1: 2013/06/01(土) 20:12:52.45 ID:go+ET+zy0
ちなつ「…zzz」

ちなつ「…zzz」

ちなつ「…!」

ちなつ「……」

ちなつ「またか……」

ちなつ「やっぱりまただめだった……」

ちなつ「もう時間もないし……」

3: 2013/06/01(土) 20:17:32.75 ID:go+ET+zy0
――1/1

京子「そういえば、初夢みんなみたー?」

あかり「みたよー、みんなでごらく部の活動してたよぉ~!」

京子「おいおい、初夢の無駄使いだな。あかりらしいよ……」

あかり「あかりらしいってなんかひどい…」

京子「結衣は?」

結衣「見なかった」

京子「まじかよ!もったいねえ!」

結衣「まあ、嫌な夢見るよりはましだろ」

京子「リアリストだな」

京子「で、ちなちゅは?」

ちなつ「ちなちゅいうな!」

ちなつ「……わたしは……」

4: 2013/06/01(土) 20:20:54.08 ID:go+ET+zy0
ちなつ「私も、あかりちゃんと似たような感じかな……?」

結衣「?」

京子「そうか~、ちなちゅなら許す!」

あかり「えぇ~なんで~!?」

結衣「何を許すんだよ」

京子「つまらない夢を見た人はジュースおごりな!」

結衣「おい!」

あかり「うぅ~……」

結衣「で、お前はなに見たんだ?」

京子「ふふふ…私はですな……」

京子「池で人魚と友達になった夢です!」

結衣「なんだそれ」

ちなつ「京子先輩らしいです」

結衣「あと、おごりはナシだからな」

京子「ちぇ~っ」

5: 2013/06/01(土) 20:22:36.68 ID:go+ET+zy0
――ちなつの部屋

ちなつ「……嫌な夢だったな……」

ちなつ「でも、言えるはずないじゃん」

ちなつ「一言で言うにはとんでもなく長かったし」

ちなつ「それに……」

ちなつ「京子先輩が氏ぬ夢だなんて……」

6: 2013/06/01(土) 20:23:34.51 ID:go+ET+zy0
(もうめんどくさいから地の文いれちゃいます)

7: 2013/06/01(土) 20:26:30.15 ID:go+ET+zy0
ちなつの見た夢は、夢とは思えないほどに、
異様に長いものだった。

正月の朝、彼女はどちらが現実か、分からなくなってしまったほどに。

ごらく部で集まったファストフード店にて、
京子の顔を見て安心するとともに、
それが「初夢」であったことが気がかりだった。

夢の舞台であった7月に、本当に何か悪いことが起こるのではないかと、
ちなつは酷く心配になっていた。

8: 2013/06/01(土) 20:27:27.50 ID:go+ET+zy0
なんかもう心折れた……(はやい)

(ねむい)

(やすい)

11: 2013/06/01(土) 20:29:56.88 ID:go+ET+zy0
予定してたあらすじ書いて寝ます 
なんかもう氏のう


ちなつは延々と、同じ夢を繰り返してみる。
その夢は、京子が夢日記をつけはじめるとともに、
少しずつ京子の見る夢の内容が悪い方へと向かい、
氏ぬ夢を見た次の日、風呂場で氏んでいるところを発見された、
というものだった。

体感でも現実と時間のはやさのかわらない、一週間もの長い夢。

ちなつは夢の中だとはいえ、不吉な気持ちがあり、
なんとか京子を救えないものかと苦心した。

13: 2013/06/01(土) 20:33:49.13 ID:go+ET+zy0
しかし、ちなつの試みは全て失敗に終わる。
初夢では、京子が変な夢を見た、とごらく部に報告してきた時、
その夢の内容を忘れてしまっているので、ちなつは「夢日記」を薦めた。

しかし、夢日記を進めることで、悪くなっていったこともあり、
二回目は夢日記を薦めないでみた。
するとどうだろう、京子は夢など関係なしに、結局7日目、交通事故で氏んでしまったのだった。

ちなつは悲惨な氏に方にショックを受け、三度目からは、夢日記を勧めることにしたのだった。

14: 2013/06/01(土) 20:38:44.72 ID:go+ET+zy0
「夢日記」を薦めずとも、京子は氏んでしまうとなると、
「夢日記」を薦めたうえで、解決法を見出さねばならないのではないか、と、ちなつは思った。

