1: 2012/01/08(日) 20:11:08.19 ID:AaKva30f0
唯「あっずにゃぁん♪」

梓「わっ!もう抱きつくのやめてください!」

唯「だってぇ、あずにゃん気持ちいいんだもん」

梓「うぅ、禁止です」

梓「今日から、抱きつくの禁止!」

唯「えええええええ?」
けいおん! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
3: 2012/01/08(日) 20:13:05.86 ID:AaKva30f0
唯「おふぁよぉぉぉ」

澪「どうした唯?元気ないみたいだな」

紬「3日前にね、梓ちゃんから抱きつき禁止されたんだって」

律「それで落ち込んでんのか~?」

唯「うぅ、あずにゃん分が足りなひ」

5: 2012/01/08(日) 20:15:08.35 ID:AaKva30f0
唯「あっずにゃ・・・」

梓「・・・・・・」ギロッ

唯「あぅぅぅぅぅ」

澪「なるほど」

律「こりゃ鉄壁なガードだ~」

紬「梓ちゃん、そこまでやらなくても」

7: 2012/01/08(日) 20:18:04.12 ID:AaKva30f0
梓「唯先輩はすぐ調子に乗るです!」

梓「やる時は徹底的にやってやるです!」

澪「き、気合い入ってるな」

律「その気合いを少しでも練習に向けたらですわね~」

梓「律先輩には言われたくないです!」

律「うわっ、こっちに飛び火したっ」

9: 2012/01/08(日) 20:20:15.30 ID:AaKva30f0
紬「唯ちゃんなりのコミュニケーションだと思うんだけどなぁ」

梓「ムギ先輩はやられたことないから、わからないんです!」

律「なるほど、一理あるな!」

澪「律、また変なこと考えてないだろうな」

梓「な、なんか律先輩の笑顔が怖いんですけど」

律「唯!ムギに抱きついてみるんだ!」

唯「ふぇ?」

12: 2012/01/08(日) 20:23:31.30 ID:AaKva30f0
紬「わ、わたしに?」

律「人に意見するなら、自分も体験しないとダメじゃん!」

澪「なんでそういうとこだけ理論的なんだ、お前は」

唯「え~、でもぉ、恥ずかしいしぃ」

紬「わ、わたしも照れちゃうかも」

梓「わたしの時は恥ずかしがらないのに!?」

16: 2012/01/08(日) 20:26:50.53 ID:AaKva30f0
梓「ふっふっふ、やって下さい、唯先輩」

唯「あずにゃん?」

梓「いつもわたしがどういう思いをしてるのか」

梓「ムギ先輩に思い知らせてやるです!」

澪「梓が壊れた!?」

律「これは面白い展開だ~♪」

19: 2012/01/08(日) 20:30:01.60 ID:AaKva30f0
澪「また変に煽って」

紬「い、いいよ、わたしやってみる」

澪「ムギもなに言ってんだっ!?」

唯「わかった!ムギちゃんがそこまでゆ~なら!」

澪「唯までっ!?」

律「解き放て!もう止める者は誰もいない!」

21: 2012/01/08(日) 20:33:38.96 ID:AaKva30f0
梓「いっちゃってください!」

唯「いくよムギちゃんっ」

紬「ど、ど~んと来い!」

ぎゅうっ

澪「本当にいっちゃった」

律「おほ~!きましたわ~♪」

22: 2012/01/08(日) 20:36:03.96 ID:AaKva30f0
梓「ど、どうですか?ムギ先輩」

澪「どんな感想を言えと」

紬「ぽわぽわ」

澪「は?」

紬「なんだか唯ちゃん、ぽわぽわする」

律「わ、わかりにくい感想だな~」

25: 2012/01/08(日) 20:38:05.13 ID:AaKva30f0
唯「ムギちゃんいい匂いするぅ」

梓「どんな匂い!?」

律「なんだか見た目はさ~」

澪「姉に甘える妹の図?」

律「そうそう、そんな感じだよな~」

澪「ムギの笑顔が姉らしいかは別にしてだけどな」

28: 2012/01/08(日) 20:40:12.01 ID:AaKva30f0
紬「わたしには梓ちゃんが嫌がる理由、わからないなぁ」

梓「くっ、そんなはずは」

律「こうなったらどっちが正しいか、決めなきゃだな!」

唯「どうやってぇ?」

律「唯!今度は澪に抱きつけ!」

29: 2012/01/08(日) 20:43:04.03 ID:AaKva30f0
澪「なんでわたし!?」

律「こういう時は澪の冷静さが役に立つんだよ!」

梓「そ、そうです!冷静に判断して下さい!」

紬「澪ちゃん、頑張って♪」

澪「ダメダメ、ダメだってそんなの!」

律(こういうのに一番冷静でいられないのは、澪だからな~♪)

