5: 2022/04/09(土) 12:40:37.89 ID:yEpemHcU.net
「「「おつかれさま~~」」」

璃奈 トコトコ…

かすみ トコトコ…

璃奈「かすみちゃん、おうちこっちじゃないよ?」

かすみ「そうだっけ。りな子が寂しそうだから一緒に帰ろっかなーと思って」

璃奈「帰っても一人なのはいつものことだよ」

かすみ「寂しくないの?」

璃奈「…」

かすみ「かすみんと一緒に帰るの嬉しい?」

璃奈「うれしい」

かすみ「じゃあ早く帰ろ!」ギュ

璃奈「…うん」

トコトコ…

6: 2022/04/09(土) 12:43:20.39 ID:yEpemHcU.net
璃奈の家


アラン ワンワン…

璃奈「ただいまアラン。かすみちゃんだよ」

かすみ「りな子ってば、アランにもただいま言うんだ」

璃奈「帰ったときに出迎えてくれるんだから、言わなくちゃ」

かすみ「そっか」

かすみ「ただいま、アラン。かすみんだよ~」

アラン …ウゥ

璃奈「かすみちゃんが『ただいま』って言うのはおかしいって」

かすみ「高性能すぎない?」

8: 2022/04/09(土) 12:51:10.21 ID:yEpemHcU.net
璃奈「帰ったら手洗いとうがい。洗面所はこっち」

かすみ「わかってるよ。知ってるよ、何回目だと思ってるの」

璃奈「平日の練習終わりに来るのは十九回目」

かすみ「数えてたの?」

璃奈「ううん、数えてない」

かすみ「…テキトー」ジト…

かすみ「りな子ってもっときっちりした感じかなーって思ってたけど、結構冗談とか言うよね」

璃奈「同好会で過ごすようになってから、みんなに吹き込まれた」

かすみ「ふふっ、吹き込まれたって。悪いことみたいじゃん」

璃奈「悪いことだったら、こんなに楽しくない」

かすみ「それもそうだね」

11: 2022/04/09(土) 12:55:14.17 ID:yEpemHcU.net
かすみ「りな子、それなに?」

璃奈「いいでしょ。買ってもらったんだよ」っスマホ スッ…

かすみ「夜ごはんどうするの?」

璃奈「ウーのバー」

かすみ「今夜わたし達が頂くのは?」

璃奈「かすみちゃんのお手製ピザトースト」

かすみ「手数料高くつくからね」

璃奈 っ財布 スッ…

かすみ「はいはい、しまってしまって。りな子もできることは手伝ってよ」

璃奈「アランの応援団モードを起動する」ピッ

かすみ「かすみんの話聞いてた?」

アラン …ウゥ

かすみ「警戒してるじゃん。せめて応援団モードにしてよ」

13: 2022/04/09(土) 13:00:13.71 ID:yEpemHcU.net
かすみ チャッチャカ…

璃奈「かすみちゃん、ピーマン切れた?」

かすみ「もう切ってるよ。そこ」

璃奈 フム…

璃奈「チーズ常温に戻さなくていい?」

かすみ「もうお皿に出してるよ」

璃奈 フム…

璃奈「ウィンナー炒める?」

かすみ「りな子」

璃奈「なに?」

かすみ「まるで監督みたいな素振りしてるけど、かすみんがやったこと言ってるだけだよね?」

ウィンナー ジュウゥ……

璃奈「鋭いね」

かすみ「りな子に応援団モード搭載してほしいなあ」

14: 2022/04/09(土) 13:06:31.15 ID:yEpemHcU.net
ピザトースト テテーン

璃奈「できた…!」フーッ

かすみ「よく達成感味わえたね」

璃奈「料理は火とか包丁を使うから、うまく連携が取れないうちは二人同時にキッチンに立つのは危ないと判断したんだよ」

かすみ「はいはい。アツアツのうちに食べよ」

璃奈「…いつも、みんなやってもらっちゃってごめんね」

かすみ「なに言ってるの。りな子だってコーンスープ用意してくれたじゃん」

璃奈「うん…」

コーンスープ(お湯で粉を溶いた)

かすみ「ありがと。ピザトーストにコーンスープなんて、豪華な夜ごはんになったね」

かすみ「早く食べよ!」

璃奈「うん」

15: 2022/04/09(土) 13:11:46.60 ID:yEpemHcU.net
かすみ「ごちそーさまっ」

璃奈「ごちそうさまでした」

璃奈「後片付けは私がやる」ガタ

かすみ「…」

璃奈 カチャカチャ

かすみ「運ぶのくらい手伝おうか?」

璃奈「いい。かすみちゃんはゆっくりしてて」NO!

