1: 2014/05/28(水) 01:20:13.44
乙しえだよー優しい世界だよー


乙哉「しえなちゃん切り刻みたい」

しえな「嫌だよ。一ノ瀬でも刻んでおけ」


乙哉「晴っちーちょっと切り刻ませてー」

晴「えっえっ!?」

兎角「お前わたしの前でよく言えたもんだな」ボキッボキッ

乙哉「あはは嫌な予感ー」

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401207613/

2: 2014/05/28(水) 01:21:54.58
乙哉「ボロボロに負かされたー」ボロッ…

しえな「だろうなぁ」

乙哉「ちょっと、もしかしてそれを見越して晴っちって言ったわけ?ひどーい」

しえな「かもな」

乙哉「しえなちゃーん、おさげ切らしてよー」

しえな「嫌だよ。いじめ許さない」

乙哉「しえなちゃーん。じゃあお話しようよー。本ばっか読んでないでさあ」

しえな「今は無理」

乙哉「しえなちゃんってばーー」

しえな「もういい加減にしろよ、うざったい。っていうか黒組はあんたが好きな美少女ばっかなんだから、誰か手頃なのに構ってもらえ」

乙哉「あっそうだ、じゃあ…」


乙哉「柩ちゃん誘拐してこよう」ぽんっ

しえな「…ま、どうなっても知らんけどな」

3: 2014/05/28(水) 01:23:01.95
柩「……」うろうろ

乙哉「柩ちゃーん」

柩「あ、武智さん!」

乙哉「あれ?今千足さんいないの?」

柩「それが、ふとした隙にはぐれちゃって……よかったです、武智さんが居て。部屋まで一緒に……ひゃあああああっ!?!」

乙哉「手頃なサイズ~~♪」ひょいっ

柩「やっ…離してくださっ!やああっ!!千足さああああん」ジタバタ


千足「何をしてる、武智…………」ゴゴゴゴ………


乙哉「おーっとっとっと………」

4: 2014/05/28(水) 01:23:57.45
乙哉「また負かされた」ボロッ…

しえな「でしょうね……」ぺらっ

乙哉「次誰襲おう」

しえな「……」ぺらっ

乙哉「ねぇってばぁーー構ってよ」

しえな「うるさいなぁ、ボクは本読みたいんだよ」

乙哉「…本持しえな」

しえな「あ"あ!?」ガタッ

乙哉「本持ちゃんのバーカバーカ!もう浮気しちゃうもんねーふんっ!!」

バタンッ!

