4: 2014/08/07(木) 20:34:34.27 ID:iIcDz7fHO
_深夜の事務所



ガチャ

P「…………」スイッチパチッ




シーーーーーーーーーーン




P(誰もいないな)キョロキョロ

P(打ち合わせが長引いたからな…社長と音無さんも帰っちゃったか)

P(みんなは…さすがにもう家で寝てるかな)

P(さて…)スタスタ…イスニコシカケ

P(今日も一人で残業か)PCスイッチオン






カタカタカタカタカタ…

5: 2014/08/07(木) 20:35:34.15 ID:iIcDz7fHO







カタカタカタ…カタッ

P「ふぅ…」

P(音楽でも聴くか)

P(おっ…あんなところに)スタスタ

コンセントブスッ

(レッスン用のCDプレーヤー)

P(みんなの曲を聴くのもいいが…今日はこれにしよう)CDスチャ

P(おっと、このままだと近所迷惑だな…ヘッドホン装着っと)スッ






P「っし…もうひとふんばりだ」













ガチャ







6: 2014/08/07(木) 20:36:41.50 ID:iIcDz7fHO

P(♪ ♪ ♪ ♪)








カタカタカタカタ…
P(ちょっと音大きいかな)クルクル



夢を見ていた。



カタカタカタカタ…



みんなが私を見ている。



カタカタカタッ



ここがステージならみんなに手を振るだろう。

でも、ここはステージじゃないし、いつものリボンは付けてないし、何よりみんな私を応援しているようには見えない。


カタッカタッ



無表情で、微動だにせず、ただ私を見つめている。

怖くなった。私は逃げだした。そこで目が覚めた。

まだ真っ暗だ。喉が渇いた。




P(♪ ♪ ♪ ♪)チラッ

7: 2014/08/07(木) 20:39:00.40 ID:iIcDz7fHO





眠れなかった。

特に思い当たる節はない。ただ、なんとなく眠れなかったのだ。

こんなとき私は本を読む。



P(~♪)



いや、正確には本ではない。今度の新曲の楽譜だ。

音符一つ一つを読み、歌詞の一字一句を、ゆっくりと咀嚼する。

いつものソファに寝転がり、ランプの明かりをつけ、楽譜を読む。



P(♪ ♪ ♪ ♪)



…誰かに見られている気がした。

そんなはずはない。この部屋は自分しか住んでいないのだから。

少し気味が悪くなった。今日はもう寝よう。眠れなくてもベッドに入っていればいい。



カタカタカタカタカタ…カタッ




ランプのスイッチに手を伸ばした。


8: 2014/08/07(木) 20:39:56.45 ID:iIcDz7fHO



カタカタカタカタカタ



目が覚めた。



カタカタカタカタカタ



ベッドではない。ソファの上だ。



カタカタカタカタカタカタ



目の前のテレビが行きかう人を映している。



カタカタカタカタカタカタカタ



少しずつ思い出す。独りでテレビを観ていたが途中で寝てしまったようだ。



カタカタカタカタカタカタカタカタ



亜美はもう寝たようだ。早くベッドに入って寝よう。でもその前に。



カタカタカタカタカタカタカタカタカタ



目の前のテレビに歩みを進める。



カタカタカタカタカタカタ…カタッ


9: 2014/08/07(木) 20:41:19.43 ID:iIcDz7fHO



怖かった。

内緒で遅すぎるお風呂に入っていることだけではない。


P(♪ ♪ ♪ ♪)



はっきり言って、自分は貧相などうしようもない、ただの一人の少女だ。

みんなが、プロデューサーが、両親が、家のお弟子さんたちが、

私を応援してくれていることは分かっている。



P(時間は…まだ大丈夫だな)チラッ



でも、そこにある期待が怖くて。応えられない気がして。


P(~♪)


どうすればいいか分からなかった。逃げるように、視線を上に向けた。





カタカタカタカタッ、カタカタッ


10: 2014/08/07(木) 20:42:08.47 ID:iIcDz7fHO




P(ふむ…)ポリポリ


許せなかった。

いつもと同じ、父さんとの口喧嘩。

堂々巡りの口論がイヤになって、外に飛び出した。

すぐに戻る気になれなくて、そのまま河川敷を走る。


P(~♪ ~♪ ~♪)


