1: 2015/08/07(金) 23:56:49.03
希「え?唐突にどうしたん?」

絵里「小泉さんと仲良くなりたいのよ」

希「そう思った経緯を説明してほしいんやけど・・・」

絵里「えぇ・・・練習後の事なんだけれど・・・」



2: 2015/08/07(金) 23:59:01.95
なんか思い付いたから書き始める

たぶんかよちんと絢瀬先輩が遊ぶだけになるかも

書いててこれ面白くないなって確信したら止めると思う

3: 2015/08/08(土) 00:05:44.04
ーーー

絵里「小泉さん。おつかれさま。」

花陽「は、はい!おつかれさまです!」ビクッ

絵里「だいぶ良くなって来たわね」

花陽「ありがとうございます」エヘヘ

絵里「でもまだまだダメね。粗が多すぎるわ」

花陽「ごごごごごめんなさい!」ビクッ

絵里「・・・・・・」

ーーーー

絵里「と言うことよ」

希「かなり怯えられてるんやね」

4: 2015/08/08(土) 00:13:39.83
絵里「他のメンバーは怯えてる様子はないんだけど・・・小泉さんだけね」

希「えりちだいぶμ'sいじめてたからね」

絵里「う・・・そうよね・・・」

希「まぁ仕方ないやん」

絵里「でも、でもぉ~。寂しいわ・・・なにか良い策はないの?」

希「はぁ・・・」

絵里「希ぃ~。助けて」

希「まったく・・・しかたないなぁ。うちにまかせとき!」

絵里「ありがとう!」

絵里「それで!何をするの!?」

希「簡単なことや。花陽ちゃんと二人だけで遊びにいったらええんや」

絵里「え?」

5: 2015/08/08(土) 00:35:52.33
ーーー数日後

絵里(花陽と二人で遊ぶ日が来てしまったわ。希がセッティングはまかせとき!なーんて言うから任せたらほんとにうまくいったみたい。どうやったのかしら?)テクテク

絵里(でもなにを話したら良いの?どう接したらいいの?)ムムム

花陽「・・・」ソワソワ

絵里「あ!小泉さん!」

花陽「っ!お、おはようございます!」アセアセ

絵里「おはよう。まだ時間に余裕があるわよね?」

花陽「は、はいぃ・・・遅れてはいけないと思って早めに集まっておいたんです」

絵里「そうだったの・・・気にしなくても良いのに」

花陽「そ、そんなわけにはいかないですよ」

絵里「・・・とりあえず行きましょうか」

花陽「はい!」


6: 2015/08/08(土) 00:47:58.48
花陽「それで・・・どこに行くんですか?」

絵里「え?」

花陽「え?」

絵里「小泉さん・・・希に何て言って誘われたの?」

花陽「希先輩がえりちが行きたいところがあるってうちを誘ってきたんやけどな、用事があっていけないんよ。だから代わりに付き合ったげてーって・・・」

絵里「・・・」

絵里(のぞみぃ!なんなのそれ!?聞いてないわ!)

花陽「あ、あの・・・なにか違ったんでしょうか?」ウルウル

絵里「いえ。その通りよ」キリッ

花陽「よかった」フゥ

絵里(どうしようどうしようどうしようどうしよう)

花陽「それでどこに行くんですか?」

絵里「・・・・・・あ、あそこよ!」

花陽「映画・・・?」



7: 2015/08/08(土) 00:52:43.26
絵里「ええ!そうよ!今日から公開の映画を観たかったの!」

絵里(ナイスよ!うまくごまかせたわ!)

花陽「へぇ・・・映画か・・・」

絵里「構わないわよね?」

花陽「は、はい。お金持ってきてますから」ビクッ

絵里「なら行きましょう」

絵里(いまの聞き方・・・悪かったのかしら・・・)

8: 2015/08/08(土) 01:02:53.10
ーーー映画館

絵里「ふふふ」

絵里(うまく行ったわ)フフフ

花陽(笑ってる・・・楽しみにしたんだな)

花陽「そんなにおもしろいんですか?」

絵里「え?なんて?」

花陽「あ、いえ・・・その・・・」

絵里「?なに?」

花陽「な、なんでもないです!」フルフル

絵里「???」

花陽「・・・・・・っ!」

絵里「どうしたの?」

花陽「今日から公開の映画を観るんですよね?」

絵里「えぇそうよ」

絵里(まさか、なかった!?)

