1: 2013/04/24(水) 17:54:23.53
小鳥「おはようございまーす」

P「おはようございます」

ベチコッ

小鳥「い、いたぁっ!?」

小鳥「な…なな…な…!?」

2: 2013/04/24(水) 17:54:41.09
それは事務員

4: 2013/04/24(水) 17:56:03.35
小鳥「なにするんですかプロデューサーさん!?」

P「…………」

小鳥「いきなり頬っぺた叩くなんて…ま、まさかそっちの趣味が…」

ペチコン!

小鳥「ひでぶっ!」

小鳥「や、やめ…やめてくださいよ!」

9: 2013/04/24(水) 18:01:57.52
小鳥「あ、あのですね…プロデューサーさんの欲望をあたしで発散してくださるのは大変喜ばし…」

ペチピーン!

小鳥「はぷんっ!」

P「…………」

小鳥「痛いですってぇ!なんか怖いですから!無言で殴られると!」

ペチンプコッ!

小鳥「うぅ…い、いい加減にしてくださいよー!」

スパァン!

P「あがふんっ!」

12: 2013/04/24(水) 18:08:01.70
P「いだだだ…音無さんの記録は四回ですね…」

小鳥「え…?ど、どういうことですか…?」

P「いや…ちょっとアイドル達にする前に音無さんで試そうかと思いまして…」

小鳥「意味がわからないです!説明を要求します!」



小鳥「…なんてこと試そうとしてるんですか…」

P「すいません。でもとっさに暴漢に対処するための予行練習は大事だと思いまして」

小鳥「本音は?」

P「単純な興味ですね」

16: 2013/04/24(水) 18:15:36.07
小鳥「まったくもう…なんて暴力プロデューサーですか…」

P「すいませんほんと」

小鳥「何かに目覚めちゃったらどうするんですか!?その時は責任とってもらいますからね!?」

P「自分で処理してください」

小鳥「それにやっぱりアイドルに向かって暴力はよくないですよ」

P「…頬が腫れない程度の力加減をマスターしてきたんですが…やっぱり駄目ですかね?」

小鳥「そういえばもう痛くないです」

P「俺はまだ結構痛いです」

小鳥「すいません…」

P「こちらこそ」

20: 2013/04/24(水) 18:17:42.19
ここまでチュートリアル

22: 2013/04/24(水) 18:19:40.64
本番はまだか

23: 2013/04/24(水) 18:20:48.93
P「でも考えてみてくださいよ音無さん」

小鳥「?」

P「突然ビンタされて呆然とするアイドルの姿を…」

小鳥「……」

P「目元に涙を浮かべ、身体をフルフルと震わせている姿を…」

小鳥「…………」

P「まるで飼い主に捨てられた瞬間の小動物のようになった姿を…」

小鳥「………………」

P「……グッときません?」

小鳥「……鼻血もんですね」

P「垂れてます垂れてます」

29: 2013/04/24(水) 18:25:49.86
小鳥「とんだ鬼畜プロデューサーです!」

P「すいません…」

小鳥「撮影とアフターケアは任せてください!」

P「あ、やっぱり参加するんですね」

ガチャッ

P「誰かきた!」

小鳥「では後ほど」シュパッ


41: 2013/04/24(水) 18:33:28.61
冬馬「おう、おはよう!」

P「は?」

冬馬「遊びにきたぜ!」

P「…………」

ズッパァァァァァン!!!

冬馬「あがぁっ!?」

ゴスッ!ゴスッ!ゴスッ!

冬馬「いたっ!?ちょ、やめ…!」

ズッコン!バッコン!

冬馬「う、うわぁぁぁぁ!!助けてくれぇー!!」ダッ

P「帰れ!!」

小鳥「……今の消去…と」


ガチャッ


56: 2013/04/24(水) 18:38:43.25
千早「おはようございます」

小鳥(いきなり千早ちゃん…修羅場にならなきゃいいけど…)ハラハラ

P「おはよう千早」

千早「今日の日程ですが…午後から発声練習があり…」

ペンッ

千早「っ!?…………」

P「…………」

千早「………いた…」

小鳥(うわわわわわ…)

64: 2013/04/24(水) 18:45:47.78
千早「…これはなんの真似ですか?プロデューサー」

P「…………」

小鳥(沈黙はまずいですって!千早ちゃんマジギレしちゃいますって!)

千早「……なにか言ったらどうですか?…担当アイドルに暴力を…」

ペターン!

千早「…っ…!?」

小鳥(ぴぃ…千早ちゃんすごい形相…!)ガタガタ

千早「……くっ…!」

スパコォン!

P「ぐぅふぃい!!」

小鳥(すこぶる振りかぶったビンタが炸裂っっ!)

73: 2013/04/24(水) 18:54:24.46
P「あひぃ…」

千早「痛いですか?私も痛かったですよ」

P「うぅ…」

千早「…いきなり事務所にきてプロデューサーに殴られるなんて思いませんもの。頬より胸が痛いです」

千早「こんな…理由もわからないまま殴られるなんて……っ…」

小鳥(あら…千早ちゃん、ちょっと涙目…?)

千早「……なにか言ってくださいよプロデューサー…!」

P(目元が若干赤くなってる千早可愛い…超強く殴られたけど)

79: 2013/04/24(水) 19:01:14.55
千早「…まただんまりですか?じゃあもう一回してあげましょうか」

P「ひっ!?」ビクッ

小鳥「すとーっぷ!ストップよ千早ちゃん!」

千早「音無さん…?いたんですか…」

小鳥「えぇずっと。それよりもう一発は駄目よ千早ちゃん!プロデューサーさんがグロッキーしちゃうわ!」

P「ごめんなさいちーちゃん…もうしません…」ガタガタ

千早「……話が読めないわ…」

83: 2013/04/24(水) 19:06:05.99
千早「…ビンタし返されるまでビンタする実験?」

P「はい」

千早「…馬鹿じゃないですか?」ジトー

P「本当に申し訳ないです」

千早「まったく…なんのためにこんなこと…」

P「強いて言えばアイドル達の可愛い反応を眺めるためだな!」

千早「やっぱりもう一発いきましょうか」

P「ひ、ひぃ!?」

小鳥「でもちょっと涙目になった千早ちゃんすごく可愛かったわよー」

千早「涙目になんてなってません」プイッ

小鳥「あら?じゃあ録画したの観る?」

千早「!?ちょ、やめ…音無さんっ!」

85: 2013/04/24(水) 19:11:14.24
P「千早は二回でしたね」

小鳥「物怖じしない性格ですからね千早ちゃんは。いざ暴漢に襲われても即座に金的とかしてきそうです」

P(……千早にちょっかい出すのは少し控えよう…)

ガチャッ

>>95

95: 2013/04/24(水) 19:14:43.97
いおりん

102: 2013/04/24(水) 19:19:39.67
伊織「おっはよ」

P「おはよう伊織」

小鳥(伊織ちゃん…またすぐに反撃してきそうね…プロデューサーさんのほっぺたは大丈夫かしら)

伊織「喉が渇いたわプロデューサー。私にジュース買ってき…」

パチョーン

伊織「ひぁっ!?」

伊織「…………え…?」

P「…………」

小鳥(なにが起こったかわからないって顔してる伊織ちゃん…!)

小鳥(ヤバイわこれ。サドの方にも目覚めそう)

108: 2013/04/24(水) 19:25:18.72
伊織「……いたい…」

P「…………」

伊織「…………っ!」ジワッ

伊織「なに…すんのよぉ!私に向かって…こんなことするなんてぇ!」

小鳥(伊織ちゃんご乱心ね…勢い余ってお漏らしとかしないかしら)ゴクリ

伊織「この…ばかプロデューサー!あんたなんて…あんたなんてぇ!」

パチデコーン!

伊織「うぅっ!」

P「…………」

伊織「また…叩いた…」

小鳥(無言で叩かれるのって何気に怖いのよね…お漏らししないかしら)ゴクリ

117: 2013/04/24(水) 19:30:40.98
伊織「この…っ!最低っ!最低プロデューサー!どっか行きなさいよっ!」

P「…………」

伊織「う…」

小鳥(もしかして…伊織ちゃん怖がってる?)

P「…………」

伊織「な、なによ…また叩く気…?」

P「」スッ

伊織「っ!」ビクッ

小鳥(あぁん!怯えてる伊織ちゃん可愛い!)

128: 2013/04/24(水) 19:39:23.12
P「…………」

デコッパチン!

伊織「いたっ!うぅ…!」ジワァッ

P「…………」

伊織「も、もう…やめなさいよばかぁ!!」ダッ

小鳥(プロデューサーさんから逃げようとする伊織ちゃん可愛い…でも部屋の隅に逃げても…)

P「…………」テクテク

伊織「ひっ…こ、こないで!こないでよ!」

P「…………」スッ

伊織「っ…い、いやぁっ!」ドン!

P「いたっ…」

小鳥(押し倒したーっ!)

伊織「ばかぁ!変態!変態!変態!変態!」

パン!パン!パン!パン!パン!パン!

小鳥(押し倒してからのパンパン!)

129: 2013/04/24(水) 19:40:15.69
押し倒してパンパン・・・(ゴクリ

130: 2013/04/24(水) 19:40:48.24
お縄ですわ

136: 2013/04/24(水) 19:45:40.59
P「いだっ…痛い痛いっ!痛いって伊織!」

伊織「嫌っ!あんたなんか嫌い嫌い嫌い!!」パン!パン!パン!