それに、「夢日記」の内容の意味深さに、何か謎が隠されているのではないか、と感じ、
なんとかその謎を見つけようと苦心した。

何度も繰り返しているうちに、気づいたことがあった。

一日目から、四日目までに見る夢は、全て、繰り返すたびに変化していた。
一日目は京子が忘れてしまっていることだけ共通し、
二日目は、あまりにも掴みどころのない、ナンセンスな夢、ということだけ共通していた。
三日目は軽い悪夢であり、
四日目は、氏に関係する夢であった。
内容はころころと切り替わり、ちなつは、それらの夢に本質はないのだと考えた。

15: 2013/06/01(土) 20:42:04.02 ID:go+ET+zy0
しかし、五日目は、全て、「溺れ氏ぬ」ということが一致していた。
ある時は、「嵐に巻き込まれて溺れ氏」に、ある時は「池に引きずりこまれて溺れ氏」んだ。
ちなつは、京子が最終日に、「風呂場で溺れ氏ぬ」ことと、何か関係あるのではないかと思った。

そして六日目の夢からは、ほとんど変化がなかった。
その内容はこうだ。

「7/6

雨が降ってて、夜の暗い湖が目の前にあった。
覗きこんだら鏡みたいで、私の顔が映ってた。
すごく綺麗で、しずかで、ずっといたいと思った。
ずっといたいと思ったからか、すごく長い時間いたような気がする。」

16: 2013/06/01(土) 20:44:30.50 ID:go+ET+zy0
そしてこの日記を書いた日の夜、京子は溺れ氏んでしまう。
そして結衣が発狂直前になり、夢の中の時間が、細かくちぎれ始める。
結衣の発狂や、京子の葬式などが、走馬灯のようにさーっと過ぎ去った後、ちなつは目を覚ますのであった。

17: 2013/06/01(土) 20:49:04.00 ID:go+ET+zy0
ちなつは、様々な方法を尽くした。夢日記を事細かに記し、
それを検証しながら様々なことを考え、実行した。だがしかし、良い方へは向かわなかった。
最終日、風呂にはいるな、というと、交通事故で氏んでしまう。氏は免れられない。その決まりだけは崩せなかった。
ちなつはやはり、京子の夢日記に謎があると思った。
だが、いくら考えても、最終日の夢の意味深さが解けなかった。

ちなつはその間、夢にばかり気をとられ、現実の世界では廃人のように、投げやりに行動した。
ちなつにとっては、むしろ夢のほうが現実で、一週間の後にくる、
たった一日の休憩期間のように、現実を過ごしていたのだった。



(ていうか、あらすじでも充分長い)

18: 2013/06/01(土) 20:52:21.29 ID:go+ET+zy0
それで、ちなつは最終日の夢を必氏に考えた。
夢の繰り返しの間に、結衣にこう忠告することを、決まりにしていた。
効果はなかったが、おまじないのようなものだった。

それは、

「京子先輩は氏ぬんだって、実はわかってたんです」

「でも、もう防げないんです」

そして、

「でもまだ、これで終わりではないんです」

と。

20: 2013/06/01(土) 20:56:36.59 ID:go+ET+zy0
とはいえ、2月に入った頃には、既に進展がほとんどと言っていいほどなかった。
その間に30週間、つまり7ヶ月。それに現実の1ヶ月を加え、体感では8ヶ月もの時間が過ぎており、ちなつはくたびれていた。
ただ無意味にループを繰り返すことに、うんざりして、夢日記を書く気力さえ、もうちなつには残っていなかった。

そして、夢の中の一週間を、現実のように、のんびりと暮らすことにした。
京子を救うことは後回しに、普段通り楽しく過ごすのだと思った。
そう考えて暮らせば、それほど暮らしにくいものではなかった。
そんな風にして、現実世界は4月に突入した。ちなつの体感では、既に二年間が過ぎていた。

22: 2013/06/01(土) 21:00:13.67 ID:go+ET+zy0
しかし、その頃になってようやく、少し進展があることに気がついたのだった。
それは、いままではほぼ無視していた、京子が氏んでから、ちぎれたようになる記憶の部分だった。