花陽「あ、あれ見るってことですよね?」

絵里「あれ?」

怨霊の呪縛(3D)

絵里「・・・」チーン

10: 2015/08/08(土) 01:17:33.86
花陽「さすが絢瀬先輩だなぁ。私はホラー苦手だから自分から見ようなんて思いませんよ」

絵里「ま、まぁね」ドキドキ

花陽「じゃあチケット買いましょうか」

絵里「えぇ」ショボン

ーーー

絵里「席・・・結構先じゃなきゃ空いてないわね」

絵里(こ、これは映画を観ないですむのでは!?)

花陽「私は時間ありますし待てますよ?」

絵里「・・・ならこの6時からのやつにしましょうか」

絵里(そんなもんよね・・・世の中)シュン

11: 2015/08/08(土) 01:46:11.46
絵里「さて。時間ができたわね」

花陽「はい」

絵里(こう言うときは・・・先輩から提案するべきね!)

絵里「時間もあるし服屋見ていかない?」

花陽「はい!わかりました!」

ーーー服屋

絵里「夏物が増えてきたわね」

花陽「そうですね。もう暑くなって来ましたもんね」

絵里「やっぱりこの時期ならこう言う丈の短いスカートとか短パンとかよね」

花陽「・・・確かに絢瀬先輩なら似合いそうです」グッ

絵里「ふふふ。ありがとう。小泉さんも似合うと思うわよ」

花陽「そ、そんな。花陽みたいに足が太いとそんなの似合わないよ・・・」

絵里「そんなことないわよ!」

花陽「でも・・・」

絵里「似合うわよきっと!ほら!試着試着!」

花陽「え?ちょっ・・・うぅ・・・誰か助けてぇ」ボソ



12: 2015/08/08(土) 01:52:57.29
絵里「どう?着替え終わった?」

花陽「う、うん。開けるね」

シャー

絵里「はらしょー!やっぱり似合うじゃない」

花陽「うぅ・・・恥ずかしいよぉ////」

絵里「黄色いミニスカート似合うじゃない」

花陽「で、でもほんとに丈が・・・屈んだら中見えちゃうよ////」

絵里「大丈夫。はらしょーだから。次はこのデニムのハーフパンツを試しましょ」

花陽「エェ!?」

13: 2015/08/08(土) 02:02:32.94
ーーー

花陽「ふぅ」

絵里「はぁ・・・可愛かったわ」

花陽「うぅ////」

絵里「あっ!みてみて!春物が安売りになってるわ!掘り出し物あるかも!いきましょ!」

花陽「は、はい!」

ーーー

14: 2015/08/08(土) 02:12:34.34
ーーー
絵里「あっ。これなんか可愛いんじゃない?」

花陽「わぁ・・・良いですね・・・可愛い」ニンマリ

花陽「これなんかもいいですね」キラキラ

絵里「ふふふ。そうね」ニコッ

絵里(さすが女の子ね。キラキラしてるわ。にしてもすこし喜びすぎなんじゃ・・・)

絵里「小泉さん」

花陽「はい?なんですか?」

絵里「こう言う服屋には良く来るの?」

花陽「実はあんまりこれなくて・・・」エヘヘ

絵里「意外ね。もっと来てるものだと思ってたわ」

花陽「凛ちゃんが可愛い女の子っぽいお洋服とか避けてるんです。だから機会がなくて・・・」

絵里「ふーん・・・」

花陽「だから今とっても楽しいんです!」ニコッ

絵里「・・・よし!今度は星空さんを連れてくるわよ!」

花陽「え?」

絵里「そんでさっきみたいに着せ替えさせて楽しみましょ。あの子可愛いから着せ替え楽しいわよきっと」クスクス

花陽「・・・はい!楽しみですね!」

絵里「えぇ」ニコッ

花陽「・・・」

花陽(絢瀬先輩ってもっと真面目で怖い人だと思ってたけどこんな優しくて面白い人だったんだ・・・)

