2: 2013/10/26(土) 04:04:44.68 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「ひゃっはろー」

八幡「うわぁ・・・」

雪乃「はぁ・・・」

陽乃「むー、それがお義姉さんに対する態度?」

八幡「俺が雪ノ下さんのこと苦手にしてるってしってるくせに・・・」

八幡「つか漢字がなんか違うような」

陽乃「またまたぁ、そんな照れ隠しにはお義姉さんだまされないぞ!」

雪乃「御託はいいわ義姉さん」

陽乃「あれなんか漢字違わない?」

雪乃「今回は何しに来たの」

陽乃「比企谷くんー雪乃ちゃんが冷たいー」

八幡「なんでそこで俺に矛先を向けるんですか・・・」

八幡「雪ノ下の視線の温度がどんどん下がっていくのがわかって辛いんですが・・・」

3: 2013/10/26(土) 04:05:45.54 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「まぁいいや今日は近くに寄ったから来たんだ」

八幡「またですか・・・そんなに頻繁に来るなんてどんだけ暇人なんですk・・・」

陽乃「――――なんていうと思った?」

陽乃「今日は列記とした用事があるんですー」

八幡「・・・今日はヤボ用があるのを忘れてました」

八幡「なので今日はこれぐらいで失礼させてもらいます」

八幡「じゃ、さよなr」

陽乃「はい、残念でしたー」

陽乃「私がそんなこと許すと思った?」

八幡「ぐぇ、っていきなり首元引っ張らないでくれませんか」

八幡「オレの体ほど繊細でデリケートなものはないんですから」

雪乃「そうね、触れてしまったらボロボロと崩れ落ちてしまいそうなほど腐りきってるもの」

八幡「おい、腐ってんのは目だけだ。体は健康体そのものだぞ」

雪乃「あらごめんなさい。あなたの雰囲気があまりにも不吉なものだったから氏んでい
るものだと勘違いしてたわ」

八幡「酷いこと言うなよ・・・こんなにも一生懸命生きているというのに」

八幡「まぁ社会的には氏んでるも同然だが」

4: 2013/10/26(土) 04:06:41.07 ID:KlIJ3jZ5o
雪乃「認めてしまうのね・・・頭がいたいわ・・・」

陽乃「もう、私を無視して痴話げんか始めちゃってー」

八幡「何処が痴話喧嘩ですか」
雪乃「何処が痴話喧嘩なのよ」

陽乃「わー、息ぴったり」

陽乃「そんなに相性ぴったりなのにホントに付き合ってないの?」

雪乃「おぞましい事をいきなり言わないでほしいわ姉さん」

雪乃「私がこの男と相性ぴったりなんてそんな気持ち悪いことありえるわけないでしょう?」

雪乃「この男と言えば女と見たら見境なく自分の欲望のままにしようとするレベルで最低の人間よ」

雪乃「部室に二人っきりで居るという時点で身の危険をかなり感じているというのに」

雪乃「仮にそんな関係になってしまったらどんな要求をされるかわかったものではないわ」

陽乃「わお、一息で言い切ったね雪乃ちゃん」

八幡「体力ないくせに肺活量だけはあるのなお前・・・」

陽乃「大体、雪乃ちゃんが饒舌になるときはー・・・」

雪乃「っ、そんなことはどうでもいいじゃない!」

八幡「おい、顔真っ赤だぞ」

八幡「やっぱり苦しんじゃないかお前」

5: 2013/10/26(土) 04:07:28.98 ID:KlIJ3jZ5o
雪乃「はぁ・・・」

雪乃「で、姉さんは一体何しに来たの」

雪乃「まさかからかいに来ることが用事とは言わないわよね」

陽乃「もうー、そんな怖い目しないでよ」

陽乃「用事の一つは終わったから大丈夫」

雪乃「そう、じゃあ出口の方はわかるわね」

八幡「おい、言外に言おうとしてるのかもしれんが全然なってないぞ」

陽乃「まだもう一つ残ってるってばー」

雪乃「じゃあさっさと済まして帰ってちょうだい」

陽乃「相変わらず冷たいんだからー。お姉ちゃん拗ねちゃうぞー」

陽乃「まぁいいんだけどねーっと」

八幡「・・・何故ここで俺の方を向くんですか」

八幡「・・・もう嫌な予感しかしない・・・」

6: 2013/10/26(土) 04:08:32.29 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「ひどーい、そんなに私のこと嫌い?」

