1: 2021/03/27(土) 09:16:49.49 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「うん。知らない?」

侑「知らないなぁ。歩夢は?」

歩夢「私も。璃奈ちゃん、それなぁに?」

璃奈「実は私も知らないの。璃奈ちゃんボード『謎』」

歩夢「えっ?」

侑「どういうこと?」

璃奈「最近ファンの人たちの間で流行してる、都市伝説とか七不思議的な何か、だと思う」

3: 2021/03/27(土) 09:21:52.37 ID:oYPuLbpV.net
あっ無事に立った
ゆうぽむです

5: 2021/03/27(土) 09:26:52.93 ID:oYPuLbpV.net
侑「それなら、同じクラスとかのファンの人に聞いてみた方がいいんじゃ?」

璃奈「私もそう思って聞いてみた。そしたら……」

璃奈「ゆうぽむさんを知ってる?って聞くと、そこそこの人が知ってるって答えてくれた。でも……」

璃奈「ゆうぽむさんって何?って聞くと、曖昧で妙な答えしか返ってこなかったの」

歩夢「それは……何だか不思議な話だね」

璃奈「私たちのファンじゃなくて同好会側の人なら知ってるかもと思って、2人に聞いてみたんだけど」

侑「……やっぱり、心当たりはないなぁ」

歩夢「力になれなくてごめんね、璃奈ちゃん」

璃奈「ううん、答えてくれてありがとう」

8: 2021/03/27(土) 09:31:35.59 ID:oYPuLbpV.net
侑「それにしても、何なんだろうね。ゆうぽむさんって」

侑「特に後ろ2文字の『さん』って何?」

璃奈「何、って?璃奈ちゃんボード『詳しく』」

侑「いやほら、この『さん』が人物名とかに付く『さん』なのか、そこから生まれたって意味の『産』なのか」

侑「それとも何かがたくさん集まってできた『山』なのかもしれないし」

歩夢「……考えてもよくわからないね」

璃奈「でも、少しだけ手がかりになったかも」

侑「それならよかった」

10: 2021/03/27(土) 09:37:08.69 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「この件についてはかすみちゃん、しずくちゃんと共に引き続き調査してみるね」

歩夢「かすみちゃんとしずくちゃんも知ってるんだ」

璃奈「元々この話持ってきたの、かすみちゃんだから」

璃奈「ゆうぽむさんの謎は私たちで解き明かすよ。璃奈ちゃんボード『むんっ』」

侑「でも、気を付けてよ。都市伝説とか七不思議って何かヤバいことになりそうで……」

璃奈「そんな酷いオカルトって感じでもないし、危ないことにはならないんじゃないかな」

侑「だとしても、注意してね」

璃奈「うん。気を付けるよ」

11: 2021/03/27(土) 09:42:24.01 ID:oYPuLbpV.net
ガチャ

しずく「すみません。遅くなりました」

かすみ「お待たせしましたー!」

璃奈「あ、2人とも」

侑「聞いたよ、ゆうぽむさんの話」

しずく「あぁ、聞きましたか。すみません、かすみさんの思いつきに巻き込んでしまって」

かすみ「そんなこと言って、しず子だって付き合ってくれてるくせにぃ」

しずく「わ、私はただ2人が心配だから見張ってるだけで……」

かすみ「はいはい、そういうことにしておいてあげるよ」

しずく「かすみさんっ!」

15: 2021/03/27(土) 09:47:25.63 ID:oYPuLbpV.net
歩夢「かすみちゃんとしずくちゃんも、調べてる最中に何か変だと思ったらすぐ切り上げてね」

かすみ「それは、どういう?」

歩夢「ほら、調べるものが都市伝説とかだから、何かあったらいけないし……」

かすみ「大丈夫ですよぉ、そういうのってちゃんと原因があるのがほとんどなんですから」

かすみ「それに、かすみん探偵団にはりな子がついてますからね!」

璃奈「あんまり期待されても困るけど……」

しずく「というかいつの間にかすみん探偵団なんて名前になったの?」

かすみ「そりゃこの話持ってきたのはかすみんだからね。リーダーはかすみんで、2人は助手!」

しずく「はぁ……」

17: 2021/03/27(土) 09:52:27.26 ID:oYPuLbpV.net
侑「ほらみんな、そろそろ練習始めるよ」

かすみ「はーいっ」

しずく「今日はこれで全員でしたっけ」

歩夢「他のみんなはそれぞれ予定があるみたいで……」

璃奈「ちょっと寂しいけど、仕方ないよね。璃奈ちゃんボード『しょんぼり』」

侑(1年生たち、このまま調べるみたいだけど……止めなくてもいいのかなぁ)

侑(私も何となく、そんな危ない目に遭うことはない気はするけど……)

侑(……まぁかすみちゃんはともかく、しずくちゃんと璃奈ちゃんが付いてれば大丈夫かな)

