2: 2015/09/09(水) 20:58:10.86

ミーナ「みなさん初めまして新しい担任のミーナです。よろしくねっ」

一同「「よろしくお願いします」」

ミーナ「はいっ。では最初なので質問タイムにしま~す。何かある人~」

宮藤「はいっ!先生は結婚されてますか?」

ミーナ「いいえ。してません。はい次」

宮藤「えっしてないんですか?いいとし」バン

ミーナ「はい次」

サーニャ「はい。どうやってその見た目をキープ」バン

ミーナ「はい。次」

エイラ「はいはいはい。先生ってとしはいく」バン

ミーナ「神様私この教室でやっていける気がしません」

3: 2015/09/09(水) 21:02:05.21

ミーナ「はい。ではこの問題わかる人?」

一同「「はい」」

ミーナ「はい。坂本さん」

一同「「・・・」」

ミーナ「はい。ではこの問題わかる人?」

一同「「はい」」

ミーナ「はい。坂本さん」

一同「「・・・」」

ミーナ「はい。ではこの問題わかる人?」

一同「「・・・」」

ミーナ「はい。坂本さん」

坂本以外((私たちいる意味あるんだろうか))

4: 2015/09/09(水) 21:05:13.75

ミーナ「・・・・・えっとみんな静かに・・・」

一同「「ガヤガヤガヤ」」

ダンッ

バルクホルン「お前たち静かにしないか!!」

一同「「シーン」」

ミーナ「トゥルーデ・・・」

バルクホルン「まったく。年配の方の言うことは聞くものだ」

ミーナ「トゥルーデ・・・」

バルクホルン「気にするな。ミーナ。とにかく静かになってよかった」

ミーナ「ちょっと指導室来なさい」

バルクホルン「・・・・・はい」

ピシャ

一同「「合掌」」

5: 2015/09/09(水) 21:06:19.12

バルクホルン「おいっ。リベリアン今日はお前が日直だろう!さっさと黒板を綺麗にしないか!」

シャーリー「あ~うるさいな。まだ放課の時間はあるんだから大丈夫だって」

バルクホルン「大丈夫なわけあるかっ!勝手気ままなリベリアンめっ!」

シャーリー「はんっ。流石は鋼鉄の学級委員長!そんなにゆうならお前がやればいいだろ」

宮藤「も~また始まったぁ」

エーリカ「いいじゃん。見てて面白いし」

美緒「あいつらには困ったものだ」

リーネ「とっ止めなくていいんですか?」

美緒「なんだ。止めたいのか?じゃあリーネ行ってこい」

リーネ「・・・ごめんなさい。無理です」

美緒「そうだろう」

コツコツ

宮藤「あっ先生だ」

ギャーギャー

ミーナ「はい。そこまで」

バルクホルンシャーリー「「邪魔するな」」

ミーナ「んっ?」

バルクホルンシャーリー「「あっ」」

ミーナ「あらっジャンクにでもされたいのかしら?」

一同((あの人絶対一人はやってるな))

