1: 2014/08/15(金) 16:19:01.79 ID:t4FnN2VH0


竜華「そうやなぁ…ポメラニアンとかトイ・プードルとかカワイイもんなー」

ドン!!

竜華「!?」びくっ!

怜「はあっ!?何言うとるんや?竜華」

竜華「えっ!?」

怜「ウチが欲しいのは…主人に従順で、何でも言う事を聞く忠犬の様な奴の事や……」

竜華「ど…どういう事なん……?」

怜「察しが悪いなぁ竜華は…これでは先が思いやられるで……」はぁ

竜華「えっ!?」



怜「ここまで言えばわかるやろ!?とどのつまり……ウチが欲しい犬はお前の事やで竜華!!」ばーん



竜華「えーっ!?」


 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408087131

3: 2014/08/15(金) 17:15:13.25 ID:t4FnN2VH0


竜華「私が怜の犬って……な…何を言っとるんや怜!?」

怜「せやから何度も言わすなやで竜華。ウチの条件に見合うのは、竜華しかいないんや」

竜華「わ…訳が判らないよ……」りゅっぷい

怜「竜華はウチの言う事を聞いて頭撫でられたくはないんか?ウチの足を嘗めたくはないんか?ウチに命令されたくはないんか?」

竜華「そ…それは……その……」

竜華(あ…アカン……ナンか目の前がグルグルなって、何が何だかワカラン様になって来た――――)

怜「もうっ埒が開かん。短刀直入に言うで!竜華!ウチの犬になってや!!」



竜華「はいー!!私は怜の犬になったるわー!!」


竜華(アーーー!?思わず反射的に返事してもうた!パブロフの犬か私は!!犬だけに!!!)


 

4: 2014/08/15(金) 17:40:00.37 ID:t4FnN2VH0


竜華「私が怜の犬って……な…何を言っとるんや怜!?」

怜「せやから何度も言わすなやで竜華。ウチの条件に見合うのは、竜華しかいないんや」

竜華「わ…訳が判らないよ……」りゅっぷい

怜「竜華はウチの言う事を聞いて頭撫でられたくはないんか?ウチの足を嘗めたくはないんか?ウチに命令されたくはないんか?」

竜華「せやかて…そ…それは……その……」

竜華(あ…アカン……ナンか目の前がグルグルなって、何が何だかワカラン様になって来た――――)

怜「もうっ埒が開かん。短刀直入に言うで!竜華!ウチの犬になってや!!」


竜華「はいー!!私は怜の犬になったるわー!!」




竜華(アーーー!?思わず反射的に返事してもうた!パブロフの犬か私は!!犬だけに!!!)



 

5: 2014/08/15(金) 18:06:37.78 ID:t4FnN2VH0


怜「違うやろ竜華?」

竜華「えっ!?」

怜「私はご主人様の犬になりますワンやろ?」

竜華「えっ…?えっ……?」

怜「……改めて聞くわ。あなたは私の犬に―――――」

怜「なりますか?なりませんか?」

竜華「私は……私は――――――」グルグル…

グル…………


プツンッ…


竜華「……私は怜ご主人様の犬に―――――竜華犬になりますワン!!!////////」

竜華(ああーーーついに自分の意志で言うてもうたーーー!!)

怜「フフ…そうや偉いで。それでこそ竜華はウチの犬や」

頭なでなで

竜華「――――!!!//////」

竜華(でも――――――――)はっはっ


竜華「う…嬉しいワン……//////」ぱぁ


 

6: 2014/08/15(金) 18:22:11.61 ID:t4FnN2VH0


――――。


怜「じゃあ竜華が正式にウチの犬になった言う事で…早速……」ごそごそ

すっ

竜華「えっ!?こ…これって……もしかして――――」どきどき…

怜「そうや。こうなるだろうと思って、予め用意してきたんや。さあこの犬耳と尻尾をさっさと着けるんや竜華」

竜華「うう…わ…分ったわ――――」

怜「違うやろ!!」がぁ!