歩夢「侑ちゃーん。行くよー」

侑「あ、今行くー」

18: 2021/03/27(土) 09:57:28.02 ID:oYPuLbpV.net


かすみ「さーって、日課のスクールアイドル情報巡りを、っと」カタカタ

スクールアイドルちゃんねる

1:スクールアイドル総合スレ その246(362)
2:最近伸びてきているスクールアイドル(135)
3:近所のミカン園がスクールアイドルとタイアップしてた(781)
4:私は別次元のスクールアイドル(219)
5:東京スクールアイドル総合 Part174(98)
6:にっこにっこにー(25)
7:スクールアイドルの幼馴染が可愛すぎる Part629(962)
8:練習メニュー相談スレ(507)
9:【第三次】ごはんvsパン【大戦】(855)

かすみ「んー……。今日は大したものがないなぁ」

かすみ「それにしても、かすみんのは全然伸びない。歩夢先輩やエマ先輩のはすごい書き込まれてるのに」

かすみ「こうなったら自分で……いやさすがにそれは……」

かすみ「……あれ?これは」

82:【速報】虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、幻の10人目見つかる(1)

かすみ「10人目って……まさか侑先輩!?」カチッ

21: 2021/03/27(土) 10:02:48.43 ID:oYPuLbpV.net
1:ゆうぽむで叶える物語
ふふっ

22: 2021/03/27(土) 10:07:43.72 ID:oYPuLbpV.net
かすみ「えっ」ビクッ

かすみ「あ……と、閉じちゃった。閉じるなんて押してないのに」

かすみ「でも今の……名前欄にゆうぽむ、って……」

かすみ「もう1回今のを探して……」カタカタ

かすみ「……あ、あれ?見つからない、何で?」

かすみ「とにかく1回ページ更新して、と……」

23: 2021/03/27(土) 10:12:28.74 ID:oYPuLbpV.net
スクールアイドル@ねる

1:@アイドル総合スレ その24@(362)
2:最近伸びてきているスクール@(135)
3:近所の@がスクールアイドルと@アップしてた(@35)
4:@は別次元のスクー@ドル(219)
5:東京@総合 Part1@@(98)
6:にっこにっこにー(25)
7:@ルアイドルの幼馴染が@すぎる Part629(962)
8:@相談スレ(5@7)
9:【第@次】@vs@【大戦】(855)

かすみ「な、何これ……?表示がおかしくなってる……」

かすみ「……?ページが切り替わって、文字が……」

『ゆうぽむですか?』

『ゆうぽむじゃないの?』

『ゆうぽむは?』

かすみ「や、ヤバいヤバい!何だかよくわかんないけどヤバい!」

『ゆうぽむまだ?』

かすみ「し、知らない!ゆうぽむなんて知らないよっ!」

かすみ「というか、あなたがゆうぽむさんなんでしょ!?」

26: 2021/03/27(土) 10:18:43.76 ID:oYPuLbpV.net
『そっか』

『じゃあ』

『ゆうぽむを』

『おしえてあげる』




@cメ*◉ _ ◉リ『ねぇ』

@cメ*◉ _ ◉リ『かすみちゃん』

かすみ「ひっ!?」

かすみ「ひいいぃぃぃぃぃっ!?」

30: 2021/03/27(土) 10:23:52.41 ID:oYPuLbpV.net
チュンチュン…

かすみ「……はっ!?あ、あれ、朝……?」

かすみ「私、昨日は何して……?えぇと、確かパソコンで……」

かすみ「……あぁ、そうだ!私、見ちゃったんだ、ゆうぽむさんを!」

かすみ「ゆうぽむさんを……ゆうぽむ……えへへぇ……」

かすみ「……っと、こうしちゃいられない。早く学校に行って伝えないと!」

PC『@cメ*◉ _ ◉リ』

かすみ「!?」バッ

かすみ「気のせい……かな……」@

31: 2021/03/27(土) 10:28:28.88 ID:oYPuLbpV.net
侑「えぇっ!?ゆうぽむさんを見た!?」

かすみ「はい!見ました、見ちゃいました!」

歩夢「だ、大丈夫だったの?」

かすみ「それはまぁ、はい。特にどこも何ともありませんし」@

歩夢「あれ……?」

かすみ「歩夢先輩?どうかしました?」

歩夢「あっ、ううん。見間違いだったみたい」

32: 2021/03/27(土) 10:33:37.43 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「それで、結局ゆうぽむさんって何だったの?璃奈ちゃんボード『わくわく』」

かすみ「それが、えぇと……」

侑「かすみちゃん?」

かすみ「……す、すみません。よく覚えてないんです」

歩夢「でも、見たんだよね?ゆうぽむさんを」

かすみ「それは間違いないです!見たというか、触れたというか、感じたというか……」

璃奈「かすみちゃん、もっとはっきりしたことを教えて?」

かすみ「む、無茶言わないでよ!かすみんも何かこう、よくわかんないんだもん!」

33: 2021/03/27(土) 10:38:23.96 ID:oYPuLbpV.net
侑「結局、わかったことはかすみちゃんもファンのみんなみたいに名称はわかるけど詳細はわからないってことかぁ」

