1: 2011/07/03(日) 01:42:27.25 ID:HRSSYxu90
まどか「あーあ、最近FPSも飽きちゃったな……」

まどか「おっと、そこは通さないよ」パパパパパ

まどか「何か面白いゲームないかなぁ……」

まどか「ざまぁwwwリベンジにきやがったwww」パパパパパ


まどか「あれ、メール?……まーた外人さんからかなーwww顔真っ赤だねwww」

まどか「ん?」

――……そんなに籠りプレイがしたけりゃ――

まどか「www日本人かよwww嫉妬まるだしwww……ん?別ゲーに移れって内容かな?」

まどか「バーカwwwやなこったwww……粘着してあげようwwwウェヒヒ」プレイヤーノトコロヘイドウ

まどか「……でも、ちょっと調べてみようかな――」

  ―『魔法少女まどか☆マギカ ―わたしの、最高の仲間達』―

6: 2011/07/03(日) 01:47:35.57 ID:HRSSYxu90
     ―――……ホムラチャン、オキロー!!ホムラチャン、オキロー!!

ほむら「……う~ん」カチッ

ほむら「今日も最高の目覚めね」キリッ

ほむら「天気も晴れているし、今日は気分がいいわ」


ほむら「……学校へ行く準備OK。よし、行ってきます――」ガチャッ




ダンボール「……」

ほむら「……え?」

8: 2011/07/03(日) 01:52:07.54 ID:HRSSYxu90
ほむら「……なにこれ、ゴミかしら?」

ダンボール「……」

ほむら「……何でこんなところに?」

ダンボール「……」


ほむら「……まあいいわ、今日は気分が良いから、このまま放置で」

ダンボール「……」

ほむら「朝から気分壊したくないもの、帰ってきてから考えましょ。
    ……その頃には誰か捨ててるこもしれないし」スタスタ



ダンボール「……」ガタ

9: 2011/07/03(日) 01:54:55.51 ID:HRSSYxu90
          ほむら「……」スタスタ

ダンボール「……」ガタガタッスタスタ



          ほむら「……」クルッ

ダンボール「……」ピタッガタン



ほむら(……え?何これ?どういうこと??)

ダンボール「……」

10: 2011/07/03(日) 01:58:00.83 ID:HRSSYxu90
ほむら「……どう見ても、ついてきてるわ……」

ダンボール「……」


ほむら「……あの?」

ダンボール「……」


ほむら「……」ダンボール「……」


ほむら「……」コンコン ダンボール「……」ガタッガタ



ほむら(……中に、誰か、いる……)

12: 2011/07/03(日) 02:02:28.82 ID:HRSSYxu90
ほむら(……もう、無視して行こうかしら……)

ダンボール「……」

ほむら「……」スタス......クルッ

ダンボール「」ガタッ



ほむら「……誰なの?」ダンボール「……」

ほむら「……空けるわよ?」ダンボール「……」カタッ



ほむら「……」ソー ダンボール「……」スー

ほむら「……えいっ!」バッ


まどか「!」

14: 2011/07/03(日) 02:07:42.62 ID:HRSSYxu90
ほむら「……え、まどか!?」

まどか「見つかっちゃったね、ほむらちゃん!」

ほむら「な、何をしていたの?」

まどか「何って、隠れてたんだよ?」

ほむら(それはわかる……隠れていたのはわかる)

ほむら「……えっと、隠れて何をしていたの?」




まどか「スニーキング、ほむらちゃんを」

ほむら(まどかが!私の!!ストーカに!?ほむぅぅぅぅうううう!!!)

16: 2011/07/03(日) 02:13:18.70 ID:HRSSYxu90
ほむら「ハァハァ……スニーキングって……どうして……私を?」ギラギラ

まどか「ほ、ほむらちゃん?……目が怖いよ……?」ヒキッ

ほむら「……あ、ごめんなさい。
    ……それで、どうしてそんなことしていたの?」



まどか「……聞きたい?」ニヤッ

ほむら「……」ビクッ


ほむら(なんだかとても、嫌な予感がする)

ほむら(そう、これは戦士の直感。
    ……いや、あの表情は、見たことがあるから……)

17: 2011/07/03(日) 02:21:53.24 ID:HRSSYxu90
まどか「あのね、ほむらちゃん!実はまたとっても――」

ほむら「ま、まどか?そろそろ遅刻してしまうわ!走りましょう!!」

まどか「――え!?あ、待ってよほむらちゃーん!!」

―――――――――――――――――――――

まどか「――ねえねえ、聞いて?最近私ねー」ヒョコヒョコ

ほむら「……そ、それよりまどか?……その歩き方はなんなの?」

まどか「え?」ピタッ

ほむら(立ち止まってても、若干猫背のような……?
    歩き方も、中腰で歩いて、キョロキョロ周りを見ているし……?)



まどか「――あのね、それでとっても面白い……っ!!」シュッ

ほむら「……え?どうしたの、まどか?早く教室に入りましょう?」

まどか「待って……3、2、1、スタート!」ガラッ

ほむら「は?」


まどか「……」チャッ

19: 2011/07/03(日) 02:26:36.48 ID:HRSSYxu90
まどか「……」チャッチャッ

ほむら「……まどか?」

まどか「フゥー……もう大丈夫だよ、ほむらちゃん!席につこう♪」ヒョコヒョコ


生徒(……なんだあれ?)

        さやか(……なんだあれ?)ッテカ、マドカ?

    仁美(……なんでしょうあれ?)マドカサン?


ほむら(……何これ恥ずかしい///)マドカー

21: 2011/07/03(日) 02:33:11.72 ID:HRSSYxu90
     ―――昼休み―――


まどか「あれー?ほむらちゃーん??」

さやか「ねぇねぇ、まどか?朝のアレさー……――」


     ―――放課後―――

まどか「ほむらちゃーん!!」

ほむら「ま、まどか?」ギクッ

まどか「昼休みはどこにいたのー?捜したんだよー?」

ほむら「ごめんなさい、まどか。ちょっと先生に呼ばれて、職員室に行ってたのよ」

まどか「そうなんだ、じゃあ仕方ないね♪」


まどか「それでね、朝の話しの続きなんだけど……――」

ほむら(逃れられないのね?……今月は、ちょっと生活資金がキツキツなのに――)

22: 2011/07/03(日) 02:34:25.15 ID:HRSSYxu90



     ほむら「TPS?」まどか「そう、サードパーソンシューティング」



25: 2011/07/03(日) 02:43:35.41 ID:HRSSYxu90
ほむら「……って何?……また何かのゲームのことなのよね?」

まどか「大当たりぃ~!
    あのね、前にほむらちゃんと一緒にゲームしてたでしょう?」

ほむら「……ええ、そうね。……数ヶ月して飽きたゲームがあったわね――」

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

    『バーカバーカ!!角待ちに気付かないとかwwwww』

            『今日もまどかは楽しそう……』

『やっぱりこれだから止められないの♪』

       『私は、必ずまどかを救ってみせる!』

   『ザマァwwwwww普通気付くだろwwwwwウメェヒヒwwwww』

『わたしの、たった一人の……』

      『ウェヒヒヒwwww楽しーwwwww相手の顔が見たーいwwwww』

             『……』

     ‐‐--―――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
‐‐--―――――――――――――--‐‐

27: 2011/07/03(日) 02:49:56.58 ID:HRSSYxu90
まどか「――それでね、そのゲームは……ほむらちゃん?聞いてる?」

ほむら「――……あ、ごめんなさい。今、過去を思い出していたの……」

まどか「過去?……もしかして、前やったFPSのこと?
    あれも楽しかったんだけどね……私も流石に飽きちゃった♪」

ほむら「それで、今度はどんなゲームにはまっているの?」

まどか「ん~、まあまた一言でどんなゲームかを言うとね~?――



    ――……一言でいうと、人を撃ち斃すゲームなの」

ほむら(……やっぱり、またそれ系なのね)

28: 2011/07/03(日) 02:54:09.58 ID:HRSSYxu90
まどか「今日はちゃんと説明するね?」



まどか「サードパーソン・シューティングゲーム(英:Third Person shooter, 略称TPS)とは、
    シューティングゲームの一種で、
    ゲーム等における主人公を追う第三者視点でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、
    武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのこと。
    「サードパーソン・シューティングゲーム(Third Person shooting game)」は和製英語で、
    アメリカではサードパーソン・シューター(en:Third Person shooter)と表現する。
    「三人称視点シューティングゲーム」と訳される。――ウィキペディアより抜粋」



ほむら「へぇ……つまり今度は主観でやるゲームじゃないのね?」

まどか「そうだよ!今度は自分のキャラを見ながら戦えるんだー♪」

29: 2011/07/03(日) 02:59:07.14 ID:HRSSYxu90
まどか「と~っても面白いんだよ!正確には色々ルールがあるんだけどね?
   ほむらちゃんは初めてだから、今日はチームデスマッチのみで行くよ」

ほむら(……あれ?まだ、何も言ってないんだけど……)

