1: 2015/06/26(金) 22:32:16.00
それはエレンがまだ幼いころであった。

父グリシャが母カルラに対して、手を突き、膝を突き、頭を下げていたのだ。

グリシャは時々頭を上げながら、何度も謝罪の言葉を述べた。

エレンは父の滑稽で愚かな姿を見て、それまで感じたことのない感情を覚えた。

歓びや哀しみとは違う、全く別のものだ。

エレンはすっかり土下座の魅力に取り憑かれてしまった。

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435325525

3: 2015/06/26(金) 22:35:22.75
訳がわからなすぎてわろた

4: 2015/06/26(金) 22:40:35.47
翌日エレンは父に教えを乞うた。

あの哀れな姿、どうすれば再現できるのか、とても気になっていたのである。

勿論エレンにも人の気持ちを察することはできる。

だからその日でなく明日にしよう、そう思ったのだった。

エレンは父に頼んだ。

「あの土下座をもう一度見せて。」

父は驚いた。母は笑った。エレンの目はまるで星のように輝き、父を見つめている。

5: 2015/06/26(金) 22:42:56.42
父は、また今度な、と言った。

エレンは察した。まだ昨日のことを引きずっているのだろう、と。

ほとぼりが冷めるまでは、頼むのは止めることにした。

6: 2015/06/26(金) 22:48:16.03
一週間後、エレンはまた父に教えを乞うた。

父はエレンに尋ねた。

「何で土下座を見たいんだ?」

エレンはゾクゾクするからだと答えた。

父はしばらく黙り、こう言った。

「私は教えることは出来ない。」

エレンは思い出した。

肉食動物が我が子を育てる時、あえて厳しくし、自力で這い上がるのを待つ。

以前、親友のアルミンが見せてくれた本に載っていたことだ。

7: 2015/06/26(金) 22:52:58.88
その日からエレンは自分で土下座の特訓をすることにした。

美しい姿勢、鮮やかな動き、そしていかに相手の心を揺れ動かすか。

空いた時間はなるべく特訓に充てることにした。

雨の日も、風の日も、毎日毎日特訓を続けていた。

9: 2015/06/26(金) 22:59:57.61
そんなある日、エレンはアルミンがいじめられているのを見つけた。

いつもならつかみかかり、喧嘩をするのだが、今のエレンは違った。

今のエレンには土下座の訓練で得られた、洗練された精神があるのだ。

エレンは考えた。

土下座で解決することは出来ないのだろうか、と。

11: 2015/06/26(金) 23:06:42.03
エレンはいじめっ子の前に立ち、土下座をした。

今の自分に出来る最高のパフォーマンスを見せつけた。

いじめっ子たちはエレンを嘲笑った。

エレンは全く不快感を覚えなかった。むしろ自分に酔っていた。

土下座とは滑稽であり、哀れであり、そして美しい。

エレンの心の中はとても静かであった。

12: 2015/06/26(金) 23:08:02.54
なるほど理にかなっているな

14: 2015/06/26(金) 23:10:35.72
するとどうしたことであろうか。

いじめっ子たちが引き上げていったのだ。

エレンは喜びに打ち震えた。

自分の土下座が親友を守っただけでなく、争いを起こさずに済んだのだ。。

エレンは確信した。

土下座は人類を、世界を救うのだ、と。

15: 2015/06/26(金) 23:13:40.22
それからエレンはもっと修行に打ち込んだ。

土下座に磨きをかけねばならない。そう思った。

なにせ土下座がこの世界に希望をもたらすのだから。

16: 2015/06/26(金) 23:21:10.95
また、時々町に出かけては腕試しをしていた。

町で起きた争いに首をつっこんでは、自分の技を披露し、解決していった。

エレンがその場を去るとき、大抵の人は何も言わない。

しかし、つい先日、一人の男が尋ねてきた。

「君は何がしたいんだい?」

エレンは笑みを浮かべながらこう答えた。

「高みへ行くためです。」

17: 2015/06/26(金) 23:26:36.04
ある日、エレンが土下座の修行をしていた時、調査兵団の帰還の鐘が鳴った。

エレンは修行を中断し、走って門へと向かった。

エレンには憧れている人がいる。

調査兵団兵士長、リヴァイである。

人類最強と名高い、リヴァイ兵士長。

エレンは彼がどれほど高等な土下座が出来るのか知りたかった。

一個旅団並みの土下座はいったいどのようなものか。

エレンには想像できなかった。

