1: 2014/11/13(木) 05:23:34.51 ID:A9ytiroP0

―部室―

八幡「うーっす」ガララ

八幡「ん?……珍しいな、部室に由比ヶ浜だけじゃなくて雪ノ下までいないとは……」

八幡「ペロッ、これは……無駄骨……」

城廻「ねえねえ、今何舐めてたの?」

八幡「そりゃあ犯人の残した手掛かりを――おお!?」ビクゥ

城廻「あ、驚かせちゃったかな?ごめんごめん!」

八幡「えっと、先輩……何か用ですかね、生憎と今奉仕部はご覧の有様ですが」

城廻「うん、誰もいないね~、でもいいんだ。私が用があるの……一人だけで十分だから<●><●>」ジー

八幡「すみませんが先輩、俺もちょっとこの後に用事があるので……」スッ



城廻「何も用事、無いでしょ?<●><●>」ジー



八幡「えっ?」タジ

城廻「知ってるよー小町ちゃんから『構ってあげて下さい』ってお願いされちゃったからね」


 https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415823804

2: 2014/11/13(木) 05:24:24.44 ID:A9ytiroP0


城廻「それに私からも……んー私からって訳じゃないかな?」

八幡「……はぁ、また、生徒会関連ですか?」

城廻「うん、当たり~。可愛い後輩と先輩の『依頼』なんだけど、受けてくれるかな?」パン

八幡「……取り敢えず、内容だけなら」

城廻「やっぱり優しいねー頼りにしてるよー」

八幡(……正直、今部屋に帰りたくないってのもあるのかもしれん)

城廻「それじゃあまずまずとして、いろはちゃんも待ってるし」


城廻「生徒会室――行こっか」


3: 2014/11/13(木) 05:25:21.33 ID:A9ytiroP0

―生徒会室―

城廻「いろはちゃーん、比企谷君捕まえて来たよー」バン

八幡(そんな人を黄色い生物兵器みたいな……)

八幡(このくだりももうやったっけ……)

八幡「……よう」


いろは「<◉><◉>」ジッ


八幡「――っ!」ゾク

いろは「……ああ、すいません。一瞬城廻先輩が噂のシーマンを捕まえたのかと眼を疑ってしまいました」

いろは「――なんて、雪ノ下先輩の真似してみたりしてみましたけど、そんな似てました?」ニコッ

八幡「ああ、心臓が止まるかと思ったから二度とそっちのルートには踏み入るなよ、寿命が縮んじまう」

八幡「そもそもシーマンは二足歩行じゃねぇ」


城廻「駄目だよーいろはちゃん、比企谷君にそんなこと言っちゃあ<●><●>」ギロッ

いろは「ええ、反省してまーす……雪ノ下先輩は可哀想だなぁ」ボソ



4: 2014/11/13(木) 05:26:03.47 ID:A9ytiroP0

いろは「それにしても、先輩はよっぽど暇なんですね」

いろは「普通こんな時間に学校に残ってる人なんて殆ど居ませんよ」カキカキ

城廻「そうだねー、でもそのお蔭で助かってるんだし、ありがとうね、比企谷君」カキカキ

八幡「いや、そういう先輩だって、大丈夫なんですか、勉強とか……」カキカキ

城廻「あははっ!大丈夫大丈夫!こういう時間だって、言い換えれば勉強みたいなものだよ~」

八幡「はぁ……」

八幡(やっぱ、前向きっつーか、凄い人だな……)

5: 2014/11/13(木) 05:27:14.58 ID:A9ytiroP0

いろは「それで、最近はどうなんですか?」

いろは「何だか、まるで家に知らない人間が居る、みたいな話をしていましたけど」カキカキ

城廻「えー?なになに?怖い話?」

八幡「……最近、また酷くなってきた感じがするんだよな」

八幡「眠ってる時に耳元に誰かいる感じがしたりとか……」

八幡「ったく、これが幽霊なら寺生まれTさんでも呼びたい気分だ……」


いろは「怖いんだったら、私が一緒に家に行きましょうか?」

八幡「それはそれで裏がありそうで怖いな」カキカキ

いろは「やだなー、私は何も怖い事なんてしませんよっ!」


いろは「……先輩の喜ぶ事しか、ね<●><●>」ジー


城廻「こらっ!いろはちゃんはしたないよ!!」バン!!

城廻「比企谷君もちゃんと嫌なら嫌って言わなきゃ!<◉><◉>」ギロッ



八幡「あ、い、いや……はい」ビクビク


6: 2014/11/13(木) 05:27:52.57 ID:A9ytiroP0








いろは「嫌……?<●><●>」クワッ





城廻「何?いろはちゃん」

城廻「自分の家族でも何でもない赤の他人が自分の自室に居るだなんて怖いでしょ?<◉><◉>」ジー


いろは「…………」

城廻「家族でもないのに……」



八幡「」ガクガク


 