小鳥「も、もう十分でしょ伊織ちゃん!」ギュッ

伊織「っ!…こ、小鳥…?」

小鳥「やめたげて伊織ちゃん…プロデューサーさんの顔が肉まんみたいに膨れ上がってるわ」

P「」

伊織「み、見てた!?こいつが…こいつが私に…!」ギュッ

小鳥「……!!よ、よしよし…怖かったわね」ナデナデ

小鳥(涙目の伊織ちゃんがあたしに抱きついてるっ!漏らしてもいいのよ?)

142: 2013/04/24(水) 19:53:01.76
P「ちょっと音無さん…いいとこ取りですか…」

伊織「ひっ…」

小鳥「あ、お目覚めですかプロデューサーさん」

伊織「あ、あんたがしたことは全部小鳥に言ったんだから!今さら誤魔化そうったって無駄だからね!」

P「俺…伊織に十倍くらい殴られたんだが…まぁいいけど」

P「それより音無さんもはぁはぁ言いながら撮影してたからな」

伊織「……へ?」

小鳥「ぷ、ぷぷろプロデューサーさん!言っちゃ駄目ですってば!」

伊織「…………」ススス

小鳥「あん!伊織ちゃんが離れちゃったじゃないですかー!」

146: 2013/04/24(水) 19:58:36.86
P「それより伊織…ほんとごめんなさいっ!」

伊織「……今謝ったって許さないわよ…私にあんなことして…」

P「そう…だよな…簡単には許してくれないよな…」

伊織「……でもなんであんなことしたの?…わ、私がなにかしたから…?」

P「え?」

伊織「い、いつも私がわがままだから…だから怒ったの…?」

P「…………」

P(しゅんとしてるいおりん可愛いぃぃ)

小鳥(まだ録画止めなくて正解だったわね)

152: 2013/04/24(水) 20:05:14.38
P「…というわけなんだ」

伊織「…………は?」

小鳥「そうよね。意味わかんないわよね」

P「嬉々として撮影してたあんたが言わないでください」

伊織「叩かれる私が見ただなんて……」

伊織「……やっぱりあんたって変態だったのね…」

P「…否定出来ないや」

小鳥「でもそんな伊織ちゃんも可愛いんだから仕方ないですよねぇ…」

P「そうなんですよねぇ…可愛い伊織が見たかっただけなんだよ」

伊織「……ま、まぁ伊織ちゃんがどんなときだって可愛いのは否定できないけど…」

156: 2013/04/24(水) 20:13:24.91
P「お詫びと言ってはなんだけど…少し上等なジュースを用意したんだ」

伊織「!…こ、これあんたが買ったの?」

P「伊織にとっては安物かもしれないが…受け取ってくれ」

伊織「…こ、これで許されようだなんて思わないでよね!」

P「もちろんだ」スッ

伊織「っ!」ビクッ

ナデナデ

伊織「……あ…」

P「ほんとにごめんな…」

伊織「…ふ、ふん!……ちゅう…くぴくぴ…」

小鳥(ストローになりたい)

158: 2013/04/24(水) 20:17:46.54
小鳥「なんだかプロデューサーさんがDV男に見えてきました」

P「だからあんたは俺のこと言える立場じゃないですって」

小鳥「ちなみに伊織ちゃんは三回でした。プロデューサーさんが伊織ちゃんを怖がらせなければ即ビンタ返しもあり得たんですけど」

P「俺怖かったですかね…」


ガチャッ

>>165

165: 2013/04/24(水) 20:18:58.73
美希

176: 2013/04/24(水) 20:26:18.18
美希「ハニー!」

P「美希おはよう」

美希「おはようなの!」

小鳥(美希ちゃんですか!あのプロデューサーさんにベッタベタな美希ちゃんがどう変わるのか…)ジュルリ

美希「あのね!この間いいお店見つけちゃったから今度一緒に…」

パチンノ!

美希「行きっ…!」

美希「…………?」

P「…………」

小鳥(あぁぁぁ!さっきまで太陽のような笑顔を見せていた美希ちゃんが!)

小鳥(きょとんとしてます)

185: 2013/04/24(水) 20:31:23.38
美希「…は、ハニー…?」

P「…………」

美希「今…ミキのほっぺた…叩いて…」ウルッ

小鳥(な、泣いちゃう!美希ちゃん泣いちゃう!いいぞ!)

美希「……!」ゴシゴシ

美希「あ、あはっ!ちょっと手が当たっただけだよね!勘違いしちゃったの!」

小鳥(なっ…!?け、健気!健気だわ美希ちゃん!今度はお姉さんが泣けてきちゃう!)

美希「でねでね!そのお店がね!ハニーの好きそうな…」

パチーンナノ!

美希「い、いひゃいっ…!?」

195: 2013/04/24(水) 20:36:58.18
美希「ハニー…?ど、どうして…?」

P「…………」

美希「…………」

美希「……もしかして…迷惑…だったかな…えへへ…」

P「…………」

美希「ご、ごめんなさい…なの。一緒にお店いくの…我慢するの…」

小鳥(う、うわぁぁぁ!やめたげて!構ってあげてプロデューサーさん!もっとやれ!)

美希「…じゃあこのお店はいいから、今日のお昼ご飯は一緒に食べよ!ミキ、今日はハニーにおにぎりを…」

ナノッパチンナノ!

207: 2013/04/24(水) 20:44:09.29
美希「…………いたい、よ…ハニー…」

P「…………」

美希「……っ…うぅ…ぐすっ…」

小鳥(やぁぁぁうっ!泣かないで美希ちゃぁん!もっと泣けないで!プロデューサーさん、もうやめないで!)

美希「どう、して…?ハニー…ミキのおにぎり…食べるの…や?」ポロポロ

P「…………」

美希「ミキ…一緒に食べたくて…ちょっとへたっぴだけど…頑張って作ったの…」ポロポロ

美希「食べ…ぐすっ、食べて…ほしいの…ハニーに…」ポロポロ

P「…………」

ナノナノン!

219: 2013/04/24(水) 20:51:15.43
美希「っ!……いた…っ…」ポロポロ

P「…………」

美希「…もう…やだよ……」ポロポロ

P「…………」

美希「…!どうして意地悪するの…!?ちゃんと言ってくれなきゃわからないの!」ポロポロ

美希「ミキのこと嫌いになっちゃったの…!?もしそうならミキ…悲しすぎるのっ!!」ポロポロ

P「…………」

美希「ハニー!こんなのやだ!納得できないの!ハニー!!」ユッサユッサ

ナノナノッナノー!

美希「いだっ…ぐす、うぅぅ~!」ポロポロ

小鳥(なんだか昼ドラみたいだわ…おせんべいでもないかしら)ハラハラ

232: 2013/04/24(水) 20:59:01.42
美希「こんなの…ハニーじゃないよ…だって昨日まではあんなに…」

P「…………」

美希「…なんでさっきから黙ってるのっ!」

P「…………」

美希「うぅぅ~…ハニーのばか…ばかぁ…」プルプル

P「…………」

P「」スッ

美希「ハニーのばかーっっ!!」

ボッキィ!

P「ぐもはぁっ!?」

小鳥(プロデューサーさんがまたビンタするのかと思いきや、カウンターの顔面パンチだぁ!あら、なにか折れたような音がしたわ)

美希「ばかっ!ばかっ!ハニーのばかっ!意地悪っ!」ポカポカポカポカ

P「あばばばばば」

小鳥(お子様ぐるぐるパンチだわ!怒りかたは子供っぽいのね美希ちゃん)

239: 2013/04/24(水) 21:04:50.17
美希「ばかぁーっ!」ポカポカポカポカ

P「あば、あばば!タンマ!タンマだ!」

美希「タンマじゃないの!ミキなの!」ポカポカポカポカ

P「ギブ!ギブだってば!」

美希「ギブじゃないの!ミキなの!」ポカポカポカポカ

小鳥「あらあら…美希ちゃんあんなに泣いてたのにどこか微笑ましいのはなぜ?」パリパリ

P「音無さん!せんべい食ってないで助けてください!」

美希「センベイクッテナイデじゃないの!ミキなの!」ポカポカポカポカ

249: 2013/04/24(水) 21:14:05.33
P「」

小鳥「お、落ち着いた…?美希ちゃん…」

美希「落ち着けるわけないのっ!ハニーが意地悪するの!」

美希「ミキね、今日ハニーと食べようと思っておにぎり作ったんだよ!?それなのにハニーは食べないって言うの!なんなの!」

P「美希…別に食べないなんて言ってないでしょう…」

美希「え…ハニー…?」

P「美希のおにぎりが食べれるなんて…そんな幸せなことはないよ…」キリッ

美希「ミキ今怒ってるから優しいこと言わないの!後で言ってほしいの!」プンスカ

P「え、あ、はい…」

257: 2013/04/24(水) 21:21:12.58
美希「なのなのなの!」プンスカ

P「さっきまでしおらしかったのに今はまるで火山のように噴火してるな…」

小鳥「まぁまぁ。美希ちゃんもとても不安で寂しい思いもしたでしょうし…少しは発散させてあげましょうよ」

P「そんなことを言っててもカメラを離さない音無さんは尊敬に値するような気がします」

美希「なのなのなの!」プンスカ

P「あぁ…ごめんってば美希!ご飯でもどこでも連れてくから許してください!」

美希「」ピタリ

266: 2013/04/24(水) 21:28:35.68
美希「ほんと…?」

P「え?」

美希「どこでも連れてってくれるって…ほんと…?」

P「も、もろちん!」

美希「じゃあ…ミキとお洒落なお店とか…一緒に行ってくれる?」

P「お、おう!美希が喜んでくれるならどこだって!」

美希「どこだって…?」

小鳥(そんなこと言っちゃったら…まずいんじゃ…)

美希「……じゃあね?ミキね…?」

P「うん…」

美希「…ハニーと手繋いで、公園とかでデートして…一緒におにぎり食べたいな」

P「…………」

P(ぬわぁぁぁ!美希ぃ!お前健気すぎるだろぉぉ!)

