1: 2012/02/04(土) 00:13:39.36 ID:+eEaslF8O
シンジ「なーんちゃって」
ぺんぺん「く、くえ」ツンツン

シンジ「ん?なにぺんぺ・・・ん・・・」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「アスカっ!?い、いつ帰ってきたの!?」

アスカ「・・・」ドスドス

シンジ「ひっ!」

アスカ「かせっ!」バシッ

シンジ「あっ」

アスカ「誰が!そとだって!?」ビシュッ!ビシュッ!

シンジ「いっ、痛いっ!」

アスカ「なんで!わたしがそとで!あの人形がうちなわけ!?」ビシュッ!ビシュッ!

シンジ「やめてよアスカ!いだっ!」

ウィンッ
ミサト「あらー二人で豆まき?仲いいわね~」

シンジ「助けてミサトさんっ!!」

5: 2012/02/04(土) 00:21:33.37 ID:+eEaslF8O
アスカ「このっ!調子のってんじゃないわよ!!」ビシュッ!ビシュッ!ビシュッ!

シンジ「い、いたいって言ってるだろ!!」

アスカ「うるさい黙れ!」ビシュッ!

シンジ「ひぃっ!・・・違うんだよ!」

アスカ「はぁ!?」

シンジ「アスカが最近構ってくれないから、寂しくて言っただけなんだ!」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・ごめん・・・」スススッ

アスカ「・・・それにしたって酷いt」

シンジ「・・・今だ!」スタコラー!

アスカ「っ!逃げるな!!」

7: 2012/02/04(土) 00:27:17.10 ID:+eEaslF8O
シンジ「こうなったら綾波の家に逃げ込んで」

アスカ「まて馬鹿シンジいいいいいいい!!」ダダダダッ

シンジ「は、はやっ!?」

アスカ「とぉりゃああああああああああ!!」ドゲシッ!

シンジ「うわあああああああああああああああああ!!」ガシャーン



アスカ「・・・・・・」

シンジ「・・・悪気はなかったんです・・・ほんとに・・・」

シンジ「アスカ赤いし・・・赤鬼かなって・・・」

アスカ「ふっ!」ゲシッ!

シンジ「おぅふっ!」

8: 2012/02/04(土) 00:32:11.94 ID:+eEaslF8O
シンジ「・・・綾波は豆投げてもリアクションしてくれなさそうだし・・・アスカならって・・・逆にリスペクトしたっていうか」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・ていうかそもそもなんで僕がパンツ一枚で正座させられないといけないんだ・・・こんなのおかしいよ!!」

アスカ「しっ!」ゲシッ!

シンジ「すいませんっ!」


シンジ「・・・ほんとに反省してます・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「産まれてきてすいません・・・」

アスカ「・・・」

13: 2012/02/04(土) 00:37:30.31 ID:+eEaslF8O
シンジ「・・・なんて謝ると思ったか!」

アスカ「このっ!」ゲシッ!

シンジ「ふんっ!」ガシッ

アスカ「なっ、離しなさい!」

シンジ「いつもいつも馬鹿にしやがって!僕がやられっぱなしだと思ったら大間違いだぞ!」ドン!