絵里「さぁ!次は水着よ!」

花陽「はい!」ニコッ

絵里「花陽を着せ替えるの楽しみだわ」フフフ

花陽「え・・・?」

絵里「さぁ!いざしゅぅぱーつ!」

花陽「うぅ・・・たすけてぇー」

18: 2015/08/09(日) 00:24:18.10
ーーー

絵里「はぁー。楽しかったわ」ニコニコ

花陽「////」

絵里「ふふふ。セクシーだったわよ」

花陽「そ、そんなこと・・・////」

絵里「私が男なら間違いなく悩殺よ」クスクス

花陽「またそんなこと言って」グー

花陽「っ////」グー

絵里「・・・」クスクス

花陽「笑わないでください////」

絵里「お昼になったしご飯にしましょうか」クスクス

花陽「お願いします////」

19: 2015/08/09(日) 00:53:17.11
絵里「なに食べましょうか・・・なにか食べたいものある?」

花陽「ご飯!ご飯が食べたいです」

絵里「ごはん・・・ならあそこに行きましょうか」

花陽「はい!」

ーーーGOHANYA

バイト「味噌煮定食です!」

花陽「わぁ」パァァァ

絵里(良い顔するわね)

花陽「いただきます」キラキラ

絵里「いただきます」

花陽「うーん!美味しい!さすが黄金米です」ムシャムシャ

絵里「そ、そうね」モギュモギュ

花陽「この味噌煮もお米の味を引き出すのに最高の役割をはたしてます!」

絵里(語るわね・・・しかも最高に良い顔で)

花陽「はぁぁぁぁ最高です」キラキラ

絵里「たしかに美味しいわ」モギュモギュ

花陽「ごちそうさまでした」ニコッ

絵里「え!?はや!」

花陽「えへへ」




20: 2015/08/09(日) 01:23:29.08
花陽「あの、絢瀬先輩」

絵里「どうしたの?」

花陽「希先輩とは仲が良いですよね?」

絵里「まぁそうね」

花陽「にこ先輩とも仲良いんですか?」

絵里「・・・」

絵里(にこと希は下の名前でよばれてるのに私は絢瀬・・・)

花陽「あの・・・絢瀬先輩?」

絵里(私も下の名前で呼ばれたい・・・花陽って呼びたい)モギュモギュ

花陽「あのぉ・・・」ウルウル

絵里「・・・花陽」ボソ

花陽「え・・・?」

絵里「あっ・・・いえその・・・」

花陽「どうかしたんですか?」

絵里(ええい!もう当たって砕けろよ!)

絵里「実は今日の目的は貴方と仲良くなるためなの」ドキドキ

花陽「えっ?」

21: 2015/08/09(日) 01:43:09.61
絵里「私・・・今まで嫌なこといっぱいしてたから・・・仲良くなるために頑張ろうかなって・・・」

花陽「・・・」

絵里「そのそのためにわざわざ希に頼んでセッティングしてもらったの・・・」

花陽「なるほど・・・何でわたし誘われたんだろうってずっと気になってたんです」

絵里「あはは・・・迷惑だったかしら?」

花陽「そんなことないです!私も絢瀬先輩とはもっと仲良くなりたいと思ってました」

絵里(なんていい娘なの・・・はらしょーだわ)ジーン

絵里「そういってもらえると助かるわ」キリッ

花陽「えへへ」

絵里「あの・・・それでね」

花陽「はい?」

絵里「わたしのことも・・・希やにこのように下の名前で呼んでほいの////」モジモジ

花陽(・・・可愛い)

絵里「嫌・・・かしら?」シュン

花陽「いえ!そんなことないです!」

絵里「ほんと?」

花陽「はい!」

絵里「よかった」ホッ

花陽「えへへ」

絵里「じゃあよろしくね!は、花陽////」

花陽「はい!え、えり先輩////」

えりぱな(な、なれない////)


22: 2015/08/09(日) 01:51:59.33
ーーー

絵里「ご飯美味しかったわね」

花陽「はい!」

絵里「さて・・・何しましょうか」

花陽「・・・あの!」

絵里「ん?」

花陽「カラオケ・・・行きませんか?」

絵里「・・・良いわね。行きましょうか」

絵里(花陽からさそってくれるなんて・・・さっき目的を教えたのが項をそうしたのかしら)


23: 2015/08/09(日) 02:26:01.30
ーーーカラオケ

花陽「まずは絵里先輩からどうぞ」

絵里「そう?悪いわね。じゃあいくわよ!」

花陽「はい♪」

花陽(発声練習は一緒にやるけどまともに歌を聞くのは初めてなんだよね・・・楽しみ)

絵里「ひーらりひらりとまいあそーぶよーに♪」

花陽(う、うまい!)