19: 2015/06/26(金) 23:30:56.21
彼は修行を終え、家に帰った。

すると、母がエレンを叱ってきた。

「何で土下座ばかりするの!みっともない!」

どんな罵声を浴びても怒らないエレンも、頭にきてしまった。

自分の誇りである、土下座を、みっともないと言われたのだから。

エレンは家を飛び出した。

20: 2015/06/26(金) 23:34:02.61
エレンはアルミンに先程の出来事を話した。

アルミンは何も言わなかった。

エレンは、怒るほどのことでもなかった、と思うようになった。

そして家に戻ろうとしたその時、地響きがした。

22: 2015/06/26(金) 23:36:13.71
人々が顔を上げている。壁の方だ。

エレンも壁を見た。

巨人だ。

23: 2015/06/26(金) 23:40:12.40
巨人は壁を壊した。

その瓦礫の一部はエレンの家の方角に飛んでいった。

エレンは走った。家へ。母の元へ。

しかし家は崩壊していた。

母は瓦礫により足を負傷し、逃げ出すことは不可能だ。

巨人がすぐそこまで来ている。

エレンは思った。

自分がこの巨人を何とかするしかないのだと。

24: 2015/06/26(金) 23:44:29.24
エレンは己の経験と技術の全てを凝縮させ、全力の土下座をした。

その姿は今までのどの土下座よりも美しかった。

しかし現実は残酷だった。

巨人は全く足を止めない。

エレンは焦った。

自分の自慢の土下座が、まるで歯が立たない。

氏を覚悟した。

25: 2015/06/26(金) 23:50:58.12
「大丈夫か!エレン!」

ハンネスが来た。

「ハンネスさん!巨人が!母さんが!」

もう穏やかなエレンは消えていた。

母はもう助からない。自分が無力であることに絶望を感じた。

ハンネスはエレンとミカサを抱え、逃げていった。

母は泣いている。

26: 2015/06/26(金) 23:55:20.73
しばらくして、エレンは難民生活を強いられることとなった。

エレンは決意した。

もっと強くならなければならない。今の土下座では巨人には絶対に勝てない。

土下座にさらなる磨きをかけるため、訓練兵団に入団することを決意したのであった。

27: 2015/06/26(金) 23:59:33.25
2年後、エレンは訓練兵団に入団した。

自分と志を同じにするものがこんなにもいる。

少し嬉しく思うエレンであった。

28: 2015/06/27(土) 00:06:03.52
エレンは訓練に励んだ。

立体起動中に土下座の姿勢を維持するのは困難であった。

格闘訓練にいて土下座しながら闘うのは至難の技であった。

馬術訓練に至っては危うく落馬しそうになった。

そんなエレンの姿勢がみんなの心を動かしたのか、エレンは周りから一目置かれるようになった。

29: 2015/06/27(土) 00:10:50.95
訓練兵としての生活にも慣れ、エレンが土下座の修行をしていた時である。

同期の男たちがエレンに話しかけてきた。

「お前、いつも何をやってるんだ?」

エレンにとって、その問いは愚問であった。

「高みへいくためさ。」

男たちは納得したようで、戻っていった。

31: 2015/06/27(土) 00:15:49.75
また誰かが話しかけてきた。

ジャン・キルンシュタインである。

「お前、憲兵団に行きたいんだってな。」

エレンは何のことか解らなかった。

だがジャンも同じ考えを持っているのだということは解った。

エレンとジャンは、同じ目標に向かう者同士、固い握手を交わした。

38: 2015/06/27(土) 23:11:19.07
そして時は流れ、卒団式。

その晩エレンは皆と食事をしながら、自分たちの今後について語り合っていた。

駐屯兵団、憲兵団、そして調査兵団。

多くの者は駐屯兵団を選ぶことになる。

しかしエレンは違った。

調査兵団に入団するのだ。

エレンがそう言うと、周りはすごく驚いた。

「エレンは憲兵団に入るもんだと思っていたよ。」

エレンには意味が解らなかった。

何故そのような平穏な生活に身を置くのか。

高みへ行くためには過酷な状況にいなければならない。

39: 2015/06/27(土) 23:15:32.38
ジャンが怒った。

自分との固い握手は何だったのかと。

土下座の修行は、憲兵になって上官に媚を売るための手段ではなかったのかと。

それを聞いたエレンは激怒した。

神聖な土下座は、そんな下衆な行為のために存在するのではない、と。

41: 2015/06/27(土) 23:29:13.44