7: 2014/11/13(木) 05:29:05.86 ID:A9ytiroP0

―自宅―

雪ノ下「全くだわ」

雪ノ下「私はいいとして……貴女も、先生も、少し見苦しいんじゃないかしら?」

陽乃「ん?何かな?雪乃ちゃん」

陽乃「いくら私の妹だからって――あんまり羽目外し過ぎると、堕ちちゃうよ?」

平塚「陽乃、子供の戯言に付き合うなよ……」

平塚「それはさておいても、だ。眼に余る行動は余りしない方が好いぞ?雪ノ下」



雪ノ下「<●><●>」ギロッ

陽乃「<●><●>」ジッ

平塚「<●><●>」ジー


8: 2014/11/13(木) 05:29:39.98 ID:A9ytiroP0

―生徒会室―

いろは「お疲れ様でした、先輩。お茶どうぞー」カチャ

八幡「ふぁぁ……ああ、悪いな」

城廻「なんだか眠たそうだね~ちゃんと睡眠取ってる?」ズズ

八幡「取ってはいるんですが……どうにも疲れが取れなくてですね……」

いろは「眠たかったら寝て貰っても構いませんよ、その場合生徒会室の戸締りは任せますけど」

八幡「職員室か、ちょっと今は勘弁だな……」

いろは「それじゃあさっさと飲んで、後片付けしてから帰りましょう」

9: 2014/11/13(木) 05:30:22.95 ID:A9ytiroP0

八幡「……」スッ


城廻「――どうかした?比企谷君」


八幡「……あ、い、いえ」

いろは「早く飲まないと、冷めちゃいますよ?」

八幡「あ、ああ……」

城廻「眠気覚ましだと思って――ほら」



八幡(大学の飲み会のノリってこんな感じだろうか……)ゴクッ

八幡(――何とも、無い……思い過ごしか)

八幡(やっぱり俺の気の迷いなのか……?)




いろは「さてと、それじゃ『片付け』して、家に帰りましょうか……」

城廻「あんまり遅いと、家の人が心配するかもしれないしねぇ……」

10: 2014/11/13(木) 05:30:53.26 ID:A9ytiroP0





八幡「――……」ドサッ





いろは「あれ?城廻先輩……どうやら余りに眠たくて寝てしまったみたいですよ<●><●>」

城廻「あれれ~?ホントだぁ~、だいぶ疲れたのかな?寝ちゃったね……<●><●>」






いろは「<●><●>」ジー

城廻「<●><●>」ジー

11: 2014/11/13(木) 05:32:23.18
あっ……

12: 2014/11/13(木) 05:32:26.30 ID:A9ytiroP0

八幡「――……んぅ……あぁ、小町今、何時……」



いろは「今は午後七時ですよ<●><●>」



八幡「」

八幡「うおおぉ!!?」ガバッ

八幡「……あぁ、すまん。……一時間位寝てたのか、俺///」テレ

城廻「あ、起きた?どうどう?寝ちゃった感想。疲れは取れたかな~?」

八幡「あ、な、何かお蔭様で……すみません///」

城廻「いいよいいよ、疲れてたんだし」





八幡(単純に恥ずかしい……小町、お兄ちゃん生涯で一番辱めにあってるかもしれない)

13: 2014/11/13(木) 05:32:54.52 ID:A9ytiroP0

―自宅―

八幡「うぅん……一時間だけとはいえ、気持ちよく寝れたみたいだし、勉強が捗るな」カキカキ

八幡(まあ、あの後こっ酷く小町に叱られてしまったが……)

八幡(久々に俺のハートがブレイクして防御力が下がりそうだった)

八幡「おっ……トイレトイレ……と」ガタッ



 ガチャ

14: 2014/11/13(木) 05:33:34.22 ID:A9ytiroP0

八幡「文系も理系も頑張らなきゃいけないのが辛い所だね」

八幡(あれ?ここの公式ってなんだっけ?)

八幡「う、んと……教科書何処やったっけ……バックか」




「それはね~――」ボソッ



八幡「えっ!?」ガタタッ

八幡「――ッ!」バッ

八幡「机の下にも、周りにもいないのに…………!」キョロキョロ



「~を代入して――」


八幡「誰だよ……!本当に……!誰がっ!!」




八幡「」ジ

八幡「……」ブツッ

八幡「電気スタンドに小型のマイク……」ゾゾォ

15: 2014/11/13(木) 05:34:22.12 ID:A9ytiroP0

八幡「は、ははは……」フラッ

八幡「もう……もう嫌だ……誰なんだ……もう……」ガシガシ



八幡「――!!」バッ













城廻「駄目でしょ?――コンセント抜いちゃ……<◉><◉>」










八幡「」

八幡「」バタ

八幡「」

八幡「」

16: 2014/11/13(木) 05:35:38.81 ID:A9ytiroP0

―翌日―

小町「お兄ちゃん昨日なんかあった?」

八幡「は?いきなりなんだよ……別に何もなかったと思うが……」

小町「いや、何かうるさかったからさー何も無いんだったらいいけど、あんまり盛らないでね」

八幡「誰がだよ」



八幡(昨日――何か、起こったのか?)


八幡「何も覚えてねえ……」



17: 2014/11/13(木) 05:37:05.08 ID:A9ytiroP0

八幡(病院に行っても、特に異常は見られない……どうすりゃあいいんだよ……)

小町「お兄ちゃん、学校遅れたりしないでねー」

八幡「おう、分かってるよポイント高い高い」

八幡「――疲れてただけだよな……」

八幡「やれやれって奴だぜ、俺もそろそろ行くか……」ガチャ


城廻「あっ、見つかっちゃった。比企谷君やっはろー」

八幡「あれ?先輩どうかしたんですか?」

城廻「あー、いやさ、ちょっと忘れ物してね」

八幡「……先輩の家ってこっち方面でしたっけ?」







城廻「いや?昨日のレコーダー、『家』に置き忘れてたんだよね<◉><◉>」





八幡「昨日……家、って…………?」




―――終―――

19: 2014/11/13(木) 05:53:29.50
まさかこんな朝早くに遭遇するとは…

20: 2014/11/13(木) 06:06:30.15 ID:A9ytiroP0
>>19
言って貰えて嬉しいけど<●><●>シリーズの作者さんとは別人です
作風とかはリスペクトしていますが……

21: 2014/11/13(木) 06:08:56.88
>>20
えぇぇぇぇぇぇぇぇ



とりあえず乙です

22: 2014/11/13(木) 07:08:46.82
別人なのかよ…どーなのよそれは…

引用元: 城廻「比企谷君、勉強教えてあげるよ」