璃奈「何かひとつでもわかるかもと思ったんだけど。璃奈ちゃんボード『無念』」

歩夢「……あ。でも、ひとつだけわかったことがあるよ」

侑「え?」

歩夢「そのゆうぽむさんは、何か危害を加えたり危ない目に遭わせたりするものじゃないってこと」

歩夢「だって、もし本当に怖い何かだったなら今ここにかすみちゃんは無事でいないもん」

侑「そっか、そう言われるとそうだね。すごいじゃん歩夢、よく気が付いたよ!」

歩夢「えへへ」

璃奈「命の危険がないっていうのはわかったけど、どういうものなのかまだよくわからないね」

璃奈「リーダーのかすみちゃん、どうしよう?」

かすみ「……」@

36: 2021/03/27(土) 10:43:33.31 ID:oYPuLbpV.net
――ユウポムーン――

侑「すごいなぁ、歩夢は。私が気が付かないところまで気が回って」

歩夢「ううん、そんなことないよ。私は侑ちゃんのこと、ずっと見てただけ」

侑「これからもさ、私の隣で、私のこと……見ててくれるかな」

歩夢「ふふっ。もちろんだよ」

侑「歩夢っ!」ギュー

歩夢「侑ちゃんっ!」ギュー

――ユウポムーン――

かすみ「……えへへ。いいよぉ」@

璃奈「ていっ」ベシッ

かすみ「あたっ!ちょっとりな子、何するの!かすみんのかわいいおでこにっ!」

璃奈「何度呼んでも返事もしないでぼーっとしてたから」

かすみ「う……。ご、ごめん」

37: 2021/03/27(土) 10:48:31.45 ID:oYPuLbpV.net
侑「かすみちゃん、大丈夫?」

歩夢「具合悪いの?」

かすみ「大丈夫ですっ!ちょっとゆうぽむしただけなんでっ!」

侑「うん?」

かすみ「……あ、いえ何でもないです!」

璃奈「でも、ぼんやりしてる間ずっと侑さんと歩夢さんを見てたよ」

かすみ「そう言われても……。かすみんもほんとによくわからなくて……」

40: 2021/03/27(土) 10:53:25.31 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「歩夢さんはさっき、ゆうぽむさんは何もしないって言ってたけど」

璃奈「かすみちゃんが呼びかけても反応しないほどぼんやりしちゃうのはゆうぽむさんの影響かも」

歩夢「急にぼんやりしたりすると危ないよね」

侑「大丈夫かな」

璃奈「今のところ私たち、というより侑さんと歩夢さんがいるところだけでぼんやりするみたい」

かすみ「エヘヘ……ユウポム……」@

璃奈「ほら」ベシッ

かすみ「あいたっ!」

侑「大丈夫……大丈夫なのかな……?」

41: 2021/03/27(土) 10:58:20.20 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「今はこれ以上わかることがないし、切り上げよう。璃奈ちゃんボード『調査終了』」

侑「そうだね」

かすみ「リーダーはかすみんなのにー!」

歩夢「あはは……」

侑「そういえば、今日しずくちゃんは?」

璃奈「今日は練習がお休みだから演劇部の方に行ってるみたい」

歩夢「演劇部もそろそろ終わってるだろうし、迎えに行ってみんなで一緒に帰ろっか」

璃奈「おー」

42: 2021/03/27(土) 11:03:35.81 ID:oYPuLbpV.net
しずく「……」

しずく(さっきの練習、納得のいく出来じゃなかった)

しずく(次の部活までに役を自分のものにしておかないと……)

