1: 2013/12/17(火) 14:34:13.16
綾波「ごめんなさい、こういう時どういう顔したらいいか分らないの」

シンジ「どういう顔したらいいか分らないなんて、そんな寂しい事いうなよ・・・ 」

綾波「ごめんなさい、こういう時」

シンジ「ごめんなさいなんて、そんな寂しい事言うなよ・・・ 」

綾波「チッ」

シンジ「舌打ちなんて、そんな酷い事するn」

綾波「いいから!」

シンジ「へっ?」

綾波「もういいから、そういうの。前々から思ってたけど、あなたのそのテンション吐き気がするから」

シンジ「ごめんよ、綾波。綾波が僕を守ってくれたのが嬉しかっただけなんだよ・・・ 」

綾波「仕事だから! 初号機を守るのが仕事だから! もういいから私の視界から消えて」

シンジ「ごめんよ綾波。それじゃまた明日本部で・・・ 」ショボン

綾波「チッ」
エヴァンゲリオン 式波・アスカ・ラングレー Ver.RADIO EVA Part.2 1/7スケール PVC&ABS製塗装済み完成品フィギュア
5: 2013/12/17(火) 14:44:08.67
??「落ち込んでいるようだね、碇シンジ君・・・ 」

シンジ「カヲル君!? 何で君がここにいるの?」

カヲル「君が落ち込んだ時は出番なんて無視して駆けつけるよ」

シンジ「カヲル君・・・ 」チッ

カヲル「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ・・・」

シンジ「ハァ!? ていうか空気読めよ。僕さっきからちっとも嬉しそうな顔してないだろう」

カヲル「なんだって?」

シンジ「大して面識も無いのになれなれしくしやがって、気持ち悪いんだよ」

カヲル「そんな、僕はただ君の事を大切に思っているだけだよ・・・ 」

シンジ「ウザいなぁ、カヲル君はホ〇なの? 僕の視界から消えてよ」

カヲル「そんな・・・ ごめんよ、ごめんよシンジ君。僕は君を守りたいんだよ、やがて来る終焉から・・・ 」

シンジ「ちょ、近づかないでよ・・・もう!」ドン ドサァ

カヲル「あぁ、シンジ君・・・ 碇シンジ君・・・ 」

9: 2013/12/17(火) 14:53:07.58
トウジ「なんや悩み事かいな~、このトウジさんになんでも聞いて~な」

シンジ「トウジはさ・・・ 女の子の気持ちって分かる? 」

トウジ「なぬぅ!? 女の気持ちやとぉ。し、シンジさん、まさか恋してらっしゃるぅ!? 」

シンジ「そんなんじゃなくてさ、綾波の考えてることぜんぜん分かんなくって」

トウジ「そら男と女やさかいなぁ、女の気持ちが分かったらワイかてモテモテなんやけどな」

シンジ「あぁっ、まさか。トウジ好きな女の子いるの? 」

トウジ「あ、アホぬかせぇ! そんなんおるわけないやろぉ~」

シンジ「だよね、だってトウジが好きなのは」

トウジ「し、シンジ・・・ あかんて、こんなとこで誰かに見られたらどないするんや・・・ 」

シンジ「キスだけ、キスだけだから・・・ 」

トウジ「・・・ ホンマに、しゃ~ないやっちゃ」

シンジ「えへへ」

10: 2013/12/17(火) 15:02:06.82
シンジ「何で、何で皆僕を避けるんだよ、僕は皆のために戦ってるだけなのに・・・ 」

ケンスケ「シンジ・・・ 」

シンジ「ケンスケ」

ケンスケ「集中治療室のトウジから伝言があるんだ」

シンジ「え、本当!?」

ケンスケ「あぁ、ワイは大丈夫やさかい。お前も気ぃ病まんとエヴァの仕事がんばりや。だってさ」

シンジ「それで、トウジは今」

ケンスケ「今のが、最期の言葉だったよ・・・ 」

シンジ「うわぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああ」

ケンスケ「距離を置くみんなの気持ちも分かってくれよ、エヴァも使徒も僕らからすれば同じように怖いんだ」

シンジ「うわぁぁぁあああ、あは、そうだ、エヴァに乗らなくちゃ、トウジが頑張れって・・・ へ、へへ」

ケンスケ「シンジ、少なくとも僕はお前のこと応援してるよ。あまり思いつめるなよ・・・ 」