ほむら「ま、まどか?」

まどか「――じゃあ着いて来てほむらちゃん!」

ほむら「まどか?まだ私は――」



まどか「「ダメかな?ほむらちゃん」ウルッ

ほむら「すぐに行きましょう。まどか」キリッ

30: 2011/07/03(日) 03:02:07.38 ID:HRSSYxu90
まどか「やった~!じゃあ着いて来てほむらちゃん!」

ほむら「どこへでも着いていくわ、まどか」

     ―――まどか家―――

まどか「ただいま~」

ほむら「おじゃまします」

知久「おかえり。おや?今日は友達も一緒なのかい?」

まどか「うん、今から一緒にお部屋でゲームするの!」

知久「そうか、またあまり騒がないようにね?」

まどか「はーい、さあ行こう!ほむらちゃん」

ほむら「……ええ、楽しみ……だわ、まどか……」

33: 2011/07/03(日) 03:05:39.16 ID:HRSSYxu90
まどか「改めまして、いらっしゃい!ほむらちゃん」

ほむら「また、おじゃまするわ」

まどか「テキトーに座って待っててね?今準備するから~」

ほむら(まどかの私室……まどかの臭いが充満してていい気分だわ。
    でも、これから先の展開はきっと……)


まどか「よーし、ゲーム機を起動!準備できたよほむらちゃん!
    今回はね、一緒には出来ないんだけど、変わりばんこでやろうね!
    ――だから、もう少しこっち来て」

ほむら「……あまりゲームを近くでやると、目が悪くなるわ」

まどか「でもそれだと、〝敵がよく見えないよ?〟」

ほむら「……そうね、知っていたわ……」

36: 2011/07/03(日) 03:13:41.54 ID:HRSSYxu90
まどか「じゃあ始めようか!ほむらちゃん」

ほむら(……今度は物々しい雰囲気で、おじいちゃん?がお墓に向かってる……)

まどか「このゲームはねー、ストーリーがもの凄く長くて、
    続き物の有名なゲームなんだけどね?
    今日はそのストーリーモードをやるんじゃなくて、
    オンラインモードの方をプレイするんだよ」

ほむら(そして、またオンラインなのね……)

まどか「基本はFPSの時と一緒だよ!
    銃をもってね、バンバーンって撃ちあって、相手を倒す。
    それで、相手を多く倒した方が勝利~みたいな?そういうゲーム」

ほむら「……それはとっても面白そうね」

39: 2011/07/03(日) 03:24:18.48 ID:HRSSYxu90
ほむら「今回は、操作が違うのよね?」

まどか「うん、FPSとは別の操作感になっちゃうかな?スピードも遅いし」

まどか「だから、まずは操作方法を覚えないとね♪
    今回もトレーニングモードみたいなのがあるから、練習しよ?」

     ―――キャラ選択―――

まどか「見て見て~♪これが私のキャラだよ~!」

ほむら「あら、可愛い……女性キャラも選べるのね」

まどか「そうだよ!簡単なキャラメイクが出来てね?そういう所も面白いんだ」


ほむら「……そういえば、今回はヘッドセットは要らないの?近くに見当たらないけど」

まどか「ウェヒヒ、友達と離れてやる時以外は持ってこないんだけど、
    このゲームは基本そういうの無くても、コミュニケーションが取れるんだよ」

ほむら「そうなの?」

まどか「またプレイしながら説明するね、ほむらちゃん」

41: 2011/07/03(日) 03:34:40.80 ID:HRSSYxu90
ほむら(……選択中チラッと見えたけど、
    このゲームはキャラを複数持てるのかしら?
    選択する名前がいっぱいあったわ……)

     ―――オンラインロビー―――

まどか「ま、ず、はー!このサーバーに行こう」

     ―――トレーニングロビー―――

まどか「ん~……なるべくカス教官じゃないとこがいいけど……」

まどか「……ここにしよう、じゃあ、まずはこの部屋で30分プレイしてね?」

ほむら「あら、今回は知らない人とも練習できるのね」

まどか「そそ♪このゲームは、基本オートマッチングじゃなくてね?
    自分で好きな部屋を立てたり、部屋に入ったりできるんだよ」

ほむら「じゃあ、初心者同士でもプレイできるんだ……」

まどか「この部屋ではね、この部屋を立てた人が教官になって、
    初心者の人を指導してくれるの。
    まあ、一から説明する親切な人はいないんだけどね?
    細かいプレイ方法は私がいるから安心してね、ほむらちゃん」

45: 2011/07/03(日) 03:45:21.78 ID:HRSSYxu90
ほむら「……これはどうすればいいの?」

まどか「まずは武器を選択するんだよ!
    武器や装備品は、ゲームが始まる前に選択するの」

ほむら「いちいちセッティングしないといけないのね……」

まどか「でも面白いんだよ。武器や装備品もバリエーションがあって、
    FPSとはまったく違った戦略を取らないといけないの」

ほむら「とりあえず、メインうウェポンと、サブウェポン、それとグレネードでいいかしら」

まどか「うん、ここは練習部屋だから、自由に動いて遊んでね!」

―――――――――――――――――――――

ほむら「目標を、センターに入れてスイッチ……目標を……センターに――あれ?」

まどか「どうしたのほむらちゃん?」

ほむら「敵が中々倒せないわ」

まどか「あー……ほむらちゃんここ見て」ミギウエ

ほむら「……バーがあるわ」

まどか「これ、ライフバーなの。HP。それと、その下のゲージがスタミナ」

ほむら「ちゃんと表示されていると……それで、どういうことなの?」

48: 2011/07/03(日) 03:51:16.46 ID:HRSSYxu90
まどか「このゲームは、回復はないの」

ほむら「というと?」

まどか「だから、中々死なないように出来てるってこと。
    スピード感も遅いから、銃弾が当てやすいでしょう?
    その分受けるダメージが少なく、銃弾の距離減衰とかもあって、
    胴体に当てるだけじゃ中々倒せないんだよ!」



ほむら「へぇ……そうな――ズキュン――……一撃でやられたわ」

まどか「あくまで胴体とかに当てるなら、だよ。
    このゲーム、ダメージ計算は各部位で違うんだ」

50: 2011/07/03(日) 04:02:07.41 ID:HRSSYxu90
ほむら「……理解したわ。つまり、ヘッドショットを狙えばいいのね?」

まどか「理解が早いね、ほむらちゃん!
    そう、このゲームはヘッドショットが一撃なの」

ほむら「やられたときに表示されるのも、骸骨マークなのはそのためね」

まどか「FPSも、ヘッドショットだとダメージが上がってたでしょ?
    このゲームは相手に中々ダメージが与えられ分、
    頭っていう弱点に当てちゃえば一発で沈められるんだ♪
    でもやっぱり、当てるのは難しいけどね」

ほむら「これは練習が必要ね。主観じゃない分、操作感にもなれないと……」

まどか「三人称のカメラワーク、移動方法、しゃがんだり匍匐したり、
    肩ごし撃ちとロック撃ち!
    ――そして何より、壁に張り付いたり、物陰に隠れたり、ダンボール……」ウェヒヒ


ほむら(だ、だんだんまどかの雰囲気が変わっていく……ような気がするわ)

52: 2011/07/03(日) 04:11:31.05 ID:HRSSYxu90
     ―――30分経過―――

まどか「やっぱりほむらちゃんは、飲み込みが早いよ~羨ましい~」

ほむら「そんなことはないわ。まどかの教え方がうまいのよ」テレテレ

     「そろそろ卒業式を行いまーす」

ほむら「……?何かしら、卒業式?」

まどか「30分トレーニングした後はね、
    教官が30分その部屋に居た人を卒業させることができるの」

ほむら「卒業すると、どうなるの?」

まどか「次は卒業した人が、教官になることが出来るようになるんだ。
    ――まあ、それ以外の意味はほとんどなくて、形式的なものだよ」

ほむら「へぇ……なんだかそういうシステムは面白いわ。お遊び的に考えて」

まどか「ゲームだもん、こういう楽しみもあるんだよ♪」

54: 2011/07/03(日) 04:20:25.45 ID:HRSSYxu90
     ―――卒業式―――

ラーラー♪ラーラー♪ラララーラー♪ララー♪

‐ションクンラハ、タエガタキヲタエ、シノビガタキヲシノビ‐

ほむら「なんか歌いだしたし、語り出したわ」

まどか「イベントシーンだよ。
    ……ほら、この体育座りしてるキャラは、まだ卒業出来ない人なの」

ほむら「ユニークな表現ね」

まどか「こいうのは可愛いと思うなー♪
    ……しっかしこの教官、何も教えてくれなかったね……」

まどか「チッ,,,,,,コイツハゴミキョウカンダナ……あ、ほむらちゃん。
    ちょっとコントローラー貸して」

ほむら「え?……はい、まどか」

まどか「評価は☆ひとつっと……こうやってね、
    最後に教官の評価が出来るんだよ♪」ニコッ

ほむら「……ええ、わかったわ」

56: 2011/07/03(日) 04:30:14.27 ID:HRSSYxu90
まどか「それじゃあ、ほむらちゃん!早速実戦に行こーう♪」

ほむら「お、おー///」

まどか「ウェヒヒ」

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

     ―――オンラインロビー―――


まどか「うーん、どこがいいかなー?」

ほむら「沢山部屋があるわ……」

まどか「これもやっぱり色々対戦ルールがあるから、
    それに合った部屋をみんな立ててるんだ。
    私たちはTDMって書かれた部屋に入ろうとしてるんだよ」

58: 2011/07/03(日) 04:36:35.30 ID:HRSSYxu90
まどか「あ、ここがいいかな?
    ……じゃあまずは、私からプレイするね♪」

