1: 2009/10/01(木) 19:09:17.75
ゲンドウ「でなければ帰れ!」

マダオ「いや、清掃員の面接に来ただけなんですけどー…」

ミサト「乗るのよ、長谷川さん」

マダオ「いや、重機の操作は慣れてるんだけどね」

マダオ「問題は給料の方で時給はー…」

ゲンドウ「お前には失望した。」

マダオ「え?何?ちょっと待って!!」

マダオ「乗らないなんて言ってないよ?言ってないからね?」

2: 2009/10/01(木) 19:10:38.39

グラグラグラ

マダオ「え?何?何?何?地震?」

ゲンドウ「やつめ、ここに気づいたか」

マダオ「何?何これ?何なのこれ?怖いんだけど!!めちゃめちゃ怖いんだけど!!」

ピッ

ゲンドウ「冬月、レイを起こしてくれ」

冬月「まだ使えるかね」

ゲンドウ「構わん。」



3: 2009/10/01(木) 19:11:59.40
数分後

ガラガラガラガラ

ストレッチャーに少女が乗せられている


マダオ「え?病人?」


グラグラグラ

震動が始まると少女がストレッチャーごと倒れた。

綾波「きゃあ!」

マダオ「きゃあ!だ…大丈夫?」

綾波「うぅ…」

苦悶の表情を浮かべる綾波
彼女を抱き抱えたマダオの掌には血がベットリついている。

マダオ「いやァァァァ!!血がァァァァ!血がァァァァ!」


4: 2009/10/01(木) 19:12:40.36
マダオ「何で?面接に来て何でこうなっちゃったの?何で?」

しかし微動だにしないゲンドウ。

むしろニヤニヤ笑っている。

ゲンドウ「乗れ。」

マダオ「無理!無理だから!やな予感しかしないからいや!」
綾波「…………」

綾波「不採用」


5: 2009/10/01(木) 19:13:08.57
一人二役か…

6: 2009/10/01(木) 19:13:23.12
マダオ「えっ?」

リツコ「不採用よ。」

マダオ「………もしかして」

ミサト「今のは面接だったのよ。残念ね。」

リツコ「いちいちそんなに焦ってたらD級勤務者すら勤まらないわ」

マダオ「いや、誰でもああ言うでしょ!ふつう、ふつうでしょ?」

7: 2009/10/01(木) 19:13:57.47
ひでえ面接だなww

8: 2009/10/01(木) 19:14:51.14
リツコ「14歳の少年、以下ね」
ゲンドウ「帰れ!」


こうして今日も俺は無職
ああ。無職

負けるな、マダオ。
勝つんだ、マダオ。

お前の戦いは今始まったばかりだ!


冬月「…………」

冬月「独り言の途中…ちょっといいかね」

9: 2009/10/01(木) 19:17:05.59
シンジ出番なしw

10: 2009/10/01(木) 19:20:28.79
さっき画面に映っていた初老の男が俺に話し掛けてきた。

さっきの面接の批評なら止めてくれ。
いくら落ちるのが慣れている、と言えどもさっきの面接はヘビーだった。

冬月「さっきの面接で…」

俺を傷付けるなら止めてくれええぇぇぇぇ!!
繊細なんだァァァァァァァァ


冬月「清掃員としては不採用だったが」

不採用不採用やめて!社会のクズだからってやめて!とにかくやめて!

冬月「諜報部員として、採用したい。」

だから不採用不採用…



…え?

14: 2009/10/01(木) 19:25:23.61
冬月「一目見たときから気になっていたんだよ。」

冬月「君は碇にそっくりだ。」

ゲンドウ「………」

マダオ「うあぁァァァァ!」

冬月…とか言う男の後ろから顔を出してきた。いきなり。


しかし、良く良く見てみると…

冬月「似ているだろう?」

冬月「碇の憎たらしさとか碇の根性の悪さとか碇の顔の悪さとか…そっくりだとは思わんかね。」

マダオ「………」
ゲンドウ「………」

19: 2009/10/01(木) 19:32:56.35

冬月「君に仕事を頼みたい。報酬は君の望み以上に出そう。」
冬月「………万では、不足かね?」

エエエエエ!!