エレンの演説が始まった。

土下座こそが、人類の希望である。

土下座こそが、神に近づく唯一の手段である。

土下座こそが、この世において最も尊い行いである、と。

42: 2015/06/27(土) 23:30:53.84
みんな黙っていた。

エレンは少し落ち着き、外へ出た。

誰も追って来なかった。

43: 2015/06/27(土) 23:35:26.23
次の日、エレンは同期の者たちと一緒に砲台の整備をしていた。

そこで、昨日言ったことは、本気で言ったことなのかと問われた。

エレンは、勿論本気だ、と答えた。

47: 2015/06/28(日) 18:26:54.41
その時、巨人が現れた。

シガンシナ区を崩壊に追い込んだ、あの超大型巨人。

全員が驚いた。しかし、エレンだけはすぐに冷静になり、巨人に闘いを挑んだ。

巨人の腕を駆け上がり、項に刃を向ける。

48: 2015/06/28(日) 18:31:18.58
エレンは対巨人用の土下座に磨きをかけていた。

土下座をしながらの立体起動は完璧である。

そして、項を削いだ、かに思えた。

刃を当てたその瞬間、巨人は蒸気を噴出し、消えた。

何がどうなったのか解らないまま、エレンは土下座の姿勢で着地した。

49: 2015/06/28(日) 20:22:13.50
その後、防衛作戦が開始された。

エレンは中衛部隊に配属された。

同期たちがほとんど参加している。

50: 2015/06/28(日) 20:32:00.06
皆昇進のチャンスだと盛り上がっている。

「今回の調査兵団志願者はおそらくエレンだけ。」

一人が言った。

「巨人と戦うのは今回だけだ。エレンを除いて。」

また一人が言った。

怯える者も大勢いる。

おそらくここで多くの氏人が出るだろう。

エレンはそれに自分も含まれるかもしれないと思っていた。

理由は無いが、なぜかそう思った。

51: 2015/06/28(日) 20:34:57.72
作戦が始まった。

エレンたちの班も戦場へ突入する。

前衛部隊はみなやられてしまった。

先輩たちの不甲斐なさにエレンは落胆した。

52: 2015/06/28(日) 20:37:39.93
そこへ巨人が飛び出してきた。

奇行種だ。

エレンはすぐさま避け、近くの屋根の上に着地する。

そして巨人の方に目をやると、巨人が口に何かをくわえていた。

トーマスだ。

53: 2015/06/28(日) 20:42:09.82
トーマスは巨人に飲み込まれてしまった。

それを見たエレンたちは、その巨人に向かって飛びかかった。

しかし次々と巨人に捕まっていく。

そしてアルミンも捕まり、巨人に食べられた。

しかし飲み込まれる寸前、エレンに助けられた。

エレンはアルミンの代わりに、巨人の胃の中に入ってしまった。

54: 2015/06/28(日) 20:43:50.55
巨人に飲まれたエレンは何とか抜け出そうとした。

しかしそれは不可能であった。

己の命を諦めたエレンは、神に祈ることにした。

55: 2015/06/28(日) 20:46:41.68
「ああ!土下座の神よ!私を助けて下さい!」

普段から土下座に明け暮れているエレンがすがるものは、やはり土下座の神であった。

だが神はエレンに微笑んでくれはしない。

そう感じるエレンであった。

56: 2015/06/28(日) 20:52:49.48
最後に、エレンは土下座をしながらこの世を去ろうと思った。

最高とは言えないだろうが、最も自分らしい行為である。

そして、エレンは眠りについた。

土下座により、巨人を駆逐していく夢を見られることを願って。

57: 2015/06/28(日) 21:00:45.89




あれからどれだけの時が経ったであろうか。

走馬灯はもう終わり、あとはもう意識を失うだけである。

エレンは自分の命がなかなか消えないことに、苛立っていた。

しかし同時に疑問が生じた。

これが氏に際の感覚なのであろうか、と。

エレンは、もしかして神は見放しはしなかったのではないか、と思った。

エレンは叫んだ。

「神!」

58: 2015/06/28(日) 21:05:24.73
気がつくとエレンは、兵士たちに囲まれる中、土下座をしている。

兵士たちは奇妙なものを見る目でエレンを見つめている。

エレンは自分がどうしてそんな目で見られているのか、不思議でたまらなかった。

エレンはただ一人、呆然と膝を突いている。

59: 2015/06/28(日) 21:08:26.10
そのうち、一人の男が喋りだした。

「率直に問う!貴様の正体はなんだ!人か!巨人か!」