シンジ「い、行かなきゃ。ネルフ本部・・・ 」フラフラ

12: 2013/12/17(火) 15:10:41.03
カヲル「見たよ、シンジ君」

シンジ「・・・ 」

カヲル「僕を拒絶しておきながら君もホ〇だったじゃないか! 」

シンジ「・・・ 」

カヲル「何で僕はダメであのサル顔関西弁はオッケーなんだよ、意味がわか」バチーン

シンジ「トウジのことを悪く言わないでよっ。さっさと目の前から消えろカヲル君」

カヲル「どうして・・・ 君は僕に惹かれる運命だったはずだ・・・ なぜ」

シンジ「うるさいうるさいっ。もう絶交だよ、口もきかないからねっ」

カヲル「そんな、シンジ君! 」

シンジ「・・・ 」ズカズカ

カヲル「・・・ くそっ」カベドンッ

13: 2013/12/17(火) 15:19:28.08
シンジ「ネルフ本部、エヴァの格納庫は・・・ 」

ゲンドウ「シンジ・・・ 何をしにきた? 」

シンジ「何って、エヴァに乗りにきたんだよ。それが僕の仕事だろ? 」

ゲンドウ「現在、使徒は現れていない。その時の為に身体を休めるのもパイロットの役目だ」

シンジ「家に帰って、寝て、形だけの休息に意味なんて無いよ、父さん」

ゲンドウ「シンジ・・・ 」

シンジ「どこにいても、心はやすまらないよ・・・ エヴァに乗ってたほうが落ち着く」

ゲンドウ「帰れ・・・ 休めとは言わんが、少し寝ろ・・・ 」

シンジ「父さんなんて嫌いだ・・・ 」

ゲンドウ「行ったか・・・ 」

リツコ「よかったの? 」

ゲンドウ「ああ、親とは難しいな・・・ 」 

リツコ「フフッ」

14: 2013/12/17(火) 15:30:25.46
シンジ「ただいまー。あれ、誰もいないのかな・・・ 」

アスカ「そんなっ!」

シンジ「あ、ミサトさんとアスカ居間で話してたのか・・・ 何話してるんだろ」

ミサト「残念だけど、アスカ。あなたのシンクロ率ではもうエヴァを動かすことはできないわ」

アスカ「だから私はもういらないって事・・・ 2号機はどうなるのよ」

ミサト「新しいパイロットが来るわ。優秀なね・・・ 」

アスカ「くっ」

ミサト「それで今後の話なんだけど、望むならここに残ることも可能よ、あなたドイツに帰っても身よりもないでしょう・・・ 」

アスカ「何よそれ、私は役立たずだけどお情けで家においてやってもいいわよって事? 」

ミサト「そんなんじゃないわ。私は只家族としてあなたを・・・ 」

アスカ「エヴァに乗れない私でも家政婦ならできるわね、シンジがもう少し大人になったら夜のお世話もさせられるのかしら」

ミサト「バカッ」パァン

アスカ「・・・ うぅ」ダッ ガチャ

シンジ「アスカっ!?」

アスカ「ふんっ」

17: 2013/12/17(火) 15:44:18.02
カヲル「ふぅ・・・ それで家を飛び出してきたのかい? 」

アスカ「そうよ、別にアンタに会いたかった訳じゃない。誰でもよかったのよ」

カヲル「それで、君はどうするんだい? 」

アスカ「ドイツに帰るわ・・・ ここにいてもぬるま湯みたいな人生を送るだけ出し、だから私たちの関係も終りね」

カヲル「・・・ 誘ってきたのは君なのにずいぶんと勝手な話だね」

アスカ「お互いに傷を舐めあってただけでしょう、長続きするわけないじゃない・・・ 」

カヲル「そんな寂しいこと言うなよ・・・ 」グイッ

アスカ「ちょっ、やめなさいよキャッ」パン

カヲル「煩いな。お前なんか人形くらいの価値しか無いんだよ。僕の欲求のはけ口になれる事を喜べよ」

アスカ「ちょっと、やめなさいよ。くっ、こんなものでぇ、気持ち言いにょぉぉ、お兄ちゃんギュっってしちぇぇ」

カヲル「アスカは本当に幼児プレイが好きだなぁ、さすがの僕もこの性癖は理解に苦しむよ」


おわり

18: 2013/12/17(火) 15:48:19.50
くぅ~疲れました。

19: 2013/12/17(火) 15:49:41.10
ワロタ

引用元: シンジ「別れ際にさよならなんて、そんな寂しい事言うなよ・・・」