しずく「……ふぅ。よし、始め……」

ピロリロリン♪

しずく「あれ、メッセージ……?歩夢さんから……」

『ゆうちゃんにちかづかないで』
『うしろからみてるんだよ』
『ぽっとでのしずくちゃんじゃ』
『むりだからね』

しずく「えっ……」

45: 2021/03/27(土) 11:08:26.77 ID:oYPuLbpV.net
カタン

しずく「誰っ!?」

しずく「……気のせい、かな」

しずく「でもこれ……歩夢さんから、じゃないよね。こんなこと送ってくるような人じゃない……」

しずく「それに、不自然にひらがなだけで書かれてる。何か意味が……」

しずく「ゆ、う……ぽ……。まさか、これって……!」

ピロリロリン♪

しずく「ひゃっ!?ま、またメッセージが……」

『ゆうぽむだよ?』

『だめだよゆうぽむだからね?』

『ゆうぽむのじゃましないで?』

しずく「な……なに、なにこれっ!?」

『ゆうぽむいるよね?』

しずく「い、いらないっ!そんなわけのわからないのっ!」

47: 2021/03/27(土) 11:13:34.23 ID:oYPuLbpV.net
『なんだ』

『きづいてないだけなんだね』

『ゆうぽむは』

『すぐそばにあるんだよ』




@cメ*◉ _ ◉リ『ねぇ』

@cメ*◉ _ ◉リ『しずくちゃん』

しずく「いっ……いやああぁぁぁぁぁっ!!」

48: 2021/03/27(土) 11:18:40.71 ID:oYPuLbpV.net
「……!……子っ!」

かすみ「しず子ってば!」

しずく「……あ、かすみ、さん?」

かすみ「しず子……!あー、よかったぁ……」ギュー

しずく「ちょ、かすみさんっ」

侑「しずくちゃん、大丈夫?」

しずく「侑先輩……それに皆さんも。どうしてここに?」

49: 2021/03/27(土) 11:23:24.03 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「演劇部の練習も終わってると思って、一緒に帰ろうと迎えにきたの」

璃奈「そしたら、しずくちゃんがここで立ったままぼーっとしてて、呼びかけても全然返事がなくて」

かすみ「心配、したんだから……」

しずく「……ごめんなさい。心配、かけてしまって」

侑「気にしないでよ。それより、ずっとぼんやりしてたみたいだけど……」

しずく「あっ……そう、そうです!私、見ちゃったんです、ゆうぽむさん!」

侑「やっぱりそうだったかぁ……」

しずく「やっぱりって……?」

侑「かすみちゃんもゆうぽむさんを見たらしくてね。その影響なのかぼんやりしちゃうみたいなんだ」

侑「今のところはそれ以上の危険性はないみたいだから、安心して」

50: 2021/03/27(土) 11:28:48.72 ID:oYPuLbpV.net
歩夢「しずくちゃん、ゆうぽむさんのことについてなんだけど」

しずく「ひっ!?」

歩夢「……し、しずくちゃん?」

しずく「あ……す、すみません……」

歩夢「私、そんなに怖がられる先輩なのかなぁ……」

しずく「ち、違います、急に話しかけられたからびっくりしただけでっ……」@

侑「……んん?」

しずく「侑先輩?」

侑「ううん、何でも。気のせいだったみたい」

51: 2021/03/27(土) 11:33:20.73 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「それで、しずくちゃんが見たゆうぽむさんって?」

しずく「えぇと、それが……何だかよくわからないの。ぼんやりとした感じで……」

かすみ「これもかすみんやファンの人たちに聞いたのと同じみたいですね」

しずく「ちょっと待って、確か携帯に……」

歩夢「……何も来てないね」

しずく「あ、あれ……?何か来てたと思ったんですけど……」

璃奈「届いてるのはここに来る前にかすみちゃんが送った、迎えに行くよってメッセージだけだね」

しずく「でも、歩夢さんから送られてきたような……」

歩夢「えっ?私、何も送ってないよ?」

しずく「はい……。気のせいだったみたいですね」

53: 2021/03/27(土) 11:38:37.55 ID:oYPuLbpV.net
侑「それにしても、かすみちゃんに続いてしずくちゃんもかぁ……」

歩夢「こうなってくるとちょっと怖いね……」

璃奈「ひとまず、今日の探偵団はおしまい。2人もそれでいいよね?」

かすみ「……」@

しずく「……」@

――ユウポムーン――

歩夢「侑ちゃん……私、怖いよぉ……」

侑「大丈夫だよ。歩夢のことは、私が守るから」

歩夢「……えへへ。そう言ってくれるの、すごく嬉しいな」

歩夢「でも、無茶しちゃダメだよ。もし侑ちゃんに何かあったらと思うと、私……」

侑「歩夢……」

歩夢「侑ちゃん……」

――ユウポムーン――

かすみ「……うへへ」@

しずく「……ふふふっ」@

璃奈「ほら2人とも、帰るよ」

55: 2021/03/27(土) 11:43:35.65 ID:oYPuLbpV.net
侑「一緒に帰るつもりだったけど、校門で別れることになっちゃったね」

璃奈「2人がずっとこの調子だし、仕方ない。璃奈ちゃんボード『やれやれ』」

かすみ「ユウポムイイ……」@

しずく「ユウポムトウトイ……」@

璃奈「何かもうべしっとしてもすぐトリップしちゃうから手を引いてあげるしかなくなっちゃった」

歩夢「あはは……」

侑「2人のことも気がかりだけど……ここまで来る間、周りの人に結構見られてたよね」

侑「何なら今も見られてるし、2人みたいにぼーっとしてるっぽいし……」

56: 2021/03/27(土) 11:48:31.45 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「そうなると、さっき言った侑さんと歩夢さんがいるとぼんやりするっていうのは間違いないのかも」