30: 2012/01/08(日) 20:45:11.56 ID:AaKva30f0
唯「澪ちゃん、準備おっけ~だよ!」

澪「準備しなくてい~から!」

梓「正直な感想を聞かせて下さい!」

紬「ご~、ご~♪」

澪「ムギもなんでそんなノリノリ!?」

律「いっけぇ!唯!」

32: 2012/01/08(日) 20:48:25.75 ID:AaKva30f0
唯「いっきま~す!」

ぎゅうっ

澪「ひゃあ!?」

梓「澪先輩、どうですか!?」

紬「ぽわぽわでしょ?」

律「お~い、澪ぉ?」

澪「ぷにぷに」

34: 2012/01/08(日) 20:51:04.33 ID:AaKva30f0
梓「今度はぷにぷに?」

澪「なんだか、ぷにぷにする」

律「唯、いったいお前はどんな生き物なんだ~?」

唯「ひどっ!?」

紬「律ちゃん、見た目は?」

律「ん~と、先輩と後輩、禁断の愛?」

36: 2012/01/08(日) 20:53:04.89 ID:AaKva30f0
紬「わかる、わかる♪」

澪「禁断の愛って何だっ」

唯「あの、どうしてわたしどっちも年下なのぉ?」

律「見た目?」

唯「うぅ、さりげなくひどい」

37: 2012/01/08(日) 20:55:10.78 ID:AaKva30f0
澪「わたしも、梓ほど嫌だって感じではなかったな」

梓「そ、そんなことある訳ないのに」

紬「あとは律ちゃんよね」

澪「ああ、自分だけ逃げるのは許されないよな」

律「はっはっは、わたしは逃げも隠れもしないぞ!」

40: 2012/01/08(日) 20:57:10.97 ID:AaKva30f0
唯「律っちゃん、やる気まんまんだねっ」

律「来るんだ唯!がっちり受け止めてやる~!」

梓「あ、あの、なるべく冷静に判断して下さい」

澪「すごく無理だと思うぞ」

紬「二人とも求めあってるって感じで、ステキ♪」

42: 2012/01/08(日) 20:59:05.68 ID:AaKva30f0
唯「いっくよぉ!」

律「よし来~い!」

ぎゅっ

唯「り、律っちゃん!」

律「ゆ、唯ぃ!」

唯「わたし前から律っちゃんのことがっ」

梓「なんかコント始まった!?」

45: 2012/01/08(日) 21:01:04.70 ID:AaKva30f0
律「わたしも!今まで勇気がなくてゴメン!」

唯「り、律っちゃぁぁぁぁぁん!」

澪「30点」

唯「えええええええ?」

律「評価低すぎだろ~」

47: 2012/01/08(日) 21:03:05.42 ID:AaKva30f0
紬「わたしは50点あげてもいいと思うわ♪」

唯「そ、それでも低いよぉ」

梓「そんなことより!感想は!?」

律「へ?」

梓「感想です!」

律「あ、どっちかって言うとぽわぽわに近いかな~」

48: 2012/01/08(日) 21:05:06.57 ID:AaKva30f0
澪「え~?ぷにぷにだろ?」

律「残念だが、冷静に判断してぽわぽわだ~」

紬「やった♪」

梓「ぽわぽわとぷにぷにで会話が成り立つって・・・」

律「それより見た目はどうなんだ?」

50: 2012/01/08(日) 21:07:12.59 ID:AaKva30f0
澪「見た目か、ムギはどう思う?」

紬「う~ん、どう言えばいいのかな」

澪「なんかそれっぽすぎて、ガチって言うのか」

唯「がちぃぃぃぃぃ?」

律「それどういう意味だ~!」

紬「二人とも、とっても自然よ♪」

54: 2012/01/08(日) 21:09:53.25 ID:AaKva30f0
澪「まぁ、それは冗談だとしても、ぷにぷにだろ」

梓「澪先輩、まだ言ってる」

律「冷静な判断ですわよ~、澪ちゅわん♪」

紬「そ、ぽわぽわなんだから」

唯「わたし、ぽわぽわだったのかぁ」

律「そんなに言うんなら、もう1回やればいいじゃん」

55: 2012/01/08(日) 21:12:11.22 ID:AaKva30f0
澪「わ、わたしはもういいよ!」

律「あっれ~?自分に自信がないのかな~?」

澪「な!」

律「もう1回やると、ぽわぽわって思っちゃうとか?」

澪「そ、そんな訳ないじゃない」

紬「じゃあ2回目いってみよぉ♪」

56: 2012/01/08(日) 21:15:08.13 ID:AaKva30f0