そんなに貰っていいのかよ!?
へへっ残念だが、銀さん。
不幸のエンドレスループから先に抜け出すのは俺みたいだぜ。

冬月「ちょうど明日から私達は南極に行かなければならないのだが…」


…南極?


そういやこの職場は何かおかしい。

俺は不安になった。


高額な報酬といい、
まさかこの仕事
ブラックでデンジャラスな仕事なんじゃないのか?

21: 2009/10/01(木) 19:36:16.61
冬月「何、ブラックでもデンジャラスでもない。」

冬月「君にしか出来ない、しかも簡単な仕事だ」


『君にしか出来ない、簡単な仕事』

その一言で俺の不安はぶっ飛んだ。

君にしか出来ない

なんて甘い響きだろうか。

簡単な仕事だ

なんて美しい響きだろうか。


その一言に惑わされ俺は
内容も聞かず即答してしまった。

マダオ「…やります。俺がやります!」

25: 2009/10/01(木) 19:42:21.11
冬月「そうか。やってくれるか。」

人に頼られる、と言うのはこんなに気持ちよい事だったか。


冬月「では、君に頼みたい任務は…」

ゴクリ。


冬月「碇の影武者だ。」



影武者。囮ってことだよな?


ブラックでデンジャラスな仕事じゃねえかあァァァァ!!

28: 2009/10/01(木) 19:46:35.29
ゲンドウ「ネルフ本部を3日も開ける訳にはいかんのだよ」

と、さっきまで黙ってた目の前のオッサンがいきなり喋り出した。

ゲンドウ「頼む」

と言い、土下座をし始めた。

何だか自分自身の土下座を見ているようで見苦しい。


止めろ!止めて!止めて下さい!お願いだから!


しかし彼は顔をあげない。
それに「やる」と言ってしまった手前断れない。

30: 2009/10/01(木) 19:49:51.98
結局、俺は親指に赤いインクを塗りたくり、紙に押し付けた。

その瞬間、碇司令はさっきの土下座は嘘だったかのように
素早く立ち上がりニヤリと笑った。

計画通り。とでも言うかの様に。

騙されたァァァァァァァァァァァァ!!

31: 2009/10/01(木) 19:55:16.71
黒服の男達に無理矢理腕を掴まれ
無理矢理服…と言っても2枚しか着てないが、奪われ

無理矢理制服を着せられた。


俺はこうして


真ん前のオッサンの

ダミーの

オッサン


になっちまった。

バカ!一時の苦しみを耐え切れなかった俺のバカ!バカ!バカ!バカ!バ…(以下略)

35: 2009/10/01(木) 20:09:47.89
司令室。

俺は暇を持て余していた。

司令と言ってもまるでやることがない。

書類の処理は
「極秘事項に当たりますので」と書類を触らせても貰えないし
じゃあ、とネットゲームをやろうとすれば「情報漏洩の危険が」
とか言って禁止されるし

銀さんに自慢したいと思って万事屋に電話しようとすると
同じ理由で止められた。

この分じゃハツに連絡することも叶わないだろう。

折角デカイ仕事をしてるってのに…何だかな


プルルルルル

マダオ「!」

突然、電話が鳴った。
机の上に『マニュアル』があることを確認し、出た。

36: 2009/10/01(木) 20:13:19.97
マダオ「……碇だが」

緊張する。
あまりヘビーな内容でなければ良いんだが。


シンジ「もしもし」

シンジ「父さん?」


イヤァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!

どうしよう!どうしよう!!

父さん?って事は息子だよね?ね?

いきなりヘビーな相手来ちゃったァァァァ

落ち着け!俺!落ち着け!
とにかく、マニュアル通りやればいいから!
大丈夫だから!バレないから!

38: 2009/10/01(木) 20:15:22.70

シンジ「どうしたの?父さん?」

マダオ「いや…あぁ…」

マニュアルには『なるべく早く話を切り上げるように』としか書いてない。

役に立たねえぇぇぇぇ!