璃奈「たぶん周りでぼーっと見てる人たちも、ゆうぽむさんを見ちゃったんだと思うよ」

歩夢「どうして私と侑ちゃんなんだろう……?」

璃奈「それは……わからない。璃奈ちゃんボード『しゅん……』」

侑「璃奈ちゃんのせいじゃないからさ。落ち込まないで」

璃奈「……ありがとう、侑さん。それじゃ、私たちは帰るね」

璃奈「侑さんたちから離れたら大丈夫だと思うけど、念のため2人は私の家で一緒にいることにするよ」

侑「私も、他の同好会のみんなに注意の連絡入れておかなきゃ」

57: 2021/03/27(土) 11:54:16.74 ID:oYPuLbpV.net
璃奈「侑さんと歩夢さんが中心の現象とはいえ、2人の方にゆうぽむさんが出るかもしれない」

璃奈「気を付けてね。璃奈ちゃんボード『要注意』」

歩夢「璃奈ちゃん、2人のこと、お願いね」

璃奈「任せて。2人とも、行くよ」

かすみ「ユウポム……」@

しずく「ユウポムゥ……」@

侑「また週明けにねーっ」

歩夢「……さて、侑ちゃん。私たちも帰ろう?」

侑「うん。今日は寄り道せずにそうしよっか」

58: 2021/03/27(土) 11:59:47.41 ID:oYPuLbpV.net
ごめんなさい続きはまたあとでになります
残りは今日中に書くつもりでいるけどダメだったらまた明日になるかも

73: 2021/03/28(日) 09:45:34.38 ID:VxgYZCyU.net


侑「歩夢ー。お風呂あがったよー」

歩夢「おかえりー」

侑「はー。いいお湯だった」

歩夢「あ、侑ちゃんってば、また髪拭かないで出てきたでしょ」

侑「ありゃ?」

歩夢「もう。拭いてあげるから、こっちおいで」

侑「はーい」

74: 2021/03/28(日) 09:50:45.45 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「……侑ちゃん。今日はありがとう」

侑「うん?」

歩夢「私、今日は1人でいたくなくて。あ、家にはもちろんお母さんがいるんだけど」

歩夢「……明日から土日でお休みなのに、こんなことがあったりしたから」

歩夢「何だか心細くて、不安で……侑ちゃんと一緒にいたくなっちゃったんだ……」

侑「歩夢……」

歩夢「だから……今日は一緒にいてくれてありがとう、侑ちゃん」

侑「お礼なんていいよ。私も、歩夢が一緒にいてくれると安心するから」

歩夢「……ふふっ。侑ちゃんにそう言ってもらえると嬉しいな」

77: 2021/03/28(日) 09:55:30.66 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「はい、侑ちゃん。終わったよ」

侑「やっぱり歩夢は上手いなぁ」

歩夢「そりゃね。何年やってきてると思ってるの?」

歩夢「侑ちゃんの弱いところも気持ちいいところも、頭のてっぺんから足の先まで知ってるんだから」

侑「へへへ。私の全部、歩夢に知られちゃった」

歩夢「侑ちゃんだって私の全部、知ってるじゃない。おあいこだよ」

侑「それもそっか」

歩夢「さて、と。お風呂入ったし、どうしよう?寝ちゃう?」

侑「……あ、ごめん。私、ちょっとやらなきゃいけないのがあって」

歩夢「そうなの?じゃあ、本でも読んで待ってるね」

80: 2021/03/28(日) 10:00:52.33 ID:VxgYZCyU.net
侑「……」カタカタ

侑「……んー」カタカタ

歩夢「侑ちゃん、今何やってるの?」

侑「音楽科の課題ー。これがまた大変で」

歩夢「音楽科のかぁ……。私じゃ力になれそうにないなぁ」

侑「いいのいいの。もうちょっとで終わるからさ」

歩夢「がんばってね、侑ちゃん」

侑「歩夢の応援も貰ったし、もうひと踏ん張り……」ピコン

侑「……?メールの受信通知……?」

81: 2021/03/28(日) 10:05:42.60 ID:VxgYZCyU.net
from:love-youpom@nijigasaki.co.jp
件名:【特報】虹ヶ咲スクールアイドル同好会、セクシーショット激撮!

侑「んん゛っ!?」

歩夢「侑ちゃん?」

侑「あっ、いや、な、何でもない!すっごい難しい課題出されてたからびっくりしただけ!」

歩夢「そう……?」

侑「……っふぅー」

侑(落ち着け、落ち着け私。こんなのはただの迷惑メール、イタズラ……)

侑(どうせその写真というのも別人をそれっぽく見せてるだけとか、頭挿げ替えたとかに決まってる……)

侑(……でも、もし、万一本当にそんなものが出回ってたとしたら大変、だよね)

侑(……こ、これは同好会のサポートとして確認しなくちゃ。必要な業務で、仕方ないんだ、うん)

侑(それでは、いざ!)カチカチ

82: 2021/03/28(日) 10:10:50.67 ID:VxgYZCyU.net
from:love-youpom@nijigasaki.co.jp
件名:【特報】虹ヶ咲スクールアイドル同好会、セクシーショット激撮!