7: 2015/09/09(水) 21:09:58.18

シャーリー「スピード番長のシャーリー!」

ルッキーニ「狙撃番長のルッキーニ!」

エーリカ「突風番長のエーリカ!」

エイラ「回避番長エイラ!」

坂本「普通の番長坂本!」

5人「「5人揃ってゴバンジャー!!」

シャーリー「なぁルッキーニ。流石にゴバンジャーはないんじゃないか?」

ルッキーニ「え~かっくいいじゃ~ん」

エイラ「それに回避番長って一人だけ何か弱そうじゃないカ?」

坂本「私など普通だぞ」

ミーナ「はいはい。授業後にやりなさい。授業後に」

8: 2015/09/09(水) 21:22:38.50

シャーリー「スピード番長のシャーリーとは私のことだ!捕まえられるものなら捕まえてみろ~」ダダダダ

ルッキーニ「わ~シャーリーが置いてった~」

宮藤「わ~シャーリーさん流石に早いな~」

リーネ「ねっ。とても追いつけないや」

エイラ「ふへ~流石は学校一のスピード狂」

ミーナ「・・・・」

ミーナ「シャーリーさん・・・」

ミーナ「赤字の補修をサボりと。誰か明日あったら職員室に来るように伝えてください」

9: 2015/09/09(水) 21:34:46.93

コソコソコソ

ルッキーニ「狙撃番長とは私のことだ~」

コソコソ

ルッキーニ「ということで。え~今日はこの狙撃銃でいつも机の中を掃除しろ~ってうるさいバルクホルンに・・・」

バルクホルン「」テクテク

ルッキーニ「狙撃してみたいと思います」

バルクホルン「」テクテク

ルッキーニ「ていっ」バンッ

ビスッ

ルッキーニ「よっし。ビンゴ~」

バルクホルン「ふっいつから前を歩いていると錯覚していた」

ルッキーニ「なっバルクホリュン!」

バルクホルン「変わり身だ」

ルッキーニ「そんな~」

バルクホルン「ゲルマン忍術を甘く見たな」

ギャーーーーーーー

ミーナ「ルッキーニさんは入院と」

10: 2015/09/09(水) 21:48:30.96

不良1「ふふふ。やぁエーリカ」

不良2「この前のお礼はしっかり返してやるからな」

不良3「謝るんだったら今だぜ?」

不良4「へっここで突風番長を倒せば名が上がるってもんだぜ」

エーリカ「え~戦うの面倒くさ~い」

不良1「なんだったら立ってるだけでいいんだぜ?」

不良2「へへへ。俺たちがいじめてあげるからよぉ」

エーリカ「へ~じゃあ捕まえられるなら捕まえてみな!シュトルム!」

一同「「このアングルを見るために喧嘩売ってます」」

11: 2015/09/09(水) 22:04:32.66
シャーリーはビXチじゃなくて天使やしwwww

12: 2015/09/09(水) 22:13:18.14

エイラ「それにしても回避番長はないよなぁ」テクテク

サーニャ「ふふ。結構お似合いの名前じゃない」

エイラ「え~そうかナ~」

サーニャ「ふふ。エイラちょっとこっち見て」

エイラ「んっ?なんダ?」

サーニャ「・・・」ジー

エイラ「・・・・・・うっ///」ヒョイ

サーニャ(ほら避けた。エイラのヘタレ)