しえな「好きにしろ!!……大体浮気ってなんだよ、浮気って。…ったく」ぺらっ

5: 2014/05/28(水) 01:25:34.67
乙哉「しえなちゃんのいけずぅ」ぶぅー

乙哉「しかしよく考えると、黒組ってほんと美少女揃いだなぁ……」

乙哉「そんなかでも、しえなちゃんが一番だけどね!」むふふ

乙哉「晴っちと桐ヶ谷ちゃんはダメだったし………ハッ、あの美人の存在忘れてた」


乙哉「おっじゃまー!」コンコン

香子「……何の用だ?武智。それとそれではノックの意味ないぞ」

乙哉「いやー、ちょっと神長さんに用があってねー」

香子「悪いけど今、時限爆弾の解除で忙しい」

乙哉「まーまー、そう言わずさぁ」

乙哉「………時限爆弾?」

香子「あ、これ無理。諦めよう」バタン

乙哉「…………え?ちょ…待っ」

カチッ


6: 2014/05/28(水) 01:26:32.83
ドカァーーーーンッ

香子「うん、破壊力はまぁまぁか。……ちょっと時間ズレるけど」

涼「香子ちゃん、貴重品忘れてない?」

香子「いつも悪いな首藤。私は大丈夫だ」

涼「よかったよかった。じゃあ新しい部屋に行こうかのう」

香子「そうだな」



乙哉「部屋で何やってんのあいつら…」ボロッ…

しえな「よく生きてたなー」

乙哉「窓から飛び降りたんだよー」

乙哉「あの二人の部屋の場所がコロコロ変わるのはこの所為だったのかい………」

7: 2014/05/28(水) 01:27:56.11
乙哉「あの美人は美人でもダメな美人だわ…」うーん

乙哉「じゃあ黒組屈指の美女いっちゃう?ぶっちゃけあまり好みのタイプではないけど、この際選んでられないしなー」

乙哉「伊介さーん」ガチャ


春紀「あ」

伊介「…ん、ぁっ……春紀さま…っ」

乙哉「お邪魔しましたー」バタン





春紀「ノックしてから入れよ、バカ!!/////」ズルズル

乙哉「何も見てないし聞いてないし言わないんで命だけは助けて下さい命だけは」

8: 2014/05/28(水) 01:28:43.89
乙哉「いやぁ、まさかお楽しみ中だとは思わなかったんで………」

伊介「邪魔すんな♥︎」むぅー

春紀「はぁー…ったくもう。…で、なに?伊介様に何か用だったんでしょ」

乙哉「ああ、あの」

乙哉「ちょっと切り刻ませて貰おうかと」

春紀「…誰を?」

乙哉「伊介さんを」

春紀「…どうやって?」

乙哉「鋏でこう…チョキンと」


春紀「………いい度胸じゃーねか……」バキッバキッ

乙哉「あっこれヤバいやつだわーあはは」




春紀「帰れ」げしっ

乙哉「」プシュー

9: 2014/05/28(水) 01:29:27.67
乙哉「帰ってきたよ、しえなちゃーん!」ばーんっ

しえな「帰って来んでいい」びしっ

乙哉「春紀さんにボコボコにされましたわー」ボロッ…

しえな「でしょうな」

乙哉「ダメだ!!!全員ダメな美少女ばっかだ!!春紀さんだってあんな美人なのに!!怪力怖い!!」ダンッ

しえな「それはお前もだろ……」

乙哉「……番場ちゃん!!」ハッ

しえな「うわぁ懲りない」

乙哉「ちょっと番場ちゃんの所行ってくるー」とととっ

10: 2014/05/28(水) 01:30:18.88
乙哉「番場ちゃぁーん、ちょっと切り刻ませ……」ぐいっ

純恋子「ちょっとよろしいかしら」うふふ

乙哉「………へ?」



純恋子「顔500点、首200点、心臓1000点、手足100点。5回まで撃って1000点とったら私の勝ちですわ」

乙哉「うわーーーんっ誰か助けてーーーーっ!!」ジタバタ

純恋子「大丈夫ですよ武智さん。私銃の腕前は100発100中ですので」

乙哉「どこも大丈夫じゃないじゃん!!!あああぁーーんっごめんなさぁーーい!!」

純恋子「ではまず、その綺麗なお顔を……」スチャッ

乙哉「ぎゃあああああしえなちゃああああだずげでええええ」

ガチャ

真昼「ちょ……英さっ、なにして…!?だめ、だめです……!!」

11: 2014/05/28(水) 01:31:01.62

乙哉「……ひっく…う…ぐす」ガクブルガクブル

乙哉「番場ちゃんがたまたま来てくれなかったら、あたし今頃……ひっく」

しえな「何があったかは聞かないでおくわ…だいたい検討つくけど…」

乙哉「…………ぐすっ」ちらっ

しえな「………」ぺらっ

乙哉「…まーた本読んでんの、本持しえなちゃん」ジトー

しえな「あ"ぁ?」


乙哉「……どーせ…あたしより」

しえな「はぁ…?」

乙哉「…あたしより、本が大事なんでしょ……」しゅん

しえな「………」パタン

乙哉「……」むぅ

