「…うっ!?」ビキビキッ…

和「!?どうしたの!?」

梓「(うぅ…六本腕とはいえ元が非力だから流石に…)」ガクガク…

律「…!お前、まさか骨を…!」

梓「も…問題無いです…っつ!?」ピキッ

律「問題ありまくりだバカ!無理してギター弾けなくなったらどーすんだ!?ムギと一緒にどっか隠れてろ!」

梓「り…律先輩…」

梓「…すいません…」グスッ

律「泣くな泣くな。泣くのはハッピーエンドのあとにしようぜ!」

863: 2010/10/07(木) 22:30:46.10 ID:uHVW2YQ+O
律「さて…と。かっこつけて二人を逃がしちまったけど…悪いな和。無理させることになっちまって」

和「律らしくて良いじゃない…多分他のみんなでもきっと律と同じ行動取るわよ」

律「友達甲斐のあるヤツらばっかで嬉しいよ」

和「ふふっ。そうね」

憂「…雑談は終わりましたか?そろそろ仕掛けますよ?」

律「ほんじゃま、もう少し気張るか!」

和「憂!右足に犬の糞がついてるわよ!」

865: 2010/10/07(木) 22:34:26.06 ID:uHVW2YQ+O
澪「……」ガクガク

澪「(なんだよ憂ちゃん…とんでもない強さじゃないか…!?)」

澪「(彼女の相手を律と和は二人で…!?)」

澪「(死んじゃう…死んじゃうよ…!)」

澪「……」

澪「(私は…どうしたら…)」

867: 2010/10/07(木) 22:42:05.04 ID:uHVW2YQ+O
~~~~~~~~~

憂「どうしたんですか?もう体力の限界ですか?」

律「(くっそが…全然隙がねぇ…)」ハァハァ…

和「(能力使う前にメガネが割れてしまったわ…絶体絶命ね…)」ハァハァ…

憂「もう喋る気力も残っていませんか?だったら次の一撃でまとめて楽にしてあげますよ」

憂「(律さんの格闘センスは素晴らしいものでした。私に神器が無かったら危なかったかもしれません)」

憂「(和ちゃんは…うん…限定条件が残念だったね…)」

憂「トドメです!連射可能の…理想的な鉄!」ドンドンッ!

和&律「(…ここまでか…)」

870: 2010/10/07(木) 22:50:13.83 ID:uHVW2YQ+O
「ゴミを木に変える能力!!」パァァッ…!

和&律「…えっ!?」

憂「…なっ!?」

唯「和ちゃん、りっちゃん大丈夫!?」

和&律「ゆ、唯!!」

憂「そんな…何故あれだけのダメージを受けて立ちあがって…」

唯「えへへー。まだ勝負は着いてないよー!とりあえずこれだけ打ち返させてもらうよ!!」グッ…

唯「ホームラーーーーン!!」カギィッ…!!!

唯「うぬぬっ…そりゃっ!!」キーン…!!

憂「(し、しかも鉄を二つとも…打ち返した…!?何故そんなまだパワーが…!?)」

871: 2010/10/07(木) 23:00:47.40 ID:uHVW2YQ+O
憂「くっ…!」ヒョイ…!

唯「ありゃ…避けられちゃったか。憂は速いなぁ…」

律「お、おい!?唯!お前大丈夫なのかよ!?」

和「そ、そうよ!あんな勢い良く大樹を叩きつけられて…」

唯「ん~…確かにあちこち痛いんだけどね…」

唯「それでも私はまだ戦える!大将戦続行だよ!」フンス!

律「でも…お前さっきピクリともしてなかったのに…」

唯「ああーあの時は全身が痛くて動けなくてさー…意識はまだあるのに戦闘不能って言われたらどうしよう!?ってずっとドキドキしてんだよ~!」

和&律「……」ポカーン

律「ハハッ…お前も大概むちゃくちゃなヤツだよな…」

和「ふふっ…唯らしくて良いじゃない…」
唯「?」

872: 2010/10/07(木) 23:03:36.97 ID:uHVW2YQ+O
梓「(ゆ、唯先輩生きてた!)」

梓「……」

梓「(良かった…ホントに良かったよぅ…)」グスッ…

梓「(唯先輩がこうして戻ってきたんだ!私も…)」

澪「……」タッタ…

梓「(…ってあれ?澪先輩…?)」

梓「(…起きたの?)」

874: 2010/10/07(木) 23:15:43.19 ID:uHVW2YQ+O
唯「とりあえず大将戦続行だよ!憂!覚悟しろぉ!!」

憂「…!!」

律「い、いや!待て唯!」

唯「りっちゃん?」

