1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:18:39.39 ID:hyNfbz4e0
旅人「……」ザッ

旅人(暗い暗い森の中、手にした灯りだけを頼りに、僕は一人歩く)

旅人(灯りにしているのは、小さな瓶だ。内部の土に混ざった色とりどりの鉱石は、それ自体が魔力を宿している)

旅人(そして、その中には、蛍光色に発光するキノコが生えている)

旅人(「月蛍茸」と呼ばれるキノコだ。魔力に反応して、強く光る性質を持つ)

旅人(時刻は……深夜だろうか。満月の月明かりが仄かに森を照らしている。どこからか梟の鳴き声も聞こえる)

旅人(それなりに歩いた。羽織っている服は、汗ですこし湿ってきている。足も随分と疲労が蓄積しているようだ)

旅人(僕は何故この場所に居るんだろう。記憶が定かではない)

旅人(しかし、この先に、どうしても会いたい人がいる……そんな気がするんだ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463231919

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:27:10.00 ID:hyNfbz4e0
旅人「!」

旅人「……小屋?」

旅人(一つの小屋が目に付いた。御世辞にも綺麗とは思えないが、明かりがついている)

旅人(……怪しい……しかし、少し休みたいと思っていたところだ)

旅人(僕は意を決してドアを叩いた)

男「……珍しい、人がここに来るなんてな」

旅人「旅の者です。少し脚を休ませたいのですが……構いませんか?」

男「ああ……ほら、薬草を調合した茶だ。苦ェが効くぞ。干し肉も喰いたきゃ喰え」

旅人「ありがとうございます」

旅人(……毒は入っていないようだ。いただこう)

旅人(ぐっ……すこぶる苦いっ、肉も……なんだこれは、一日放置したパンのようだ……と言うより、肉の方は味がしない?)

男「へえ、マズいか。そりゃ良いね、生身が機能してる証拠だ」

旅人「……?」

男「何故ここに?」

旅人「分かりません……ですが、この先に居る誰かに会いに行く、という事を覚えています」

男「だろうな」

旅人「あなたは……どうしてここに?」

男「俺ァとある夜の街に居たんだがな」

男「まぁ……そこから色々あってな。探し物をしてたんだが、途中で諦めちまって、身体が此処に留まっちまった」

旅人「?」

男「……もう行きな、「お前は」まだ間に合うぜ、日の出まで時間がある」

旅人「はい……ありがとうございました」

男「……これを持って行け、俺には適合しなかったが、役に立つかもしれない。じゃあな」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:27:27.03 ID:iE15ka5RP
送りの泉かな?

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:36:51.90 ID:hyNfbz4e0
旅人(妙な人だったなぁ……手に何握らされたんだ?)

旅人(この深いブランデー色は……琥珀か。随分と質の高そうなものだ)

旅人(……月が雲に隠れた。キノコの光だけでは厳しくなってきたな)

旅人(此処から先は松明を使おう、魔力も温存してられない)ボッ


旅人「ハァ、ハァ……」

旅人(……魔力の消費量が大きい。そこまでコントロールが下手な覚えはないが……)

旅人(足を一歩踏みしめるごとに、疲労がじわりと重みを増やしていく)

旅人(先ほど休んだばかりだと言うのに……どうしてこんなに疲れているんだ)

旅人(まずい、感覚が無くなってきた……)フラ

旅人「!」

旅人(何だ? 琥珀が熱を……力が湧いてくる!)

旅人「僕の魔力を引き出してくれてるのか……? 何にせよ、まだ進めるぞ」

旅人(……しかし、この森……魔物に出くわさないな)

旅人(いや、居るのかもしれないが……殺気を一度も感じない)

旅人(……まるで僕に関心が無いみたいだ)

旅人「!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:43:01.11 ID:hyNfbz4e0
旅人(奥の暗闇で……何かが光っている……誰かいるのか?)

旅人「……違う、これは」

旅人(すごい……辺り一面に、月蛍茸が群生してる!)

旅人(しかも、全部が一斉に胞子を放ってる……薄い翡翠色のカーテンが揺らいでるみたいだ)

旅人(先ほどの疲れは何処へやら、僕は誘い込まれるように奥へ進む)

旅人「……」

旅人「……これは……」

旅人(そこは、翡翠色のオーロラが棚引く湖だった)

旅人「あれは……孔雀?」

旅人(中央の水面には、真っ白な孔雀がこちらを見ている)

旅人(湖の上には、無数の小さな炎のようなものが、ふわふわと浮遊している)

旅人(あれは、きっと……魂)

旅人(光を奪っていた雲も消え、月の光が湖を照らす。まるで月光の橋のようだ)

旅人「あ……」

旅人(奥の方から、その橋を渡るかのように、水色の魂がこちらへやってきた)

旅人(そうだ、僕はこの人を探していたんだ)

旅人「……父さん」

(……立派になったな)

旅人「……はいっ……!!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 22:53:36.35 ID:hyNfbz4e0
(……お前の顔が見れて満足だよ、まだ帰りは間に合う。早く帰りなさい)

旅人「間に合う……どういう事ですか?」

(この死の森は、生者が夜が明けるまでいると、魂が囚われてしまう)

旅人「え?」

(この湖は、死者の魂が辿り着く場所……本来、我々が会う事は出来ない)

(お前が此処までたどり着けたのは、森に生命力を吸われ、こちら側へ近づいているからだ)

男『へえ、マズいか。そりゃ良いね、生身が機能してる証拠だ』

旅人「あ……だから……」

(……分かったな、今すぐ出るんだ)

旅人「……わかりました。あの白い孔雀は一体?)

(彼女はこの森の神だ。未練を残した魂を呼び寄せている)

旅人「そうなんですか……」

(旅人、達者でな)

旅人「……はい、父さんもお元気で」

(彼を送ってくれないか?)

白孔雀「……」コクリ

旅人(……何だ? 急に眠く……)

(お前と会えて良かったよ、もう私も思い残す事はない)

旅人「……父さん」

(愛しているよ、我が息子よ)

旅人「……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 23:01:30.38 ID:hyNfbz4e0
旅人(目が覚めると、滝の目の前に居た。そうか、僕は此処から落ちて、あちらの世界へ……)

旅人「……」

旅人「……小屋の彼は、辿り着けなかったのかな」

旅人(僕だってそうだ。彼がくれた琥珀が無ければ、途中で力尽きていた)

旅人(彼は今も一人で、あの森に居るのだろうか)

旅人(……彼も、誰かを探していたのかな)

旅人「……行こう」

旅人(今度家に帰ったら、あの湖の事を母さんに話そう)

旅人(ホラ話だって笑われるかもしれないけれど……あっ)

旅人「……残ってたんだ。ありがとう」

旅人(ポーチに入っている琥珀を、ぎゅっと握りしめ)

旅人(僕はまた、見知らぬ土地へ歩き出した)

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 23:11:37.42 ID:hyNfbz4e0

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/15(日) 02:59:54.71 ID:MmUIpuAHo
良かったよ
乙です

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/15(日) 08:09:04.02 ID:/v3u+tMX0

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
引用元: 旅人「死者に会える湖」