1: 2021/06/27(日) 13:56:58
レイ「ギャル、って何?」

マリ「ギャルっていうのはね、派手なカッコして独特な言葉を使う女の子のことにゃ!」

レイ「よく、分からないわ」

マリ「この本読んでみて!ギャルのイロハが分かるよん♪」

2: 2021/06/27(日) 14:00:07
~数時間後~

レイ「ギャルについて、よく理解、出来たと思う」

マリ「それは良かった~んじゃ、次はレイにゃんが化ける番だぞ!」

レイ「本当に、ギャルになれば碇君を振り向かせられる?」

マリ「この私が保証する!」ドヤァ

アスカ「ふん!バカバカしいわ、そんなんで振り向かせるなんて...」

3: 2021/06/27(日) 14:03:41
アスカ「第一、振り向かせられたところで虚しくないわけ?好きになって貰えたところで、好きだって言ってくれたのは見せかけの自分なのよ?」

レイ「....」

アスカ「ただ虚しいだけじゃないの」

レイ「構わない。碇君に、好きだと言って貰えるなら。見せかけの自分でもいい」

マリ「んじゃあ、決まりね!レイにゃんは今からギャルになるのだ!」

レイ「綾波レイはギャルになります」キリッ

4: 2021/06/27(日) 14:07:11
アスカ「バカバカしい!なら、勝手にやってろ!」

マリ「姫?どこ行くにゃ?」

アスカ「帰んのよ!」

マリ「だめだめだめ~姫にも、生まれ変わったレイにゃんを見て貰うんだから!」フンスッ

アスカ「はぁ?何であたしが...」

レイ「セカンド。お願いよ」

アスカ「...しょーがないわね!後で何か奢ってよ!?」

マリ「了解♪」

5: 2021/06/27(日) 14:11:19
~暫くして~

マリ「レイにゃ~ん?着替えた?」

レイ「...」

マリ「開けるよ?」シャッ

レイ「やっぴー!レイにゃんでぇーすww」

アスカ「スカート、短っ!しかも何よその髪色!金髪じゃない!」

レイ「可愛いっしょ?」

アスカ(不気味...不気味だわ!)

アスカ「残念。ギャル作戦は失敗ね。だっておかしいもの」

マリ「レイにゃん!いい!いいよそれ!チョー可愛いにゃ!」

アスカ「は?」キョトン

6: 2021/06/27(日) 14:15:00
マリ「えへへ~やっぱし私の目に狂いはなかったね!」

レイ「あんがちょ♡」

アスカ(頭がクラクラしてきた)

マリ「ほーら!わんこくんにアタックしてこーい!」

レイ「レイにゃん、いっきまーす!」

アスカ「もういい?あたし帰るわ」

レイ「セカンドっちばいばーい☆」

~ミサト宅~
アスカ「ただいまー」

シンジ「お帰り、アスカ!ジュース飲む?」

アスカ「ありがと」

7: 2021/06/27(日) 14:18:33
アスカ「んく...んく...」ゴクゴク

シンジ「そういえば、アスカ、マリさんがさ」

アスカ「あによ?」

シンジ「何かの本を真剣そうに読んでたんだ」

アスカ(ギャルの本ね。100%間違いないわ)

シンジ「アスカ、心当たりない?」

アスカ「さ、さぁ?」

シンジ「そうだよね。あんなに真剣になって、何の本だったんだろう」

アスカ(知らない本が幸せだと思うわ)

8: 2021/06/27(日) 14:25:56
\ピンポーン/

アスカ「も、もしや!」ドキ

シンジ「誰だろ?僕出るね」

アスカ「あ」

シンジ「はい」

ガチャッ

レイ「ハロー!レイにゃんだよっ!サプラーイズ☆」

シンジ「うわぁ!?あ、綾波?」

レイ「シンきゅん元気してた?」

シンジ「し、シンきゅん?」

レイ「そ。碇君のあだ名~可愛いっしょ?ウチが考えたの!」

9: 2021/06/27(日) 14:28:43
シンジ「綾波ぃ!どうしちゃったんだよ!?」

レイ「どうもしてませーんww」ケラケラ

アスカ「マズイわね....」

レイ「てか、いい?上がっていい?」

シンジ「綾波、何があったんだよ?何か辛いことがあるなら、僕に話してよ!僕じゃ、頼りないかもしれないけど....」

レイ「上がっていい?ね、いい?」

アスカ「駄目よ。今、丁度掃除中だし」

レイ「え~」

10: 2021/06/27(日) 14:31:37
シンジ「アスカ!掃除なんか....」

アスカ「シッ!」

レイ「掃除中とかウチ気にしないしーてか、上がるよ」

アスカ「こら!」

レイ「掃除中って、マジだったんだ~ww掃除機、コードにつけっぱ~」

アスカ「あんた、あたしを信じてなかったわけ?」

レイ「てへっ」テヘペロリン

11: 2021/06/27(日) 14:35:28
アスカ(シンジとバカ波が話してる間に掃除機準備しといて良かったわ)