ーーー

絵里「ぼくのかたーではねーをやーすめておくーれー♪」

花陽「わぁ」パチパチ

花陽「上手いです!絵里先輩かっこいい」キラキラ

絵里「照れるわね。ありがとう」

点数 92点

花陽「おぉ!」

絵里「すごっ!」

花陽「さすが絵里先輩です!」

絵里「そう?ありがとう 」ニコッ

絵里「さぁ。次は花陽よ」

花陽「はい!」ピッ

絵里(どんな歌歌うのかしら)

花陽「てーちょおひらくとーもお♪」

絵里(可愛い)

ーーー

花陽「とーなりどおしあーなーたーとわーたしさくらんぼー♪」

絵里「はらしょーよ!花陽!」

花陽「えへへ。ありがとうございます」

絵里「かわいらしい歌声ね」ニコッ

花陽「照れちゃいますね」テヘヘ

絵里「でしょでしょ」フフフ

点数 95点

絵里「・・・!?」

花陽「やったー♪」

花陽「ダンスは駄目だけど私も歌だけは上達したのかな?なんて」エヘヘ

絵里「花陽・・・やるじゃない」

花陽「歌は少し自信があるんです」ニコッ

絵里「よーし!私も負けてられないわ!」ピッ

花陽「絵里先輩!がんばれ!」

絵里「だんだんこころひかーれーてーく♪」

ーーー

28: 2015/08/09(日) 23:37:41.54
絵里「ゆっくりーゆっくりーくだってくー♪」

花陽「いえーい!」パチパチ

絵里「いえーい!たのしいわね!」

花陽「はい!」ニコッ

絵里「さぁーて。花陽何を歌うのかしら」

花陽「絵里先輩と一緒だから・・・これです!」

~~~♪

絵里「こ、これは!?」

花陽「泣かした事もある♪」

ーーーー

花陽「エリーmylove・・・エリー♪」

絵里「はらしょー・・・上手いわ!」

花陽「えへへ・・・そうかなぁ?」テレテレ

絵里「ええ!あんな感じの歌でもうまく歌えるのね・・・驚いたわ」

花陽「誉めすぎだよぉ~////」クネクネ

点数 96点

絵里「みてみて!誉めすぎじゃないわよ!」

花陽「うぅ////たすけてぇー」

絵里「よーし!私もオースターズにするわよ!」

ーーー

29: 2015/08/10(月) 00:04:22.31
ーーー数時間後

アリガトーゴザイマシタ!

絵里「はぁーたのしかった!」

花陽「そうですね」ニコッ

絵里(ふふふ。カラオケの後半から花陽はだいぶ私と打ち解けてる感じがしたわ。うっかり敬語じゃなくなった時あるし)グッ

花陽「絵里先輩!こんどはμ'sのみんなで来ましょうね!」ニコッ

絵里「そうね。楽しそうだわ」ニコッ

花陽「はい!」ニコッ

31: 2015/08/10(月) 00:21:46.91
ーーー
絵里「ふぅ・・・もう日も傾いて来たわね」

花陽「そうですね」

絵里(今日はほんと大成功だわ。ありがとう希)フフフ

絵里「さぁ!遅くなるといけないしそろそろ帰りましょうか!」

花陽「え?」

絵里「え?」

花陽「・・・これは?」つ怨霊の呪縛3D

絵里「・・・っ!」

絵里(のぞみぃぃぃぃぃぃ!なんてことしてくれたの!)

花陽「絵里先輩?」

絵里「・・・忘れてた・・・行きましょう」シュン

花陽「・・・もしかして見るのが怖いんですか?」

絵里「そんなわけないじゃない」キリッ

花陽(あっ・・・これ怖いんだ・・・)

花陽「大丈夫ですか?」

絵里「何言ってるの?よゆーよよゆー!」

花陽「あはは・・・」

絵里「さぁ!いざ行かん!れっつごー!」



33: 2015/08/10(月) 00:39:24.08
ーーー映画館

ン?ナンカオトガシタナ

オレチョッタミテクルヨ

絵里「ひっ!一人になってはだめよ」ブルブル

花陽「危ないよぉ」ボソ

花陽(意外と怖いよぉ・・・)

絵里「何で行くのよバカ」ボソ

ウワァァァ

えりぱな「きゃぁぁぁ!」

イマノサケビハ!?

タケヒロガイナイゾ!

クソ!オレサガシテクル!

絵里「ばか!なんで行っちゃうのよ!」

花陽「まさか・・・」

ウワァァァ

えりぱな「きゃぁぁぁぁ!」

34: 2015/08/10(月) 01:27:30.29
ーーー

花陽「こ、こわかったですね・・・」