いつだって同じ口喧嘩。でも慣れなくて。

適当にあしらえばいいのに、部屋にでも篭ればいいのに。


P(~♪ ~♪)カタカタッ


また外に飛び出して。河川敷を走って。

その頃には、怒りはもう収まっていて。

また、家に帰っていく。



カタカタ


11: 2014/08/07(木) 20:43:05.57 ID:iIcDz7fHO


分からなかった。

もっとキラキラしたい。

おにぎりをたくさん食べたい。

イチゴババロアも捨てがたい。


もっとラクしてトップアイドルになりたい。


P(~♪ ~♪ ~♪ ~♪)


選びきれなくて。分からなくて。

どうでもよくなって、さっさとベッドに入って眠りに落ちる。

悩んでいたことなんて、眠ることで忘れてしまって。



P「ふぅ………」





12: 2014/08/07(木) 20:44:42.03 ID:iIcDz7fHO



P(………)








『消えた』


P(♪ ♪ ♪ ♪)





考えていた。

キーボードを叩き、考える。





『消えた』


P(♪ ♪ ♪ ♪)



言うまでもなく、仕事のことだ。

深夜に事務所でやるとプロデューサー殿に追い出されてしまう。

なので、少し家に持ち帰っている。



『カワハナガレル』


P(♪ ♪ ♪ ♪)


しかし、思うように進まない。

営業、衣装、演出、レッスン…

あの人のように、上手くいかない。


『消えた』


P(♪ ♪ ♪ ♪)


諦めた。今日はもう寝てしまおう。

明日また考えればいいのだから。


『マダミエテナイ マダミエテナイ』

諦めたことが悔しくて、

諦めきれなくて、

また、PCに向かってしまう。


P(♪ ♪ ♪ ♪)

13: 2014/08/07(木) 20:46:06.83 ID:iIcDz7fHO




『消えた』


P(♪ ♪ ♪ ♪)



見えなかった。

朝起きて、朝ご飯食べて、いっしょに事務所に行って。




『消えた』


P(♪ ♪ ♪ ♪)



別々の仕事に行って、歌って踊って、レッスンもして。

帰ってきて、晩ご飯食べて、お風呂に入って、寝る。



『カワハナガレル』


P(♪ ♪ ♪ ♪)



『消えた』



そんな日常は、いつまで続くのだろう。

やることは分かっているつもりだった。でもその先がまだ見えない。




P(♪ ♪ ♪ ♪)

先が見えないことが、どこか怖かった。


『マダミエテナイ マダミエテナイカラ』



14: 2014/08/07(木) 20:47:16.13 ID:iIcDz7fHO



P「ふーーー…」ノビー

P(コーヒーでも淹れるか)

コポコポコポコポコポ…




疲れていた。



ズズ…

P(打ち間違いは無いかな…)ズイッ



バスルームから出て、身体を拭く。

手がおぼつかなくて、あちこち濡れたままだ。

髪を乾かす気力もない。

いつもならいぬ美たちに構ってやれるが、今日は勘弁してほしい。

ベッドに倒れこむ。

意識が薄れる中で、投げっぱなしの洗濯物が最後に見えた。

15: 2014/08/07(木) 20:48:33.02 ID:iIcDz7fHO


イヤになった。

相変わらず子ども扱いして。



コト…



自分のすごさを認めようとしなくて。認められなくて。

勢いに任せてベッドに飛び込む。



カタカタッ カタッカタッ カタカタッ



そばにシャルルがいなかった。でも今日はそんなことはどうでもよかった。

見るとなぜか向こう側に投げられている。まるで、


P(♪ ♪ ♪ ♪)





こんな自分を見ていたかのように。そこにいた。

16: 2014/08/07(木) 20:49:53.37 ID:iIcDz7fHO


P「あー…肩いてぇ…」モミモミ コキッ コキッ

P「うわ…もうこんな時間か」

P(早いところ終わらせないと…)


ピロリンッ


P(メール…?こんな時間に?)

