1: 2015/04/28(火)23:20:11
キィィ…キィィ…

ギーコ、ギーコ

男「………」

男「………」

キィィ…
ギーコ、ギーコ

男「………」

男(……揺られてる…心地いい…)

男「………ん?」
ガバッ

2: 2015/04/28(火)23:22:27
キィィ…キィィ…

男「………」

男「………なにここ」

ザップ、ザップ、ザップ

男(一面ピンク色…湖?かな)

男(……湖以外に何もない)

ザップ、ザップ

男「………」

「どうも」

男「あ、どうも………ん?」
バッ

3: 2015/04/28(火)23:24:40
女「どうも、お目覚めですか?」

男「………」

男(誰だろう、でも、会ったことある気がする)

キィィ…キィィ…

男(いつの間に…この人が、このいかだを漕いでいたのか)

男「………こんにちは」

女「こんにちは」

ザップ、ザップ、ザップ

4: 2015/04/28(火)23:29:10
キィィ…キィィ…

男「………」

女「…」

男「……あの、すいません」

男「ここは、一体どこなのでしょう…というか、あなたは……」

女「ここは、あなたがよく知る、あなたが一番心地の良い場所です」

ザップ、ザップ、ザップ

男(…一面ピンクの湖、それ以外全く何もない場所……いや、知らないな)

男「すいません、心当たりがなくて……でもなんだか、心地がいいのは確かなんですけど」

女「ええ」

ギーコ、ギーコ

5: 2015/04/28(火)23:31:50
男「……」

女「……」

男「えっと……僕、実は…あれ?」

男(僕はなんで、ここに居るんだ…?全く思い出せない)

女「……細かいことは、いいじゃないですか」

男「え?」

女「ここが、居心地がいい場所。その場所にいる。それでいいじゃないですか、前後のことなんてどうでも」

男「……」

7: 2015/04/28(火)23:36:20
男(そう言われてしまうと、そんな気もしてきた…)

ザザ…ザザ…
ザップ、ザップ、ザップ

男「……」

女「……」

男「……」

女「どうです?」

男「えっ?」

女「ここはどれくらい居心地がいいですか?」

男「ええ…そうだなあ」

男「とてもいい、です。なんだか、全ての疲れとか嫌なこととか、忘れてしまいそうです」

女「そうですか……では、あなたは嫌なことを経験しているんですね」

ザップ、ザップ

男「………え?」

8: 2015/04/28(火)23:39:43
男「…そうなんですかね」

女「嫌なこと、忘れてしまうくらい心地がいいとおっしゃってましたけど」

男(嫌なこと…いやなこと……なんだっけ)

男「えっと……うーんと」

ザップ、ザップ、ザップ

男(なんだっけ…)

女「あなたは、どんな嫌なことを経験したんですか?」

男「………」

9: 2015/04/28(火)23:42:08
男「えっと……嫌なことって、なにか例えとか…あります?」

女「え?」

男「あ、いや、確かに嫌なことは経験したんです。でも、それがどうしても思い出せない」

男「嫌なことって、なんだっけと思いまして」

女「………じゃあ、忘れたままでいいんじゃないですかね」

男「…なぜ?」

女「思い出す必要は、あるのでしょうか」

11: 2015/04/28(火)23:46:01
女「わざわざ、胸が痛くなるような気持ちを思い出すなんて、嫌じゃないですか?」

男(確かに、そうかもしれないな……でも、なんでだろう。これは、忘れちゃいけない気がする)

男「まったく、根拠はないんですけど…今の僕に、必要なものなんじゃないかなって。だから、思い出したい」

女「……そうなんですか」

男「はい」

女「でも、申し訳ないんですけど、私はあなたの嫌な思い出を知りません」

男「え、そうなんですか」

12: 2015/04/28(火)23:50:48
女「はい」

男「……」

女「……」

男「……」

女「………タイムマシンって、知っていますか?」

男「え、ええ。知ってます」

女「あなたは、過去と未来に行けるとしたらどちらに行きたいですか?」

男「突飛ですね」

男「………うーん、わからないなあ。過去は今思い出せないし、未来はわからないし」

13: 2015/04/28(火)23:58:02
じゃぷ、じゃぷ、じゃぷ

男「でも…どっちも行きたくないかな。過去を変えたら今生きてる僕がいなくなってしまいそうだし、未来の自分に期待している…し」

女「そうですか」

男「ええ」

女「……自分のこと、好きですか?」

男「あいにく、自分のことを全く思い出せなくて…今は顔もあやふやで」

じゃぷ、

男「……この湖は、何も映さないんですね。空も、いかだも、僕もあなたも」

女「映してしまったら、いけないんです」

ギーコ、ギーコ、ギーコ
ザップザップ

男「……」

女「……あの、」

14: 2015/04/29(水)00:01:51
男「なんでしょうか」

女「私、あなたにプレゼントを持ってきたんです」

男「そう、ですか。一体何を?」

女「物じゃないんです。チカラと、強さと、権力です」

男「……」

女「……」

男「……なぜまた、そんなものを?」

女「あなたに必要かと思って。欲しくないですか?チカラと強さと権力。生きやすくなりますよ」

女「忘れてしまった嫌なことだって、経験しなくて済む」

15: 2015/04/29(水)00:06:02
男「……」

男「あの、こう言ってはなんですけど。他にはなにかないですか?」

女「他に?とは?」

男「うーん、チカラと強さと権力、以外のもの…」

女「……えー」

女「……優しさがあります。優しさと、暖かな心と、勇気があります」

男「僕、そっちがいいな…」

女「な、なんでですか?」

男「うーん…チカラと強さと権力は、なんだか人間らしくない気がして」

16: 2015/04/29(水)00:11:06
男「たとえば僕に、好きな子ができて、でもチカラと強さと権力じゃ愛してあげることができない。優しさがあれば、お互いを分かり合える」