八幡「えっ・・・、いや別に・・・、苦手なだけで・・・」

陽乃「本当に?嫌いじゃない」

八幡「目をうるうるさせないでくださいよ。怖いんで・・・」

八幡「まぁ・・・、嫌い・・・ではない・・です」

陽乃「じゃあ好きか嫌いかで言ったらどっち?」

八幡「そりゃ・・・まぁ・・・ギリギリ・・・」

陽乃「ギリギリ?」

八幡「・・・かろうじて・・・」

陽乃「かろうじて?」

八幡「・・・まぁ、好き・・・ですかね・・・」

陽乃「ふむふむ、比企谷くんは私のことが好き、と」

雪乃「姉さん、修飾語をきちんと付けないといけないわよ」

雪乃「比企谷くんは姉さんのことを好きか嫌いかで言うとギリギリ、かろうじて好き、といっただけであって」

雪乃「一言も好意を持っているという旨の発言はしていないわ」

八幡「いやなんでお前そんな必氏なの・・・」

陽乃「そっかー、私のことを愛してるのかー」

八幡「こっちも話を聞いちゃいねぇ・・・」

八幡「しかもなんか俺の発言を捏造しだしだし・・・」

7: 2013/10/26(土) 04:09:33.01 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「しょうがないなあ。」

八幡「何がしょうがないんでしょうかね・・・」

雪乃「姉さんにまでそんな劣情を催すなんて本当に最低にね」

八幡「おい、さっきの自分の発言をかえりみろ」

八幡「そもそも、姉さんにまで、って他に誰に劣情を催してるっていうんだ」

雪乃「あら、いつも私のことを下卑た視線で舐め回してるでしょう?」

八幡「そんなことしてねえよ・・・部室に居る時はいつも本を読んでるだろうが」

雪乃「どうかしらね」

陽乃「まぁまぁ落ち着いて雪乃ちゃん」

雪乃「私は落ち着いているわ」

陽乃「比企谷くんは私に夢中なんだから安心して」

雪乃「彼はそんなこと一言も言ってないわよ」

八幡「お前さっきからブレブレだけど大丈夫?」

八幡「そして俺の雪ノ下さんに対する好意のランクが勝手に上がっていく」

八幡「なぜだ」

8: 2013/10/26(土) 04:10:24.07 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「比企谷くん!」

八幡「ひゃい!」

陽乃「私のことは嫌いじゃないのよね!」

八幡「ひゃい!」

八幡「何だこの有無をいわさない感じ」

陽乃「話を聞く!」

八幡「ひゃい!」

陽乃「そしてどちらかと言えば好きなのよね!」

八幡「ひゃい!間違いないです!」

陽乃「わかりました。じゃあ私と付き合いなさい!」

八幡「ひゃい!」

八幡「・・・へ?」

雪乃「ななななななな!」

雪乃「なにを言ってるのかしら姉さん。この男と付き合うなんて正気なの?」

陽乃「えー別にいいじゃーん」

陽乃「雪乃ちゃんは比企谷くんと付き合ってないって必氏になって説明してくれたし」

陽乃「比企谷くんは私のこと大大だーいすきって言ってくれたし」

八幡「そんなこと一言も言ってないんですけど」

八幡「あなた達姉妹の脳みそは都合よく俺の発言の内容を捏造し過ぎですよ・・・」

9: 2013/10/26(土) 04:11:49.44 ID:KlIJ3jZ5o
雪乃「そんなことはどうでもいいわ比企谷くん」
陽乃「そんなことはどうでもいいの比企谷くん」