唯「また会ったね、澪ちゃんっ」

ぎゅっ

澪「ははは、は」

がちゃ

和「律いる?今度の部長会議のことだけ・・・ど!?」

唯「あ、和ちゃぁん」

澪「はへ?」

57: 2012/01/08(日) 21:17:01.98 ID:AaKva30f0
>>53
唯「えええ?アナゴ君、また飲むのか~い?」

58: 2012/01/08(日) 21:18:09.02 ID:AaKva30f0
和「ご、ごめんなさい、出直すわ」

がちゃ

澪「ちょ、ちょっと待って!和ぁ!?」

梓「完全に誤解してましたね」

律「和が取り乱してるって、なかなか見ないよね~」

紬「やっぱり禁断の愛ね♪」

60: 2012/01/08(日) 21:20:06.54 ID:AaKva30f0
澪「ごかいされた・・・ごかい」

唯「み、澪ちゃん!しっかりぃ!」

律「あ、後輩が先輩を介抱する図になった」

梓「そんなこと言ってる場合じゃないです!」

紬「とりあえず横になって!」

61: 2012/01/08(日) 21:22:06.34 ID:AaKva30f0
澪「ごかい・・・ごかい」

梓「澪先輩!正気に戻って!」

律「まったく、和の誤解なんてすぐ解けるだろ~」

紬「みんなで一緒に言えば、大丈夫よ」

唯「いざとなったら、和ちゃんにも抱きつくから!」

律「ど~ゆ~解決法だ、それ」

62: 2012/01/08(日) 21:24:21.89 ID:AaKva30f0
唯「もうこうなったら、えいっ」

ぎゅっ

律「ちょ、唯!それ逆効果!」

澪「い、いや」

梓「え?」

澪「なんか落ち着く・・・」

律「唯にそんな効能が!?」

63: 2012/01/08(日) 21:26:35.11 ID:AaKva30f0
紬「澪ちゃんがまったりしてる」

唯「自分でもびっくりだよっ」

律「ただのぽわぽわじゃないとは思ってたぞ、唯!」

梓「うぅ」

紬「・・・!」

紬「律ちゃん」ヒソ

律「ん?・・・あ!おっけ~」ヒソ

65: 2012/01/08(日) 21:28:26.86 ID:AaKva30f0
紬「わたしもまた抱きついてみよっと♪」

律「よし!わたしもだ~!」

ぎゅぎゅう

澪「わ!こら、お前ら!」

唯「わぁ、ぽわぽわ祭りぃ♪」

紬「梓ちゃんは?」

律「ど~すんのかな~?」

66: 2012/01/08(日) 21:30:18.76 ID:AaKva30f0
梓「うぅぅぅ」

梓「な、仲間はずれは嫌だから、やってやるです」

ぎゅっ

梓「な、なんでわたしが抱きついたらみんな離れるんですか!」

唯「あぁ~、あずにゃんの感触だぁ」

梓「も、もう!唯先輩!」

唯「やっぱり一番抱き心地がいいなぁ」

67: 2012/01/08(日) 21:33:03.87 ID:AaKva30f0
梓「しょ、しょうがないから1日1回は許してあげます」

唯「1回だと、ずっと抱きつかなきゃ損だよね♪」

梓「わ、わかったです!何回でもいいですから!」

唯「やったぁ♪」

がちゃ

和「さ、さっきはごめんなさ・・・い!?」

唯「あ、また和ちゃぁん」

梓「はひ?」

68: 2012/01/08(日) 21:36:07.22 ID:AaKva30f0
和「なんだ、やっぱりさっきは見間違いだったのね」

律「へ?どゆこと?」

和「唯と澪が抱き合ってるって見間違えちゃって」

紬「見間違い?」

和「それでね、部長会議は明後日に延期になったから」

律「あ、うん」

和「それじゃあね」

69: 2012/01/08(日) 21:38:08.57 ID:AaKva30f0
梓「な、なんでわたしだとスルーなんですか?」

澪「一番似合ってるからじゃないかな」

律「うん、見た目も一番しっくりくるぞ~」

紬「似合ってる、似合ってる♪」

梓「似合ってるって、なんですか!?」

唯「どうしよあずにゃん、お似合いだってぇ」

梓「どうしようじゃないです!」

梓「もう、いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!」  END

70: 2012/01/08(日) 21:39:08.57 ID:uujPMu8e0

引用元: 梓「今日から抱きつくの禁止!」唯「えええ?」