しえな「仕方ないなぁ……」

乙哉「?」

12: 2014/05/28(水) 01:32:10.40
しえな「……最近、髪伸びて来たんだよなー、ボク」するっ

乙哉「え、じゃあ……」

しえな「切ってくれないか、髪」ニコッ

乙哉「!!!うんうん、任せて!」こくっ


チョキチョキ…

乙哉「…ん?」

しえな「なに?」

乙哉「……うーん、性的欲求が満たされると思って」ハァハァ

しえな「後ろでハァハァされるとすごい気になるわ………」

乙哉「あはは、しえなちゃーーーんっ大好き!!」ぎゅうっ

しえな「危ないなぁ、鋏持ったまま抱きつくなよ」

乙哉「えへへー、だーいすきっ!!」

14: 2014/05/28(水) 01:33:07.86


翌日

教室


晴「あれっ、しえなちゃん、少し髪切った?」

しえな「ああ。武智にやってもらった。おさげには変わらないけど」

乙哉「あははー。どうかな?」

春紀「へぇー、上手いじゃん。あたしのもやってよ。」

乙哉「いーよいーよ!やったげる!」

伊介「えー、だめ。春紀のは伊介がやる」ガタッ

乙哉「あらまー」

春紀「伊介様不器用そうだもん…」

伊介「春紀は伊介以外触っちゃやーだー」むぅ

春紀「(可愛い)」きゅぅん

春紀「…あー、もう…ごめんな、武智。またお願い」なでなで

伊介「ー♥︎」

乙哉「あははは、おっけーおっけー」

晴「じゃ、じゃあ、晴の髪お願いしてもいいかなっ!」えへへ

乙哉「おぉー、いいよいいよ。喜んで!」

兎角「おい、ちょっと待て」ガタッ

乙哉「あはは、こっちもかい!」

15: 2014/05/28(水) 01:34:14.39
晴「えぇ、いいじゃん。兎角のヤキモチ妬きー」むー

兎角「ダメだよ。髪切るならわたしがやるから」

晴「お友達にやってもらいたいの!…ね?」うるっ

兎角「(可愛い)」ずきゅん


兎角「変なことしたら命は無いと思え」

晴「わーい」エヘヘ

しえな「(犬飼といい東といい、こいつら簡単に嫉妬し過ぎだろ………)」

乙哉「だーいじょうぶだって。ナイフしまってよ、もう」

乙哉「じゃー、武智美容室、開店しまーす」シャキン

16: 2014/05/28(水) 01:34:54.48

チョキチョキ…

乙哉「………」

しえな「どうだ?武智。だいぶ欲求は解消されたんじゃないのか」

乙哉「うーーーん………それがさぁ」

晴「??」

乙哉「……からっきしダメ。なんも感じないわー」

兎角「どうかしたのか?」

乙哉「昨日ねー、しえなちゃんの髪切った時………」



春紀「…ふーん、そんなことってあるんだ」

乙哉「なんでだろー?晴っちの髪切ってても、別に何も……そりゃ、切り紙だとか生け花くらいには楽しいけど」

晴「な、なんかごめんね…武智さん」

伊介「あっ伊介分かったぁー♥︎」

17: 2014/05/28(水) 01:35:45.30
しえな「なんだ?犬飼」

伊介「それさぁー、単純に好きな人以外感じないとかじゃない♥︎」

乙哉「好きな人?」

兎角「ああ、髪切ることを武智にとっての性行為に見立てると、理にかなってるな」

しえな「ちょ、ちょ、ちょっと待て!それじゃあ武智は……」

晴「しえなちゃんのことが…」

春紀「好き?」

乙哉「えー?そうだよ」さらり

伊介「あらまー♥︎カップル誕生?」

しえな「お、おい武智!何さらっと言って……」かぁぁ

乙哉「そもそもいつも言ってんじゃん?しえなちゃん好きーって」

しえな「そ…それは友達として…じゃないのか」

乙哉「恋愛としてだけど」

しえな「え……ええぇっ…!?」かぁぁぁ

18: 2014/05/28(水) 01:36:52.16
しえな「い、いいか?友情と恋愛は違うんだぞ!」

伊介「なぁんか始まったし…めんどくさいなー♥︎」

春紀「まぁまぁ」あはは

乙哉「知ってるよ?あたし黒組の皆、大好きだもん!」

晴「晴も大好き!」ガタッ

春紀「まー、あたしもかな」

兎角「ウザいけど嫌いじゃないウザいけど」

伊介「春紀が好きなら好きー」

しえな「ほ、ほら、お前らだってそうだろう?じゃあボクのことだって…」

乙哉「でもドキドキしたり、いつだって寄り添っていたいのは、しえなちゃんなの。皆とは、また違う感情なの」

伊介「その気持ち分かる」ガタッ

春紀「伊介様、しぃーっ」ていっ

伊介「♥︎」ぎゅっ

しえな「はぁぁ……?ななななに言ってるんだよ……」かぁぁ

19: 2014/05/28(水) 01:38:10.74
乙哉「とにかく、あたしはしえなちゃんのことが好き!!大好き。抱きしめたいって、守ってあげたいって思う」