シンジ「今日の父さん何だか…」

ヤバい。バレる。ヤバい。


ビッー!ビッー!

42: 2009/10/01(木) 20:17:15.05
マダオ「!?」

諜報部員「碇司令、警報です!」

黒服ナイス!
助かったァァァァァァァァ!

マダオ「と、言うわけだから切るぞ」

シンジ「ちょ…父さ…」

プッープッープッー


シンジ「………切れちゃった」

44: 2009/10/01(木) 20:18:05.71
声は完璧だからなw

46: 2009/10/01(木) 20:20:40.78

ふう。
どうやら危機は脱出出来たようだな。

マダオ「ありがとう、お前達のおかげで助かったぜ!」

諜報部員「いえ…」

マダオ「本当にありがとう!飲みに行こう!勿論俺の奢りだ!」

諜報部員「ですから…」

諜報部員「司令は何を勘違いしているか知りませんが、使徒が襲来しました。」


え?

マダオ「え?何?どういうこと?」

諜報部員「使徒、我々の敵が来ました。」

51: 2009/10/01(木) 20:25:31.52
マダオ「じゃ何?さっきのは本物の警報ってこと?」

諜報部員「警報に本物も偽者もありません」

無駄な感謝しちゃったよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
飲みに行くって行ったの撤回!
奢りだってのも撤回!撤回!

諜報部員「とにかく、発令所へ」

得体の知れないもんと関わり持つなんて聞いてない!聞いてないよ!


マダオ「ヤダ!ヤダ!絶対ヤダ!嫌な予感しかしないからヤダ!ヤダ!」


…するとまたもや黒服に腕を捕まれ

何人か仲間を呼ばれた後抵抗もむなしく
俺は引きづられていった。



この職場、辞めたい。


55: 2009/10/01(木) 20:30:35.75

ミサト「使徒の位置は?」

日向「使徒の攻撃と発する電磁波で確認出来ません」

ミサト「そう。」

ミサト「使徒の攻撃が落ちた場所は?」

マヤ「一日前はここ。」

マヤ「12時間前はここに。」

リツコ「ズレを修正していってるのね。恐らく次は…」

ミサト「ここよ。」

何だか難しい話をしていた。
ダメだ。俺には理解できねぇ。
聞くなよ?聞くなよ?俺に聞くなよ?意見を求めるなよ?



ミサト「…碇司令はどう、お考えですか?」



このアマァァァァァァァァ!

56: 2009/10/01(木) 20:33:54.61
手元にあるマニュアルを読む、と「とりあえず部下に任せろ」と書いてあった。

なるほど。部下に一任、か。

マダオ「君に任せる」

そう俺が言った瞬間、目の前のボインのお姉ちゃんはニヤッと笑った。

ミサト「そうですか。」

リツコ「で、ミサト作戦は考えてあって?」

ミサト「もちよ。それはね…」


61: 2009/10/01(木) 20:39:04.08
リツコ「使徒を手で、受け止める?」

ミサト「そうよん」

リツコ「バカじゃないの?そんなの技術部は許可出来ないわ」

ミサト「でも使徒を倒すにはこれしかないのよ」

リツコ「倒さなくとも、避難すれば良いだけじゃない!」

ミサト「使徒を倒すのが私達の仕事よ?」

リツコ「仕事?あなたのくだらないプライドの間違いじゃなくて?」


女の言い争いはなんて醜いのか。
何だかすまいるの裏側みたいだなぁ…

リツコ「司令もそう思いますよね?」

えっ

ミサト「あら、司令は私に一任するって言ったわ。」

ちょ!待って!待って!

俺を巻き込まないでぇぇぇぇ!

63: 2009/10/01(木) 20:43:59.96
マダオ「いやぁ…それは…」

リツコ(耳元で)「今夜…セーラー服の着用、考えてもよくってよ。」

え?セーラー服って何?何?

