1: 2015/04/03(金) 01:26:11.28 ID:CJ8hGmnj0
春の陽気が垣間見れる季節

私こと比企谷八幡もその陽気に現を抜かしていた。

雪乃「・・・何を言っているのかしら。」

八幡「いや待て。とりあえず一回携帯をしまえ・・・やめろ。その手の動きは110だろ。」

雪乃「嫌ならそういった発言はやめなさい。」

八幡「すまん・・・」

一瞬の気の迷い。たった一言のこの言葉が・・・






雪乃「で、どういう子が好みなのかしら」



この後の引き金になることを彼は知らなかった。


 https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427991971

2: 2015/04/03(金) 01:31:34.07 ID:CJ8hGmnj0
八幡「え?」

雪乃「ついに耳まで腐ってしまったのかしら難聴谷くん。」

八幡「やめろ。っていうか俺はプロボッチだぞ。聞き耳を立てるのは特技だと自負しているまでである。」

雪乃「いやな耳の良さね。・・・でどういう子が好みなの?」

八幡「え?」

雪乃「ついに耳まで腐ってしまったのかしら難聴谷くん。」

八幡「無限ループって怖くね?」

雪乃「だから好みはないのかしら。頭脳明晰で容姿端麗で清楚な黒髪の女の子とか。」


3: 2015/04/03(金) 01:41:51.91 ID:CJ8hGmnj0
八幡「そうだな・・・黒髪で頭が良くて容姿も良いなんてハイスペックな子が彼女なら幸せだろうけど・・・そんな奴俺の周りじゃ雪ノ下くらいしかいないだろ」

雪乃「幸せ・・・////」ボソッ

八幡「まぁ俺も贅沢いえる立場じゃないが・・・強いて言うなら二人っきりの時は甘えてくれるような子がベストだな」

雪乃「二人っきり・・・今日は由比ヶ浜さんは体調不良でお休み・・・」ブツブツ

八幡「・・・雪ノ下?」

雪乃「・・・は、八幡!」

八幡「!?」

5: 2015/04/03(金) 01:53:25.47 ID:CJ8hGmnj0
雪乃「八幡・・・」ジリッジリッ

八幡「どうした雪ノ下!?後、少しずつ詰め寄るの怖いからやめて!」

雪乃「八幡!」ジリッジリッ

八幡「ひゃい!」

雪乃「あ、アナ・・・八幡といると私すごく幸せな気持ちになれるの・・・」

八幡「お前本当にどうした!?・・・・もしかして罰ゲームか何かか?もしくはドッキ」

雪乃「八幡!」ギュ!