兎角「その気持ち分かる」ガタッ

晴「兎角さん、しぃーっ」ぎゅっ

兎角「……」照れっ

しえな「な………っ!?」

しえな「そ、そんな……ばかじゃないのか、女同士なんだぞ!?気持ち悪い、ありえない!」

乙哉「……しえなちゃん」ズキ

しえな「こんなの、おかしいだろ!…っ…異常だ!」ふいっ


伊介「お前喧嘩売ってんのか」

兎角「よし一生黙らせてやる」

ガラッ

涼「ほお、黒組でその発言とは」

純恋子「中々いい度胸してますわね」

柩「おっとちょうどここに毒が」

しえな「!?!ええええ!?嘘だろ、お前ら……えぇ!?全員ガチ、だったのか…?おいおいおい!嘘だろ………っ」

乙哉「……だめだよ、皆」さっ

しえな「武智……?」

20: 2014/05/28(水) 01:39:27.37
兎角「そこをどけ」

柩「武智さんどいてそいつ殺せない」

乙哉「…しえなちゃんは、あたしが守るよ」シャキン

しえな「そんな…お前…っ」

兎角「武智。こいつは今、お前を否定したんだぞ?女同士は気持ち悪い、ありえないって」

伊介「言ってくれるじゃなぁーい?♥︎」

乙哉「それでも……」

乙哉「それでも、あたしはしえなちゃんが好き。大好きなの」

しえな「……っ!!」


乙哉「しえなちゃんには……誰にも触らせない!」



21: 2014/05/28(水) 01:41:12.55

しえな「(武智……お前はいつもヘラヘラして…ボクをいじって遊んで)」

純恋子「…言いましたわね?」スチャッ

晴「皆やめて…っこんなの間違ってる!」

伊介「やァだね」

しえな「(ボクが嫌がったって蹴飛ばしたって殴ったって、何したっていつもいつも纏わり付いてきて、ウザいくらい絡んで来て)」

春紀「おいおいお前らまじかよ、やめとけって…伊介様もやめとけ、な?」

伊介「わかったぁー♥︎」コロッ

春紀「えぇっ?…あっ、うん…」なでなで

兎角「お、お前なぁ…っ」ガクッ

涼「(あっさりいきよった…)」

柩「(この状況で…?)」

純恋子「(さすがKYですわ…)」


しえな「(それでも、いつだってお前は……)」

乙哉「あはは…伊介さんは面白いね。……さ、気を取り直して。いつでもいいよ?」

兎角「………」ギリッ



しえな『………ぐす…ひっく』

乙哉『しえなちゃーんどーしたのー、泣いてるのー』

しえな『うるさいな、バカ。お前に関係ないだろ』ぐしぐし

乙哉『そんなこと言わないでほしーなぁ。しえなちゃんが悲しいと、あたしも悲しいよ』

22: 2014/05/28(水) 01:42:30.64
しえな『うるさいなぁぁ!どうせお前に関係ないって言ってるだろ!!あっち行け、バカ!それとも何、泣いてるボクを笑いに来たのか!?いじめっ子!バーカバーカ!!うわぁぁぁんっ」