https://i.imgur.com/wPxnQj6.jpg

85: 2021/03/28(日) 10:16:51.01 ID:VxgYZCyU.net
侑「う゛わ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ!!」

歩夢「えっ!?な、何!?どうしたの!?」

侑「あ、あれっ!パソコン、何か怖い女の人がっ!!」

歩夢「ひぃっ!?」

侑「あ゛ゆ゛む゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛!!こ゛わ゛い゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛っ!!」

歩夢「ゆ、侑ちゃん!大丈夫、大丈夫だよ!ほら、消したよ!」

侑「あ゛ー……あ゛ー……怖かったよぉ……」

86: 2021/03/28(日) 10:22:10.30 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「ね、ねぇ。何だったの、今の……」

侑「わ、わかんない……。送られてきたメールのURL開いたら、いきなり……」

歩夢「送られてきたメールってこれ……?」

侑「うん。あっ、ちょ、待っ……」

歩夢「……侑ちゃん」

侑「いや違う、違うんだよ歩夢」

歩夢「どうしてこの件名のメールを開いたかは後で聞かせてもらうとして」

侑「うひぃ……」

歩夢「このメールが送られてきたアドレス、見て」

87: 2021/03/28(日) 10:27:25.04 ID:VxgYZCyU.net
侑「えぇと……?youpom……ようぽん……」

侑「……ゆう、ぽむ?」

歩夢「……」

侑「えっ!?じゃあこれ、まさかゆうぽむさんから送られてきて……!?」

歩夢「その可能性が……高い、よね……」

侑「ど、どどどどうしよう!?私のせいで歩夢までっ……!」

歩夢「と、とにかく送られてきたメール消して、受信拒否して!」

侑「わ、わかっ……!」

89: 2021/03/28(日) 10:32:19.31 ID:VxgYZCyU.net
ピコン

侑「ひぃ!?新しいメールが来た!?」

歩夢「それも!それも消してぇっ!」

侑「……ダメだ、削除できない!それに受信拒否も!」

歩夢「そんなぁ!」

侑「あ、あれ!?メール、勝手に開いてっ……!」

『ゆうぽむしってるよね』

『ゆうぽむがほしいんだ』

『ゆうぽむっていいな』

『ゆうぽむだとうれしい』

侑「な、何……?どういう、こと……?」

歩夢「侑ちゃんっ……」ギュー

90: 2021/03/28(日) 10:37:23.18 ID:VxgYZCyU.net
『ゆうぽむはね』

『しあわせで』

『すてきなもの』

『なんだよ』




@cメ*◉ _ ◉リ『ねぇ……』

@cメ*◉ _ ◉リ『……あっ』

91: 2021/03/28(日) 10:42:29.29 ID:VxgYZCyU.net
侑「……メール、止まっちゃった」

歩夢「ど、どうしたんだろう」

@cメ*◉ _ ◉リ『……』スッ

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『みんなー!ゆうぽむ!ゆうぽむだよ!』

侑「みんな、って……誰……?」

歩夢「ね、ねぇ侑ちゃん。画面に何か出てきてるよ……」

92: 2021/03/28(日) 10:48:09.80 ID:VxgYZCyU.net
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『えっ!?どこどこ!?』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ゆうぽむ!?ゆうぽむあるの!?』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ほんとだ!ゆうぽむ!ゆうぽむ!』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『わぁい!ゆうぽむありがたいなぁ!』

侑「うわ!?画面にいっぱい出てきた!」

歩夢「ま、まだ増えてくよ!」

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ゆうぽむうれしいよね』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『しあわせなきもちになるね』

『もうちょっとゆうぽむしてくれるとうれしいな』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『だめだよわたしたちはみてるだけだよ』

94: 2021/03/28(日) 10:53:29.39 ID:VxgYZCyU.net
再投稿

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『えっ!?どこどこ!?』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ゆうぽむ!?ゆうぽむあるの!?』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ほんとだ!ゆうぽむ!ゆうぽむ!』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『わぁい!ゆうぽむありがたいなぁ!』

侑「うわ!?画面にいっぱい出てきた!」

歩夢「ま、まだ増えてくよ!」

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『ゆうぽむうれしいよね』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『しあわせなきもちになるね』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『もうちょっとゆうぽむしてくれるとうれしいな』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『だめだよわたしたちはみてるだけだよ』

97: 2021/03/28(日) 10:58:56.00 ID:VxgYZCyU.net
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ ワイワイポムポム