アスカ「きゃっ!」ドサッ

シンジ「ふっ・・・どうしてやろうか」

アスカ「へ、変なことしたら頃すわよ!!」

シンジ「じゃあしません」スタスタ

アスカ「・・・えっ?ちょっ、待ちなさい!!」

14: 2012/02/04(土) 00:41:56.96 ID:+eEaslF8O


レイ「いやっしゃい碇く・・・服、どうしたの」

シンジ「狂暴なジャーマニーに剥ぎ取られたけど大丈夫。さっ、一緒に豆まきしよう。もうすぐ赤鬼が来ると思うから」

レイ「赤鬼?」


ピンポンピンポンピンポン

ドンドンドン

アスカ「開けなさい!!いるのはわかってんのよ馬鹿シンジ!!」

ガチャッ

アスカ「観念したy」

レイ「・・・」ビシュッ

アスカ「いたっ」

17: 2012/02/04(土) 00:47:37.70 ID:+eEaslF8O
レイ「・・・」ビシュッビシュッ

コツンコツン
アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・」ビシュッビシュッビシュッ

コツンコツンコツン
アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・」ヨッ

ザアアアアア
アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・」サッサッ

ポロッコツン
アスカ「・・・」

アスカ「・・・」シュッ

パーン!
レイ「いっ・・・」

アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

23: 2012/02/04(土) 01:00:57.38
>>17から

レイ「……なにするの」ヒリヒリ

アスカ「こっちが聞きたいわよ!いきなり豆ぶつけて!」

レイ「碇君が」

アスカ「…………」

レイ「碇君が『赤鬼が来るから』投げろって」

アスカ「やっぱり人形ね!人の言うことにバカ正直に従っちゃって」

レイ「私は人形じゃない」

アスカ「人形よ!」

レイ「あなたは鬼」ヒュッ

アスカ「うっさい!」パシッ

26: 2012/02/04(土) 01:06:17.74
アスカ「もういい!バカシンジに直接話つけてやる!上がるわよ!」ドカドカ

レイ「あ……」

ドカドカ

アスカ「いた!バカシンジ!あんたどういうつもりよ!」

シンジ「…………」モグモグ

アスカ「食べてないでなんとか言いなさいよ!」

シンジ「…………」モグモグ

アスカ「こんの……」イラッ

レイ「待って。今はダメ」

アスカ「あんたは邪魔しないで!」

レイ「私じゃない。あれは、恵方巻き」

アスカ「えほうまき……?」

27: 2012/02/04(土) 01:10:28.63
レイ「そう。恵方巻き。縁起のいい方角を向いて食べる。食べ終わるまでしゃべってはいけない。それが恵方巻き」

アスカ「人形のくせに詳しいじゃない」

レイ「碇君が言ってた」

アスカ「ふーん……つまり年中行事に詳しいシンジ様は、恵方巻きの風習にキッチリ従うと」

シンジ「…………」モグモグ コクッ

アスカ「食べ終わるまで喋れないから、アタシの話は後回しってわけね?」

シンジ「…………」コクッ

アスカ「……わかったわよ。待ってやろうじゃないの」

シンジ「…………」モグモグ

29: 2012/02/04(土) 01:15:20.83
そして15年後…

32: 2012/02/04(土) 01:24:47.96
>>29

アスカ(29)「シンジー、恵方巻きは?」

シンジ(29)「ん、買ってあるよ」ヒョイ

アスカ「ん」

シンジ「……アスカってば、昔は日本の恵方巻きなんでバカにしてたのに、いつの間にかすっかり馴染んじゃったね」

アスカ「ん? まぁ15年も日本に住んでれば慣れるわよ」

シンジ「そっか。でもまぁ……アスカが日本に残ってくれてよかったよ」

アスカ「なんで?」

シンジ「もしドイツに帰っちゃったら、会えなくなっちゃうじゃないか」

アスカ「そうね……」

シンジ「……………」

アスカ「……あんたがいるから日本に残ったに決まってるじゃない……」ゴニョゴニョ

シンジ「えっ?」

アスカ「っ!」

34: 2012/02/04(土) 01:33:12.21
シンジ「今なんて言ったの?」

アスカ「べ、別に何も言ってないわよ」

シンジ「ほんとに?」ニヤニヤ

アスカ(こいつ……絶対聞いてた!)カァーッ

シンジ「……アスカ?もっかい言っ」

アスカ「っ!」バッ

シンジ「あっ、恵方巻き……」

アスカ「…………」モグモグ


35: 2012/02/04(土) 01:34:22.31
シンジ「……『食べ終わるまで喋らない』?」

アスカ「…………」コクッ

シンジ「もう、相変わらず素直じゃないなぁ」

アスカ「…………」モグモグ

シンジ「…………」ナデナデ

アスカ「♪」モグモグ



アスカは家(うち)。

引用元: シンジ「レイは~うち。アスカ~そと」