小鳥(ホテルとか考えたあたしを誰かぶん殴ってください!)

282: 2013/04/24(水) 21:36:49.19
P「美希…一緒に食おうな!おにぎり一緒に食おう!」

小鳥「うんうん!一緒に食べましょう美希ちゃん!」

美希「えへへ…ハニーがいつものハニーに戻ってくれて嬉しいの…大好きっ!」ギュッ

P「ぬおう!ドキドキするからそれは勘弁してくれ!」

美希「もう、ハニーったら相変わらず照れ屋さんなの」

小鳥「ふふふ。プロデューサーさん、さっそく美希ちゃんをデートにつれてってあげましょう!」

P「今からですか?」

美希「今から行くの!ミキの作ったおにぎり食べよ!」

P「そうだな…行くか!」

小鳥「行きましょう!」

美希「あ、小鳥は別に来なくていいの」

小鳥「あれ…?」

292: 2013/04/24(水) 21:47:31.38
P「ムシャムシャムシャ…」

小鳥「くすん…あたしも美希ちゃんのおにぎり食べたかったです…」

P「ムシャムシャムシャ…」

小鳥「え、やめたほうがいいって?またまたぁ」

P「う…ぐ…ムシャムシャムシャ…」

小鳥「え、イチゴババロア味…?あー…」

小鳥「ち、ちなみに美希ちゃんは五回でした。六回目に突入間際でしたね。ほんと健気でした」

P(残しちゃ駄目だ…残しちゃ駄目だ…)ムシャムシャ


ガチャッ

>>300

300: 2013/04/24(水) 21:48:51.31
律子

332: 2013/04/24(水) 21:57:51.94
律子「お疲れ様です」

P「律子、お疲れ様」

律子「あ、いらしてたんですかプロデューサー殿」

小鳥(律子さんですか…これまたすぐにでもビンタが飛んできそうですね…そろそろ千早ちゃんの最短記録を抜き抜きしてほしいものです)

律子「プロデューサー殿、少し相談したいことが…」コソッ

小鳥(おっと、伊織ちゃんの時のように部屋の隅っこに手招きしてますね)

P「」テクテク

律子「あのですね…実は…」

P「」ズイッ

律子「……あ、あの…少し近いですよ…プロデューサー殿…」カァ

P「…………」スッ

338: 2013/04/24(水) 22:06:21.51
律子「す、すみませんこんな隅に呼び出して…べ、別に変な意味はな…」

パチッチャン!

律子「ぃだっ…!?」

小鳥(うわぁ…これは鬼畜の所業…乙女をドキドキさせといてぶん殴るたぁ…)

律子「……え?プロデューサー殿…?」

P「…………」

律子「……っ…!」

律子「い、いきなり何をするんですか!?」

小鳥(律子さんさっきまでドキドキしてたろうに…あたしといい律子さんといい、プロデューサーさんは何人の乙女をタブらかしてるんでしょうかねぇ…)

351: 2013/04/24(水) 22:13:50.40
律子「私…プロデューサー殿に叩かれるようなこと…した覚えがないんですけど…?」

P「…………」

律子「それとも今のには何か深い意味があるんですか?」

P「…………」

律子「…何も言ってくれないんですね。相談はまた後日にします。呼び出しといてすいませんでした」スッ

P「」ススス

律子「…!?」

小鳥(うわっ!部屋の隅っこだからプロデューサーさんが壁作っちゃったら律子さん逃げ場がないじゃないですか!なんてこった!)

律子「あの…通してください…」

P「」ズイッ

律子「ひぅ…」

小鳥(あ、あんなに男らしく壁越しに追い詰められちゃったら…女の子はドキドキしちゃうんですからね!プロデューサーさん!)

362: 2013/04/24(水) 22:20:06.99
律子「あ、あのぉ…これはなんの真似…なんでしょうか…?」

P「…………」ジッ

律子「……そ、そんな見つめないでくださいよ…さっきから変ですよプロデューサー殿…」

小鳥(おい!そこ代われ!プロデューサーさん側でも律子さん側でもいいから!)

律子「…なんですか…?さっきのこと…許してほしいってことですか…?」

P「…………」

律子「簡単には…許しませんから…いきなり叩かれたんだから…」

P「…………」

律子「で、でもなにか理由があったのなら…私もちゃんと聞きますし…ですから…」

P「…………」スッ

小鳥(まってプロデューサーさん!今のタイミングはマズイ!真っ赤な律子さんが真っ青になっちゃいますよ!)

370: 2013/04/24(水) 22:29:06.19
律子「どうしてもと言うなら…許して…」カァ

メッモッチャン!

律子「あぷっ!?」

P「…………」

小鳥(……やっちゃった…律子さんの心がぽっきりへし折れちゃう…フラグとともに…)

律子「……そうですか…よくわかりました…」

小鳥(ほら、律子さんの顔が真っ青に……あれれ?)

律子「プロデューサー殿のおっしゃりたいことはよーくわかりました!」

小鳥(また真っ赤になってる…いやいやこれは真っ赤は真っ赤でも…)

律子「私に喧嘩売ってるってことですよねぇ!?」

小鳥(怒ってる方の真っ赤です!プロデューサーさん逃げてっ!鬼軍曹が目覚めましたよ!)

律子「きっちり二発、返させてもらいますよ!」

P「あわ、あわわわ…」

スマーッシュ!

371: 2013/04/24(水) 22:29:50.19
スマッシュ

376: 2013/04/24(水) 22:35:29.80
P「ぐふぅわぁ!?」

律子「もう一発っ!」

ローソン!

P「いらっしゃいませぇっ!」

小鳥「プロデューサーさぁぁぁん!」

律子「え?小鳥さん?」

小鳥「ど、どうも!律子さん!」

律子「……ずっと隠れて見てたんですよね?」

小鳥「なにをおっしゃいますやら!今きたとこですよ!」

律子「言い訳するときくらいはカメラ持つのやめましょうよ」

小鳥「げっ!しまった!」

383: 2013/04/24(水) 22:42:15.53
律子「まったく…おかしいと思ったんですよ…プロデューサー殿もいつもとは違うし…」

P「すまん…やっぱり律子には通じないか…」

律子「当然ですっ!私はいつもプロデューサー殿のこと見てるんですからね!」

P「え?いつも?」

律子「……っ!なな、なんでもありませんっ!!」カァ

小鳥「でもその割には律子さん、本気で照れてましたよね」

律子「えぇっ!?」

P「照れるタイミングなんてありましたっけ?」

小鳥「あ、観ます?バッチリ撮れてますよ、真っ赤になった乙女な律子さんが」

律子「も、もう!それは没収です没収!!」

小鳥「えぇぇぇぇ!?そそそんなぁぁぁぁ!?」

388: 2013/04/24(水) 22:48:46.36
P「律子にお説教されてしまった」

小鳥「カメラだけはなんとか守り抜きました…ふぅ…」

P「よく許してくれましたね」

小鳥「なんだかんだで律子さん優しいですから」

小鳥「命より大事だって言ったら許してくれました!」

P「あんた生き生きしてんなぁ音無さん…」

小鳥「そんな律子さんはビンタ二回で反撃でした。きっちり二回だけ返すのも律子さんらしいですね」


ガチャッ

>>395

395: 2013/04/24(水) 22:49:49.73
雪歩

408: 2013/04/24(水) 22:59:13.15
雪歩「あの…おはようございますぅ…」

P「おはよう雪歩」

小鳥(ついに…きてしまった…)

小鳥(今回の企画の難所…いえ、目玉とも言うべき存在が…)

小鳥(いわゆる反撃してこなさそう系アイドル!)

小鳥(ビンタし返されるまでビンタするとは…つまりはビンタされるまでビンタし続けないといけないということ!)

小鳥(しかも今回は765プロアイドルいち、叩いたら崩れてしまいそうな雪歩ちゃん!)

小鳥(雪歩ちゃんのことはもちろん心配ですが…プロデューサーさんの心が壊れないか…音無小鳥、とても心配です!)

雪歩「あ…プロデューサー♪」トテトテ

小鳥(男性の中で唯一といってもいいくらい、信頼関係が築けているのに…プロデューサーさん…)

小鳥(雪歩ちゃんだけはやりすぎては行けませんよ!マジで!!)

624: 2013/04/25(木) 13:37:36.76
雪歩「プロデューサー、来週のお仕事についてもう一度聞きたいことが…」

P「…………」

パチーン!

雪歩「きゃんっ!?」ヘタリ

小鳥(あぁっ!雪歩ちゃんが膝から崩れ落ちちゃった…!)