かすみ「…」

璃奈 カチャカチャ… ピ

食洗機 ウウウウン……

璃奈 フゥ…

璃奈「かすみちゃん、食後のお茶はまだかね?」

かすみ「うーん上流階級」

17: 2022/04/09(土) 13:18:07.61 ID:yEpemHcU.net
かすみ っ旦 コト…

璃奈「いい匂い」

かすみ「ねー。うちで使ってるティーバッグの紅茶とは全然違う」クンクン

璃奈「ティーバッグの紅茶だって美味しいしいい匂いだよ」

かすみ「りな子、ティーバッグの紅茶って飲んだことあるの?」

璃奈「…?」

かすみ「こいつ」

璃奈「お母さんが茶葉の紅茶ばっかり買ってくるけど、私一人じゃ紅茶を淹れようなんて思わない。手軽だからエナジードリンク飲んじゃう」

かすみ「エナジードリンク備蓄するのやめなよ」

璃奈「かすみちゃんが淹れてくれる紅茶、すき」

かすみ「…かすみんは家政婦じゃないんですけどー」プイ

璃奈「我が家では掃除と洗濯はテクノロジーに任せるから、料理ができれば大丈夫だよ」

かすみ「だから家政婦じゃないんですけど!?」

18: 2022/04/09(土) 13:27:07.73 ID:yEpemHcU.net
りなかす カチカチ… カチカチ…(ゲーム中)

かすみ「今日はお母さん達何時頃に帰ってくるの?」

璃奈「わからない。ここ数日は23時過ぎくらいだったから、今日もそれくらいだと思う」

かすみ「…かすみんが帰っちゃった後、寂しいね」

璃奈「ずっとだから、慣れてるよ」

かすみ「りな子」…カチ

かすみ「寂しいのに慣れるなんてこと、ないよ。お母さん達が帰ってくるのが遅いことには慣れてるかもしれないけど、寂しいのに慣れるなんてことないでしょ」

かすみ「寂しいのってだめなことじゃないよ。お母さん達に、ちゃんと言ったことある?寂しいよ、って」

璃奈「…」カチカチ…

かすみ「…」

璃奈「…ない」カチカチ…

<2P WIN!!

かすみ「りな子、今かすみんいいこと言ってたよ」

璃奈「次はハンデつけるね」

かすみ「絶対勝つから」

19: 2022/04/09(土) 13:33:30.94 ID:yEpemHcU.net
かすみ カチカチ… カチッ

璃奈「……!!」

璃奈 カチッ カチッ…… カチカチカチ

<2P WIN!!