律「いつの間にかこの戦いはもうバトルの方式が関係がなくなってる。所謂殲滅戦だ」

律「だから1対1よりもチームとして助け合いながら戦った方が良い!ようは憂ちゃん倒せば勝ちなんだから!」

唯「ええー!?それって私良いとこ無し!?」

律「さっきといい充分良いとこありまくりだろ!」

唯「でもなー…」

律「じゃあとどめは!とどめは唯で良いから!なっ?」

唯「…むぅ~それなら良いかな~…でも、りっちゃんワガママだよ!」プクー

律「わりぃわりぃ!」

律「(どうもこういう時、熱くなって気持ちが引くに引けなくなっちまうんだよなぁ)」

876: 2010/10/07(木) 23:23:51.39 ID:uHVW2YQ+O
憂「…どうするか決まりましたか?私は別に何人がかりでも…」

律「あぁ、待たせて悪いな!そんじゃあこっちは二人で!」

唯「トドメは私が決めるよー!」フンス!

律「はいはい。わかったわかった!」

憂「(なんてお気楽なんだろう…)」

憂「(…だけど)」

憂「(そんな日常を見てるのが…楽しかったな…)」

憂「(もう…戻れないけどね)」

憂「…覚悟は出来ましたか?」

唯「まず憂にどうやって攻撃を当てよう…」

律「とりあえず私の棍棒を蔦って憂ちゃんのとこに行くにして…隙が無いんだよなあの子…」

憂「……」

憂「(もう勝手に神器放とうかな…)」

877: 2010/10/07(木) 23:33:13.38 ID:uHVW2YQ+O
律「とりあえず棍棒を蔦って、その後は自分でどうにかするんだ!」

唯「りっちゃん無責任ー!」

律「唯がトドメが良いって言ったんだろー!」

和「こらこら…あんた達…」

「け、ケンカしてる場合じゃないだろ!?」

唯&律&和「……」

唯&律&和「えっ?」

澪「ま、全く…なにしにここまできたと…」ガクガク

和「澪!?あなたやっと起きたの…!?」

唯「(あれ?そういや澪ちゃんいたんだっけ?)」

律「おいおい…怖がりなんだから無理して出てこなくても…」

律「……」

律「…!!」

律「澪、お前の能力ってなんだっけ…!?」ゴニョゴニョ

律「(…もしかしたら救世主のお目覚めかもしんねぇ…)」

882: 2010/10/07(木) 23:42:00.39 ID:uHVW2YQ+O
律「憂ちゃん作戦ターイム!!」

憂「…良いですよ。でもこれが最後ですからね?」

律「へへっ!サンキュー!」

律「で、澪…お前の能力なんだが…」

澪「えっ、私の………を………に変える能力…?」

律「…あぁ、お前の能力が憂ちゃんを倒す為の鍵だ!」

澪「ええっ!?」

澪「そ、そんな…私は実戦初めてで…しかもこの能力で…何が…」

律「その能力だからこそ出来ることがあるんだ!」

律「(もし上手くいけば憂ちゃんに大きな隙を与えることが出来る…)」

律「(あとはこの能力について憂ちゃんが全く知識が無いことを祈るのみ…)」

律「唯と澪…作戦はこうだ…」ゴニョゴニョ

883: 2010/10/07(木) 23:49:35.52 ID:uHVW2YQ+O
~~~~~~~~~

唯「了解であります!りっちゃん隊長!」フンス!

澪「お、おい…?ホントにそんなことだけで良いのか…?」

律「あぁ。タイミング間違えんなよ?」

澪「あっ…あぁ…」

澪「(そ、それじゃあ…これで良いのかな?)」パァァッ…!

憂「(澪さんが何か能力を…一体…?)」

憂「(しかしどんな能力を使ったところで私を崩すことは不可能です…)」

律「そんじゃあ…いくぜ!二人とも!」

唯「おー!」

澪「あ、あぁ…」

澪「……」ガクガク

澪「…///」

890: 2010/10/08(金) 00:00:18.32 ID:+VpGk71/O
律「髪の毛を棍棒に変える能力!!」バシッ!

律「憂ちゃんに向かって伸びろ!」ギュンッ…!

憂「なんですか、それ?まさかのさっきのパターンを…」ヒョイ…

唯「よいしょっと!」タッタッタッ…

憂「(ムギさんの代わりに今度はお姉ちゃんが棍棒を蔦ってこっちに…)」

憂「(しかしお姉ちゃんにムギさんほどのスピードは無い…油断しないければまず攻撃は当たらない…)」

憂「(となると本命は…)」

澪「い、いけぇっ!」ヒョイ!