ほむら「それより、いいの?私がまどかのキャラでプレイしちゃっても……」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん!これ、捨てキャラだから、気にしないで♪」

ほむら「そ、そうなの?……良かった、まどかの足手まといにはならないですむのね……」

まどか「それに、初心者ロビーと、レベルの低いとこには、
    このキャラじゃないと入れないから……」ニヤッ

ほむら「」ゾクッ



ほむら(まどかは私を気遣ってくれている、くれているはず、
    ……なのに、この悪寒は何?……まどか……)

61: 2011/07/03(日) 04:44:50.55 ID:HRSSYxu90
まどか「よーし、この部屋に決ーめた!」

ほむら「まどか、楽しそうね」

まどか「うん、ほむらちゃんと一緒にやれて、とっても楽しい!」

ほむら(ま、まどかァ……///)


まどか「あ、まだ試合が始まる前だ。
    ……そうそうほむらちゃん、このゲームはチャット機能もついてるの」

ほむら「……あ、だからヘッドセットが必要ないんだ……」

まどか「それも理由のひとつで……それと、部屋に入ったらまず挨拶してね」

ほむら「挨拶……?こんにちは、とか?」

まどか「うーん、そこから始めなくてもいいかなー?よろしくー、とかでいいと思うよ」

62: 2011/07/03(日) 04:54:31.05 ID:HRSSYxu90
ほむら(礼儀正しいまどかカワイイ)

まどか「じゃあ始まるまで、スキルの説明とかするね」

ほむら「スキル?」

まどか「そう、バトルを有利に進められる能力を付けられるの」

ほむら「FPSにも同じようなものがあったわ」

まどか「でも性質がちょっと違うんだ~。
    スキルを付けるだけで、銃の反動を抑えられたり、
    特殊な行動ができたり――」

ほむら「面白そう……色々勉強しなくちゃね」

まどか「私は今回、
    SG――ショットガン――マスタリー2と、トラップマスタリー3、
    それにSOPステルス2を付けていくよ!」



ほむら(……ほとんどよくわからない。
    わからないけど、何をするか理解は出来た気がする……)ホムゥ

64: 2011/07/03(日) 05:05:16.78 ID:HRSSYxu90
ほむら「アキンボ……二丁持ちスキルとかはないの?」

まどか「そういうのは欲しいけど、残念ながらないんだよ~……」シュン

ほむら(落ち込んでるまどかカワイイ)

ほむら「まどかはショットガンを使う気なのよね?」

まどか「そうだよ。一撃では倒せないんだけどね、いちころだよ♪」ニコッ

ほむら(まどかカワイイ)


まどか「あ、そろそろ始まるみたい!よーし、ワクワクしてきたよ!」キラキラ

ほむら「まどか可愛いわ」キリッ

まどか「え!?と、突然どうしたのほむらちゃん……///」

ほむら「……うっかり声に出してしまったわ。ごめんなさい、まどか」

まどか「あ、謝ることじゃないけど……、急に言うからビックリしちゃったよ~。
    ほむらちゃんにかわいいって言われちゃった……。
    ――それはとっても嬉しいなって♪」ウェヒヒ

ほむら(まどか、カワイイわ。あなたは誰よりもかわいくて、わたしの最高の――)

67: 2011/07/03(日) 05:21:09.14 ID:HRSSYxu90
     ―――チームデスマッチ―――

まどか「……さて、ここで敵を待つとしよっ」

まどか「BOOKを仕掛けて……ザマァwwwもうひっかかってやんのwww」

まどか「ねえ今どんな気持ちwwwねえねえどんな気持ちwww」

まどか「すぐにはヤラないよ?……スタンナイフで気絶させて……」バチッ

まどか「ばいばーいwwwwさようならwwww敬礼!」ビシッ


ほむら「――友……」

68: 2011/07/03(日) 05:21:56.65 ID:HRSSYxu90
まどか「後ろががら空きだよwwwwガチャッ……え?
    ――ズキュン――……は?誰?誰よ、私の獲物横取りしたの??」

まどか「お前か……許さない……、CQCで動きを止めて、……ウェヒヒ追ってきたwww
    移動しそうな場所にトラップを……バーカwwwそこで敵にやられるのを待ってろwww」


まどか「おっと、敵と鉢合わせ……でもショットガンの前じゃ無意味だよwww」

まどか「はい、一発喰らわせて仰け反らせて……二発目バーンwwww」

まどか「ほらほらどうしたのーwwwwなすすべもなくやられるのってどんな気持ちーwww」


まどか「楽しいなーwwwバカを見てるのはwwww」ウェヒヒ

まどか「ウェヒヒwwwwwwウェヒヒヒヒwwwwwwww」




ほむら「」

69: 2011/07/03(日) 05:28:24.56
死後敬礼ひでえな

70: 2011/07/03(日) 05:29:32.23 ID:HRSSYxu90
ほむら「ま、まどか……」

まどか「無駄無駄無駄無駄wwwwリベンジとかいいカモwww」

ほむら(マドカァ……)


     ――チームデスマッチ終了――


まどか「あー、楽しかったー!……どう、ほむらちゃん?面白い??」

ほむら「……え、ええ。とても面白そうよ……」

ほむら(ゲームは)

まどか「だよねっ!?やった~ほむらちゃんに気に入ってもらえて良かったよ~」

ほむら「……次は私の番かしら」

まどか「うん!どうぞ、ほむらちゃん」

71: 2011/07/03(日) 05:33:48.49
このまどかは間違いなくBL入り

72: 2011/07/03(日) 05:36:45.53 ID:HRSSYxu90
     ―――チームデスマッチ―――

ほむら「始まったわ」

まどか「ほむらちゃんは、アサルトライフル向きのスキルに変えたんだね」

ほむら「これでいいのかわからないけど、
    ARマスタリー2とファストムーブ2というスキルにしたわ」

まどか「ファストムーブは移動が早くなって面白いよ。素早く相手に近づけるから」


ほむら「……あ、やられちゃった……」

まどか「迂闊に頭を出してるとあぶないよ。
    とにかく頭に当たっちゃうと一撃で沈んじゃうから……。
    ――そして、そういう時はダンボール移動だよ!」


ほむら「ダン……ボール?」

74: 2011/07/03(日) 05:40:29.01 ID:HRSSYxu90
まどか「そう、これだよ!」バッ


ダンボールM「……」

ほむら「……」


ダンボールM「……このゲームにはね、ダンボールがあるの」

ほむら「……そ、それで?」

ダンボールM「R2ボタンを押して?」

ほむら「う、うん……」


ダンボールH「……」

76: 2011/07/03(日) 05:45:43.74 ID:HRSSYxu90
ほむら「なんかキャラがダンボールを被ったわ……」

ダンボールM「じゃあね、そのままちょっとじっとしてて」

ほむら「え?ここMAPのど真ん中なんだけど」

ダンボールM「大丈夫、私を信じて!」


ダンボールM「――……絶対に、今日までのほむらちゃんを無駄にしたりしないから」

ほむら「まどか……」


ほむら「あ、敵が……」

敵「……」キョロキョロ

ほむら「どうしよう、見つかる……」

敵「……」タッタッタ

ほむら「……あれ?」


ダンボールM「……」ニヤァ

77: 2011/07/03(日) 05:51:32.07 ID:HRSSYxu90
ほむら「これは一体……?」

まどか「そういうことだよ、ほむらちゃん!」バサッ


まどか「こうやってダンボールを被っていれば、
    相手は気が付かないで素通りしていくんだよ!」

ほむら「な、なんで?」

まどか「今度は移動しようか、ほむらちゃん。
    ……あ、そのままダンボールは被っててね♪」


ほむら「……ん?あそこにダンボールが……ッハ!?敵――」チャキッ

まどか「……」ジー

ほむら「この、この……あれ?……中に、誰も居ない?」バババッカタカタ

まどか「……フフフ」

79: 2011/07/03(日) 06:01:04.04 ID:HRSSYxu90
ほむら「……どういうこと?」

まどか「つまり、このゲームには、
    そこらじゅうにダンボールが配置されていて、
    そのダンボールに自分がなるってことも出来るんだよ!」

ほむら「なんと」

まどか「だから相手は、いつものダンボールだと思って、
    素通りしていったりするの!どう、すごいでしょー」ウェヒヒ

ほむら「なるほど、これも戦略のひとつってこと……」

まどか「そう、それとね?ダンボールを被ってると、頭の位置も下げたりできるから、
    ヘッドショットを狙われにくくなるんだー」

ほむら「……逆を言えば、相手も使えるから、ヘッドショットを狙いにくくなるのね」

まどか「うん、それを応用して、ダンボール回避とか言う技もあったりするけど、
    今は気にしなくていいかな?
    ここはレベルも低いし、そういうことする人は滅多に居ないだろうから」


ほむら「わかったわ、まどか。危なくなったらダンボールで隠れればいいのね?」

まどか「そういうことだよ、ほむらちゃん!――さあ、一緒にダンボール生活をしよう♪」バッ

80: 2011/07/03(日) 06:09:15.63 ID:HRSSYxu90
ほむら(まどかと、一緒に、ダンボールで生活……!?)