かすみ「っあああ~~~!惜しかったのに!もうちょっとだったのにー!」キィィィッ

かすみ「ね、ね!?惜しかったよね!?もう少しで勝てたよね!?」

璃奈「…どうだろうね」

かすみ「絶対勝てたよ!もうちょっとだったもん!よーし、次こそ勝つから…」

璃奈「あー、そろそろ帰らなくちゃ。もうこんな時間だもんなー」

かすみ「り、りな子?」

璃奈「もう遅いもんなー。可愛い可愛いかすみんが帰らないとお母さん心配するもんなー」

かすみ「そ、それはそうだけど、あと一戦しようよ」

璃奈 イソイソ…

かすみ「ねー片付け始めないで!りな子!!」

20: 2022/04/09(土) 13:40:29.25 ID:yEpemHcU.net
かすみ「お邪魔しました」

璃奈「たいしたお構いもできず」

かすみ「ほんとにね」

璃奈「いやになった?」

かすみ「なってない。なってたら十九回も来ないよーだ」

璃奈「え…数えてたの……?」

かすみ「なんでヒいてるの!?数えてたわけないじゃん!」

璃奈「冗談だったんだ。かすみちゃんの冗談、わかりづらい」

かすみ「とんだ裏切り者なんだけど」

璃奈「かすみちゃん送ってくるね、アラン」

かすみ「またね、アラン」

アラン ワンワン

璃奈「アランも嬉しそうだね」

かすみ「帰るときだけ嬉しそうにするのやめて?」

22: 2022/04/09(土) 13:48:24.24 ID:yEpemHcU.net
帰り道…


かすみ「毎回律儀に送ってくれなくていいのに」トコトコ…

璃奈「私の家に寄った後、かすみちゃんが帰ってきてないなんて騒ぎになったら、天王寺家の存続が危ぶまれるから」トコトコ…

かすみ「可愛げがないなぁ、りな子ってば」

璃奈「…可愛いかすみちゃんだったらどう返すの?」

かすみ「え~?そりゃあ、かわいいかわいいかすみんだったらぁ」

璃奈「毎回律儀に送ってくれなくてもいいのに」

かすみ「食い気味にフリ始めないでよ」

璃奈「毎回律儀に送ってくれなくてもいいのに!」

かすみ「強く言わないでよ。送られるのうっとうしいみたいじゃん。うっとうしいの?」

璃奈「うっとうしくなんかない。うれしい」

璃奈 ……ハッ

かすみ「へ~、嬉しいんだぁ。りな子ってば」ニマニマ

璃奈「そんなこと言ってない。送ってもらってるのに、調子に乗ってると思う」プイ…

かすみ「はいはい、ちょーしに乗ってごめんなさーいっ」

23: 2022/04/09(土) 13:52:54.37 ID:yEpemHcU.net
かすみ「肌寒いから手ぇつなご」ギュ

璃奈「うん」

かすみ「もっとおうち近かったらよかったのにね」

璃奈「どうして?」

かすみ「そしたらもっと遅くまでいてもいいし、すぐ会えるじゃん」

璃奈「今でもたくさん一緒にいられてるよ」

かすみ「もっと!近かったら今よりもっと一緒にいられるでしょってこと!」

璃奈「…そっか。なるほど」

かすみ「あーあ、かすみんが大人だったら門限とか気にしなくていいのになぁ」

璃奈「つくる?薬」

かすみ「つくらない。唐突に発明家りなりー出さないで」

璃奈「そう」

24: 2022/04/09(土) 13:57:03.26 ID:yEpemHcU.net
かすみ「ね、りな子」

璃奈「いいよ」

かすみ「まだなんにも言ってないんだけど」

璃奈「じゃあだめ」

かすみ「お話聞いてからにしてよ!」

璃奈「お泊まりでしょ。週末。いいよ」

かすみ「あ、うん…じゃあ、うん。行くね」

璃奈「そうならそうとすぐに言えばいいのに」

かすみ「りな子が変な風に返事するからじゃん!」

璃奈「用件もわかってたしそれに対する返事もしたよ。かすみちゃんが茶化しただけ」

かすみ「ぐぬぬ…なんだか納得いかない…」

25: 2022/04/09(土) 14:02:36.46 ID:yEpemHcU.net
中須家の前


かすみ「送ってくれてありがと」

璃奈「私の方こそ。いつも遅くまで一緒にいてくれてありがとう」

かすみ「ほんとだよー。りな子のおうちに寄った日は、寝る前のかわいい研究の時間を削らなくちゃいけないんだからね」

璃奈「へー」

かすみ「興味を示そう。せめて振りをしよう」

璃奈「…じゃあ、また明日だね」

かすみ「うん。また明日…」

璃奈「…」

かすみ「…」

27: 2022/04/09(土) 14:06:28.98 ID:yEpemHcU.net
中須母「まあまあ、いつもありがとうね璃奈ちゃん。さ、乗って乗って。途中でコンビニに寄ってアイスでも食べちゃいましょうか。晩ごはんはなに食べたの?」

璃奈「かすみちゃんがピザトーストつくってくれました」

中須母「あら~そう!」

かすみ「ねえ、この二度手間って必要?帰るとき迎えにきてくれないの、なんなの?」

中須母「お母さんがお迎えにいっちゃったら、璃奈ちゃんと二人で歩く時間がなくなっちゃうでしょ!青春を邪魔するなんて野暮なことできないもの」

璃奈「お気遣いありがとうございます」

中須母「いいのよ~~そんなの」

璃奈「かすみちゃんのお母さん優しい」

かすみ「面白がってるだけだと思う」

28: 2022/04/09(土) 14:11:58.65 ID:yEpemHcU.net
中須母「~♪」(運転中)

璃奈「かすみちゃんのお母さん、ごきげん」

かすみ「またこんなに遅くなってーって怒られるよりはよっぽどいいけどね」

璃奈「…あれ、ボードがない。コンビニに置いてきたかも」

かすみ「…はー、りな子ってばなに言ってるの」

璃奈「え?」

かすみ「練習終わってから一回も使ってないじゃん。りな子の家出るとき、そもそも持ってなかったよ」

璃奈「そうだったっけ」

かすみ「かすみんといるときは、ボードなんかいらないよ。こうして普通に話してるだけでちゃんと気持ち伝わるもん」

かすみ「今、すっごく楽しいって思ってることとかね」

璃奈「…そうなんだ。よかった」

30: 2022/04/09(土) 14:16:39.26 ID:yEpemHcU.net
かすみ「スクールアイドルのキャラ付けとして確立しちゃったから、完全に使わなくなっちゃうのもちょっとどうかなーって感じだけど」

かすみ「少しずつ、ボードなくてもみんなに気持ちが伝わるようになっていくといいね」

璃奈「…うん」

かすみ「璃奈ちゃんボード、『てれてれ』」

璃奈「違う。璃奈ちゃんボード、『やったるでー』」

かすみ「あははっ、その意気だよっりな子!」

璃奈「でも、愛さんとつくった大切なボードを『なんか』って言ったことは一生許さない」

かすみ「そ、そんなつもりで言ったんじゃないじゃん!ごめんってば!」

璃奈「つーんっ」

かすみ「ごめんってばぁ、りな子~~」

璃奈(一生許さないから、一生仲良しでいてもらうんだもん──ね♡)


おしまい

31: 2022/04/09(土) 14:17:40.57 ID:yEpemHcU.net
お付き合いいただきありがとうございました
また、遅くなりましたがスレ立て代行ありがとうございました

いい気晴らしになりました

33: 2022/04/09(土) 14:19:24.22 ID:lllezEgX.net
素晴らしい…

引用元: りなかすのss