絵里「ま、まあまあね」

花陽「あはは・・・」

絵里(うぅ・・・今夜は亜理沙とねよ)

花陽(絵里先輩にこんな一面があったんだ・・・ちょっとびっくり♪)

絵里「さぁ、暗くなっちゃったしかえり・・・ま・・・」

絵里(しまったぁぁぁ!花陽と別れたらわたし一人じゃない!)

花陽「絵里先輩?」

絵里「・・・な、なんでもないわ!」

花陽「・・・!」

花陽(・・・もしかして)

花陽「絵里先輩。絵里先輩の家ってどこですか?」

絵里「え?わたしの家?えーっと・・・学校の近くのハラショーパチンコってパチンコ屋わかる?」

花陽「えーっと・・・はい!わかります!」

絵里「あのあたりよ」

花陽「へえー!私の家はその近くなんです!」

絵里「え!?」

花陽「家まで一所にかえれますね」ニコッ

絵里「っ!そうね!」パァァァ

絵里(ラッキー!これなら家まで帰れるわ!)

花陽(やっぱりそうだったんだ・・・真姫ちゃんと同じだ♪)

花陽「ふふふ♪」

絵里「どうしたの?」

花陽「絵里先輩と帰れるのが嬉しいんですよ」ニコッ

絵里「え?て、照れるじゃないもう////」

絵里(ハラショー!完全に仲良しね!)

花陽「えへへ。じゃあ帰りましょうか!」ニコッ

絵里「そうね」ニコッ

35: 2015/08/10(月) 01:38:16.23
ーーー数日後学校

絵里「花陽!腕が上がってないわ!」

花陽「すみません!」

絵里「足はもっと伸ばして!」

花陽「はい!」

凛「かよちん・・・会長を怖がらなくなったね」

真姫「ええ。なにかあったのかしら?」

凛「後で聞いてみようか」


36: 2015/08/10(月) 02:01:34.40
ーーー1年教室

凛「かよちーん!」

花陽「凛ちゃん?真姫ちゃんも!どうしたの?」

凛「かよちん会長と何かあったの?」

花陽「え?なんで?」

真姫「会長と仲良くなってたじゃない」

花陽「・・・やっぱりそう見えちゃう?」ニヤニヤ

凛「うん」(可愛いにゃ)

真姫「おしえて」(可愛い)

花陽「じつはね・・・」

ーーー

凛「えぇー!あの会長と遊んだの!?」

花陽「うん!とっても楽しかったんだよ」ニコッ

真姫「・・・そうなの」

凛「ん?真姫ちゃんまさかかよちんと遊べなかったからって嫉妬?」ニヤニヤ

真姫「ちょ!そんなんじゃないわよ!」

花陽「ふふふ。今度はμ'sみんなでいこうね!」

真姫「もう!花陽まで!!」

凛「じゃあ真姫ちゃんはこないの?」ニヤニヤ

真姫「・・・凛。あんた性格悪いわよ」

花陽(楽しいなぁ♪)クスクス

37: 2015/08/10(月) 02:13:48.10
ーーー三年教室

希「いやー!えりち!朝練見た感じだと大成功!やね!」

にこ「成功?なんの話?」

絵里「そうね」

希「あら?元気ないやん」

にこ「ちょっと。なんの話よ」

絵里「あんたのせいで怖い思いしたじゃない!」

希「えぇ?なにがあったん?」

絵里「あんたのせいよ・・・あんたの・・・」

にこ「・・・教えてよ」グスン

希「ごめんなにこっち。じつは・・・」



38: 2015/08/10(月) 02:17:35.53
ーーー
希「ってことなんよ」

にこ「なるほどねー。そういうことだったの。確かに朝の花陽ちょっと、ちがったもんね」

希「そうやね」

絵里「ねぇねぇ。私から提案があるんだけど」フッカツ

にこ「絵里が帰ってきたわね」

希「提案ってなんなん?」

絵里「花陽と仲良くなって思ったのだけれどやっぱり先輩って言うのが壁になると思うのよ」

希「ふむふむそれで?」

絵里「だから私は提案するわ。『先輩後輩の禁止』を!」

ーー終わり

39: 2015/08/10(月) 02:19:18.47
終わりでーす

かよちんなら絢瀬先輩を最初は怖がってたはずって妄想から生まれたssです

ありきたりな設定ですけどねー

ここまでお付き合いいただきありがとございます

40: 2015/08/10(月) 04:02:17.14

えりぱなは可能性の塊

引用元: 絵里「小泉さんと仲良くなりたい」