ほむら(それは、とっても卑猥、……いえ、けしからんこと)

ほむら(ダンボールで、一緒のダンボールで……)ホムホムホム



ほむら「……それより、まどか。朝ダンボールを被っていたのって……」

まどか「えへへ///最初は気付かなかったでしょ、ほむらちゃん。
    ダンボールはすごいんだよ!」

ほむら(存在感はバリバリだったのだけど)



まどか「私がもっとうまければ、
    ダンボールひとつでスニーキングミッションも可能になるんだよ」


ほむら「是非お願いするわ、まどか」


まどか「ふぇ?なんで?
    ほむらちゃんには見つかっちゃったから、もう使えないよ……」

ほむら(あの時の私に言ってやりたい、迂闊な真似はするなと……)

83: 2011/07/03(日) 06:15:19.76 ID:HRSSYxu90
     ―――時間経過―――

ほむら(しかし、本当にこのダンボール凄いわ……)

ほむら(……あ、また敵が素通りしていった……)

ほむら(後ろをとったわ、今ね)カチャッ


まどか「うまいうまい、ほむらちゃん!だんだんなれてきたね」

ほむら「まだ百発百中とはいかないけど、敵がブレなければ頭を狙えるわ」

まどか「こんな短期間で、才能ありすぎだよ~ほむらちゃん」

ほむら「そ、そんなこと……褒め過ぎよ、まどか」


まどか「――……これなら、すぐにサバイバルに参加できそう」ボソッ

ほむら「え?何か言った、まどか」

まどか「ううん、なんでもないよ、ほむらちゃん」

84: 2011/07/03(日) 06:19:34.81 ID:HRSSYxu90
まどか「あんまりダンボールの力を過信し過ぎてもだめだよ?」

まどか「うまい人は、警戒してとりあえず発砲するから」

ほむら「わかったわ」

まどか「物陰に隠れる時に使ったりするのが、ベストな使い方だと思うな」


ほむら「……ダンボールで移動している姿、可愛い」

85: 2011/07/03(日) 06:24:41.75 ID:HRSSYxu90
     ―――時間経過―――


      ゴーゴーゴー!
ゴーゴーゴー!
             ゴーゴーゴー!
     ゴーゴーゴー!
ゴーゴーゴー!      ゴーゴーゴー!
        コトワル


ほむら「なんだかうるさい……これは、なんなの?」

まどか「やっと関心を持ってくれたね、ほむらちゃん!
    これこそ、このゲームのコミュニケーションツール、
    〝無線〟だよ!」

ほむら「無線?」

まどか「そう、無線。……セレクトボタンを押してみて」

86: 2011/07/03(日) 06:32:33.36 ID:HRSSYxu90
ほむら「この表示は……」

まどか「方向キーで選択して」

ほむら「こうかしら」

まどか「それで、好きな言葉を選んで」

ほむら「……これでいいわ」


      キライデス♪

フォォォォォ!    
          ワルカッタ
  ケッコンシテクレ!


ほむら「喋ったわ」

まどか「こうやって、無線を使ってコミュニケーションが取れるんだよ!」

まどか「発言すると、味方に誰が発言してるかもMAPに表示されるから、
    危ないときは無線で仲間を呼んだりできるよ」

まどか「他にも敵の位置を知らせる無線言語とかがあって、
    これも戦略のひとつになるの」

ほむら「……お、面白い」

88: 2011/07/03(日) 06:42:25.47 ID:HRSSYxu90
     ―――時間経過―――

ほむら「……武器にM60もあるのね」ホムー

まどか「ほむらちゃんは重火器が好きだねー♪
    このゲームのM60は、中々手が出せないからアレだけど、
    使いこなすともの凄く強いよ」

ほむら「このドレビンポイントって厄介ね」

まどか「敵を倒したりするともらえるボーナスポイントだね。
    それで、ポイントを溜めて強い武器を買っていくのも、
    このゲームの楽しみなんだ」

ほむら「キリストリークの代わりのようなものね」

まどか「M60は高いから、いっぱい的を倒していかないと、
    中々ずっと使い続けるかとができないから……。
    使い続けられる武器を、ずっと選ぶ人が多いこういうゲームじゃ、
    中々日の目をみないね」

ほむら「この武器で、敵を倒し続ければずっと使えるわ。
    だから私はこの武器で戦い続ける!」

まどか「ほむらちゃん……かっこいいよ~///」

92: 2011/07/03(日) 07:31:56.15 ID:HRSSYxu90
ほむら「反動が……っでも!」

ヤァアアアアアアアアア!!

ほむら「……撃つたびに叫ぶのね」

まどか「面白いよね」



ほむら「熱い、熱いわ!!」ヤァアアアアア!!

まどか「ほむらちゃん、意外と熱血キャラだよね」

93: 2011/07/03(日) 07:47:37.40 ID:HRSSYxu90
     ―――時間経過―――

ほむら「よし、キル>デスよ」

まどか「もう大丈夫だね、私の解説がなくても」

ほむら「……あ、まどかに変わるのを忘れていたわ……」

まどか「いいんだよ、ほむらちゃん。
    ほむらちゃんが楽しそうにしてるのを、見ているだけで楽しいから♪」

ほむら「ありがとう、まどかぁ……」ジーン




まどか「……それで、ねえ、ほむらちゃん」

ほむら(これは、まさか……)

95: 2011/07/03(日) 07:57:03.79 ID:HRSSYxu90
まどか「――……そろそろ、外が暗くなってきたから……」

ほむら「……あ、え?本当……もうこんな時間なのね。気がつかなかったわ」

まどか「どうする?……家で、夕飯食べてく?」

ほむら「……それには及ばないわ。今日はもう帰ることにするわ」

ほむら(まどかの家族の、一家団欒を邪魔したくないし……)


まどか「そっか……残念だな……じゃあ、また明日会おうね!」

ほむら「(……あれ?)ええ、また明日会いましょう、まどか」

―――――――――――――――――――――

オジャマシマシタ

ほむら「……おかしいわね」

ほむら「てっきりまどかは――」


      『ねえ、ほむらちゃん。
     ほむらちゃんもこのゲームを買って、
     これからも一緒にやらない?』

      『ねえ……ほむらちゃん。
     ……ダメなの……かな?買えないの、かな?」

96: 2011/07/03(日) 08:02:08.92 ID:HRSSYxu90
ほむら「――……何て押してくるのかと思ったのだけれど……」

ほむら「考え過ぎかしら?
    ……まどかは良い子だもの、
    もしかしたら私の事情を察してくれたのかも……」

ほむら「まどか……」


―――――――――――――――――――――


まどか「――さて、
    これでマミさん、杏子ちゃん、ほむらちゃんには紹介できた……」

まどか「後はさやかちゃんと、仁美ちゃん……ううん上条君でもいいかな?」

まどか「ウェヒヒ……楽しくなってきたよ……」

100: 2011/07/03(日) 08:37:31.09 ID:HRSSYxu90
     ―――数日後―――


     ―――……ホムラチャン、オキロー!!ホムラチャン、オキロー!!

ほむら「……う~ん」カチッ

ほむら「今日もいい朝ね、まどかの声は透き通るわ」

ほむら「気分が良い、今日もまどかに会えるし最高だわ」


ほむら「……学校へ行く準備OK。よし、行ってきます――」ガチャッ




ドラム缶「……」

ほむら「……え?」

101: 2011/07/03(日) 08:41:47.62 ID:HRSSYxu90
ほむら(これはどう考えても……)

ドラム缶「……」

ほむら(……いや、これにツッコんだらダメ、私は学習したわ)

ほむら(気付かなければ……私の所に毎朝……)ホムホム

ほむら「……学校に行きましょう」スタスタ



ドラム缶「……」ガタン

102: 2011/07/03(日) 08:46:54.75 ID:HRSSYxu90
ほむら「……今日もいい天気ね」スタスタ

ドラム缶「……」ガタンッガタン


ほむら「空気がおいしい」スタスタ

ドラム缶「……」ガタンッガタン


ほむら「……」クルッ

ドラム缶「……」ピタッガタン


――……ママーナニアレー?ミチャイケマセン!!ドラムカン!?ドアルカンガアルイテル!!ハ?バカイウナッテ......エエ!?


ほむら(目立ち過ぎだろ……)

ドラム缶「……」ワクワク

103: 2011/07/03(日) 08:52:36.20 ID:HRSSYxu90
ほむら(ダメ、ダメよ!暁美ほむら!!気にしたらダメ)

ほむら(ここで我慢すれば、
    きっと輝かしい、まどかのスニーキングライフが私を待ってる――)


ドラム缶「エイ……」ガタンッゴロゴロゴロ

                ほむら「」......ゴロゴロゴロ


ドラム缶「……」ゴロゴロゴロッピタッ

ほむら(いきなり倒れて、転がり始めて、止まった……)


ドラム缶「……オ」ガバッ

ほむら「お?」


まどか「オエー」

ほむら「」

104: 2011/07/03(日) 08:57:22.08 ID:HRSSYxu90
ほむら「……何してるの、まどか」

まどか「オエー……酔っちゃったよ、ほむらちゃん……」

ほむら「それは、見ればわかるのだけれど……何故あんな行動を?」

まどか「だってぇ~……ほむらちゃん、中々気付いてくれないんだもん……」



ほむら「……気付いて、ほしかったの?」

まどか「うん、それにこのドラム缶、ちょっと臭いし……ね」

ほむら(ならなんで、わざわざドラム缶被って私を待っていたのか)

107: 2011/07/03(日) 09:05:35.76 ID:HRSSYxu90
ほむら「大丈夫?ほら、しっかりつかまって」

まどか「はぅぅ……ありがとう、ごめんねほむらちゃん」


ほむら(まどかに肩を貸して、合法的にくっつける……!)