侑「も、もしかしてこれがゆうぽむさん……?」

歩夢「こんなにいっぱいいるんだ……」

歩夢「……ゆ、侑ちゃん。これ、大丈夫なのかな」

侑「うーん……。たぶん大丈夫だと思うよ」

侑「こうして観察……観察って言っていいのかなこれ」

侑「とにかく、集まったゆうぽむさんを見てると、ただゆうぽむが大好きなだけなんだなって」

侑「今回はちょっと好きが強すぎて暴走しちゃったんだよ。いつかの歩夢みたいに」

歩夢「も、もうっ!今その話はしなくていいでしょ!」

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『あっ!ゆうぽむがすすんだよ!』

@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ『やっぱりゆうぽむはいいよね!』

侑「ほら、みんな喜んでるよ」

歩夢「えぇー……」

98: 2021/03/28(日) 11:04:10.49 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「……でも、結局この子たちがゆうぽむさんだっていうのはわかったんだけど」

歩夢「この子たちがどこから来て、ゆうぽむ、っていうのが何なのかは全然わからないね」

侑「うぅん……」

歩夢「侑ちゃん?」

侑「これは私の想像なんだけどね。この子たちは、歩夢の気持ちなんだよ」

歩夢「……え?私?」

侑「うん。だってさ、この子たちって何となく歩夢にそっくりなんだもん」

侑「もしかすると歩夢がネットに書いた文章に込められた気持ちが、少しずつ集まってこの子たちになったのかも」

歩夢「ちょ、ちょっと待って。なに、それ?」

侑「ほら、同好会のページにみんなで今日の活動として日誌書いてるでしょ?」

侑「歩夢が当番のときって読んでるこっちが恥ずかしくなるくらいに私のこと、書いてるから」

歩夢「……あ、あああぁぁぁぁぁっ!」

侑「もしかして、気付かなかった?」

歩夢「……うん。完全に無意識だった」

侑「へへへ。無意識で書いちゃうくらいに想われてるのは、嬉しいな」

99: 2021/03/28(日) 11:09:12.76 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「……じゃあ、ゆうぽむ、っていうのは?」

侑「私と歩夢のことを指す、この子たちが作った言葉……なのかな。ゆう、が私で、ぽむ、が歩夢」

侑「きっと、この歩夢から生まれたゆうぽむさんたちは、私と歩夢にもっと仲良くなってもらいたいって思ってるんじゃないかな」

侑「その途中でゆうぽむさんを見ちゃった人たちも、強い気持ちに当てられちゃって私たちをぼんやり見るようになったんだと思う」

侑「……まぁ、あくまで全部私の想像で、何ひとつそうだっていう確証はないんだけどね」

歩夢「で、でも侑ちゃんの想像が正解だったとすると……」

歩夢「私が、侑ちゃんのことが大好きでどうしようもないって言ってるようなものなんだけど……」

侑「違うの?」

歩夢「ちがっ……!わ、ない、けど……」

101: 2021/03/28(日) 11:14:10.33 ID:VxgYZCyU.net
侑「なら、いいじゃん。歩夢が私のこと、大好きだってことで」

歩夢「よくないよぉ……。すっごい恥ずかしいんだからぁ……」

侑「……ね、歩夢」

歩夢「なに、もう……」

侑「私も、歩夢が大好きだよ」

歩夢「……ゆうちゃんの、ばか」ギュー

侑「あはは、ごめんごめん」

歩夢「……好き。私、侑ちゃんが、大好き」

侑「歩夢からこんなに愛されるなんて、幸せ者だなぁ。私」

105: 2021/03/28(日) 11:19:22.65 ID:VxgYZCyU.net
侑「……あれ?歩夢、歩夢。パソコンの画面、見て」

歩夢「え?」

侑「さっきまでゆうぽむさんがいっぱいいたはずなのに、いなくなっちゃってる……」

歩夢「ほんとだ……。どこに行っちゃったのかな……?」

侑「私と歩夢がもっと仲良くなったから、帰っちゃったのかもね」

歩夢「そう、なのかな」

侑「はー……。何か、不思議な出来事だったなー……」

侑「かすみちゃんたちが話を持ってきたときは都市伝説とか七不思議だと思ってたのに」

侑「蓋を開けてみれば溢れだした歩夢の気持ちだったなんてね」

歩夢「そ、そうと決まったわけじゃないでしょっ!」

侑「えー?わけのわからないものよりも、私はそっちの方がいいけどなぁ」

歩夢「むー……」

106: 2021/03/28(日) 11:24:17.26 ID:VxgYZCyU.net
侑「……あ、もうこんな時間なんだ。大騒ぎしてたせいで気が付かなかった」

侑「歩夢、そろそろ寝よっか」

歩夢「ゆ、侑ちゃん……」

侑「歩夢?」

歩夢「あの、ね。その……今日、一緒に寝てもいい……?」

侑「……歩夢は可愛いなぁ、もう」

侑「いいよ。私のソファベッドだとちょっと狭くなっちゃうけど、それでもよければ」

歩夢「えへへ……。ありがとう、侑ちゃん」

107: 2021/03/28(日) 11:29:14.58 ID:VxgYZCyU.net
侑(ゆうぽむさんが私と歩夢のところへやってきて、消えていったあの日を境に)