竜華「!!?」びくっ

竜華「分ったワン!!怜の…ご主人様の言われる通りにしますワン!!」

怜「ふふ…漸く少しは分って来たようやな……全く竜華は見掛けによらず駄犬やで……」

竜華「うう…御免なさいだワン」しゅん…


着け付け


竜華「こ…これでいいですかワン?」ちょこん

怜「おお。これは…なかなか似おうとるで?」

竜華「あ、有り難う御座いますだワン!!」ぱぁぁぁ

竜華(私…悦んでる……怜に犬扱いされて心の底から悦んでる――――)ゾクゾク…

怜「竜華犬も大分良うなって来たけど…まだまだ足らへんな」


  

8: 2014/08/15(金) 18:32:05.25 ID:t4FnN2VH0


竜華「えっ!?まだ何か足らないのですかワン?」

怜「そうや…では手始めに……」

脱ぎ脱ぎ

すっ…

怜「竜華犬にはウチの足の指を嘗めてもらうで?」

竜華「!?」ドキーン//////

竜華(と…怜の……ご主人様の足の指を嘗める……)ゴクリ…

怜「なんや?出来へんのか?出来へんのやったら、この件はなかったという事d――――」

竜華「やる!やらせて下さいだワン!!」

怜「そうかそうか。ほな頼むで」ニヤニヤ

竜華「はいだワン……//////////」すっ


ぺろぺろぺろ…


 

9: 2014/08/15(金) 18:42:37.48 ID:t4FnN2VH0


竜華(ああ―――怜の…ご主人様の足……嘗めてるとゾクゾクする……」(倒錯)

怜「――――んっ///////ええで…中々上手いで竜華……///////」はぁはぁ

怜(ふふ…竜華の貌…すでに発情した雌犬みたいになっとるわ。まぁそんな竜華もカワええけどな……//////)

竜華「えへへ…ご主人様に喜んで頂いてとっても嬉しいワン」ぱぁぁぁ

竜華(怜の貌…ちょっと上気して恍惚としとる……怜のこんな貌を見られるなんて、私は幸せモンやで……)


――――。

怜「今日はこんな感じでええかな」ふぅ…

竜華「もう終わりですかワン?」しゅん

怜「ふふ…今日のところはこれでお預けや。でも明日からもあんじょう頼むで?竜華」

竜華「はいですワン!!」ぱぁぁ


 

14: 2014/08/16(土) 13:08:18.07 ID:W/t+0/1n0


翌日。



麻雀部部室。


かちゃかちゃ。


竜華「…………」

かちゃ…

タン


怜「竜華それロンや!5600!!」

竜華「5600?……そんな役なんて…ないんやないk――――」

怜「はぁ!?竜華!お前『  誰  』に対して物申しとるんや!?」

部員1・2「「!?」」びくっ


竜華「えっ…でも……」

おどおど…


怜「まだ口答えするんか!?ウチが5600って言ったら5600なんや!!」


竜華「!?」

部員1・2「「!?」」

部員2(なんか『鹿を指して馬と為す』っていうみやつたい…ってちょっと違うかな……?)

部員1(今日の園城寺先輩ちょっと怖い…清水谷部長もちょっとおどおどした感じやし……何があったんやろ?)


怜「で?どうなんや…今の手は何点なんや?」



竜華「ご…5600点ですーーー!!!」



部員1・2((!?清水谷先輩が園城寺先輩の、明らかな点数間違いを認めたーーー!!!))がびーん




 
 

15: 2014/08/16(土) 13:32:19.75 ID:W/t+0/1n0


怜「そうや…それでいいんや」うんうん

怜「やけど……」

竜華「!?」

怜「自分の立場も忘れて、ウチに口答えをする竜華には、まだまだお仕置きが必要やなぁ」ニヤリ

竜華「!?」

部員1.2「「!?」」


怜「竜華…そこの床に四つん這いになるんや」

竜華「!?」

部員1・2「「!?」」


怜「竜華?」

竜華「はい…なります」ささっ…



 

16: 2014/08/16(土) 13:47:24.49 ID:W/t+0/1n0


四つん這い。


部員1・2((えーっ!?清水谷部長……園城寺先輩に言われた通りに、四つん這いになっちゃったよ!!))


ざわ…ざわ……


他の部員たち((((えっ!?一体ナニがどうしたの?))))


怜「よーし…それでええ。動いたらあかんで?」

竜華「…………はい」どきどき

部員達((((……………))))ゴクリ…


怜「ほなイクで!!!」ばっ

ぱぁん!!

竜華「ひぎぃ!!!/////」びくびくん

部員達((((いきなり園城寺先輩が、清水谷部長のお尻を平手で叩いたーーーー!!!?))))

怜「もう一発!!」ばっ!

ぱぁん!!