憂「(やはり澪さんですか!)

憂「(単調な作戦だ…三人がかりならどうにかなるのかと思ったんですかね…)」

憂「(澪さんは石みたいな物を投げてきましたが軌道は直線…問題なくかわしてお姉ちゃんの攻撃にも対応でき)」

憂「(る……えっ!?)」

892: 2010/10/08(金) 00:07:33.35 ID:+VpGk71/O
石「こんにゃろー!!!」

憂「(い、石に顔がついてる…?)」

憂「(しかも…ちょっと…かわいい…!?)」

澪「(ああっ///敵に立ち向かっていく姿もラブリー///)」

澪「(良い能力だなぁ…無生物を生物に変える能力…///)」

石「とりゃー!!」

憂「!!」

憂「あいたっ!?」ペシッ

憂「(や、やばい…完全に見惚れちゃってた…!)」

律「やっとデカい隙を見せてくれたな…?何から何まで完璧超人じゃなくて安心したぜ!」

憂「…!?」

唯「やっほーい!」

憂「お姉ちゃん…!」

900: 2010/10/08(金) 00:14:09.75 ID:+VpGk71/O
憂「(しまった…もう真上にまで…!)」

憂「(この距離じゃ…!)

唯「ふふー!やっとお姉ちゃんって言ってくれたねー!」

憂「…!!」

唯「…私は憂のお姉ちゃんで良いんだよね…?」

唯「これからずっと変わらず仲良しの姉妹だよね?」

憂「わたし…は…」

唯「まぁ少なくとも私は憂のことを妹だと思っています…だからっ」パァァッ…!

唯「妹が悪いことしたらちゃんとお姉ちゃんがしつけてあげるから!いくよー!憂!!」

憂「おねえ…ちゃん!」ホロホロ

唯「ゴミを木に変える能力ぁ!!」バジュッ!

908: 2010/10/08(金) 00:31:43.49 ID:+VpGk71/O
エピローグ

空白の才の法則!

~~~~~~~~~
律「あの戦いからもう1ヶ月近く経ったんだなぁ…」

梓「なんだか今でも夢のようですよね…私なんかその日に能力貰ってその日だけに使用しただけですから…」

律「でも私は結構気に入ってたぜあの棍棒」

梓「お似合いでしたものね。まぁ、でも…」

澪「ジュリエッタ…」エグエグ

梓「…澪先輩ほど自分の能力を愛した人もいないでしょうね…」

律「ジュリエッタってなんだよ…あの石の名前か…?」

そう、これはあれから1ヶ月後のある日の日常

912: 2010/10/08(金) 00:40:51.64 ID:+VpGk71/O
紬「まさか憂ちゃんのお父さん…マーガレットが地獄人に支配されていたって聞いた時はびっくりしたわね」

和「しかも、その地獄人ってヤツ。マーガレットにデスペンタゴンっていう天界の吸血生物を貼り付けて憂に能力者バトルで優勝しないと発動させるって脅して…とんでもないヤツよね」

唯「でも、無事に外れて良かったね!ねっ、憂!」

憂「うん!皆さん達のおかけです…本当にありがとうございました…!」

和「ふふっ。もう憂ったらあの日から何回もお礼言っちゃって」

これが憂の能力者バトルに参加していた理由
私を執拗に仲間に狙わせていたのは自分の能力だと殺してしまうんじゃないか…って思ったからだって!
憂はやっぱり優しい子です

913: 2010/10/08(金) 00:46:45.96 ID:+VpGk71/O
~~~~~~~~~

憂「」ドサッ…

梓「ぐっう!」ピキピキッ…

唯「おおっ!あずにゃんナイスキャッチ!」

律「お、おい…お前だからあんま無理すんなって!」

梓「う…憂は軽いから平気です!」

紬「あら?もしかして重いとでも…」ゴゴゴ…

梓「そんなこと言ってないですっ!?」ビクッ

和「それよりも澪の能力…凄いわね!まさか憂に一撃を与えるなんて…」

石「ご主人様!僕やったよー!!」

澪「あぁ!えらいぞ!お前はなんてラブリーでえらいんだ///」

和「……」


マーガレット「(なっ…まさか…まさか憂が負けるなんて…!?)」

917: 2010/10/08(金) 00:56:50.18 ID:+VpGk71/O
マーガレット「(ぬぅぅ…マーガレットになりすまし神となり天界を支配する計画がめちゃくちゃになっただと…!?)」