雪歩「…………っ?……?」オロオロ

P「…………」

雪歩「あ、あの…えと…ぷ、プロデューサー…?」

雪歩「今のは…その…………」

雪歩「…ぅぅ……」ジワリ

小鳥(は、早くも涙を浮かべてますよ!大丈夫ですかこれ!?)

625: 2013/04/25(木) 13:39:58.14
P「…………」

雪歩「わ、わかってます…私、プロデューサーの都合も気にせずに話しかけちゃって…」ムクッ

雪歩「今、忙しかったんですよね…?ごめんなさい…私が悪かったんですよね…」

小鳥(うぐっ…すでに辛いんですけど…プロデューサーさんは平気なんでしょうかね…)

P「…………」

パシーン!

雪歩「あうっ!?」

小鳥(うぉぃっ!すかさずですか!?)

雪歩「…ぷ…ぷろ……」

P「…………」

雪歩「………わ…私…」ヘタリ

雪歩「…え、へへ…また、なにか失礼なこと…しちゃった…でしょうか…」ポロッ

雪歩「私ったら…プロデューサーに迷惑ばかりかけて…本当に…だめ、だめ…で…」ポロポロ

雪歩「……ひっく……ひく……」ポロポロ

小鳥(ぴゃぁぁぁぁ!も、もう無理ですってプロデューサーさん!これ以上はさすがに後々問題になりますってぇ!)

628: 2013/04/25(木) 13:41:44.04
P「…………」

雪歩「すみません…すみません…私…こんなにだめだめですけど…ぐすっ…嫌いにならないでください…」ポロポロ

P「…………」

雪歩「頑張って悪いとこ直しますから…だから…」ポロポロ

P「…………」スッ

小鳥(ちょ、まっ……!)

パォシェーン!

雪歩「っ…!」

P「…………」

雪歩「…うぇ…うぇぇぇん…っ…!」ポロポロ

630: 2013/04/25(木) 13:55:35.33
雪歩「うぇぇぇん…ひっく…ぐすっ…」ポロポロ

小鳥(ガチ泣きしてるじゃないですかぁ!やめたげてよプロデューサーさん!)

P「…………」

雪歩「ごめんなさい…ぐす…許して…ください……」ポロポロ

小鳥(今ならまだ間に合うからぁ!そこでガッとやってチュッて吸ってはぁーんですよ!)

P「…………」

雪歩「プロデューサー…私…私…!プロデューサーとこんな風になるの…嫌ですぅ…!」ポロポロ

雪歩「せっかく…仲良くなれたと…思ってたのに…うぇぇぇん…!」ポロポロ

P「…………」

P「…………」


P「雪歩」

小鳥(!?)

633: 2013/04/25(木) 13:59:33.38
雪歩「ぷろ…でゅーさー…?」ポロポロ

P「……雪歩」

小鳥(シャベッタァァァァァァ!!)

小鳥(いやいややっぱり心が持たなかったんですよねプロデューサーさん!いいですよ!それが正解ですよ!早く雪歩ちゃんにらぶらぶちゅっちゅしてあげてください!)

P「お前…なんのためにアイドルになったんだっけ?」

雪歩「え…?」クスン

P「その性格を直したいとか言ってなかったか?」

P「だったらいつまでも泣いてるんじゃない」

ポシェーン!

雪歩「やっ…!……ぅぅ…!」ポロッ

小鳥(……………………いや…え…?)

小鳥(……一応撮りますけど)

635: 2013/04/25(木) 14:03:57.25
P(……やっぱり雪歩は俺がビンタをし続けてもやり返そうとする気配が全くない……)

P(しかし、この実験を始めようと思い付いたとき…こういう事態を考えなかったわけではない)

P(どうしてもビンタし返さないアイドルがいた場合…口で煽って怒らせるしかない)

P(そうじゃなきゃ一生ビンタし続けなきゃならんし…そうなったらいくら加減してるとはいえ、雪歩のぷるぷるつるつるぷにっぷになほっぺたが腫れ上がってしまう)

P(出来るだけ口で傷付けたくはないんだけどな…心の傷の方が後に残りやすいし…)

P(だから怒らせるだけ…怒らせるだけにしよう…言い過ぎて雪歩の心を壊さないように慎重に…)

P(あ、ビンタの方はもちろん続けるけど)


小鳥(って顔をプロデューサーさんがしてる!気がする!)

小鳥(だからもうちょい見守ってましょ…)

小鳥(べ、別に泣いてる雪歩ちゃんが可愛いから実はもっと続けて欲しいなんて思ってないんだからね!)

671: 2013/04/25(木) 19:07:28.92
P「お前は強い性格になりたくてアイドルになったんだろ?」

雪歩「は…い…」

P「今のお前を見る限り、とてもそうは思えないんだがなぁ」

雪歩「……すみません…」

P「俺に謝って」スッ

雪歩「あっ…!」ビクッ

P「どうすんだよ」

ポペン!

雪歩「うぅ!……ひぐ…!」

P「お前自信の問題だろう。お前自信が頑張らなくちゃいけないんだよ」

P「人に頼ろうとするな」

雪歩「……はい…」ポロポロ

小鳥(あれれ?プロデューサーさんの仕事はアイドルをプロデュースすることじゃないん?)

676: 2013/04/25(木) 19:20:59.24
P「泣くのをやめろ」

雪歩「ひっく…そんな…こと…言われても…っ」ポロポロ

雪歩「私…涙が止まらなくてぇ…ぐすっ…」ポロロポ

P「情けなくないのか雪歩」

雪歩「はいぃ…私…いつまでたってもプロデューサーに頼ってばっかりで…」ロポロロ

雪歩「自分だけではなにも出来なくて…だめだめで…ひくっ…」ポロロンポ

雪歩「だから…だから…プロデューサーにこれ以上嫌われたくないのに…涙が出てきちゃって…っ…」ポッポロポー

P「…………」

P「」チラッ

小鳥(いやこっち見られてもどうしようもありません)

683: 2013/04/25(木) 19:31:59.41
P「……か、かっこわるいぞ雪歩。早く泣き止め」

雪歩「そうです…プロデューサーがいないと私なんてかっこわるるんですぅ…」グスグス

P「…馬鹿だ。お前は超馬鹿だ。ボケボケのアホアイドルだ」

雪歩「わかってます…私なんて馬鹿でアホでボケボケのおっちょこちょいのちんちくりんお化けなんですぅ…」グスグス

P「…お、お前みたいなアイドルなんて踏み潰しちまうぞ!!」

雪歩「はいぃ…私なんて地べたに這いつくばって土下座して頭から牛乳でもかぶって臭くなってボロ雑巾のように踏んづけられちゃうのがお似合いなんですぅ…」グスグス

P(……雪歩ってどんな悪口言えば怒るんだよっ!)

ポペペポプ!

雪歩「ひゃあふ!……うぅぅ…」プルプル

小鳥(怒らない雪歩ちゃんも雪歩ちゃんだけど…プロデューサーさんの悪口もどうかと思います…)

雪歩「…どうせだったら叩くよりも踏んじゃってください…私ごときがプロデューサーのお手を煩わせるわけにはいきません…」グスグス

689: 2013/04/25(木) 19:46:28.32
P(雪歩といえば…雪歩といえば……あっ)

P「…雪歩のお茶ってすごいマズイよな」

雪歩「……っ……!」ジワッ

P「…趣味がポエムってすごい痛いよな」

雪歩「…………うぅぅぅぅ…」ジワワッ

P「…………」

小鳥(あれで怒らないのね…雪歩ちゃんには喜怒哀楽の怒は存在してるのかしら)

P「…………」


P「……真って全然可愛くないよな」

雪歩「………………」

雪歩「…………」

雪歩「はい?」

700: 2013/04/25(木) 19:58:57.83
P「だって全然女の子っぽくないしさ」

雪歩「…プロデューサー」

P「スタイルだって柔らかそうじゃないし筋肉質だし」

雪歩「…あの…やめてください」

P「その割にはフリフリの衣装着たがるしさ」

雪歩「……それ以上言ったら許しませんよ」

P「ほんと…真ってなんでアイドルやってんだろ?」

雪歩「……!!」

ブォン!

小鳥(振りかぶってのぉぉぉ)

雪歩「ばかぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ポェッチーン!!

P「ぷろでゅう!!」

小鳥(渾身の張り手ぇぇぇぇ!)

雪歩「……あわわっ!?わ、私ったらなんてことを…!」

706: 2013/04/25(木) 20:03:58.32
P「」

雪歩「ご…ごめんなさいごめんなさい!」

小鳥「いやいいのよ雪歩ちゃん!あたしもなんかスッキリしたから!」

雪歩「は、はぇぇっ!?音無さん!?」

小鳥「ほっぺたは大丈夫なの雪歩ちゃん!」スリスリ

雪歩「ひゃっ…す、すりすりしないでくださぁ~い!」

小鳥(あっ…ごっつええカンジ…)スリスリ

711: 2013/04/25(木) 20:16:59.95
小鳥「やだぁ~雪歩ちゃんのほっぺたぷにっぷに~…」プルプル!

雪歩「ひゃめれくださ~いぃ…ほっぺぷるぷるしないれくださ~いぃ…」

P「……グホッ…!」

小鳥「あ、プロデューサーさん大丈夫っすかー」プルプル!