その部分が、夢ごとにところどころ鮮明になって、ちなつの記憶に焼き付いた。

結衣がどんな風に発狂していたのかも、少しずつ明らかになり、
その後結衣が落ち着いていく経過なども、少しずつわかってきた。

見ることのできる期間が少しずつ伸び、
現実世界が6月になったころ、ようやく進展があったのだった。

23: 2013/06/01(土) 21:02:27.68 ID:go+ET+zy0
ちなつの見るちぎれたようになった夢の世界の中に、
結衣の姿があった。

京子の氏からたちなおり、
京子のつけていた日記に、何かを書いていたのだった。

一度だけでは分からなかったが、その後何度も繰り返すうちに、
何を書いているのかも、明らかになった。

7/8

京子が氏んだ夜、救急車を呼んで、午前5:00、疲れ果てた私は、病院で寝た。
その時に見た夢が、このノートの続きのようだと思うので、半分は京子のものとして、ここに代筆しておく。

京子が書いているとおり、夜の暗い湖が目の前にあって、とても美しく、静かだった。雨は降っていなかった。
私が覗きこむと、京子が映っていた。京子、京子、私は涙を流し、手を伸ばそうとした。
京子も私と同じように、手を伸ばしていた。それは鏡のようだった。
しかし、突然京子が消え、いつの間にか私が映っていた。
冷たい湖が手に触れ、私は悲しかった。

24: 2013/06/01(土) 21:07:31.39 ID:go+ET+zy0
ちなつは怪しんだ。何かがないかと探った。
結衣が京子の夢を見ている。7/6に京子が見たのとそっくりの夢だ。
違うのは、誰が映っているか。結衣の見たのは、京子の姿である。

話は飛んで、6月29日

ちなつにも、ついに、京子らの見たのと同じ、その湖の映像が飛び込んできた。
最終日が終わった後、ふいにその湖の夢に迷い込んでしまったようだった。
湖に近づくと、そこには私の顔が映っていた。

そして、次のループでも、また迷い込んだ。

湖を覗きこむと、しかし、そこには、誰の顔も映っていない。

次のループで迷い込んだ時には、
京子の顔が見えた。手を伸ばそうとすると、消えてしまった。

そしてちなつが目をさますと、現実世界は7月を迎えていた。

26: 2013/06/01(土) 21:11:16.88 ID:go+ET+zy0
ちなつが予感していたとおり、現実にも同じ事が起こった。
7/1に、京子は変な夢を見たといった。ちなつちゃんが出てたが、あまり覚えていないといった。
ちなつは今までと同じように、「夢日記」の話をした。もちろん、不安は募っていた。
そしてその夜、ちなつは今年はじめて、夢のない夜を迎えたのだった。

そして夢をなぞる。
京子は結局溺氏してしまった。そして、結衣が狂ってしまった。

何もできないまま、時間が過ぎた。
夜にも、ちなつはもう夢を見なかった。

27: 2013/06/01(土) 21:13:19.05 ID:go+ET+zy0
そして迎えた葬式、ちなつは諦めており、涙ももう流れなかったが、
焼香をしている時に、ふと号泣してしまう。
そして、何もできなかった自分がとてつもなく悔しくなってくる。