乙哉『……大丈夫だよ…。あたしがいるよー』なでなで

しえな『…………うう……ひっく…うぅ……乙哉ぁ………』

乙哉『えへへー、よしよし。…大好きだよ、しえなちゃん』ぎゅうっ

しえな「(……傍にいてくれたよな)」


しえな「……もういいんだ…ボクが悪かった」

純恋子「剣持さん………?」

しえな「ボクが悪かったから…こんなこと、もうやめてくれ…!!」ぶわっ

しえな「…今分かったよ、今気付いたよ。ボクも武智のことが好きだ、友情なんかじゃなくて!恋愛として、武智が好きだ!!」ぽろぽろ

乙哉「しえなちゃん…っ…」


しえな「(バカだなぁ、ボク)」ぐすっ

しえな「(どうしてこんな簡単なこと、分からなかったんだろう)」

しえな「(心はこんなに…素直なのになぁ……)」

23: 2014/05/28(水) 01:43:36.27


純恋子「はぁ……もう、手間をかけさせるんですから…」

しえな「…えっ……?」

涼「案外ポロっと吐いたのう」ノビ

兎角「犬飼、何してんだよお前!」

伊介「だって春紀の言うこと聞かないわけにいかないもん♥︎」

春紀「あはは、びっくりしたわ。あたしは黙ってりゃよかったかね」

晴「演技とはいえ、さすが皆さん、すごい迫力…!」


乙哉「は??は?どういうこと…?」

しえな「え…演技…?」きょとん

24: 2014/05/28(水) 01:44:41.58


涼「………ということじゃったんだよ」

乙哉「だまされた…」へな…

しえな「恐るべし黒組の団結力…」

純恋子「友達に本気になるはずないでしょう」くすくす

純恋子「……番場さんに関して以外は」ギロッ

柩「ちょうどなんか面白いことが起こってるねーって、教室の外で皆で聞いてたんです」にっこー

乙哉「……はぁ、腰抜けた……怖かった」へたん

しえな「武智…その………



ありがと」ぎゅっ

乙哉「!」

しえな「……その、これからもよろしく……彼女、として」

乙哉「…うん、うんっ!当たり前だよ!!」こくこく

乙哉「よろしくね、しえなちゃーーんっ!」だきっ


おわり

25: 2014/05/28(水) 01:45:22.74
おまけ



しえな「なぁ、武智…」もぞ…

乙哉「まだ寝てなかったのー、しえなちゃん。なぁに?」

しえな「…一ノ瀬から聞いたけど、ボクを妬かせるのと、心配させるために、皆の所あっちこっち行ったって本当なのか?」

乙哉「事実だよー」

しえな「もしかして走りのところへいかなかったのは、相手の彼女からボコボコにされることがないから?」

乙哉「うむうむ。走りちゃんだって美少女だけど、彼女いないし」

しえな「走り本人からボコられる可能性だってあったじゃないか」

乙哉「あったかもだけど、その時はそんな考えてなかったー」

乙哉「ま、どちらにせよ、ヤキモチも妬かないわ、ボコられても心配しないわで、水の泡でしたけどー」

しえな「いや…だってどうせボクに妬いてほしいんだろうなーって見え見えだったし」

乙哉「全部お見通しかい。さすがしえなちゃん、あたしのこと分かってるー」

しえな「あと、大丈夫だろ。お前、丈夫そうだし。簡単には氏なないかなぁと」

乙哉「相変わらずひどーい」あははは

26: 2014/05/28(水) 01:46:24.90
しえな「ところで武智、あんだけボコボコにされてたくせに、1対5で勝算あったのか?」

乙哉「いや、ボコボコにされたといっても、一切抵抗しなかったし皆もだいぶ手加減してたし、あれはノーカン」

乙哉「だとしても勝ち目は0だったけどねー」

しえな「お前なぁ…じゃあなんで戦おうとしたんだよ」

乙哉「うーん、なんも考えてなかった!…ただ、しえなちゃんを守らなきゃーって」

しえな「……………バカ」

乙哉「へへ、そーかも」

乙哉「……しえなちゃん、今日一緒に寝てもいー?」

しえな「……好きにすれば」

乙哉「えへ。…じゃあ失礼しまーす」

しえな「…おやすみ、…お、…乙哉……」かぁぁ…

乙哉「あはは…だーいすきだよ、しえなちゃん。…おやすみっ」ぎゅーっ


おしまい

27: 2014/05/28(水) 01:51:18.20
乙!
これは乙じゃなくて乙しえ云々

28: 2014/05/28(水) 10:21:44.32
乙っス!

引用元: しえな「武智はいつもボクに絡んでくる」