P「…頬も痛いですけど、やっぱ真や雪歩の悪口言うのも辛いっすね」

小鳥「嘘だとわかっててもイラッときましたよプロデューサーさん!ピヨピヨパンチを食らわせたいところです!」プルプル!

P「うちのアイドルに可愛くないアイドルがいるわけないですもん」

雪歩「…ぷろりゅりゅさー…いっにゃいにゃにがにゃんらか…」

P「いい加減雪歩のほっぺぷるぷるすんのやめて音無さん。雪歩喋れてない」

716: 2013/04/25(木) 20:28:23.43
P「……というわけなんだ…」

雪歩「…………」ポカン

雪歩「…私がプロデューサーのほっぺたを叩くまで…私のほっぺたを叩く…?」

雪歩「…………??」ポカン

雪歩「……プロデューサー、私に叩かれたかったんですか…?」

雪歩「あの…叩かれるの、痛いですよ…?叩かれるの駄目ですよプロデューサー」

雪歩「あ、でも私…プロデューサーを叩いちゃいました…」

雪歩「……ごめんなさい…私…プロデューサーに酷いことを…」シューン

P「…………俺は雪歩という天使を世界中に誇れますよ」

小鳥「わかります。あたし達みたいなのはこの子と同じ大地に立ってはいけない存在かと思います」

雪歩「ひぇぇっ…!?」

719: 2013/04/25(木) 20:40:03.21
P「なんだかもう雪歩に足を向けて寝られないです」

小鳥「でもなんとか雪歩ちゃんに叩いてもらってよかったですねプロデューサーさん」

P「その言い方だと俺がドMみたいじゃないですか」

小鳥「なんにせよ、雪歩ちゃんにはこれから優しくしてあげてくださいよ!お姉さんとの約束!」

P「はい…真にもそれとなくお詫びをしようと思います」

小鳥「雪歩ちゃんは六回目で反撃でした。しかしビンタではなく友達への悪口が反撃のきっかけでしたけどね。なんていい子なんざんしょ…」


ガチャ

>>725

725: 2013/04/25(木) 20:41:47.51
我那覇

731: 2013/04/25(木) 20:50:05.04
響「はいさーい!プロデューサー!」

P「おはよう響」

小鳥(響ちゃんですね!この子は涙目が一番可愛いアイドルとしてあたしのイチオシですよ!これは録画にも力が入るってもんです!)

響「へっへー…プロデューサー、今日は自分からプレゼントがあるんだ!」

P「…………」テクテク

響「嬉しいよね!?完璧な自分からのプレゼントだもんね!」

響「でも簡単にはあげないさー。今日のレッスンに付き合ってくれたらあげても…」

パチューン!

響「!!…い……ぃ……」

響「…………」コテン

小鳥(あんなに得意気だったのに…呆然と尻餅ついちゃって…)

小鳥(まるで小動物っ!いやぁぁん!)

736: 2013/04/25(木) 21:01:10.31
響「……え…?…な、なんで…?」

P「…………」

響「今、自分叩かれちゃったの…?プロデューサーに…?」

P「…………」

響「……っ!」キッ

響「なにするんだプロデューサー!自分なんにも悪いことしてないぞ!なのにいきなり叩い…」

パチュリー!

響「ひだいっ!だ、だからなにするんだぁ!もう!」ギュッ

小鳥(!!ひ、ひびひひ響ちゃんがぷぷぷっぷろぷぷプロデューサーさんに抱きついたっ!)

小鳥(やれやれ!もっとよ!もっとくっつけ!獣のように本能の赴くままちゅっちゅせよ!)

響「プロデューサーなんかー!わぁぁぁ!」ユッサユッサ

小鳥(あ、プロデューサーさんの服掴んでるだけか。なんだ)

小鳥(こんなの見間違うような人は欲求不満か何かなのかしらね)

741: 2013/04/25(木) 21:11:43.61
響「叩いてきたお返しなんだからぁー!わぁぁぁ!」ユッサユッサ

P「…………」

小鳥(端から見たら子犬が飼い主にじゃれついてるようにしか見えないわよ響ちゃーん。非力過ぎてプロデューサーさんが微動だにしてないわよー)

チュー!

響「ひだっ…!?い、痛いよ…なんでこんなこと…するんだ……!」

P「…………」

響「……う、うぅ…」ジワッ

響「ひどい…ひどいよプロデューサー…」ウルッ

小鳥(彼女の涙は一滴数万の価値があるという)

小鳥(需要があるのかって?ここにあるわよっ!!)

744: 2013/04/25(木) 21:22:04.77
響「なんで…?なんでなの…プロデューサー…」ウルッ

P「…………」

響「自分…悪いことしてないのに…プロデューサーからお仕置きされるようなこと…なにもしてないのに…」ウルリ

P「…………」

響「ただ…プレゼント…受け取ってほしかっただけ、なのに…」ポロリ

小鳥(あぁ…!あの気丈な響ちゃんがついにプロデューサーさんの目の前でぽろりしちゃった…!)

P「…………」

響「…教えてほしい…よ…自分、なにか悪かったなら謝るからさ…だから…」ポロリロリ

チュパーン!

748: 2013/04/25(木) 21:29:42.53
響「…っ!……」

P「…………」

響「……そう…もう、いい…」

P「…………」

響「…もういいもん!プロデューサーなんか知らないもんっ!」ダッ

小鳥(あ、逃げた)

響「プロデューサーのばーーーか!」ダダダ

小鳥(小学生か)

P「…………」スススス!

響「ひゃあっ!?こ、こないでよー!」

小鳥(無表情で追いかけてくるプロデューサーさんめっさ怖い!)

751: 2013/04/25(木) 21:39:11.23
P「…………」スススス!

響「ひゃぁぁぁ!やぁぁっ!」

小鳥(軽くパニックじゃないすか!泣き叫んじゃってるじゃないすか!)

P「…………」スススス!

響「やぁ!やだ!だめ!こっちきちゃだめ!」ガタガタガタガタ

P「…………」スススス!

響「やだぁぁ!プロデューサー怖いよぉ!こないでよー!」ガタガタガタガタ

P「…………」スススス!

響「うぅぅ……っ!!」ポロリルレロ

響「やだってばぁぁぁぁぁぁ!!」

バッチュゥゥン!

P「ひぎぃい!?」

753: 2013/04/25(木) 21:44:53.05
P「」ズッピョーン!

響「はぁ…はぁ…!」

小鳥「プロデューサーさんが飛んでったぁ!ホームラン!」

響「ひぁんっ!?」ビクッ

響「……な、なんだ…ピヨ子か…」ドキドキドキドキ

小鳥(これトラウマになってるんじゃないですか?)

P「いだだだだだ…や、やけに強烈だったな…」

小鳥「ちょっとしたホラーでしたもん」

755: 2013/04/25(木) 21:55:07.24
響「ピヨ子ぉ…今のはなんだったんだ…?自分全然わかんないぞ…」プルプル

小鳥「おーよちよち…こんなに怯えちゃって…お姉ちゃんの胸の中で甘えてくれてもいいのよ?」

P「だからいいとこ取りはやめなさいって」スパコン!

小鳥「あいだっ!またあたしを叩くんですか!いいじゃないですか!お尻とかいいじゃないですか!」

P「響…怖がらせてごめんな…いや怖がらせるつもりはなかったんだけど」

響「怖かったぁ…プロデューサー、何も言ってくれないんだもん…」ロリ

P「よしよし…ごめんな…もう怖くないからなー…」ナデナデ

小鳥「あ、撫でるのもいいですよね!お尻とかいいですよね!」

758: 2013/04/25(木) 22:03:06.04
響「……今のは…じ、自分の泣き顔を見るためにやったっていうのかぁ!?」

P「まぁ平たく言うとそういう趣旨の企画なんだ」

響「わー!ばか!なんてことするんだー!」

小鳥「うふふ。響ちゃんが顔を真っ赤にして涙ぐんでるところ、バッチシ録画したわ!」

響「うぎゃー!?じ、自分の完璧なイメージが崩れるー!」

P「いやいや」

小鳥「イメージ通りだから」

響「えぇ!そうなの!?」

小鳥「いじめたくなっちゃうアイドルナンバーワンだもの。少なくともあたしの中では」

小鳥「特にプレゼント渡そうと意気揚々とプロデューサーさんに声かけたのにビンタが飛んできて意気消沈しちゃう響ちゃんの表情なんかは…よだれが出ちゃったわ…」

P「そういえば…プレゼントってなんだったんだ?」

響「えっ?……えっと…それはね…」モジモジ

763: 2013/04/25(木) 22:11:35.50
P「……」フックラ

小鳥「……ぺっ!いいですねぇプロデューサーさん。響ちゃんからのプレゼント…」

P「はい…まぁ…」フックラ

小鳥「手編みのマフラーくれる可愛い女の子だなんてもう稀少種ですよ稀少種!」

小鳥「いいなぁいいなぁ!響ちゃんからのプレゼントあたしも欲しいなぁ!」

P「まぁ…とても嬉しいことは嬉しいんですけど…」フックラ

P(季節外れじゃね?もう冬も終わるんだが)

小鳥「とかいう野暮な突っ込みしたらグーパンですから」

P(!?)