ほむら(それに、あんな狭い所で、歩きにくい体制を取りながら、
    必死に私の後をつけてきたまどかは汗ばんでて……)

ほむら(ほむ、ほむむ、頭が沸騰しそうだよー///)ホムッホムホムッホフー


まどか「ほむらちゃん……?鼻息がちょっと荒いよ……」


―――――――――――――――――――――

109: 2011/07/03(日) 09:16:39.50 ID:HRSSYxu90
ほむら「ついたわ、まどか」

まどか「うん、もう大丈夫だよ、ほむらちゃん」


さやか「ヒュー!!お熱いねーお二人さん!
    腕なんか組んじゃって、いつからそんな関係に?」

ほむら「黙って、美樹さやか。まどかの体調に響くわ」

まどか「おはよう、さやかちゃん……」

さやか「うっ、あんたは相変わらずのテンションですね。
    ……まどかに何したのよ?」

まどか「ほむらちゃんは悪くないよ、私を助けてくれたんだよ……」

ほむら「そうよ、貴方には関係ないから、引っ込んでなさい」

さやか「なーにおー!私だってまどかのことが心配じゃー!!」


仁美「皆さん御機嫌よう、私も色々と混ぜてほしいですわ
   ――ほとんどどこにも出番がないの」

110: 2011/07/03(日) 09:21:27.20 ID:HRSSYxu90
     ―――昼休み―――

さやか「――……でさー、こないだまどかに勧められた……」

まどか「あれー、またほむらちゃんが居ないよ?」

仁美「暁美さんなら、さっき教室を出て行きましたわ」

さやか「――……あれ面白いねー、マミさんもやってるんだっけー?」

まどか「……せっかく準備が整ったから……」

仁美「まどかさん?……お顔が悪人面になっていますわ」

113: 2011/07/03(日) 09:46:21.64 ID:HRSSYxu90
     ―――放課後―――

まどか「ほむらちゃーん!!」

ほむら「まどか?」

まどか「昼休みはどこにいたのー?捜したんだよー?」

ほむら「ごめんなさい、まどか。ちょっと先生に呼ばれて、職員室に行ってたのよ」

まどか「偉いねほむらちゃんは、それじゃあ仕方ないね♪」


まどか「それでねえ、ほむらちゃん。話しがあるんだけど……

ほむら「何かしら?(……もしかして、またまどかの家にお誘い?)」


まどか「こないだ一緒にやったゲーム覚えてる?
    ほむらちゃんもあのゲームを買って、
    これから一緒にやらない?」

ほむら「」

114: 2011/07/03(日) 09:58:02.00 ID:HRSSYxu90
ほむら(時間差攻撃なのね、まどかぁ)

まどか「それでね、今日は一緒にあのゲームを買いに行きたいなーって♪」

ほむら(逃がさないつもりなのね、まどかぁ)

ほむら「その、私今手持ちのお金が……」



まどか「……ダメなの……かな?買えないの、かな?」ギュッ

ほむら「お金降ろしてくるわ」キリッ

127: 2011/07/03(日) 11:23:10.39 ID:HRSSYxu90
―――――――――――――――――――――

ほむら(結局買いに来てしまった)

まどか「あ、ほむらちゃん。
    ゲームのストーリーに興味が無ければ、こんなのもあるよ」

ほむら「……っ!安いわね、これ」

まどか「これはね、オンラインモード専用のみ搭載で発売してるの。
    だから安いんだよ!」

ほむら「じゃあ私はこれを買うわ。ありがとう、教えてくれて」

まどか「ほむらちゃんと一緒にゲームが出来るなら、なんだってするよ♪」


ほむら(な、なんだってね……)

132: 2011/07/03(日) 11:29:12.31 ID:HRSSYxu90
     ―――ほむら家―――


ほむら「またこの展開になってしまった……」

ほむら「……色々登録しないといけないみたいね」

ほむら「めんどうだけど、これもまどかのため。我慢するしかないわ」


     ―――まどか家―――


まどか「ほむらちゃんは今頃セッティング中かな?」

まどか「今の内にメンバーを集めておこう♪」メルメル


     ―――マミ家―――


マミ「鹿目さんからメールだわ!
   ……久しぶりの友達からのメール、保護かけておこうかしら」

マミ「何々、内容は――」

135: 2011/07/03(日) 11:37:21.55 ID:HRSSYxu90
     ―――さやか家―――


さやか「お、まどかからメールだ!」

さやか「……これは前に言ってた、クラン結成集合企画かなー?」

さやか「よーし、さやかちゃんはりきっちゃいますぞー!」


     ―――ネットカフェ―――


杏子「あいつが言ってたけど、これでいいのか?」

??「だいじょうぶだと思うよ、キョーコ」

杏子「お、ゲーム内でメールできるのか!便利じゃねーか」

??「わたしがキョーコを守るから、安心してね!」

139: 2011/07/03(日) 11:42:17.32 ID:HRSSYxu90
     ―――ほむら家―――


ほむら「これでOKね」

ほむら「キャラは……あれ?男性しか選べないわ??」

ほむら「どういうことなの?女性がいいのだけれど……」

ほむら「仕方ないわ、とりあえず適当に作ってインしましょう……」

ほむら「声は……この某堕天使で使われてるような声にしましょう」


ほむら「――ん?まどかからメール……」

140: 2011/07/03(日) 11:46:59.14 ID:HRSSYxu90
     ―――オンライン部屋―――


まどか「待ってたよほむらちゃん」

ほむら「おまたせしてごめんなさい」

マミ「久しぶりね、暁美さん」

さやか「おっそいぞー!待ちくたびれたー!」

杏子「お前が言うな」

??「いうな!」


ほむら「せっていにてまどっちゃったの」

まどか「あー、まだほむらちゃんはチャットに慣れてないんだよね?
    ボイスチャット使おうか」

141: 2011/07/03(日) 11:53:03.74 ID:HRSSYxu90
ほむら「これで、聞こえるかしら?」

まどか『大丈夫、ちゃんと聞こえてるよ』

??『なにこれー!おもしろーい!!』キャッキャ

杏子『こら、ゆま!静かにしろ!!』

ゆま『キョーコの声が、二つ聞こえるよー!』


ほむら「聞きなれない声がするの、だけれど……彼女はまさか……」

まどか『あ、ほむらちゃんは初めて会うんだっけ?
    紹介するね、杏子ちゃんの友達?のゆまちゃんだよ』

ゆま『ゆまです、よろしくおねがいします』

ほむら「え、ええ……よろしく」


ほむら(ま、まどかは見境なく誘ってるの?これ、たしか対象年齢は――)

145: 2011/07/03(日) 12:03:08.84 ID:HRSSYxu90
さやか『さー早速集まったんだから、何かやりにいこーよー』

マミ『焦らないの。まずはキャラの紹介をしましょう』キリッ

まどか『そうだね、ほむらちゃんに覚えて貰うのと、
    フレンド登録してもらわないとね』

ほむら「えーっと……スタートで、各キャラのネームに合わせて……」


MADLAX

SAYA-endo

tiro finale

Crimson Spear

‐kyouko‐


ほむら「ってあれ?……同じ人間が二人いるような……」

杏子『チッ』

ゆま『ゆまがキョーコだよ!好きな名前をいれろって言ってたから……』

149: 2011/07/03(日) 12:08:02.56 ID:HRSSYxu90
まどか『それではー!……私たちは、クランを作りたいと思います!』

ほむら「クラン?」

マミ『ク、クラン!』

さやか『おー!パチパチパチ』

杏子『なんだそれ、食いもんか?』


まどか『違うよ!私たちで、チームを作るんだよ!』

151: 2011/07/03(日) 12:16:22.28 ID:HRSSYxu90
まどか『クランって言ってね?
    オンラインゲームにおけるユーザーコミュニティの一つで、
    主にFPSゲームにおいて同じ志を持つ集団(チーム)の事を言うの』

まどか『これはTPSだけど、同じことが出来るんだよ』

ほむら「じゃあ、私たちは同志になるということね」

マミ『今まで、どこからも誘われなかったけど……やっと……』


まどか『で、私たちは6人いるわけだけど、
    今日とりあえず、〝サバイバル〟で五連勝をしてみたいと思います!』


さやか『えー!?五連勝!?』

杏子『ああ、サバに行くから集まったのか。……なんだ、楽勝ジャン』

ゆま『らくしょー!らくしょー!……サバってなに?お魚??』

154: 2011/07/03(日) 12:32:00.31 ID:HRSSYxu90
まどか『説明するね』

まどか『装身具を手に入れるためのリワード(rwd)を手に入れることが出来るモードのことで。
    デイリーリワードと違い、戦績次第では一気に大量のrwdを獲得することができるの』