ミサト(耳元で)「あら…私なんか今夜、セーラー戦士に変身してお仕置きしてあげちゃうわよん?」

セーラー戦士?お仕置き?何?何それ?何なのそれ?

ふざけてる。ふざけてやがる。っつうか何で司令だってだけで
モテモテなの?同じような顔なのに
同じようにダンディな声なのに
何で俺はハツに逃げられちゃったの?
おかしいよね?ね?

無職だから?ねえ無職だからなの?ねえ?

65: 2009/10/01(木) 20:45:47.83
しかし、男には選ばなければならない時がある。

今の俺は長谷川泰三ではない

碇ゲンドウである。

セーラー服かセーラー戦士か

選ばなければならない。


答えは出ていた。


マダオ「セーラー戦士で」

お仕置き付きは、デカかった。

68: 2009/10/01(木) 20:49:23.02
アスカ「使徒を手で、」

アスカ「受け止めるぅ?」

ミサト「そうよん」

アスカ「成功の確率は?」

ミサト「神のみぞ知るってとこね。」

アスカ「成功したら奇跡ってことね…」

ミサト「奇跡は起こしてこそ初めて価値が出るものよ。」

ミサト「すまないけど作戦にあたって…遺書を書いてもらいたいんだけど」

綾波「私はいいわ。」

アスカ「私もよ」

シンジ「……僕も……ですけど」

ミサト「どうしたのシンジ君?」

シンジ「お願いがあるんです。ミサトさん!」

ミサト「…………?」

69: 2009/10/01(木) 20:54:27.44
司令室

ない!ない!ない!ない!

碇司令の息子がもうすぐ来ると言うのに
マニュアルがない。

なんでも危険な作戦の前だからって言うから断れなかったが…
どうしよう。

多分掃除のババアが捨てたに違いない。

そんなに役に立った記憶はないがないならないで不安だ。

コンコン

シンジ「父さん、入ります。」

うわぁぁァァァァァァァァァァァァァァァァ!
きたァァァァァァァァ!!

70: 2009/10/01(木) 20:59:43.11
こうなったら覚悟を決めよう。
碇司令っぽいこと言ってれば大丈夫だから!バレないから!
きっと他愛もない親父の会話だから!大丈夫!

マダオ「どうした。」

シンジ「まさか、会ってくれるとは思わなかった」

マダオ「……そうか。」

シンジ「父さんは何で」

しかし、何でこの息子は暗いのか。
中々会えないならちょっとは喜ぶだろうに…

シンジ「僕を捨てたの?」

…え、捨てたって何?

何この親子?どうなってんの?

72: 2009/10/01(木) 21:02:33.64
シンジ「僕を放って置いたくせに」

シンジ「僕を利用したいだけしてる」

シンジ「どうせ父さんは、僕をエヴァの部品としか考えてないんでしょ?」

何このヘビーな親子ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

他愛もない会話どころじゃねぇぇぇぇぇぇ!

78: 2009/10/01(木) 21:07:03.56
シンジ「どうせ、僕のことなんて何も分からないんだ。父さんは」

実はねーオジサンお父さんの影武者なんだぁァァァァァァァァ
だから君のことなぁーんにもしらないよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
とはまさか言えない。


俺は今、「碇ゲンドウ」だ。
「碇ゲンドウ」として彼に向き合わなきゃいけない。

碇ゲンドウなら何と言うか、


……何故かすぐに言葉にすることが出来た。


79: 2009/10/01(木) 21:10:32.94
マダオ「シンジ、大人になれ。」


決まった。
この一言で全ては解決する。
勝った。
最初に負けたガキに俺は勝ったァァァァァァァァ!



シンジ「……僕には何が大人かわかりません」


予想外だった



奴は、カウンターを仕掛けてきた。
二倍にも三倍にも膨れ上がり
しまいには長谷川泰三…俺自身の脳天から何からを貫いた。


オジサンも何が大人か分かんないやァァァァァァァァ!!



89: 2009/10/01(木) 21:18:27.69
綾波「あなたは何が大人か、分からないのね」

この娘
…どっから出てきた?