小鳥「響ちゃんの記録は四回!泣きながら必氏に逃げる響ちゃんは本当に可愛かったわ…うちで飼っちゃいたい!」


ガチャッ

>>772

772: 2013/04/25(木) 22:15:50.15

782: 2013/04/25(木) 22:35:35.22
真「おっはようございまーす!」

P「おはよう真」

小鳥(正直待ちわびてました!可愛くも男前な真ちゃん!)

小鳥(乙女な真ちゃんのビンタが飛んでくるか…はたまたイケメンな真ちゃんの正拳突きが飛んでくるか…)

小鳥(ま、どっちにしろプロデューサーさんのほっぺたはここで最終回です)

P「…………」

真「へへっ!なに辛気くさい顔してるんですかプロデューサー!こんなに爽やかな朝なのに」

真「ボクは走ってきたからすこぶる元気ですよ!どうですかプロデューサーも一緒に…」

マコリン!

真「っ!?…………」

P「…………」

真「……ほほう。こういう運動がお好みでしたか…」

小鳥(さようならプロデューサーさん!)

787: 2013/04/25(木) 22:41:56.35
真「そうと決まれば…ボクからもいきますよ!」

P「…………」

小鳥(心なしか顔がひきつってますよプロデューサーさん。ポゥカァフェイスを貫いて!)

真「やー!」

ドンチャコス!

P「ウブフォッ!?」

小鳥(オッケェイ!更にもう一発!)

真「せいっ!」

バルタン!

P「フォッフォッ!!」

小鳥(オッケェイ!更にもう一発!)

789: 2013/04/25(木) 22:51:03.27
真「どうしたんですかプロデューサー!?もうおしまいですか!?」

P「も、もう…おしま…」

小鳥(ここで音無さんクエOチョン!)

小鳥(プロデューサーさんは今までアイドルにビンタをしてきました)

小鳥(そして今までのアイドルはみんなプロデューサーさんの顔にビンタ、もしくはパンチをかましてたわけですが…)

小鳥(今回の真ちゃんは一度もプロデューサーさんの顔を殴ってません。ボディです!ボディオンリー!)

小鳥(ビンタはビンタで返すのが基本のはずです!)

小鳥(果たして真ちゃんがプロデューサーさんの顔面をまだ殴ってないのに、このまま終わりにしていいのでしょうか!?)

小鳥(真ちゃんがプロデューサーさんの顔面にサマーソルトぶちかますまで待ってあげるのが公平なんじゃありませんか!?)

小鳥(どうですかー!)

795: 2013/04/25(木) 23:01:41.97
小鳥(よし!満場一致ィ!このまま続行!)

P(うぐぅ…真が俺にビンタし返すまで俺がビンタし続けるのがルール…これを最初から押し通してきたんだ…)イヤダイヤダモウヤメタイヨ

P(真だけ例外にするわけにはいかない!俺は真からビンタされるまで受けてたつ!!)ヤダヤダナグラレルノモウヤダヨタスケテヨ

P「…………」スッ

スカッ

真「そんなのもう当たりませんよ!」

ムッシュ!

P「だんでぃずむぅ!」

小鳥(今までアイドル達にひどいことしたんですから、今回くらいはお仕置きタイムでいいでしょ)

小鳥(真ちゃんもプロデューサーさんと遊べて嬉しそうです。ニッコニッコまこりん!ニッコニッコまこりん!)

802: 2013/04/25(木) 23:14:36.50
P(おいおい…最初のビンタ以降全然当たってくれないぞ…)

ガキッ!ゴキッ!バキッ!ズキッ!

P(臨戦態勢の真にここまで隙がないとは…プロデューサーさん、まこきゅんがここまで立派に育ってくれて嬉しい)

ミキッ!スキッ!ダキッ!ビッキビキ!

真「あははっ!プロデューサー!本気出してくれなきゃつまんないですよー!」キャピー!

P(子供の遊びに付き合ってあげるお父さんの気持ちってこんななんだろうか)

P(身体がついていかないです…)フラッ

真「あ、プロデューサー危ない!」

P(真にビンタしないと)

真「えっ…?」

モニュン!

真「……っ!?」ビクン!

小鳥(きたきたきたきたきた)

812: 2013/04/25(木) 23:25:24.96
小鳥(ここにきてルァッキースケベっすかプロデューサーさん!そうですプロデューサーさんの本気はパイタッチですよ!)

小鳥(これはパーフェクトコミュニケーション!思い出上昇!ついでにあたしの録画の熱意も最上昇!)

P(あれ…?なんかごっつええ感触…)

モニュニュン!

P「あ」

真「…………」

P「…………」

小鳥(安心して逝ってください。あなたが逝ってもまた第二第三のプロデューサーさんが…)

真「……あ、あの…」

P「…………」

真「…………うぅ…」カァ

小鳥(おんやぁ!?)

844: 2013/04/26(金) 00:18:45.20
真「プロデューサーが今…さ、触ってるの…」カァ

P「…………」

真「ぼ……ボクの…」マッカァ

P「…………」

真「……う、うぅ~…」マッカマッカリーン

小鳥(うっひゃぁ!恥ずかしがってますよぉ!今の真ちゃんは恥じらう乙女モードですよ!)

P(……俺はいつまで触ってるんだよ)

P(でも何故か手が離れないんだもん。仕方ないじゃない)

P(しかし…この弾力は…まさか真…)

P「…………ノーブラ?」

真「…っ!?きゃ、きゃぁぁぁぁ!!」マッカッカリーン

849: 2013/04/26(金) 00:28:20.87
P「」

真「わぁぁぁぁ!プロデューサー!大丈夫ですかー!?」

P「」

真「く、首がぁぁぁ!首が在らぬところへ曲がってますよー!?」

小鳥「大丈夫大丈夫。真ちゃんがもう一度おっOい触らせてあげたら回復するわよきっと」

真「こ、小鳥さん!いつからここに!?」

真「ってもう一度なんて絶対無理ですよー!!うわぁぁぁぁん!!」ダッ


小鳥「あぁ!まって真ちゃーん!ノーブラおっOい触らせてぇー!」

854: 2013/04/26(金) 00:38:01.83
小鳥「ゼェッ…ハァッ…涙を浮かべながら逃走する真ちゃんもキッパリ撮影してきました…ゲホッ!」

P「音無さん…あんた命懸けてますね…」

小鳥「プロデューサーさんこそ…ほっぺに真っ赤な紅葉が咲いてますよ」

P「いやぁさすがに首がどっか飛んでっちゃうところでしたよ」

小鳥「でも満足なされたんでしょう?」

P「はいっ!!!!」

小鳥「いい笑顔ですねぇ…真ちゃんはビンタ一発で二十発くらいお返事してくれました」

小鳥「まぁあのパイタッチを含めると二発ですけどね!さっすがプロデューサーさん!」

P「はいっ!!!!」


ガチャッ

>>865

865: 2013/04/26(金) 00:42:05.02
たかね

870: 2013/04/26(金) 00:44:34.44
おひめちんがビンタされるの想像できない

875: 2013/04/26(金) 00:55:22.10
貴音「ただいま参りました」

P「おはよう貴音」

小鳥(いよいよ貴音ちゃんね…!なにはともあれ、一度貴音ちゃんがビンタされる瞬間を見てみたいっ!)

小鳥(どんな貴音ちゃんが見られるのかしらぁ…妄想が止まらないわウフフノフ!)

貴音「……?なにやらプロデューサー以外の気配を感じるような…」

小鳥(ぴ、ピヨっ!?)

貴音「……おそらく動物の類いのようですね…安心致しました」

貴音「プロデューサー、この間の撮影のことなのですが…」

P「…………」スッ

貴音「…!」

878: 2013/04/26(金) 01:06:25.62
パシッ

P「!?」

貴音「…おいたはいけませんよ、あなた様」

小鳥(おぉぉぉぉ!受け止めたったー!?格好いいわ貴音ちゃぁん!)

小鳥(って受け止めちゃ駄目じゃないの!受け止めるなら受け止めるでちゃんと貴音ちゃんのふっくらほっぺたで受け止めてよ!)プンスカプン!

P「…………」スッ

貴音「……っ」

スルリ

貴音「あなた様…そのように気が駄々漏れでは当たるものも当たりませ…」

ブォン!
スルッ

貴音「あ、あの…どうしたと言うのですかあなたさ…」

パォン!
スリット

貴音「い、いい加減にお戯れは…!」

886: 2013/04/26(金) 01:14:17.30
P「…………」スッ

パオパオ!
シュルンパシッ

貴音「はぁっ!」

ドゴシャァ!

P「うごをげ!?」

小鳥(あららら…投げ飛ばされちゃったわ。プロデューサーさんったら弱っ!!)

貴音「あの…これは一体なんの真似なのですか…!」

P(身体中いてぇ…でもまだビンタはされてないし…)ムクッ

貴音「も、もうお止めください!」

P「…………」テクテク

P「…………」スッ

貴音「……この…!」

888: 2013/04/26(金) 01:23:46.43
貴音「必殺…」

貴音「いまじねぇしょん!!」

オシリッチーン!!

P「にくあつぅっ!?」

小鳥(ああっあぁー!これは気持ちいいくらいの全力ビンタだぁー!)