竜華「あひぃ!!//////////」ビクビクビクン


 

17: 2014/08/16(土) 14:02:09.38 ID:W/t+0/1n0


怜「竜華!!竜華のこのおっきなおしりは、ナンの為にあるんや?元気な赤ちゃん産む為にあるんか!?」

竜華「ちっ違いますー!!」

怜「何が違うんや?言うてみい?」

竜華「私のおっきなおしりは、怜に叩かれる為にあるんですーーー!!!////////」

怜「そうやな」うんうん

部員達((((えーーー!?)))ドン引き

怜「それじゃあ……」すっ

むに

竜華「あっ////////」

もみもみ

怜「竜華のこのおっきなおもちはナンの為にあるんや?赤ちゃんにおっOい飲ませる為にあるんか?」

竜華「違いますー!!私のこのおっきなおもちは、怜様に揉んで頂く為にあるんですーーー!!!!//////////」

部員達((((えーーーー!!!?ついに『様』まで付けたーーーー!!!!?))))更にドン引き




 

19: 2014/08/16(土) 22:07:35.61 ID:W/t+0/1n0


別の卓。


浩子「うーんアレは一体なんですかねぇ……」

セーラ「俺に聞かれたって知らんがな」

泉「新手のイジメか何かですかね?」

セーラ「だから知らへんて!でもホンマにいじめやったら止めるトコやけど……」

浩子「やけど?何ですの?」

セーラ「どうもそんな感じはしないんやなぁ……むしろ竜華の貌が悦んでるっぽく見えるんや……」

浩子「確かに…恍惚というかアヘ顔っぽい感じですね……その内Wピースでもしそうな・……」

セーラ「何やそれ!?アヘ顔?Wピース!?」びくっ

浩子「いえ、何でもありません」しれっ

泉「そんな事より、どんな事情があるのかは分りませんけど、流石にアレを放置するのはマズイんじゃないですか?」

セーラ「確かにそうやな…仮にも竜華は部長だし、あの姿を他の部員にこれ以上晒す訳にはイカンな……」

泉「そりゃそうですよ。はっきり言って私…ドン引きしてますもん」

セーラ「分った。ちょっと話聞いてくる」

泉「あんじょう頼みます」



 

20: 2014/08/16(土) 22:25:04.80 ID:W/t+0/1n0


怜「じゃあこのムッチムチの太ももは誰の為のm―――――」

セーラ「おい怜」

怜「!?」

怜「……何やセーラか。どないしたん?」

セーラ「どないもこないも、お前らがそんなけったいな事しとるから、部員がみんなドン引きしとるんやないか」

竜華「セーラ…これはその……私が悪くて……///////」

怜「そうや。これは調ky――――いや。察しの悪い竜華に対しての、愛のあるお仕置きなんやで」

セーラ「お仕置き?そうなんか?竜華」

竜華「うん…これは二人合意の上での…コトやねん……///////」

セーラ「…………うーん。まぁ…よー分らんけど、二人が納得してるならそれでええけど……」

怜「ええけど…何や?」

セーラ「せやけど…部室でこういう事するのは、流石にあんま良くないと思うで?」

怜「…………まぁ確かに部員たちに、動揺させてまくっとるかもな……分ったわ。これからは気を付けるわ」

竜華「……………………怜がそう言うなら………」


セーラ「よし分った。じゃあそういうわけやから……」



 

21: 2014/08/16(土) 22:37:29.70 ID:W/t+0/1n0

セーラ「というわけや」

浩子「そういうわけじゃないで?あれじゃ何も判りませんやん?」

泉「確かに……」

セーラ「まー二人の事だし、合意の上ってのも嘘やない感じだしなあ……もう部室ではしない言うとるし……」

セーラ「あんま二人の話に、踏み込んじゃあかんやろ?」

浩子「そりゃそうですけどな……」


ピロピ口リ…


セーラ「ん?メール……怜からや――――」



 

22: 2014/08/16(土) 22:55:01.21 ID:W/t+0/1n0


部活終了後。


麻雀部部室、


泉「園城寺先輩の話って何でしょうね?こんな時間に、しかも私たちレギュラーだけ呼び出して」

セーラ「うーん。どうも今日の竜華との、奇行の説明をしてくれるみたいやで?」

泉「そうなんですか。確かに今日のお二人異常でしたもんね」

セーラ「そうやなぁ…俺も確かに何があったのか、詳しい事を聞きたいところやったからな」

泉「……にしても、中々来ないですね」

浩子「まったく自分から呼び出しておいて……」ぶつぶつ


がら…


セーラ「おっそう言っとる間に来たようやで?」


怜「じゃまするでー」

セーラ「邪魔するなら帰って」

怜「ほなそうさせてもらうわ……ってなんでやねん!!」

セーラ「あははははは」


泉「……お約束ってやつやつですね」

浩子(…………ベタ過ぎやろ。悪い意味で……)



 

23: 2014/08/16(土) 23:10:37.47 ID:W/t+0/1n0


浩子「……では園城寺先輩。早速ですけど部活中のアレの説明を……って何か持ってません?」

セーラ(細長い紐みたいやな……部室の外にまで続いとるな……)

泉(でもコレ……もしかしてリールじゃ……?)