ほむら「リワード?」

まどか『このゲームで言う、お金みたいな概念かな?』

ほむら「装身具って、身に着けてる服のことかしら?」

まどか『そうだよ!それで色々お洒落ができるようになるの』


さやか『じゃーん!見てこのサングラス!!かっこいいでしょー?』

杏子『……へたれにはお似合いのサングラスだな』ボソッ

ゆま『めりうー!』

156: 2011/07/03(日) 12:39:35.47 ID:HRSSYxu90
まどか『でね、そのリワードを稼ぐには、
    サバイバルとか、いわゆる公式戦に出ないともらえないんだ』

まどか『ボーナスで、一日に一度だけリワードがもらえるんだけど、
    凄く少ないから、あんまり効率が良くないの』

ほむら「なるほど、わかったわ。……でもサバイバルでは、具体的に何をするの?」

まどか『私たちと同じように、

    ――チームを組んでる奴らをかたっぱしから倒していくんだよ』

ほむら「ああ、そう……」

マミ『そうね、暁美さんはまだこおのゲームに慣れてないのよね?
  ゲームのルールはわかるのかしら?』

ほむら「TDMならやったわ」

さやか『あちゃーそれだけじゃダメダメ!サバでは色んなルールで対戦するんだからー』

159: 2011/07/03(日) 12:46:06.06 ID:HRSSYxu90
まどか『そんな言い方しちゃダメだよさやかちゃん。
    それで、まだサバイバル開催まで時間があるから、
    ここで少し色んなルールの練習をしよう♪』