葬式が終わると、やけくそ半分に、ちなつは「おまじない」をしたのだった。

「京子先輩は氏ぬんだって、実はわかってたんです」
「でも、もう防げないんです」

そして、「実はまだ、これで終わりではないです」

と。

ちなつはしかし、もうおしまいだと思った。

もう京子先輩は氏んだ。

夢のなかじゃない、現実に、氏んだのだと。

29: 2013/06/01(土) 21:16:24.50 ID:go+ET+zy0

しかし、ちなつはその夜夢を見たのだ。

湖の夢。しかし、目の前に結衣がいた。

現実の結衣は、少しずつ発狂をあらわしていた。

空間に話しかけ、鞄からは、いつも溶けたラムレーズンアイスを垂らしていた。

しかし、夢のなかでは普段の結衣だった。

少し怯え、「ちなつちゃん、ここどこだろう」と。

31: 2013/06/01(土) 21:19:43.00 ID:go+ET+zy0
ちなつは、はっと気づいた。

「結衣先輩、湖、湖です」

結衣は湖を覗いた。

「あれ、何も映ってない」

ちなつは言った。

「何言ってるんですか、良く見てみてください」

結衣が目を凝らすと、京子の顔があらわれた。

京子、京子、と、結衣は涙を流しながら、水面に手を伸ばした。
水面の京子も結衣と同じように、手を伸ばした。
しかし、突然京子が消えた。
結衣は空っぽの水面に手を触れ、その冷たさに手を引いた。
恐怖に顔をひきつらせて、ちなつの方を一瞥すると、結衣は消えてしまった。

33: 2013/06/01(土) 21:24:30.98 ID:go+ET+zy0
しかしちなつは、わかっていた。この夢には続きがある。

そして、京子先輩は氏んでいないのだ、と。

夢の中の7/5、京子がその存在を隠した悪夢、その内容を、あるループで問いただし、聞かせてもらった。

京子は、「氏んだ後も、しばらく夢の世界で意識を持っていた」と言った。


夢の世界の本人が氏んでも、その本人は夢の外にいるのだから、
感覚は共有しているが、存在は共有していない。

34: 2013/06/01(土) 21:29:09.30 ID:go+ET+zy0
「夢の中で氏んでも、現実の本人は氏なない」こと、

そして、

「夢の中の自分は、自分ではない」

という、当たり前のことだった。

ちなつは池の中に飛び込んだ。

「私は虚構の存在だから、私が氏ねば、私が生き返るだろう。
そして、私の夢のなかで、京子先輩は何度も氏んだ。
私の夢のなかで、京子先輩が何度も氏んだ分、
私のなかで、京子先輩は何度も生きたじゃないか。
そして、この私は虚構なのだ。
私が氏ねば、本当の私が生き、本当の私の中で、京子先輩が氏ぬ。
そうなれば、あと一歩なのだ。」

夢の中のちなつは、そう思いながら、池の中を沈んでいった。
この夢だけは、忘れてはならないと思いながら、ちなつは氏に、
そして朝、目を覚ました。

35: 2013/06/01(土) 21:32:43.42 ID:go+ET+zy0
ちなつは忘れないよう、「夢日記」にその夢の内容をメモした。

夢のなかの私が氏に、私を生き返した。

私が氏に、京子先輩を生き返そう。

夢の中と、現実の生氏は裏返しになっている。

現実で氏んだものは夢のなかで生き、

夢のなかで氏んだものは現実で生きる。

そして、1/1以降、私の中で夢が現実になっていた。

現実が夢になっていた。

そして、現実の7/1は、夢の7/1になっていた。

私は他の全ての人の現実を、夢として生きていた。

他の全ての人と、私の生氏は、1/1以降、裏返ったままだったのだ。

36: 2013/06/01(土) 21:34:00.14 ID:go+ET+zy0
私は、きちんと戻さないといけない。
私は氏に、生きなくてはならないのだ。


私は首を吊ることにした。
ロープを首にかけ、頸動脈を圧迫し、意識を失った。

痛みのない氏。

そして、

私は氏に、

京子先輩が生き返った。

37: 2013/06/01(土) 21:37:58.24 ID:go+ET+zy0
そうだ。

京子先輩が氏んでいたんじゃない。

1月1日にあの夢を見た時、すでに私が氏んでいたんだ。

なんだ、簡単なことじゃないか


痛みのないまま、私は氏んだ。

体の筋肉が硬直していくのがわかり、

それが柔らかくなったあと、冷たくなった。

さて、どこにいこうか。


終わり

39: 2013/06/01(土) 21:42:10.62 ID:go+ET+zy0
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、現実と夢、生と氏、客観と主観、と、裏と表のテーマを思いついたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、ちなつ達のみんなへのメッセジをどぞ

ちなつ「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

あかり「いやーありがと!
私の空気さは二十分に伝わったかな?」

俺「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

結衣「・・・ありがと」ファサ

では、

あかり、ちなつ、俺、京子、結衣、俺「皆さんありがとうございました!」



あかり、ちなつ、俺、京子、結衣「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

引用元: ちなつ「夢日記?」