怜「ああ。コレな……」

グイッ

怜「もうはいってきてもええでー」


がら…


すっ…


セーラ・浩子・泉「「「!!!?」」」」びくっ!!



セーラ(……な…何なんや竜華?……首輪に犬耳に尻尾まで付けて……)ゴクリ…

浩子(けったい過ぎて、どこから突っ込んでええのか、判らんでホンマ……)ヘキエキ

泉(やっぱり…園城寺先輩の持ってたのって、犬用のリールやったんか……)ドキドキ



  

24: 2014/08/16(土) 23:26:01.58 ID:W/t+0/1n0


怜「ほら」ぐいっ

竜華「あっ……//////」


怜「ぼーっとなんてしてないで、皆さんにご挨拶せんか!」


竜華「はい……//////」


竜華「先日から怜の……怜ご主人様の犬になりました。竜華犬ですワン。そういう事なので、皆さま改めてよろしくお願いしますワン!!///////」

ぺこり


セーラ・浩子・泉「「「!?」」」


セーラ(竜華犬って何やねん!?)


浩子(うーん。この上気した顔で、アッチの世界に逝っちゃってる感じ。まさに発情した雌犬そのそのモノやで……倒錯しとるわー)


泉(私が密かに…アノ人にもう一度シャープシュートされたいと思っているのと、もしかしたら似た様なモンなんやろうか……?)うーん



  

25: 2014/08/16(土) 23:42:25.95 ID:W/t+0/1n0


怜「ほら…竜華アレもせんとあかんやろ?」


竜華「はいだワン!!」はっはっ


竜華「アヘへへへ……みなさんこれからも―――――////////」はっはっ

すっ




竜華「ご主人様共々…よろしくぅ~ん」Wピース




セーラ・浩子・泉(((!?)))びくっ×3


セーラ(竜華が……)

浩子・泉(清水谷先輩が……)






セーラ・浩子・泉(((とち狂ってアヘ顔Wピースしとるーーーー!!!)))ガン引き×3





おしまい。




 

27: 2014/08/17(日) 01:00:52.73 ID:W2kMlGuA0


おまけ。



浩子「あの…ナンかさっきは、凄いものを見てしまいましたね……」

セーラ「そうやな…とても監督には見せられへんな……」

浩子「そうですね…多分おばちゃ…監督があんなの見たら…発狂するか、今夜のプレイに使うか、どっちかでしょうね……」

セーラ「でも…どないしてあんな事になったんやろな?」

浩子「さあ…私に聞かれましても……」

セーラ「そりゃそうや。俺にもとーてー判らへんわ」

浩子「……そう…ですね……」

セーラ「ん?あの《ひらめきひろこ》にしては珍しく歯切れ悪いな?」

浩子「ひらめきひろこ……て」

セーラ「いつもやったら、『あないなけったいなモンでも、バッチリ分析したりますわ!』とか言いそうやのに」



 

28: 2014/08/17(日) 01:07:04.19 ID:W2kMlGuA0

浩子「……そんなん言われてですねぇ……まぁ…あんなんでも二人にとっては、一つの愛の形…みたいなモンやないですか?」

セーラ「うーん。愛の形ねぇ……そんなもんなんかいな……?やっぱ俺にはヨーワカランデー」


浩子「…………………」

セーラ「ん?どうしたん浩子?」


浩子「…………でも何となく……私も…江口先輩となら……」ぼそ…


セーラ「ん?ナンか言ったかー?」



29: 2014/08/17(日) 01:15:59.09 ID:W2kMlGuA0


浩子「!!なっ何でもないないです!!///////もう遅いですし、さっさと帰りますよっ!先輩!!///////」ささっ


浩子「ほらっ!さっさとせんと置いて行きますよ!!」すたすた


セーラ「あっ待ってや浩子!!」たたっ


浩子(…………とは言っても――――――――)


ちら…



浩子(……でも…肝心の相手が『コレ』じゃ…まあ…無理やな……)はぁ…



セーラ「ん?どうしたん?浩子」




おまけのおしまい。


 

31: 2014/08/17(日) 16:23:42.70 ID:DV43sPJ6o
乙ー
まだまだ書いてもいいんだよ

引用元: 怜「あー犬が欲しいなー」