小鳥(というか貴音ちゃん。よく意味のわかってない単語を技名にしないの)

貴音「…今のあなた様からはなにやら不埒な思惑を感じます」

貴音「この四条貴音…そう易々と思い通りに出来ると思ったら大間違いですっ!」フンスッ

貴音「♪」

小鳥(決めポーズ出来てちょっとご機嫌ね貴音ちゃん)

P(俺ビンタ出来てないのにボッコボコに返り討ちになっちゃいました)

891: 2013/04/26(金) 01:30:43.63
貴音「さて…そろそろ出てきてはどうですか?小鳥嬢」

小鳥「ぴっ!?」

貴音「やはりあなたでしたね。最初はもののけの類いかと思いましたが」

小鳥「もののけっておい」

貴音「プロデューサーがわたくしに殴りかかってきた訳を話してくださいませ」

小鳥「そ、そうね…もうビンタされちゃったものねプロデューサーさん…」

P「そりゃねーよ貴音ぇ…」シクシクシクシク

894: 2013/04/26(金) 01:39:54.87
貴音「なんと」

P「そういうわけだったんだ……なのになんでビンタさせてくんないんだよぉ!」

小鳥「そうですそうです!こちとら貴音ちゃんのプリティなフェイス撮るためにスタンバってるってのにぃ!」

貴音「ふふ、それは申し訳ありません…ですがこの貴音、そう簡単には泣き顔を見せることはありませんので」ドヤッ

P「くっそぅ…ひっぱ叩きてぇ…」

小鳥「…グググギギ……」

P「ちょ、人前でしちゃいけない顔になってますって音無さん!」

貴音「ま、いつでも挑戦してくると良いでしょう。この四条貴音、逃げも隠れもしませんよ」ドヤヤッ

898: 2013/04/26(金) 01:45:10.92
P「さて、音無さん」

小鳥「はい」

P「貴音の記録はどうでしたか」

小鳥「ゼロ回…無敵でした」

P「そうですか…」

小鳥「…この結果もこれはこれで面白いんですが…」

P「……やはり考えることは一緒ですよね」

小鳥「えぇ。このままじゃ終われません」

P「…俺はなんとしてもビンタされた貴音が見たい!ルールなんて今回に限り、すべて無視だ!」

小鳥「今こそ男を魅せるときですプロデューサーさん!」

901: 2013/04/26(金) 01:50:39.29
P「貴音、さっきは済まなかったな」

貴音「ふふ、いえいえ。わたくしとしても良い刺激になりました」

P(くっそぅ…余裕の表情を見せやがって…)

P「お詫びといってはなんだが…一緒にラーメンでも食いにいかないか?」

貴音「よいのですか!?それはとても嬉しゅうございますっ」

P(ラーメンでこんなにウキウキになる貴音…)

P(あれっ?以外と貴音が一番単純だったりする?)

貴音「♪」

905: 2013/04/26(金) 01:57:24.34
ヘイラッシャッシャイ!

P「貴音、好きなもんなんでも食っていいからな」

貴音「ま、まことですかっ?」パァァ

P「おう!」

貴音「では…らぁめんと、とんこつらぁめんと、みそとんこつらぁめんと、なんこつらぁめんと、てっこつらぁめんと…」

P「は、ははは…よく食うな貴音…」

貴音「はいっ」

P(…まぁいい。この弾けるような笑顔がドン底へと変貌する瞬間が見れるなら安いもんだ)

貴音「あの、店主。この今日のおすすめらぁめんとは一体なんでしょうか?」

スシ

907: 2013/04/26(金) 02:07:09.71
ヘイオマチ!

貴音「わぁ…!」

P「さぁ遠慮しないでたくさん食えっ!」

貴音「はいっ」

貴音「おかわり」

P「早いなー」

貴音「ふふ、わたくし…今日はとても嬉しいのです」

貴音「わたくしにとって…あなた様と共にらぁめんを食せるということが…なによりの幸せで…」

P「貴音…」

貴音「…感謝しておりますあなた様。今日という機会を作ってくださって…」

貴音「貴音は、幸せです…」

P「…………」

910: 2013/04/26(金) 02:15:24.71
スパンキング!

貴音「ふっ…!?……ぇ…?」

P「…………」

貴音「……あ、あの…」

パンパース!

貴音「ひゃぅっ……!?」

パンパカパーン!

貴音「ひぐっ……!」

P「…………」スッ

貴音「…!も、もうやめてください…!」

P「…………」

貴音「…やめ…て……」

912: 2013/04/26(金) 02:22:58.99
P「…………」

貴音「…………」フルフルフルフル

小鳥(はぁい!今日も元気にニヨニヨ妄想、ピヨちゃんです!)

小鳥(貴音ちゃん堪えてる!必氏で涙を堪えてますよぉ!)

貴音「…………!」ホロッ

小鳥(泣いちゃいましたよ!速攻です!意外と貴音ちゃん、簡単に泣いちゃいました!)

貴音「っ!」ゴシゴシッ

貴音「…あんまりでは…ありませんか…あなた様…」

貴音「せっかく…あなた様と共にらぁめんを食べている…と…いうのに…」ホロッ

貴音「っ!」ゴシゴシッ

小鳥(拭いても拭いても涙が出ちゃうって感じですか…)

小鳥(貴音ちゃんも、女の子ですもんね…いつまでも理想の格好いい貴音ちゃんではいられないわよね…)

小鳥(ま、ビンタはやめないんだけどね!)

パンプキン!

939: 2013/04/26(金) 08:37:48.23
貴音「あうっ……」

P「…………」

貴音「……ぐすん…すん…」ホロロロロ

小鳥(貴音ちゃんマジ泣き!あの涙をストローで吸い上げたい!)

貴音「……泣いてなど…いばせん…!」フルフルフルフル

小鳥(それでも気丈に振る舞う貴音ちゃん。貴音ちゃんも結構意地っ張りちゃんよねぇ)

貴音「ぜんぜん…貴音は…泣いてなど…!」フルフルフルフル

貴音「…………」フルフルフルフル

P「…………」

貴音「……うぇぇぇん…っ…ひっく……」ポロポロロンポ

小鳥(ダム決壊!必氏の抵抗もむなしく貴音ちゃん泣きじゃくる!)

貴音「うぇぇぇぇぇぇん…!」ポロンポロンポロリ

小鳥(泣きなれてない為か、普段あまり泣き顔を見せない反動故か…泣きじゃくる泣きじゃくる!)

941: 2013/04/26(金) 08:49:17.52
貴音「ふぇぇぇぇんっ…えーん…」シクシクシクシク

P「…………音無さん」

小鳥「ハイヨッ!」シュバッ

貴音「ふぇぇっ…!?こ、ことりじょう…?」ビクッ

小鳥「イイヨイイヨォ~。まるで幼女のように頼りなさげな貴音ちゃ~ん、いつもの貴音ちゃんとは真逆でとっても新鮮パイナポォ~!」

貴音「おやめくださいっ…今の貴音を撮らないでくだしゃいっ…ください!」

P「……今のもちゃんと撮りましたね?」

小鳥「合点ですよ!」

P(うぉぉぉぉ!貴音は泣いちゃうと幼児退行しちゃうんだぜ!しちゃうんだぜ!)

P(貴音ったらかわいすぎるぜ!家に持って帰ってひたすらなで回したいぜ!」

小鳥「後半声出てますよプロデューサーさん」

P「なんと」

貴音「……もぉ…いけずです…くすん…」

942: 2013/04/26(金) 08:56:41.35
P「いやぁ貴音はいろんな意味で強者でしたね…」

小鳥「いつも格好よく見える貴音ちゃんですが…中身はとっても女の子女の子してるんですね…」

P「無敵な貴音も魅力ですが…あの弱い部分こそが本当の貴音の魅力なんでしょうね…」

小鳥「……守ってあげたくなっちゃいますねっ!むはぁ!」

P「抱き締めてもよかですかね?あのふんわりヘアーやもふもふボディを抱き締めてもよかですかね!?」

小鳥「通報しときましたから、逮捕される前にもう一発お願いします」


ガチャッ

>>945

945: 2013/04/26(金) 08:59:42.61
あずさ

947: 2013/04/26(金) 09:07:49.12
あずさ「おはようございます~」

P「おはようございますあずささん」

小鳥(あずささん…ですか…!これはなんとも妄想しにくそうです)

小鳥(最年長アイドルの包容力でプロデューサーのおいたを許してくれるのか…)

小鳥(はたまた泣き崩れちゃうのか…ぷんぷん怒っちゃうのか…)

小鳥(妄想しにくいなんてとんでもないですね!妄想の余地がありまくりんぐ!)

小鳥(とはいえ、あずささんも簡単にやり返すような性格ではない方でしょうね)

あずさ「ふふふ。今日も頑張りましょうね。プロデューサーさん」

P「…………」スッ

プルーン!

あずさ「きゃ…!?」

950: 2013/04/26(金) 09:15:40.10
あずさ「ぷ…プロデューサー…さん…?」

P「…………」

あずさ「……え、えっと…私、なにかしましたでしょうか…?」オロオロ

小鳥(焦ってます焦ってます。すでに大人の余裕なんてまったくないですね)

あずさ「私、あの、私…えと…どうしましょう…ご、ごめんなさい…」ペコリ

P「…………」

プルンタッタ!