エレンには訳が解らなかった。

意味が解りません、と返した。

すると、大砲の発射音がした。

60: 2015/06/28(日) 21:10:53.64
エレンは土下座をしようとした。

自分には土下座の神がついている。そう信じていたからだ。

エレンは手を突き、思いっきり額を地面に打ちつけた。


61: 2015/06/28(日) 21:24:01.92
すると、エレンの体から巨人の体が生成された。

上半身のみであるが、エレンの体勢と同じように、土下座をしている。

エレンは驚いた。

自分がこのようなものを作れるなんて、思ってはいなかった。

62: 2015/06/28(日) 21:26:44.25
その場は恐怖の声でいっぱいになった。

そして男が尋ねた。

「もう一度だけ問う!貴様の正体はなんだ!」

エレンは答えた。人間であると。

そしてその証をみせるように、土下座をした。

63: 2015/06/28(日) 21:29:22.48
男は手を降ろし、大砲を放つ合図を送ろうとした。

が、ピクシスがそれを止めた。

「お前にはあの者の立派な土下座が見えんのか?」

そう、エレンの土下座は、人間らしさに満ちていた。

64: 2015/06/28(日) 21:35:37.42
その後、エレンの巨人化能力による、トロスト区奪還作戦が開始されることになった。

巨人化したエレンは、凶暴であったが、見事使命を果たし、壁の穴を塞いだ。

作戦後、エレンは同期たちに囲まれる中、こう言った。

「これが土下座の道を貫いた成果だ!」

その日から、皆はエレンの土下座に感服するようになった。

エレンは嬉しかった。

土下座の力が人類の役に立つのだと、認められるようになったからだ。

65: 2015/06/28(日) 21:38:26.92
エレンは皆に頼まれ、もう一度して見せた。

訓練兵時代、何度もした、普通の土下座。

それに皆が興奮する。それが嬉しかった。

その嬉しさの中、エレンは眠りに落ちた。

67: 2015/06/28(日) 23:15:17.54
エレンが目を覚ましたのは、地下牢であった。

鎖で体を縛られており、土下座ができない。

エレンは残念に思った。

そんなエレンに男が話しかけてきた。

「調子はどうだね。」

調査兵団団長、エルヴィン・スミスである。

そしてその横には、憧れのリヴァイ兵士長がいた。

68: 2015/06/28(日) 23:20:03.64
エレンはリヴァイと話ができ、興奮した。

しかも、リヴァイの方から話しかけてきてくれたのだから驚きだ。

リヴァイが質問してきた。

「お前は何がしたい?」

エレンは、今すぐリヴァイの下で土下座の鍛錬をしたいと言った。

そしてリヴァイの華麗なる土下座も見てみたい、と。

リヴァイとエルヴィンは少しの間黙っていた。

そしてリヴァイが口を開いた。

「お前、面白いやつだな。」

69: 2015/06/28(日) 23:23:10.06
翌日、特別兵法会議が開かれた。

今後のエレンの身柄についての会議だ。

調査兵団だけでなく、憲兵団、そしてミカサやアルミンもいる。

会議の始まりだ。

70: 2015/06/28(日) 23:25:32.02
まず、ザックレー総統が開始を宣言した。

この会議では通常の法が適用されない特別会議。

すべてはこの総統に委ねられている。

71: 2015/06/28(日) 23:30:11.14
最初はエレンの素性についてである。

エレンの生い立ち、性格、すべてが報告された。勿論土下座のことも。

土下座のことを聞いた途端、法廷がざわめいた。

狂っている、化け物だ、など、エレンに対する暴言が多数あった。

ウォール教の司祭、ニックも暴言を言った一人である。

「土下座など、下らん。この世で最も卑しい行為だ。」

それを聞いたエレンは、やはり、激怒した。

72: 2015/06/28(日) 23:33:44.17
「土下座は崇高な行いだ!貴様の発言は神に対する冒涜にも値するぞ!ウォール教!」

エレンは怒鳴った。

それに対抗してか、ニックも怒鳴り返した。

「違う!神とは壁だ!壁を崇めることこそが崇高であるのだ!貴様の方こそ、神を冒涜しているぞ!」

しばらくエレンとニックの喧嘩が繰り広げられた。

73: 2015/06/28(日) 23:40:48.75
静粛に。その声と共に、喧嘩は終わった。

「君は何故土下座をするんだね。」

エレンはいつものように答えた。高みに行くためだと。

巨人に母を食われた時に、土下座に磨きをかけて、いつか巨人を倒す。それが目的だと。

聴衆は戸惑っている。