マミ『それはいいわね。丁度三体三だし、練習は出来るわね』

ほむら「じゃあ、教えてもらおうかしら」


杏子『言っとくが、あたしはスパルタだぞ?覚悟しとけよ』

ゆま『しとけよ!』

ほむら「充分よ、五連勝をするということは、それだけ強くないといけないのでしょう?」

さやか『よーし、さやかちゃんが手取り足取り教えちゃうから!』


まどか『うん、足は引っ張らないでね』

さやか『ま、まどか!?』

まどか『冗談だよ、さやかちゃん』ウェヒヒ

164: 2011/07/03(日) 12:56:28.56 ID:HRSSYxu90
まどか『じゃ、一通りやってみよっか♪』

ほむら「とりあえず、まどかと同じチームを所望するわ」


―――――――――――――――――――――


キャプチャーミッション
『うわー!誰か来てー助けてー!あ、グレネー――』ボーン

ベースミッション
『ここは私が一人で――』ボーン

ボムミッション
『解除、解除しなきゃ……あれ、冷却間にあ――』ボーン

レースミッション
『へへ、走るのは得意だからねー!ほら、ゴール!え、あ、トラップ――』ボーン

レスキューミッション
『ここに隠れて待ち伏せしとけば……よし、そうそうこっちに、え、グレ――』ボーン

チームスニーキングミッション
『フフフ、今度は姿が見えないんだから、絶対に喰らわな――』ボーン

166: 2011/07/03(日) 13:01:39.12 ID:HRSSYxu90
杏子『どういうことだ、オイ』

ゆま『こいつ、しんでるじゃねーかぁ!』


―――――――――――――――――――――」


ほむら「大体覚えたわ」

まどか『流石はほむらちゃん!もう何も言うことないよ!』

マミ『すごいわね、暁美さん。
  もしかしたらプロゲーマーになれるかもしれないわ』

ほむら「お世辞はよして、照れるわ」

マミ『あらあら、可愛い。ウフフ』

ほむら「……」ホムゥ


さやか『……ごめん』

杏子『……食うかい?』

ゆま『いただきまーす』

169: 2011/07/03(日) 13:08:19.89 ID:HRSSYxu90
まどか『じゃあ、そろそろサバイバルロビーに移動しようか』

ほむら「もう時間なの?」

まどか『本当はもう少し時間があるんだけど、
    人気だからすぐにサーバーが埋まっちゃうの』

マミ『20分前くらいならすんなり入れるわね』

ほむら「そうなの」

まどか『まあ、時間が来るまでは作戦を練ろうか』


杏子『ま、あたしが居れば作戦なんかなくてもかてっけどな!』

さやか『さっきは負けた――』

ゆま『キョーコはわるくない!』

さやか『……はい』

171: 2011/07/03(日) 13:11:41.20 ID:HRSSYxu90
まどか『目指せ、五連勝!みんな頑張ろう!!』

ほむら「ええ、まどかとなら誰が相手でも負ける気がしないわ」

マミ『頼もしいのね、私のことも守ってもらえるかしら』

さやか『絶対勝つぞー!』

杏子『頼むよ、ほんと』

ゆま『キョーコはゆまが守るからね!』


  ―『魔法少女まどか☆マギカ ―わたしの、最高の仲間達』―

202: 2011/07/03(日) 17:01:51.73 ID:HRSSYxu90
泣いた、続き書く

204: 2011/07/03(日) 17:08:44.16 ID:HRSSYxu90
     ―――サバイバルロビー―――


まどか『――……でこのルールだったら……』

マミ『OKィ、任せて』

さやか『私は、私は何をすればいい!?』

まどか『頑張って(囮になって)くれれば、それでいいよ!』

さやか『了ぉ~解!さやか、いっきま~す』

ゆま『……なんかねー、わかんないけど、ウザい』

杏子『ゆま、黙ってろ』

ほむら「いよいよ、対戦が始まるのね」

208: 2011/07/03(日) 17:18:28.03 ID:HRSSYxu90
     ―――対戦相手マッチング中―――


さやか『よっしゃあ、私のサニーデイズ!天気も気分も晴れハレですよー!!』

杏子『……血だまりスケッチにはなるなよ?』

ゆま『血……』

ほむら「緊張するわ」

まどか『大丈夫だよ~、チャンスは一回ってわけじゃないし』

マミ『そうよ。一定の時間帯までなら、何度も対戦できるの』

まどか『だからサバイバル、戦わなければ、生き残れない!』

マミ『五連勝だって、やろうと思えば何度も出来て、
  実質十、十五連勝だって出来るのよ?』

ほむら「なんだ、じゃああまり気を張り詰めなくてもいいのね」

まどか『でも、心は全戦全勝で行く気を持ってね。
    負けると思って戦っても、勝てるわけないから』

ほむら「大丈夫、まどかとなら、私は何にも負けないわ」

212: 2011/07/03(日) 17:28:13.37 ID:HRSSYxu90
     ―――1戦目―――

レスキューミッション
さやか『ここは、さっきの練習を生かして……果敢に攻める!』

まどか『あ!待って、さやかちゃん!!独りで突っ込んだら』

さやか『―うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!―』ダダダ

マミ『ちょ、無線うるさ、美樹さーん!』

杏子『チッ……世話の焼ける奴』ダダダ

ゆま『あ、待ってーキョーコ!ゆまも行くー!!』ダダダ

まどか『ちょwww待てwww勝ってな行動をwww』


さやか『うおっほ!な、なんでこんなところにBOOKが――』

杏子『バカッ!逃げろ!!』

さやか『いや、逃げられ――』バチッ

杏子『さやか!……くそっ!!』

ゆま『キョーコ!グレネード投げるよ!?……えいっ!あっ……』ポイッカン

杏子『ゆま、あんた今どこに投げ――』ボーン

215: 2011/07/03(日) 17:35:00.40 ID:HRSSYxu90
     ―――1戦目終了、負け―――


まどか『アホカ……負けちゃったね、ほむらちゃん』

ほむら「ごめんなさい、私のせい……」

マミ『暁美さんは悪くないわ。大丈夫、貴方は強い。
  自信を持って!』

さやか『そーそー、こんな時だってあるある』

まどか『チッ……ほら、見てほむらちゃん。
    なんとね、負けても一応1戦ごとに、リワードがもらえるんだよ』

ほむら「少ない……まるで残念賞ね」

まどか『うん、でも塵も積もれば山となる、だよ!』

マミ『そうね。負けても、何度だって挑戦すれば、
  いつかその努力は実を結ぶわ』

ほむら「……ええ、ありがとう、まどか……それと、巴マミ……///」

マミ『ウフフ』


さやか『私はー?私にはー?』

杏子『戦犯は黙ってろ、な?』

218: 2011/07/03(日) 17:41:21.27 ID:HRSSYxu90
     ―――対戦相手マッチング中―――


ほむら「次は勝つわ」

まどか『その意気だよ、ほむらちゃん!』

さやか『次は勝つわ』キリッ

まどか『……さやかちゃんは、ちゃんとみんなと連携してね?』

マミ『チームワークが大事よ。焦らず行きましょう』

杏子『フンッあたしは勝手にやらせてもらうよ』

ゆま『……キョーコ、顔赤いよ?』

杏子『バカ、黙れ///』



マミ『仲間って、本当にいいものだわ……』

マミ『体が軽い…。こんな幸せな気持ちで戦うなんて初めて
  もう何も怖くない! 私、一人ぼっちじゃないもの』

222: 2011/07/03(日) 17:47:28.97 ID:HRSSYxu90
     ―――2戦目―――

チームスニーキングミッション
さやか『慎重に、慎重に……』

マミ『ここは私に任せて!……ターゲットを取りに行くわ』

まどか『マミさん、任せました!私たちはチャフグレネードの準備!』

ほむら「チャフ……相手の通信機能を妨害させる兵器ね」

杏子『こっちも通信できなくなるけどな。
   なぁに、作戦があるんだし、余裕だよ』

ゆま『ゆまは、キョーコについていくよ』


マミ『今よ!チャフをお願い!!』

まどか『はい、マミさん!!』

ほむら「私は巴マミを援護するわ。この麻酔銃で」

224: 2011/07/03(日) 17:54:13.14 ID:HRSSYxu90
     ―――2戦目、TSNE攻撃側―――


さやか『……お、あいつ棒立ちじゃん』

さやか『……へへ、ちょっとナイフでスタンとキル稼ぎしときますか♪』


マミ『敵が4人……でも、物陰から匍匐していけば気付かれないはず!』

マミ『相手にはこちらが見えない、自分の影も、影によって隠れる』

マミ『行けるわ!』


ほむら「中々あたらないわ、この麻酔銃」

まどか『気を付けてね、ほむらちゃん。
    位置がバレて攻撃を受けると、全員のステルス機能が解けちゃうから』

ほむら「それには及ばないわ、心配しないで、まどか」


杏子『よし、あたしたちは反対側のターゲットを取るぞ。挟み撃ちだ』

ゆま『りょうかーい』

226: 2011/07/03(日) 18:02:47.74 ID:HRSSYxu90
     ―――2戦目、TSNE攻撃側―――


さやか『くらえ!』バチッ

さやか『うしうし、あとはとどめを刺して――え?』バンバンッババババ

さやか『え、何!?攻撃!?どこから――ダメ、ステルスがっ!!』ピシュン

さやか『……あたしって、ほんとバカ』ズキュン

さやか(しかも、気絶させた奴は一発叩かれただけで起きてるし……)


マミ『……せっかくのとこ悪いけど、一気に決めさせて……もらうわよ!』

マミ『ティロッ――』ピシュン



           敵「……!」

敵「……!」  マミ『――え?』  敵「……!」

           敵「……!」


まどか『マ、マミさぁーん!……ッテ、マタサヤカカヨ……コレモダメダナ』

ほむら「これはひどい」

228: 2011/07/03(日) 18:08:35.24 ID:HRSSYxu90
     ―――2戦目終了、負け―――


マミ『……ごめんなさい』グスッ

まどか『気にしたらダメですよ、マミさん!』

ほむら「貴方はよくやっていたわ」

マミ『うん、ありがとう。……ごめんね?カッコ悪いとこばかり見せちゃって』

さやか『大丈夫ですって!気にせずもう1戦行きましょう!!』

まどか『オマエハキニシロ……私たちももっと頑張りますから、次は勝ちましょう!』


ゆま『ゆま、目がつかれたよキョーコ』

杏子『頑張れよ、後でうまか棒やるから』

231: 2011/07/03(日) 18:16:35.72 ID:HRSSYxu90
     ―――対戦相手マッチング中―――


ほむら「それにしても、相手も強いわね」

まどか『みんなリワード欲しくて、頑張ってるんだもん。
    必死にやってるんだよ』

マミ『サバイバルもそうだけど、公式戦には猛者が集まり安いの』

杏子『ま、そいつら倒してる間に、自分も強くなってるんだけどな?』


さやか『あーあ、もっと弱いとこと当たらないかなー?』


まどか『……上を見る人は強くなって、下ばかり見続けても強くはなれないから』

マミ『今のうちに経験をしときましょう、ってこと。頑張りましょうね、暁美さん』

ほむら「ええ、必ず相手を越えてみせるわ」


さやか『お、ここは弱いチームかぁ!?……ここと当たれここと当たれ』

ゆま『うるさい、黙れ』

236: 2011/07/03(日) 18:25:59.28 ID:HRSSYxu90
     ―――3戦目―――

ベースミッション
さやか『もうへまはしないよ!』

ほむら「そこ、邪魔よ。美樹さやか」

さやか『は?ちょっと、なんかグレネードが――』


     ―――負け―――

     ―――4戦目―――

キャプチャーミッション
さやか『はあ、どっちにしろ私この子とチーム組むの反対だわ。
    まどかやマミさんは飛び道具だから平気だろうけど、
    いきなり目の前で爆発とか、ちょっと勘弁して欲しいんだよね。
    何度巻き込まれそうになった事か』

まどか『いいから、タゲ取りに行けよ』


     ―――負け―――

240: 2011/07/03(日) 18:32:00.79 ID:HRSSYxu90
     ―――5戦目―――

ボムミッション
さやか『爆弾は私に任せろー!』

マミ『ヤメテ!』


     ―――負け―――

     ―――6戦目―――

ベースミッション
さやか『SOPディスタブを仕掛ける!』キリッ

まどか『ちょwwwさやかちゃんwww今自陣からお前が離れたらwww』

さやか『へ?あ、敵がSOPディスタブを仕――』デューン


     ―――負け―――


ほむら(何故、美樹さやかはここに居られるのか)

244: 2011/07/03(日) 18:38:33.39 ID:HRSSYxu90
     ―――サバイバル参戦確認中―――


ほむら「……勝てないわ」

まどか『……さやかちゃん?』

さやか『ちょ、私のせいじゃないよ!?相手が悪いんだよ!!』

マミ『さやかさん、腕は悪くないのだけれど、もうちょっとこうチームワークを』

さやか『そんなぁ~マミざぁん』グス

杏子『あーもう、ったく、見てらんねーっつーの!』

杏子『お前はあたしの後ろから援護してろ、わかったな?さやか』

さやか『……だ、だーれがあんたの後ろなんて……』

杏子『仲間の背中は守るもん、だろ?』

さやか『うっ……わかったよ……///』



ゆま『……サヤカはキョーコをゆまから奪う敵……サヤカはry』

246: 2011/07/03(日) 18:47:17.07 ID:HRSSYxu90
     ―――時間経過―――


ほむら「何連勝かは出来るようになったわ」

まどか『三連勝は出来たのになー』

マミ『初めてにしては、かなり良い成績よ!美樹さんも暁美さんも』

さやか『あの、マミさん?私は初めてでは……』


まどか『そろそろサバイバルの時間が……』

ほむら「……そうね、五連勝するのにも、
    五回戦う分の時間が必要だものね」

まどか『これが、ラストチャンスになりそうだよ……』


マミ『サバイバルは、同一アカウントで、1日1回しか参加出来ないの』

ほむら「二回開催している内の、どちらか一方にしかでれないわけね」

まどか『夕方と、深夜の部があって、
    それと曜日によって開催されて無い日もあるんだよ』

※現在、モデルのTPSは、開催時間が昔と若干変わっております

247: 2011/07/03(日) 18:54:35.53 ID:HRSSYxu90
     ―――対戦相手マッチング中―――


ほむら(もう、負けられない)

ほむら(ここで負けたら、まどかが……)