マーガレット「(憂め…!天界人といえど所詮は人間界にどっぷりと浸かってしまった小娘か…!)」

マーガレット「(許さん!マーガレットの体が出て行きデスペンタゴンを…がっ!?」

神様「そこまでだぜ…マーガレット…いや地獄の守人」

マーガレット「なっ!?神…だと…!?何故ここに…!?」

神様「んなことはどうでも良いだろうよ。それよりも首のデスペンタゴン。物騒だから外させてもらったぜ」

マーガレット「な、なんだと!?」

神様「ここまでだ。さっさと地獄に送還されな」

神様「(斎藤の地獄からビデオレターの言った通りだったな…)」

918: 2010/10/08(金) 01:02:29.59 ID:+VpGk71/O
神様「(さて…ついでにだ…)」

神様「よう!そこ嬢ちゃん達!」

律「うわっ!?変質者だ!」

神様「誰が変質者だ!?」ウガー

神様「(この残った嬢ちゃん達にはもう神候補がいねーんだよな…)」

神様「(知ってる知らないにしろ…空白の才やらのことを含めて俺からちゃんと説明しておかないとな…)」

神様は思っていたより見た目がファンキーでした
りっちゃんが変質者って言う気持ちも理解出来ます
私たちは神様から憂のお父さんのこと空白の才のこと…
そして…さわちゃん先生達のことも聞かされました

920: 2010/10/08(金) 01:10:06.93 ID:+VpGk71/O
~~~~~~~~~

紬「まぁ…黙っていたりっちゃん達の気持ちはまだ理解出来るから良いの」

紬「私に黙っていなくなった了見はどういうことかしらね斎藤?」

斎藤「申し訳ありません紬お嬢様…なんなりと罰を…」

紬「…斎藤」

斎藤「…はい」

紬「私は結構こう見えて人見知りなの」

斎藤「は…はぁ…」

紬「だから貴方は一生私専属の執事!私の許可なく勝手な行動は出来ない!これが罰です!」

斎藤「…!!」

斎藤「…御意」

形として能力者バトルの優勝者は救世主である澪ちゃんで満場一致しました

922: 2010/10/08(金) 01:15:54.16 ID:+VpGk71/O
~~~~~~~~~

犬丸「お、お久しぶりです…和さん…」

和「……」

和「じゃあ、私生徒会行くね」

犬丸「ちょっといくらなんでも冷たすぎやしませんか!?」ガーン

和「…冗談よ」

和「…おかえりなさい。犬丸さん」

犬丸「…!」

犬丸「はい!ただいま帰りました」

和「ところでずっと聞きたいことがあって…」

犬丸「はい?なんでしょう?」

和「なんで澪の能力はあんなに可愛かったのに私の能力はメガネなのよ!?」

犬丸「い、いやそれはだから!いたっ!蹴らないで!」

だけと空白の才はりっちゃんが考えた才になりました
澪ちゃんは本当に形だけの優勝者
だけどのその空白の才の内容に澪ちゃんとあずにゃんは納得していました
実は私はどんな内容なのかしりません

923: 2010/10/08(金) 01:24:25.97 ID:+VpGk71/O
~~~~~~~~~

唯「しかもりっちゃん達もヒドいよね~さわちゃん先生達のことずっと黙ってたんだもん!」

律「いや…それは唯達の為を思ってな…」

澪「許してやってくれ唯…律なんかその場で号泣してたぐらいなんだから…」

律「号泣とかしてねーし!」

梓「いや、してましたね」

律「梓まで~…いやだからそれは違うんだって…!」

ガラッ!

律「おっ、ムギが来たか…な…?」

梓「あっ!逃げた…って…えっ?」

「私が今日から軽音楽部の顧問を担当することなった…」

澪「ははっ…声も同じって…偶発じゃ…ないんだよ…な…?」

唯「…おかえりなさい!」

さわ子「みんな…ただいま!」

『再会!の才』

924: 2010/10/08(金) 01:26:36.47 ID:+VpGk71/O
これで完結です!

次スレは避けたいと思って駆け足になってすいませんでした><

それでも多くの人に支援をしていただけて感謝でした!

本当に読んでいただいてありがとうございました!

925: 2010/10/08(金) 01:27:08.51
乙!
御苦労さま!

928: 2010/10/08(金) 01:28:42.79
おつ

引用元: 唯「ゴミを木に変える力!」