八幡「わーお息ぴったりー」

雪乃「姉さん。私は奉仕部の部長としてそんなことは許可できないわ」

陽乃「あら、たかだか学校の部活動の長になんの権限があって個人のプライバシーを制限するのかしら」

八幡「そもそも当事者である俺が蚊帳の外なんだが」

雪乃「私は奉仕部部長として平塚先生から本当に遺憾ではあるけど彼の更生を承っているの」

雪乃「その更生が完璧でない限り彼を社会復帰させるなんて中途半端なことはできないわ」

八幡「おい、一応学校という名の社会に参加してるだろうが」

雪乃「黙りなさい比企谷くん。あなたは学校に居るだけでまったく人と触れ合っていないじゃない」

雪乃「人と人との交流がないなんて社会とは認められないわ」

陽乃「じゃあ私がその更生を引き継いであげるね」

雪乃「私の話を聞いていたのかしら姉さん」

雪乃「中途半端なことはしたくないと言ったはずなのだけれど」

陽乃「本当に遺憾でもある、とも言っていたわね」

10: 2013/10/26(土) 04:12:24.63 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「比企谷くんもいやいや請け負っている人よりも、やる気を持っている人に担当してもらった方が嬉しいんじゃないの?」

八幡「いやそういうのは結構ですんで。俺一人のほうがいいんですけど」

陽乃「ほら比企谷くんも私みたいなきれいなお姉さんのほうがいいっていってることだし」

雪乃「どういった解釈をすればそのようになるのかしら」

雪乃「私にそのままやってほしいということにしか聞こえなかったけど」

八幡「おい、お前らの耳は一体どうなってんだ」

陽乃「うーん、このままじゃ平行線だね」

八幡「あなた達の意見とオレの意見はねじれの位置にありますけどね」

雪乃「そうね。どこかで妥協点を見つけないと終わりそうもないわ」

八幡「今すぐお前らが諦めたら済むことだよ」

陽乃「諦める?なにそれ聞いたことない言葉だね」

雪乃「諦めるはなにかしら。未だかつて諦めてきたことはないからちょっとよくわからないの」

八幡「何この姉妹考え方が似すぎててこわい」

11: 2013/10/26(土) 04:13:24.97 ID:KlIJ3jZ5o
陽乃「それいいね」

八幡「は?」

陽乃「仲良し姉妹なら欲しいものは半分こするよね」

八幡「へ?どゆこと?」

陽乃「じゃあ私達の共有の所有物にしちゃおうか」

雪乃「遺憾ながら、ここが妥協点のようね」

八幡「おい、いま不穏な言葉が聞こえたぞ」

陽乃「ふふふ」

雪乃「いきなり笑い出すなんてどうしたの」

陽乃「だって欲しいものを半分こだなんて本当に仲のいい姉妹みたいだなーって」

雪乃「・・・否定はしないわ」

陽乃「もうー、素直じゃないんだから、雪乃ちゃんは!」

陽乃「じゃあ善は急げー。雪乃ちゃんのお家行こうか!」

雪乃「そうね、うちなら都合がいいわね」

八幡「なんか本人不在裁判が目の前で行われてるんだが」

12: 2013/10/26(土) 04:14:26.37 ID:KlIJ3jZ5o
八幡「しかも判決くだったっぽい」

八幡「なんか二人は帰るみたいだが」

八幡「ん?なんで二人はオレの両脇に居るんですかね。笑顔が怖いんですが・・・」

八幡「へ?なんで腕組まれてるの?」

八幡「ちょ、引きずるなって!ドナドナなのか俺!」

八幡「おい!何処に連れて行くんだ!」

八幡「たすけてー、人さらいです!」

八幡「あんたらつい先日まで仲悪かったろ!なんて協力してんだよ!」

八幡「え、ホント何処に行くんでしょうか」

八幡「雪ノ下の家?またなぜに」

八幡「オレの意見は聞いてない?ちょ、人権無視・・・」

八幡「たすけt・・・・ゆ・g・・ま」



13: 2013/10/26(土) 04:16:27.71 ID:KlIJ3jZ5o
結衣「私最初からずっと居たのになぁ・・・」

結衣「ゆきのんもゆきのんのお姉さんもすごく怖かったよぉ・・・」

結衣「ごめんねヒッキー・・・」

結衣「あたしはまだ自分の命のほうが大事みたい・・・」

14: 2013/10/26(土) 04:19:12.20 ID:KlIJ3jZ5o
これで終わりです
初めて書いてみたのですがどうだったでしょうか
深夜のテンションに任せて進めてたら書きたいこととは正反対のことに
どうしてこうなった

17: 2013/10/26(土) 09:27:17.61
程よくまとまってておもしろかったです、乙

19: 2013/10/26(土) 10:39:08.83
え?こっからだろ続きはよ

引用元: 陽乃「ひゃっはろー」