憲兵は、こんないかれたやつはとっとと処分しようと言った。

74: 2015/06/28(日) 23:44:47.97
ミカサが憲兵を睨んだ。

憲兵はミカサに対しても、疑いをかけてきた。

こいつも土下座の悪魔に取り憑かれた魔物ではないのか、と。

エレンはその発言を制止した。

「土下座の悪魔とは何だ!さっきの俺の言葉を聞いていなかったのか!」

75: 2015/06/28(日) 23:52:49.84
静粛に。その言葉でエレンは黙った。

ここで立場を悪くするわけにはいかないからだ。

ここからはアルミンが説明することとなった。

小さい頃から土下座の鍛錬に励み、訓練兵時代もいかなる訓練でも土下座の姿勢を崩さなかった。

アルミンはこれまで見てきたことを全て、ありのままを話した。

決して嘘は無かった。

76: 2015/06/28(日) 23:59:39.15
エレンの土下座について、さらなる追求がなされた。

なぜ土下座なのか、土下座の何が君をそうさせるのか。

色々聞かれているが、エレンはいつも通りの回答をするだけだ。

「それは人は何ゆえ土下座をするのかということでしょうか?なら答えはみなさんの心の中にあるはずです。」

議論は全く進展しなかった。

77: 2015/06/29(月) 00:02:45.61
突如、リヴァイがエレンを蹴飛ばした。

「何するんですか!」

リヴァイは何も言わず、蹴り続けた。

しばらくして落ち着いた後、エルヴィンが意見を述べた。

エレンを連れて壁外調査に出るというものだ。

結論はこれで決まったようだった。

84: 2015/06/30(火) 08:12:03.52
後日、ハンジ監督の下、巨人化能力の調査が行われた。

わかったことは、強い意志を持って土下座をしなければ巨人化できないということ、役目を終えればすぐ消えてしまうということぐらいだった。

エレンは、なかなか力を制御することができず、悔しがった。

85: 2015/06/30(火) 08:16:04.35
そんなエレンが所属しているのが、調査兵団である。

ここには優秀な兵士が所属しており、また、曲者ぞろいであった。

エレンは自分と違って変人ばかりだな、と少し戸惑っていたが、それも最初のうちだけであった。

慣れてしまうとみんな普通の人であった。

86: 2015/06/30(火) 08:18:52.20
その後、エレンはリヴァイに個人的な話をしに行った。

それは自分を弟子にしてほしい、というものである。

人類最強の下で、精進したい。以前からそう思っていたのだ。

リヴァイは断った。

87: 2015/06/30(火) 08:26:46.22
エレンはまだ若かったため、リヴァイを挑発してしまった。

「まさか、人類最強ってのは嘘っぱちですか?真実でしょ?なら真の土下座ってやつを見せてくださいよ!」

リヴァイはエレンにこう返した。

「俺がお前に教えられることはない。」

エレンはリヴァイの言うことがよくわかったのか、諦めたようだ。

エレンは思った。

人の真似をするのではなく、自分の力で、己の土下座の道を追求せよ、と。

そうリヴァイに言われているのだと思った。

ますますリヴァイを尊敬するようになった。

91: 2015/07/01(水) 08:14:20.35
エレンを連れた、壁外調査が始まった。

その中には同期の者たちもいた。

ライナー、ベルトルト、アルミン、ジャン、ミカサ。

みな大志を持って入団してきた。

92: 2015/07/01(水) 08:25:25.87
エレンの冒険はまだまだこれからだ。

土下座を極める道に、終わりは無い。

頑張れエレン。負けるなエレン。

「土下座の頂点に、俺はいつか辿り着く。」

そう誓うエレンであった。



おしまい

93: 2015/07/01(水) 08:32:49.26
ごめんなさい。

どうしてもオチが思いつかなかったんです。

これまでのエレン君の土下座に免じて許してください。



最後に、使いたかったネタを一つ。

Dream come true together ~略して土下座~


94: 2015/07/01(水) 11:39:57.60

俺たちの土下座はこれからだ!

95: 2015/07/01(水) 11:47:29.56
夢を捨てないで〜

96: 2015/07/01(水) 17:41:43.51
打ち切りエンドかよ!

でも面白かったよ、乙

97: 2015/07/01(水) 18:09:29.71
おれはようやく登りはじめたばかりだからな
この果てしなく遠い土下座坂をよ…

引用元: エレン・イェーガー ~土下座を極めし者~