侑(私たちと、一部のファンの人たちの間を騒がせたゆうぽむさんを見たという話は、ぱったり聞かなくなった)

侑(ゆうぽむさんの強い想いに当てられたかすみちゃんやしずくちゃんも、今ではすっかり元通り)

侑(ただ、局地的とはいえあれだけ話題になったにも関わらず、なぜか誰もゆうぽむさんのことを覚えていなかった)

侑(騒動の最中にいたときはちょっと大変だったけど、今思うと少し寂しい気もする)

侑(けれど、それでよかったのかもしれない。ともかく、ここからまた、変わらない毎日が……)

109: 2021/03/28(日) 11:34:14.11 ID:VxgYZCyU.net
歩夢「侑ちゃーん。今日の日誌、書き終わったよ」

侑「……ん、あ、歩夢。お疲れー」

歩夢「どうしたの?何だかぼーっとしてたみたいだけど」

侑「ちょっと、ね。ゆうぽむさん事件のこと、思い出してた」

歩夢「あぁー……」

侑「もうあれから2週間だっけ。早いなー」

歩夢「みんながゆうぽむさんのことを忘れてたから、最初は全部元に戻ったと思ってたのになぁ……」

侑「あの次の日くらいに歩夢が日誌に込めた想いがバレちゃったんだっけ」

歩夢「うん……。コメント欄にファンの人たちからゆうぽむゆうぽむ書き込まれてて……」

歩夢「それでその次の日誌は普通に、普通にって自分に言い聞かせて書いたんだけど……」

110: 2021/03/28(日) 11:39:16.76 ID:VxgYZCyU.net
侑「で、今日の日誌には書いたの?私のこと」

歩夢「書いたよっ!今まで通りにっ!侑ちゃんのことが書いてないって心配されちゃったからっ!」

侑「へへへ。ありがと、歩夢」

歩夢「結局、私の想いはファンの人たちにバレちゃうし、それがどうなったのか気になって見られちゃってるし……」

歩夢「全然元通りじゃないよぉ……」

侑「まぁまぁ。あんまり気にしてもしょうがないよ」

侑「それとも歩夢は、私と歩夢のことも元に戻っちゃった方がよかった?」

歩夢「それは……嫌だけど……」

侑「でしょ。だから、今のこのままでいいんじゃないかな」

歩夢「もう……」

111: 2021/03/28(日) 11:44:13.45 ID:VxgYZCyU.net
侑「さて、と。そろそろ帰ろうよ、歩夢」

歩夢「また校門出るまで見られてるんだろうなぁ……」

侑「みんな私たちのことが気になって、見守ってるだけなんだよ。きっと」

歩夢「……じゃあ、侑ちゃん。手、貸して」

侑「手?うん、はい」

歩夢「……もう、開き直って侑ちゃんの腕に抱きついてるの、見せつけちゃうんだから」ギュー

侑「いいの?私たちの全部、バレちゃうかもだけど」

歩夢「……いいよ。コメント見る限り、みんな私たちのこと、気にかけてくれてるみたいだし」

歩夢「それに、ゆうぽむさんがどこかから見てるんじゃないかって……そう思うから」

侑「そっか」

113: 2021/03/28(日) 11:49:13.44 ID:VxgYZCyU.net
侑(あの日のあと、ゆうぽむさんが現れる前から変わったことが2つある)

侑(ひとつは、周りの人が私と歩夢を見てくること。ゆうぽむさんの影響はもうなくなっているはずだけど)

侑(単純に私たちのことが気になって、ぼんやりとした顔ではなく温かい目を向けられるのは、何となく恥ずかしい)

侑(もうひとつは、私と歩夢の関係。元々が元々だったから、変わったのはほんの少しの部分だけなんだと思う)

侑(でも、そのほんの少しで、私と歩夢は前よりも、もっともっと仲良くなれたんだ)

侑(……私たちの関係がどうなったかは、私と歩夢、そして)

侑(こうなるきっかけをくれたゆうぽむさんたちだけの、秘密だよ)

歩夢「帰ろう、侑ちゃんっ」

侑「ん。それじゃ……?」

歩夢「どうしたの?」

侑「……ううん、何でも。行こっか」

歩夢「うんっ」

116: 2021/03/28(日) 11:54:35.87 ID:VxgYZCyU.net
バタン



ブーン……カタカタ……

PC『🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ』




おわり

118: 2021/03/28(日) 12:00:38.48 ID:VxgYZCyU.net
これでおわりです
2日間になりましたが読んでいただきありがとうございました
なんだか書いてて自分でもよくわからなくなりました次からは普通にイチャコラさせておきます
あと今更ですが前作にレス抜けを見つけてしまってマジかってなってしまいました
時間がありましたら過去作もよろしくお願いします

侑「ねぇ、歩夢」
侑「満開バレンタイン」

引用元: 侑「ゆうぽむさん?」