スッスッ

P(あずささん…まだ起きてたんですか)

P(………)


P「早く寝ないと明日に響きますよ…っと」スッスッ

P(って…それは俺も同じか)

P(あともう少し…)


ピロリンッ


P「返信はやっ!」

P「…あ、違う。生っすかのディレクターさんか」


17: 2014/08/07(木) 20:51:17.63 ID:iIcDz7fHO


スッスッ



不安になった。

アイドルのお仕事が忙しくなって、家事仕事を手伝う機会が減った。

今は長介やかすみ、浩太郎に浩司まで、総出で家事を手伝っている。



スッスッ スッスッ

P フム…



アイドルのお仕事に専念できるように、助けてくれていることは嬉しい。

でも、ときどき、今みたいに不安になる。

このままでは、自分は家での立ち位置を失ってしまうのではないかと。



スッスッ スッスッ カチッ



頭を振る。そんなことはない。大丈夫だ。

不安を振り払うように、布団にもぐりこんだ。

18: 2014/08/07(木) 20:52:22.64 ID:iIcDz7fHO


寂しかった。


P(よいしょっと…)コシカケナオシテ



目が冴えてしまって。誰かと関わりあいたくなって。


(~♪)(~♪)P「ふぁ……」


なんとなくメールをした。

返信の中身は、自分を労ってくれる言葉だった。

嬉しかった。温かみを感じた。

いい具合にまどろんできた。いい夢が見られるかもしれない。


19: 2014/08/07(木) 20:53:28.12 ID:iIcDz7fHO





『触れた』

P(♪ ♪ ♪ ♪)



眺めていた。

今宵は綺麗な月明かりだ。





『触れた』

P(♪ ♪ ♪ ♪)




頬に当たる心地よい風もこの雰囲気に一役買っている。

こんな夜はいつ以来だろうか。




『ヨルハナガレル』

P(♪ ♪ ♪ ♪)


20: 2014/08/07(木) 20:54:11.02 ID:iIcDz7fHO


暗闇を照らす月明かりは、自らの秘密をも顕にしてしまいそうだ。

でも、今宵だけなら…月になら、その秘密を明かしてもいいかもしれない。





『触れた』

P(♪ ♪ ♪ ♪)



……………ふふっ。




『ナイテハイナイ ナイテハイナイ』




21: 2014/08/07(木) 20:55:53.28 ID:iIcDz7fHO



『触れた』

P(……………)





夢があった。

13人の少女たちを、トップアイドルに導く。

道端で突然、初老の男にスカウトされて、みんなに出会ってからの、夢。




『触れた』

P(……………)



必氏になって営業をこなして、

嬉しいことがあったらいっしょに喜んで、

悲しいことがあったらいっしょに泣いて、




『ヨルハナガレル』



22: 2014/08/07(木) 20:57:04.33 ID:iIcDz7fHO


なんでそこまで頑張れるのかって?

そうだな…アイドルがアイドルをする理由に似ているのかもしれない。





『君が』





…なんで、そう見えたんだろうな。













『ナイテイタ ナイテイタカラ』


23: 2014/08/07(木) 20:58:00.91 ID:iIcDz7fHO






アイドルになりたい。

自分を変えたい。

もっと可愛くなりたい。



『振り返った 季節に立って』


カタカタカタカタカタカタ




この場所には、たくさんの願いが詰まっている。

たくさんの願いが、ここで叶った。

その記憶は、もう数え切れない。



『思い出せなくて 嫌になって』



カタカタカタカタッ カタッ カタカタッ




でも、願いの為に、苦しんだことも、泣いたこともあった。

その度に、みんなで乗り越えてきた。




『流れ流れてた 鳥だって』



カタカタカタカタカタカタ



いや、だとしても、どんなに乗り越えても、

まだ、俺の見えない所で、

少女たちは、泣いているのかもしれない。




『街で鳴いてたろ』


カタカタッ


P(あとちょっと…)ウデマクリ


『鳴いてたろ』


カタカタッ



24: 2014/08/07(木) 20:59:14.42 ID:iIcDz7fHO


カタカタカタカタカタカタ



『過ぎ去った 季節を待って』



ちっぽけな願いを持って、この場所の門を叩いたあの日。

あの日だけは、鮮明に覚えている。


ポリポリ




『思い出せなくて 嫌になって』


カタカタカタカタカタカタ




叶った夢、叶わなかった夢。

叶わなかったことに、何度泣いたのだろう。

でも、ただ「願う」だけだった自分を



カタカタカタカタカタカタ



『離ればなれから 飛びたって』




カタカタカタッ カタカタッ カタッ カタッ




「叶えたい」って思わせてくれたのは

他でもない、「あなた」なんですよ。



『鳥も鳴いてたろ』




P(『鳴いてたろ』♪)