あずさ「みゃうっ…」

あずさ「……いたい…ですよ…プロデューサーさん…」

小鳥(今さら言うのもなんですけど、なにもしてない人をビンタして謝らせて更にビンタするってもう鬼の所業ですよね)

952: 2013/04/26(金) 09:24:12.85
あずさ「……なにか…嫌なことでもあったんでしょうか…?」

P「…………」

あずさ「でしたら…私が話し相手になりますからこんなことはもう…やめましょうよ…ね…?」

P「…………」スッ

あずさ「…っ!」ビクッ

ミキプルーン!

あずさ「……いひゃい…です…」ジワッ

小鳥(おっとっと…あずささん涙を浮かべているようですが…)

あずさ「……誰かに当たりたくなることもありますものね…プロデューサーさんにも…」

小鳥(涙目になってますけど…泣く気配はまだないみたいです。さすがはあずささん!お子ちゃま貴音ちゃんとは大違いです!)

953: 2013/04/26(金) 09:31:04.60
あずさ「私を叩くことで…少しでもプロデューサーさんの気が治まるのなら…」

あずさ「ど、どうぞ…してください…」

小鳥(おほっ!?まさかあずささん…自ら殴られようってんですかー!?)

あずさ「」フルフルフルフル

小鳥(めっさ震えてるじゃないですか!おっOいも震えてるじゃないですか!録画!)

P「…………」

あずさ「……」フルフルフルフル

P「…………」スッ

あずさ「ひゃあっ!」ビクビクッ

P「…………」ピタッ

あずさ「……ど、どうしたんですか?プロデューサーさん…」フルフルフルフル

あずさ「……別に怖がってませんよ?」フルフルフルフル

小鳥(めちゃくちゃへっぴり腰なんですけど)

955: 2013/04/26(金) 09:36:21.57
あずさ「私に構わず…ぶってください…」フルフルフルフル

P「…………」

P「…………」スッ

あずさ「ひぅっ…!」ビクンッ

P「…………」ピタッ

あずさ「…はぁはぁ…あぅ…」フルフルフルフル

P「…………」スッ

あずさ「ふやぁっ…!」ビキュゥーン

P「…………」ピタッ

あずさ「あぅ…あぅあぅ…」フルフルフルフル

P(なにこれ楽しい)

小鳥(怖がりすぎですよあずささん!叩かれてないのにめっちゃ疲れてるじゃないですか!)

小鳥(プロデューサーさん!もう一思いに楽にしてやってくださいよぉ!もう見てられないよぉ!嘘ですガン見してます!)

957: 2013/04/26(金) 09:55:40.18
P(いかんいかん…寸止めが楽しすぎてビンタしてないや。あずささんだけ贔屓するわけにもいかないし)

P「…………」スッ

あずさ「はぅっ…!」ビキュンキュン

プルンララリラ!

あずさ「いひゃあうっ…!」

小鳥(あずささん、怖がりで痛がりなんですね…打たれ弱いあずささんってなんだか興奮します)

あずさ「いひゃく…ないです…」フルフルフルフル

あずさ「で、ですから…もっとしてください…」フルフルフルフル

小鳥(……なんか異常に興奮するんですけどこの状況!)

小鳥(痛くて怖いのにプロデューサーさんのために自分から殴られにいくだなんて…なんという自己犠牲ですか!)

小鳥(きっとサドの人にとってはたまらないシチュエーションですよ。鼻血も吹くというものです)ダラリンチョ

958: 2013/04/26(金) 10:19:44.20
P「…………」スッ

プルンタッタララー!

あずさ「やぅ…!ぜ、全部痛くない…です…プロデューサーさんが満足するまで…」

P「…………」スッ

タッタタラリラ!

あずさ「ひぐっ…!…う、もっと…ぶってくだ…」

ピーヒャラピーヒャラ!

あずさ「ぁゃぅっ……!」

P「…………」

あずさ「……うっ…」ポロポロ

あずさ「…もう…やです…いたいです…やめてください…ごめんなさい…」ポロポロ

小鳥(おーっと根をあげちゃいましたよあずささん!こんなに弱々しいあずささんは初めて見ました!)

小鳥(こんな女の子が傍にいたらもう襲っちゃうしかないと思うんですがどうですかね!)

961: 2013/04/26(金) 10:30:29.56
あずさ「いたいです…ぶたれるの、辛いです…」ポロポロ

小鳥(弱気全開ですね…ですがビンタされるまでこちらからのビンタは決してやめませんのであしからず)

P「…………」スッ

あずさ「ひっ…いやっ…いやですっ…やめてぇ…」トテテテ

小鳥(ついに逃げ出しちゃいましたあずささん…しかしそれでもやっぱりプロデューサーさんは止まりません!)

P「…………」ススス

あずさ「やっ!やです!こ、来ないでくださいっ…!」トテテテ

P「…………」ススス

あずさ「ごめんなさいプロデューサーさん!ごめんなさい!ぶたないでくださいっ!」トテテテ

P「…………」スッ

あずさ「やだぁぁぁ!こないでぇぇぇぇ!」ブンブンブンブン

パチーン!

P「ヘヴンッ!」

小鳥(無我夢中で振り回した手がプロデューサーさんの顔面ヒットしたのでやっと終了です!)

小鳥(安心してあずささん!もうおしまいですよ!もう怖い人はいなくなっちゃいましたよ!ほーら笑って笑ってあっぷっぷ!)

962: 2013/04/26(金) 10:41:33.13
あずさ「やだー!やなのー!」ブンブンブンブン

小鳥「あずささぁぁぁぁん!」ギューッ

あずさ「ひゃぁぁん!?や、やめて!ごめんなさいぃー!」ブンブンブンブン

スパパパパンツ!

小鳥「うごげげげげ!こ、怖がらなくていいですから落ち着いてください!もう終わりましたから!」

あずさ「はぁっ…はぁっ……あら…?音無さん…?」

小鳥「そうです。今ので顔面が膨れまくりましたけど、あなたのピヨちゃんです」

あずさ「そ、そうだ…プロデューサーさんが…プロデューサーさんがっ!」

小鳥「だ、だから落ち着いてくださいってば!もう悪いプロデューサーさんがいなくなっちゃいましたから!」

あずさ「……ほんと…?悪いプロデューサーさん…もうこない…?」

P「はい!もう悪いプロデューサーさんはいなくなりましたよ!」

あずさ「……ほんとにほんと…?」グスン

P「ほんとにほんと!」

964: 2013/04/26(金) 10:51:40.14
あずさ「よかったぁ…」ギュムッ

P「うはおっ!?」

あずさ「私…プロデューサーさんが女の子をいじめて楽しむような変態さんになっちゃったのかと…」ギュー

P(変態さんです。変態さんですいません)

あずさ「でも…なんであんなことしたんです…?なにか辛いことでもあったんですか…?」ギュー

P「えっと…なんていうかですね……可愛らしいあずささんを見たかったというか…」

あずさ「…………え?」

あずさ「え、えぇっ!?そ、そんな…やだ、可愛らしいだなんて…か、からかわないでくださいっ」マッカッカァ

小鳥(ラブコメってんじゃないっすよ。血涙流しますよ)

小鳥(ともあれ恥ずかしがるあずささんは永久保存ですけど)

968: 2013/04/26(金) 11:23:13.89
P「はぁ…至福の時間でしたねぇ…」

小鳥「ったくプロデューサーさんはほんっとに変態さんですね。プロデューサーと書いて変態と読んでもいいくらいです」

P「いや…だってねぇ音無さん。あんなに一挙一動可愛らしい大人の女性なんてあずささん以外にいませんよ」

小鳥「可愛らしい大人の女性ですか!?あたしを呼びました!?」

P「…………?」

小鳥「くそうっ!不思議がらないでくださいよっ!」ダンッ!

小鳥「あずささんの記録は7回でした。変態が調子に乗りましたからね」

P「あ、ほんとに俺のこと変態って呼ぶんですか。一番の変態のくせに」

971: 2013/04/26(金) 11:49:58.73
P「さて…そろそろ仕事しないとまずいですね」

小鳥「へっ!?ま、まだあの子やあの子が残ってますけど…」

P「音無さん。なにをいつまで遊んでる気でいるんですか。ちゃんとした大人なら仕事してください」

小鳥「いや…でも…まだ一番の大目玉が残って…」

ピヨーン!

小鳥「ひぶへっ!?」

P「仕事、しましょう」

小鳥「……は、はい…」

ガチャッ

973: 2013/04/26(金) 11:58:27.67
春香「」ソロー

P「」カタカタ

春香「あのー…おはようございまーす…」

P「」カタカタ

春香「春香さんがきましたよー…あのープロデューサーさーん…」

P「」カタカタ

春香「…………」

春香「わ、わっほい!」

P「ん?あ、おはよう春香。悪いけど今仕事中だから」

春香「あ、はい」

P「」カタカタ

春香「…………」

春香(せっかくスタンバってたのに…私にもビンタしてくださいよー!わーん!)

小鳥(相手にされないことが一番アイドル達にとっては辛いみたいですねぇ…)


終わり

974: 2013/04/26(金) 11:58:59.01
え?

975: 2013/04/26(金) 11:59:55.23
もうすぐ埋まるしな

976: 2013/04/26(金) 12:00:25.25
おつつ

978: 2013/04/26(金) 12:01:18.23
トップバッターは春香さんだと思って春香さんのネタ考えてたのにそんなことはなかった

長い間ありがとうございました

980: 2013/04/26(金) 12:08:19.06

引用元: P「アイドルにビンタ仕返してくるまでビンタする」