男「そんな気がします」

ギーコ、ギーコ……

女「……そうですか」

女「でも、それではいけません。世の中の理に負けてしまいます。なので…」

女「鋭い目つきと、恐い顔をプレゼントしましょう。そうしたら、たくましく生きていけますよ」

男「……」

男「……うーん、いらないなあ」

女「えっ…」

17: 2015/04/29(水)00:18:19
男「争い続けなければならない猛獣だったら、嬉しいんですけど……でも、本来争いごとは避けるべきな人間なので」

男「鋭い目つきも恐い顔もいらないです」

女「……では、どんな顔ならいいんですか?」

男「そうだなあ…人間らしい顔をしていればいいです。平和で、穏やかで、誰にも似つかない顔をしていれば嬉しい」

女「そうですか…」

男「はい」

女「で、ではうんと背を高くしましょう。それから体は大きく、足はガッシリ」

18: 2015/04/29(水)00:23:38
女「それから心臓を、もうひとつつけましょう。あ、あと脳ももうひとつ」

男「……」

女「必要でしょう?平和だからといって、やはり強靭でなくてはなりません。たくましく生きるべきです」

男「……いりません、全部。心臓も脳もひとつでいいし、身長はちょっと低めくらいでいいし、体の大きさもいりません」

女「……」

男「そんなにたくましくなってしまったら、一人でも生きていけます」

女「え…?ええ、一人でもちゃんと生きていけますよ」

19: 2015/04/29(水)00:29:39
男「でも、それは寂しい」

男「心臓は、片方だけでいいんです。右側の寂しさを持って、生きていきたい。心臓は左にあるけど、右は愛する人と触れ合って寂しさを埋めていきたい」

男「脳も、少し足りないくらいでいいんです。考えて考えて、でもわからなかったら聞く。その、聞く勇気を持ちたい」

男「身長は高いと、他の人との距離を感じてしまいます。愛する人と、なるべく近くにいたいです」

ギーコ、ギーコ、ギーコ
ザップ、ザップ…

女「……」

男「なにも要りません。ただ、人を愛する気持ちがあればいいです」

ザザ…ザザ…

20: 2015/04/29(水)00:33:21
女「……」

男「……」

女「……私は…」

ギーコ、ギー……コ…
ちゃぷ…

男「……え?」

女「……なにも、あげられないのね」

ぎゅう

男「……」

女「あげられるものは、ないの」

男「……そう、ですか」

21: 2015/04/29(水)00:36:00
男「……」

女「……」

男「……懐かしい、匂いがする」

女「え?」

男「あなた、懐かしい匂いがします。こうして対面しているはずなのに、顔も見えないし声もわからないけど」

男「でも、懐かしい匂いがします」

女「……」

女「……全部、持っているのよ」

男「え?」

22: 2015/04/29(水)00:39:06
女「優しさも、愛する心も、勇気も暖かさも」

男「……?」

女「あなたは全部、持っているのよ。でも……強さがなくて…」

男「つよさ……」

女「……」

男「……」

女「たくましく、生きて欲しいのよ…」

ザザ…

男「……僕は、」

23: 2015/04/29(水)00:42:38
男「きっと、僕は氏んだのですね」

女「……」

男「とても平和的で、勇気も優しさも持っていた。でも、僕は苦しんで氏んだのですね」

女「……」

男「わからないです、今も。僕がどう苦しんで氏んだのか。でも、ひとつわかったことがあります」

男「ここは……僕の、再び生きるためにある場所だ」

女「……」

女「ねえ…苦しんで欲しくないのよ」

24: 2015/04/29(水)00:47:32
女「笑って、生きて欲しいのよ」

男「……チカラを持って、権力を持って、」

男「たしかに、生きやすいかもしれません。笑って過ごせるかもしれません」

男「でも、」

女「……」

ザザ…ザプ…

男「僕がありのままで生きたいように、自分を造り上げたのに、そんな僕を頃してまで産声を上げたくないんです」

女「……でも」

男「大丈夫です」スッ

男「望み通りです。幸せになれないはずがない」

25: 2015/04/29(水)00:50:45
男「きっと…諦めてしまった。でも、次は決して諦めないです」

男「自分に誇りを持って、生きます」

ザザ…ザザ…
ギィィ…

女「……もうすぐ、岸につくわ」

男「たくさん、ありがとうございました」

女「……」

男「……」

男「そんな、悲しそうな顔をしないでください」

男「誰も悪くない、きっと。大丈夫です」

男「大丈夫です、お母さん」

26: 2015/04/29(水)00:54:21
男「胸を張って、産声をあげます」

女「……」

男「僕のこれからの人生が、右胸いっぱいに幸せが詰まりますように祈ってください」

ギィィィイ…

男「では……また後で」



おわり

27: 2015/04/29(水)00:56:03
thanks→RADWIMPS「オーダーメイド」

誰も見てないだろうけど、お粗末様でした。

29: 2015/04/29(水)01:00:25
>>27
読みながらオーダーメイド思い出したけど、やっぱりそうだったのね

28: 2015/04/29(水)00:56:56
お疲れさま。

引用元: 男「どうもありがとうございました」