1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:17:03.19 ID:4lMCyYOQo
美食家「吐きたくなるほどうまいカツ丼……?」

男「はい」

美食家「あまりにもうますぎて、飲み込むことすら勿体なくなる、ということかね?」

男「さぁ……どうでしょう」

男「いかがです? 興味ありませんか?」

美食家「そりゃもちろんあるに決まってるではないか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473077822

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:17:53.17 ID:4lMCyYOQo
美食家「なにしろ、私はこの世のあらゆる美食を極めた男だよ?」

男「はい、美食のためにはどんな労も惜しまない、手段も選ばない、とか……」

美食家「ほう、私のことをよく調べてくれているじゃないか!」

美食家「珍しい料理や食材があると聞けば、たとえ地球の裏側だろうと迷わず食べに行く」

美食家「美食は常に、私の行動の優先順位第一位なのだ!」

男「それではぜひ、食べに来て下さい」

美食家「よかろう……私を満足させてくれよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:19:59.27 ID:4lMCyYOQo
美食家「ほう……」

美食家「少々狭いが、シンプルでいい部屋じゃないか」

部下「いらっしゃいませ!」

男「さっそく私と部下の二人でカツ丼を作りますので、ぜひそこでご覧になって下さい」

美食家「おおっ、目の前で作ってくれるのか! ありがたいことだ!」

男「“食事というのは食べる前から始まっている”……あなたの言葉でしたね?」

美食家「ハッハッハ、やはり君は私のことをよく分かってくれておる! 嬉しいよ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:21:21.38 ID:4lMCyYOQo
男「まずトンカツ用の豚肉を用意する」

男「肉には小麦粉、卵、パン粉をまぶし、衣にする」

男「お前は油を熱しておいてくれ」

部下「分かりました!」



美食家「ふむ……むやみに調味料で味付けせず、豚肉本来のうま味を生かすつもりか……!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:23:24.69 ID:4lMCyYOQo
部下「油が170℃になりました!」

男「よろしい」

男「ではこれに、先ほどの豚肉を入れ、2分程度軽く揚げる」ジュワァァァ…

男「茶色になる前……少し白みが残る程度で取り出すのがポイントだ」ジュワァァァ…



美食家「ふっふっふ……いい匂いが漂ってきたわい」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:25:04.90 ID:4lMCyYOQo
男「お前は割り下(タレ)を作れ」

部下「はい!」

部下「醤油、みりん、水、そして砂糖を少々混ぜて、よくかき混ぜるんですよね?」

男「その通りだ」

男「俺はタマネギを切っていく。カツの邪魔にならんよう、なるべく薄くな」サクッサクッ



美食家「タマネギの自己主張が激しいと、オニオン丼になってしまうからな」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:27:30.67 ID:4lMCyYOQo
男「どんぶり鍋にさっき切ったタマネギを敷いて、その上に食べやすい大きさに切ったカツを並べる」

男「割り下は出来上がったか?」

部下「バッチリです!」

男「うん……いいだろう」

男「カツの上に、さらに割り下をかける」タラー…

男「これに蓋をして、しばらく熱を加える」グツグツ…



美食家「蓋をするのは水分が飛ぶことを防ぐためだな? ふむ、分かっておる……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:29:37.99 ID:4lMCyYOQo
男「今のうちに、卵を割り、黄身を軽く潰す」グッグッ

部下「もっとよく混ぜた方がいいのでは?」

男「ふわふわな食感を出すためには、このぐらいにしておいた方がいいのだ」

部下「なるほど!」



美食家「あのふわふわ感は、カツ丼の肝といっても過言ではないからな」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:32:39.14 ID:4lMCyYOQo
男「この卵を鍋の中にあるカツにかけ、再び蓋をしてさらに30秒ほど煮る」グツグツ…

男「もうまもなく完成だ」

男「炊いておいたご飯を、どんぶりによそっておいてくれ」

部下「はいっ!」



美食家「……いよいよか!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:35:31.80 ID:4lMCyYOQo
部下「よそいました!」

男「ありがとう」

男「このご飯の上に仕上がったカツを乗せ、三つ葉を添えれば……完成だ!」

部下「やったぁ!」



美食家「おおっ、これは素晴らしい!」

美食家「シンプルだが、シンプルゆえにダイレクトに食欲をそそられるわ!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:36:28.09 ID:4lMCyYOQo
男「こちらが吐きたくなるほどうまいカツ丼です」コトッ

美食家「ふっふっふ、待ちくたびれたわい!」

美食家「じゃあさっそく、いただきま……」

男「あ、お待ち下さい」

美食家「え?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:38:20.77 ID:4lMCyYOQo
男「これほど苦労して作ったカツ丼です。タダで食べさせるわけにはいきません」

美食家「なんだとぉ!? ここまで来ておあずけはなかろう!?」

美食家「金ならいくらでも払う! さ、カツ丼を食わせてくれ! 温かいうちに!」

男「いえ……お金は結構です」

男「その代わり、あなたの秘密を教えて下さい」

美食家「お安い御用だ!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:41:29.12 ID:4lMCyYOQo
美食家「私は美食を極めるため、希少動物や人だって食したことがある!」

美食家「食べた後の骨は、自宅の隠し地下室に全てコレクションしてある!」

美食家「証拠隠滅が完璧だったおかげで、今のところ犯行は露呈していないがね……」

美食家「さ、話したぞ! このカツ丼食わせてくれぇぇぇぇぇ!」

男「よし、今すぐ捜索に向かうぞ」

部下「はいっ、警部! 作戦大成功ですね!」





― 終わり ―

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 21:44:15.60 ID:qMpz8zeT0
ああ、そういう意味のゲロか

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 22:29:03.75 ID:sa/P3PFhO
これは一本取られたわ。

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 22:30:21.09 ID:9p2nPv0NO
たしかにゲロはいたな

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:19:14.73 ID:F/NVxOpQO
これはうまいわ

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
引用元: 美食家「吐きたくなるほどうまいカツ丼……?」