13: 2015/09/09(水) 22:28:44.23

坂本「う~む。普通の番長かぁ。私は普通なんだろうか」

ルッキーニ「う~ん。どうかな~」

坂本「おい。お前がつけた名前だろう」

ルッキーニ「え~そんなこと言ったって~」

坂本「はっ」

ルッキーニ「どったの?」

坂本「わかったぞ!ルッキーニ。髪型が普通なのがいけないのだ!」

ルッキーニ「ふ~ん。でっ?」

坂本「不良といえばリーゼント。よし。私もリーゼントにしよう!」もさもさ

ジャキーン

ルッキーニ「・・・普通だねっ」

坂本「・・・あぁ普通だな」

14: 2015/09/09(水) 22:37:29.71

ミーナ「はぁ」

坂本「んっ?ミーナ先生どうした?」

ミーナ「あっ。美緒さん」

坂本「悩みか?」

ミーナ「ええ。私は教師に向いているのかしら」

坂本「はっはっはっ。私は口下手だから説明はできんが向いていると思うぞ?」

ミーナ「はぁ。ホントかしら」

坂本「うむ。あいつらがのびのびしているのはミーナ先生に甘えているからだろう」

ミーナ「・・・」

坂本「ゆえにあいつらは先生のことを嫌っていなんかいないと思うぞ?」

ミーナ「・・・そう・・・ねっ。」

坂本「うむ。言葉では伝わらないか。だがとりあえず、少なくとも私は先生が好きだぞ?」

ミーナ「・・・美緒」

15: 2015/09/09(水) 22:42:47.16

職員室

カリカリ

ミーナ「それでも・・・やっぱり・・・向いてるかどうか考えてしまうわ」フゥ

カリカリ

ミーナ「あっ間違えた。えっと修正液は机の・・・」

ガサゴソ

ミーナ「あらっ?これは・・・色紙?えっと・・・これは!?」

ミーナ「・・・みんなありがとう」

ミーナ「まさか生徒から誕生日のプレゼントをもらえるなんて」

ミーナ「ふふ。シャーリーさん字もスピード任せに書いたわねっ。字が間違ってるわよ?」

ミーナ「これは美緒ねっ。なんて力強い誕生日おめでとうかしら」

ミーナ「この絵はルッキーニさんねっ。私かしら。もう少しスリムだと思うのだけど」

ミーナ「リーネさん。私を優しくて綺麗だなんて。ふふありがと」

ミーナ「トゥルーデさん私こそこれからよろしくねっ」

ミーナ「フラウはトゥルーデに同じって。あの子らしいわねっ」

ミーナ「宮藤、エイラさんは今度触らせてくださいって一体何をかしら」

ミーナ「サーニャさん。・・・ありがとう。私なんかを理想の先生だなんて」

ポタポタポタ

ミーナ「いけない。涙が・・・」

ミーナ「・・・・・・・・・・・・」

ミーナ「決めた。決めたわ。私が向いてるか向いていないかなんて関係ない。ただあの子達のために全力を尽くすわ」

ミーナ(みんな。本当にありがとう)

ミーナ「ふふ。一生の宝ができちゃった」

16: 2015/09/09(水) 22:51:30.30

物陰

一同「「よかった」」

宮藤「ふふ。よかった。喜んでくれてるみたい」

リーネ「ふふ。先生の泣き顔見ちゃった」

ルッキーニ「ニヒヒ。写真はばっちりとったよぉ」

シャーリー「おっさすがはルッキーニ。後で私にもくれよ」

坂本「喜んでくれて何よりだ」

バルクホルン「まったくだ。先生に悩んだ顔は似合わないからな」

エーリカ「ヒューヒュー。イケメンだねぇ」

バルクホルン「からかうな」

エイラ「それより約束守ってくれるかなぁ」

サーニャ「エイラ。誕生日の贈る言葉があれではおかしいんじゃないかしら」

エイラ「まぁ書いちゃったもんはしょうがないさ」

坂本「しかし、慣れないことするとバランスがうまくいかないものだなぁ」

ルッキーニ「そだねっ。裏のおめでとう!!ミーナさん。じゅうきゅうさいが。
「おめでとう!!ミーナ」で上の部分は使い切っちゃって、さん、とじゅうきゅうさいが下の段に言っちゃったもんねぇ」

坂本「はっはっはっ。あればっかりはしょうがない。それこそ今更どうすることもできん」

ルッキーニ「だよねぇ。でもあれだとまるで三十九歳って書いてあるみたいだよねぇ」アハハ

一同「「えっ!?」」

宮藤「それってマズくないですか?」ガクガク

エーリカ「これは流石にヤバイんじゃ・・・」ブルブル

リーネ「私まだ氏にたくありません」

シャーリー「みっ。みんな早く逃げるぞ」

エイラ「あっこっち向いた」

一同「「ひぃ」」

シャーリー「なに。このスピード番長のスピードを持ってすれば」

ミーナ「あらっみんなお揃いみたいね」ニコニコ

シャーリー「なっ回り込まれた!!早い!!」

ミーナ「みなさん。ありがとう。じゃあ少し体育館裏まで行きましょうか」ニコニコ

エイラ(あっ文字通り全員吊るされる未来予知が見えたんダナ)

一同「「ギャーーーーーー」」

17: 2015/09/09(水) 22:56:44.83

後日

ミーナ(ふふ。でもみんな。本当にありがとう。あの贈り物は私の人生の宝よっ)

ミーナ(ふふ。これからはちゃんと美緒以外も当てなくっちゃwwww)

おわり

引用元: 三年B組ミーナ先生