1: 2018/04/01(日) 11:03:26.066
高「ねぇ、西片」

西「ん、なんだい?高木さん」

高「今日、エイプリルフールだからお互いに1つ嘘を付き合わない?」

西「いいよ、どっちから言う?」

高「じゃあ私から…」スッ





高「西片、大好きだよ」ボソッ

4: 2018/04/01(日) 11:06:07.625
西「えっ、うん。ありがとう/////
でもそれ嘘じゃないよね?」

高「あ、バレた?」

西「うん、だって『高木さんがそういう嘘つかない』こと知っているから」ニカッ

高「もう…調子いいんだから
じゃあ、改めて…」






高「2人でどこか遠いところに行こっか」

5: 2018/04/01(日) 11:06:45.617
西「それ嘘なの?」

高「もちろん嘘だよ?嘘に決まっているじゃん」

西「確かに、今のは『嘘』だったね。危うく引っかかる所だったよ」

高「バレちゃったかぁ…残念」フフッ

西「じゃあ、今度は俺の番だね」

西「あ、これから言うことは嘘になるから
よく聞いていてね」





西「高木さん、俺と別行動しないか?」

6: 2018/04/01(日) 11:11:43.630
高「?いいよ~」
(私と同じ意味なのかなぁ~)

西「じゃあ、今から一時間後に集合しようか」

高「分かった」

西「…じゃあ後でね」

高「うん…」
(あれ?なんだろう…この違和感)

7: 2018/04/01(日) 11:17:22.635
ーーー約束の時間ーーー



高(なかなか来ないなぁ~今頃何してるのかな…)ボー

高(結局西方の嘘って何だったんだろう…)

タッタッタッ
西「お待たせ、じゃあ行こうか」

高「あっ…うん」

西「?」

高「ねぇ、西片はどんな嘘ついたの?」

西「…」ニコッ

高「?」

西「…」ニコッ

高「ねぇ、西片…?」

西「…」ニコッ

高「何か言ってよ…」

西「…」

高「ねぇ…なにか、いってよぉ…」

8: 2018/04/01(日) 11:23:46.121
西「…」ギュッ

高「にし、かた…?」

西「これでやっと言える」ボソッ

高「えっ…?」





西「高木さん、大好きだよ。だからこれからも一緒にいてくれる?」

9: 2018/04/01(日) 11:24:24.832
高「もし…もしそれが嘘だったら、西片のこと一生恨むよ…?」ニヤニヤ

西「嘘なものか」

高「そのしょうめいは?」

西「時計が教えてくれるよ」スッ

高「とけい?」



ーーーPM12:01ーーー

10: 2018/04/01(日) 11:25:29.008
高「ごご12じすぎ…」

西「そう、だから『やっと言える』」

高「?」

西「高木さん知ってる?エイプリルフールの嘘の有効期限って午前中だけなんだよ」

西「だからさっきの言葉もこの行動も全部俺の本音で真実だよ」

高「じゃあ…さっきまでの別行動は?」

西「それはね…」ゴソゴソ

西「これを取りに行っていたんだ」スッ


西「改めて…これからは同棲でも彼女でもなく、『家族』として…俺の隣にいてくれないか?」パカッ

11: 2018/04/01(日) 11:27:41.878
高「結局、西片のついた『嘘』って何だったの?」

西「それはね…『別行動する前に言ったこと』だよ」

高「別行動の前…ってことは」

西「『これから言うことは嘘になるから』が嘘だよ」

高「じゃあ、あの時黙ってたのは?」

西「それは時間が過ぎるのを待っていたからだよ。もし高木さんが俺の『嘘に気が付かなかった』時、『そのあとの言葉が嘘』ってならないようにね」

12: 2018/04/01(日) 11:31:29.418
高「そっかぁー、まんまとハマってしまったってことだね」

西「確かにそうだね」

高「まぁ元々ハマってたんだけどね…」ボソッ

西「何か言った?高木さん」

高「ううん、なんでもないよ」
(私は最初から西片にハマっていたよ)

13: 2018/04/01(日) 11:32:27.086
おしまい

引用元: 高木さんSS 「エイプリルフール」