まどか『五連勝、したいな……』

マミ『私も、全力を尽くすわ』

さやか『今日のさやかちゃんは、スーパーさやかちゃんになるから』

杏子『……存在感はスーパーだよ』

ゆま『トイレ行ってきてイイー?』


まどか『私の願いは……サバイバルで五連勝すること……』

ほむら「!」

まどか『そのためだったら、なんだって……』


ほむら「まどか!」

ほむら「約束するわ!絶対に五連勝をしてみせる。
    何度繰り返すことになっても、
    必ずあなたの願いを叶えてみせる、私が!!!』

251: 2011/07/03(日) 19:32:20.35 ID:HRSSYxu90

―――いつか君も、誰かの為に、強い力を―――


ほむら「ここから先は一歩も通さない」

まどか『私はトラップを仕掛けるよ!』


―――望むのだろう―――


ほむら「このM60の前に、跪け」

253: 2011/07/03(日) 19:35:40.31 ID:HRSSYxu90

―――愛が、胸を、捉えた夜に―――


マミ『凄いわ……暁美さん、まわりながら戦ってる……』

さやか『スタングレネード!?うおっまぶしっ』


―――未知の言葉が、生マレテ来ル―――


ほむら「やらせない、絶対に勝ってみせる……!!」

ほむら『M60で蜂の巣にしてあげるわ!!ヒャッハー!!!』

254: 2011/07/03(日) 19:39:26.52 ID:HRSSYxu90

―――迷わずに、行けるなら―――


まどか『やったぁ~!すごい、すごいよほむらちゃん!!』

マミ『GJ』

ほむら「まどか……」


―――心が砕けても、いいわ―――


ほむら「やらせないって言ってるのよ!消えろ、ぶっ飛ばされんうちにな!」

さやか『転校生、キャラ変わってない?こんなだったっけ?』

杏子『さやかはほんと、ブレないよな』

256: 2011/07/03(日) 19:43:15.42 ID:HRSSYxu90

―――いつも!目の前の、哀しみに―――


まどか『うーわ、またさやかちゃんが突っ込んでいっちゃったよ……』

マミ『どうしよう、またチームワークが……』

ほむら「その必要はないわ。彼女は――」


―――立ち向かう為の―――


ほむら「――まどかを悲しませるぐらいなら――」


―――呪文が、欲しい―――


ほむら「――彼女は私の盾にするから」

さやか『ゾクッ』

259: 2011/07/03(日) 19:49:17.45 ID:HRSSYxu90

―――君は、まだ、夢見る記憶―――


まどか『やった、やったぁ!これで三連勝!!』

杏子『いい調子じゃねーか。これなら行けるんじゃねーの?』


―――私は、眠らない、明日―――


ほむら「まどかを喜ばせるにはこんなんじゃダメ、もっともっと」ブツブツ

さやか『お、おーい、転校生?……聞こえてるかー?』


―――二人が、出会う、奇跡を―――


まどか『五連勝……』

ほむら「五連勝……」


―――勝ち取る、為に、進むわ!―――

262: 2011/07/03(日) 19:55:47.66 ID:HRSSYxu90

―――怯える、この手の、中には―――


ゆま『キョーコはワタサナイ、キョーコはワタサナイ』

さやか『おっと、よそ見してるとやられるわよー?』

杏子『あ……サンキュー、さやか』


―――手折られた、花、の刃―――


ゆま『ねえ、サヤカおねえちゃん、今度ゆまと会おう?』

さやか『え?なぁに、いきなり?私が恋しくなっちゃったのかー?』

ゆま『うん、自称ナイファーの実力、見せてほしいなって☆』


―――想いだけが、生きる、全て―――


ほむら「ほむほむほむ!ほむ!!ほむほむ!!!」

まどか『ほ、ほむらちゃん?何を言ってるの……?』
        トランス・モード
マミ『これは、覚醒状態ね!』

263: 2011/07/03(日) 19:58:15.41 ID:HRSSYxu90

―――心に、振りかざす―――


ほむら(まどかの笑顔、まどかの願い、まどかの、まどかの……)


    ―――願い!―――


ほむら「マドカァーーーー!!!!」ババババババババ

まどか「ホムラチャン!」

265: 2011/07/03(日) 20:02:59.13 ID:HRSSYxu90
     ―――連勝中、5戦目―――


ほむら「ハァ、ハァ……」

まどか『ついに、ここまできたよ!!』

マミ『すごいわ、こんな都合よく敵を倒せるなんて!』

杏子『あたしのおかげだな』エッヘン

さやか『なんか、みんな私を避けて行動してなかった?』

ゆま『さいごは何がくるかなー?』



ほむら(何がこようと、私独りででも勝ってみせる……)

ほむら(約束したから、まどかを、絶対に五連勝させるって……)

267: 2011/07/03(日) 20:07:36.04 ID:HRSSYxu90

―――囚われた太陽の、輝く―――


ほむら「――レースミッション……!?」

まどか『これは、連携が大事になるね……』

さやか『ヤバい、どうしよう……私初めて五連戦勝ち越ししてるから手が……』

杏子『落ち着けよ、飴でも舐めてろ』


―――不思議の国の本が、好きだった頃―――


ほむら(このルールは、独りでは絶対勝てないルール……)

ほむら(相手をうまく足止めしないと、速攻で負けてしまう……)

ほむら(しかも、今までこのルールで私たちは勝ったことが――)

269: 2011/07/03(日) 20:11:49.83 ID:HRSSYxu90

―――願いはきっと叶うと、叶ウト―――


まどか『ほむらちゃん』

ほむら「まどか……」

まどか『大丈夫だよ、ほむらちゃん』

ほむら「でも、私は……」


―――教えるお伽噺を―――


まどか『今の私はね、わかるんだ』

ほむら「まどか?」

まどか『ここで勝って、五連勝する私たちの未来が……!』


―――信じた―――


まどか『だって、私たちはさ――

270: 2011/07/03(日) 20:12:52.68 ID:HRSSYxu90


     ―わたしの、最高の仲間達―


271: 2011/07/03(日) 20:16:35.45 ID:HRSSYxu90
――……に、かこまれてるんだもん♪絶対勝てるよ!』

ほむら「そうね……私たちなら……」

マミ『ティロッ』

さやか『あ、スキルミスった!……どうしよう』

杏子『あー腹減ってきた。早く終わらせて、なんか食いてー』

ゆま『ゆま、もう眠い……』



ほむら「……絶対勝てるわ!」


―――光ト影ノ中―――

273: 2011/07/03(日) 20:21:52.14 ID:HRSSYxu90

―――静かに、咲き乱れていた―――


まどか『そっちにいったよ、ほむらちゃん!!』

ほむら「任せて!アイツは私が止める!!」

マミ『私が走るわ!援護して、美樹さん!!』

さやか『了解!美樹さやか、目標を駆逐する!!』


―――古の、魔法、優しく―――


まどか『ちょwwwwなんでさやかちゃんがこっちにwwww』

さやか『え?あれ??マミさんの援護してたんだけど』

マミ『』ズキューン


ゆま『あ、ゆまがケロたん取っちゃったよ?かわいいー』

杏子『いいからゴールに走れ!急げ!!』

275: 2011/07/03(日) 20:27:24.57 ID:HRSSYxu90

―――世界を、変える、力が―――


ほむら(だめ、このままだと負けてしまう……)

ほむら「ん?……この、武器は……まさか!」


―――その手に、あると、囁く―――


さやか『うわー、ダメだー!こっちのゴールに敵が四人もいるー!!』

マミ『現在、お互いのゴール表示は1:1。
  どっちも四回ゴールしてて、後一回のゴールで、
  先にカウントが0になった方の勝ち……!』

ゆま『キャッ……ゆまやられちゃった……』

277: 2011/07/03(日) 20:30:41.60 ID:HRSSYxu90

―――終わらない、夢、を見よう―――


まどか『ほむらちゃんなら、それでもほむらちゃんなら……』


―――君と、行く時の、中で―――


ほむら「全員道を開けて!――こいつで全員吹っ飛ばすわ!!」ガチャッ

まどか『あれは――!?』

マミ『――RPG!?』

さやか『ロケランキター!……あ、タゲ取っちゃった』

279: 2011/07/03(日) 20:33:13.59 ID:HRSSYxu90

―――想いだけが、生きる、全て―――


杏子『まずい!こっちは突破された!!敵がゴールに――』

ほむら「美樹さやか!何をしているの!?早く行きなさい!!」

まどか『さやかちゃん!』

マミ『美樹さん!!』


さやか『私が……これで……っ!!』

281: 2011/07/03(日) 20:35:57.15 ID:HRSSYxu90

―――命を、作るのは―――


杏子『さやかぁぁぁあああ!!!』

ゆま『……捨て駒』


   ―――願い!―――


さやか『これでぇ!!とどめだぁぁぁぁぁあああああ!!!』ダダダダ


‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

286: 2011/07/03(日) 20:53:52.07 ID:HRSSYxu90
     ―――……ホムラチャン、オキロー!!ホムラチャン、オキロー!!

ほむら「……う~ん」カチッ

ほむら「……ッハ」

ほむら「……何だ、夢か……」


ほむら「今日も良い朝ね、朝日が目に染みるわ」

ほむら「さて、学校に行かないと……」ガチャッ



ダンボールM「……」

ダンボールS「……」

ダンボールMM「……」

ダンボールK+Y「……」


ほむら「」

288: 2011/07/03(日) 20:57:40.36 ID:HRSSYxu90
ほむら「……」

ダンボールM「……」

ダンボールS「……」

ダンボールMM「……」

ダンボールK+Y「……」



               ダンボールS「……」ガタタ

ダンボールM「……」ガタガタ  ほむら「……」  ダンボールMM「……」ガタッガタ

               ダンボールK+Y「……」ガガタガガタ




ダンボールH「……」バッガタン

289: 2011/07/03(日) 21:02:04.58 ID:HRSSYxu90

―――目覚めた心は走り出した、
                未来を描くため―――


ほむら(楽しいゲームは、時間を沢山奪っていく)


―――難しい道で、立ち止まっても、空は―――


ほむら(でも、かけがえのない仲間達と、過ごす時間は)


―――綺麗な青さで、いつも待っててくれる―――


ほむら(いつまでも、永遠に続く)


―――だから怖くない、もう何があっても―――


ほむら(だから私も、みんなと共に――)

291: 2011/07/03(日) 21:07:30.12 ID:HRSSYxu90

―――挫けない!―――


ダンボールM「ラー、ラー♪」ガッタガッタ ダンボールS「ラー、ラー♪」ガッタガッタ
ダンボールMM「ラララー、ラー♪」ガッタガッタ ダンボールK+Y「ラララー、ラララー♪」ガッタガッタ


ダンボールH「ラー、ラー♪ラーラー♪」ガッタガッタ


スレ ほむら「TPS?」まどか「そう、サードパーソンシューティング」


     ―『魔法少女まどか☆マギカ ―わたしの、最高の仲間達』―


          ┼ヽ  -|r‐、. レ |   企画・製作 
           d⌒) ./| _ノ  __ノ     VIP

292: 2011/07/03(日) 21:08:38.00
まさかのダンボールED

引用元: ほむら「TPS?」まどか「そう、サードパーソンシューティング」