八幡「(あ、駄目だ。控えめなお山さんの感触が・・・いい匂いするし・・・)」

雪乃「八幡の匂いだぁ・・・」スリスリ

八幡「(やめて!擦り付けないで!八幡の八幡が九幡になっちゃう!)」


7: 2015/04/03(金) 02:08:13.76 ID:CJ8hGmnj0
八幡「はっ!雪ノ下!お前どうしたんだ!?」

雪乃「やだぁ・・・雪乃って呼んで?」ナミダメウワメヅカイ

八幡「(なにこのかわいい生き物」

雪乃「かわいい・・・///」テレテレ

八幡「しっかり閉じてろ輪状甲状筋」

雪乃「ねぇ・・・八幡・・・雪乃って呼んで・・・」

八幡「(ゴクリ)・・・ゆ、ゆき」

ガラガラガラ
平塚「雪ノ下~。入るぞ!」

八幡「!!」ビクッ

雪乃「平塚先生はいる時はまずノックをと何度も」スッ

平塚「すまない。由比ヶ浜の件で話があって・・・比企谷どうした?」

八幡「ひゃい!?」

平塚「すごい汗だぞ・・・まさかお前まで風邪か?」

雪乃「平塚先生。この男の挙動不審はいつものことです。それより由比ヶ浜さんの件でなにか?」

八幡「いや、誰も挙動不審とかいってねぇよ・・・」

平塚「あぁ、それがだな・・」

ピン↑ポン↑パン↑ポーン
「平塚先生、平塚先生。至急職員室までお戻りください。」
ピン↑ポン↓パン↓ポン

平塚「しまった。会議を忘れていた・・・すまない。後でまたくるから残っていれくれ」スタコラサッサ
ガラガラガラ





8: 2015/04/03(金) 02:16:17.83 ID:CJ8hGmnj0
八幡「何だったんだ・・・」

雪乃「八幡・・・」ピトッ

八幡「!・・・雪ノ下。何が目的だ?」

雪乃「・・・」

八幡「沈黙は肯定なりだぞ・・・」

雪乃「・・・」

八幡「雪乃し」

雪乃「雪乃!・・・雪乃って呼んでくれなきゃヤダ・・・」袖グイッ

八幡「(だからなんなのこのかわいい生き物・・・戸塚に匹敵するんですけど」

雪乃「男子と比べられるのは癪なのだけれども・・・」

八幡「だからしっかり働け輪状甲状筋」

八幡「でなんの目的だ。金か!名誉か!名声か!」

雪乃「八幡が目的よ!」

八幡「!?」

9: 2015/04/03(金) 02:19:54.93 ID:CJ8hGmnj0
八幡「俺が目的だと・・・意味が分からん・・・」

雪乃「私は・・・八幡を私だけの八幡にしたい・・・」

八幡「ちょっと待て。俺は雪乃し」

雪乃「雪乃!」

八幡「雪乃し」

雪乃「雪乃!」

八幡「・・・ゆ、雪乃が何を言ってるのかさっぱり分からないのだが」

雪乃「雪乃///」テレテレ

八幡「聞いてない・・・だと」


10: 2015/04/03(金) 02:27:10.53 ID:CJ8hGmnj0
八幡「雪乃し・・・雪乃、とりあえず1から説明してくれないか?」

雪乃「八幡がいったのでしょう?二人っきりの時に甘えてくれるような子が好みだと」

八幡「あ、あぁ。確かにそれは言ったが・・・なんの関係が」

雪乃「八幡・・・それはわざとなの?わざとだとしたら相当性質が悪いわよ」

八幡「純正+100%で素だ」

雪乃「はぁ・・・だから・・・・その///・・・・八幡が好みのタイプになれば・・・・か、か、・・・彼女になれるかなっって///」カオマッカ

八幡「・・・」ポカーン

雪乃「ふふ、八幡ったら輪状甲状筋がだらしなく弛んでいるわよ」

八幡「はっ!・・・それはつまり俺の事が・・・」

雪乃「///」コクッ

八幡「mjk」


11: 2015/04/03(金) 02:38:42.33 ID:CJ8hGmnj0
雪乃「ええ、大マジよ。」

八幡「いやでもお前以前友達になろうって言った時は断ったじゃねぇか」

雪乃「当たり前じゃない!私は八幡の彼女がいいのだから!」

八幡「力説された!?」

雪乃「・・・ごめんなさい。どうしてもあなたと話すと・・・素直になれなくって・・・」
八幡「いや・・・本当なのか?罰ゲームとかドッキリとかじゃなくて?」

雪乃「何度も聞かないで欲しいのだけれども・・・恥ずかしいわ///」

八幡「・・・いや!でも俺の彼女にしたい子は」

雪乃「黒髪で容姿端麗で頭脳明晰な子が彼女になったら幸せなのでしょう?よかったわね。」フフン

八幡「グヌヌ・・・あ、あと将来俺を養ってくれ・・・」

雪乃「あまり家柄に頼りたくはないけれども・・・分かってるわよね」

八幡「あ、あと俺と趣味があっていて」

雪乃「抜かりないわ。あなたが好きなアニメ。小説etc・・・すべて網羅しているわ。」

八幡「あと・・・・あと・・・」

雪乃「もう諦めなさい。」ギュ

八幡「(終わった)・・・!あと!」

雪乃「往生際が悪いわね」

八幡「胸の大きな子!」

雪乃「・・・」

14: 2015/04/03(金) 02:54:43.46 ID:CJ8hGmnj0
雪乃「・・・好きな異性に揉んでもらうと大きくなるって聞いたわ・・・・その・・・お願いできるかしら///」

八幡「(八方塞とはまさにこれすなわ現状なり)」

雪乃「八幡・・・私のこと好き?」

八幡「・・・なん」

雪乃「答えは好きか嫌いかで」

八幡「・・・残念ながら」

雪乃「・・・」

八幡「大好きになっちまったよ馬鹿野郎」

雪乃「ふふっ」

雪乃「ねぇ・・・八幡・・・私と恋人になってくれないかしら」

八幡「そうだな。残念だけど俺はお前に友達になるのは断れたしな・・・その道しか残ってないのかもな」

雪乃「ふふっ。八幡らしい答えだわ。」

15: 2015/04/03(金) 02:58:57.64 ID:CJ8hGmnj0
雪乃「でも・・・・あなたの口からちゃんと聞きたいわ」

八幡「・・・雪乃。俺とこい」

雪乃「ごめんなさい。それは無理」

八幡「え」

雪乃「だって・・・私とあなたは既に恋人なのだから。」




結局俺は雪乃には敵わないのである。










P.S
好みの子は雪ノ下雪乃である。


~fin?~

16: 2015/04/03(金) 03:01:22.59 ID:CJ8hGmnj0
勢いで書いて見たんだがどうだっただろうか。
由比ヶ浜編とか小町編とかサキサキ編とか独身女性編とかいろいろ考えたのだが結局はひんn・・・雪ノ下編となりました。

つまりなにがいいたいかというと

















とつかわいい

19: 2015/04/03(金) 03:40:50.99

つまりこれから由比ヶ浜編、小町編、サキサキ編、独身女性編、めぐりん編、いろはす編、魔王編を書いてくれるってことか

引用元: 八幡「彼女が欲しい」