レイ「シンきゅんの家だ~!家だけにいぇーい☆」

シンジ「こんなの、僕の知ってる綾波じゃないよ!僕の知ってる綾波はこんなんじゃないよ!」

レイ「それ、先入観☆」

アスカ「ちょっと」

レイ「ん?」

アスカ「掃除の邪魔!手伝わないんなら、出てってくれない?悪いけど、あんた邪魔よ」

レイ「怒るとシワが増えちゃうよww」

アスカ(このファースト、厄介だわ)

12: 2021/06/27(日) 14:38:37
レイ「てかさ、気が効かないね、セカンドっち」

アスカ「あによ?」

レイ「お茶とお菓子、出そうとか思わないー?お客さんwレイにゃん、お客さんなんですけどww」

アスカ「チッ」

アスカ「今持ってくるわよ!」

シンジ「あ、ぼ、僕が持ってくるよ」

レイ「あんがと☆」

シンジ「はい、綾波」

アスカ「それ飲んで、食べたら、さっさと帰りなさいよ」

レイ「何で掃除しないのww」

アスカ「あんたがいるからでしょ」

13: 2021/06/27(日) 14:42:01
レイ「ん~美味しっ」パクパク

シンジ(何で綾波が...こんな風に)

レイ「ね、シンきゅん!」ズイッ

シンジ「ち、近いよ綾波」

レイ「ウチのこと、どう思う?ねぇ?」

シンジ「え?」

レイ「単刀直入に。言って。ハッキリ!」

シンジ「ま、前の綾波の方が...良かった、かな?」

レイ「ウチのこと、好き?」

シンジ「僕は、前の綾波の方が好きだったよ」

レイ「」ポロポロ

シンジ「!?」ギョッ

14: 2021/06/27(日) 21:12:26
レイ「ギャルになれば、碇君は...振り向いてくれると思ってたのに」ポロポロ

シンジ「え?あ、綾波?」

レイ「でも違った」

レイ「駄目だった。碇君はポカポカしてくれなかった」

シンジ「あ、綾波....」アセアセ

レイ「私はどうすれば良かったの?」ポロポロ

シンジ(こんな時、どういう顔したらいいか分からないよ...!)アタフタ

15: 2021/06/27(日) 21:17:56
シンジ「えーと。綾波?」

レイ「...何?」

シンジ「つまり、僕を振り向かせたくて綾波は...その、ぎゃる?になったってこと?」

レイ「そう。碇君にポカポカして貰いたかった」

シンジ「...誰が、ギャルになれば振り向かせられるなんて言ったの?」

レイ「弐号機の人。...セカンドじゃない方の」

アスカ「つまり、マリよ。真希波・マリ・イラストリアス」

シンジ「あー...真希波かぁ。あの人のことの言うことはあんまり信用しない方がいいと思うよ」

レイ「なぜ」

シンジ「適当そうじゃない、あの人」

16: 2021/06/27(日) 21:22:00
レイ「そう、かもしれない...」

シンジ「でも僕を思ってしてくれたのは、嬉しかったよ。結果はどうあれね」

レイ「...ありがとう。碇君はやっぱり優しいのね」

アスカ「あたしが、アイツにキツ~く言っておくわ。金輪際、適当なことは言うなってね!」

レイ「セカンド。ありがとう」

アスカ「別に?もう、あんな変なあんたとか見たくないしね」

シンジ「アスカったら、素直じゃないんだから」

アスカ「バカシンジ!うっさい!」

アスカ「とにかく、カッコとか戻して来なさいよ。髪は簡単に戻らないだろうけど、しゃーないわ」

17: 2021/06/28(月) 07:37:11
レイ「大丈夫よ」ズルッ

アスカ「ちょっ!?」

レイ「これ、鬘だもの」

アスカ(通りで髪質が違うように見えたわけね)

レイ「服、戻して来る。貴方の部屋を借りてもいい?」

アスカ(何かデッカイバッグ持ってると思ったら、元の服が入ってたのね)

アスカ「どーぞ」
**
レイ「着替えてきたわ」

シンジ「やっぱり、綾波はそっちのがいいや」

アスカ「同感ね」

レイ「もう、ギャルの真似はしない」

シンジ「その方が賢明だと思うよ」

レイ「今日は2人に迷惑をかけてしまった。ごめんなさい」

アスカ「あんたが謝ることじゃないっつーの!」

アスカ「ま、アイツの言葉を鵜呑みにしたあんたにも非はあるけどね」

18: 2021/06/28(月) 07:49:47
シンジ「綾波!」

レイ「何?」

シンジ「もう帰るの?」

レイ「そう。私はもう帰るわ」

シンジ「ご飯、食べてく?」

レイ「碇君がそう言うなら...」

19: 2021/06/28(月) 07:53:00
~後日~

マリ「ふんふん。なるほどー!ギャル作戦は失敗かぁ」

アスカ「当たり前でしょ!あたしは最初から反対したじゃない!」

マリ「そっかそっか、わんこくんはきっと、清楚な女の子が好きなんだね」

レイ「清楚?」

マリ「でも姫とイチャイチャしてるくらいだし...」チラッ

アスカ「あによ?」ギロッ

マリ「レイにゃん、ツンデレになってみない?」

レイ「ツンデレ、って何?」

[完]

引用元: マリ「ギャルになればわんこくんを振り向かせられるにゃ!」