アスカ「40にもなって…アンタにバカぁ?」

そうだよ。俺はバカだ。

ミサト「一般的に考えればもう立派な大人よ」

リツコ「無職なのが負い目なのね」

マヤ「そんなに無職は嫌ですか?」

嫌だ!嫌だ!嫌だ!嫌だ!嫌だ!

日向「どうして長谷川さんは職にこだわるんだい?」

…それは

91: 2009/10/01(木) 21:19:21.76
青葉「世間の目?」

93: 2009/10/01(木) 21:21:49.61
冬月「家族の為?」

ゲンドウ「それとも」

ゲンドウ「自分のプライドの為、か?」


うるさい!うるさい!うるさい!
お前さんに何が分かる!

ゲンドウ「分からない。人間とは理解し合えない生き物だ。」

ゲンドウ「が、私も…」

ゲンドウ「私もマダオだ。」

マダオ「…………!」

97: 2009/10/01(木) 21:24:32.72
マダオ「職もあるのに?女もいるのに?」

ゲンドウ「私も妻に逃げられた」

マダオ「…………!」

ゲンドウ「さっき、お前も見ただろう?私は息子に嫌われている。」

ゲンドウ「『マルでダメなお父さん』」

ゲンドウ「略してマダオだ」

98: 2009/10/01(木) 21:27:29.19
ゲンドウ「しかし私は一人でも立って歩けている。」

ゲンドウ「私は大人だ」

マダオ「なぜ、そう言い切れるんだ?」

ゲンドウ「私は大人だと私自身がしんじているからだ。」

ゲンドウ「自分がそれを本当だと信じれば、それは真実になり得る。」

マダオ「…………そうか」

マダオ「俺は大人だ!」

マダオ「俺は無職でもマダオでも立派な大人なんだ!」

102: 2009/10/01(木) 21:30:08.18
マダオ覚醒

103: 2009/10/01(木) 21:30:19.34
おめでとう

104: 2009/10/01(木) 21:30:33.82
めでたいなー

108: 2009/10/01(木) 21:31:41.67
マダオ「無職でもいいんだ!」
目の前が明るくなった。

シンジ「おめでとう」
ミサト「おめでとう」
アスカ「おめでとう」
綾波「おめでとう」
リツコ「おめでとう」
加持「おめでとう」
ヒカリ「おめでとう」
ケンスケ「めでたいな」
トウジ「おめでとさん」
ペンペン 「クェ!クェ!」
日向「おめでとう」
青葉「おめでとう」
マヤ「おめでとう」
冬月「おめでとう」

ゲンドウ・ユイ「おめでとう」

職にさようなら
ハツにありがとう
マダオ
そして全ての無職達に

おめでとう


109: 2009/10/01(木) 21:32:08.25
クエックエッ

110: 2009/10/01(木) 21:32:46.77
( ;∀;)イイハナシダナー

115: 2009/10/01(木) 21:35:19.18
碇カンドウ

116: 2009/10/01(木) 21:35:27.95
無職でも良いんだっ…!

121: 2009/10/01(木) 21:39:01.54
……………
…………
………
…わさーん
…がわさーん
………長谷川泰三さーん!

ババアの声が響く

100分待ち

職安ではいつもの事だが寝ちまったみたいだ。

ババアの声を無視し、
6409番と書かれた紙をくしゃくしゃにして
ゴミ箱に捨てた。

俺は外へと歩き出す。
後ろで「坂田銀時さぁーん」と
次の奴の名前が呼ばれていたが気にしない。

「ありがとう」

俺はそう呟きながら
嗚呼 歌舞伎町へと
男一人今日も消えて行く


終劇

122: 2009/10/01(木) 21:39:51.44
おめでとう!全俺が泣いた

123: 2009/10/01(木) 21:40:29.45
まさかの夢オチ

129: 2009/10/01(木) 21:44:02.46
お付き合いありがとうございました。

明日も僕は元気にニートです。

引用元: ゲンドウ「乗るなら早くしろ」マダオ「えっ」