25: 2014/08/07(木) 21:00:09.52 ID:iIcDz7fHO




_プロデューサーさん!

_プロデューサー。



『いつだって僕らを待ってる』


P(♪ ♪ ♪ ♪)



_兄ちゃん!

_プロデューサー!

_へへっ、プロデューサー!



『疲れた痛みや傷だって』



P(♪ ♪ ♪ ♪)



_ハニー!

_プロデューサー殿!

_兄ちゃん!



『変わらないままの夜だって』



P(♪ ♪ ♪ ♪)



_はいさーい!プロデューサー!

_プロデューサー!にひひっ♪



『歌い続けるよ』



_うっうー!プロデューサー!

_プロデューサーさ~ん

_あなた様。



『続けるよ』



26: 2014/08/07(木) 21:01:28.38 ID:iIcDz7fHO



『いつだって僕らを待ってる』


P(~♪)



ここから先の未来。

それは、誰にも分からない。

何度も泣くことが、あるかもしれない。




『まだ見えないまま ただ待ってる』



P(~♪~♪)




でも、それと同じくらい、

笑っていけるかもしれない。

なら、これから先、みんなで笑いあう為に、



『だらしなくて弱い僕だって』





誰かがひっそりと泣いていることにも気づけない俺でも、

俺であったとしても。



『歌い続けるよ』





『続けるよ』



27: 2014/08/07(木) 21:03:16.88 ID:iIcDz7fHO








P「ふぅ……やっと終わった…」ノビー

P「ふぁ~ぁ…いま何時だ…?」チラッ



時計<A.M. 3:40>



P(うわぁ…もう夜明け前じゃないか…)




P(……………)


何も、変わっていない。

投げっぱなしの俺のスマホ。

付けっ放しの電気。

丸めたクシャクシャの書類。

電源の落ちたパソコン。






そして…目の前の俺のデスクと椅子。




いろんなことがあって、いろんなことが変わった。

でも、この場所は変わっていない。






P(このまま寝てしまおうかな…気休め程度だろうけど)





28: 2014/08/07(木) 21:04:43.17 ID:iIcDz7fHO





眩しかった。

いつもの朝が今日もやってきた。

顔を洗って、朝ごはんを食べて、

身支度をして。

今日も、あの場所に行く。






自分の「願い」を叶えるために、あの場所へ行く。



みんなと楽しく過ごすために。

自分の歌を極めるために。

楽しいことを見つけるために。

自分を変えるために。

もっと可愛くなるために。

もっとキラキラするために。

憧れの人に追いつくために。

イマをもっと楽しむために。

カンペキになるために。

見返すために。

みんなの助けになるために。

運命の人を見つけるために。

それはトップシークレットですよ。




29: 2014/08/07(木) 21:05:36.14 ID:iIcDz7fHO













さあ、今日も前に進もう。

悲しいことも、辛いことも、きっと乗り越えられる。

きっと、みんなと笑いあえる。









新しい一日が、始まる。






30: 2014/08/07(木) 21:06:27.32 ID:iIcDz7fHO




























P「すぅ…」Zzz










31: 2014/08/07(木) 21:12:56.12
終わりです。ありがとうございました。

最後に最初に貼り付けたものをもう一回。
この曲が題材となっております。
サカナクション「ミュージック」MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=iVstp5Ozw2o



こちらは初めてのSSです。よかったらどうぞ。
千早「プラネタリウム」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405873251/

34: 2014/08/07(木) 21:51:53.19
乙です
聞きながら読んだらなんか心に響いた 感謝

引用元: P「ミュージック」